プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2011年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > 医療 > エラボトックスの効果を長く保たせるには



エラボトックスの効果を長く保たせるには

最近、エラボトックスの患者さんも多いです。韓国のアイドル達の影響でしょうか。。

他院で、エラボトックスをされて、全然持たないんです、と言われる方が結構いらっしゃいます。

まず、エラ張りを気にする方は、ガムとスルメを噛むのを止めましょう。

ごぼうとか大根とかの根菜類は、普段通り食べてもらって全然いいんですが、ガムもスルメも、食べ無くても生きていけますよね。

ガムやスルメは、エラの筋トレになるので、止めておきましょう。

歯医者さんは、「よく噛んで」とおっしゃいます。よく噛むことで、唾液はたくさん出てくれるし(消化を助けます。口の中の、洗浄にもなります)ちょっとの食事で満足したり、脳を刺激するので、ボケ予防にもなるかも、とまで言われていて、確かに「噛む」という刺激は大切だと思います。

ですが!美容上は、良くないんですね~。特に、エラを気にしている方にとっては。

欧米では、エラが張っていると、意思の強い象徴のように言われて、大人の女性ぽくて、逆にモテたりするそうです。文化が変われば、モテる基準というのも、全然違います。

日本人や韓国人にとって、エラ張りは、どちらかというと、コンプレックスになるみたいです。

ようは、バランスだと思うんですが、欧米人の場合、目鼻口などのパーツも大きいので、エラが張っていても、バランスがいいんでしょうね。

アジア人の場合、目鼻口とも(アゴも)、小さかったりするので、エラの大きさが強調されるのかもしれません。

体中、どこの筋肉でも同じですが、鍛えれば、筋肉は大きく太くなります。エラ張りを気にするなら、エラの筋トレになる、「噛む」ということをすると、どんどん大きくなってしまいます。

スポーツで、歯を食いしばる方も、歯ぎしりする方も、筋トレになります。

なかなか、歯ぎしりは自分の意思では止められないし、歯を食いしばるのも、スポーツ中は、してしまうことも多いですよね。そんな仕方ないことは、あきらめて、出来ること(ガムやスルメをやめる)から始めましょう。

他院でエラボトを受けたのに、平気でガムやスルメを噛んでいる方が多いので、ビックリします。

患者さんが悪いのではなく、そういう注意をクリニック側が伝えない、ということにです。

で、まず、それを注意した上での、ちょっとしたコツですが、エラボトをして、最低2カ月は様子を見ます。できれば、3か月。3か月後、まだエラが少し出ていれば、そこでもう一度エラボトをするんです。

そんな感じで、3か月毎に2~3回くらい連続してやると、かなり筋トレを止めさせることができるので、その後、筋肉はだいぶ萎縮(小さく)するので、薬が切れても、かなり持つ、と言われています。

まあ、その方の、エラの筋肉の大きさや。普段どれくらい、エラの筋肉を使っているか、にもよりますから、一慨には言えませんが、連続すると、結構いいですよ、とお勧めしてます。

ただし、3か月後に、全く気にならない(エラが出てない)なら、する必要はありません。

出て来たら、すぐにやったほうがいいですけどね。スゴイ勢いで、また筋トレが始まってしまいますから。

仮に、エラの筋肉を全部手術で、取ってしまっても、側頭筋という筋肉で、噛むことはできるので、まあ、食べることはできるんですが、手術で、切り取ってしまうのは、勧めません。もう、戻せませんから。

歯ぎしりや、食事で噛むのも、側頭筋をどれだけ普段使っていたのかは、エラボトをして、エラが止まってみないと、中々わかりません。

側頭筋で、歯ぎしりされている方は、エラボトしても、あまり効果がないこともあるかもしれません。

それでも、全体に歯ぎしりする力は弱くなると思いますけど。

ボトックスの効いている期間が、約3~6か月くらいと言われていて、早い方で、2か月くらいという方もたまにいらっしゃいます。

でも、薬が切れても、筋トレが始まって、また筋肉が太るまでに時間差があるため、エラボトの場合、どれだけ効いている(と、患者さんが思うのか)のかは、わかりません。どれだけ、使うのかにもよりますから。

歯ぎしりは、ボトックスが切れたら、始まるので、これはわかりやすいです。

歯ぎしりの方は、エラの大きさに関わらず、薬が切れて、歯ぎしりが始まりだすと(すぐにわかるそうです)、すぐに来られます。

ひどい歯ぎしりは、顎関節を痛めることがあるので、歯ぎしりの治療に、ボトックスを使うこともあるくらいです。

エラボトックスを受ける前のカウンセで、当たり前のようい説明してきたことが、全く聞かされていない患者さんが、多かったので、今回載せてみました。

ご存知なかった方は、一度お試しください。

消化のためには、もちろんよく噛んだほうが胃腸にも優しいです。何事もほどほどに。あまり噛まずに、飲み込むとか、噛まなくていいような食事だけにする、というのも、それは、それで良くないので。

何事もバランスです。やりすぎ・やらなさすぎも、ダメです。

根菜類も、いい栄養素がたっぷり入っているので、バランスよく食事されてくださいね。

でも、エラを気にするなら、スルメとガムは、止めておきましょう。

カテゴリ:

医療