プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近投稿した写真

  • スクリーンショット (271)
  • スクリーンショット (237)
  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719

ホーム > 2018年04月



Facebookのコピペです。

反響が大きかったので、こちらにもコピペしておきます。 シャンプーも同様ですよ!

 

以下、コピペです。

 

コマーシャルで、最近はやり男性臭対策のボディソープ、良くやってますよね。

拭き取りも含めて。

汗をよくかく季節になってきたから、広告が始まってるわけですが。

基本、日本人洗いすぎです。

子供も大人も。

子供ほ、母親が、洗わなきゃ!と広告に載せられてボディソープ使いまくるから、子供が自分で使いたくて使ってるわけではないですけど…。

ボディソープでも、薬用とか殺菌とか、ホントにいりませんよ。

一般家庭で、皮膚にどんな菌がいるんですか?
そんなに不衛生な、問題になるような菌がうじゃうじゃと付いているんですか?

病院内では、殺菌ソープというか、もう消毒液を使いますが、使いたくて使ってるんじゃなくて、必要だから使うわけです。

仕事で消毒液、殺菌ソープとかを使うと、手指はボロボロです。

それと同じことを、一般家庭で、自分の皮膚にしてるわけです。

ボディソープの場合、そこまですぐにボロボロにはなりませんが(これもたちが悪い)、ゆっくりゆっくり皮膚は破壊されていきます。

まず、消毒殺菌で、皮膚に住んでいる常在菌のバランス崩しまくりで、いわゆる悪玉菌だらけになります。

口の中も皮膚も腸の中も、いろんな菌がたくさん住んでいて、いわゆる悪玉菌もいますが。少しいないとダメで、皆でバランスとって暮らしてるわけです。

世の中と同じ。

ソコに消毒殺菌剤をばらまかれると、善玉菌は減って、悪玉菌だらけになってしまいます。
こういうの時は、悪玉菌強いですね~。

体臭はいろいろと原因がありますが、常在菌のバランスを崩すと、すごい変な臭いがしてきます。
汗や皮脂を菌が分解して、臭いが出るわけです。

それをまた殺菌するから、また悪玉菌増えて、とドンドン悪循環に。

無添加石鹸にまず変えてみるとか(殺菌を止めると言うことです)、いけるなら、石けんなしでお湯だけで洗うようにすると、情報が元のバランスに戻ってきて、その分の臭いはしなくなります。

子供は、まだソコまで臭いは普通しないはずデスガ、洗いすぎのせいでアトピーみたいな肌にしてしまっていることがやまほどあります。

子供は、まず石けん止める!
お湯で充分です。
ふだんの手洗いは、無添加石鹸で洗えばホントにOK。

それだけで、カラダのアトピーみたいなのが治ることがあります。

働き盛りの男性は、ストレスで皮脂や汗の量が増えたりします。

栄養も使いすぎとか、糖質摂り過ぎとかで、皮脂は酸化しやすく、これも臭い出やすいです。

働き盛りの男性の臭いは、殺菌ボディソープをまず止めること、お湯だけが気になるなら無添加石鹸で優しく洗って、休みの日はお湯のみで。

朝仕事行く前に、シャワーは浴びてくださいね。

皮脂が酸化しにくいように栄養補充ですが、かなり消耗してますからこそオーソモレキュラー療法したほうがいいです。

ご主人の大衆化がやまほど強くなったら、それだけストレスが多くて、疲れてボロボロと言うことですから、奥様は、ご主人をクサイというじゃなくて、労ってあげて下さい。

最近は、乾燥肌で無臭の男性も増えました。
皮脂も出てないと言うことです。
だから臭わない。

皮脂もあまり出ない男性は、結構な栄養欠損考えたほうがいいです。

こちらも労ってあげて下さい。

皮脂すらだせないですから。

昨日のブログの続きを、今朝のFacebookに書きました、

こちらにも載せておきます。

 

以下、コピペです。

 

昨日ブログに、フェロケルのせいで健康被害が起きて、フェリチン高値のため、ガン疑われ、全身検索されてしまった方の話を書きました。

昨日こちらにリンクできなかったので、後でしておきます。

 

これらの効きもしてないどころか健康被害出しまくりのサプリを買わせた、ろくでもない接骨院は、もう行くのはやめておられますか、また別の接骨院?に通っておられて、そこで、カラダの中に入ったサプリを早く取りだそう、追い出そうと、玄米を勧められて食べてました…。(-ω-;)

 

玄米なんかで、DMT1を占拠しているキレート鉄が出ていてくれたらいいんですけどね、そんなものでは出ません。

 

詳しくは私の本にも玄米のこと書いてますが、玄米の解毒と言いますが、玄米からしたら、なにが毒手でなにが毒じゃないなんて、わかりませんから、なんでも出します。

 

炭もそうですが(そういう医薬品もあります)、栄養成分も出してしまうわけです。

 

そこまでして、玄米や炭を摂るメリットが絶対勝つ!ということは、ほとんどないでしょう。

 

そこまでの解毒もしないし、かなり解毒したら、かなり栄養も出してるわけです。

 

玄米大好きで、どうしても食べたい!という場合は、工夫したら食べてもいいですが、そんなに好きなの?ってことはなく、体にいいんでしょ?だから食べる、と言われるので、体に良くないですよ、となります。

 

ましてこの方は胃腸が悪いので、玄米は完全にアウトです。

 

せっかくお金払って飲んで、今度は出そうとする。

 

そんなサプリ、何の役に立つんでしょうね。

 

フェリチン高値がずっと続いているから(まだ止めて1ケ月半くらい)、ガン疑ってるドクターは、フェロケルのせいでこんなことになってるとはもちろん知らないし、フェロケルのせいと思っていて、ホントに何かあったらダメですから、しばらく毎月そちらも通っておられます。

 

1番の解毒は、
①腸で最初に、ちゃんと仕分けしてもらうこと

②肝臓にちゃんと代謝してもらうこと

③腎臓や他の排泄するシステムがちゃんと作動していること

 

この三つが全部うまく働いていれば、だいたい問題ないんですが、栄養欠損がヒドいと(ヒドくなくても、欠損があると)、うまくいかない。

 

それこそ蓄積した「毒」でじわじわと起こる害に負けてしまいます。

こじれにこじれると、食事が大事とは言っても、申し込まれてそんなもので太刀打ちできないレベルになってしまっていて、胃腸がボロボロ過ぎて、普通の肉食美肌の食事は絶対無理、というかしたらダメ。

 

こじれさせた場合は、胃腸をサポートして、正常に戻せるような医療用の高いサプリまで必要になります。

 

iHerbとか個人輸入のものは、健康被害が起ころうが、それは買った人の全部自己責任です。

 

買わせたのは、そのろくでもない接骨院ですが、最後に買ったのは自分になりますから、自分も責任を負わなきゃいけない。
(こんな接骨院、訴えたらいいとおもいますけど)

 

なにより、健康被害が起こるのは、自分の体ですから、1番困るのは自分です。

個人輸入のサプリを飲んでいる方は、今すぐ止めて、専門の医療機関で検査を受けてください。
大変なことになる前に。

特にガン、慢性炎症性疾患、不妊治療されている方は、フェロケルは絶対にダメですよ。

 

かなり問題になっているキレート鉄ですが、一部の人からは、無知ゆえに、魔法のサプリみたいにあがめられています。

無知は恐ろしいですね。。。

 

患者さんで、いろいろと栄養欠損もひどいのですが、そのせいもあって、いろいろ病気もあって、接骨院やら鍼灸院やら通っておられる方です。

病院に行くのは仕方ないとしても、効いてもいない接骨院や鍼灸院に行くのに忙しすぎて、食事を摂る時間もない、という本末転倒なことにもなっていて。。

 

鍼灸が悪いとは思いませんが、めったにお目にかかれない、素晴らしい先生に出会えたのならともかく(東洋医学では、たしかに神がかり的な先生って、いらっしゃると思います。そんな人はほんとにめったにおられないので、まあそう簡単には出会えないでしょう。それでなければ、食事を犠牲にしてまで通わないといけないのか?と思います。

 

実際、何も効いていないそうなので、効いていないことにそれだけ犠牲を払うのは止めたら?と言いましたが、鍼灸院では栄養が足りなくて自律神経が乱れているから効かない、みたいなことを言われたそうです。

 

じゃあ、したんなよ!と思いますし、自律神経の乱れを鍼灸でなんとかしてやれ、と思いますが、それができないとわかっていて、栄養が足りていないせい、と言うなら、この方がまずすべきことは、栄養開演=オーソモレキュラー療法ではないのでしょうか?

(そう患者さんには言いましたが)

 

さて、この方、通っていた接骨院で、栄養が足りないからと、iHerbのサプリを買うように言われ、もちろんフェロケル®に、B-100、E400 ナイアシン 亜鉛、ホエイプロテインなどを買って飲んでいました。

 

飲み始めてしばらくしてから、ずっと気持ち悪さや腹痛があったようですが、そういうもので仕方ないかと我慢して飲んでいたそうです。

 

そのうち、突発性難聴になり(B-1ooもナイアシンも効いてないやん?!と思いますが、まあ効くわけないから)、そしたら、その接骨院で、栄養がまだ足りないから(足りるわけがなかろう)、もっと増やすようにと、さらに、D+に、ビタミンAと、ほんとにわかって勧めているのかな~と思うような勧め方で、それぞれのサプリを1日結構な量飲んでいて、それだけ飲むだけでもひと月、結構な出費でしょう。

(効いていないどころか、健康被害がすでに出ているというのに)

 

ちなみに、フェロケル®いかれると、小腸の粘膜上皮のDMT1が全部フェロケルのキレート鉄に占拠されますから、亜鉛をはじめとした他のミネラルが吸収されません。

吸収阻害を起こします。

もうそれだけでも、十分な健康被害ですが。。

 

もともと通っていた病院で、たまたま腫瘍マーカーを測定され、それが基準値よりも高く、引っかかりました。

他にもエコーなどあまり侵襲性のないものを検査されて、腫瘍マーカーも完全にアウトなほど高かったわけではないから、しばらくしてまた再検して様子を診ましょうとなったそうです。

 

でも、心配になった患者さんは、他に気になることもあったから(胃腸はずっと悪いわけで)、総合病院の内科を受診し、腫瘍マーカーが高かった話をされました。

 

そしたら、血液検査で、フェリチン、測りますよね。

 

フェリチンが230!

 

これ、普通の病院だったら、危惧する通り、癌を疑われて(そりゃあそうでしょう)、全身検索です。

 

で、もちろん何も見つかっていません。

 

それは今後出てくるのか、そんなことを言いだしたらキリはないし、そのまま放置していいわけではないので、確かに検査は必要でしょう。

 

でも、今回検査されているものの中には、結構侵襲性の高いものもあり、もちろん費用も保険で3割負担と言えども、これだけ検査されたら、無茶苦茶お金かかります。

いらん被爆(CTももちろん撮ってる)もして、また病院行って、あちこち忙しいから、と食事摂れず。

摂れても、ろくなもの食べてませんでした。

 

腫瘍マーカーがちょっと引っかかったくらいで、侵襲性のある検査がんがんするってなかなかないです。

一般的には様子を診て、再検査となることも多いでしょうし、もちろん一番簡単な血液検査はしますから、それでなにか引っかかったら、そこを重点的に調べるでしょうし。もちろん必要な検査もあると思います。

 

でも、フェリチンがここまで高くなかったら、果たしてここまで本当に検査したかな、という疑問に思います。

今までのデータ遡ってかなり診ましたが、まあガンを疑うでしょう、っていうデータでした。

 

その後もフェロケル®はじめ、ほかのサプリも飲み続け、とうとう夜に腹痛で起きて、動けなくなったり、胃のむかつきがずっと続いたり。。。

 

4か月以上だったか飲んで、さすがに中止されてました。

 

飲んでいる最中の血液検査の結果診ましたけど、あれらのサプリの、一体どこがどう効いているんだろう。。という代物でした。

 

その接骨院で断食まで勧められて、でも、ホエイプロテインは飲ませる。

 

断食勧めた理由が、胃腸を休ませるため、と言われたそうで、確かにそうですが、その間のアミノ酸補充、どうするつもりですかね?

断食させておいて、こんな安物のサプリ飲ませて、何が効くわけ?と思います。

 

こんな方に、食事させずにミネラル飲ますだけでも、胃腸の不快感は言われるのに、もっと活性酸素増えるようなことを助長して。。

 

全身検索をした内科では、フェリチン高いから、下がるまで再検査すると言われているそうで。。。

(こんなの全然下がりません。

担当医の先生は、フェロケル®なんて知らないでしょうから、癌だったら、ととても心配は知れおらえるかと思います)

 

この接骨院に、かなり問題が。。。

 

フェリチン高くなって、ちょっと気持ち悪くなったくらいだったら、まだマシなほうで、とうとうガンと間違えられる人が実際に出ました。

 

データの読み取りももできないのに、その接骨院のやつは、こういう事実わかって勧めているんですかね。

(いえ、わかっていないからこそ、こういうご無体なことができる。

ほんと、無知って恐ろしい。。

自分だけにしとけよ。人を巻き込むな。)

 

フェロケル®をはじめとして、胃腸に負担もかかったようで、データは完全に脂肪肝で(iHerb

のB-100もナイアシンも効くわけがないでしょう。そういう風にできていないから)、かなり肝臓に負担もかかっていて、フェリチン230もあっても、全然良質の赤血球も作ってないし、肝臓まともに働いてない。。

血液検査はひどいものでした。(他院でされたものが直近のものでしたから、まあ今の現状と同じと考えます)

 

消化管もボロボロで、ここから抜け出すには、食事も大事ですが、医療用の高品質高吸収で、無添加のさぷりの力が要りますが、iHerbので、えらい目に遭いましたから(こんなのも、すべて自己責任です。だって、個人輸入だから。まあ接骨院に責任取ってもらうかですけど)、サプリは当分怖いから飲みたくないと言われ。。。

 

ちょっとレベルが違いますから、ちゃんとしたサプリ飲まないと、自力で、食事でどうこうなるレベルでは。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のNHKの「ガッテン!」ご覧になりました?

だるさ、スタミナ切れ、乾燥肌。。

体調不良の原因は、鉄欠乏の貧血でした!という特集で、鉄をもっと摂ろう!と鉄のフライパンやお鍋にいれる鉄の塊(鉄たまご、というそうです)の紹介と、鉄分の多い食材の紹介をされてました。

 

ガッテンらしいですよね。

 

血液内科の先生が出てこられて、保険診療での筒剤の話や、カンボジアで鉄たまごを利用して、国民の鉄欠乏性貧血が改善した例を出されてました。

 

世界的に鉄欠乏は問題になっていて、肉食の欧米ですらです。

発展途上国の国ではもっと悲惨です。

糖質を食べられるかどうか、しかもおなかいっぱい、生きていくのに必要なカロリーは摂れるのか、生死がどうかという問題が先で、肉卵魚をたくさん食べるなんて、まだまだ先の話のこともあります。

 

なので、鉄欠乏の程度がひどい。

 

私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」にも鉄のことはたくさん書いていますので、そちらを参考にしていただいたらいいですが、フライパンやほうれん草に入っている鉄は、非ヘム鉄ですから、吸収がとても悪い。

(今日の放送、だいぶ本の内容とかぶってましたね。まあ、当たり前の話ばかりなので、かぶるのも当たり前)

 

特に、胃酸が全然出ていない方(女性に多い)は、ビタミンCを一緒に摂らないと、さらに吸収が落ちます。

 

病院で保険診療で処方されるのも、すべて吸収率の悪い非ヘム鉄です。

 

フライパンや非ヘム鉄の薬でだるさが改善、となると、この前、どんだけ悪かったん?って話です。

 

必要な鉄量は、1日レバー1本分と紹介されてましたが、1日ですよ。

 

女性で毎日レバー食べている人、いませんよね。

1日1本をサボってきたわけですから、じゃあ今仮に40歳だとしたら、

40年間×365日×1本のレバーが、今、いるわけです。

 

1日1本では、今までの栄養欠損の補充はできない。

 

レバー以外では、赤いお肉、魚の内臓や血合いのところに、鉄分が多いわけです。

これらは全部ヘム鉄ですから、ビタミンCがなくても吸収できるし、ダントツにいい。

 

それでこれ一番重要なポイントですが、鉄だけあってもダメなんですよね。

 

鉄を運ぶトラック(タンパク質)もいるし、ビタミンBがないと、赤血球の元になるヘムが作れませんから、鉄だけあってはダメなんです。

 

その点、肉卵魚から摂れば、他の栄養素も入ってくるので、食事で鉄を補充するなら、ぜひ、肉魚卵で!!

 

 

 

 

今朝書いたFacebookのコピペです。

 

「劣化」って、本来人間には使いませんよね。。

でも、ネットの世界で言われ出したのが発端でしょうか。。

 

以下、コピペです。

 

芸能人、特に40代以上の女性が久しぶりにテレビに出てくると、時々(頻繁?)言われるのが、「劣化」という言葉です。

 

「劣化」って、本来人間に使う言葉じゃないですが、それがわざわざ使われるというのは理由があるわけで、「老化」「老けた」ではちょっと違うでしょう。

 

老化は誰でもしますよね。

 

その老化が同い年の人よりも早すぎで、しかも人工的なニオイがする場合に言われてるような気がします。

普通に老けただけの人にはあんまり「劣化」は言わないような気がします。

老けただけでも、格好やメイクが若作りしすぎてると、言われるかもしれませんけど。

 

自然老化は止められません。
生きている以上、人間である以上。

 

他の原因の老化は遅くできます。

 

光老化と病的老化です。

 

光老化は、そのまんま紫外線によるものです。

 

環境やTPOに合わせて、老化を早めたくないところは、紫外線カットする。

 

あくまでも、人に後ろ指さされない程度に。
かぞくや知人から、並んで歩きたくないと言われない程度に。
くれぐれもやりすぎないように。

 

 

もう一つは、これ、1番大事です。

 

病的老化です。

 

これは、栄養欠損です。

 

すべての病気は、栄養欠損がベースにあり、前提条件です。

 

病気の診断か付いていないだけで、私も含めて全員栄養欠損ですが、その程度が人それぞれ違います。

重症であればあるほど、病的老化は早くなります。

 

それが見た目の顔、皮膚、髪の毛に来る人もいれば、消化管関係、女性ホルモン関係に来る人もいます。

 

ハタから見てもわからないだけで。皆さんいろいろあるわけです。

 

SNSブームで、いかに自分は幸せか!ということをウソついてでも見栄を張る世の中になってしまったので、自分以外は誰もこんなことで悩んでないのでは?とよく聞かれますが、皆さん知らないだけで、一見キレイに若く見える人も、いろいろあります。
おもてに出してないだけです。

 

光老化と病的老化を無視して、美容医療の力を借りると、やり方によったら、「劣化」が激しくなる。

 

まずはやはり「肉食美肌」でしょう!

 

普通の「老化」くらいがいいし、その「老化」がほんのちょっと遅くなったら良いな~といつも思います。

さっきFacebookに、バイオリニストの高嶋ちさ子さんのことを書きました。

49歳だそうで、とてもお若く見えます。

お肉大好きだそうで、まあお肌のお手入れは芸能界にいらっしゃる方ですから、なにかとされてはおられると思いますが、とても自然でいい感じ。

もっと年齢は若い方だと思っていたのが、私よりもひとつ上か同い年でびっくりです。

お綺麗ですね~。

そして、すごく面白い!!

笑いになっているところがいい!

パワーがキョーレツですから、ドーパミン出しまくりで、爆発寸前の太陽みたいな、まさにギラギラと元気いっぱいの陽の方ですね。

 

それに引き換え。。

 

患者さんから教えてもらったんですが、とある女性タレントさんが久しぶりにテレビに出てきたら、「劣化」がひどかったから、一度観てみてください、と言われました。

 

で、観ました。

 

まず、芸能人にありがちな痩せすぎ。

おそらく、BMI17ないのではないでしょうか。。16もなかったりして。。ま、そこまでひどくはないかな、16台かな。服着ているとわかんないですよね。

 

腕の細さが、拒食症の患者さんを思い出させます。

 

このタレントさんは、前から思ってましたが、まさに「陰」の人ですね。

まさに対照的。

 

そこまで細いと、顔の脂肪もなくなり、本来シワだらけのはずですが(皮膚が余るし、弛むし)、顔は張っています。。。

う~ん。。。

 

あちゃーでした。。

 

体は服で隠せても顔のコケている感じや骨の形が見えてしまうというのは、ガイコツを連想させますから、ものすごく老けて見えます。

40代~アラフィフ、それ以上で痩せすぎとなると、ほんとに顔は、グリム童話に出てくる魔女のおあばさんそのものになるので、こぞって皆さんいろいろと入れたりされます。

 

そして、同時に、シワ対策として、全部の可能な限りのシワが出ないように顔の動きを止める。。

 

う~ん。。。全部止めてる。。

全部止めるなら、アゴの梅干しジワも止めたらよかったのに。

 

どこにもシワが出ないと、どこかにほんのちょっと出たのがすごく目だったりします。

唯一シワが出たのがそこでした。

 

例えば顔にヒアルロン酸を不自然じゃないくらい入れるというのは、本来とてもいいものだと私は思います。

痩せすぎの方が、オーソモレキュラー療法したからと言って、ふっくらした顔にいきなりなれるわけではないですし、痩せすぎの方は胃腸が悪いことも多いので、脂肪を適度につけて中肉中背にって結構大変です。

 

待っている間に、ほんとのおばあさんになったらなにしてんだかっなりますから、ちょっと美容医療の力を借りて、不自然じゃない程度に、少し入れてあげる。

 

こういのは、ちょっとでも変わりますから、私はいいと思いますし、患者さんにも聴かれたら言っています。

 

ただその際、あまりにも眼窩はが痩せすぎで落ち込んでいると、頬っぺたをいくらふくらませても、やっぱり老けて見えます。

 

欧米人の彫りの深い顔立ちの目のところがくぼんでいるのとは、ちょっと違うんですよね。

 

痩せて、目が落ち込んでいくのは、老化の象徴なので、ちょうどいいところで止まってくれないのが一番困りますよね。

 

このくぼみにヒアルロン酸入れているクリニックも一部ありますが、うちではやりません。

ものすごく危ないから。

下手すると眼球を圧迫しかねないから。

 

で、この女性タレントさん、痩せすぎで、かなり眼窩はくぼんでました。。

 

ほんとに女性が年齢を重ねていくのって、難しいな。。。といつも思います。

 

痩せすぎの方が、いきなり太るというのは無理ですが、オーソモレキュラー療法をやれば体調もは肌質も良くなります。

肌にツヤも出るから、年齢若く見えるようになります。

 

美容医療もいいけど、栄養と食事もね。

 

 

 

般若 昔、シワの治療で使う薬、ボトックスビスタ®を販売しているアラガン社が作った広告宣伝ポスターです。

 

女性が、電車の中で、般若の形相をしながらスマホを見ているという設定。

 

ここまでの女性はなかなか見ませんが、眉間のシワを寄せまくっている女性は、ほぼ毎日、大勢見ます。

むしろ、スマホを見ていない女性で、眉間にしわを寄せていない人を探す方が大変なくらい。

 

皆さんも一度、電車とかで、周りのスマホを見ている女性の眉間や表情見てください。

すっごい険しい人がだらけなので。

 

いつも一体何を見ているんだろう、とそちらのほうが私が気になりますが。。。

 

般若のこの眉毛の上の盛り上がり、わかります?

これは眉毛を中央に寄せる筋肉が使い過ぎで(筋トレですから)、筋肉が肥大して大きくなってしまったわけです。

ここが肥大して大きいほど、それだけ眉間を寄せてきた証拠です。

ますます眉間の力が強くなるから、筋トレが拍車がかかりますね。

 

本当に、般若のお面とは、一番醜く怖い顔をほんとによく表現されていますね。

昨日だったか一昨日か、眉毛の上がボコッと段差ができていて、斜め前で斜め横向きに顔をされていたので、かなりこの筋肉の盛り上がりが見事な段差をもってみることができました。

 

眉毛の上だけでなく、眉間のところも、だんだんになっていて、今までの人生、どんだけ眉間しかめてきたのがわかります。

 

目が悪いと、つい眉間しかめて目を凝らそうとしますから、眉間のシワ寄りやすいですけどね。

(その方はメガネはなかったです。)

 

あそこまでの女性の段差は初めて見たかも。

男性は割と簡単に見つかりますが。

 

女性だけでなく、男性も、できれば、そこまで段差ないほうがいいです。日本人だし。

 

アジア人の中では、顔の凹凸が欧米人ほどにはいかなくても、そこそこ彫りが深い、というのはいいんですが、そこだけドンっ!というのは、しかも眉毛のすぐ上だけ、ちょっと見た目もよろしくない。

なにより、不幸顔です。

 

生まれつきの顔だとしたら、本人のせいではないですが、(生まれつきでそこまで多少はあっても、そこまで発達はしにくというか、その発達は本人の問題かと)、大人になるにつれ徐々にというなら、ちょっと治療したほうがいいです。

 

大人になるにつれ、だと、かなり子供のころよりも人相が悪くなっているかと思います。

眉間のシワは、人生損しますよ。

 

治療方法としては、ボトックスで、眉毛が寄せられないようにして、筋肉を萎えさせていくしかありません。

 

筋肉を萎えさせるところまでいかすには、3か月毎にしばらく打ち続けるか。。

いろいろ副作用もあるので、注意事項も含めて、ちゃんと納得してからしましょうね。

 

 

すみません、またFacebookのコピーです。

はんきょうが多きあったので貼っておきます。

 

 

肌荒れ相談に来られる方はとても多いですが、そういう方の中には、現在進行形で、悪さをシテイル化粧品をまだずーっと使い続けている方って結構おられます。

まず全部止めることです。

潔く。

 

これ!と思うものだけ止めて良くなればそれでいいですが、明らかにこいつ!というのがわかりきってたり、皮フ科で指摘されたとか、それを止めないから、そりゃあ治りませんよね。

 

1個止めて、まだ調子悪かったら、まだ犯人がいるわけです。

共犯かもしれないし、単独犯が複数いるのかもしれないし、冤罪かもしれません。

 

ところが、こじらせると、冤罪?と思われたものですら、その人の肌にとっては、イジワルする人だったりします。

 

凶悪犯じゃないけど、ホントに意地悪してるわけじゃないんだけど、その人は意地悪に感じる。

それくらい、肌が敏感で弱っていて、被害妄想も強いわけです。

こんなことで?!ということにも、過敏に反応する。

 

肌は内臓の映し鏡ですから、同じことが胃腸をはじめとして、全身で起こってるのかも、しれません。

 

肌がなにを攻撃ととるのか、なにを意地悪されたととるのかはわかりませんから、できる限りのあらゆる攻撃を止めてあげない限り、ヒドくなる一方です。

過敏になりすぎている肌を落ちつかせて、根本から変えてしまうために、栄養がいるわけです。

皮膚の表皮(1番外側)の良いところは、全部入れ替えができること。

ただ、ピーリングやってもレーザーやっても、入れ替わった皮膚も不良品ですよ。

同じことの繰り返しですよ。

ちゃんと栄養という材料さえ入れてあげれば、時間はかかる人もいますが、なににも負けない、強く、美しい肌になりますよ。

目指せ!
肉食美肌!

 

あにFacebookのコピペです。

こちらにも載せておきますね。

わかっている医師が、予算のこともあり、非ヘム鉄を一時的に使うということはあるかと思います。

お金を払うのは患者さんですから。

なにかあったら、すぐに止められるように心構えを、医者も患者さんもしておく。

 

ただ、すぐに止めなきゃいけなかったり、自覚症状が出なかったり、出ても気づかなかったり、検査でも見逃していたり、特に保険では詳しい炎症反応の検査はできませんから(高感度CRPだけではダメ。気づいた時には遅いことも)、結構炎症反応が大きくなっていて、突然の悪化や大きな体調不良もあり得ます。。

かなりリスキー。

でもそれだったら、ヘム鉄1粒でもいいから長く続けているほうが早く良くなると思います。

なにより安全。

 

 

以下、コピペです。

 

発達障害のお子さん、大人もそうですが、皆さん、とても腸が悪い。
腸での免疫寛容システムもうまく働いていない可能性も非常に高く、慢性炎症がほんとうに生まれた時から(生まれる前から?)ずっと続いている可能性もあります。

そういう方に、炎症を起こさせるものは、極力さけるというのが、治療での一番のポイントです。

だから、グルテンフリー、カゼインフリーは必須です。
食事がとても大事です。

 

腸が悪いから、よけいに大事な栄養素も吸収できない。

でも、悪いものはどんどん入ってくる。

 

栄養欠損がひどいため、サプリメントでの栄養補充は必ず必要となりますが、一番したらいけないことが、非ヘム鉄、特にキレート鉄を飲ませることです。

 

発達障害の方には、年齢に関わらず、必ずヘム鉄を飲んでください。

 

医師が処方するものも、決して非ヘム鉄、キレート鉄であってはいけない。

 

何かで一時的によくなることがあっても、その後、どんどん悪くなります。

 

キレート鉄で、恐ろしいほどの炎症が起こってくるからです。

 

キレート鉄自体が、生体の恒常性を破壊するもの(薬と同様副作用おこりまくりです)ですから、キレート鉄を出している時点で、オーソレモキュレラ―療法ではありません。

 

全く次元の違うものです。

 

え?!と驚いた方は、溝口先生の「最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門」を買って読んでください。

詳しくそちらに書いてあります。

 

自分がいいと信じているサプリや治療が、患者さんによけいに炎症を起こさせてるって、どう思いますか?

 

医者の無知は、犯罪と同じです。

 

現実を知ろうとしないで、キレート鉄を出し続けるのは、何かの洗脳ですか?

これを読んで、腹立てる前に、勉強したらどうですか?

昨日からのヘアケアの続きです。

Facebookに続きを書いたので、こちらにも載せておきます。

 

ヘナのカラーなら安心と信じてる方、結構多いですが、それを逆手に取る悪徳美容院もあります。

普通のヘアカラーに、ヘナ混ぜただけ、ってやつです。

 

こういうところは、ホームページみたらすぐにわかります。

本当にヘナ100%でやっているところは、そんな儲からないので(時間がかかりすぎるから、座席をひとつ占拠されるし、説明にも時間かけないと、クレームの嵐!みたいになることもあるでしょうから、結構大変だと思います。

 

そういう信念をある程度もっておられる美容院がされていると思います。

 

なので、なんちゃってのふざけているところは、すぐにわかります。

わからない人は、オーソモレキュラー療法、いますぐ始めましょう。

騙されることが減りますよ。

 

さて、以下、コピペです。

 

ヘアケア話の続きです。

 

いつもブログやFacebookでもたびたび書いてることですが、シャンプーの話は昨日ブログにまた、書きましたね。

肌同様、頭も石けんシャンプーとクエン酸リンスとで洗えば良いんですが、ホントの敏感肌用じゃなくても、石けんシャンプーだと、髪の毛染めた場合、色落ちが早くなるのが難点です。
ヘナ100%のだったら良いですけどね。

 

ヘナ100%の家で染めるの持ってますが、まだやったことはありません。
かなり時間を取るので、私の場合、なかなかできない。

 

私は、月1回のヘアマニキュアとたま~にカラートリートメントと、光染毛のヤツを生え際に。

光染毛のはとても便利でおすすめです。
(商品にもよります)

 

簡単に取れれば取れるほど、安全です。

 

光染毛のは、少し理屈が違うので、取れにくいけど安全。
(すごく使い勝手が良いわけでもないし、白髪以外は、染められないです)

 

真っ先に止めるのは、ヘアカラーです!

 

シャンプーもトリートメントも変えないといけませんが、1番毒性の高いヘアカラーをまず、すぐに止めましょう!

 

ジアミンの入った、ヘアカラー

美容院のは全部これです。

 

美容院で、ヘナ100%と書いてない限り、普通のヘアカラーにヘナ混ぜた、というだけの、ニセモノヘナです。

確認もせずに騙される女性とても多いです。

 

 

着物着るから、1回染めました、というのが絶対ダメ!とまでは言いませんが、
(他ので代用できます)
ひどい人だと、毎月やってる人いて、美容院も性悪ですね。お客さんの頭皮のことなんて、無視ですね。

美容師さんから止められたのに、自分で無理言ってやってるなら別ですけど。

 

ヘアカラー頻繁にやって、それで美髪にして、育毛治療して、と言われても、無理です、と言ってます。

畑にまず毒を撒くのを止めないと。

 

オーソモレキュラー療法で月十万円サプリ飲んでも、効きますよ、とはよう言いませんね~。

効いたら、ラッキー。
効いても一時的でしょう。
時間の問題です。

 

これもいつも書いてますが、ちゃんとわかってる美容師さんは、自分にはヘアカラーしませんよ。
結末がどうなるか、イヤと言うほど見てるから
仕事上、表だって言わないだけです。

 

情報格差は広がるばかり。

1 / 3123