プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > スキンケア, 化粧品, 医療 > アトピー治療と化粧品



アトピー治療と化粧品

アトピーで、皮膚科や皮膚科以外のクリニックに通院している患者さんって、すっごくたくさんいらっしゃると思います。

もちろん、保険診療で。

 

でも、残念ながら、今の保険診療では、根本的な治療ではなく、炎症(赤み)があるからステロイドやタクロリムスを使う、乾燥しているから、保湿剤を使う、かゆみがあるから飲み薬を使う、まあ、似たりよったりだと思います。

基本は、コントロールしていくものであって、今言った治療で、解決ができるわけではありません。

 

それは、アトピーに限らず、ほんとの病気の治療が対症療法です。

だって、医学がまだそこまで進歩していないから、仕方ないです。

しかも保険適応となると、最新の医療がみなさんに提供できるわけではありません。それは、日本の健康保険のシステムとしてもうどうしようもないことです。

 

でも、アトピーにしても、悪化させる原因をなるべく避ける、スキンケアをしっかりしる、飲み薬なども使って、悪化させないようにコントロールする、って、たったこれだけでも、結構いい状態(アトピーにしては、という意味ですが)を維持できることもあります。

ケースバイケースですが。。

 

ただ、保険診療の皮膚科では、皮膚科だけでなく、他の科でも、お一人の保険点数は低い(お一人からもらえるお代金のこと)、患者さんは大勢待っている、となると、薄利多売と言いますか、一人一人に時間をかけていたら、診察は終わらないし、下手したら赤字だし、待合室は殺気だってくるし、と、「時間をかける」というのは、かなり難しいと思います。

 

基本、どこに行っても、保険診療はそういうものだと思っておいてください。

そうでないところが見つかって、通うことができたら、とてもラッキーなことです。それくらい、なかなか見つからないと思っておいてください。

 

さて、アトピーですが。。

よくうちに来られる患者さんも、うちが初めてではなく、もうすでに、他のクリニックに通って、ステロイド三昧になっている方も多いですし、皮膚炎がバンバン顔に出ているのに、誰からも化粧品を止められることなく、余計に悪化させている方、無茶苦茶多いです。。 あ、ちなにみ、こういう方は、自費治療(美容だったり、スキンケア相談だったり、栄養療法だったり)で来られた方です。

 

そういう方の大半が、これまたびっくりすることに、皮膚科ではないんですよね~。

 

どうして、皮膚科じゃないところに行ったんです?とお聞きすると、「アトピーやアレルギーで有名だったから」とのこと。

確かに、HPを観ると、「ステロイドをなるべく使いたくない」「食事療法」などなど、いろんな誘惑の言葉が並んでおりますが、実際、患者さんがもらっているのは、結構強いステロイドで、普通の皮膚科医の感覚では、それ出すか?!というようなことも。。。すっごいひどいところになると、保湿剤が一切出されていない。。。ステロイドのみ。。

食事療法をうたっているところでも、食事指導をされた方はほとんどいなくて、まして、皮膚もちゃんと診てもらったことない、と言われる方も多いです。

顔なんて、洗顔したことないし、どうですかと聞かれて、いつもと同じ薬(ステロイド)が出されるだけ。。。

 

なんじゃあそりゃ~っ!!

 

おかしいなと思っているけど、薬だけもらいに行っています。。。

 

もう、これ、最悪です。

ステロイドの副作用が起こりかけたり、起こっていたら、一体誰が気づいてくれるんでしょう。。

薬局で、アトピーや慢性湿疹皮膚炎の方が、ステロイドを買い続けるのもどうかと思いますが、薬局で買える薬の強さには限度がありますから、医者が処方するとなると、いくらでも強いのが出せるわけです。

ああ。。。恐ろしい。。。

 

皮膚科に行ったから、適切なステロイドかと言うと、それは、わかりません。。。

同じ皮膚炎でも、どの強さのステロイドを使うかは、医者の好みというか考えが違っていて、正解はあってないようなものです。

概して、開業医さんのほうがちょっと強めかなと思っています。(私の独断と偏見ですが)

でないと、すぐに落ち着かないと、「あそこはヤブだ」と言われてしまいますから、わざと強めにステロイドを処方されていることも。。

その時を診ていないからわかりませんが、薬の強さを診て、「これもらった時は、そんなにひどかったんですか?」と聞いていますが、う~ん??みたいなことも、多いのも事実です。

すっごい評判の皮膚科で、なんでも効く万能薬を出してくれる!と言う評判の蓋をあけてみると、えげつない強さのステロイドが出されていた。。。というのも、あるある話です。

さらに、さらに、ひどいところは、「ステロイドは使っていない、漢方の塗り薬」とか言って、ほんとにこれまたえげつないステロイドこてこて軟膏だったり。。

 

らった薬が、秘密のベールのような、何の薬かもわからないようなtあやしさ満点のところは、まず止めておきましょうね。

 

かといって、公的病院や準公的病院の皮膚科だから、強すぎはしない、ということもない。。こればっかりは、ほんとに医者の好みです。。。

ほんとに、その強さがいるのかもしれないし、それは、やっぱり患者さんにはわかりません。その時を診察した医者にしか、わからないことです。

 

さて、これらを全~部踏まえた上での話です。

どこに行っても、似たりよったりだったら、せめて、皮膚科に行きませんか?

皮膚科で看板を上げているところ。

皮膚科に内科や小児科、泌尿器科、外科など、一体ここの専門はなに?というのは、皮膚科ではありません。

皮膚科医は、他の科の病気は診ません。ちょっとなんか話のついでに診てくれても、看板上げるほとには診ません。

たくさんの科があっても、先生が一人一人いるなら、また話は別ですが。。。

 

うちでも、保険で来られた場合、スキンケア相談や肌荒れ相談の方みたいに、時間を取ることはないですよ。

保険診療で、1時間に1人しか診なかったら、そんなクリニック、絶対につぶれます。。。

家賃すら出せません。。

 

保険で来られて、スキンケア指導もしませんし、化粧品の相談ものりません。化粧品は止めてもらうだけです。炎症のあるところに、化粧品は使わせません。

保湿を全身に、あるいはその場所に、擦らないように伸ばして塗ってください、保湿は続けてください、ステロイドはそこだけに塗るように、などと説明して終わりです。経過は聴きますけどね。

保険診療は、基本対症療法ですから、「症状を抑える」というのが、とりあえずの第一目標になります。落ち着いたら、また次にできることが出てくるのかもしれませんが。。

 

そりゃ無理ですよ。保険診療で、一人に1時間も取っていたら、クリ二ックはつぶれます。。家賃も出せません。。

ちゃんと時間を取ってほしい、スキンケアや肌の状態も細かく知りたい、などの方は、ちゃんとスキンケア相談や肌荒れ相談で予約を取ってください。

それくらい、アトピーや慢性湿疹皮膚炎の場合、普段のスキンケアの注意事項なんて、ほんとキリがないくらい、いくら時間があっても足りないくらいなので、保険診療も大事ですが、自費でないとできないこともたくさんあります。

栄養療法もとてもいいですよ。

とりあえず、食事は変えなきゃいけないし、サプリをどこまで買うのかは、お財布と相談ですが、まずは、食事ですね。

食事指導をそれだけみっちり受けるには、保険診療では、なかなか難しい、というか、保険でお金がもらえる項目自体がないでの、そのクリニックの赤字になります。

毎月の薬代にしたって、保険診療であっても、全身となると結構高くないですか。。。?

自費診療の場合、どこまでするのかにもよりますが、栄養解析の採血など最初にちょっといりますが、結果が出た後は、そんな無茶苦茶かからないと思いますよ。

 

 

 

カテゴリ:

スキンケア, 化粧品, 医療