プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近投稿した写真

  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719
  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)

ホーム > スキンケア > 美容クリニックの選び方



美容クリニックの選び方

今日は、打ち合わせの後、、美容院でした。

カットとヘアマニキュアです。(白髪を染めてもらっています)

 

美容院行くと、いろんな女性誌を読むことができますね。

いろんな年代の、普段自分が読まないような年代の女性誌も用意してくださっていることがあります。

 

女性誌を見ていると、今、一般の女性が何が気になっているのか、ということと、企業が何を売りたいと思っているのか、の両方が見られます。

 

どの雑誌なのかは忘れましたが、シミの美容医療について、クリニック選びが書いてある記事がありました。

 

う~ん。。。という感じ。。

 

当たらずとも遠からず。。。

まあ、そういうのもひとつの考え方だけど。。。ということも。。

 

こういう雑誌で、美容クリニックの医師が出てきて、レーザーとか名前を出して勧めている場合、自分のクリニックに置いてあるレーザーの名前を出すでしょうし、美容医療って、さまざまな種類がありますから、クリニックに導入するのも結局は、その医者の好みが出るでしょうし、自分の好きな治療・好きな機種であることが多くなるのは仕方ないと思います。

 

なので、読者の方もその辺わかっていて読まないと、ステマというか、宣伝そのものとも言えるわけですから、一つの情報としては得たらいいですが、そのまんま真に受けても。。。

 

で、その記事は、医者は出てなくて、美容マニア?というんでしょうか、自称、いろんなクリニックで美容医療をしてきた方の意見のページみたいになってました。

 

まあ、こういう媒体なんでもそうですが、関係しているクリニックとの今後のこともあるでしょうし、レーザー企業などとの関係もあります。

(実は、そのページのスポンサーだった、ということもあります。表に出ていないだけで。)

 

そういう業界として都合の悪すぎることは(患者さんからしたら大事なことで企業はあまり儲かることではないようなこと)、ライターさんもわかっていても書かなかったり、書いても最終段階で削除されたり、スポンサーからクレーム来たりと、記事として載せられる範囲が決まってきてしまいます。

 

かといって、あまりにもレーザー企業やクリニック側(儲けるという意味の)の立場目線で書いちゃうと、賢い読者の中には気づく方も出てくるでしょう。

 

なので、ちょっといいこと、というか大事なこと・当たり前のことも書いてました。

 

 

薄利多売の安売りクリニックは止めようとか。

ドクターの診察がないようなところは止めようとか。

日焼け止めはちゃんと塗ろうとか。そういう話をしないクリニックは止めておこうとか。

 

書いていて、あまりにも当たり前すぎる内容ですが、そういうこともわからない読者がいるんだな、と思いましたし、それが当たり前になっていない読者が多いということは、そういうクリニックが多いから、そういう扱いしかされたことがないから、そうなっちゃうわけですかね。。と思って読んでました。

 

 

私としては、もっとその辺を大前提で書いて欲しかったな~、と思いますが、そればっかり書くと、何の記事かもわからなくなるんでしょうし、ページ数があまりに足りないから、仕方ないでしょうね。

 

あと、あんまり、レーザーが効く!レーザーでないと効かない!(当たり前なんですが)、と記事にし過ぎると、こういう女性誌の最大のスポンサーである、化粧品会社からクレームも入るでしょうから、あんまり書くことができません。

 

なので、日焼け止めを塗ろうとか書いてあるところに、美白化粧品も必須アイテム!みたいな書き方もされていて、化粧品の重要性は忘れずに書いてありました。

 

 

レーザーの設定は強いところで!

みたいなことも書いてあって、あ~あ~、煽っちゃっているよ~と思いましたが、レーザーの設定は強いほどいい、というわけではありません。

それだけリスクも増えます。

まして、誰にでも、どんなシミでも強くしていいわけではありません。

 

特に初回なんて、本来肌の感じを診ながら、設定を微調整していくものですが、医者がシミの光レーザー治療をしてないところが大半ですからね、1発事の微調整は無理ですね。。

 

そして、ほんとの初回なんて、肉眼で見えてない隠れジミもたくさんあるわけで、初回に強いのを当てて、スキンケアもろくにできてないし、隠れジミが山ほどあるような方に、強い設定なんて、恐ろしすぎます。。。

 

山ほどあるかどうかは、わかりません。

ただ、あると思って、治療に当たらないと、あとで大変なことになって一番こまるのは患者さんですからね~。

 

別の記事だったか、まだ「肝斑にレーザートーニング」「画期的」みたいなことが書いてあって、レーザー企業がスポンサーなのかな、と思ってしまいました。

 

レーザー5台以上持っているクリニックがいいとか、最新の機械も置いてあるクリニックとか。

 

そういう記事は、どこまでか知りませんが、レーザー企業と組んでいたりする記事もあり、読者への宣伝もあると思いますが、その記事を読んだ美容クリニックの医者に宣伝していることが多々あります。

 

「最新の機械じゃないと!」と企業にさらに煽られ、その結果買ってしまうと。。

 

ほんとにちゃんと調べて、欲しくて買ったのならいいんですが、ろくに勉強もせず、「最新です」みたいな感じだけでやっているクリニックもとても多いので、その辺の見極めは、一般の方には無理でしょう。

 

5台以上って、何を根拠に言っているのかよくわかりませんが、シミの治療機だけで5台以上ってこと?

それとも、他の治療も含めて、レーザー5台以上ってこと?

 

そういう何を根拠に、とか、どのレベルまでカウントしてるのか?って肝心なことは書かずに、わかりやすいように「5台」と数字だけが独り歩きしてるわけですが、またそれをそのまま理由も聞かずに、そのまま「5台」と信じる読者も出てくるわけです。。

 

その5台の中に、大昔の今は廃れてしまった機械までカウントするんでしょうか。。。

老舗というのかわかりませんが、15年以上もやっているクリニックだったら、オーロラくらい持っているかもしれません。

それも5台に入れるのか?と思いますけど。。

 

レーザーの機械でも、ロングセラー、ベストセラーがあって、新しい機械と言っても、そう大きくは変わってなくて、単に後から発売されただけだったり、そこのメーカーの最初に出していたシミ用のレーザーが使い勝手が悪くて、ロングセラーベストセラー機器をマネして作ったようなものもあり、患者さんのためというよりは、使う医者側(医者じゃなくてナースにさせているところもかなり多いですが。。)の使い勝手やコストなどの問題だったりもします。

 

新しい機械をバンバン買っているクリニックなんて、実際は、美容クリニッの中でもそう多いほうではなく、一部のクリニックで、1台がとても高額ですから(東京でなければ、ちょっとしたマンションや高級外車は軽く買える値段です)、バンバン買っていること自体、儲かっている(買う資金がある)んでしょうけど、儲かっている=患者さんにとって良いクリニック、ではないところが美容医療の難しいところです。

 

学会や業界全体を引っ張っていかれているような先生方は、いろいろ新しいのを試したり買ったりして、情報をアップデートしていっていただきたいですし、実際にそういう先生方もいらっしゃいますが、そうでなければ、ちゃんと勉強してやっているドクターなのか、客寄せで、飽きられないように、どんどん機械を入れて、てきと~にやっているところなのか、患者さんは一体どうやって判断するんでしょうね。。

 

賢い方は、その辺は判断されるんでしょうけど、雑誌に、またそうやって「5台」とか数字を書くと、それに振り回される被害者も出てくるわけです。。

 

まあ、この業界、いつもそうなんですが。。

 

 

強い設定に耐えられるだけの皮膚でもなく、スキンケアくらいはちゃんとしているのかというと、そんな説明受けたこともない、という患者さん大量に作っていて、それで最新の機械を使ったからって、一体、どんな効果が出て維持できるというんでしょうね。。

 

光・レーザー治療は、私も大好きですが、スキンケアもする気もない、他力本願だけの人を診ていると、むなしくなります。。

そういう人に限って、副作用ももちろん出やすいし、スキンケアも全然やっていないのに、人一倍文句言いますから、そんな人に、初回から一体どこのクリニックが強い設定でやるというんでしょうね。。

 

ほんとにそれでやっているなら、なにもわかっていないバカな医者です。

わかってやっていたら、リスクも同時にかかえますから、顧問弁護士から賠償金まで用意して、その覚悟でやっているのか?!とある意味尊敬です。

 

なんでもそうですが、「最新」と言われるものは、料金も高くなります。

 

スキンケアと栄養ができていれば、「最新」の美容医療って、そんなにいりませんけどね。。

普通のお悩みであれば、予算のこともあるでしょうし、完璧?を目指さない限り、従来のスタンダード治療で十分です。

 

まあ、一体何をもって、「最新」の機械と言っているのかがわかりませんが。

 

本当の「最新」であればあるほど、使うほうが使いこなせないと、なんの意味もありません。

 

カテゴリ:

スキンケア