プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719
  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • IMG_20171231_010939

ホーム > 2018年01月08日



先日、おでこと眉間のシワが気になる。という方が受診されました。

 

気になることをお聴きしているだけで、普通だったらボトックス注射です。

患者さんもボトックスが気になると言われてました。

まあ普通は第一選択です。

 

ところが、この方、なんとか眼瞼下垂までは行っていないんですが、瞼を開けると、もうず=っとおでこの筋肉が緊張状態で、力を抜くことができません。

もうそれだけ無意識に、力が入りまくっています。

 

そのせいで、おでこも眉毛の上のところも筋肉の膨らみができてしまっていて、緩めることもできません。。

 

たとえ眼瞼下垂がなくても、ここまでの緊張状態の方に、おでこのボトックスをすると、瞼が開かない、まぶたが被って人相が変わった、おでこが重い、などなどクレームの嵐になりますから、もしボトックスをおでこに打ったら、こういう状態になりますよ、と簡単にシュミレーションをするんですが、この状態はかなり嫌でしょう~?とお示しします。

 

ここまでひどくない方の場合、今回の方もそうですが、1か月くらいは結構重くて人相も変わったけど、その後が良かったからまたやってほしい!という方、ごくごく稀におられますが、普通は皆さん嫌がられます。

 

なので、かなり副作用というかもう合併症ですが、かなりしっかり目に言って、私個人としては勧めていない話もします。

その上で、どうしてもやってみたい、のなら。。という感じです。

 

やっても大丈夫な時もあれば、ダメな時もあります。

やってみないと、どこまでが嫌でどこまでOKなのかも、体験しないとわかりません。

それでもいい、という方はひとつの選択肢です。

 

 

おでこのシワはもうちょっとなんとかしたいけど、家人に言うのは言いたくない。。。

 

こういう場合、マイクロボトックス併用したり、追加したり(料金はうちは同じです)もしますが、それでも大丈夫という保証はなく、早く切れますしね、値段との兼ね合いから言っても、これも積極的には勧めていません(こういう方の場合)。

 

眉間のシワは、もう眉間を寄せなくても、うっすらとシワが入ってしまっていて、こうなるとボトックスだけではすみません。

 

しかもおでこの筋肉が絶えず緊張状態で力入ってますから、これで眉間だけボトックス打ったら、必ずおでこの筋肉が上に引っ張り上げようとしていますから、眉毛が完全なスポック眉というか、への字に思いっきりなります。

キリッとしていいのかもしれませんが(欧米人はこういう眉毛の形好きらしいです)、日本人はこういうのはあまり好まれません。。

 

眉毛の形は、2週間ほどして症状固定に入ったら、無料で(適応のあるものに限り)追加修正はしていますが、こういう方の場合は、できればさけたい。

 

ボトックス以外の治療方法もお伝えして、結局他の施術を受けられましたが、もっと早く気になっておられたら、ここまで「適応なし」にはならなかったでしょうに。。

 

本来ならボトックスのいい適応となるはずが、いろいろあって、自分で邪魔をしてしまう、邪魔すればするほど、ますます、おでこを使わざるを得ない。。

ひどい悪循環です。。

 

本来は、もっとも適応のあるとされるボトックスがここまでくると、むしろやってはいけないかも、と真逆になってしまう。。

 

皮膚が折りたたたまれて、どんどん深い溝になってしまうし。。

 

年行けば行くほど、現状にも拍車がかかるので、難しいことがあります。。

 

顔の表情の豊かな方で、おでこや眉間、目じりなどの折りたたみジワのひどい方はできれば早くに初めて置いたら?と常々思います。

 

 

ボトックスは、症状にもよりますけど、20代後半だったらもうやってもいいとは思っています。

やるかどうかは別にして。

やったほうがいい人もいる、という話。

 

1 / 11