プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

  • スクリーンショット (237)
  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719

ホーム > 医療, 栄養・食事 > 妊娠されました



妊娠されました

facebookで反響の大きかったのとコピペしておきます。

 

以下、コピペです。

 

少し前ですが、シミの相談の初診の方で、予約時に不妊治療中ですと言われました。
(予約の際に、すべての病気、病院受診歴を聴きます。生まれたときから全て。栄養療法をしない方にも全員です。皮膚と体は一心同体ですから、同じ運命をたどります。特に不妊治療中は言わない人もたまにいて、そのくせ薬を飲ますような処置はしたがるし、自分では問題ないと思っているから手に負えません。こういうことが発覚したら、処置は一切お断りです。妊娠甘く考えすぎ。妊娠よりも自分のシミが優先なんだから、薬飲もうが関係ないんでしょう。また無知すぎるのと。)

 

不妊治療中の方って結構多いです。

 

そしたら、○日後に受精卵子宮に戻す予定と言われ(栄養療法希望ではない)、その受診の前か後にうちに来るか悩んでおられたので、

そりゃあ~、ウチでしょう?!早く栄養療法しないと!と思っていても、電話で言えませんが、前がよろしいかと、と2日前に来られました。

 

持参者して頂いた検診結果や今までの体調や経緯(皮膚も含めて)、肌の状態、どれをとっても重度の栄養失調です。

それは妊娠は、神様が許可出さないよ、危ないから(母体も赤ちゃんも)。

 

まずスキンケアですね。
レーザーとかダメじゃないけどもし妊娠したらどのみちしばらくお休みだから、そちらは様子みましょう。
それよりも、シミのためにもだけど、受精卵子宮に戻すなら、妊娠をうまくいかせるためにも、今回もしうまくいかなくてもまだ若いから、次の妊娠のためにも栄養療法すぐに始めたほうが良いと説明しました。
(検診結果などから、受精卵戻してもこれ維持できないよな…と思いましたが、もう決まっているわけで、絶対できないのか?!と言われたら、そこは言い切れるものではないし、私から止める権利もありません…。もう少し栄養つけてから、せめて戻すなら…、もう少し早く受診されていたら(卵子取る前に。できればそれよりももっと前に。))

 

もう時間がないから(2日後)、私ばっかりあせって話をしてましたが、患者さんの答えは、「妊娠よりもシミのほうが大事。私がそこまで妊娠したいわけじゃないから。」

 

そこまでお金払って、大変なことしてるのに?!

 

えっ?!
でも、受精卵戻すんですよね?!
お金もすごくかかってるでしょ?!

 

「親が出してるから、私には関係ない」

 

…子供を作るということは、夫婦だけの問題じゃないこともあるので、ご家族によっては複雑ですね…。

 

シミに良いなら、栄養療法もサプリ飲みたいとすこし買われました。血液検査もしました。

 

シミ優先で出すサプリと妊娠優先で出すサプリは、似てるようでちょっと違います。
特に限られた予算の中から選ぶ場合は、ガラッと変わります。

そこまで患者さんがおっしゃるので、散々悩みましたが、妊娠にも悪くないけど、シミのためのサプリにしました。

食事指導はしてますが、どこまでされるかは患者さん次第なので、2日後には間に合わないよな…かなり必死じゃないと…。

私ではどうもできません。

 

血液検査の結果は、7~10日ほどで出ます。
それから溝口先生に依頼するわけですが、あまりにも結果がヒドい方(皆さん悪いけど、ずば抜けて悪いとか)、病気で完全に引っかかっているとか、そういう場合は、その時点でお電話して、先に話を聞きに来るように言っています。

 

その方も予想通りの結果で、不妊に典型の、これは妊娠できないなという項目も引っかかっていて、でも他の方と比べてずば抜けて悪いわけでもないし、もう受精卵戻した後(もどせてないこともあり)で流れてるかもしれないから、そこに呼んで、妊娠できないのはこういう事情で、とすぐに言うのもどうかと思うし、患者さんの目的はシミ治療なので、電話はしませんでした。

 

解析結果がそれから2週間ほどして出ます。
検査して約1ヶ月。

結果が出たら、全員にお電話します。

 

お電話すると、

「妊娠しましたっ!
先生のお蔭ですっ!」

ととても嬉しそうにおっしゃって、とても喜んでおられました。

 

今まで妊娠がうまくいかなかったから、すこし投げやりになっておられたんですね。
期待しないように。
期待して、できなかったときの絶望というのは、どんどん希望を奪いますから、そうなることもありますよね。

やっぱり赤ちゃん欲しかったんだ。
ホントに良かったです。

 

でも、検査結果が!

 

妊娠したとなると、一刻も早く治療開始しないと妊娠維持にはかなりやばい項目が引っかかっています。
また焦る私。
それも電話では言えないので、妊娠したなら早めに受診してくださいと、早めに来られました。

 

その引っ掛かった項目は、保険で治療できますから、説明して、もうその場で薬飲んでもらいました。

 

前回の診察の後、食事をむちゃくちゃ頑張ったそうです。
サプリは少しでしたが、患者さんの頑張りで受精卵も着床して、胎嚢が無事確認されたそうです。
今のところ順調。

まだまだ余談は許しませんが、とりあえず一安心。

 

この薬は絶対に欠かしちゃいけない。不育症になるので、流産のリスクがむちゃくちゃ高くなる。
安定期に入っても早産のリスクが高くなるから、必ずきっちり飲むように。毎月採血も必要ですから(保険でいけます)と説明して、サプリも増やされて、まだ油断は出来ないので、食事ももっとがんばるようにお伝えして帰って行かれました。
→続く

 

続きますが、先に結果だけ。
心拍も確認され、赤ちゃん元気に今も育ってます。赤ちゃんはとても順調です。

 

カテゴリ:

医療, 栄養・食事