プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近投稿した写真

  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • IMG_20171231_010939
  • _20171208_210350
  • IMG_20171206_210255
  • IMG_20171124_234410
  • IMG_20171123_142324[1]
  • IMG_20171113_205047

ホーム > サプリメント, ヘアケア, 医療 > おススメの白髪染め



おススメの白髪染め

ブログでもよく書いていますが、ヘアカラー(ジアミン入り)のは一切勧めていません。

どうしても、着物着るから色落ちが心配とかそういう時に、1年に1~2回は仕方あるまいと思いますが、ヘアカラーを1か月毎にやっている方もいて、無知は恐ろしいなり。。と思います。

うちのヘアケア相談・育毛相談の方には、やらないように言っていますが。患者さんが守るかどうかは知りません。

(髪の毛育てていこうとしているのに、自分で毒撒いどうする?!とまで言いますが、守らない方は守りません。まあ、その方の髪の毛だし、頭皮だから、お好きにどうぞ)

 

一般的に、白髪染めや若い子のするヘアカラーは、とても良く染まりますよね。

これ、「ジアミン」という成分が入っています。

で、むちゃくちゃかぶれやすいです。

かなり刺激がある。

 

厚労省は、ヘアカラー(ジアミン入り)する時は、先にパッチテストしてからするようにと指導がされています。

毎回ですよ。最初だけじゃないですよ。

それだけかぶれるし、かぶれた時の被害が結構ひどいからです・・。

 

かゆいとか赤くなった、とかいうレベルで済まないことも多々ありますよ。

栄養状態の悪い方だと、頭皮から顔まで腫れて、赤くなることもあります。

もちろん痒い! 場合により、痛い?ひりひりするとか。

そういう薬を塗っているわけでし。

 

そんなことを、美容院からも美容師さんからも説明を受けて、ヘアカラーをしている方、一体どれくらいいらっしゃいますか?

 

毎回、言われて、同意書まで取られて、わかっていてやっている、とそこまで言うならほんとにお好きにどうぞですが、言われていない方がほとんど。

めったにいません。

 

最低でも3か月は空けたほうがいいものを、1か月でやるように勧める、お客さんの頭皮や髪の毛のことなんて考えたこともない美容師がたくさんいます。

1か月毎やっていて、「もうちょっと間空けたほうがいいですよ」と1回も言われたことがなければ、そんな美容師と美容院は、即刻変わりましょう。

お金さえもられば、人の健康は気にしないタイプです。

そういうサロンが使くシャンプーやトリートメント、パーマ液など、かなり質も悪いのではないでしょうか。

(おそらくカラーの染料も。だって、コスト重視ですから。)

 

私が使っている商品の名前を教えて、と患者さんに聞かれて、殺気調べたんですよね。

 

そしたら、銀のは絶対に使うな!!というサイトがいくつか出てきました、

もちろん、トップです。

 

この緑色になるから使うな!ということが言いたいようです。

 

緑になったことがあるのか、心配されているのか、ふんふん、と思って読んでいると、なんだ、コンプのトリートメントのステマでした。

(散々、銀のやつダメだダメだ!!と述べたかと思いきや、一番最後に、

 

 

私が勧めているのは、ヘアマニキュアです。綺麗に染めるというなら。’(若い子のカラーリングは無理があるかも)。

欠点は落ちやすいこと。根元まで染められないこと。(だから、刺激になりにくい)

あとは、カラートリートメントやジアミン入っていないヘアカラーもあります。

部分染めのマスカラみたいなのとか、落ちやすいものが、皮膚にもいいです。

 

最近、というか、結構前から、カラートリートメントでも結構染まるものがあり(洗えば落ちる。多少残りますが)、昔のことを思えばびっくりするくらい。

 

私は、そういうのをすると、かゆくなったりと体が教えてくれるので、助かります。

ウルトラマンのカラータイマーが鳴っているようなイメージです。

その鳴り方が、「これ結構ヤバいかも?!」と焦るものもあれば、何もならないこともあります。

(ヤバい?!と思ったのは、確かに良く染まりましたが。。。)

 

ヘナ100%(インディゴ入り)のは持っているんですが、時間がかかりすぎるので、まだやっていません。

(ヘナ入りのヘアカラーと、ヘナ100%の染色剤は、似て非なるものですよ、ただのジアミン入りの染色剤に、多少ヘナを混ぜた、というもの多数出ています。。)

 

根元が伸びてきた時に、マスカラタイプのは便利で簡単、いいんですが、もひとつキレイに染まらないし、根元だけ部分ヘアマニキュアするっていうのもメンドクサイですよね。

 

2年以上前から使っているのが、銀イオンがはいっていて、光に当たると黒く発色して多少残ります。洗っても少し残ります。

 

男性や短髪であれば、全部それで、というのもありかも。

ロングの方は、乾くのに時間もかかるし、やはり根元や部分染だけにしといたほうがいいです。

 

でも、月1回美容院にいってマニキュアしてもらうなら、その銀の部分染めで十分です。

 

ただし、必ず担当の美容師さんなり、美容院に、銀の部分染をしたことを言っておくこと。

 

ヘアカラーやパーマをかけると、それらの液の中の成分と反応して緑色に染まることがあるそうです。

 

かなり昔に担当の美容師さんに初めてヘアマニキュアしてもらう時に、なにで今まで染めてきたのか聞かれました。

金属が入っているもので、緑色になることがあるから、と言われたのを覚えています。

 

私は、その銀のやつをもう3年近く使っていて、ヘアマニキュアもほぼ毎月していますし、半年~10か月くらいに1回、デジタルパーマをかけていますが、緑色になったことは一度もありません。

(だからって、あなたが大丈夫、という保証はしませんよ、私は大丈夫、という話です)

 

そのサロンでの取り扱い商品の成分によるのかもしれないし(マニキュアは大丈夫っぽいけど、必ず美容師さんに聞いてください)、髪の毛に残っている銀イオンの量によって違うのかもしれません。

 

この商品が出始めた時は仕方ないとしても、もう何年も経っていてそれで美容師さんに相談して、「は?なにそれ?」と言われたら、そんなレベルの低い美容師さんと関わるのは止めましょう。

 

知っているけど、試したことはないとか、そういうことはあると思います。

 

今時、緑色になってしまったら、確認していない美容師が悪いと思いますよ。

業界では、もうとっくに当たり前の話のはずですから。

 

 

さっき患者さんに、私が使っている銀のやつの商品名を教えてほしいと言われ、ド忘れたしたので、検索したら、「絶対に使うな!!」みたいなサイトが出てきました。トップです。

その後も、そういサイトが続きます。

 

昔調べた時にはそんなのなかったのに、と思って、さ=っと読んでみました。

 

やはり緑色のことが問題とされているようで。

(それは聞かない美容師の問題。一般人にそんなことわかるわけありませんから、知っていない限り。)

 

他にもいろいろ否定的な、私からしたら難癖?と思いましたが、まあ、この人はそう感じでいるのか、と思って読み進めていたら、最後に、コンプのトリートメントがおすすめ!というステマサイトでした。

(ステマじゃないかもしれませんが、私は100%ステマだと思います。そのコンプトリートメントの販売のサイトに飛びますからね=。

 

銀ので、コンブ関係売り上げ減りましたかね。 なんでコンプがいいのかよくわかりませんが。。

 

 

あ~、ビックリしたあああ。

ある意味、わかりやすいステマでしたが。こうあからさまなステマに、ステマも質が落ちてんだな。・。。と思いました。

(ステマだと独断と偏見で決めつけていますが)

 

 

ちなみに、金属というのは、体に必要な金属と有害な金属、それほど害はない金属、といろいろです。

銀は、一般的にあまり気にしなくてもいい、とは言われています。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

サプリメント, ヘアケア, 医療