プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719
  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)

ホーム > 医療, 栄養・食事 > 男性不妊症



男性不妊症

facebookで反響が大きかったので、こちらにも載せておきます。

 

人間も動物ですから、本能に、DNAに、「種の保存」というのがインプットされていますから、生殖機能に問題があった場合、確かのそこの根本が成り立たないから、まるで人間として否定されたかのうように感じる方もいるかもしれません。

 

でも、人間は、動物だけど、人間だし。

「種の保存」は大事ですが、違う選択肢があっても人間はいいと思います。

 

自分の子供が欲しい方は、やはり自分の遺伝子を引く継がせることが大事かもしれませんが。。

 

でも、ショックを受ける前に、その原因を考えてみてください。

 

個人の先天的なものとかではなく、今までの食べてきたものが原因だったとしたら?

もし、その場合だったら、食べ物変えたら、変わるってことですよね?

原因がわかれば、対処ができます。

 

もうとにかく、つべこべ言わず、子供欲しかったら、男性も女性も、糖質減らして、肉魚卵、もっと食え~っ!!と思います。

ええ、もうほんとに口からつっこみたいくらい。。。

(無理矢理口から突っ込んでも消化しません。。それなら一緒に消化剤も放り込みましょう!)

 

以下、コピペです。

 

不妊治療や妊娠希望で受診される女性って、結構いらっしゃいます。

 

オーソモレキュラー療法で栄養を補充して体調を整えることは、妊娠関係なく、女性は全員必要と私は思っていますから、それはとてもいいことです。

 

ただ、妊娠しにくい原因に、器質的な問題がないのかどうかは必ず確認しています。

例えば卵管狭窄とか精子を殺す体質なのかどうかなど。

そして、ご主人は検査されましたか?
ご主人の精子に問題はないですか?

ということです。

 

不妊は、何故か女性だけの問題のようにされてる世間ですが、原因は男性女性で、一対一です。

 

当たり前ですね。
女性だけで妊娠するわけじゃないから。

 

この夫婦の問題なのに、男性は検査イヤがったり、自分は関係ないと無視したり…。
検査してまで子供ほしくないと言ったり…。

 

妊活関係なく、もともと子供ほしくない人かどうかは、結婚前に確認しとかなきゃと思いますが…。

 

子供はほしいけど、自分が検査するのは嫌だ!!という男性が1番たちが悪い。

そんな男とはさっさと別れて別の男性の遺伝子残したほうがいいと思いますし、子はかすがいと言っても、そんな男性が一緒に今後育児をしてくれるのか、一生共に歩むつもりなのか?とは思いますが、女性の中には、ダンナは頼りにしておらず、自分一人でも育てる!!というしっかりした方もおられるので、そこは各家庭の問題。

 

話が逸れました。

 

男性の場合、自分の精子に問題があったらショック過ぎて生きていけない感が強いような印象を受けます。(そういう方がいる気がすると言うだけで、全員ではないですよ)

まるで全部を否定されたような気になる。

じゃあ女性は、あなたの妻はいいんですか?って話ですが。

 

男性で、気にしすぎる方の中には、やはり重症の栄養欠損の方もおられて、そういう場合、女性も男性もですが、非常に討たれ弱い…。ストレスに負けやすい。
ことがことだけに、立ち直れないほどのショックになりやすい…。

 

そして、ご自身で、うすうす気づいておられるのかもしれません。

 

オーソモレキュラー療法されている方には、お食事日記を持ってきてもらいますが、まあ皆さんひどい!
これで妊娠は無理でしょう~。したら、大変ですよ、赤ちゃんも母体も!!
ということはしばしばですが。
(糖質だらけと添加物だらけ!!)

 

で、必ず聞くのが、ご主人も昼以外は、ほぼ同じもの食べてますよね…?

 

ご主人だけ肉魚卵ガンガン摂ってる(糖質もお酒も飲むけど)、ということは少ないです。
まあその場合は、ご主人に器質的な問題がないかだけ聴いて、とにかく母体の栄養を上げることに専念します。

 

で、女性と同じもの、あるいはもっともひどい時があり、その場合は、ご主人の精子ちゃんという調べたほうがいいですよ、と必ず言います。

 

ほんとは、不妊クリニックで、夫婦共に検査してくださいと説明がないとおかしいと思いますが、言わないところ多いようです…。
あまり言って嫌がられるよりも、スルーして、お金巻き上げて、女性にだけいろいろさせるクリニックはなんと多いことか!!
びっくりです。

 

で、男性の精子ですが、栄養ないと動きません。

 

そりゃあエネルギーないと動かないでしょう。

 

専門クリニックで、無精子症と言われたら、これがオーソモレキュラー療法でなんとかなるのか?と言われると、それは私には経験的がないのでわかりません…。

 

でも、精子の動きが悪いくらいなら、栄養補充してあげたら、普通に自然妊娠できることがあります。
顕微鏡下受精しなくても。

ご主人の体のためにも、これから元気に働いてもらうためにもオーソモレキュラー療法はご主人もされたほうがいい。

 

精子うごかないくらい栄養足りないのだとすれば、本体は同じくらい、もっと足りないかもしれないから。

 

男性は、同じように働いていてもストレスのかかり具合がハンパないのかも?と思うことも多々あります。
我慢しちゃう傾向が大きいでしょうからでしょうか。
男性はでないのでわかりませんが、女性みたいに生理もなくて鉄は本来なら足りているのに、男性の栄養欠損もかなりヒドいですよね。

 

話があちこち飛びましたが、なにが言いたいかというと、精子の動きが悪いくらいなら、栄養足せば動くことが多いです。
器質的な問題でなければ、先天性?とショックを受ける前に、栄養足せ!って話です。

 

女性の患者さんに、ご主人の検診結果持ってきてもらって、ご主人の分もサプリ購入されたり、栄養解析の採血だけ来られたりします。
もちろん一緒に話を聞く方も。

 

男性で、痩せている方は、ピロリ菌は必ず調べてくださいね。
ピロリ菌いたら、タンパク質ガンガン食べられませんから。
食べても吸収しないし。

 

ご夫婦で頑張って食事と栄養摂って欲しいです。

カテゴリ:

医療, 栄養・食事