プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

  • スクリーンショット (237)
  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719

ホーム > エイジング, スキンケア, 化粧品, 医療, 栄養・食事 > 紫外線恐怖症



#肉食美肌#紫外線カット#全身黒づくめ#日焼け止め

Facebookからのコピペです。

反響が大きかったので、載せておきます。

そのあとに私がコメントした内容も載せておきます。

何事もまずはほどほどに。

 

極めたほうがいいものと、そんなに極めなくても。。というものと。。

 

バランスって、やつなんでしょうか。。

本人が本当に健康で幸せだったら、周りと違っていてもいいと思うんですけどね。。

 

以下、コピペです。

 

日差しが強くなってきて、黒づくめの女性、増えてきましたね…。

 

全体の格好が浮いてなければいいと思いますが、他の人が、えっ?!って振り返って見るとか、凝視するとか、そういうレベルのことは止めておきましょう。

 

皮膚に問題があって医師から、そういう格好するように言われているならともかく、めったにいないし、そこまでしないといけないような人は、よほどのことがない限り昼間出かけない。

もしくは、あまり紫外線カットせずに(めんどくさかったり、暑いから)出かけちゃいます。

 

だいたい瘦せている女性ですね。
ぽっちゃり目とか太っている女性で、そういう黒づくめのギョッとする人を、私は見たことないです。

 

栄養は摂れてなくても、カロリーだけ確保してるだけ、少ない栄養の使い道もの変わってきますから。
脳の働きが変わります。
コレステロールは、とても大事。

 

先日、患者さんが、すごく大きな犬を散歩させているのを見たそうで、黒くて、毛が長くて、なんていう犬なのかな?と言われてました。

 

大きなしろいモップみたいな犬なら、知ってるんですけど~と話してると、その犬連れてる女性が、イスラム教なのか?!というくらいの黒づくめで、
(イスラム教の方ではないそうです。黒づくめでも、服が全然違うと)
患者さんも、そこまで黒づくめの人初めて見たからビックリしたそうです。

 

犬も黒く塗られてたりしてね。

 

黒を着る場合は、涼しげに見せられると、理想ですね。

 

車の運転の時の黒い長い手袋は良いとして、普段街中ではそれほどいらないかと。

アウトドアなら長袖着たらいいし。

 

合う日焼け止めが見つからないと、確かに服で隠すしかないですけど、塗れる日焼け止めが見つからないこともいろいろと問題です。

 

質の良い、自分に合う日焼け止めを見つけることも大事。

 

日焼け止めが塗れる皮膚であることも大事。

 

正直塗り忘れても、体のほうで勝手に処理しておいてくれる体になれたら1番良いですよね。

 

多少の影響は出ますが、日焼け止めだけよりはよほど良い。
皮膚にも体にも。

 

紫外線が怖い と思い出したら、かなりやばいですよ。

今すぐオーソモレキュラー療法をオススメします。

 

コメントで追加しました。

 

人の目を気にしないくらい、紫外線が恐怖なのでしょうね…。

 

人の目が恐怖の場合は、絶対そんな格好はできないんですが、何を気にしすぎるのか、が人によって全然違います。
お風呂場の水滴が許せない!と睡眠時間2、3時間にして、フラフラになりながら毎日毎日拭いてる患者さんがおられました…。ヒドい栄養欠損でした…。

 

もうこうなると、理屈じゃないし、本人もわかっているけど止められない、ともう憑りつかれたみたいになっています。。。ここまで行くとね。。。もうね。。。本人が自分で呪いを解かない限り、無理ですね。。。

カテゴリ:

エイジング, スキンケア, 化粧品, 医療, 栄養・食事