プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > 医療 > 京都駅で、思いっきりこけました。。



京都駅で、思いっきりこけました。。

今日、東京から帰ってきて、京都駅の新幹線ホームからエスカレーターで降りてくる時に、急いでいて、ビジネストローリー(スーツケースの小さいやつ)がくるっと回った時に回りきらずに、倒れて、それがエスカレーターのベルトの下に入り込んで、それに引っ張られて、思いっきりこけました。

その際、顔面の右側全部を、これまた思いっきり、エスカレーターの側面ぬぶつけ、一瞬の出来事に頭が真っ白に!

目から火花が!とはなりませんでしたが、わけがわからず、あと、あまりの痛さに、「痛~っ!!」と思いっきり声を出して倒れていたようで。。。

どこかのオジサマが、「大丈夫ですか?!」と助けてくださいました。。ありがとうございます。。

こういうトローリーで、車輪が片方だけのやつ、特に危ないですね。まさに、実感。。。

みなさんもお気を付けください。。

 

私は運動神経が致命的に悪いので、昔から、いくつになっても、こういう派手なこけ方を、人のいる公衆の場で思いっきりやることがあります。。

ああ。。まだ、やっちゃうんだ。。とかなりあきれてしまいました。。

毎回、これ、年いってからやると、そのうち、大怪我するんだろうな、、と毎回反省。。

ま、今回無事でよかったですが、しばらく右顔面が、じ~んとしていて、家族から、「腫れてるで」と言われました。

痛みがなくなったから、冷やしていないんですけど。。(めんどくさかったのもあって。)

明日、笑けるほど腫れて、青あざになっていたりして。。初診の患者さん、びっくりですね!

 

以前にも、家の近所で、雨上がりい自転車に乗っていて、公園のそばだったんですが、地面にこけがうっすら生えていたようで、これも曲がろうとして、思いっきり、自転車ごとすっ転びました。

 

これまた、一瞬何が起こったのかわからないまま、自転車から放り出されて、あごから落ちるというか、思いっきりあごを打ちました。

これは、火花が出たような。。

家に帰るだけでしたが、着ていた白いコートは、苔と泥で、ぐちゃぐちゃで、あまりにあごが痛いから、鏡を見ると、パクッと皮膚が割れてましたね~。

 

皮膚というのは、ドンっ!と力を加えると、パクッとキレイ~にさけるというか、割れるというか、まるで切ったかのようなキレイな傷でできます。

 

とりあえず、水で洗って、土壌にさらされた傷だから、消毒はしたかな。

家だったので、とりあえず、テープ固定をして、キズをくっつけておいて、ガーゼで保護しときました。

翌日、クリニックで、医療用のキズ用のテープに変えて、固定しなおして、医療用のキズ用だったから、ガーゼ保護はなしにして、軟膏ちょっと塗って、治しました。

キズは癒合しましたが、横一直線の白い傷跡になって残りましたが、ちょうどあごのとがっているところだったので、影になって、あんまりわかりません。

すっかり忘れているくらいです。

 

 

みなさんが、同じような傷を負ったら、形成外科にすぐに受診してくださいね。

整形でも外科でもないですよ。形成ですよ。

皮膚科でもしてくれるところありますが、消毒されて軟膏塗られて終わりということもあります。

健康な人であれば、それでも治りますが、こういうキズの場合は、やはり傷跡ですね。

場合によったら、縫わないとダメなこともありますが、そこは、キズのある場所や、キズの状態、ドクターの考えなど様々です。

一見、大したことないような、小さなキズでも、縫わなかったら、キズ跡は結構、目立ってくることがあって。。

世の中には、縫ったほうがいい場合も多々あります。

(患者さんは、「縫う」って聞くと、嫌がられたり、「縫う」以外を希望されたりするようですが。。

患者さんのために、少しでもキレイな傷跡にしてあげようと、「縫いましょう」と言っておられることって、多いと思います。

縫わなかったら、どんなキズ跡になるか、って患者さんは知りませんものね。

そこまでの説明している時間が一般外来だとないことも多いかも。)

 

縫ったほうがいいキズでも、皮膚科で縫えない先生だったら、縫わないでしょうし、逆に外科系で縫いたい先生だったら、ワシワシ、線みたいに塗ったりされるかもしれませんし。。。それは、もうわかりません。

同じわからないなら、最初から、形成外科に行くのが、とりあえず一番いい選択だと思います。

 

私の経験から言いますと、外科や整形の先生でも、顔は自分らが縫ったらいけないと思っている先生は、テープ固定だけして、形成外科を紹介してくれたりしますが、少数派?かもしれません。。

紹介せず、縫っちゃう先生は、悪気があるわけでなく、早く手当してあげよう!という医者としての使命だと思いますが。。。

 

形成外科医と形成外科医でない外科医とで、縫い方だけでなく、皮膚の扱い方が根本的に違うんです。

キレイな傷だけでなく、汚いキズ(キレイに割れていないという意味です)でも、骨や関節や内臓に関係していないなら、皮膚~脂肪くらいまでの深さの問題であれば、キズは形成外科へ!

線路みたいに縫われたら、キズ跡修整が大変どころか、無理な場合も。。

 

大怪我しても、意識がある時の話ですよ。

意識ないくらいの大怪我は、まずは救命ですから、キズ跡がどうこう、縫い方がどうこう、言っている時間はありません。一刻一秒を争うこともあるので。

そういう場合は、落ち着いてから、形成外科を受診して、相談されてください。

保険で、修整手術ができることもあるし、ダメな時もありますが、間違っても、いきなり、美容外科だけの、保険もやっていない、格安チェーン店とか、行ったらダメですよ。

ちゃんと形成外科医がいて、場合によったら、保険もしてくれるところに行ってくださいね。

 

 

 

カテゴリ:

医療