プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

  • _20171208_210350
  • IMG_20171206_210255
  • IMG_20171124_234410
  • IMG_20171123_142324[1]
  • IMG_20171113_205047
  • 100000009002749707_10204
  • DSC_1775
  • IMG_20170929_163107
  • P1130086
  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員

ホーム > スキンケア, 栄養・食事 > 顔の触り方



顔の触り方

肌荒れ相談・スキンケア相談・スキンケア講習など、肌関係で悩んでいらっしゃる方の中には、今までの自分の触り方・使っていた化粧品・エステや美容クリニックでおかしなことをやったあれこれなどによって、お肌がボロボロの方はとても多いです。

ボロボロ具合というのも、これまたピンからキリまであるんですが。。。

 

そういう方の中には、洗顔のされ方を診ていると、指を逸らして、指先だけで洗っている方(顔をスカスカに梳いていて、洗えているわけでがないのと指先だけでそういうことをするわけですから、指先に力がどうしても入りがちになります)・石鹸などの泡をちょっとだけ、しかも顔の真ん中にだけのせて、泡を3回ほどポンポンと押したら(肌には全く触っていない)、もうすぐに洗い流している方(全然洗えていないということです)、ようは、顔を全然触らないで洗おうとされる方が、時々いらっしゃいます。

(椿油を使おうが、純せっけんを使おうが、台所用洗剤じゃないんだから、ほんとに、化粧品がこれで落ちるわけがないです。)

 

顔に、保湿剤くらいしか塗っていないのであれば、そんな洗い方でもいいですが(それだったら、水(ぬるま湯)でいいだろうと思いますが)、日焼け止めは塗っているわ、BBクリームは塗っているわ、ファンデはいろいろ重ね塗りしているわ、となると、そんな洗い方で落ちるわけがないです。

 

そういう方に、どうしてそういう洗い方をするのか聞くと、なにかでみて、そういうのが肌にいいと思っていた、と言う方もいますが、半分以上の方が、「怖くて、顔を触れない」と言います。

 

ごわ==っ!!!と擦りまくっているわけではないわけですし、今までの触り方を思えば、散々擦り倒したり、叩き倒したり、すり込んだり、お肌をえげつなくいじめてきたのに、急に、怖くなりましたかって感じですが、それくらい極端なくら、反省をされたのかもしれません。

 

 

「もっと、触って大丈夫ですから」「日焼け止めやファンデ使いたいなら、きちんと洗えないなと、日焼け止め・ファンデ、止めないといけませんよ。使いたかったら、ちゃんと洗いましょう。」と言い続けることも多いですが、気持ち、わからなんでもないです。

。。。えらい極端な変わりようやな。。。。

まあ、そんなに怖くて触れないなら、保湿塗る時も擦ったりしないだろうし、そういう意味では短期であれば、いいのかもしれない。。。とさえ、思う時も、人によったら、あります。

 

でも、せっけんを使う目的は、あくまで「水で落ちない、汚れを落とす」わけですから、落とさないなら、落ちないなら、意味がありません。

だったら、手早く汚れとなじませないといけないです。

 

顔なんて、指先からしたら、広い体育館みたいなもので、雑巾1枚で、何時間かけて掃除するつもり?ってことです。

広い体育館だったら、大きなモップをもってくるでしょう。

洗顔もそれと同じで、広い顔を指先だけで洗おうとするから、ムラができるし、へんに力が入って、赤みの炎症を起こしたり、その後シミになったりしてくるわけです。

手の平と指全体を使って、指を反らせるのではなく

(どうして、指反らせるんでしょうね。。? 今までも結構な人数(と言っても、1割もいませんが)、指反らせをしています。どこかで流行っていますか? なんのために。。? 目的がわかりませんね。。

顔をひっぱりあげたり、塗りこんだりなど、CMの影響か。。とあ~あ~と思うことも多いですが、さすがに、指反らせは、CMで見たことはないな。。。だって、洗えないもの。)

 

ちゃんと両手で、(片方の手しか洗わない方も結構多いです)

顔全体の手指を沿わせて、なでるようになじめせて洗う。

 

以前は、言葉で言えば、ほとんどの方がすぐに実践されたし、できていましたが、ここ数年くらい、全然言葉が通じないことが時々あります。。年齢関係なく。。

きっと思いこんでいるなにかを、捨てないから。変えないし、変えるつもりもないようです。。

 

う~ん。。と思っていると、パウダールームで、保湿をつけてもらうと、先ほどとは一転して、いきなり、それこそ、手のひらと指全体を顔に沿わせて、グイイ~グイイ~っと圧迫しだすのです。

もう、診てるほうは、唖然です。

 

。。。顔触るの、怖かったんじゃないの。。?

なに、その押し出しは?!なんで、いきなり、ぐいぐい押すの? 挙句の果てに、ず~っと顔を手で押して触ったまま、じ^~っとしています。

かくれんぼですか? もしも~し?

 

この変わりようの矛盾!

 

こうなると、いつまで触ってんですか=っ!!と止めに入らなきゃいけない。

 

しかも、何回も何回もやっているんです。

保湿を山ほど出して、顔べたべたで、もうそのへんで勘弁してあげてください、と祈らずにはいられない。

ひどい人になると、そのうち、リズムにのせて、弾みだし、ぐいぐい押したか思えば、たたく手前、もしくは叩いているのと同じことも。。

 

で、当のご本人は、全く自覚ないので、ボケたのか?というくらい、さっきの「怖くて触れない」事実はどっかに行ってしまうわけです。不思議です。

 

で、今の保湿で、それ、押していると思わないんですか?ぐいぐい押してますよ?! 肌に刺激になっていると思いませんか?と聞くと、「だて、保湿だから」というわけわからん返事が返ってくることもあります。

 

保湿だから何をしてもいいと。。。?

 

今まで散々触り倒してきたわけですから、サ~っと塗るだけで十分です、保湿なんて。

 

もうとにかく、顔を触らないっ!!

必要最低限に!! 回数も時間も!!

 

と、何度言っても、これまた、治らないんですよね~。

自分の矛盾に気付く方もいらっしゃいますが(気づかない方のほうが圧倒的に多い)、「でないと保湿できないから」とずっとかみ合わない話が続いて、どちらにしろ、洗顔も保湿も、何もやり方が変わらない。。。

 

こういう方は、何回スキンケア講習受けようが、同じかもしれません。

3回受けたけど、ほとんど変わっていない(変えていない)という方は、やっぱりいるんです。

4回目は、わかりませんが。。。

 

他力本願なのがもともとの問題なわけで。。。

 

で、あれだけ顔を怖くて触れないと言っていたのに、ものすっごい厚塗りで、パウダールームから出てこられる方もいます。。。

どんだけ塗ったん。。。? どうやったら、うちに用意しているBBクリームで、よくぞそこまで厚塗りができたな?!とビックリギョーテンするくらい。。。

 

こういう人に、洗顔もできていないから、BBもファンデも落ちないから、化粧止めてください、と言ったところで、絶対に止めるわけがないです。というか、診たことないです。

あの洗い方では、どんなにきついクレンジングオイルを使っても、W洗顔しても、洗い残しは山ほどあるでしょう。。リスク高すぎます。。いらん添加物も山ほど入ってきますし。。

 

こうなったら、もうスキンケアはいったんあきらめて、皮膚をなるべく触らないようにさせておいて、後は、中からの栄養をつけて、皮膚に生まれ変わってもらうしかありません。

少々の刺激では負けない強い肌になってもらわけです。。

体調も良くなるし、お肌もツルピカになります。

 

でも、こういう人に限って、栄養療法には全く興味がなくて、「自分は栄養が足りている。だってオーガニックカフェ大好きだし!」みたいにしか思っておられないので、自分で気づかない人は、どんどんダメなほうに行ってしまいます。

 

一体、どこから間違っているのか。。。スタート地点からなのかもしれませんが。。。

間違った、と思ったら、そこからまた始めればいいんですよ。戻れたら戻ったらいいですし、戻れなかったら、また一から(ゼロから)始めたらいいです。

 

そしたら、必ず、世界は開けて、次の段階に飛ぶことができます!

間違っていると思ったら、とりあえず、一旦止まってみましょう。

 

 

 

 

カテゴリ:

スキンケア, 栄養・食事