プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • IMG_20171231_010939
  • _20171208_210350
  • IMG_20171206_210255
  • IMG_20171124_234410
  • IMG_20171123_142324[1]
  • IMG_20171113_205047

ホーム > その他 > おススメのマンガ



おススメのマンガ

今日は趣向の変わったお話を。

 

皆さん、マンガって読みますか?

私は読みます。

毎月欠かさず買っているコミックもあります。

小説や映画、ドラマもいいですが、マンガもとても好きです。

 

今は、小説を読んでいる時間というのを減らさざるを得なくなって。非常に残念です。。読もうと思って、まだ読んでいない小説や読みたい小説がたくさんあります。

(林真理子さん原作の「西郷どん」、読みたいですね~。昔は、林真理子さんの小説やエッセイを全部読んでいたんですが、ほんとに小説やエッセイを読む時間がなくなってしまいました。他の作家さんのものも含めて)

 

映画もたまにレンタルして観るし、ドラマも決まってみているものもあります。

エッセイや小説は読む時間がなくなりましたが、仕事や勉強で読みたい本、読まなきゃいけない本もたまっていますが、マンガは欠かさず結構読みます。

 

 

「逃げ恥」は、リアルタイムで原作をずっと読んでいました。初回から最終回まで。

原作のほうが好きでしたが、ガッキーの可愛らしさと星野源さんには参りました。

実写ならではの魅力もありますね。

 

医者になろうと思ったのは、やはりベタですが、手塚治虫先生の「ブラックジャック」は影響がかなり大きかったです。

小学生の時に、将来「ブラックジャック」みたいになりたい!と思ったものです。

(子供(小学生)を医者にしたい患者さんから、「先生はいつから医者になりたい思ったんですか?」と聞かれることが多いのですが、ブラックジャックの話をすると、子供に読ませる!という方が実際おられます。。。)

 

大人買いしたいのは、手塚先生の「ブッダ」、欲しいですね~。

かなりに時間を要するでしょうけど。。。あまりに奥が深すぎて、何度も読みなおししてしまいそうです。

 

子供の時、「世界の偉人」「日本の偉人」「日本の歴史」「体の不思議」などなど、勉強のためのマンガというのがありまして、むさぼるように読んでました。

この時読んだことって、かなり記憶に残っていて、本も読んでましたが、マンガのほうが記憶に残っているような気がします。

子供用のマンガですから、大人から見ると、ちょっと事実と違ったり、新しく見解が変わったこと、進歩して変わったことなどが多々ありますが、そういういい加減な記憶と混ざったりすることがあって、世界や日本の偉人は、小学生の時の記憶のまま止まっているかもしれません。

(そういう意味では、「ベルサイユのバラ」(フランス革命の話)と「あさきゆめみし」(源氏物語)は、とても役に立ちました。一般教養として。

センター試験は、私は地理と政治経済倫理を選択したので、関係はなかったです。センターの国語の古文で、少し役に立ちました。過去問の源氏物語のところは全問正解しましたが、本番にはあまり関係ありませんでした。。。(源氏物語出なかったから))

 

 

少女マンガで御馴染みの一条ゆかり先生のマンガは、ほぼ全部持っていると思います。

ロングセラー、ベストセラーですね。

メジャーであり、王道です。

どの話もいいですが、大人は十分読んで楽しめるものもたくさんあります。

「有閑倶楽部」「プライド」は、長編ですね。

端々に、人生の教訓にもなる、いい言葉が~。散らばっているので、楽しめるだけではないんですよね。ほんとに奥が深い。

 

伊藤理沙先生のエッセイマンガは大好きで、欠かさず買っています。エッセイ以外のマンガも好きで、昔のものを含めて、ほぼ全部持っているはずです。

 

浦沢直樹先生の「MASTERキートン」や「MONSTER」も大好きで、「MONSTER」はあまりに怖さに震え上がりましたし、止められませんが、「MASTERキートン」のほのぼのしたほうが好きです。

 

女性にぜひ読んでいただきたいのでが、吉村明美先生のマンガです。

「薔薇のために」(小学館漫画賞受賞)、「麒麟館グラフティ」(DVの話が出てくるので、ちょっと暗いですが、とても奥が深い)、「海よりも深く」「あなたがいれば」「夢の真昼」などなど。

女性らしさとは?男性らしくって何?人間って。。?人との繋がりって。。?と、とても奥が深く、考えさせられ、そして感動します。

どの話もとても心温まるいい話ばかりです。派手さはないですが、読んだら強くなれると思います。いろんなことに。

 

少し前にはまっていたのが、田村由美先生のシリーズ。「7SEEDS」「BASARA」です。

どちらもものすごく長編です。

でも、止められない。。。

次の展開もとても気になるところですが、人生の糧になる話や言葉がたくさん出てきます。

いろいろと学べます。気づきもたくさんあります。人として、どう生きるのか、ということを改めて考えさせられます。。

「7SEEDS」は、今の時代に生きていることに感謝します。

ハラハラ、ドキドキしながら感動の嵐です。続編がもっともっと読みたい。登場人物が魅力的過ぎて、もう会えなくなるなんて!!という感じで、余韻がすごく長かったです。

この2つは、かなりの寝不足を招きました。。。ほんとに終わらないので。。。

この2つのマンガは、ほんとに読むことができて、とても良かったです。

 

 

清水玲子先生の「秘密」シリーズ。

科捜研の話ですが、とても興味深く、犯罪捜査の話なので、暗い部分もありますが、明るさがちゃんとあるので、このシリーズも涙よく流しました。

いい話です。

 

まだまだ好きなマンガがありますが、最近はまっている、楽しいマンガをご紹介です。

 

東村アキコ先生のマンガです。

「かくかくしかじか」は笑いと楽しさに中に、感動があって、読んでいる途中で何度も涙が出ることもしばしば。。ジーンとくる話です。

今ドラマやっている「海月姫」の原作者でいらっしゃいます。「東京タラレバ娘」も。

 

「美食探偵明智五郎」というグルメ探偵の事件解決の話ですが、料理好きの私は大好きなマンガです。

 

この先生は、ギャグ漫画も青年誌に結構書かれていて、どれもとても面白いです。

面白い中に、感動があったりします。

 

まじめにシリアスなところで「雪花の虎」(上杉謙信は実は女だったという歴史漫画です)は、現在連載中でまだ完結していませんが、とても大好きなマンガです。

まだ作品全部読めてはいないんですが、この方のギャグ漫画がほんとに最高~に面白くて、読んでいる最中に、声に出して笑ってしまうくらい、しかも笑いと涙が止まらないくらい、笑ってしまい、困っています。。

 

で、この笑いが止まらなくて困ったのが、「メロポンだし!」と「ママはテンパリスト」(出産育児エッセイマンガ)です。

メロポンは、結構、というかかなり長い!

でも、最終話は、もうこれで終わり?!ととても寂しくなりました。最後は必ず(途中にもたくさん)、ジーンと感動する場面や言葉がたくさんあります。

でも、基本ギャクマンガなので、笑いのツボが同じというか、はまりました~。

思わず、声を出して、笑いと涙が止まらない!みたいになるので、電車の中でいきなりツボに入ったらどうしよう。。。と悩むくらい、ツボでした。。

(家族が呆れてました。。一人で笑ってるから。。。)

 

 

ストレスが多くなると、笑いって減りますよね。

ドラマや映画だと、あんまり現実逃避ができないというか、時代や国が違ったり、かなり異文化でないと、現実を忘れて楽しむ、、ってできないこともあるかもしれません。

でも、マンガは、絵、というのもあって、没頭してしまうと、読み終わった時に一瞬どこにいるのか、わかないくらいの時もあります。

そういう意味で、家でのんびり読めて、笑って、時に泣いて、スッキリすることができます。

(泣くとか、笑うという感情表現は、とてもいいそうです。怒るのは、血糖値も血圧も上がるし、副腎に負荷がかかるので、怒るのは勧めていません。。)

 

やっぱり、絵だと、一瞬で理解できてしまうこともあるので、小説よりも早いことも多々あります。

寝る時間もないのに、マンガ読め、とは言いませんが、休みの日に家でのんびり、という時に、ギャグマンガは、スッキリします。

起きている間に読み終わらなかったら、寝不足の日々が待ち受けることにはなるかもしれませんが。。。

 

 

 

カテゴリ:

その他