プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > 医療 > しつこいようですがガッテン!



しつこいようですがガッテン!

書かなきゃいけないネタが続いておりまして、追いつきませんな。。書く時間がない。。

で、順番にいきます。

 

今日の「ガッテン!」盲腸でしたね~。

盲腸、正しくは虫垂は取ったらいけない、というのは以前から聞いておりました。でも、患者さんの症状によったら、取らなきゃいけない場合もあるので、そのときは仕方ないですが、取った場合の対処の仕方も教えてくれていたので、ためになりました。ね~。

やっぱり、人間の体の中に、いらないものなんて、何一つありませんね。

 

さて、先日の糖尿病と睡眠薬の話に戻ります。

 

やはり中高年の方々のガッテン!視聴率というのはとても高いのですが、あの放送のあと、内科の友達が言っていましたが、やはり次の日の外来診察時に、糖尿病の患者さん何人も、ガッテン!の睡眠薬の話を聞かれたそうです。

 

こういうテレビ番組観て(特に、ガッテン!とか)、自分にどうかと聞いてこられる患者さんというのは、自分でも病気をなんとかしたい!よくしたい!お思っておられる前向きな方です。

でも、患者さんは、ず~っと飲んでいる薬があると、新しいことが出てこようが、最近こういう薬が改めて見直されてきているとか(医療業界の中で、一般的にではなく)、いい薬が新しく入ったとか、どんないい理由があろうとも、薬を変えることに抵抗のある方というのは、少なからずいらっしゃいます。

患者さん自身、特に体調に困っていないので(血液検査などで、困ったことになっていても、患者さんの実感として出てくるのは、もっと後ですから。。自覚症状はそうそうありません)、薬を変えることを嫌がられます。

変えて、ひどくなったら困るじゃないか、ちょっと怖いな、めんどくさいな、などなど。。今、この薬で(直接)困っていないのに、どうして変えるんだ、と思ってしまうわけです。

 

でも、ガッテン!をみて、新しい薬について聞いてこられたわけです。

内科の友達は、渡りに船とばかりに、ガッテン!の薬は保険が通っていないから、出せないけど、新しい治療法や薬に興味があるんだったら、ちゃんと保険が通っているいい薬がありますよ、と薬を変えることに成功したそうです。何人も!

 

糖尿病の薬には、疲れ切った膵臓にムチ打つような薬もあり、それが必要な方もいるとは思いますが、できれば変えていこうという方も大勢いて、それであれば、SGLT2製剤とか、いろいろ糖尿病の治療に対する考え方も昔とかなり変わってきてる。薬も昔にはなかったような薬が開発されて、保険が通るようになったりしていますから、そういうところは医学の進歩と国民皆保険のありがたさですね。

 

友達は、ガッテン!様様と喜んでいました。ずっと患者さん説得していても変えてくれていなかったわけですから。

 

あれ観て、睡眠薬頂戴と言われても、不眠症でないとまず保険も通らないわけで、でも、もともと睡眠薬飲んでいた方で、糖尿病なんだったら、一石二鳥ですよね。

テレビの影響って大きいから、困ることもあるでしょうし、実際、ありますが、説明してあげて、いい方に変われば、結果オーライですよね。

その影響で、普段病院なんか全然行かないような方が病院に行くので、開業医の中には、患者さん増えてうれしい(お客さん増えてうれしいと同じ意味です)と喜ぶ医者もいます。

それだけ、自分の体調などを気にされている方が実はとても多いということですね。

説明しても、わかってもらず、くれ、くれ、どうしてくれないんだ?!と文句言われたら、それは困りますが、そこまで言う人って、そんなに多くないので(多くはないけど、実に濃かったりするので、時間がかかるのはかかります。。外来しばらくストップしますから。。)、現実的な被害はガッテン!の場合は出ていませんよね。むしろ、民放や雑誌のほうが、健康被害出るような、実際出ているようなことって、多いと思いますけどね~。

 

 

 

カテゴリ:

医療