プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近投稿した写真

  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719
  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)

ホーム > 医療, 栄養・食事 > 糖質の摂りすぎは。。



糖質の摂りすぎは。。

#肉食美肌 #痩せすぎ #太りすぎ #うつ #低栄養 #栄養失調 #糖質過多 #糖質中心

昨日のブログの続きをFacebookに書きました。

反響が大きかったので、こちらもこぴぺしておきます。

昨日の、「元気ない方」ってやつですかね。

 

以下、コピペです。

 

昨日のブログの続きですが、糖質中心だけどイライラはしてない、急にキレることもあまりない!という方、自分だけが思ってるんじゃなくて周りからもよくそう言われるという方、

こういう方は、イライラはしないかわりに、うつっぽくなることがあります。

 

アドレナリン優位なのか、ノルアドレナリン優位なのか、それだけではなくて、GABAやセロトニンなどいろんなことが絡んできます。

 

同じように栄養足りなくても、体の中でどこにどう回るのか、回さないのか、体が勝手に決めますから、こちらではどうもできないし、人によって症状が違う。

 

こういう方は、もう見るからに元気ないし、声も小さく、いまにも倒れるんじゃないか、みたいな雰囲気がでてますから、すぐにわかりますが、イライラもうつも、はざまの人は、症状が軽い分、ちょっと話しただけではわかりません。

 

だからこそ、どんな食事をしているのか、聞くだけでとても役にたちます。

 

時々、とても優れている方、才能のすごい方を、テレビとかでも見かけますが、糖質中心だったときに、あー、もったいない…。この人、ホントはもっとすごいのに…と思います。

 

 

脳にしろ、体にしろ、そういう才能ある人は、使いまくりの、消耗しきってますから、そこに糖質どん!とくると、ますます消耗されてしまう…また糖質でごまかす、そのうち糖尿病になったり、診断つかないまま、才能が枯渇したり…。

 

もったいない、もったいない!と思って、いつも見てます。

 

テレビの中の人なので、直接言うこともできないし、まあ、オーソモレキュラー療法がもっと広がるまで仕方ないです…。

カテゴリ:

医療, 栄養・食事