プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

  • 100000009002749707_10204
  • DSC_1775
  • IMG_20170929_163107
  • P1130086
  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517

ホーム > 2017年05月



お蔭さまで、出版記念講演会が無事に終了いたしました。

ありがとうございます。

 

ついでに、私の血糖値も夜から戻ってきました。

良かったです~。

(facebookをご覧になっていない方のために。

講演会2週間前から、全然ほんとに糖質を摂っていないのに、起床時から血糖値が100を超え、120越えも当たり前になり、タンパク質を食べただけで(ほんとに糖質ほぼゼロ)でさらに血糖値が20ほど上がり、栄養療法のプロテインビスケット(糖質ゼロ)でも血糖値が上がるという。。

交感神経の緊張状態がひどいわけですが。。

なんと!本番当日の朝の血糖値は、178というギョーテンもので、おまけは血圧かっ?!!とツッコみたくなるようなもので。。。

もちろんおなかは空かないし、いつでも戦闘態勢!という状態です。

さすがにこれだけ血糖値が上がると、血糖値を下げるためにインスリンが出ますから、インスリンが出ると、脂肪合成が進み太るわけです。。。

おいおい、勝手に血糖値上げて、インスリン出して、太らせてるんじゃねーよっ!!!と不満も言いたくなりますが、血糖値が高いから、ますます断糖が進み、ちょっとだけ痩せました。

(目的まではまだ)

 

講演会にいけなくなったと留守電に入れた方の名前がなかった問題ですが、お友達が申し込まれていて、旧姓で申し込まれていたそうで、それで一致しなかったようです。

ホテルにもご連絡くださり、わかりました。

わざわざありがとうございます。

 

参加していただいたみなさんが、私のブログやフェイスブックを読んでいただいている方ばかりなので、とても温かく迎えてくださっていて、緊張しつつもとても話しやすい雰囲気にしてくださっていたので、とても助かりました。

サイン会の時など、お声をかけてくださったり、地元の名産のお菓子を持ってきてくださったり、なんかみなさん、初めて会うような気がせず、長くうちに通っていらっしゃる患者さんと同じような雰囲気でいらっしゃいました。

 

今日は、皆さん楽しんでいただけたでしょうか?

大柳先生のお話、とても良かったですよね!! 私もとても勉強になりました!

特に、お米の種類ね!

今はうちには、お米がないのと、普段炊かないんですが、もし次に買う機会があれば、ぜひ今日のお話を思い出したいと思います。

 

そしてみなさんへのお土産です(サプライズです)が、喜んでいただけましたでしょうか?

お土産①糖質制限スイーツ 「アマンドショコラ」1箱

IMG_20170524_131704  お土産②

 

IMG_20170524_131825 お土産③

 

IMG_20170524_132154 お土産④

 

資生堂からは、ドゥーエの保湿剤セットとdプログラムの口紅サンプルセット

大島椿から、アトピコスキンケアヘルスのサンプルセット

そして、ビューティフルスキンから、写真の一式のセット!!!現品ですものね!

う~。。。スゴイ。。

あと、各種資料ですよね~。

 

今日参加できないからとわざわざご連絡をくださった方々。

いきなり捻挫されて、せっかく赤い服を買ってらしたのに来れなくなった方もいらっしゃって、栄養をたくさん摂っていただいて早く回復されることをお祈りいたします。

 

欠席のご連絡をわざわざしてきてくださって、皆さんとても残念がっていらっしゃいました。

また機会がありましたら、ぜひとも!!

 

あとで思いつきましたが、キャンセルされた方々に、今日のお土産などをお送りさせていただこうかと思っています。

少し落ち着きましたら、いただいているご住所にお送りいたしますね。

今しばらくお待ちくださいませ。

 

あとからたくさんしゃべろうと思って、しゃべっていないことがいくつか出てきたので、またブログで書きますね。

 

今日は、皆さんのおかげで本当に楽しいひと時をたのしむことができました。。

ありがとうございました。

 

 

すみません、フェイスブックのコピペです。

今朝の分です。

顔の洗い方です。

以下、コピペです。

 

 

さて、今日は洗顔についてですが。

 

クリニックの洗面所には、泡で出てくる洗顔料がいくつか置いてあります。

やはり、しっかりした泡で、汚れとしっかりなじみやすくするということと摩擦を減らず口ためにとても役立ちます。

 

ドゥーエの洗浄力も、顔用の泡で出るムースタイプと、体顔用の液体とあるでしょう。
ムースタイプとの違いは、発泡剤が入っているかどうかです。
人に寄ったら、ホントに泡立てずに使ったり、それ泡~?みたいなのもありますから、メーカーのほうでしっかりと計算してくれてるわけです。汚れを取って摩擦を減らすための発泡剤です。
添加物が入る恩恵というのがあるので、そこは品質と合わせて、どのラインで自分が折り合いをつけるかでしょう。
だからこそ、化粧品選びは大切です。
発泡剤ならなんでもかんでもいいわけではないです。

 

その点、ドゥーエはしっかりした安全テストをされていますから、本当の安心です(個人で合う合わないは別の話ですよ)。

なので、発泡剤も要らないし、自分でちゃんとするから大丈夫!という方は液体を使われたらいいです。

泡で出てくる以上、容器代もかかっているわけで、その分値段は上がります。
当たり前ですね。

 

そんな数々のメーカーが作ってくれた泡を、顔にのせる前に、両手ですり潰している方多数…。
…(゜ロ゜)

 

泡なんて、顔にのせてなじませたら、結構早く潰れます。
だからこそタップリ必要です。
顔にのせる前に、ひどい方は延々とすりつぶすので顔にのるころには、ただの液体を練ったもの…。泡じゃないです。

 

いつどこでそういう習慣がついたのか知りませんが、きっと何も考えず習慣のまま、されているんだと思います。

診察の時に注意してますが、診察に来ない方は、ご自身で見直して見てください。
すべての皮膚の触り方を。

すみません、今日もフェイスブックのコピペです。

講演会の準備が進んでいるようで進んでいない。。

う~ん。。。

 

眠いですわ~。

もう今日は寝ちゃおうかな~。。。

 

以下、フェイスブックのコピペです。

 

 

おはようございます!
今日も肉食美肌で始めましょう!

朝テレビで、「50歳からの…」と体改革というか、ジムの広告が流れてました。

栄養療法も筋トレも何でもそうですが、50歳から変えると言うのはホントに大変で、何十年という生活習慣で、体は結構それでできあがっているのを、ヘタすると180度変えるわけですから、体はついていきません…。、だからこそ医療の力を借りるわけですが。

皆さん間違った食事で体も血管も細胞もボロボロのところに、例えば筋トレで負荷をかけるとか、加圧トレーニングなんて最悪で、弱っちい細胞はブチブチ潰れます。

激しいことをするなら、それについていける体になっていないと逆効果です。
ただでさえ体ボロボロなのに、さらに自分で潰しにかかるという命がけのマゾ?!みたいな…。
マゾでわかってやる分には嗜好の問題で済むかもしれませんが、体にいいと思ってやっているところが悲しすぎますね。

50歳過ぎて、変えよう!と思う場合はまずは栄養解析で確認と診断と治療もして、許可をもらってやってください。

健康診断で引っかかってないのは、引っかける病気と程度が決まっています。
そこに引っかからなかっただけで、健康でもないし、筋トレなどをしていいわけではありません。
もともと筋肉を使っていて、筋トレしている方は、まだ日常生活の延長ですが、今まで全然してないのにいきなりって、体おかしくなると思いませんか?
極端過ぎるんです。 自力では無理だし、精神論とかいう問題でもない。
自然の摂理として、無理です。

早く気づいてほしいなあ~。体壊す前に。

すみません、またしてもフェイスブックのコピペです。。

 

今、講演会のスライドを作っていまして、最初スライドなしでいくつもりでしたが、やっぱりあったほうがいいかなと急遽作っております。

今、ちょっと一休みです。

 

うちのフェイスブックページは、アカウントがなくてもどなたでも見れるようになっています。

フェイスぶっくは、ほんとにこまめに更新しているので、そちらもご覧ください!!

 

フェイスブックのアカウントは、簡単に取れます。

その際、心配な方は、ローマ字表記にするといいですよ。

たとえば、「Aiko Shiba」みたいな感じです。

漢字じゃないから、個人が特定されにくいです。

公開範囲の設定を、「友達のみ」にしておいて、誰とも友達にならなければ、誰もその方のところを見ることができません。

趣味や好きな音楽もいれる必要もありません。

アカウントを持っていると、便利は便利です。

 

さて、以下、コピペです。

朝の情報番組で、「朝ベジ」やってましたね。
動物性タンパク質の話一切なし!
はあ…と思う瞬間ですが、これを読んでる皆さんは、「朝ベジ」じゃなくて、「朝肉」にしてくださいね!
ってもうされてますね。失礼しました。

100000009002749707_10204肉食美肌印ベタ
お肉じゃなくても、魚でも卵でもいいです。
乳製品以外の動物性タンパク質にしてください。
「ベジファースト」の罠、私の本でも書きましたよね。
食の細い方、特に女性は、べジファースト、マネしたらダメですよ。

 

  溝口先生の本にも、「肉ファースト」!! 書いてありましてよね。
まだこの本を読んでいない方は、ぜひともすぐ読んで下さい!

 

野菜ももちろん食べないとダメですが、動物性タンパク質食べてこその野菜です。
もちろん、スムージーはダメ~!!
これも本にもブログにも書いてますから、忘れた方は、もう一度読み直して下さいね!

 

テレビの情報を何でも鵜呑みにしたらダメですよ~。

すみません、またしてもフェイスブックのコピペです。

フェイスブックを見ていない方もいらっしゃるので、ほんとに両方読んでいただいている方には申し訳ないです。。

 

ヘアカラーをしていると、その後どうなっていくのかは、やっている美容師さん方が一番知っておられます。

そういうことを知っている方は、あまり自分にはヘアマニキュアはされても、ヘアカラーはされません。

業界あるあるです。

自分たりの手の荒れ具合を見ていても、体感されていますし、ずっとされているお客さんの頭皮を生で、しかも大勢見ておられる生き証人ですから。。

 

私は、20歳そこそこから白髪が多く(年齢の割に。これは栄養不足です)、30代半ばくらいから、白髪を染めだしました。

草笛光子さんみたいな白髪になりたいですが、途中がね。。。

当時、この話は何度かブログで書いていますが、最初ヘアマニキュアでしたが、やはり落ちやすいので、ヘアカラーに一度しました。

でも、結局根元が伸びてくるから、1か月もしたらまた染めないといけない。

根元以外も1か月たたないうちに、ちょっと白髪が色が抜けてくる。。

 

で、担当の方に2か月後にヘアカラーの予約を取った時に言われたのが、

「そんな短期間でカラーをすると、年をとると、毛穴がどんどん開いてきちゃいますよ。せめt、3か月が空けないと。ヘアカラーは地肌につくけど、マニキュアだったら地肌につかないから、2週間後にしてもかまいませんよ。」

 

ヘアマニキュアを2週間感覚でやって、本当に大丈夫かどうかは置いておいて、この話を聞いた時になるほど!と思いました。

ヘアカラーは、当時から、やった日は頭がかゆいし、している最中も、頭皮の一部がピリピリしているのがわかってましたから、それを教えてもらって以来、ずっとヘアマニキュアです。

 

ただ、着物を着るとか、夏の暑い日で、すぐに落ちて服を汚しそう、、という時(実際、1回白いジャケットを夏に汗かいて、汚したことあり。幸い、家ですぐに洗ったら、取れました。セーフ!!)に、年に1~2回ほどヘアカラーにしていましたが、それを2年ほどやったら、もうどんどん塗った瞬間から、体のタイマーが全力で赤のランプを振り回しているのがよくわかりました。

それ以来、いわゆる「ジアミン」の入ったヘアカラーはやっていません。

 

以下、コピペです。

 

 

さて、今日は美容院で白髪を染めてもらいます。
ヘアマニキュアです。
ヘアカラーは、しません。皮膚に悪いです。
パッチテストが義務付けられているものなんて、皮膚に塗るものではないです。

美容院でヘアカラー(白髪染めと言われたら、普通ヘアカラーですよ)をしているのに、パツチテストの話なんて聞いたことがない、という方!
そんないい加減な美容院は止めましょう。

ちなみに、資生堂のヘアサロンは、毎回同意書が渡され、サインがいります。もちろんパツチテスト希望の方にはされますが、その日は染められないですよ。

 

簡単にいうと、落ちやすいほど安全です。
最近とても良く染まるカラートリートメントが増えてきて、以前にそれで頭がかゆくなりました。
本来、カラートリートメントはそこまで染まるものではないので、まあいろいろと入っているんでしょう。
ヘナで焦げ茶色に染まる(普通ヘナはオレンジ色になりますので)ものも買って持っていますが、時間がかかるのでまだ使ってません。
ヘナで染める、しかも普通の時間で?となると、まあジアミン(ヘアカラーの成分)入ってますから、そんなうまい話はないでしょう。
ジアミンが入っていないとお店が言い張るなら、ジアミンに変わる別の良くない成分が入っていると思います。
安全テスト、いつどこでした商品やねんって…。
安全です!と言ったもん勝ちです。
安全テストは、手間暇もお金もかかりますから、なかなか大手でないと難しい…。

非科学的根拠もないのに安全!安全!と言うところには、私は近寄りません。
詐欺と同じで、そんなうまい話はない、と思っておかないと。

自分の好きな染料を持参して、それで染めてくれところもありますが、私の行っているところはダメで、カットとマニキュアでお店を変えてる時間販売ないので、仕方ないです。
マニキュアは商品にもよりますがまだマシです。

ちょっと根元だけと言うときは、銀を使った毛染めがドラッグストアで売っています。
光、特に紫外線に当たると黒くなります。
部分使い用です。
全部に塗ってもかまいませんが、塗ったあと、バシバシというか、毛束が固まるというか、そのあとのお出かけはちょっといやかも…。
乾燥させてからクシを通すとマシにはなります。
外に出るときに塗っておくと、結構染まるので、重宝してます。
量と範囲にご注意!

皮膚になるべくつかないものがいいですね~。

 

DSC_1557 東京の日本橋のコスメショップ(ドラッグストア併設)の「B.B.O.N.」さんでも、私の本と大島椿の油を一緒に展示してくださっています。

京都の四条河原町の「B.B.O.N.]さんは、純石けんとアトピコの一般用のシリーズを置いてくださっています。

 

シンプルスキンケアを応援してくださる方々です。

世の中には、いろんな化粧品が出回っていて、それぞれのものがお店に置かれて、売れているわけですから、需要はあるんだと思います。

個人の価値観ですから、私が勧めないような化粧品であっても、気に行っておられる方もいるでしょうし、

化粧品は、値段と自分にとってどう感じるか、塗り心地というのもとても重要です。

 

化粧品の数だけ、いえそれ以上に、お肌の状態は人それぞれです。

なので、いろんなものが売られていても、それはアリでしょう。

 

ただ、こういうシンプルなスキンケアでいけるんですよ、むしろやったほうがいいスキンケアだと自負しております。

ということも知ってほしい。

知った上で、自分にとって、どっちがいいのか、、ということをわかって使ってほしいです。

わかって使う分には、なにかあったら、すぐに対処できますから、被害が広がらずに済みます。

 

ドラッグストアの関係者の皆さん、

よろしければ、一緒にコラボしませんか?

「肉食美肌」をどんどん広めていってほしい!

レストランじゃなくて、ドラッグストアで、「肉食美肌」とお肉と食事の話?と思われると、ちと違いますが。。。

「肉食美肌」になるためのスキンケアと食事ですね。

 

 

協力してくださるろうじsn

もっと若い子に知ってほしいな~。

シンプルに変えるだけで、十分キレイだから!!

 

実は、コラボしてくださるお店には、別のサプライズもございますんどえ、こうご期待!

 

肉食美肌印ベタ

 

 

 

 

続きです。

 

スキンケア相談化粧品相談、スキンケア講習もそうですが、それらを受けたからと言って、うちで化粧品を買われるわけではないですし、勧めない化粧品を止めない方ももちろんいます(説得に1時間かけても、ボロボロの肌をダーモスコピーで見せても止めない。

こういう人は何時間かけても同じでした。今から思うに、栄養が足りていないので、無理なものは無理なわけです。)

説得を続けていて、相手は、使いたいの一点張りで、もうじゃあ好きにしたら?と嫌になることもありますが、他に誰も止める人がいないから、私が止めるしかないのかと説得を続けてるわけですが、ほんとにそれで1時間すぎます。

 

こういう人は、都合が悪くなると(説得に負けそうになると)、話を変えたり、話があっちこっちに飛ぶので、全然話が進まないわけです。

 

そうまでして、現状を変えることに猛烈に反対されているわけですが、じゃあ何にしに来たん?と不思議で堪りませんが、ようは、現状を変えずに(自分は何も変えないし、変えるつもりもないけど)なんとかしてくれ、というお願いですから(しかもお金をかけずに)、話はずっと平行線です。

こういう時は、ほんとに嫌になりますが(ものすごく疲れるから。まあ相手も全力で反対されるから相手も疲れるでしょう)、こういう人はごく少数派で、ほとんどの方が、気を付けるようになってくださるので、全部は無理でも多少変わることでお肌もゆっくりでも変わっていきますから、良かったですね、となります。

 

 

スキンケア相談など処置をされていない方は、メール相談はできません。

 

相談=診察なわけで、診察料しかいただくものはありませんから、無料でメール相談するほど、お人好しでも、マリア様でもありません。

(今なら、facebookを使われるかですが。facebookページに投稿されて、私の返事が他の方の役にも立つので、質問をお受けするわけです)

相談がしたかったら、ちゃんと予約を取って、また1時間の枠を取りますから、再診察料(再診料)¥10,800 かかります。

肌の相談なんて、1時間はアッという間ですよ。皆さん、普段疑問に思っていることも聞いてこられるし、しかもその方と全然関係ない話で(芸能人のアレはどうなんですか?とか、テレビで言っていたアレはどうなんですか?など)、話をするのは構いませんが、あなたの枠、終わりますよ、あなたの話しなくていいんですか?ということです。

そういう人に限って、もう時間ですから、と何度も言って時間過ぎて押しまくっていても、あとひとつだけ!と、一言で済まないような最低15分以上理解してもらうのにかかるようなことをいくつも聞いて来られるので困ります(笑)。

 

聞いておきたいことは、最初に言っておいてください。必ず。

 

一つずつが時間がかかりますから、1度にあなたの知りたいこと全部は聞けません。

時間は限りがあるし、次の方が来られていなくても、次の準備と今の後片付けもいるわけで、どちらも時間がかかりますから、時間枠は守っていただきたいです。でないと、完全予約制が維持できません。

私のほうで、話が終わらず、これだけは言っておかないと!というときは、お気になさらず。

 

それは、再診の方もそうで、処置のご予約の場合、予約された処置の時間しか、もちろん取っていません。

 

処置の間は、何を聞かれてもかまいませんが、洗顔の仕方が間違っていた、日焼け止めはちゃんと塗っているのか、先日ダメと言った化粧品は止めたのか、などなど、そういう確認をしていたら、処置がもう終わってしまったということもあります。特に、ジェネシスは時間が短い(でも、10分は最低かかります)ので、たくさんいろんなことを聞きたいという方は、処置とは別に、時間枠を取ってもらわないとそれは無理で、時間切れです。

枠を押さえた以上、再診料1時間¥10.800 がかかります。

処置をしたから、その後、ずっと無料で話をしてほしい、話を聞いてほしいというのは、それは無理というものでしょう。

弁護士と同じで、医者の情報提供代と時間拘束代です。というか、いわゆる知的職業の場合、そこしかお金をもらうところがないわけです。

よほど考え方が違う場合(真逆とか)は、1時間かかりませんが、予約の時点で1時間枠を取って、他の方をお断りしていますから、時間が短くなったとしても(それでも30分以上はかかるでしょうけど)診察料は同じです。

 

Facebookを始めて、もしかしてもうすぐ1年でしょうか。

facebookを始めたことで、大勢の方と知り合うことができて、皆さんの意見もお伺いすることができて、本当に良かったなと思っています。

そういう意味では、facebook様様です。facebookをやっていたおかげで知り得た情報もあります。

 

そうやって、facebookでみなさんとやり取りをしている中で、うちの患者さんで、栄養療法されている方のために、別のfacebookページを作ろうと思ったのがきっかけです。

 

もともと、うちのクリ二ックは、スキンケアと美容医療のクリニックで、レーザーなどの処置をされた方は、家に帰ってから、なにか心配なことが出たら困るので、夜でも休日でも相談できるようにとメールのアドレスをお渡ししています。

スキンケアが間違っていたら、せっかく高いお金を出してレーザーをしたのに、効きが悪くなったりするともったいないし、炎症を起こすような化粧品を使い続けても、これまたもっともったいないはめになります。

そういったことを含めて、レーザーの効果を高く出せるようにとメール相談を受けております。

 

スキンケア相談は、1回¥10.800と、保険診療しか知らない方からしたら、ビックリされるでしょうが、医師が1時間(実際は超えてくることが多いですが)、その方だけのために時間を使うということは、日本の医療(保険・美容含む)では珍しいことです。

保険の外来で、特殊外来でもなんでもないのに(特殊外来であっても)、1時間も診察してもらった方はほぼ皆無かと思います。

ちなみに、セカンドオピニオンというのは、保険が利きません。全て自費です。

データや紹介状を揃えた上で、事前にそれらを先に届けて診ておいてもらうのかと思いますが(病院によって違うでしょう)、セカンドオピニオンの場合、投薬も検査も何もできませんから、診察料のみです。その時間の利益は。

30分¥21,600と、とある病院の料金を聞いたことがあります。

どこも値段は似たり寄ったりだと思います。完全予約制でしょう。

ということは、時間が余ろうが、その時間、他の方は診ないわけです(利益が出ない)。

 

保険診療の場合、1時間あれば、患者さん何人診れると思いますか?

基本一人5分はかけていられないです。でないと、外来が終わらないのと、時間のかかる患者さんもいるし、かからない方(経過が安定していて薬も同じとか)は、5分ないでしょう。1~2分ってこともあるでしょう。

でないと、外来が終わらないだけではなく、病院経営として薄利多売で、大勢の方をどんどん診ていかないと成り立たないのです。

保険診療というのは、そういうものです。

 

例えば、うちであれば、1時間あれば、タイタンジェネシスというシワたるみのセットができます。

消費税込みで、1回¥71.280(でしたっけ?)まあ、7万いただくわけです。

1時間対面で、その方のことだけを真摯に向き合って診察するというのは、おしゃべりしているだけのように見えて、結構大変です。

再診のずっと通っていらっしゃる気心のしれた方ばかりの1日であっても、それがたった3人だったとしても、お一人と向き合って過ごす時間が長いのと、ほんとにその時間は、その方のためだけで、どうしたらもっと早く良くなるのか、と考えながら処置したりしているので、1日が終わると、魂が抜けたみたいになることもしばしば。興奮(というか緊張状態ですね)が、仕事が終わって家に帰ってきても、なかなか抜けない。。

よく、オジサン方が、家に帰る前に1杯だけ飲む、奥さんからしたら、どうせ1杯なんだから早く帰ってきたらいいのに、というのがありますが、このオジサンの気持ち、とてもよくわかります。

オンとオフの切り替えなんですよね。

喉はカラカラになるし、ずっと話しているというのは、大変なんだなと、改めて芸人さん(とくに明石家さんまさん)の偉大さがわかりますね。大変なお仕事です。

 

スキンケア相談にしろ、化粧品相談にしろ、スキンケア関係の診察はなんでもそうですが、はっきり言って、儲かるものでもないし、お金をいただいている以上ボランティアとは言いませんが、他にそういうことをしている医者がいないのと、実際困っている方が多いので、やっているわけです。

 

「肝斑専門」とHPなどに書いてあるのも、開業するきっかけになった、もっとスキンケアちゃんとしたら良くなるのに!ということを広めたいためですが、スキンケア相談なども同じです。

間違ったスキンケアとろくでもない化粧品を止めてもらって、本来の肌を取り戻してもらう、というのが、私のライフワークというか、社会での役割なのかなと思って、需要があるのでやっています。

 

→続く

 

 

 

IMG_20170516_194347[1] IMG_20170516_235514[1]

今年の2月に、オーソモキュラー療法のベーシックセミナー(医師向け)が開催されていました。

 

ベーシックセミナーは、私はwebで聴講したので、実際の場で聴いたことはなかったんですが、オーソモレキュラーの大先輩である栗木先生が、毎年ずっと参加しているとおっしゃっていたのと、溝口先生は新しい内容も入れて、アップデートされて講義されていらっしゃるとお聞きして、早速、CD(音声CDと講義資料)を申し込みました。

 

まだ全部は聴けていませんが、おお!溝口先生、最新情報も含めておっしゃっている!!

 

私も、オーソモレキュラ―実践クリニックの特薦をいただいておりますが(ちょっと自慢。( ̄▽ ̄)

でも、勉強はマリアナ海溝のように奥深く、やってもやっても終わらない。。やっとここまでわかるようになったかと思ったら、次の新しい扉が何重にも開けていかないといけないという世界でして。。

多方面を勉強していくと、あれ、どうだったかな?と突然基礎がわからなくなったり、どうしてこうなるんだろう。。とす~っと流していたことに疑問を持ちだして、以前の資料を引っ張り出して勉強しなおしたりと。

webセミナーだと期限が決まっているので、期限が終わると、資料はありますが、聴きなおすことができません。

 

DSC_0024 他にもCDはたくさん申し込んでいますが、これだと好きなだけ聴けるので、とてもありがたいです。

参加したセミナーも、聞き逃したり、寝てしまったりしたのも、何度でも一時停止して書きこめるし、移動中にBGMのように流して聴いていたりします。

 

いや、このベーシック、ためになるわ!

改めての復習と、最新の情報も盛り込まれているので、雑用をこなしながら聴いていましたが、雑用が済んでも、まだ座って聴いていたいくらい。

まだ途中ですが、続きが楽しみです。

申し込んで良かった!

栗木先生が毎年行くのもわかります。

 

7月9日にも、ベーシックセミナーがあるそうで、まだ受講されたことのないドクターはぜひご参加ください!

オーソモレキュラーの基礎がわかります。

おかしなサイトを見て、間違った情報を刷り込まれるほど、時間を無駄にしてしまうことはないので、

(情報の刷り込みは、思わぬところで、ごっちゃになって、時には勘違いの方向に意図せず行ってしまうことも。。)

ぜひ、第一人者の溝口先生の講義をお聴きください!

溝口先生は、とても滑舌がよく(栄養がいいから)、声もとても聴きとりやすく、しかもとてもわかりやすい!それなのに、最新の栄養療法事情ももちろん網羅されているので、盛りだくさんです!!

 

こちらでは、過去のセミナーもCDで購入できます。

ドクターで、ガンの治療で悩んでいらっしゃる方は、

2016年5月22日に開催された、ターゲットセミナー「がんと慢性炎症」は必須です!!

金子先生のご講義もあって、私は参加できなかったんですが、CDで聴きました。

とても素晴らしい内容でした。

ガンの代替療法をされるのであれば、この講義は絶対に聴いて、参考にされてほしいです。

おそらく、変な刷り込みが一掃されるくらいの濃い内容です。

正しいオーソモレキュラーを知った上で、吟味されて、ご自身がいいと思う治療をなさってください。

 

他にも素晴らしい内容の数々ですから、臨床現場で役に立つこと間違いなし!

ぜひどうぞ。

 

 

すみません、またフェイスブックのコピペです。

ほんとに、フェイスブック見ていないけど、ブログは読んでくださっている方も結構いらっしゃるので。

たくさん書いた時は、こちらにも。

フェイスブックは、流れていくから、後から見つけにくいですしね。

 

以下、コピペです。

 

今朝の情報番組でやってましたが、プリン体たくさん食べたからって、それが原因で尿酸は増えているわけではありません。
食事でたくさんで摂っても、体が作るときに調整しますから、食事で影響はしません。

 

尿酸が増える原因は、活性酸素ですから、活性酸素をたくさん受けていれば、尿酸をたくさん作ります。
尿酸自体が活性酸素と戦ってくれる武器みたいなもんです。

 

痛風発作は激痛なので、仕方ないから下げる薬が使われるわけですが、下げても、根本的な解決にはなっていません。
活性酸素が増えている原因をなんとかすることが大切。
もちろん、お酒と運動は活性酸素を増やしますから、プリン体ゼロのビールを飲んだところで、関係ありません。
ストレスも活性酸素を増やしますから、ストレスでお酒をたくさん飲む男性に、痛風が多いのは当たり前です。

 

尿酸値が高いなら、活性酸素対策と、排泄障害なので、排泄がうまく行かないのは、栄養が足りていないせいで、そこがうまく回せないのです。
活性酸素対策もせずに、プリン体なしのビール飲んで、尿酸値下げる薬だけ飲んでいるから、なんの解決もされない間まま、ますます活性酸素が増えて、血管が攻撃されて心筋梗塞になるわけです。
尿酸が悪いのではありません。

せっかく、(数値を上げて)知らせてくれているのに、と言うわけです。

 

逆に、尿酸値が低すぎる方は、活性酸素対策が取れていないということなので、自分で対策しないといけません。

 

高くても低くても、どちらも栄養療法オーソモレキュラーで、まず血液検査が必要です。

1 / 212