プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

  • _20171208_210350
  • IMG_20171206_210255
  • IMG_20171124_234410
  • IMG_20171123_142324[1]
  • IMG_20171113_205047
  • 100000009002749707_10204
  • DSC_1775
  • IMG_20170929_163107
  • P1130086
  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員

ホーム > 医療, 栄養・食事 > 不妊治療をされている方へ



不妊治療をされている方へ

ブログでも再三申し上げていますが、不妊治療をされている方で、美容医療をされる場合は、必ずお伝えください。

 

美容医療の中には、内服薬を処方するものがあります。

よく処方されるのが、トラネキサム酸です。

妊婦の方が絶対飲んでダメな薬ではありませんが、妊娠の可能性がある場合、私は処方はしません。

妊婦さんに投与する薬は、おそらくどの科に行っても、絶対に必要な場合のみです。

メリットとデメリットであきらかにメリットの勝つ場合だったり。

 

これは、栄養療法をやる前からですが、私はあまり薬は出したくない派です。

トラネキサム酸も、うちで言うところの肝斑セットをしていないのに、ず~っと薬だけ飲むというのは、最初の説明で、うちではそういうのは勧めていません、と必ず説明しています。

ず~っと出す医師もいますが、それはその医師の考え方で、私は出したくありません。

でも、治療をいろいろやっていく上で、仕方ないので、出しているわけです。

栄養療法を始めてから、薬の代わりに、食事とサプリでいきますから、全員とは言いませんが、かなりの割合の方が、栄養療法併用肝斑セットに変更されました。

(料金は高くなりますが、体調も肌も中から元気になって、サプリも10%オフになるので、栄養療法も美容医療もされている方は、9割以上がこちらです。)

 

薬を飲んだら、必ず肝臓で解毒が必要となります。

肝臓を余分に働かすわけです。自分のシミのために。

病気で必要な薬はしかたないところがありますが、美容と体とどっちが大事?という問題です。

 

薬を飲まない場合もそうで、光・レーザー治療で、妊婦さんで実験がされたものがありません。

目的は美容なのに、万が一のことがあったら困りますから、まず実験はされません。

理論上、関係ないと思われても、実験されたデータがない以上、万が一のことが起こったら、世界中も誰も、「貴女がしたレーザーは関係ないですよ」と100%言い切ることはできません。

少ない人数ではわからなかったことも、大勢やっていくうちに、発覚する副作用合併症もあります。

赤ちゃんと自分の美容と、どっちが大事やねんという話で、妊娠も美容医療も舐めているというか、軽く考えすぎです。。。

どちらも医療ですから、体はどこかで繋がっていきます。

 

妊娠の可能性があるなら、邪魔をしないようなこと(スキンケアだったり、妊娠中でも使えるクリニック専売品の高機能化粧品だったり、サプリだったり)がたくさんあるというのに、そういうことはしないで、レーザーをしたいがために妊娠の可能性のことは黙ったまま、受ける方がたまにいます。

他力本願なのか、なにも考えていないのか、あるいは別の理由があるのかわかりませんが、不妊治療中に美容医療をされたいなら、それは言っておかないと、なにかあってからでは遅すぎます。

 

以前に、不妊治療をされている方の中には、美容医療(肝斑やシワたるみ治療)もしたいと言われ、婦人科の治療の合間など一緒に計画して、合い間合い間にされている方もいらっしゃいました。

危ない橋は渡らせるわけに行きませんから、結構綿密な打ち合わせの上、予約されていました。妊娠の兆しや体調の変化があったら、必ず連絡をもらって、その時点では美容医療の予約は取らないという条件付きです。

 

赤ちゃんに影響がそれほどないと言われている薬でも、肝臓を動かす以上、栄養を余分に使います。解毒のためです。

妊娠したい時に、ただでさえ栄養がないのに、そんなことに栄養を使っている場合ではない、と私は思っていますし、薬も他のものに変えれるなら変えて(治療法も変えないといけないこともありますが)、栄養療法を始めてからは、必ず栄養療法をおすすめしているので、知らせていただいた時点から、妊娠の成立や維持に大事な栄養を教えています。

 

不妊治療だけでなく、いろんな体調の変化を黙っている、もしくは言わない方もいて、(予約時に、体調の変化や薬の追加なども必ず聞いているのに、それでも言わない)、それでは、美容も妊娠も成り立たない。。うまくいきません。

誰も医者が管理していない、というか知らないからできないわけです。

それでなにもかも手に入れるというのは、そんな甘いものではないでしょう。

(ちなみに、妊娠すると一気に栄養が減りますから、高額なレーザーをやっても、妊娠してない時ほどの効果は出ないと思います。それだったら、美容でも予算をかけずにできることに専念するほうがよほどいいです。)

 

ほんとによくあるパターンが、レーザー治療をお休みさせるだけではなく、ろくでもない不妊外来に通っていて、知っていたら、別のところに行くようにもっと早くに言っていたのに、というパターンです。。

他の症状の改善というなら、マイペースでゆっくりもありですが、ガンと不妊だけは、タイムリミットがあります。しかも早ければ早いほどいい。。

時間が勝負ですから、無駄な時間を使っている場合ではないのですが、ご本人は、そこのクリニックがちゃんと調べてた上で人工授精や体外受精をしているわけではないことを知らないし、こちらも知っていない以上、忠告もできず、なにも変わらない。。時間とお金だけが無駄に過ぎていることも。。。

 

黙っておられて、一番困るのは、不妊とガンです。美容医療よりも絶対的に体優先です。

優先順位を悩んでいる暇がないくらい、時間が大切です。お金も。

美容医療も栄養療法もそうですが、症状に対して、計画性をもって、治療方針を決めているわけですが、計画が狂った場合、人間だから狂うこともあるでしょうけど、その都度修正している時間がもったいないガンと不妊治療。言っておくだけで、事前になんとか回避できたり、もっといい治療が出てきたりするわけです。防げるんです。

時間は大切にされてください。

時間だけはお金で買えませんから。

 

 

カテゴリ:

医療, 栄養・食事