プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517
  • IMG_20170621_202527

ホーム > 化粧品 > アネッサベビー用



アネッサベビー用

紫外線が強い季節になって、アネッサのCMが、「美肌」というので、去年と中身が変わったのかなと思って、ドラッグストアに見に行きました。

手に塗るのがちょうど欲しかったから。

 

ドラッグストアに行くのって、ほんとにたまにで、行く時も買うものが決まっていたりするので、よほど時間がないと、こんな商品があるのか~とゆっくり見ることってほとんどありません。

たまたまそういう時に、気になる商品があったりすると、パッケージの成分表示などは見ますが、もっともらしいことも書いてあったり、どこまで信じていいのかよくわからないことも多いです。

でも、やはり実際使ってみないことにはわかりませんから、顔に塗ることはめったにありませんが、手や腕など体用に試してみたりします。

ただ、中には、やはり粗悪というか、これは信用できない、しかも塗り心地も悪いとなると、塗っても日焼け止めとしての役割もしていないと思っているので、ほとんど新品でも(すぐに嫌になった場合)、もう捨てます。

そこまで高額でもないし、そんなものを使って、日焼けしてたら意味ないし、入っている添加物もなんか気持ち悪いし、肌も荒れるのでは?と思います。

 

話を戻します。

さて、ドラッグストアです。

そしたら、いつもの(ていうか去年と同じパッケージの)ゴールドとシルバーはありました。中身が去年と全く同じかまでは知りませんし、調べることもできませんし、去年のは売っていないんですから(お店によったら、去年の在庫を売っていることはあり)、比べたって仕方ないです。今年のを使うかどうかの判断です。

 

で、今回の本題!

新しいのが出てました!

なんと!敏感肌用アネッサ!赤ちゃんにも!紫外線吸収剤は入っていないのは前からありましたが、ウォータープルーフ!耐水テスト80分OK!!

そして資生堂の特許のアクアブースター処方! 石けんで落ちる!

とスゴイのが出てました!

DSC_0017

http://anessa.shiseido.co.jp/products/mild/

ベイビーアネッサは今までもありましたが、SPF値もPA値も低くて(紫外線吸収剤が入っていないから)、ウォータープルーフではなく、まあ、仕方ないんですが、よく患者さんからも、赤ちゃんや小さい子供と海やプールに行く場合、何を塗ったらいいですか?と聞かれて、「そういうので、ウォータープルーフないんですよ~、というか、私は見たことないんです。」と患者さんといろいろ対策をあれこれ模索したりしていました。

 

もちろん赤ちゃん用って、生後6か月たっていないと、日焼け止めは塗ったらダメですよ。

生後6か月以内の赤ちゃんを、日焼け止めを塗らないといけないような状況に置いたらまずダメなのと(明るい部屋は気にしなくていいです。)

生後6か月以内の赤ちゃんに、日焼け止めを塗って大丈夫か、としているメーカーをまず知りません。

 

というか、おそらくみなさんの使っている、赤ちゃん用、キッズ用と書いてある日焼け止め、そんなの本当に子供に大丈夫かなんて、信用できませんよ。

ボランティアの子供や赤ちゃんを集めて、塗る実験をしていくなんて、万が一かぶれたら、皮膚科医に診てもらわないといけないし、まあ、そんな小さいメーカーでしていませんよ。勝手に書いたもん勝ち。誰も調べませんからね。

 

ちなみに、ビューティフルスキンまで添加物が極限まで少ない日焼け止めだと、実験自体は要らないと思います。あれ以上添加物の少ない日焼け止めは、まずないでしょう。

資生堂の場合、社内基準というのは、他のメーカーよりもかなり厳しいですから、「ベビー」と書いてあったら、ほんとにベビーOKですし、「ウォータープルーフ」は、ちゃんと水浴テストや厳しい耐水テストでOKのものしか表示されません。

そこまでの耐水性がなければ、「汗に強い」という表示にされるので、他社が「ウォータープルーフ」と表示していても、疑わしいものもたくさんあるし、資生堂の「汗に強い」ほうが強かったりすることも。。。

言ったもん勝ちですからね~。

 

紫外線吸収剤が入っていないとなると、普通は結構白くなります。塗り心地も悪いです。

それを、白くなりにくい、塗り心地がそこまで悪くない、となると、なにか添加物は入っているでしょう。

添加物はないにこしたことありませんが、添加物の恩恵というのはあって、これは食べ物も少し似ていますが、便利だったり、安かったり、日焼け止めだと、塗りやすかったり、白くなりにくかったり、SPF値などが上げていけたり、などなど。

どこで妥協するか?!です。

 

紫外線吸収剤がないとなると、SPFやPA値を上げていくと、そうそう上げられませんから、家族で南の島や紫外線の強いところに行く時は困るし、ウォーターpプルーフなんて、夢のまた夢って感じでした。

 

今回、SPF35 PA+++は、前から表示のあったものはありましたが、耐水テストOKがなかったのと、

そして今回の本命、

SPF50+ PA ++++! しかも耐水テスト80分OK!!

 

これは、スゴイことですよ~っ!!

 

試しに顔に塗ってみましたが、よくできていますね。塗り心地もです!

 

何度も言いますが、SPFが強いから、いいわけではないですよ。

ちゃんと過ごす環境とTPOに合わせて、使ってくださいね。

 

カテゴリ:

化粧品