プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > 医療, 栄養・食事 > 栄養解析をされる方へ



栄養解析をされる方へ

栄養解析(栄養療法の血液検査)をされる方は、必ずお読みください。

 

初診から栄養療法目的で来られる方も、再診の方で、栄養解析をされたい方も、まず最低かかってくるお金が、¥10.800(税込み)です。

この中に入っている項目は、まずは最低限の血液検査、その結果を私だけで判断するのではなく、溝口先生の意見もお聞きしているので、溝口先生に解析依頼をしています。これは全員です。その結果を踏まえて、溝口先生は解析レポートを作ってくださって、それがクリニックに送り届けられます。

ここまでが、¥10.800(税込み)です。

 

で、他にオプションの項目があります。

オプションの項目は、本当はやったほうがいい項目ばかりです。

ただ、特殊な項目なので、検査代金が他の基本項目と違って、結構かかります。

お金の問題がありますから、あくまでオプションにしていて、強制にはしていませんが、年齢、症状、今後どうしていきたいのか目的によって、オプションの意味が全然変わってきます。

 

例えば、20代の若い患者さんの場合、いろいろな症状をお聞きして、予算があるなら、オプションをつけるにしても、優先順位が示せる場合があります。

症状からしても、このオプションはつけないと、という方も20代でもいますが、予算がないなら、それはつけられませんから仕方ありません。

 

年齢が上がれば上がるほど、オプションは必要と思っておりましたが、ずっと患者さんの結果を診てくると、年齢に関係ない場合というのも結構診てきました。

今は、若い方も、体の中もボロボロです。

まして、40代、50代、60代と年がいけばいくほど、検査にひっかかる項目と程度のひどさは、ある程度比例しています。

 

大体、血液検査をされたい方は、あらかじめおっしゃっている方が大半ですから、当日採血ということもありますが、次回に、となります。

この時に時間があれば、オプションの説明用紙をお渡しして、時間があれば、説明をすることもありますし、全ての内容はほぼ用紙に書いていますから(簡単なものですが)、読んできていただいて、次回採血の時に、オプションをどうするかお聴きしています。

予約確認電話の時点で、もう決めていらっしゃる方もいますし、すっかり忘れていて、採血の最中にもう一度説明して、その場で追加する(採血の量は同じなので)ことも多いです。

ようは、お金の問題なので。

 

なので、栄養療法目的で初診で来られた方も、その場での説明ですし、再診の方で、話の流れで、いきなり採血となっても、その場でオプションの説明するだけですから、時間としたら十分だと思っています。

ほとんどの方が、全てつけられますが、もちろん全員ではありません。

でも、予算がいけるなら、みなさん全部したいと思っていらっしゃるわけです。

(すでに調べたことがあって、今回はいりませんねと、つけなくても済む場合もあります)

 

栄養療法で来られていない方でも、肌荒れ相談、シミやシワ相談、赤ら顔相談、ニキビなどなど、結局、肌のキレイさ、若々しさなどは、栄養でほぼ決まると言っても過言ではないくらい、かなりの割合で重要ですから、時間がなくても、栄養の話をちらっとは全員の方にしています。

食事の改善まで言える時間がないこともありますが、血液検査で、今の状態を知るのと、その原因が血液検査でわかることも多いので、調べたほうがいいですよとはほぼ全員の方に言っています。

そうは言っても、みなさんが栄養解析をされるわけではないので、オプションの説明用紙まではお渡ししていない方もいらっしゃいます。

オプションの説明まではしていなくても、血液検査自体に大した害があるわけでもないですし(針で刺されるときにちくっとするくらいと、お金の問題)、調べること自体、私は大賛成なので、いきなり血液検査で予約を取られても、私から止めることはありません。

オプションの説明は、来られてからすればいい話ですから。

 

ちなみに、これらのオプションを足さなかった場合に、食事とサプリメントを始めることは可能ですが、ほんとは、ひっかかっている場合(異常がある場合)、時間とお金をすっごい無駄にします。

オプションに異常があった場合、サプリの優先順位も変わるし、場合によったら、医薬品が必要なこともあったり、他院に紹介したり、血液検査が保険で追加になったり、食事の内容が変わったり、糖質制限の程度も全然変わります。

どこまでやるかは患者さん次第ですが、知っておいてもらうことが大事です。

採血されるている方全員、私も含めて、栄養が足りている方というのは、誰一人いないんですが、説明を聞いて理解できる方と、理解できないというか、それよりも自分はそんなことはないと信じていないのか、その辺はわかりませんが、信じていない方も、さすがに血液検査で数値で出てくると、信憑度が増すようです。やっと信用すると言いますか。。そう思うと、数字で結果が出る、ということはとてもわかりやすいですね。

 

栄養解析をすると予約を取られた時点で、枠も押さえていますし、準備もしています。

他の処置と同じで、その場になって、採血をやっぱり別の日に、と言われるのであれば、それは全額キャンセル料をいただきます。

オプションを聞いて、もっとゆっくり考えたい、決められない、という方は、説明も聞かずに予約を取るのは絶対におやめください。

採血だけでしかお時間を摂っていないので、説明の時間が限られています。

(っていうか、説明の内容はそれほどありません)

オプションで悩む方は、予算で悩んでおられるですから、いくらまでと、症状などから、もうこちらでオプションを選ぶ感じです(患者さんも予算内でおまかせされますから)。

でも、それを説明を聞いた上で、もっとじっくりゆっくり考えたいと言われるのであれば、そんな方は今まで誰一人いらっしゃらなかったので、私には考えが及びませんが、そういうタイプの方は、なんでもそうですが、たとえ血液検査であっても、説明も聞かずに予約を取るのは絶対にお止めください。

 

 

カテゴリ:

医療, 栄養・食事