プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

  • スクリーンショット (271)
  • スクリーンショット (237)
  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719

ホーム > スキンケア, 化粧品, 医療 > シミ肝斑でまずすること



シミ肝斑でまずすること

#肉食美肌  #触りすぎ  

 #肌荒れ

 #シミ 

#肝斑 

#赤ら顔 #肌トラブル #塗りすぎ

#重ねすぎ

 

facebookからのコピペです。仕事が終わらなくて、ブログサボりがちです。

 

以下、コピペです。

お肌のトラブル、シミや肝斑、赤ら顔、ニキビ、ニキビ跡、かゆみでもなんでもそうですが、ほとんどの方が顔触りすぎです。

毎度書いてることですが…。

触ってる時間も長い!

顔に何個も何個も化粧品をアレコレ塗るから、トータルで触る時間が長くなりますよね。

しかも意味があるものをそれぞれ違うから、いろいろ重ねてる、というなら気持ちわからんでもないですが、ほぼ全部意味がない…。

下手すると(下手しなくてもほぼ全部)、質が悪いのを、何個も重ねるから、ますますヒドくなる。

触り方も擦ったり、塗り込んだりは押し込んだりと、これでもか!という、ほぼイジメのような触り方で、何個も何個も塗って行かれると、おはだもたまったもんじゃないですよね。

保湿目的で、何個も何個も塗らないと保湿できないって、おかしいと思いませんか?

医療用の保湿剤や医療用専売化粧品、椿オイルなどをつけても、まだ乾燥する!他に要らないことは全部止めたのに、となると(思い違いじゃなくて)、かなりの栄養欠損で、スゴく重症。

まあだいたいなんとかなりますけど。

朝塗って、一日中乾燥しない、なんてのは、これは化粧品のおかげじゃなくて、自分の肌自身が調節してくれてることなので、化粧品は蒸発してなくなったら、足してやるしかないわけです。

ハンドクリームと同じですね。

シンプルに考えて、本当に必要なものだけ足して下さい。

市販のいわゆる美白クリームに、「シミ消す」なんて書いてないわけですから、
(書いていたら違法です)
市販の高機能化粧品と言われるものはいりません。

まして、そんな安い値段で効くわけがないです。
いらん添加物塗るだけです。

本当の高機能化粧品(クリニック専売化粧品とか特殊なもの)は、知る人ぞ知るだったり、クリニック来ないと買えなかったり、副作用があるから肌診てもらって買わないといけないとか、簡単にはいきません。

まあ、私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」そのままの話ですが。

シンプルに変えるだけで、救われる部分って、人によったら結構ありますよ。

止めるだけですから、お金はかからないし、肌良くなるし、良いことづくめです。

カテゴリ:

スキンケア, 化粧品, 医療