プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近投稿した写真

  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • IMG_20171231_010939
  • _20171208_210350
  • IMG_20171206_210255
  • IMG_20171124_234410
  • IMG_20171123_142324[1]
  • IMG_20171113_205047

ホーム > サプリメント, 医療, 栄養・食事 > フェリチンだけ測っても意味がないです



フェリチンだけ測っても意味がないです

Facevookのコピペです。

反響が大きかったので、こちらにも載せておきます。

 

以下、コピペです。

 

 

 

時々、「フェリチン測ってくれますか?」という電話がかかってきます。

 

うちの答えは、
「フェリチンは測りますが、フェリチンだけ測ることはしてません。何の意味もないし評価ができないので。
フェリチンを測りたいのであれば、栄養療法の診察を受けて頂いて、栄養解析という自費の血液検査を受けて頂きます。」
です。

 

ある程度知っていらして、そのまま栄養療法と栄養解析の予約を取られる方もいますし、まだ、「フェリチンだけ測ってほしいんですけど」、とわけわからんフェリチン教という新興宗教のような方もいます。
(フェリチンだけ測らないので、ウチでは予約は取りません。そういうことをしてくれるクリニックを探して行ってください)

 

フェリチンだけ測るというのは、100万円もらってもしません。

 

ネットで溢れる間違った情報に、まんまと引っかかる方、惑わされる方、大勢いらっしゃいます。

そういう情報を鵜呑みにして、お金を払おうとする方も大勢いらっしゃいます。

 

1番いいのは、教祖様が止めてくれることですが、そういうことはしないのがお決まりなんでしょうか…。

第三者が止めるしかありません。

 

間違った医学情報から、患者さんが無駄なお金を払わなくても済むように止めるのは、医者の役割だと思います。

薬にしても、おかしな薬でも、適応なくても、乱用になっていても、不適切な処方だとしても、それを出す医者がいるから、被害者は減らない。

欲しがる患者さんは、薬の副作用や弊害を知らないし、説明しても自分は起こらないと思い込んでいるから。

 

検査も同じで、その結果を誰が判断して、診断をくだすのか、そして治療が必要かどうか、治療をするのかどうか、などなど。

 

これ全部が必要なわけで、データの読み取り深読みも知らない医者のところで、フェリチンだけ測っても、何の意味もないどころか、お金と
時間の無駄です。

 

まして、ホントにその中に、他の病気や病態が隠れていることも多々あるのに、そっちの治療や食事指導がいることも在るのに、「フェリチン高くて良かった!」って、ほんま、アホちゃうか~、となります。

 

患者さんには、検診にしろ、病気でも、やった血液検査の結果は、全部持ってきてもらって診ていますが、 なんでこれ放ったらかしやねん?!という、えげつないことから、普通はこれ、異常なしってホント言われちゃうんですけどね、実はね…
というものまでピンキリです。

 

放ったらかしの場合は、患者さんは異常なし、健康!みたいに思っちゃいますが、この時ちゃんと言ってもらっていたら、今の体調、ひどい場合には人生、変わったのに…ということもあります。

 

保険診療は仕方ありません。
保険でやる以上は制約があります。

 

でも、自費でするなら、ちゃんとデータを読み取り深読みもしてくれる医者のところで受けて、説明を聴いて下さいね。

でないと、バカを見ますよ。

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

サプリメント, 医療, 栄養・食事