プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

  • _20171208_210350
  • IMG_20171206_210255
  • IMG_20171124_234410
  • IMG_20171123_142324[1]
  • IMG_20171113_205047
  • 100000009002749707_10204
  • DSC_1775
  • IMG_20170929_163107
  • P1130086
  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員

ホーム > 医療 > 「小顔矯正」に措置命令



「小顔矯正」に措置命令

H28年6月30日、「小顔矯正」をうたっている整体院などに、消費者庁が、表示を改めるように措置命令を出しました。

ニュースで観ましたか?

残念ながら、私は観れなかったんです。全然知らなくて、打ち合わせの時に、偶然教えていただいたわけです。

ちょっとブログに書くのが遅くなってしまいましたが、きっと知らない方も大勢まだまだいらっしゃるでしょうから、一旦落ち着いたころに、また知っていただくためにブログに上げておく、というのも大事ですね~。

今回のブログは(というか、いつも)拡散希望です!どんどん広めてくださいね。被害者をこれ以上出さないために。

 

さて、つい先日まで見れたんですが、さきほどからリンク先をクリックしても、エラーばかり出て、ファイルを開くことができません。

厚生労働省のも、消費者庁のも、両方です。なぜでしょう。。。私のパソコンが悪いだけでしょうか。。

「小顔矯正 措置命令」とか「小顔矯正 消費者庁」「小顔矯正 厚生労働省」などで検索をかけてみてください。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/representation/fair_labeling/#public_information

上のは、消費者庁の景品表示法関連の報道関連資料のリンク先です。このページの真ん中下あたりくらいでしょうか。

もちろん行政からの措置命令ですから、業者は全て名指しです。

簡単に言うと、小顔になんかできないし(矯正うんぬんの問題ではない)、一瞬むくみを取るなとして、ちょっとすっきりしても、矯正できたわけでもないし、しかも維持なんてできるわけがない(むくみ取っただけだから)のに、さもできるように宣伝広告していたことが大問題なわけです。

科学的根拠もあるはずありません。

(消費者庁は科学的根拠を示す資料の提出を求めたらしいですが、そんなものはあるはずがないので、実際、なかったとのことです。それで今回の措置命令です。)

 

こうやって、措置命令が出されたにも関わらず、まだネットで「小顔矯正」をうたっているあやしいサロン・整体院は山ほどあって、ほんと、こういう詐欺行為が横行していますね。。なくなりません。。

 

普通に考えて、頭蓋骨動かしたら、ヤバい!って思いませんか?

だって、脳みそ入っているんですよね。

頭蓋骨だけでなく、体の骨だって、そんな数ミリもいきなり動かしたら、、大変ですよ。

 

テレビで、タレントさん使って、すっごく痛くして、顔潰しまくって、「痛い~っ!!」て叫ばせて、「ほら、小顔になったでしょっ?!」と番組もひっくるめて、グルか?!と疑いたくなるような構成だったりすることも多いです。

番組作っている人は、それとも本気で、「小顔矯正」されていると思っているんでしょうか。。

まあ、スポンサーは大事ですし、視聴率も大事ですから。。

(だったら、「痛い~!!」ってだけで、効果を言わなきゃ別にいいと思うんですけど。。取材された整体院は、あるわけもない「効果」をもらわないと、そりゃ困りますよね。)

 

あんなことしてたら、女性だと、そのうち頬骨骨折する人、いるんじゃないのかな~と思っていました。

もちろん、顔は擦られまくるので(ガーゼかタオルを置いて、顔ぐいぐい潰してたいたところも多いようです。タオルなど置いておいなくても、あんだけ顔潰されたらねえ。。。)、皮膚は最悪です。真っ赤に炎症を起こしたり、そのせいで肝斑の悪化やシミになった方もいるかもしれません。

私から言わせれば、よくそんなことを自分の顔(顔ですよ!顔!)にさせるな~と、ある意味感心しますが。。

 

ほんとに無茶苦茶するところもあるでしょうから、頭蓋骨の中の脳は大丈夫か?!とそちらも心配です。

脳挫傷とかならないのかね。頭も潰されてたでしょ。もう傷害罪ですよね。

(実際、痛みが消えない、アザができた、真っ赤になった、などなど健康被害があったら、警察に行ってください。傷害罪になると思いますよ。)

 

あと、首もぽきぽきならすでしょ。首もぐいぐい向きいきなり変えるでしょ。

危ないわ~。

以前にも、厚労省が首ならすな、って、注意勧告を出したような気がしますが。。

(マッサージで、関節ボキボキ鳴らす、マッサージ師の人、いるでしょ。あれ、最悪です。

ああいう人に当たると、うわ~っと思って我慢することもありますが、止めてください、と止めることもあります。

ボキっ!と鳴らされた瞬間に、関節の軟骨がはじけ飛んでいます。

昔、NHKで、整形外科のドクターが止めてくださいと言っている主旨の番組で、整形外科医立ち合いのもとに、それを証明する実験を見せておられて、レントゲンで、見事、軟骨、飛んでましたね!

整形外科医で、ボキボキ鳴らすのを勧めるドクターは、知っているはずですから、いないと思いますよ。

飛ばされた軟骨は、また作ればいいわけですが、ちゃんと動物性たんぱく質を食べていない人は、そうそう作れません。。

だから、年とると、だんだん関節痛くなって、言うこと聞かなくなるでしょ。再生がうまくいっていないから、壊されたままだったりするわけです。

 

「小顔矯正」に話を戻します。

厚労省の注意勧告だったか、「小顔矯正」で重傷被害報告、って書いてあったと思いましたが、リンクが見れなかったので、みなさんも検索して確認していただけますか?

 

あまりにも、美容・健康・サプリなども詐欺まがいや健康被害が出たりと、ひどくなっていて、取り締まりもしてもしてもキリがないのが実態なんでしょうけど、あまりに悪質で被害者が多すぎとなると、かなり厚労省と消費者庁が動いてくれるようになったような気がします。特に、消費者庁ができてからかな。

担当の方々が大変なのはわかっておりますが、どんどん頑張って、摘発お願いいたします!!

こういうのに、飛ぶつく人は、また違うものに飛びつくことも多いんですが、こういう時代だから、行政がある程度、消費者に注意喚起をどんどん促すのを増やしてあげるしかないですよね。。

どうして、そう簡単に、信じるかな~。冷静に考えたら、そんなもので、小顔になんかなるわけないのにね。

欲が深いとろくなことになりませんね。。

 

 

カテゴリ:

医療