プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > 化粧品 > 使っている化粧品



使っている化粧品

久しぶりに化粧品の話です。

よく患者さんから、「先生はどんな化粧品を使っているんですか?」と聞かれますので、ここでもお知らせしておきます。

自分が使いたいなと思ったり、好きな化粧品・医薬部外品を集めたのが、うちのクリニックで扱っている化粧品たちです。

その時によっても、試しているモノもあるので、必ずしも同じではないのですが、今は化粧水が切れたので、使っていません。

患者さんに、化粧水は絶対塗らないといけないものではないですよ、とお伝えすると皆さんビックリされますが、化粧水→乳液→美容液→クリームなどという順番はともかくとしても、「化粧水で水分を補なって、クリームでフタをする」という考え方は、何もいい化粧品がなかった時代ならともかく、今みたいに化粧品の研究がこんなに進んだ現代には、あまり関係ない考え方だと思います。

最近、これ1本でいけます、みたいな化粧品も結構売ってますよね。いろいろ塗らなくてはいけない、というのは、化粧品屋さんの陰謀(たくさん買わせる、という)だと私は思っています。化粧品に携わっている方なら、ご存知だと思います。

いきなり乳液でも、いきなり美容液でも、いきなりクリームでも、要は保湿さえできていたら、大丈夫です。いろいろ使わないと(買わないと)と思うあまり、基礎化粧品をケチって使って、少量を伸ばす(摩擦が起きます)くらいなら、化粧水でも乳液でも何か一つ止めて、その分のお金を他に回して、たっぷり摩擦がないように塗りましょう。そのほうが、よっぽど肌にもいいし、安く済むし、時間も短縮できます。

化粧水が好きな方が、無理やり止める必要はありませんが、絶対塗らないといけないものではない、ということを覚えておくと、無くなって買い置きが無くても、慌てる必要ありません。無きゃ無いで、どうにでもなるんですよね~。いろんな種類を塗るのも、結構メンドクサイじゃないですか。時間もお金も短縮できて、とても便利ですよ。空いた時間とお金は、自分のための他のおとに使いましょう。

特に、睡眠時間を削ってまでのお肌のお手入れは、全く要りません。そんなことよりも、早く寝てくださいね。

今、私は、無添加石けん(時々ピールバーですが、全部洗うのか、Tゾーンとアゴだけ洗うのか、お肌の乾燥具合と相談です)で顔を洗って、洗顔後一番に、アスタリズムhttp://www.medical-astareal.com/astarism/index.htmlを顔・首全体に塗ります。

その次に、エクイタンスhttp://www.aiko-hifuka-clinic.com/download/equitance.pdfを、シミの気になるところ・予防したいところ(ホホ骨のあたり中心と、法令線など明るくしたいところ)に塗ります。

その次は、アイクリームです。今のお気に入りはエラスチダームhttp://aiko-hifuka-clinic.com/blog/2011/01/post-120.htmlです。保湿クリームを塗った後でもいいかもしれませんが、効かせたいものは、保湿クリームよりも先に塗ったほうがいいです。(レチノールなど、刺激の強いモノは、クリームの後のほうがいいです。商品にもよります。)

その後に、保湿のモノを何か、です。クリームだったり、乳液の時もあります。その日の乾燥具合や気分で変えます。今年の冬は寒かったので、乾燥も半端なく、今使っているクリームは、ビオデルマのサンビシオシリーズです。http://www.bioderma.jp/sensibio_05.htmlしっとりするのに、伸びが軽く、とても塗りやすいですが、やはりクリームなので、寒いと、少し固くなります。このクリームが無くなって、今は、、資生堂ナビジョン(クリニック限定化粧品)http://www.shiseido.co.jp/navision/brand/index.htmの乳液 Wシリーズのエマルジョンに変えました。これは、乳液なので、サラッと摩擦無く伸ばせて、しかも保湿力抜群です。トラネキサム酸がたっぷり入っているので、美白・肌荒れ用の化粧品としても最適だと思います。

私は、乾燥がひどいほうではないので、クリームは塗っていませんが、このシリーズは、元々化粧水・乳液のセットが朝用、夜のお手入れには、クリームを足す、というのが、メーカー推奨です。

このシリーズのクリームは、軽い塗り心地で、とっても気持ちいいんですが、保湿力も美白・肌荒れにもいいと思いますが、お値段が少々します。1個30g¥15.750(税込)です。

まあ、一般の化粧品の高いのを買うくらいなら、ホントにこれがおススメです。乾燥のひどい方も試す価値ありです。若い方は、ここまでいらないかな・・?乳液でいけるのではないでしょうか。

夏なら、私や脂性の方は化粧水のみで保湿はいけるかもしれません。化粧水は、塗った瞬間気持ちよくて、とても評判がいいです。(男性だと、このトロミが、昆布みたいと気持ち悪がる方がいるかもしれません)

このナビジョンのシリーズ、塗り心地がとてもいいんです。患者さん皆さん、テスターを使った瞬間、気持ちいい~と評判です。この辺は、やっぱり資生堂ですね。スゴイです。

保湿は、その方の肌質によっても違いますから、ご自分にあった組み合わせでされるのがいいと思います。私は、脂性なので、乾燥肌の方とは、根本的にしていることが違います。40も過ぎると、圧倒的にお肌の水分不足はありますから、脂性だからと言って、保湿は以前よりもかなりするようになりましたが。

保湿に使う化粧品は、ビオデルマのように、シンプルにいくか、ナビジョンのようにトラネキサム酸配合のワンランクアップのリッチな化粧品を使うかは、人それぞれです。(ナビジョンのトラネキサム酸が、とても濃いWのシリーズは、量も多いので、実は言うほど高くはないんですけど、一度に支払う金額は、ちょっとしますね~)

他に試しているモノが無い時は、毛穴の開きのために、ナビジョンのGGエッセンスを(エクイタンスの後に)追加したり、ナビジョンの各種パックをたまにしたり、といろいろです。

レチノールは、今はちょっとお休みです。きついのをしていたので、少しキメが荒れました。赤みもまだ少しあるかもしれません。ジェネシスでだいぶ鎮まったと思いますが。

日焼け止めですが、いろんな種類を置いているので、その日の状況や好みで選びます。

最近のお気に入りは、ウォータープルーフではないものの中で、ロート製薬のDR-X(クリニック専用化粧品です)の日焼け止めです。http://www.drx-web.com/aa/prod_uv.htm 今の季節、スキーやスノボや山登りに行かないなら、ウォータープルーフのモノって、そんな要りませんからね~。

これは、サラッとしているので、時間が無い時にもサッと塗れて、SPF50と強いのに、そんな肌への負担もなく、汗をかかないけど、紫外線も強いかも、という時には、とてもおススメです。紫外線からの細胞ダメージを回復させてくれる働きがあります。

ただし、こちら、乾燥肌の具合によっては、サラサラ過ぎて、乾燥するように感じる方もいらっしゃるかもしれません。その方によります。部屋の暖房具合とかでも。

これで乾燥する、とい方には、ナビジョンシリーズのモノか、プラスリストアというクリニック限定化粧品の日焼け止め(SPF30)がおススメです。

日焼け止めは、ホントに塗り心地などの相性や好みが、結構出ます。皆さん、肌質も千差万別なので、いろんな種類を取り揃えています。使う環境や目的によっても、変えなくてはいけません。乾燥肌の方にも、いろんな種類がありますから、受診された時に、お聞きください。

うちで取り扱っている日焼け止めは、ホントにどれもおススメです。後は、好みや目的で選ぶしかありません。

自分にとって、塗っても気持ち悪くないもの、というのが大事なポイントです。こればっかりは、手だけではなく、実際に顔で試してみるしかないですね~。

もちろん、うちで取り扱ってなくても、いいモノは探せば、一杯あるはずです。

BBクリームも、いろんなメーカーが続々と出してきましたね。日本人の流行に外資系も敏感ですね。

先日買ったランコムのBBクリームと日焼け止めは、夏は問題ないと思いますが今の季節、乾燥肌の方には、ちょっと乾燥するかもしれませんねえ。とても塗りやすいですが。

ランコムのは、基本クリニックに置いているので、あまり朝は塗りません。わざわざ持って帰って塗ることまでは、そんなにしていません。持って帰ると、持ってくるの忘れちゃいますからね~。

さて、日焼け止めの後は、ファンデーションです。今は、クレ・ド・ポーのヤツです。

ここぞ!という大事な時は、日焼け止めとファンデの間に、クレ・ド・ポーの下地を追加します。

クレ・ド・ポーは、ウォータープルーフじゃないので、汗をかくかも、という時は、イプサの水・汗に強いファンデを塗ります(夏に買ったのが、まだ残っています。。)

日焼け止め・下地・ファンデは、やはり値段が高い方が、キレイに見せてくれます。

まあ、合っていれば何でもいいんですが、日焼け止めは、高いヤツのほうが、塗り心地がいいモノがたくさんあります。お肌にいいモノが入っていたり、悪いモノはなるべく入っていなかったり・・。

日焼け止めって、(ちゃんと塗れば)結構無くなります。下手したら、化粧品の中で、一番の量を使うかもしれませんから、そこそこいいヤツがおススメです(長く、たくさん、お肌に塗りますからね)

下地とファンデは、高いヤツは、ホントに仕上がりが違いますから、一度お試しを。

基礎化粧品をシンプルにしたら、お金がその分要りませんから、その分を日焼け止めや下地・ファンデに回すと、結構お肌にいいですよ。しかも、キレイに見えると思います!

 

カテゴリ:

化粧品