プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > スキンケア, 化粧品 > 保湿ってほんといらなくなりますよ



保湿ってほんといらなくなりますよ

明日東京での栄養療法のセミナーのために、今日東京に移動してきております。

さっき、お風呂に入ったら、顔に塗るものを何も持ってきていないことに気付きました。

日焼け止めとBBクリームは持ってきているんですけどね。

今、というか去年の冬くらいから、私は、保湿と名のつくものはほとんど使っていません。

無添加せっけんで顔を洗った後、クリニック用の美白剤を塗って、アンチエイジング用のレチノールのきつ~いのをたまに、なので、このきつ~いのを塗らない時は、美白剤で終わることがあります。

夜はそれでいいんですが、朝は、やはり日焼け止めを塗りますから、昼間乾燥するんじゃない?と何か洗面所にある、余っているものを塗ったりしますが、結構これが忘れます。

 

忘れてしまって、後から、あっ!と思うこともありますが、まあ、いいか、とそのままにしてても困らなかったんですね~。

 

でも、一応日焼け止めを塗るから、摩擦が少しでも出にくいように(すべりをよくするために)、環境によったら、後からちょっと乾燥している?と思うこともたまにあるので、気づいたら、なにか塗るようにはしています。

 

美白剤とレチノールに美容液の中には、多少の湿潤剤が入っているでしょうから、それで十分でした。

ただ、なくてもいけました。

まあ、これは、ベースに塗っている日焼け止めが、今はビューティフルスキンなので、それも大きいのかもしれません。

女性の場合、体調にもよるかもしれませんけど。

 

化粧品って、なんでもそうですが、ブログでも何度か書いていますが、これ、いるの?って思ったら、一回止めてみたらいいんですよ。

困るのかどうか。

やっぱり、その日、なにか困ったら、いるのかもしれません。

(麻痺させられていて、麻薬みたいに、ないといたたまれなくなっていることもありますが)

 

ブログを見て、いらない化粧品を断捨離された方は別として、まだまだいわゆる雑誌やネットで勧められた化粧品を使っている方、まだまだ大勢いると思います。

今、全く肌トラブルもなく、「私の肌は綺麗だし、何も困っていないから!」という方は、そりゃ変える(捨てる・止める)のは、かなり抵抗あるでしょうけど、今困っている方は、さっさと何か行動に移したほうがいいですよね。

ばっさりと止めれたらいいけど、止められなくて、困っている方、大勢こちらもいると思います。

 

肌荒れ相談に来られる方で、いくら塗っても、乾燥が全然良くならない!と言われる方、とても多いです。。

たくさん塗っているから、それらの化粧品でやられて、余計にひどくなっているんですが、化粧品が悪いと思っていないから、そこには気づかないようです。

また、こういうブログを読んでいても、まさか自分の化粧品に限って!と思っている方も多いようです。

 

でも、冷静に考えてください。

 

顔に、一体何種類塗ってます?

化粧水、乳液、クリームは最低塗っていて、さらにさらに、なんかわけわからんブースターやら、美容液やら、オイルやら、化粧水前美容液やら、エッセンスやら、もうわけわからん数と種類を塗っている方、こちらも結構いらっしゃいます。

それだけ塗っていて(お金もえげつないと思いますが)、どんどんひどくなるって、おかしいと思いませんか?

 

ここで、絶対おかしいっ!根本的になにか違うんだっ!と気づいていただけるといいんですが。。。

 

まだ気づかない方は、ちょっとほっておきましょう。

で、気づいた方。

いきなり全部止めるのは怖いと言う方。

じゃあ、その中で、一番高いのを、まず1個止めてみましょうか。

止めて、当日、翌日のお肌を実感してください。

多分、こまらないはずです。

なくても、何も変わらないということに気付けると思います。

そしたら、次に高いのを、またひとつ止めていきます。

そうやっていくと、最後に残るのは、化粧水や乳液くらいになると思います。

 

もう、肌自体が破たんしていますから、しかもその破たんの原因は、今使っていた化粧品にあるわけで、止めていいことはあっても、悪化はないと思います。

 

ですが、もし、ひとつ止めて困ったことがあったら、貴女の肌は、かなり重症かも。

麻薬と同じところまで来ていて、禁断症状がひどすぎるところまでいっちゃっているのかも。。

ここを乗り越えられたらいいんですが、こういう場合は無理でしょうね。。

そういう場合は、違う化粧品で代用するしかないです。とりあえず、何かを塗ってあげないと。

これは、何を塗るのかは、肌の状態によって全然違うので、これはブログでは書けません。皮膚科を受診しましょう。

化粧品が使えない場合も多いです。

止めることすらできない方も、世の中にはいるんですね。。おそろしい害です。。

 

ちなみに、私が保湿がいらないのは、肌にいらんことをしていないのもありますが、やはり中からの修復再生がうまくいっているんだと思います。

最低限の保湿成分(皮脂も含めて)を、体が作ってくれているんでしょう。

これは、栄養がある程度足りていないと、皮膚にまで回ってきませんから、時間がかかります。内臓がある程度満たされてから、ですから。

中からの修復と、外から自分で攻撃しないことが大事です。

爆撃をとにもかくにも止めましょう。

カテゴリ:

スキンケア, 化粧品