プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近投稿した写真

  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719
  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)

ホーム > サプリメント, スキンケア, 化粧品, 医療, 栄養・食事 > 肌断食?



先日来られた患者さんが、「肌断食」をしていると言われたんですが、結構顔が全体に赤く、ニキビ・ニキビ跡でお悩みなんですが、なんかおかしいな~という感じ。。。

 

もちろん、栄養状態が悪いと、お肌の状態もアトピーなのか?ベースに実はあるのか?!というくらい、皮膚のバリア機能がそりゃあもういとも簡単に破壊されまくるので、栄養足りないだけかな、と思ってましたら。。。

(で、レーザーよりも先に栄養解析を含めた、オーソモレキュラー療法をされることになったんですが)

 

「○○○○○○の肌断食」をしていると言われました。

(○○○○は、数は適当です。カタカナが入ります)

 

。。。?なんじゃあそりゃあ?

 

そもそも「肌断食」って、純石けんとワセリンしか顔に塗らないというのがベースだと思います。

宇津木先生の本が有名で、この本で一気に広がったと言っても過言ではないと思いますが、すご~く昔から、皮膚科のおじいちゃん先生は、女性の顔のトラブルは、化粧品を全て止めさせ、ワセリンだけ出す、というのはかなり定番です。

(最近のおじいちゃん先生は、あまり言わないかもしれませんけど。だって、言ってもどうせ言うこと聞かないからっていうのがありすぎで、もう言わないことも。。)

 

女性の先生は、ご自分も化粧されるし、言っても女性の患者さん聞くわけないので、あまり言いません。

言わなきゃいけないくらいひどい場合は、おっしゃると思いますよ。

(それでも言わない医者もいますけどね~。)

 

宇津木先生のご本に乗っかって、乗っかり商法っていうんでしょうか。なんでも流行れば、のっかる輩というのが出てきます。

 

まあ、広めてくれる人が多い方がいいし、それで化粧品の害から救われる方も出るなら、、乗っかること自体はいいと思います。

それが結果的に、商売になって、皆喜んでくれた代償として、お金が入るのは、喜ばしいことでしょう。

 

でも、やっぱり乗っかるやつの中に、自分の利益しか考えていないやつもいて。。。

 

 

患者さんのおっしゃった、「○○○○○の肌断食」って、てっきりどっかの誰か(美容家ってやつ~?)がまたなんか乗っかっている方法なのかと思って、それはどんなやり方なんですか?と聞きました。

(肌断食に、方法もくそもなく、石けんで洗って、ワセリン必要なら塗るだけですから。)

 

 

そしたら、方法じゃなくて、化粧品だというんです!!

 

○○○○○○とかいう名前の化粧品を使って、洗顔するらしい。。

他にも保湿剤?みたいなもの、売ってたかな~。受診される前には調べて覚えてましたが、今保湿剤?まであったか忘れました。

患者さんが使っておられたのは、洗顔料だけだったので。

 

 

「肌断食」と言って、わけわからん化粧品買わせたら、もうそりゃあ、肌断食ではなかろう。

というか、違うし。

で、その

純石けんとワセリンなんて、ドラッグストアでもスーパーでも売ってますし、わざわざ探して、しかも高いお金出して買うものじゃない。。。

(石けん 1個150円前後、ワセリンも500円前後でかなり大きいのが買えます。

ただの白色ワセリンでいいわけで、赤ちゃん用ワセリンとか、なんとかワセリンとか、ワセリン以外のものが混ざっていて、値段が高くなっているものは買わなくていいです。

 

そもそも、白色ワセリンに、赤ちゃん用ってなんだ??

白色ワセリンは白色ワセリンです。赤ちゃんも大人も関係ないです。

(厳密に言えば、ちょっと種類がありますが、赤ちゃんだから使うわけではないし、赤ちゃん用と書いてある商品で、私の言っているワセリンになっているのは見たことがないです。

ワセリンの最大のメリットは、酸化しないことなのに、なんか混ぜたら、酸化する可能性も。特にオイルは、酸化しますから。

その混ざっている成分がろくでもないこともあったりします。悪くないものもあったりしますが、だいたい患者さんで、混ざっているワセリン買って、ろくなことになってません。。。)

 

 

話戻します。

 

で、そのろくでもない「○○○○○○」。

HPには、化粧品は止めましょう!要りません!それが肌に優しいとかなんとか書いておいて、自分のところのわけわからんもん、買か?わせるという。。。

まあ、よくある、質の悪い、乗っかり商法です。

 

その使用されてた洗顔料。。。もう添加物まみれのところに(何が肌断食なのか?このメーカーは、本気で言っていたら、頭悪すぎか?! というより、ただのぼったくりでしょう。。。)

そこの売りである、塩! が入っているんです。。。

 

いなばの白兎かっ!っちゅーっねんっ!!

 

それに変えて、ちょっとだけニキビマシになったそうで。。。

 

ということは、前がさらにもっとひどい化粧品だった、さらにひどい状態だった、ということですが。。。

 

初診時の患者さんの肌はボロボロでした。。

 

皮膚のバリア機能も破壊され、慢性炎症を起こしているところ、ニキビもあるから、ところどころ、膨らみもある、そこに、塩を塗りつけるわけです。

塩スクラブってやつ~?

 

塩スクラブで顔洗ったら、そりゃあひどくならないほうが無理でしょ。

 

傷口にあら塩塗りこんでみてください。どれだけ痛いか!

拷問でしょう。。。

 

よくこんなの売りますね。。。もう信じられんわ。。

本気で売っているとしたら。。。なに、女性に恨みでもあって、復讐してんの?!って感じです。

ぼったくりしても、皮膚を傷つけるのは止めてくれ~と思いますね。

 

 

もうこんなの騙されて買っちゃうなんて、大丈夫かな~と肌のひどさからも心配していましたが、この患者さんとても頑張られて、8日ほどしかたってませんが、顔全体の赤みが消えました。

ニキビが出るのもちょっと減ったみたいです。(波があるから、まだ様子診ないといけませんが)

 

サプリはほんのちょっとだけ買われましけど、まだ1週間くらいのもんです。

食事もとても頑張られました。

おかしな化粧品、全部止めて、最低現の化粧品を新しく購入されて使われました。

 

約1週間で、皮膚にまで栄養がどれだけ行ったのかと言われれば、そんなに行っていないとは思いますが、良くなっているんですよね~。

 

栄養入れてあげるのも大事ですが、皮膚への攻撃をすっぱりと止めた、というのが一番の功労ですね。

それが悪循環を断ち切って、すべてがいい方向に回り出したのかも。

 

まさにスキンケアと栄養の重要性ですね。中から支えて、新しい皮膚をどんどん作る。

 

皮膚だけだったら、1週間のビフォーアフターは、スキンケアによるのが大きいのかもしれませんが、患者さん、すっごい元気に明るくなられたんです。

はきはきしているというか、若さみなぎる感じ。いい感じです~。

若い子は、こうでなくっちゃっ!!

 

 

偽肌断食のせいで、遠いところに行っちゃってましたが、すぐに戻ってこられて、良かったです。

若い子はやっぱり回復早いですね~。

今後の経過が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリ:

サプリメント, スキンケア, 化粧品, 医療, 栄養・食事