プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2012年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > 医療 > この時期の毛穴のつまりをどうするか



この時期の毛穴のつまりをどうするか

これだけ暑さと蒸してるのが続くと、毛穴の汚れ・つまりもそろそろMAXに近いのかと思います。それに合わせて、ニキビが出やすくなる方もいらっしゃるかもしれません。

みなさんは、いかがお過ごしですか?

これだけ、汗もかいて、皮脂もたくさん出る季節になると、さすがの私も、普段乾燥肌で、ピーリングをおススメしていない患者さんにも、ピーリングの石けんでのホームケアや、クリニックで行うピーリングをおススメすることが多いです。

私自身、ピーリングの石けんも、クリニックでやるサリチル酸マクロゴールも大好きです。

でも、好きだからと言って、患者さんにも自分にも、バンバンやるわけではないです。

ピーリングは、両刃の剣で、ちゃんと適応も考えて使わないと、なんでもかんでもやってると、その後に待っているのは、ボロボロのお肌だけなんです。

 

みなさん、スクラブとかピーリング系、好きですよね~。

多分、やった後のツルッとした感じがいいのと、スクラブやピーリングをすると、キレイなお肌が待っていると盲信しているせいもあるのかもしれません。

この季節になると、TVや雑誌でも、特にスクラブの宣伝は目に余りますね。ピーリングもガンガン勧めているし。。。

あれだけ宣伝されたら、何もご存知ない方は、やっぱりのせられちゃいますよね。

しばらくやっていて、やればやるほど、お肌の調子が悪くなっている気がする、と自分で気づいて、美容皮膚科に来るなり、自分で調べるなりする方は、救われるんですが、信じ切っている方は、もうほんとにボロボロです。

新興宗教にはまって、救い出すのに、ものすごく時間と労力を要するような感じと思ってください。洗脳というか思い込みというか、まあ、なかなか、そういう方は、抜け出せないようです。

 

最近は、クレンジングや洗顔フォーム、ふき取り化粧水など、患者さんがピーリングと思っていない商品にまで、(ある程度のなにかしら効果的なものを出さないと商品が売れないので)、何の表示もなく、勝手にピーリング剤(あるいは、類似したもの)が入っていることがあり、知らず知らずのうちに、毎日使って、お肌がボロボロになっている方が大勢いらっしゃいます。

 

一昔前は、ピーリングというと、売れた時代があったんですが、今は、「ピーリングは怖い」と思っていらっしゃる方もいて、表示することで、売れない場合もあるのでメーカー側は、黙って、混ぜてたりするんです。

例えば、市販の美白剤やアンチエイジングの化粧品。

市販のものは、クリニック専用の化粧品でも、医薬品でもありませんから、本当に効果の出るものは混ぜられないんです。成分であったり、濃度であったり、効かせるわけにいきませんからね。(効く、ということは、必ずなにかしら副作用があるので、一般でもし売ったりすると、トラブルだらけで、クレーム続出になる可能性もあるわけです。)

効くようには、なかなか作れないので、その分、ピーリングの成分を混ぜて、お肌の角質を取って、少しでも明るく見せようとしたり、浸透力を高めようと思ったり、と、そういう商品が混ざってくるわけです。全部が全部に、ピーリング成分が混ざっているわけではありませんが、ホントに注意しないと、自分が困るだけなんですよね~。

これは、エステで買う化粧品もそうです。

 

10年間、エステの高額な化粧品を使っていらっしゃった患者さんが、お金をすごい使っているのに、どんどん肌がひどくなる、と、うちに来られたんですが、お肌は、全くツヤもなく、土色とおかしな赤みが混ざっていて、まだら感もすごく目立って、顔中肝斑が出ていて、キメは全くなく、ひどい状態でした。

これは、絶対ピーリングのやりすぎと、過度の摩擦・刺激が原因と思い、何かきつい化粧品を使っていないか聞いても、エステのいいヤツを使っているから、化粧品は絶対大丈夫!と患者さんは自信を持っておっしゃったんですが、絶対おかしい!と思って、その化粧品を持ってきてもらうと、クレンジング洗顔フォームに、ピーリング剤が入っていて、しかも、そのエステで、クレンジングで、10分間マッサージするように言われていて、10年間毎日、朝晩2回、10分それでマッサージしていたそうです!!

。。。なんと恐ろしいことでしょう!

もちろん、すぐに止めてもらって、化粧品は返品されました。(開封分は返品してもらえなかったそうで、ひどい話です。そもそもの元凶は、このエステなのに。返品できなった分は、カカトに使うように申し上げました。ものすごい高い化粧品ですからね、捨てるのはもったいないですよね。だって返品してくれないんだから。

(消費者センターに言えば、もう少しなんとかなったかも。この患者さんは、相談されませんでした。)

 

ただでさえ、クレンジングなんて、合成洗剤と同じ、と思っておいたほうがいいのに、それで肌がボロボロに加えて、さらに、ピーリングを混ぜるなんて!と思います。

 

ちゃんと、「ピーリング」と表示がまだあれば、患者さんによったら、このせいかな?と気づかれるので、救われるんですが、表示がないと(成分表を細かくみないとわからない状況だと)、まさかピーリング剤と思わないので、毎日使っちゃうわけです。ひどい話です。

 

お肌の調子の悪い方、みなさん、全員、クレンジングは止めていただきます。

のべつまくなし、ピーリング剤・スクラブ洗顔をしていた方にも、絶対止めていただきます。

止めないなら、うちで、肌荒れの治療は、しません。お断わりします。

だって、一番の悪化原因を止めない限り、ジェネシスやろうが、イオン導入しようが、いい化粧品や薬を使おうが、よくなるわけがありません。

 

まず、止めてもらって、その間に、お肌を元気に、健康に戻していって、それから、です。

キレイになろうと思ったら、まず、お肌は健康でないと!

 

今の季節、ほとんどの方が、鼻の毛穴の汚れ・つまりなど気にされますし、ニキビも増えやすくなり、どんどん気になるかもしれません。

せっかくピーリングをしようと思っても、健康でない肌に、ピーリングは絶対にやってはいけません。

よけいに、バリア機能を破壊して、傷口に塩どころか洗剤を塗りつけるようなものです。

こうなると、もう毒でしかありません。

治療として使うものは、使い方を間違えれば、毒にもなるわけです。

 

どのピーリングをするのかは、お肌の状態や目的によっても違いますし、状況により、やる間隔も違うわけです。

でも、一番弱いのをやろうにも、お肌がボロボロだと、やりたくてもやれないんです。

 

ピーリング系なんて、どんなに弱いものでも、毎日するべきではないと思います。

ものすごい脂性の方なら、できるかもしれませんが、まあ、大人の女性で、そうそうできる人はいません。

本人が問題ない、と思っているだけで、実は、肌はボロボロできめもなく、慢性乾燥状態なので、「乾燥している」ことに気づいていないだけだったりします。

(自分で、脂性と思っていても、実は、乾燥肌で、そのせいで、脂が出ているだけ、という、いわゆる混合肌のことが多く、真正の脂性ってやっぱり大人の女性では、そうそういません。)

ホントの脂性の人であれば、ピーリングのレベルによったら、毎日できるかもしれませんし、、脂もそのおかげで多少減るとは思いますが、肌のバリア機能は、確実に破壊して、キメはどんどん荒らしていって、余計に脂が出てくる最悪の悪循環にはまるか、アトピーのようなガサガサの肌に着々と進んでいくか、どちらかになることがほとんどです。

ちょっとずつ変わっていくから、本人は気づかない場合が多いんですよね。急に変われば、気づきやすいんですけどね。

 

せっかく、ピーリングして毛穴掃除しようと思っても、アチャ~の肌だと、いつまでたっても、毛穴掃除できませんよ。

 

どうせね、クリニックで、サリチル酸マクロゴールをやったところで、もう次の瞬間から、皮脂は出てくるし、垢は毎日掃き出しているわけです。

毎日毎日、出しているんです。

部屋や家の掃除と違って、毛穴そうだけは、毎日マメにやるのではなく、たまの大掃除、で、私はいいと思います。

クレンジングもピーリングもそうですが、汚れやごみだけを取ってくれるわけではないんですよね。

体に必要な、大事な成分も、全部持ってってしまっているかもしれません。

少なくと、汚れ以外の、大事なものを持ち去っているのは、確かなんです。

だって、ピーリングしなくても、洗顔後、お肌、つっぱるでしょ?

つっぱる、ということは、なにか、取っちゃったんですよ。大事なもの。

取っていなかったから、洗顔後、残っているような感じはすることがあっても、突っ張ることはありません。

 

そりゃ、汚れなんて、取れるにこしたことはないと思いますよ。汚れだけ取れるならね。

そうはいかないんですよ~。

汚れを取るために、どれだけの犠牲を払っていますか?ということをわかっておかないと、キレイなお肌にはなりません。

 

今まで、スクラブやきついクレンジング、ピーリングを、しょっちゅう、やっていた方に、そういうことを一切、止めてもうらうと、いろんなものがお肌に残ってきます。

ピーリングも止めさせるので、そのせいで、ニキビが一時的に増えることもあるかもしれないし、毛穴の角栓が、よけい気になることもあるでしょう。

無添加せっけん(純石けん)だけで顔を洗い始めた患者さんから、「毛穴から、ピョンピョン、白い角栓みたいなのが、洗顔後飛び出しているのが、とても気になる」と、ご相談を受けることが、非常~に多いです、この季節。

「どうしたら、いいですか?」と聞かれます。

 

答えは、「ほっておく」です。あるいは、「気にしない」です。

もともと、気にしている人に、「気にするな」とは、無茶な話ですが、とりあえず、元気で健康な肌に戻るまで、そこはじっと我慢しないと、また、ピーリング・クレンジング三昧の、ボロボロのお肌に戻るだけです。

こういうとこ、麻薬や覚せい剤の中毒と同じですね。

禁断症状ってやつですね。

 

洗顔後に、飛び出してきてる、ということは、体がちゃんと外に出そうと、追い出してくれてるわけです。

飛び出てこなかったら、毛穴のところで、溜まってしまっていたわけで、溜まったら、それは困るでしょう?

根っこのところが引っかかっているから、くっついているんでしょうね。

その上から化粧して、そのあと気づいたら、自然になくなっていますから(自然に取れていますから)、ほっておくに限ります。

「気にしない」といことです。

「気にする」限り、ず~っと、見ててしまうわけですから、無くなるまで、いてもたってもいられなくなるし、いらんことしたくなりますしね。時間も無駄だし、精神衛生上、とても悪いです。

半身浴とかして、毛穴を開かせて、鼻をちょっと指でつまんで、出てきた皮脂を、ちょこっと取る、くらいなら、それほど悪いとは思いませんが、ず~っと何度もつまみ過ぎる方や、終いには、爪で、毛穴を挟んで絞り出す方がいらっしゃいます。

ニキビとかつぶしだすのと同じですね。

気が付いたら、鼻は真っ赤っかで、下手すると、赤みは取れなくなります。内出血起こして、赤紫色にまでなることもあります。

赤鼻になっちゃいますよ。

(治すのにお金と時間が、またまたかかってしまうわけです。。)

 

「ためしてガッテン!」の毛穴特集(ガッテンのHPで、以前の特集も確認できますから、興味のある方はご覧ください。)でも、いらんことせんように、って、言ってはったでしょう?いらんことをすることで、余計目立ってしまうわけです。お肌、傷めますからね。

 

目立たせないコツは、健康で元気なお肌!です。

優しく、お肌を愛護的に扱ってあげる、ということが大切です。

過保護にする必要はありませんが、いじめることなく、優しくしてあげないと、お肌の機嫌は悪くなって、立ち直れなくなりますよ。

で、元気になったら、時々、ホントのピーリングができるわけです。

 

ちゃんとピーリングをしたい方は、いつでも、やりたい時にできるように、普段からお肌をいじめることなく、元気に健康にしておいてください。

そしたら、その方のお肌や毛穴の汚れ具合によって、ピーリングの種類もよりどりみどりですから。

そのほうがいいと思いませんか?

 

いくら説明しても、やめないといけないクレンジング(全員の方に止めさせているわけではありませんが、止めないといけない方の場合です)、止めないといけないピーリングやスクラブ剤を、止めない患者さんが時々います。

新興宗教から抜け出させるのに、家族はものすごい大変です。

でも、そのクレンジング・ピーリング・スクラブの信者である患者さんの家族では、私はないわけです。

普段の外来で説得するにしても、30分も1時間もかけて、説明しているわけで、それでもわからない(止めない)なら、申し訳ありあせんが、これ以上の時間を私は割いてまで、その新興宗教から救い出そうとは思いません。24時間、監視するわけにいきませんからね。だって、本人がやりたいんですから。

うちのクリニックで売らなかったり、させなかったとして、いくらでも他で手に入るわけで、患者さん自身が、止めない限り、無理なんです。

「それなら、もう、うちでは診ません。」「止めない限り、絶対キレイな肌にはなりませんよ。」(こういう時は、「絶対」と言う言葉を使わせていただきます)とまで言ったら、そこで初めて、(半分嫌々)止める方もいらっしゃいます。(結果、良くなるから、良かったんですけどね。)

それで、他院に行かれるのか、もう来ない方もいらっしゃいます。

考え方の完全に違う方まで、説得するつもりはないので、そういう方は、ピーリングは誰にでもなんでもしますよ~、というクリニックは、山ほどありますから、そういう方は、そういうところに行かれてください。

 

このままではいけない、と思って、なんとかしないと!と思っておられる方は、抜け出すお手伝いはさせていただきます。

でも、まだ信仰心バリバリの状態で来られた場合、説得は私にはできませんから、すべての治療はお断りしています。

お金をいただいても、キレイになる手助けができませんからね。

その辺のところ、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

カテゴリ:

医療