プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

  • 100000009002749707_10204
  • DSC_1775
  • IMG_20170929_163107
  • P1130086
  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517

ホーム > 2017年08月14日



Facebookで反響が大きかったので、こちらにも載せておきます。

 

育毛するのに季節というのはないんですが、スキンケアと同じで、年中毎日必要です。

 

ただ、この季節お盆前後から気になる方がとても増えるので、毎年のことながら書いたものです。

主に女性の話で、男性はちょっと違います。

でも、男性もヘアケアと栄養は必ず必要ですから、男性の方はご参考までに。

 

うちでも、育毛メソセラピーと言って、成長因子などを含めたものを、頭皮に直接(毛根のそば)注射するというのをやっています。

時間がかかるのと海外から輸入した薬を使っているので、お値段はお高め。1回5万でしたっけ?4万でしたっけ?

1回で効けばいいですが(ごくたまに目を見張るくらい効く方がいて、こちらがびっくりすることがありますが)、普通は回数がいります。

さすがに、回数をやっていけば毛は今のところ全員生えてきましたが(もちろん、ヘアケアや外用は必須で)、途中で効果が頭打ちです。

結構いいところまで、ググ~っ!と増えて伸びてきて、このままだとふさふさですね~と言っていた矢先に止まる、まあ維持しているという感じです。

前よりも増えるスピードがガクッと落ちました。

当時、まだ栄養療法やっていなかったので、頭打ちになるのはそりゃそうだろと思います。

材料を入れないとね。

栄養療法を同時進行していれば、回数は昔ほど要らないのに、といつも思います。

(実際、されている方は、めったにこの注射はされなくなりました。

私も、そんなに要らないのでは?と思います。)

 

以下こぴぺです。

 

朝起きたときの空気が変わりましたねえ。
季節が変わりました。
夏が去って行こうとしてますね。
昼間は暑くても、残暑がヒドくても、朝晩気温が落ち出すこのお盆あたり。

少し過ごしやすくなっていいかもしれませんが、髪の毛が抜け出す頃です。
早い方だと、もう抜け毛が増えてます。

 

秋が一番抜けます。
一日200本くらい抜けても、そういうこともあります。

 

抜けるのはいいんですが、抜けないと次生えてきませんから、抜ける必要があるわけですが、そのあと全然生えてこない方が増えてます…。

 

以前は、40歳過ぎてから言われる方が大半でしたが、ここ10年くらい、三十代、二十代、二十歳前後と、昔では考えられないような年齢で薄毛抜け毛が増えています。

 

ブログ内で「ヘアケア」で検索して、ずっと読んでいかれるといいですが、原因は、間違ったヘアケアと栄養失調です。
髪の毛まで栄養回んないんですよね。

 

なので、髪の毛を太く大きくしようと思っても、材料が届かないから、細いのしか作れない。
ひどい場合は、細いのも作れなくて休業状態です。
毛の工場がてんやわんやで資金繰りを何とかしようとしているところに、間違ったヘアケアで毒撒いて、いじめるわけですから、そりゃあ毛も生えてきません。

 

いわゆる育毛専門クリニックにいけば、どこまででもお金を出せば色々してくれますが、材料増やして作ってもらうのに、効率が良いときもあれば悪いときもある。

 

皮膚と同じで、徹底したヘアケアと栄養が先です。
同時進行で治療を始めてもいいですが、必ず同時進行です。
正しいヘアケア(頭皮ケアですね)と栄養。
この二つなしでは、あり得ないです。

 

って、他力本願の人に言ってもわかんないんですけどねー。
わかる方は、早速実践されて下さい!!
お金をかけなくても、良くなる分が必ずあります。
こればっかりは、やった方にしかわからないのが残念なところ。

1 / 11