プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近投稿した写真

  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719
  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • IMG_20171231_010939

ホーム > 2018年02月



先日来られた患者さんが、「肌断食」をしていると言われたんですが、結構顔が全体に赤く、ニキビ・ニキビ跡でお悩みなんですが、なんかおかしいな~という感じ。。。

 

もちろん、栄養状態が悪いと、お肌の状態もアトピーなのか?ベースに実はあるのか?!というくらい、皮膚のバリア機能がそりゃあもういとも簡単に破壊されまくるので、栄養足りないだけかな、と思ってましたら。。。

(で、レーザーよりも先に栄養解析を含めた、オーソモレキュラー療法をされることになったんですが)

 

「○○○○○○の肌断食」をしていると言われました。

(○○○○は、数は適当です。カタカナが入ります)

 

。。。?なんじゃあそりゃあ?

 

そもそも「肌断食」って、純石けんとワセリンしか顔に塗らないというのがベースだと思います。

宇津木先生の本が有名で、この本で一気に広がったと言っても過言ではないと思いますが、すご~く昔から、皮膚科のおじいちゃん先生は、女性の顔のトラブルは、化粧品を全て止めさせ、ワセリンだけ出す、というのはかなり定番です。

(最近のおじいちゃん先生は、あまり言わないかもしれませんけど。だって、言ってもどうせ言うこと聞かないからっていうのがありすぎで、もう言わないことも。。)

 

女性の先生は、ご自分も化粧されるし、言っても女性の患者さん聞くわけないので、あまり言いません。

言わなきゃいけないくらいひどい場合は、おっしゃると思いますよ。

(それでも言わない医者もいますけどね~。)

 

宇津木先生のご本に乗っかって、乗っかり商法っていうんでしょうか。なんでも流行れば、のっかる輩というのが出てきます。

 

まあ、広めてくれる人が多い方がいいし、それで化粧品の害から救われる方も出るなら、、乗っかること自体はいいと思います。

それが結果的に、商売になって、皆喜んでくれた代償として、お金が入るのは、喜ばしいことでしょう。

 

でも、やっぱり乗っかるやつの中に、自分の利益しか考えていないやつもいて。。。

 

 

患者さんのおっしゃった、「○○○○○の肌断食」って、てっきりどっかの誰か(美容家ってやつ~?)がまたなんか乗っかっている方法なのかと思って、それはどんなやり方なんですか?と聞きました。

(肌断食に、方法もくそもなく、石けんで洗って、ワセリン必要なら塗るだけですから。)

 

 

そしたら、方法じゃなくて、化粧品だというんです!!

 

○○○○○○とかいう名前の化粧品を使って、洗顔するらしい。。

他にも保湿剤?みたいなもの、売ってたかな~。受診される前には調べて覚えてましたが、今保湿剤?まであったか忘れました。

患者さんが使っておられたのは、洗顔料だけだったので。

 

 

「肌断食」と言って、わけわからん化粧品買わせたら、もうそりゃあ、肌断食ではなかろう。

というか、違うし。

で、その

純石けんとワセリンなんて、ドラッグストアでもスーパーでも売ってますし、わざわざ探して、しかも高いお金出して買うものじゃない。。。

(石けん 1個150円前後、ワセリンも500円前後でかなり大きいのが買えます。

ただの白色ワセリンでいいわけで、赤ちゃん用ワセリンとか、なんとかワセリンとか、ワセリン以外のものが混ざっていて、値段が高くなっているものは買わなくていいです。

 

そもそも、白色ワセリンに、赤ちゃん用ってなんだ??

白色ワセリンは白色ワセリンです。赤ちゃんも大人も関係ないです。

(厳密に言えば、ちょっと種類がありますが、赤ちゃんだから使うわけではないし、赤ちゃん用と書いてある商品で、私の言っているワセリンになっているのは見たことがないです。

ワセリンの最大のメリットは、酸化しないことなのに、なんか混ぜたら、酸化する可能性も。特にオイルは、酸化しますから。

その混ざっている成分がろくでもないこともあったりします。悪くないものもあったりしますが、だいたい患者さんで、混ざっているワセリン買って、ろくなことになってません。。。)

 

 

話戻します。

 

で、そのろくでもない「○○○○○○」。

HPには、化粧品は止めましょう!要りません!それが肌に優しいとかなんとか書いておいて、自分のところのわけわからんもん、買か?わせるという。。。

まあ、よくある、質の悪い、乗っかり商法です。

 

その使用されてた洗顔料。。。もう添加物まみれのところに(何が肌断食なのか?このメーカーは、本気で言っていたら、頭悪すぎか?! というより、ただのぼったくりでしょう。。。)

そこの売りである、塩! が入っているんです。。。

 

いなばの白兎かっ!っちゅーっねんっ!!

 

それに変えて、ちょっとだけニキビマシになったそうで。。。

 

ということは、前がさらにもっとひどい化粧品だった、さらにひどい状態だった、ということですが。。。

 

初診時の患者さんの肌はボロボロでした。。

 

皮膚のバリア機能も破壊され、慢性炎症を起こしているところ、ニキビもあるから、ところどころ、膨らみもある、そこに、塩を塗りつけるわけです。

塩スクラブってやつ~?

 

塩スクラブで顔洗ったら、そりゃあひどくならないほうが無理でしょ。

 

傷口にあら塩塗りこんでみてください。どれだけ痛いか!

拷問でしょう。。。

 

よくこんなの売りますね。。。もう信じられんわ。。

本気で売っているとしたら。。。なに、女性に恨みでもあって、復讐してんの?!って感じです。

ぼったくりしても、皮膚を傷つけるのは止めてくれ~と思いますね。

 

 

もうこんなの騙されて買っちゃうなんて、大丈夫かな~と肌のひどさからも心配していましたが、この患者さんとても頑張られて、8日ほどしかたってませんが、顔全体の赤みが消えました。

ニキビが出るのもちょっと減ったみたいです。(波があるから、まだ様子診ないといけませんが)

 

サプリはほんのちょっとだけ買われましけど、まだ1週間くらいのもんです。

食事もとても頑張られました。

おかしな化粧品、全部止めて、最低現の化粧品を新しく購入されて使われました。

 

約1週間で、皮膚にまで栄養がどれだけ行ったのかと言われれば、そんなに行っていないとは思いますが、良くなっているんですよね~。

 

栄養入れてあげるのも大事ですが、皮膚への攻撃をすっぱりと止めた、というのが一番の功労ですね。

それが悪循環を断ち切って、すべてがいい方向に回り出したのかも。

 

まさにスキンケアと栄養の重要性ですね。中から支えて、新しい皮膚をどんどん作る。

 

皮膚だけだったら、1週間のビフォーアフターは、スキンケアによるのが大きいのかもしれませんが、患者さん、すっごい元気に明るくなられたんです。

はきはきしているというか、若さみなぎる感じ。いい感じです~。

若い子は、こうでなくっちゃっ!!

 

 

偽肌断食のせいで、遠いところに行っちゃってましたが、すぐに戻ってこられて、良かったです。

若い子はやっぱり回復早いですね~。

今後の経過が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも書きましたが、自分の顔を鏡で見たり、テレビでいろんな年齢の女性・男性の顔を見ていてよく思うのが、やっぱり凹凸ってないほうが、若く見えるな~ということです。

 

法令線、ゴルゴライン(頬っぺたの真ん中に入るハの字の形の凹み)、目の下のくぼみやふくらみ、フェイスラインのもたつき(特に口回り)。。

 

あと、あまり皆さん気づいていませんが、コメカミのところの凹みですね。。

頬骨の外側。頬がこけていると言われるところ。

 

痩せている方は、20代でもこの辺の凹み(というか、骨の形)が出る。

 

骨(ガイコツの形わかりますか?)の上に、筋肉と脂肪と皮膚がのっかいてるわけですが、痩せすぎの方は、皮膚も筋肉もペラペラに薄く、最大の若さの象徴である脂肪があまりない。。。

 

そうなると、たとえ20代であっても老けて見えたり、疲れているように見えたり、元気そうに見えなかったり。。

 

どの部位もそうですが、誰にでも出てきます。

多少早く出るか遅く出るか。。

まあ、遅いに越したことないんですが。。

 

 

実はそれ以外に、結構早くから出てくるのが、おでこの凹凸です。

 

やはり眉毛が動くというのが、ネックというかポイントです。

 

眉間をしかめるのも、眉毛を上に上げるのも、眉毛周りの筋肉がメインに動くんですが、顔の筋肉って、全部つながっていますから、周りの筋肉も一緒に動いたり、動きが悪いところの代償的な動きのために発達したりと、独立しているものではないんですよね。

 

 

オードリーヘップバーンさんが、片方の眉毛だけ高々と上げている写真、覚えていらっしゃいますか?

 

あれ、写真の時がまだとても若いからいいんですよね~。

 

実は私も若い時から眉毛を片方上げるクセがありまして。。

高校生の時に気付いたのは覚えています。

中学の時はどうだったかな。。。

 

あと、眉毛もすっごい太くて、バブルの時、太っい眉毛流行りましたよね。あれ、地毛で十分いけてお釣りが来るくらいでした。

大学生のころから眉毛抜いたり、剃ったりして、多分、最初の半分くらいの細さにまでしたかもしれません。。。

 

それから何年かしたときに、片方だけ上げるほうの眉毛の上に、ボコッと凹みがあって、眉毛の上を剃りすぎて、もともとの眉毛の位置がおかしくなってる!!もっと下を剃らなきゃダメだったんだ!と焦ったのを覚えているくらい、当時20代前半でしたが、もう眉毛の上が少し凹んでました。

(今度は、眉毛の下ばっかり剃って、目と眉毛の間がどんどん空いていくと、間延びしたような顔にならないか?!と気付いたのと、片方の上げる眉毛にばかりかまっていて、気付いたら左右形や太さが違うようになっていて、もう触らないでおこう。。。と反省したのが大学生最後の年くらい。。。

(医学部は6年間大学に通います。

ちなみに、眉毛を剃るのは、やはり上はあまり剃らずに下側を剃ったほうがいいです。

眉毛のすぐ上のところに、神経があるので、その神経の位置を確認するのに眉毛がとても大事だったりします。

まあ眉毛が仮になくても、動かせばある程度わかりますが、確認されなかって、そのままもし手術とかになると、ミスされやすいかもしれませんしね。。)

 

実際は、眉毛の位置も多少おかしい(剃り方がおかしい)とは思いますが、

ようは眉毛を上に上げ過ぎていて、眉毛を上に上げる筋肉を筋トレしているわけです。

どんどん筋トレの成果が出て、その筋肉がでっかくなるので、ますます力も強くなって、すぐにまた上げちゃうし、でっかくなった分、外からみたら膨らみが見えるし、今度年いってくれば、年数がたてばたつほど筋肉は太くなるし、それを隠してくれる脂肪や皮膚が薄くなってくるから、余計に目立ってくるわけです。

 

これが嫌で、昔は何回かその部分にボトックス注射をしましたが、そこにしっかり打つと、眉毛が下がります。

眉毛が下がったら、上まぶたも下がります。。

もっと上まぶたに左右差が出るわけです。

 

でもそうやって筋トレを止めないと、ますます筋肉がでかくなっちゃうしジレンマで、その部分だけマイクロボトックスしたりもしましたが、すぐに切れるし、物足りないと思って少し増やすと、まぶた落ちやすいし。。とちょっと厄介な場所です。

 

そして、眉毛を上に上げる方は、おでこの筋肉を使っているのがほとんどで、必ずおでこに横ジワができます。

アコーディオンカーテンをたたむみたいなもんです。

 

 

で、これまた私も眉毛を上げて、おでこにしわがよるクセがありまして、これは多分、小学生高学年くらいか中学生早々には気づいていました。

 

なんかサルみたいで嫌だ。。と前髪で隠していましたから。

 

20代の若い子でも、お肌乾燥肌だと、眉毛を上に上げるクセがあると、やはりおでこに小じわが残っていきます。。

鏡餅のひび割れみたいなイメージで、後から保湿剤塗っても、もとにどんどん戻らなくなっていて、小じわが定着してしまうわけです。

だって、また毎日続くわけですから、アコーディオンカーテンをたたませるようなことが。

 

で、これも年行けば行くほど、折りたたむ回数は増え、筋トレはず~っとしてきているわけですから、その筋肉の太さがまたもろに出ます。

おでこの小じわとともにはっきりしてきます。

 

スキンケアと食事栄養とでの予防がとても大事ですが、予防始めたからと言って、おでこや眉間のシワや凹みがなくなるわけではないんですよね~。

 

筋トレの力を弱くさせたり、なくしたりすることはとても大事ですが、顔の表情筋だけは、まあ止められません。。自然なものです。

 

そこで登場するのがボトックスやヒアルロン酸注入などの美容医療で言うところ。、

 

注射する時間もなかなか取れなかったので、おでこ・眉間周りの凹凸が結構目立っていると自分では思っています。

 

さすがに私もそろそろやらなきゃな~と焦ってきました。

 

顔の凹凸は、年を重ねてくると多少仕方ないですが、ごまかせるならごまかしたいですよね。

なので、ヒアルロン酸などの注入剤を入れて、アラフォー以上の女性(アラフォー以下も?)が顔をアンパンマンにしたがるわけですが。。。

 

中途半端に入れると、凹凸残りますからね。

それが左右差あって、修整しているうちに結構トータルたくさん入ったとか、そういうことはあります。

減ってきても、追加しなければいいだけだったりするので、皆がアンパンマンになるわけではないです。

アンパンマンも維持するのに、結構入れ続けないととね。。量もいるし、時間も必要です。

私は、アンパンマンは勧めませんが。。。

 

多少もの足りない。。というところで、止めておくのと、肌が少しでも綺麗に見えると、自分の肌のためのレク板みたいになって、その分若く見えますよ。

 

肌も若さの象徴です。、

 

 

 

 

 

Facebookのコピペになります。

 

 

先日、書いたオーソモレキュラー療法をしているクリニックが皆同じことをしているわけではない、という話の続きです。

 

 

オーソモレキュラー療法の基本は、食事です。
サプリではありません。
食事を摂った上での、サプリの補充です。

 

食事だけでは、今までの何十年分の栄養欠損がなかなか改善できないからです。

 

サプリを月五万買おうが、十万買おうが、糖質三昧、タンパク質全然食べたくありません、お惣菜やコンビニばっかりです、となると、全く効かないとまではいいませんが、五万の価値なし。

生かすも殺すも患者さん次第。

 

でも、何がダメで、何がいいのか、ってわかってなかったら、ご本人はいいと思って、どんどん外れていってしまいます。

 

資料を渡したから、食事指導したからと言って、患者さんがすぐに理解して実践できるわけではないですが(実践は、結構大変な方は大変ですから)、食事の話を何も聴いてないという方、わりといます。

 

時間の関係で、あまり話す時間がなくて、とりあえずこれ読んでやれるものをやってください、というようなこともあるかもしれません。

 

でも、ホントになーんにも聴かされていない方がホントにおられます。

 

 

そうなると、せっかくだから体に良いものを食べよう!と張り切って、玄米菜食に走るとか、肉は鶏肉たまに食べるくらい、しかもコンビニのサラダチキン、魚はツナを少々、卵は一日1個毎日食べてます!(これが如何に良くないのかわからないかたは、私の本をお読み下さい)、ひどい方で断食をたまにします、という方も…。

 

サプリ毎月2~4万くらい買っているのに!

 

これがいかにおかしなことになっているのかわかりますか?

こういうのは、オーソモレキュラー療法ではありません。

 

おなかの調子で、普通のオーソモレキュラー療法とは少し違う食事指導が出ることもあります。

それは、その方のおなかがついていけないからです。

肉が消化できない方、胃腸に無理させてしまうという方もいます。

その場合は、そういう説明はあるかと思いますが…。

 

あなたがオーソモレキュラー療法と信じてやっているのは、医師から、あるいはその
クリニックのスタッフから(医師の指示で)食事の何らかの指導がありましたか?

 

なかったら、とりあえず一旦止めてみましょう。

 

どうしてもサプリ飲んでるほうが調子が良いというなら、経済的に無理のない範囲でサプリだけ飲んでも良いですが、ちゃんとしたら効きが全然違うから、もったいないかなと思います。

 

それよりも早く、溝口先生や私の本を読んでみてください。

 

うちに来られる患者さんで、来るまでの間に食事変えただけで、月経トラブルが改善した方も結構いらっしゃいます。

 

データはもちろん私も含めて皆さん悪いわけですが、食事で体調が少し良くなるなら、そのほうが早く良くなるわけで、今までと真逆の食事に慣れるのに時間のかかる方もいますから、できるなら、早く始めたほうが良いに決まってます。

 

サプリ屋ではないですし、データなども含めて医師の診察を受けないと、自己流でやっても、それはオーソモレキュラー療法ではないし、治療でもなんでもありません。

あやしい民間療法と同じになります。

 

クリニックも受診せず、診てもらったことすらない医者に、ネットで相談してなんかやっても、  そんなものは医療じゃないですよ。
診てもいないのに、一般的な話ですではなく、個人に対して指示をするのは、はっきり言って完全に医師法違反です。
無責任極まりない。

facebookからのコピペです。

オーソモレキュラー療法をやっているクリニックが、どこに行っても同じ治療が受けられるかというと、それは違います。

なんでもそうです。

 

ただ、食事指導あってのオーソモレキュラー療法ではあります。。。

あなたが受けたところは、食事指導がありましたか?

 

以下、コピペです。

 

栄養療法ではなく、オーソモレキュラー療法をやりたい!という方は増えてきたと思います。
認知度が上がって、嬉しい限りです。

 

 

他院で、オーソモレキュラー療法為れていた方や、栄養療法?っぽいことされていた方なども来られます。

 

その時、データや解析結果が在れば全部もってきてもらって、必ず確認しています。
(受けたことない方も、検診や人間ドックの結果などデータがあるならそれを診ます)

あと、なにをどれくらい飲んだのか、食事は変えたのか、効果はどうだったか、などなども確認します。

中には、溝口先生の解析レポートを持ってこられる方もいます。
(溝口クリニックで受けたのではなく)

 

血液検査の項目もバラバラだったり、少なかったり、保険でできる範囲しかしてないから少ない時もあれば、自費でも少ないかもこともあります。

 

解析結果の説明を何も聴いていないという方もたまにいます。

 

読んどいて下さいと渡されただけです。

 

説明がホントは多少?あったのかもしれませんが、そんなに説明はされてはいないんだろうな…と推測します。
(実際はわかりませんよ。そっちのクリニックを確認してませんから)

 

 

勘違いされている方が多いようなので言っておきますが、溝口先生の解析レポートは、そのまま見ても、本当の意味は患者さんはわかりません。
必要だと思うサプリは、もちろん見たらわかりますが、データの深読み、読み取りについての解説がないのが書いてあるわけではないです。

 

もちろん溝口先生は、読み取りされた上で、サプリを選ばれているわけですが、レポートだけ見ても本当のところがわかりません。
マスクのかかり方がひどい方はなおさらです。

 

それを説明するのは、解説を受けたクリニックのドクターです。

 

溝口クリニックで受けたのなら、説明があるでしょうけど、溝口クリニックで受けたのではないんですから、解析レポートに載っていない!書いてない!といのは、お門違い。

 

溝口先生の解析レポートは、私たち医師が溝口先生だったらどうするかなと意見を聞くために依頼しているものであって、それを参考に治療するのは、あくまでそこのドクターです。

 

医師は100人いたら、100人とも考え方は違います。

 

同じデータでも、治療方針というのは、ホントに全然違います。
保険診療は、保険の範囲内でしないといけませんから、かぶりやすいですが、それでも多少?場合によったら何じゃあそりゃ~!というくらい違うことも…。
学会のガイドラインがあっても、です。

 

自費治療ですから、全然違っても当たり前です。

 

もちろん、診察のスタイルというか、やり方、説明のスタイルもクリニックによって違います。
説明に時間をかけるほど、儲からないので、逆に言えば説明に時間をかけているクリニックのほうが少ないと私は思っています。

 

まして、診察料や血液検査を保険でしてもらって(儲けはほとんどありません。薄利多売です)、説明の時間がないのが短い!と言っては、世間知らずというか、世の中の経済、どうやって回ってると思っているんでしょう…。
要求しすぎです…。

 

かといって、診察料や血液検査がとても高いところが逆にちゃんとしているかというと、…。
いろいろです。

 

患者さんもいろんな方がおられるように、クリニックもいろいろです。

 

なので、自分に合うところを探せばいいと思います。

どこも同じではないので。

 

 

サプリも、溝口先生のレポートに載っているサプリと全部もってきてもらって違うのを出すクリニックもあります。

 

うちが使っているのは、溝口クリニックと同じ、MSSさんのサプリです。
これが1番安全で、成分量も管理もちゃんとしていて、治療に使えるように作ってくれていると私は思っているので、こちらを使っています。

 

欠点は、クリニックに行かないともらえないこと。

 

治療として使うわけですから、ずっと同じではありません。
体調が変われば、内容も変わるわけです。
医師が診察のうえ、処方する。
薬の代わりみたいなものです。

 

そして最大の欠点は、高いこと。

 

高いというのは、一般の効くわけもないサプリや、個人輸入のようわからんやっすいサプリや、一応クリニック用として販売されている他社のサプリにくらべて、です。

ドクターの中には、コストのことがあるから、仕方なく、MSSさんのではないのを使う方もいます。
患者さんが予算はないけど、この栄養素を絶対飲ませたい、飲んで欲しいと思ったときかな?と思いますが…。

 

そのへんは、医師によって考え方が違うので私にはわかりません。

 

私は、他のサプリなら、MSSのを一粒でいいから、たくさんの種類を飲まなくていいから、これを飲めーッ!って思うので、予算を聞いて、出せる分だけ出しています。
今のところ、他社のは使いません。

 

クリニックでホント様々ですから、オーソモレキュラー療法しているところさえ受診すれば、同じサプリが出るわけではないです。

 

同じのが欲しい方は、確認されるといういいですよ。

 

 

今年の6月からでしたっけ?

美容医療だけでなく、自費治療、保険診療も該当するようなクリニックがあるのか知りませんが、宣伝広告に関して、かなり厳しくなります。

 

はっきり言って、クリニックの看板というのは、住所や電話番号、専門、診療時間や医師の名前くらいは載せてもいいんですが、厚労省が定めている専門(内科とか皮膚科とか)以外は、具体的な処置や手術の名前は載せたらダメだし、もちろん値段もダメです。

それは昔も今も同じですが、守っていないクリニックが大半と言っていいくらい。

保険のクリニックでもたまに見かけます。

最近、増えたかもしれません。

 

 

なので、本来テレビのCMでも、クリニック名とかくらいしか大したことは本来放送できないんです。

名前の連呼みたいになってしまうのは仕方ないんです。規制がありますから。

あとは、イメージ作りくらいしかテレビの映像としては本来放送したらいけないんですよね。

 

でも、平気でテレビで、手術名とか値段まで言っているCM,ありますよね。

 

少し前から厚労省はかなり厳しくしていて、いわゆる悪徳美容クリニックみたいなところは、ネットのHPとか雑誌、フリーペーパー、テレビなど結構厳しくされていて、そういうのを見つけたら、すぐに電話かかってきて、「今すぐ止めなさい」と言われる、というのを聞いてました。

 

同じクリニックばっかりやられている、とも聞きました。

 

まあお役所も忙しいのと、悪徳クリニックはキリがないから、どうしても目立つところ中心にはなってしまうんでしょうけど。。。

 

行政勧告というのか、行政指導というのか、どちらにしろ、厳格な法的な規制というのが現状ではなく、法律になっていないというか、破ったから・言うことを聞かなかったからと言って、刑事罰にまで今の時点ではならないわけです。

 

それが、この6月から(だったと思います)、罰則が設けられ、あまりに悪質だと刑事罰がくだされるそうな。

 

厚労省が目をつけているところは、真っ先にチェック入るでしょうけど、今目を付けられているクリニックが、ほんとに変えるのかどうかですよね。

普通に考えて、変えると思いますけど。。

普通じゃないところもあるでしょうし。。。

 

それと、去年の12月からでしたっけ?

クリニックでコースを申し込んでも、やっていない分は返金できるっていう法律で決まったのって。

 

10年くらい前でしたっけ?

エステのコースが返金できるようになったの。

 

クーリングオフはそれまであったんですけど、消費者にもっとさらにより有利なように改定されました。

 

当時、勤めていた美容クリニックでは、コースを買わせていたので、患者さんからコースの返金を言われたら、エステだけではなく、美容クリニックも対象になるから、言われたら返金しないといけない、と言われてました。(手数料とかは取られると思います)

経理は別に担当者がちゃんといたので、どうやっていたのかは知りませんが、返金は普通に応じていたと思います。

 

まあ、法律があるかないかとかではなく、まだやっていない分を返金して、コース取り消して、と言われたら、返金しないといけませんよね、普通。

(悪徳エステであるまいし)

 

ただ、法改正ってなんでもそうですが、抜け道があったり、解釈の違いで、返金に応じていないクリニックもあったようで、そういう輩が増えるから、法律で縛っていくことになるわけで、今回の法改正になったのもも、ひどいところたくさんありますからね。そりゃあもっと規制かけなきゃなとなりますわね。

 

美容クリニックは、12月のコース返金の問題もそうでしたし、6月の法改正で広告規制もそうですけど、

とある美容外科学会では戦々恐々としてるようで、なんか大変そうです。。

今回の規制が結構厳しめなので、そういう広告ばっかり打ってきたクリニックとしては、どうな広告にしたらいいのか、困っているようです。

(今後、どう集客してきたらいいのか?!ということです。

怪しい、消費者を騙すような広告ばかりで、中身は嘘っぱちだから、規制がかかったわけです。騙してお金巻きあげてしまえ!という広告(なんの根拠もない、宣伝文句が皆そうです。顧客満足度1位、とか何万人突破とか、日本一とか、絶対安全、絶対効きますとか)のことです。

そういうのって、見る人が見たら、すぐに怪しいとわかるわけですが、わからない人が大勢増えてしまっているのが問題なんでしょうね。。

 

エステやクリニックで、なんか知らんけどバカ高いコース買っちゃった、という方、あるいは、いつでも返金できるといわれたから買った、という方は、6月までに返金してもらって考え直す、というのも一つの方法かもしれませんね。。

 

6月どれだけあれるんでしょうね。。こちらの業界。。。

 

私も自分のところのHP、見直さないと、開業前に書いた(8年前)ものですから、バージョンアップもされていないし、気付いたところは削除していったりしてますが、全体を改めて見直す、ということまでやってませんね。

見直さないといけませんね。

 

美容医療は好きですが、ものによったら、スキンケアと栄養・食事ができていないのに、うまくはいきませんし、効果は出ずに副作用がものすごく出た!ということになりかねないので、そんなに強い機械もいらないと思っているので(もともと強い機械は置いていません。フラクショナルレーザーとか。ダウンタイムが出る処置と言えば、うちでは炭酸ガスレーザーくらい)、ほんとにHPガラッと変えちゃってもいいんですが、なかなか時間がありません。。

誤解されるかも、という内容はなるべく使っていないつもりですが、削除したほうがいいかもと改めて思ったものは削除しておきます。

 

規制は、クリニックだけではないですよ(もちろん、美容クリニックだけではなくて)。

エステも化粧品もサプリも、結構少し前からチェックがかなり厳しいはずです。

 

ただ、これらはあまりにも莫大な数なので、全部が取り締まられていないのが現状です。

 

おそらくどの業種でも、ちゃんとしている大手は、しぶしぶでも付き合うんじゃないでしょうか?

従わないのは、逆に小さいところのほうが危ない。

 

大手で言うこときかなったから、もっとさらにヤバい!ってことですよね。

 

刑事罰まで加わるとして、法律を犯すようなことがあれば、どう対処されるんですかね。

対応におわれて大変だったりして。。

 

エステでも美容クリニックでも、コースを買っていて、全然行っていないとか、思っていたのと違うとか、効果でもなんでも、満足していないのであれば、とりあえず一旦返金してもらってから、ゆっくり考えましょう。

ただ、迷っているだけだったら、むこうにそう言えばいいと思いますよ。

なんやかんやしている間に、つぶれていて連絡がつかないとか、業務停止で連絡がつかないとか、そういうのが一番悲惨かも。。。

向こうが応じなければ、国民生活センター(消費者センター)に相談しましょう。

センターへの相談は無料です。

 

 

 

 

Facebookで反響が大きかったので、こちらにもコピペしておきます。

 

以下、コピペです。

 

先日来られた患者さん、私のブログを1週間前に知ったそうです。
本もまだ読まれてないし、スキンケアも実践はまだ。


ブログも少し読まれただけですが、少なくとも今のままではいけない!自分は何をしてたんだろう!と受診されました。

 

ブログを知る1週間前に、いわゆる市販の高機能化粧品ってヤツを全部、シリーズで!買ったところだそうです。

そのお値段、七万円!

 

10年間ずっとそれをシリーズで全部使ってきたそうです。

毎月七万円ではないでしょうけど…。

 

顔は全体に赤黒~く、ツヤなし、キメなし…。

 

クレンジングもティッシュでゴシゴシ拭いてましたから(洗い流すヤツを)、あまりのヒドさにカウンセ前に止めに入るという…。

 

化粧品だけの問題ではなく、肌の触り方も食事もOUTな部分が山ほどあるんでしょうけど…。

 

7万円というと、栄養解析やって、サプリもかなり買える値段です…。

 

スキンケア化粧品をうちで揃える場合、いろんなバージョン(値段もいろいろ)を用意しているので、石けんから買っても5千円以内で日焼け止めまで揃えることは可能です。

 

保湿も石けんも1ヶ月以上持ちますから、日焼け止め1ヶ月後に買うかどうかくらい。

 

患者さんが一番地団駄踏んでおられました。

もっと早く知っていたら~ッ!
って。

 

その後7万円、開封していなければ、返品も可能かもしれませんが?開封して、直接かぶれたわけではないので(なんかウソついて買わされてたら別でしょうけど。肝斑に効くとか)、返品はまあ無理でしょう。

 

捨てられないなら、足のかかとに使うか(一番皮膚が分厚い)、人にあげたら?と言いました。

もう顔はダメ~!!

 

急に赤くなったら誰でも気付きますが、こういう方の場合、何十年も赤かったりするので、ご本人が気づかないことってよくあります。

 

拡大鏡で診ると、赤みの下は、シミというか、もう全体に茶色い色素がベターッと覆い尽くしてたりします。
肉眼では赤黒く見えて、赤みが勝ってますが、赤黒いんです。

 

これからの人生、気付けてよかったじゃないですか、と言いましたが、7万円のショックはかなり大きいようでした。
(そりゃあそうでしょう)

 

どこで気づくかなんですけどね。

 

私のブログを知ってくださった方で一番多いのが、こんなにお金かけてる割に全然きれいにならないのは、なんかおかしい…と思って調べてたら見つけた!というパターンだそうです。

なんでも早く気付いたもん勝ちですね。

まさに情報格差!!

シミに限らず、美容医療全般・自費治療もそうですが、治療に向かない人が特に副作用が出やすいのが、シミの治療です。

 

で、どういう人が向いていないかと言うと、いつも言っていることですが、「他力本願」の人です。

 

お金さえ出せば、シミが消える、消えて当然と思っている人。。

ほんと、タチガ悪い。。

 

オーソモレキュラー療法を始めるまでは、スキンケア中心で、というか、スキンケアをちゃんとやれば、肝斑なんて、ある程度改善するのに!ということがわかったからした開業なわけで、開業当初からスキンケアの徹底は、初診の時に、特にシミ・肝斑の治療の場合はやっています。

 

やっています、と言っても、私がするのは、指導であって、実際にするのは患者さんなわけです。

 

こういうことをやらないから、シミ・肝斑がどんどんできるし、こういうことをやらないのに、光・レーザーをあてても逆に悪化して濃くなるからダメなんですよ、でも、こういうことをやるというのなら、シミ・肝斑の治療(光治療機などを使った)を受けます、という説明で、本人がやると言わない限りやりません。

 

ここで、スキンケアやらない、日焼け止め塗る気がない、そんなことはやりたくないからレーザーだけ当てろ、という方は、お断りしています。

他のクリニックだったら、お金さえ払えば、結果がどうなろうが喜んでやってくれるわけですから、他に行ってください、ってね。

 

で、その時は、「やる。やりたい」と言うから、受けているわけですが、他力本願の人は、まあやりませんね。

 

肝斑の人の場合は、シミの治療よりももっと徹底して刺激と摩擦を避けないといけません。

今まで刺激と摩擦やりまくりだから、今、こうなっているわけで、今までと真逆のことをしないといけないはずです。

もう根本の肌の触り方から、化粧品の選び方から、もうすべてがおかしいからそうなっていることが、何度言ってもわからないようで。。

 

10年以上前は、そんなにおかしな化粧品って、言うほどなかったし、美容医療をされる方の場合は、デパートなどの化粧品を使っておられる方も結構いました。

今ほど、通販やネットの、なんじゃあそりゃあ?!みたいな化粧品も、自然派・オーガニックの食べ物エキスをたっぷり配合の化粧品ていうのも、それほどなかったです。

 

なので、開業当初は、そこまで使っている化粧品にも細かいことは言いませんでした。

肌の触り方の注意をするだけで、放っておいても肝斑が良くなっていく。

ほんとに一通りの説明をした後、一言二言付け加えたり、1か月後来られた時に洗顔とか確認して注意するだけで、その1か月後にはもう直しておられて、ついうっかりということはありますが、スムーズな方が多かったです。

クリニック用の安全で質の良い効果のある化粧品に切り替える方も多かったし、相乗効果でその分早く良くなったりもしてました。

 

うちで取り扱っている化粧品を使う義務はないので、うちのを買わなくてもいいわけで、市販ので刺激のないものを使っていたらいいわけです。

 

ところが、そういう方の中に、顔の赤みが全然消えないどころかひどくなってないか?!、あるいは全然赤みが消えていかない、変なくすみがずっと残っている。。という人が出てきました。

 

確かに美容医療の限界、機械の限界はあるでしょうし、なんでも医療でできるわけではないです。

(この辺は拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」の「はじめに」に書いています。スキンケアだけではなく、同じくらい栄養・食事が大事なわけですが)

 

でも、明らかにちょっとおかしい。。。

 

そういう人に確認すると、アルコールまみれの化粧品ずっと使っていたり、ピーリング剤使っていたり、海用の日焼け止めを真冬にウィンタースポーツするわけでもないのに日常に使っていたり、韓国でアカスリしたり石膏パックしてボロボロになっている人もいました。。。

 

あんだけ、そういうのダメ!と言っても、自分のはいい、自分はいい、と思うところが、理解できません。。

それなのに、1回3万円前後する治療だけはやる、予約を取る、というわけです。

 

「だから効きませんから! 逆に悪化しますから、止めないんだったら、治療(光を使った)は止めてください。刺激止めないのに悪化しても責任もちませんよ!」とこういう人にはかなりきつく言います。

 

それだけきつく言わないと、これが止めないんですよね~。悲しいことに。。

一体、誰の顔の話やねん、お金払うの誰やねん、と思いますし、思うでしょ?

でも、こういう他力本願の人はわからないんだな~。

 

栄養状態が悪すぎると、一度思いつめたら、もうそれだけになる人が多いようです。。特に、美容医療に走る人は。。。

でも、自分はやらない。。メンドクサイことはやらない。。

オーソモレキュラー療法を知っている今だからこそ振り返れば、栄養足りないから、自分で実践ができないんだと思いますし、思いこんでいるから話も通じない。

でも、お金はちょっとあるから、レーザーの予約は取る。

カウンセの内容全くの無視で、「これだけお金払って、なんで効かないんですか?!」って、あなたがスキンケアをちゃんとやらないからですよ~、って話なんですけどね。

 

でもこういう人の中に、お金はあまりかけたくないけど、早くレーザーでシミを取ってほしいという方は多いです。

多いっていうか、そりゃお金かからないに越したことないですよね。

 

それだったらスキンケア(と食事)頑張ればいいだけの話で、そこに美容医療を足せば、すぐに良くなります。(全員が完璧に希望通り、というわけではないですよ)

 

そういう人の中には、数千円の日焼け止めや医療用美白剤をケチって、その10倍のレーザーをやろうとします。

本末転倒です。。。

 

日焼け止めは、顔の大きさもですが、季節や環境、TPOによっても違いますが、まあ1か月1本前後は必要かと思います。

1回に塗る量をたっぷりにすればするほど減りはもっと早く早くなります。

 

うちのを買う必要がないから、うちで毎月買っていなくてもいいんですけど、肌診ててなんかおかしいなと思い、日焼け止めは何を塗っているのか聞くと、半年前にうちで買った、その1本を使っている(しかもまだ残っているから、その日は買っていない)、という人が出てきます。。

嘘ついている様子もなく、ほんとにマジで、たった1本の日焼け止めで半年以上です。。

 

少ない量を無理して伸ばすわけですから、摩擦は起こりまくるわ、量は足りないから紫外線カットできてないわ、無駄に肌触っているわ、と最悪です。。

 

爪楊枝の先ほどしか塗っていなかったりします。。

 

効かせようと思ったら、一定の量を塗らないと効きません。

常識です。

 

料理でも、塩入れましたけど?と言っても、わからないくらいの量入れても、味しませんよね。

味つけしようと思ったら、ある程度の量がいるわけで、まして、化粧水や乳液は、無駄に3プッシュも4プッシュも出しておいて、なんで日焼け止めだけ爪楊枝の先やねん。。。

量のバランスから見てもおかしすぎる。。

 

勘違いでした、というのなら、指摘されてその後直せばいいわけですが、ほんとにケチってやらない人がいます。

そういう人に言うのは、

1回のレーザー止めとくだけで日焼け止め10本買えるでしょう?そっちのほうが大事でしょう?

スキンケアが一番大事なのにもったいないでしょう?

 

で、こういう人はそこまで言われてもまだ日焼け止め買いませんね~。

(でも、またレーザーの予約は取る。意味わかんないでしょ。)

 

 

10年以上前は、「そんなことしてたらお金もったいないですよ」と言うと、これは効きましたね。

スキンケアを頑張ってもらうのに効果てきめんでした。魔法の言葉みたいな。

 

でも、この10年くらい、その魔法の言葉も効きません。

聞く耳持たず、ですね。

 

スキンケアをやらないなら、もうレーザー当てないでください、とかなりきつく言って(でないとやらないから)、しばらく来られないので、もうそういうのは仕方ないと思っていますからいいんですが、3か月とか半年とか1年とか、しばらくして処置の予約を取るから、「あ~!やっとわかってくれたんだ!この間にスキンケア頑張っておられたんだ!」と喜んだのもつかの間。。。

なにも変わってませんでした。。。むしろその空いた時間分、老化と悪化が進んで前よりもひどくないか。。?という人も。。

(実際、スキンケアをもう一度見直し、昔だったらブログを読みなおし(今なら本。本のほうがまとまっているから)、空いた時間もわからないくらい、お久しぶりでも肌の状態もよく、頑張っておられたんですね!と一目診てわかる方も多いので、他力本願の人ばかりではないです)

 

 

1年ぶりくらいで来られたかと思ったら、止めてくださいと指示しているアルコールまみれの日焼け止めをこれまた真冬でもずっと塗っている。。

カルテを診ると、毎年、「その日焼け止めは止めてください」と書いてある。。。

。。。何度言っても忘れるようです。。あるいは、鼻から止めるつもりはないでも、予約は取る。

 

こういう人の相手はほんとに疲れますね。。

もう本人がやりたいっていうんだから、これだけ「効きませんよ」と言っても処置の予約を取るんだから、クリニックも儲かっていいわけで、もう放っておいたらいいやん、となるんでしょうけど、こういう人にレーザー当てても、もうそれはすでに治療でも医療でもないし、効かないとわかっていてやるのは医者として、人としてどうかと私は思います。

 

で、またこういう人に限って、(栄養もないから)文句を必ず言います。

「これだけ払ったのに!」みたいなことや、日焼けしていないことを確認して肌の状態を診ながら光の設定を変えていくわけですが、実は日焼け止めを塗っていないのに海外とかアウトドアに行っていて日焼けしたことを黙っていて、栄養状態の悪い人は活性酸素の害をもろに受けますから、シミ治療の場合、副作用である一時的に濃くなります。炎症後色素沈着ってやつです。

やっている最中ややった直後には反応が出ていなくても、帰ってからなど後から反応が出ることもあります。特に色黒気味の人、シミの予備軍の多い人、すぐ黒くなりやすい人など。

日焼け止めを塗っていないことは棚上げして、毎回文句を言います。

(細かく確認したら、全然塗っていないことが判明したわけですが、ずっと嘘をついてきたわけです。顔が赤黒いと肌の変化はとてもわかりづらいです。だってずっと赤黒いから。色白目の方は、ちょっとなにかあるとすぐに赤くなり、赤みが引かないからわかりやすいですが、逆に、悪いことをやったらすぐにばれます)

濃くなった分は落ち着いてきますが、栄養状態の悪い人は結構長引きます。皮膚の代謝もものすごく悪いから。

落ち着いたら、強い治療(光やレーザーの)をやれやれ、と今度は言ってきます。

 

できるわけがありません。

 

こういう方は、何度言ってもスキンケアもやらないという同じことの繰り返しになりますから、もうこれはダメだなと思ったら、美容医療の処置の予約はもう取りません。お断りしています。

もう次から予約取りませんよ、と伝えていても、ほんとに断れると思っていないようで、逆ギレされることもあります。

そういう人にも、スキンケア講習の予約は取ります。というか、そっちにしてくださいと言います。

でも、他力本願で取った人は一人もいません。

 

今だったら、そういう人はスキンケア相談・講習を受けないのはわかっているので(自分のスキンケアが間違っている、擦っているとは思っていないから。あるいは必要ないと心の底から思っている)、オーソモレキュラー療法を勧めています。

体の中から、シミ・肝斑・赤みなどを落ち着かせましょう、という話です。

 

実際には、落ち着かせるというよりも、もう言っても摩擦や刺激を止めないから、少しでも耐えられる肌にするための栄養を足そうというのが目的です。

栄養が足りてくると、他力本願も減ってきます。話も通じるようになるし、スキンケアも自分で頑張ろうという気にもなります。メンドクサイこともできるようになるというか。。

(慣れれば、これほど簡単でシンプルケアはないんですが)

 

で、これまた、こういう人はオーソモレキュラー療法もやりません。自分の食事は素晴らしいと思っているから。

栄養が足りていないわけがないと思っている人は、栄養解析受けてどんなひどい結果でも信じません。

なので、あ~あ~ということに。。

 

美容医療でも、他力本願系の治療は多少ありますが、うちにも程度の差はあれありますが、自力本願あってこその他力本願です。お互い支え合う関係。バランスですね。

 

しわ・たるみ治療は、シミ治療みたいにシミが逆に濃くなる、みたいなことはありませんから、そこそこ他力本願でもやらないよりはましなのか?ということもあります。お金はかなりもったいないですが。。。

ほんとはもっと効くわけですから。

 

あまりにひどすぎる人(他力本願1本限定とか。スキンケアでいらんことやり過ぎMAXとか)は、シミ治療じゃなくても、こちらもレーザー治療は断ることがあります。

 

他力本願1本の人に、提供する美容医療はうちにはありません。提供できるのは、スキンケア相談とオーソモレキュラー療法のみです。

でも、自分も頑張る!という方には、とことん付き合います。

(診察・処置時間を超えて無料で、という意味ではないですよ)

 

スキンケアの話もされずにレーザー治療のお金だけ巻き上げられている方で、なんかおかしいと思っておられる方は、私は大歓迎です。

 

毎日の積み重ねが、最後に勝つ!

お金は大事ですけど、お金じゃないんです。患者さんの努力です。

 

 

 

 

 

 

 

今朝のFacebookのコピペです。

反響が大きかったので、こちらにもコピペしておきます。

 

やっぱり妊娠は、若い方のほうが圧倒的にいろんな意味で有利ですね。。

妊娠希望の患者さん方の栄養解析結果、皆一見同じようにひどいですが、20代とアラフォーでもひどさの程度が違ったり、まだまだ隠れていることがたくさんあるような。。マスクされていることを差し引きしても、それだけではないような。。

 

やはり20年ほど余分に生きている分の使った栄養分も大きいのか。。

 

若い方の場合、器質的な異常がなければ、ちょっと頑張れば、わりと皆さんすぐ妊娠されている印象です。

 

オーソモレキュラー療法をされている期間が短くても、患者さんが食事めいっぱいとサプリをそこそこ飲んだだけで、普通の女性よりも栄養満点になりますから、妊娠する許可が神様からすぐに出てます。

 

こちらが、え?!もう?!ほんとに大丈夫なんっ?!と、私一人焦ることもありますが、許可が出て妊娠したということは、今この状態で維持できるという自然の摂理の判断なんだ、と思っています。

 

(万が一のことがあっても、すぐに妊娠できたということは、妊孕力は出てきたわけで、万が一のことが起こっても、そういう方は回復も早く(ほんとに早くしたい場合は、ちょっと頑張ってもらわないといけませんが。。結構な出血量なので、うつっぽくなったり、当たり前ですが気落ちが激しくなるので、前向きというほうが無理な話ですが、栄養が少し足りていると前向きになれるのが普通よりも早い気がします)、次の妊娠に備えてもっと栄養を蓄えれば、今度は無事維持できるはずだと信じています)

 

その後、維持してもらわないと困るので、妊娠がゴールではなく、妊娠中の母体と赤ちゃんの安全と健康、無事出産することと、授乳も子育てもスムーズにいくことがゴールなので(子育てに終わりはありませんけど)、妊娠して終わり!と一気にモチベーションが下がらないように、元に戻らないように、頑張れ!頑張れ!と叱咤激励しながら、ひやひやドキドキしている毎日です。

 

妊娠したい女性の常識として、オーソモレキュラー療法が当たり前になる時代が早く来ればいいなと思います。

後から苦労しなくても済むかもしれないから。

もっともっと広めていかないといけませんよね。

頑張ります!!

 

さて、以下、コピペです。

 

昨日の「ホンマでっか?」で、女性の体についてやってましたね。

 

番組の中で、高齢出産のほうが長生きとか、子供の知能が上がるとか、言われてました。

 

ご飯作りながらだったので、一部分聴き取れないところもあったんですが、長生きに関しては、池田先生がその理由を推測しておっしゃってたのが聴き取れませんでした。

 

ただ、元の論文だかのデータが、20代のグループと30代のグループとの比較と聞こえたような…。
30代は、高齢出産じゃねーよ、とツッコんだのは、この話だったかな~と思います。

 

あと、澤口先生が、母親も父親も年齢いってるほうが、年とっただけ経験抱負だから、子供の知能がいい、とおっしゃっていて、女性は30代後半から40代、男性は50代がいい、と。

 

いつもなら、その論文とか言われるのに、この時言われなかったんですよね。
カットされてるのかもしれませんが、テレビなので。
そんな論文あるのか?!と思いましたけど…。
あったら、母集団の詳細が必要でしょう。
(データを取るのに、選ぶ人たちにバイアスがかかってるのでは?)

 

これから妊娠しようと思っている方が、昨日の話聞いて、

高齢のほうがいいんだって!もう妊娠しようと思ったけど先延ばしにしよう!

なんて思った人はいないと思いますが…。

 

念のため言っておくと、妊娠出産は、生物学的に早ければ早いほうがいいです。もちろん男性も。
(14歳がいいと言ってるわけではないですよ)

 

で、長生きしたって、健康で元気じゃないと意味ないわけで、施設で寝たきり、ボケて何もわからない長生きでは、意味が全然違いますよね。

 

若いと、人生経験が少ないのはどうしようもないですが、年とったから賢くなるわけでも、正しい情報が勝手に入ってくるわけでもありません。
自分で勉強しないと。

 

子供の知能を決めるのは、IQに特化するのであれば、妊娠中の母親がどれだけ栄養摂ったかで、IQに歴然とした差が出た有名な論文がかなり昔にもう出てますから、産んでからの教育環境も大事ですが、実は産む前から、もう始まっているわけです。

 

ホントに、女性が(男性も)どれだけ栄養が摂れるか、摂ってきたかが大事なのは、医学的ながら事実です。

今もう20代ではない方も、栄養ガンガン摂って、体内年齢を若くすれば、可能なこともたくさん出てきます。

とりあえず、ツベコベ言う前に、肉魚卵をしっかり食え~ッ!という話です。

 

 

 

 

 

今日は、打ち合わせの後、、美容院でした。

カットとヘアマニキュアです。(白髪を染めてもらっています)

 

美容院行くと、いろんな女性誌を読むことができますね。

いろんな年代の、普段自分が読まないような年代の女性誌も用意してくださっていることがあります。

 

女性誌を見ていると、今、一般の女性が何が気になっているのか、ということと、企業が何を売りたいと思っているのか、の両方が見られます。

 

どの雑誌なのかは忘れましたが、シミの美容医療について、クリニック選びが書いてある記事がありました。

 

う~ん。。。という感じ。。

 

当たらずとも遠からず。。。

まあ、そういうのもひとつの考え方だけど。。。ということも。。

 

こういう雑誌で、美容クリニックの医師が出てきて、レーザーとか名前を出して勧めている場合、自分のクリニックに置いてあるレーザーの名前を出すでしょうし、美容医療って、さまざまな種類がありますから、クリニックに導入するのも結局は、その医者の好みが出るでしょうし、自分の好きな治療・好きな機種であることが多くなるのは仕方ないと思います。

 

なので、読者の方もその辺わかっていて読まないと、ステマというか、宣伝そのものとも言えるわけですから、一つの情報としては得たらいいですが、そのまんま真に受けても。。。

 

で、その記事は、医者は出てなくて、美容マニア?というんでしょうか、自称、いろんなクリニックで美容医療をしてきた方の意見のページみたいになってました。

 

まあ、こういう媒体なんでもそうですが、関係しているクリニックとの今後のこともあるでしょうし、レーザー企業などとの関係もあります。

(実は、そのページのスポンサーだった、ということもあります。表に出ていないだけで。)

 

そういう業界として都合の悪すぎることは(患者さんからしたら大事なことで企業はあまり儲かることではないようなこと)、ライターさんもわかっていても書かなかったり、書いても最終段階で削除されたり、スポンサーからクレーム来たりと、記事として載せられる範囲が決まってきてしまいます。

 

かといって、あまりにもレーザー企業やクリニック側(儲けるという意味の)の立場目線で書いちゃうと、賢い読者の中には気づく方も出てくるでしょう。

 

なので、ちょっといいこと、というか大事なこと・当たり前のことも書いてました。

 

 

薄利多売の安売りクリニックは止めようとか。

ドクターの診察がないようなところは止めようとか。

日焼け止めはちゃんと塗ろうとか。そういう話をしないクリニックは止めておこうとか。

 

書いていて、あまりにも当たり前すぎる内容ですが、そういうこともわからない読者がいるんだな、と思いましたし、それが当たり前になっていない読者が多いということは、そういうクリニックが多いから、そういう扱いしかされたことがないから、そうなっちゃうわけですかね。。と思って読んでました。

 

 

私としては、もっとその辺を大前提で書いて欲しかったな~、と思いますが、そればっかり書くと、何の記事かもわからなくなるんでしょうし、ページ数があまりに足りないから、仕方ないでしょうね。

 

あと、あんまり、レーザーが効く!レーザーでないと効かない!(当たり前なんですが)、と記事にし過ぎると、こういう女性誌の最大のスポンサーである、化粧品会社からクレームも入るでしょうから、あんまり書くことができません。

 

なので、日焼け止めを塗ろうとか書いてあるところに、美白化粧品も必須アイテム!みたいな書き方もされていて、化粧品の重要性は忘れずに書いてありました。

 

 

レーザーの設定は強いところで!

みたいなことも書いてあって、あ~あ~、煽っちゃっているよ~と思いましたが、レーザーの設定は強いほどいい、というわけではありません。

それだけリスクも増えます。

まして、誰にでも、どんなシミでも強くしていいわけではありません。

 

特に初回なんて、本来肌の感じを診ながら、設定を微調整していくものですが、医者がシミの光レーザー治療をしてないところが大半ですからね、1発事の微調整は無理ですね。。

 

そして、ほんとの初回なんて、肉眼で見えてない隠れジミもたくさんあるわけで、初回に強いのを当てて、スキンケアもろくにできてないし、隠れジミが山ほどあるような方に、強い設定なんて、恐ろしすぎます。。。

 

山ほどあるかどうかは、わかりません。

ただ、あると思って、治療に当たらないと、あとで大変なことになって一番こまるのは患者さんですからね~。

 

別の記事だったか、まだ「肝斑にレーザートーニング」「画期的」みたいなことが書いてあって、レーザー企業がスポンサーなのかな、と思ってしまいました。

 

レーザー5台以上持っているクリニックがいいとか、最新の機械も置いてあるクリニックとか。

 

そういう記事は、どこまでか知りませんが、レーザー企業と組んでいたりする記事もあり、読者への宣伝もあると思いますが、その記事を読んだ美容クリニックの医者に宣伝していることが多々あります。

 

「最新の機械じゃないと!」と企業にさらに煽られ、その結果買ってしまうと。。

 

ほんとにちゃんと調べて、欲しくて買ったのならいいんですが、ろくに勉強もせず、「最新です」みたいな感じだけでやっているクリニックもとても多いので、その辺の見極めは、一般の方には無理でしょう。

 

5台以上って、何を根拠に言っているのかよくわかりませんが、シミの治療機だけで5台以上ってこと?

それとも、他の治療も含めて、レーザー5台以上ってこと?

 

そういう何を根拠に、とか、どのレベルまでカウントしてるのか?って肝心なことは書かずに、わかりやすいように「5台」と数字だけが独り歩きしてるわけですが、またそれをそのまま理由も聞かずに、そのまま「5台」と信じる読者も出てくるわけです。。

 

その5台の中に、大昔の今は廃れてしまった機械までカウントするんでしょうか。。。

老舗というのかわかりませんが、15年以上もやっているクリニックだったら、オーロラくらい持っているかもしれません。

それも5台に入れるのか?と思いますけど。。

 

レーザーの機械でも、ロングセラー、ベストセラーがあって、新しい機械と言っても、そう大きくは変わってなくて、単に後から発売されただけだったり、そこのメーカーの最初に出していたシミ用のレーザーが使い勝手が悪くて、ロングセラーベストセラー機器をマネして作ったようなものもあり、患者さんのためというよりは、使う医者側(医者じゃなくてナースにさせているところもかなり多いですが。。)の使い勝手やコストなどの問題だったりもします。

 

新しい機械をバンバン買っているクリニックなんて、実際は、美容クリニッの中でもそう多いほうではなく、一部のクリニックで、1台がとても高額ですから(東京でなければ、ちょっとしたマンションや高級外車は軽く買える値段です)、バンバン買っていること自体、儲かっている(買う資金がある)んでしょうけど、儲かっている=患者さんにとって良いクリニック、ではないところが美容医療の難しいところです。

 

学会や業界全体を引っ張っていかれているような先生方は、いろいろ新しいのを試したり買ったりして、情報をアップデートしていっていただきたいですし、実際にそういう先生方もいらっしゃいますが、そうでなければ、ちゃんと勉強してやっているドクターなのか、客寄せで、飽きられないように、どんどん機械を入れて、てきと~にやっているところなのか、患者さんは一体どうやって判断するんでしょうね。。

 

賢い方は、その辺は判断されるんでしょうけど、雑誌に、またそうやって「5台」とか数字を書くと、それに振り回される被害者も出てくるわけです。。

 

まあ、この業界、いつもそうなんですが。。

 

 

強い設定に耐えられるだけの皮膚でもなく、スキンケアくらいはちゃんとしているのかというと、そんな説明受けたこともない、という患者さん大量に作っていて、それで最新の機械を使ったからって、一体、どんな効果が出て維持できるというんでしょうね。。

 

光・レーザー治療は、私も大好きですが、スキンケアもする気もない、他力本願だけの人を診ていると、むなしくなります。。

そういう人に限って、副作用ももちろん出やすいし、スキンケアも全然やっていないのに、人一倍文句言いますから、そんな人に、初回から一体どこのクリニックが強い設定でやるというんでしょうね。。

 

ほんとにそれでやっているなら、なにもわかっていないバカな医者です。

わかってやっていたら、リスクも同時にかかえますから、顧問弁護士から賠償金まで用意して、その覚悟でやっているのか?!とある意味尊敬です。

 

なんでもそうですが、「最新」と言われるものは、料金も高くなります。

 

スキンケアと栄養ができていれば、「最新」の美容医療って、そんなにいりませんけどね。。

普通のお悩みであれば、予算のこともあるでしょうし、完璧?を目指さない限り、従来のスタンダード治療で十分です。

 

まあ、一体何をもって、「最新」の機械と言っているのかがわかりませんが。

 

本当の「最新」であればあるほど、使うほうが使いこなせないと、なんの意味もありません。

 

今回は、人によったら3連休でしょうか。

私も2連休です。

 

こういう連休前に、美容医療、その中でもやはり注射系をされる方が多いですが、私もやりかった。。。

でも、土曜日、仕事終わったら、さっさと帰りました。。

もうおなかも空いて。。。(オーソプロテイン飲んだだけ)

それに体調も悪いというか、のどがカラカラで。。

まあ、しゃべりすぎなんですけど。。。

 

子供のころから、特に冬、乾燥の季節や季節の変わり目は、のどの粘膜にいきなり、なにかがピッ!とついて、いきなり咳が始まる。。。

ずっとのど飴舐めたり、水飲んだり、一旦咳が出だすと、その何かが出ていかない限り、排泄しようとひどい咳が続く。。

もう特に冬はドキドキでした。。いつ出るかがわからないから。

 

オーソモレキュラー療法始めて、kろえは栄養失調によるものと知り、のどの粘液が全然足りなくて(水分摂取も大事ですが)、その分の栄養足して、この咳とは無縁になってました。

 

ところが、去年の秋か12月くらいからだったか、その分のサプリ飲んでいても、咳が少しで出したので、足りないのか~と1個増やして、それでもまた咳が少し出たから、また1個増やして、ともうこれ以上増やせないよ~(皮膚が黄色くなってきたから。柑皮症ってやつです)、そんなにどこで使っているのかな~、と思っていたら、この数日、また咳が出だして、おいおい、と思っていたら、金曜、土曜日とひどかった。

 

まるで、昔にぶり返したみたいに、突然、ピッ!とつくのがわかります。

怒涛の咳が止むと、まるで何事もなかったかのように。。

 

もうほんとに、摂っている栄養、どこ行ってんだ?!と体の中入って聞きたいくらい。。。

どっかでいっぱい使っているか、吸収が悪いか、両方かなんですが。。

 

 

まあ、しゃべりすぎで、のどからからですね。。のどが砂漠みたいになっているのがとてもよくわかります。

 

 

芸人さんとか歌手の方とか、大変ですね~。ほんとに。

さんまさんとかスゴイですね。しゃべりっぱなし。。。ほんと、尊敬ですわ~。

 

 

自分の顔に、レーザー当てたり、注射したりって、かなりめんどくさいんですわ。。

オーソモレキュラー療法始めて、良かったことと悪かったことに、レーザーとかあまりしなくても、まあまだしなくてもいいか、と前よりも効果がもつので、先延ばしにしてしまっていて、いいことなんですが、どんどん先延ばしになって、気付いたら、おいおい!となっていることが困りますかね。。

 

オーソモレキュラー療法始めて、前よりもそういうことをする時間が減ったというのもあるかもしれません。

 

 

この間の水曜日、家で片付けしたり掃除したりしていて、ほんとに日焼け止めだけ塗って、スッピンで、ほんとにどうでもいい恰好で近所のスーパーに買い物に行きました。

 

なんか前からオバサンがこっちに向かってくるな~と思ったら、鏡に映った自分だった!という、この衝撃。。。

 

緊張感がない、っていうのは、いけませんね~。

一気に老けて見えますね=。いや、老けてるのか。。。

 

もう何か月もなにもやってないしな~。

 

ほんとにそろそろやらないといけません。

 

 

土曜日仕事終わって、平日よりも時間もあるし、連休ですから、ここでやらんと!と思いましたが、もうしんどいし、家でゆっくりして、のどもこれ以上悪化させたら困りますから、帰ってきちゃいました。。

 

 

肌は、普段のいらんことはなにもしていないスキンケアと栄養とで、年齢の割にはなんとかなっていると思いますが、たるみというか、顔の凹凸ですよね~。

これは、年齢が出ます。。。

化粧で隠せません。。。

 

そういう意味では、もうちょっと普段からなんかメンテしておかないといけませんよね。

 

だって、いきなりイケメンから食事に誘われるとか(笑)、いきなり写真や映像を撮られる取材が入るとかになったら、困りますよね~。

 

レーザーはよくても、注射はね~、私はイベントの直前にはやらない主義です。

万が一、内出血や腫れが出たら、元も子もないから。

万が一であっても、どんなに確率が低くても、患者さんにも自分にも、おススメしていません。

患者さんで、慣れている方が、コンシーラーで隠すし、もうほんとにかまわないからやってくれ!とまで言う方には、まあやることもありますが、おススメはしませんよ~とは言います。

 

なんとか時間見つけて、そろそろやらないとね=。

 

 

1 / 212