プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > スキンケア, 化粧品 > 資生堂「2e(ドゥーエ)」取扱い開始しました



資生堂「2e(ドゥーエ)」取扱い開始しました

資生堂「2e(ドゥーエ)」の取扱いを開始しました。   http://2e.shiseido.co.jp/index.html

おお知らせもご覧ください。

いや~、ドゥーエに逢うのは、10年ぶりくらいでしょうか。いや、もっとかな。

公立病院や大学病院だと(今の時代が知りませんが)、昔は、特定の化粧品などを置いて、販売する、ということができませんでした。

なので、一般皮膚科医だった時は、サンプルを、取扱い代理店が製薬会社だったので、その製薬会社の担当の方からもらって、患者さんに、ご紹介するという形でした。

医薬品の保湿剤との違いは、やはり塗り心地ですね。

薬が必要な方も大勢いらっしゃいますが、良くなってくると、病院に来るのも大変だし、保険で処方できる量なども、無制限ってわけにもいきませんし、特に顔などは、その後、日焼け止めやファンデーションを塗れるように(塗りやすいように)、作られているわけではないので(だって、薬だから)、やはり化粧品になってくるので、とても塗りやすいです。

5年前に開業した時に、そこの製薬会社の方が来られましたが、クリニックには卸せない、と言われたと記憶していて、調剤薬局に買いにいっていただく、という形でした。

でも、なかなか患者さんもいけないこともあり、他の商品(ナビジョンの中の敏感肌用(と言っていいと思います)やアトピコなど)で、代わりができて、しかもそれらは、仕入れることができたので、すっかり忘れていました。

時々、初診の患者さんが、ドゥーエを使っていらっしゃって、その場合、どうぞ使い続けてください、と万々歳です。

よく見つけられたな~!と感心していました。

今回、資生堂の方とお話ししていた時に、ドゥーエの話になり、今年の皮膚科学会でセミナーをするとお聞きして、聴きた~い!と言っていたところ(抗加齢医学会のほうに行くので、皮膚科学会には行けないのです)、ドゥーエの担当の方をご紹介していただいて、いろいろ説明を受けました。

昔は、クレンジングジェルも泡の洗顔フォームもなかったのに、新しくなっていました。(って、10年前と比べて、ですよ。)

知らない間に、ドゥーエの赤ちゃん用も出ていて、素晴らしいです~!!

世の中に、いわゆる、「赤ちゃん用」化粧品って、山ほど出ていますよね。

でも、それ、どうやって確かめたの?って話です。

もし、自分が子供産んで、赤ちゃんの時に、化粧品の実験台になって!と頼まれたら、自分の子供にさせますか?

「させる」と答えた方、その、わけわからん化粧品は、そんなに信用しているんですか?薬でもないのに?

(薬の場合は、ちゃんとそういうデーターが取られた上で、安全性が確認されているのです。)

もし、わけわからんモノを塗って、かぶれるくらいだったら、いいけど、その後、ひどい状態になったり、シミになったり、一生消えなかったら?どうします?

誰でも、合う合わない、というのがありますから、絶対に100%安全、というものは、この世の中存在しませんが、ある程度の「安全性」は大事でしょう。

まして、赤ちゃんなんて、大人と違って、まだバリア機能が発達していなかったりしますから。

よく、そんなわけわからんメーカーのモノを、ご自身の顔だけではなく、赤ちゃんにも塗るな~、と感心します。

「赤ちゃん用」=「低刺激」「安全」みたいな、イメージですよね。業者の作った。

言ったもん勝ちですか。それでいいんですか?

私だったら、イヤだな~。

クリニック専売品で、赤ちゃんでも塗れるものがある、というのは、実際ありますが、ドゥーエや大島椿のアトピコシリーズのように、皮膚科医の診察の元、データーを取っている化粧品は、そうそうありません。

しかも、ドゥーエとアトピコシリーズは、どなたでも買えますから。

(うちでは、診察・カウンセリングにはいっていただきます。

間違った使い方をしていたら、効かない、となってしまうので。

あまり、市販で買えるものは、商品名は、言ってこなかったんですけどね。

クリニックに来られた方に、お肌に合わせて、直接、ご紹介する形でした。

でないと、商品名だけが先行しちゃって、肝心の肌の触り方や、またネットで偽物を買われたりとか、正規ルート以外のところから買われる方も多いし、それと逆手に取って、うまく騙して、儲けてやれ、みたいない業者が出てきたりするので、何も考えていない方の場合、ホントにおかしなことになってしまうですね。

ただ、あまりにも、おかしな化粧品を、いわゆる「敏感肌」の方がネットや情報に騙されて使って、エライ目に遭っている方がとても多いので、今回、商品名を出します。

このベビープラスは、ホントに赤ちゃんで、ちゃんとデーターを取っておられるんですよ。

スゴイですっ!

(もちろん、普通のドゥーエもね)

使いい心地は、薬よりは断然塗りやすいです。

でも、例えば、アトピコシリーズやナビジョンのシリーズなどと比べると、これだけでいいの?と心配される方も、たまにいらっしゃいます。

なんか物足りない、というか。。。心もとない、というか。。

ようは、使い分けですね。ステップアップといいますか。

患者さんの選択肢は、多いほどいいと思いますので、うちでも、取扱いを開始しました。

「肌に優しい」ということは、ホントはどういうことなのか、その辺を知ることもできます。

。。すみません、話の途中ですが、すっごく眠いので、寝ます。。。

カテゴリ:

スキンケア, 化粧品