プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近投稿した写真

  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719
  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • IMG_20171231_010939

ホーム > エイジング



Facebookにも書きましたが、バカでかいお荷物届きまして、一体なに?!と思ったら、ボトックスを製造販売しているアラガン社からで、私、何頼んだん?!とギョーテンしたら、販促グッズでした。

 

4月8日

 

シワの日です。

 

アラガン社が言うところの、シワの日ですが、私にとっては「シバ」の日でもあり、うちの結婚記念日です。

 

その「シワの日」が近づくと、こうしてアラガン社からシワキャンペーン用の販促グッズが届きます。自動で。

まあ、使うかどうかはクリニックの勝手ですが。

 

ポスターやらパンフレットやら、患者さんにわかりやすいものが増えるのはいいですね。

 

毎回、ポスターなどに使われるコピーが変わりますが、あまり直球というのは良くないらしく(写真とかも)、厚労省からお叱りを受けるそうです。

 

薬の広告が(特にテレビCM)昔よりも規制が減って、製薬会社の薬や治療の宣伝をよく見かけますね。

 

最近のは、薬の名前もわからず、イメージの映像と最後に製薬会社の名前だけ流れて、ふ~ん?みたいな感じのが多いですけど。

視聴者からしたら、よくわからないものもありますよね。

もっとわかりやすくしたらいいのに、と思いますが、それがいかんらしいです。

 

 

昔うつ病の薬を出している製薬会社が、「うつは心の風邪、薬で簡単に治る」みたいな感じのテレビCMを流して、「これは、いかんやろ~」とは思いましたが、うつうつと悩んでおられてそれが病気と思っていない方もいるでしょうし、薬を飲むんだらいいんだ!と気付く方もいるでしょうから(いいか悪いかは別として。。)、まあ、こういう薬があるよと知ってもらうことは大事なんかな~と思っていたら、しばらくして全然観なくなりました。

 

ごっつう、厚労省から注意されたらしいです。

 

「簡単に薬で治る」みたいなイメージを植え付ける、といのが良くなかったそうです。

 

確かに。

 

昔、ニキビの薬のCMで、女性のタレントさんが、「ニキビは皮膚科へ!」というCMがありました。

 

当時だったか、これもテレビでバンバンCM]している、自宅で使う化粧品?でニキビを治すみたいなものが大流行していた時だったか、しかけていた時だったか。。

まあ昔から似たようなものありますけど。。

 

この化粧品が流行った時には、アトピーでしょ?!というくらい、バリア機能の破壊されつくした、真っ赤かのボロボロに皮めくれて、乾燥しまくりの皮膚に、ニキビが出ている、という、なんじゃあそりゃあ?という皮膚の方が結構受診されましたね。

 

既往歴のところにアトピーが書いていないから、アトピーでしょ?と言うと、「違います」と全員言ったものです。

そして、全員が、この化粧品を使っていたという恐ろしい事実。。。

まさに、アトピー製造化粧品です。

(こっちを取り締まってほしいんですけど)

今でも売っていると思います。たまにCM見ますから。

 

いわゆる健康被害ってやつがたくさん出てたり、もちろんエステでのあやしいピーリングや、なんか顔に塗りたくられて、ますますニキビの悪化、バリア機能の破壊と壊滅状態になっている方も結構おられました。

(エステのハーバルピーリング(緑色のやつ)とか、よくフリーペーパー誌に宣伝載ってたでしょ。

ああいうのが載っているのは、決まって、フリーペーパー誌ですよね。

まともな雑誌ではあまり載ってません。。。

 

エステ、ほんとに怪しいとこ多いですからね。。

今は、ピーリング剤が劇薬に指定され、販売するメーカーも薬剤師がいることが必須で、なんかたくさん書類提出して許可もらわないと販売できなくなっているはずです。

それであきらめたメーカーありましたから。

まあ、そのもっと前から、エステできついピーリングはやったらダメなんですけどね。

エステのピーリングで肌トラブルが起こったら、皮膚科で診断書をもらって、迷わず警察に被害届を出しましょう。)

 

で、え~っと、なんだった。。。

 

そうそう、ニキビ!ニキビは皮膚科へ!って話。

ニキビは、尋常性ざ瘡という正式な病名があります。

わざわざクリニックまでいって治療するのか、簡単に市販の薬やエステに行くのかというのは、本人の自由ですが、怪しいものも多く、間違った使い方で余計に肌を荒らす方も多いです。

エステなんて、ほんとはそんな異常のある皮膚触ったらいけないわけですが、触るんだな、これが。

そりゃあ悪化するでしょう。

 

そういう被害者が多いから、「ニキビは皮膚科へ!」というのは、正しい!、と思って観てましたが、これも厚労省からごっつう起こられたとうわさで聞きました。

 

皮膚科に行くように誘導している、だったかな。

 

わかりやすいのは全部NGらしいです。

 

ふん、確かに。

 

でも、それだったら、あやしいエステやあやしい化粧品をもっと取り締まってほしいんですけど、もう多すぎて手が回らないってことです。

(時々、やりすぎのところは捕まってますけど)

 

で、シワの話にやっと戻ります。

 

ほんとは、20,30代の顔の写真と、加工しておばあさんになった時の写真を並べて、コピー作ったらわかりやすいのに、と思いますが、こういうあからさまなことをしてはいけないそうで。。

なんかインパクトにかけるようなコピーも多いです。

厚労省から叱られず、でも、インパクトもあって、わかってもらう、知ってもらう、って、そのポスター、知ってる人じゃないと意味わかんないかも。。というのが例年でした。

 

今年は、モデルさんの10年前の顔が並んだ写真で、

キャッチコピーが、「あの時のワタシ、シワ治療をしてくれてありがとう」でした。

 

お!よくわかる!

まさに、まさに、と思いましたが、これもボトックス知っている方じゃないと、わかりづらいかな。。?

 

そのモデルさんのポスターも来ましたが、一番デカかったのが、このリポンつけたプレゼントのポスター?

 

・・・でかすぎ・・・。

 

置いておいても邪魔なので、壁に貼りました。

IMG_20180312_134719

IMG_20180312_134819 ドアよりも大きい?

結構な場所取んな~、と思っていたら、アラガンの担当の方から、この大きな箱の中に人間が入るそうです。

(入っているような写真を撮るためのものらしい。。インスタ映え?)

 

若い人(20代後半とか30代前半とか)は、あんまりプチ整形や美容医療っていらないと私は思っています。

それよりもスキンケアと食事ですね。

その次です。

 

ところが、ボトックス注射だけは、早くから注射していないと、折りたたみジワが思いっきりついちゃうんですよね~。

年を重ねるごとに、シワが溝のように深くなり、そうこうしているうちに、ボトックスの適応外となり、ヒアルロン酸を毎回したくないのに。。。

 

おでこのシワも目じりのシワも(どの場所でも注射できるわけではないですよ)、30前後なら、気になった時がやり時では?とおもっています。

 

全然気にしてない人が無理やりやる必要はありませんよ。

 

ボトックスに関しては、早いうち(少し出てきたかも?!と気付いた時)から注射して、折りたたみジワが深くならないようにしておく予防ができます。

 

だから、「あの時のワタシ、ありがとう」なんですよね~。

 

私ももうボトックスとっくに切れてるんですけど、やりたいわ。

 

私はおでこを子供の頃からシワが寄るクセがあって(眉毛を上げた時に。私の場合は、髪の毛との境目の辺で特にシワがよります)、このシワ、お猿さんみたいですっごい嫌でした。

 

まあ、前髪で隠せば、なんとかごまかせないこともない。。。

 

ただ、結構おでこって、前髪の隙間からもちらっと見えたりしますから、顔にしわ全然ないのに、おでこシワだらけだったら、え?!となりますよね。

 

やりすぎも良くないし、ほどほど、っていうところで止められたらいいんですけど~。

 

 

 

少し前に、ヒアルロン酸を入れられた患者さんから、よかったです!とメールをいただきました。

本当の良かったです~。

 

私は手術はやりませんが、

いわゆるプチ整形と呼ばれるボトックス注射で、顔のしわを抑えたり、えらを小さくしたり、ふくらはぎを細くしたり、脇汗を止めたりということをやります。

 

もうひとつのプチ整形は、ヒアルロン酸注射です。

(レディエッセ®はもう取り扱いを止めました)

 

プチ整形と聞くと、鼻を少し高くしたり、アゴの形を整えたりと思われがちですが(実際、そういうこともしますが)、シワやたるみの治療にも使います。

引っ張るというか伸ばすというか、部位や元の状態のよって使い方はさまざまです。

 

特に、顔が痩せたりこけたりされている方は、顔だけ太るとかできませんから、手術以外の方法でお手軽にふっくらさせるということができます。

(やりすぎ注意ですが。。)

 

このボリュームアップとか、形を少し整えるもそうですし、ボトックス注射でできることも、スキンケアや光・レーザー治療では、ちょっと無理。。ということも一応簡単にできてしまいます。

(腫れや内出血など、もちろん副作用はありますよ)

 

それぞれの治療に役割分担があるので、得意分野もありますから、患者さんが何をどうしたいのかで、適切なものを選ぶ、というのが一番いいんですが、「顔に注射」というと、そこまでしなくても、とか、なんか怖い、という方もわりといらっしゃいます。

 

まあ、気持ちはわかります。

私も自分の顔にたまに注射するとき、やっぱり刺す前とか(刺してしまえば、まあもうやっちゃうわけですが)ちょっと怖い。。

 

「フンっ!!」と自分を奮い立たせるのに少し時間がかかる日もあります。

なので、先延ばしにしちゃって、もうやばい~!!と慌てて入れる時間を作るか、やっぱり入れておいたらよかった、、とあとで後悔することも。。

(イベントの直前に注射はあまりやりたくないので。万が一ってこともありますから)

 

自分でにるのって、自由が利かないから(鏡見ながら、手は逆手だし、両手が自由に使えないので、かなりメンドクサイ。。針が思うところに入らなかったりすると、え~?!と投げやりになりたくなったりもします。。。

それで急いでてきとう~に入れると、思ってもいないところに入ったりして、あ”==っ!!となるんので、かなり時間が空いていて、精神的余裕がないと、あんまりやりたくない。。。

逃げております。

それくらい、自分の顔にするのはメンドクサイのです。。

自分がもう一人いて、私にやってくれ!と常々思いますね~。

 

患者さんに注射する場合は、両手が使えるので、とてもすっきり晴れ晴れとした気持でできます。

(時間は、焦らないようにそこそこ取ります。次の方が来られるから、もう来られてるから、と焦ってやると、ろくなことが起こらないので、絶対に焦らないように。

慎重に。。)

 

スキンケアもレーザー治療も大好きですが、この注射系もビフォーアフターがはっきりしているので(周りにはばれないけど、自分は満足、というのが、この日本での理想かと思います)、注射し終わった瞬間にもう変わっているので、すぐ確認できるのもうれしいです。

 

どちらかというと女性に多いかと思いますが、ちょっとしたことで化粧した感じもすっぴんも違うとか、ほんのちょっとした差でも良くなると、モチベーションが上がったり、なんか気分が違いますよね~。

 

まして顔ですから、毎朝・毎日・毎晩、鏡を見るたびに、ちょっと陰が消えたとか薄くなったとか、目が少し大きく見えるとか、自分だけがわかるレベルであっても、

(実際、自分以外の他人って、そこまで人の顔見てないし、覚えていません。イメージだけでその人を見ていることが多いです)

その日一日中気分アゲアゲですよね。

 

これはやった人でないとわからないところが難しいところですが、レーザーよりも即効性がわかりやすい。

(すぐにわかるのもありますが)

 

そういうちょっとしたことで、気分が上がるなら、もう治療として全然ありだと思います。

 

注射後によく患者さん方がおっしゃるのは、

「もっと早くやっておいたらよかったー!!」ということです。

 

まあなんでも時がありますから、やりたくなった時がやり時ですわね~。

 

こういう患者さんの嬉しそうな顔を連想できるようなメールをいただきますと、こちらもうれしくなったりします。

(ついでに私もやりたない~と思って、時間を作ろうします。。まだ作れてませんが。。)

キャンペーンの追加です。

ナビジョンDRの育毛剤が、皮膚科学会の薄毛治療のガイドライン(男性型脱毛症に対して)の治療として薦めるにランクが上がったそうです。

学会のガイドラインは、科学的にエビデンス(証拠)が論文で発表されているものを検証して、ランク付けがされています。

なので、論文で発表されていないものは、圏外なわけです。

(なので、育毛サロンに行って、お医者さんごっごみたいなことをしても。。。と思いますが。。

ちゃんとしたエビデンスを診せてもらいましょうね。

ひどいサロンはほんとにひどいので。。。

ほんとにそこまでのお金を払う価値があるものか、ちゃんと考えてくださいね。

そういうサロンの半分以下、あるいは何分の一かの金額で、クリニックだったら発毛したりすることもあります。

使うのは、医薬品ですから、効果が実証されたものが普通かと。

まあ、使い方も医者それぞれですが。。)

 

 

ああ、ついでに言っておきますが、ナビジョンDRは、クリニック専売品でネット販売禁止です。

なので、ネットで購入したら、それは偽物と思ったほうがいいですよ。

さっきネットとちらっとみたら、パッケージ、本物と違うのありましたよ。

売れるものの偽物が出てくるのは、これ、常識です。

まして、ネットの世界ですから。

クリニックに行って診察しないと買えないような商品を、そういうせこい考えで購入しようとするから、いつまでたっても、どんどんひどくなるわけです。

ひどくなる人は、そういう人です。自分で負の連鎖に入っていくわけですから~。

 

ま、そんな人は放っておいて、自業自得なので。

 

さて、本当の医療用の育毛剤ですが、うちではいくつか種類があります。

ナビジョンDRのもありますが、これは医薬部外品で、医薬品ではありません。

医薬部外品のが他のもう1種類と、医薬品が今は3種類です。

 

それぞれ、成分や目的(どうしたいのか、どういう原因に対して使うのか)が違いますから、全塗ってもいいんですが、全部塗るのも買うのも大変です。

 

なので、うちでは診察して、患者さんが薄毛抜け毛育毛と一口に言っても、皆さん気にしているポイントは、微妙に違います。

 

育毛治療は、男性も女性もキリがないと言えばキリがないです。

 

男性の場合は、男性ホルモンからの攻撃をどうするか?というのがメインになりますが、男性全員が薄毛になるわけではないですよね。

男性である以上、男性ホルモンはあるわけで。(多い少ないは確かにありますが。。)

 

女性の場合は、ちょっと複雑で、女性にも男性ホルモンはあるので、男性ホルモンのせいの薄毛というのもあります。

男性よりも女性のほうが、頭皮(もちろん髪の毛も)に、いらんことしすぎて、ダメージを与えすぎて、というのもあります。

(最近、というか結構前から、男性も雑誌の広告の影響されて、頭や髪の毛にいっぱいいらんもの塗りますよね。。)

 

ほんとに男女とも、いらんことしすぎです。。。肌と同じ。。

 

性別関係なく、ヘアケアを正すというか、いらんんこと止めさせるだけで、育毛剤とか薬も使わなくても、髪の毛しっかり生えてきたという方は結構います。

それだけ、ダメージを与えて、毛根弱らせていた、と思うと(いらんもの、止めただけですよ)、今まで使っていたもの、恐ろしいですよね。。。

何入ってんの。。。?って考えるだけで。。。

 

 

育毛治療と言っても、ピンキリで、ヘアケアは基本として、一番簡単なのは、育毛剤ですね、塗ること。

次に、飲むこと。

男女で薬というか飲ませる内容も違ったりしますが、今うちでは、オーソモレキュラー療法で使うサプリ以外は、薬は飲ませないですよね。男性も。

薬は副作用があるから。

あれはあれでいいと思いますが、私は使いたくない。

 

そして一番高いというか、確実というか。。。

薬を直接頭皮の毛根のところに注射します。

これは確かに、効きます(うちでは)。

もひとつ欠点は痛いこと。

ブロック麻酔はしますが、全範囲に効いているわけでじゃない。

 

 

 

オーソモレキュラー療法をやる前からやっていて、欠点は、というか、私は、何回で効きますよ、とは絶対言わないです。

薬を作っているメーカー推奨の治療間隔というのがありますが、そんなペースでやっていたら、お金かかって仕方ないので、うち独自の間隔(というか、患者さんさえ良ければ、いくらでも空けます。最低これだけ空けてください、ということはあっても、どこまでやるのかは患者さん次第です)

 

結構ひどい方(道ですれ違ったら、思わず見てしまうくらい、え?!可哀想、というレベルと言いますか、誰が見ても薄毛、抜け毛ひどい、というレベルの方)でも、続けてやっていくと、生えてきます。

(そこまでひどい人じゃないと、直接注射はあまり薦めていません。

ひどくない方のほうがやったりします。やらなくてもいいのに。。と思いますが、効果や副作用理解した上でやりたいなら、自己責任でやるかどうかです。

 

医学ってスゴイな、と思う瞬間です。

ありえないっ!というくらい、2週間で毛がわさ=っとなった方がいて、え?!とこっちが驚く、みたいな。

(ちょっとした悪循環だったんでしょうけど)

 

ただ、どこまで持つのか、ということです。

やっている間だけ、刺激したから、ということもあるでしょうし、しばらくしたら、また全部抜けちゃって、元に戻った、ということもあるでしょう。

 

問題は、維持することが一番大事。

 

そのために、塗り薬があったり、処置を定期的にしたりということが一般的に必要となります。

 

前まではそんな感じでしたが、今は、オーソモレキュラー療法をやっていますから、あまり注射のは薦めていません。

すっごくひどい方はやってもいいですが、予算の問題がありますから、オーソモレキュラー療法もやって、注射もして、となると、かなりの金額に。。

 

最初のステージを上げるために、ボン!と1~数回やるくらいなら、いいかなと思います。

オーソモレキュラー療法であとを維持してもらう。

 

特に女性で、周りがぎょっとするくらいの薄毛だったら、やはり早くなんとかしたほうが良いと思うので。。。

(実際は、やる必要のない方が、他の治療(オーソモレキュラー療法や外用)には一切目もくれず、注射やりたい!やりたい!になることも。。。

肌と同じで他力本願なのか、もう思いこんでいるのか。。

やってもちろんダメではないですけどね。。。)

 

実際の薬との相性もあるでしょうし、人によって違いますが、ある程度のレベルまであげるなら、医療はやっぱりすごいな、と思います。

 

 

患者さんによって、薄毛のタイプも(性別含む)、予算も、目標も違うわけですから、のんびりいきたい方は、自分のペースでしたらいいです。

長い人生ですから。

 

気にしている人の中で、ぎょっとされるレベルなら、できれば急いだほうがいいです。

 

オーソモレキュラー療法を始めるまでは、この辺で頭打ちかな。。もうどうしようもないのかな。。

この人の本当の年齢から行ったら、頭皮の薄毛具合は本来この辺なのでは?と思います。

 

元を超えることもあるでしょうし、元は絶対に超えないこともあるでしょうし。。

 

オーソモレキュラー療法を始めて、ほんとに薬を使うことが減りました。

もともと注射みたいな痛い治療好きじゃないし、毛が生えても維持は必ずしないといけないので。そこそこ適応があって、したい人がいるならどうぞ、メリットデメリット承知の上でなら、という感じです。

 

もう取り扱い止めてもいいんでしょうけど、ほんとにひどい方、たま=に来られるので。

 

そうそう、それでキャンペーンの追加の話。

薄毛・育毛相談を受けられた方は、ナビジョンDRの育毛剤を10%オフにてご提供します。

サンプルプレゼントだけじゃなくて。

初めてのものって、お試ししてもちょっと心配だったりしますよね。

もうちょっと気軽に試したいとか。

 

 

 

 

 

 

先日の「人付き合いと食事」が結構反響が大きかったようです。

 

先日にも少し触れましたが、男性が、自分の元気な子どもを産んでもらおうと思ったら、痩せすぎの糖質三昧の女性は選ばないほうが。。ということを書きました。

(ちゃんと内容の前後を読んでくださいね。抜きだしたものだけ読まない!前後の脈絡というものがあってこその文章です。

http://www.aiko-hifuka-clinic.net/2018/03/%e4%ba%ba%e4%bb%98%e3%81%8d%e5%90%88%e3%81%84%e3%81%a8%e9%a3%9f%e4%ba%8b.html

 

逆に、女性も、自分の元気な子どもが欲しい!と思うなら、痩せすぎの糖質三昧の男性は止めたほうがいいかも。。となります。

 

痩せすぎ、太りすぎも、なんでも過ぎたるは猶及ばざるが如しですが、

糖質も摂っているけど、肉魚卵も野菜も食べている(なんでもたくさん食べて、運動量が少なかったら、普通太りますわな)、というので太りすぎの男女は、栄養も入ってきているので、糖質三昧の痩せすぎよりはかなりマシです。

少なくとも、カロリーは確保されているわけだし。

(生きていく上で、カロリー確保は最優先事項かと)

 

で、今回は男性の精子の話です。

 

痩せすぎの男性、特に昔から、子供の時から太れない、おなが弱い・悪い、痩せている、と言う方は、ピロリ調べるようにと散々言っておりますが(詳しくは、ブログ内やFacebook内で検索をかけてください)、もちろんピロリだけではなく、おなか(特に腸)も診ないといけません。

 

必ずしも内視鏡をしたり、保険の通ってない、自費でもかなり特殊で高額な検査をするだけが「診る」ではないです。

問診やお食事日記だけでもかなりのことがわかったりします。

 

男性の場合、食事も大事ですが、お酒ですね。アルコール。

(女性もあてはまる方はたくさんいらっしゃるかもしれませんが)

 

私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」でも書いているように、亜鉛というのは、とても大事で、実はむちゃくちゃ必要です。

 

保険診療だけでは、マスクを外した本当の亜鉛の値は採血してもなかなかわかりづらいと思いますが。。

 

 

亜鉛が足りないと、一番困るのは、細胞分裂です。

分裂ができないので、増殖ができません。増えないんです。増やすことができないです。

 

皮膚や腸管の粘膜は、本来めまぐるしい速さで生まれ変わるものですから、なので、少々の刺激を受けてもすぐに新しくすればすむ話です。

 

それが亜鉛がないとできません。

 

増えにくくなる。増えない。

程度の差こそあれ、ようはそういうことです。

 

精子って、すごい数ですよね。

だんだけ細胞分裂してんねん、って感じですが、とても亜鉛が必要です。

 

ところが、今妊娠を希望されている男性の年代は、仕事に疲れ、ひどい時は家庭にも疲れ。。。

 

ストレスが多いと、尿に亜鉛とかミネラルって排泄されたりします。

 

今の若い子は減っているかもしれませんが、お酒は亜鉛をものすご=く消費させます。

もちろん、ビタミンBも。

 

昔に比べたたら、糖質量が増えているのは男性も女性もだと思いますが、糖質をいきなり、もしくは大量、もしくは両方だと、血糖値は乱高下して、インスリンも大量に使うことになり、インスリンは亜鉛がないと作れませんから、亜鉛のない方はいいインスリンが作れません。

 

質の悪いインスリン→血糖値が下がらない・下がりにくい→インスリンが大量に必要→亜鉛が大量に必要→亜鉛が足りない→いいインスリンが作れない、

と一周でも何周でもします。

 

インスリンを大量に使うことは、亜鉛もそれだけ大量に消費されるということで、それだけたくさんの亜鉛が必要となります。

 

ところが、この亜鉛は、食事では結構摂りづらく、今は牡蛎の季節だからいいですかが、牡蠣がなくなると、肉や魚には含まれていますが、牡蠣には勝てません。

かといって、毎日も冬でも食べられないし、夏なんて、岩ガキ食べられたらいいですけど、普通流通もしてないし、と結構大変です。

大量にも食べられないし。。

 

加工食品ってやつは、本来食材の材料に入っていた亜鉛も微量ですから、調理の過程で失活します。

なので、ほぼ加工食品からは亜鉛が摂れません。

 

加工食品ばっかり食べているし、お店に入っても、加工食品が多いとか何が入っているかわかりませんから、ある程度高くていいお店なら亜鉛がほんとに多少取れますが、安いところだと期待しないほうが。。。

 

まとめると、アルコールと糖質をたくさん摂っている男性の精子は、数少ないのでは?ということです。

 

また、これも本に書きましたが、アルコールと糖質は、ビタミンBを消費します。

ビタミンB群がないと、すべての細胞はエネルギーを作ることができず、全然動けません。

 

男性にとって、これから妊娠を考えているなら、とりあえず亜鉛とビタミンB群はとても大事なわけです。

 

糖質三昧に、アルコールも大量や頻繁となると、精子の動きは悪いわ、数は少ないわ、ってことにもなりかねないので、妊娠に向かない、と言えてしまいます。

 

皆が皆精子ダメになっているわけではありませんから、他にもいろいろあると思いますが、もし簡単にチェックしたくて、何人か候補がいて?迷っているから、ひとつの目安です。

 

妊娠したいなら、精子、元気なほうがいい!

 

でも、男性も疲れ切っていますよね。。

そのせいで、栄養が減りに減りまくって、精子の数が減ったり、動きが悪くなったりしている可能性も大きい。

 

原因が、栄養だけ、ということも多々あるようです。

 

なので、不妊で悩んでおられる男性がいたら、まずアルコール減らすのと、糖質三昧・糖質中心を止めて、肉魚卵はもちろん、良い油も大豆も野菜も食べればいいわけです。

 

不安のある方や急いでいる方は、オーソモレキュラー療法を始めるのを勧めます。

 

糖質三昧の食事を変えることは、精子云々に関わらず、ご本人の体にとってもいいことですから

(糖質制限だけやんないように)、早速なにか始めてほしいです。

 

と、これだけ書いても、食事放ったらかしで、またやっすい市販の亜鉛やビタミンb群のを飲むのはあまり勧めません。。。

 

亜鉛などのミネラルは、単独で高濃度入れすぎると、他の吸収阻害があこり、余計に体調が悪くなります。

市販の(ネット含む)ビタミンB群は、そんなもので、エネルギーが作れたらいいのですけど。。。

 

とりあえず、まず食事ですね!

 

 

 

 

 

#眉間のシワ #縦ジワ #険しい顔 #不機嫌な顔  #高級化粧品

今日の帰りの地下鉄の中で、ちょうど向かいの女性が、思いっきり眉間にしわを寄せて、スマホを見てました。

まあ、日常よくある風景ですね。。

 

自分では気づいていないだけで、かなりの確率で眉間にしわを寄せてスマホしている人、多いです。

 

男性もほんとは眉間にしわを寄せないほうがいいとは思いますが、まあ時と場合によりありでしょう。

 

女性は、困った顔はできないといけないと思いますが、眉間の縦ジワは、寄らなくてもいいかなと個人的には思っています。

(真ん中だけ寄らなければ、眉間は狭くならないし、でも眉毛の外側が動いて中央に多少寄るので、それで十分かと思います。)

 

女性ではあまりおられませんが、眉間にしわを寄せる筋肉が毎日の筋トレの成果もあって、すっごく筋肉が太くなっている方がいます。

 

男性でも、ゴリラのように、眉毛とおでこのところ、段差の激しい方、いるでしょう。

あの膨らみは、眉毛を動かす筋肉です。

 

その膨らみがうまくいけば、ちょっと彫りの深い顔に見えなくもない。。。

そううまくいけばいいんですが。。

 

たまにそういう、うまいこといっている方見ますけど、あれは、もともとちょっと彫りが深いところに、筋肉の膨らみがのった、というだけでしょうね。

その膨らみがなくても、その方は、彫りが深いのでしょう。

 

日本人でも(というかアジア人)でも、欧米人ほどじゃないけど、彫り深めというか、凹凸の比較的はっきりした方、いらっしゃいますからね。

 

で、その地下鉄の女性、眉毛のところ膨らんでました。

 

あまりいい膨らみじゃない。。

 

顔というのは、作り云々よりも、実は、雰囲気なんですよね。全体の調和と醸し出す雰囲気というか性格がにじんでくるというか。

 

もともとの作りがそのまま出るのって、うんと若い時だけかな。

 

でも、子供でも、顔の作りはそうでもないのに、憎たらしい顔って、わかります?

嫌な表情が沁みついちゃっているというか。。

大概の子供は、まだ無邪気さとか素直さが勝つので、せいぜい生意気で大人ぶっちゃって、くらいでしょうけど、たまにもういや~な雰囲気全開の子っています。

 

表情って、もう毎日365日24時間ですから、子供もころからそれだったら、中学、高校、その後、大人になって、同じような表情が繰り返されていくと、その人の顔できちゃうんだな=。

 

顔の筋肉って、全部つながってたりしますから、同じ方向にばっかり引っ張っていたら、そっちばっかり筋トレしているようなもので、その方向にますます力が入るようになって、どんどん表情が固定されてしまいます。

 

他の表情をあまりしないと、他の筋肉萎縮しちゃって、ほんとに表情の変わらない人って、いますね。

ボトックスもしていないのに。

(こういう場合、あまりいい表情で固定されていない。。。口角下がってるとか眉間のシワ深いとか。。不平不満顔。。そんな顔で固定されるくらい、ずっと文句を言っているってことです)

 

よく笑う方は、笑いジワが、もう20代からバンバン出ます。

さすがにそんだけ使っていると、シワも20代30代で十分見えてきます。(折りたたんだ跡が残る)

 

笑いジワは別名幸せジワとも言われますから、シワは嫌い、という方もいますが、顔の表情をとてもやわらかくしてくれます。

 

なので接客業の方などは、他のシワはボトックス注射で止めても、笑いジワはそのまんま残している方も結構いらっしゃいます。

(私のお勧めは、ちょっと抑える。特に、下側だけ。抑えすぎないこと。

上に上がるシワは残す。目じりんとこ。

 

若くても顔の筋肉を動かせば必ずシワがその一瞬は出ます。

ただ、残らないだけです。

 

最近はテレビ観てても、無茶苦茶若い子間で全部シワを止めていたりするので、時々、若い子の顔がわからなくなる時があります。

 

アラフォー・アラフィフは、やりすぎオンパレードの女優さんタレントさん、増えましたよね。。

 

やりすぎの方の顔のアップは、私、ちょっと耐えられません。。。人工的過ぎて。。。

 

それがすっごく綺麗、というならまだしも、不自然さが際立って、もうまさに魔女にしか見えない年齢不詳。。

 

テレビに出ているっていうことが、受け入れられているってことですかね。。。?

いいのか、これで?!と思う時とが増えました。。

 

そうなる前からのファンは、どう思ってんのかな。。といつも思います。

昔に戻ってほしいと思っているのか、どんな姿になっても一生ファンです、と思っているのか。。

 

 

やりすぎの人見るたびに、かなり栄養足りないんだな~と思ってみてますけど。。。

 

話を戻します。

 

で、地下鉄の縦ジワ女性、高い化粧品(いわゆる、お高い高機能高級化粧品)の紙袋、しかも結構でかいの、持ってたんです。

今日買って中身が入っているのか、袋を使いまわしているのか知りませんが。。

 

こちらの化粧品、高い割に、なんじゃあこりゃあ?!というので、有名でございます。。。知る人ぞ知る。。

ぼったくりでございますわな。。

 

あ=、なんか恥ずかしいな。。と見てて思いました。

 

その化粧品にかけた総合計で、眉間のシワ治療できるかもしれないのに。。

そっちのほうがよっぽどいいのに。。

 

で、ちなみに、その方のお肌はあまりきれいではありませんでした。。。

 

うん、悲しいけどそれが現実だね。

 

綺麗になるには、まだまだ足りない~っ!!と、そこに結構なお金を落とすんだろうな~、と思いつつ、帰っていかれました。

 

悲しい情報格差ですね。。

 

年が行けば行くほど、いわゆる「綺麗」のままで、というのは、とても難しく限界がありますが、20代30代は、結構簡単だったりします。

よほど変なことしてない限り。

 

ちょっと注射するだけで、雰囲気が全然変わっちゃう。

 

なので、若い子がそういうのに頼りたがる気持ちもわからんでもないですが、う~ん。。ほどほどにね。

 

そういうのしてもいいけど、スキンケアと食事もね。

 

若い頃は、そうそう変なことやっても、さすがに若さで勝っちゃったりもします。

(勝てない人は、かなり栄養状態が悪いか、スキンケア=皮膚への最大の攻撃になっているか、両方かでしょう)

 

それよりは、笑いジワ以外の、特に眉間の縦ジワが、寄らないように日々過ごしてほしいです。

 

 

眉毛の膨らみは、場所にもよりますが、根気よくやれば、ちょっとマシになります。

ほぼ完全に消えることもありますが、完全に消すと元の顔とも違いすぎることもあるあし、難しとkろですね。。

 

ボトックスは、目的と、何をどうしたいのか、具体的に話を聴いてもらえるところでやりましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

前にも書きましたが、自分の顔を鏡で見たり、テレビでいろんな年齢の女性・男性の顔を見ていてよく思うのが、やっぱり凹凸ってないほうが、若く見えるな~ということです。

 

法令線、ゴルゴライン(頬っぺたの真ん中に入るハの字の形の凹み)、目の下のくぼみやふくらみ、フェイスラインのもたつき(特に口回り)。。

 

あと、あまり皆さん気づいていませんが、コメカミのところの凹みですね。。

頬骨の外側。頬がこけていると言われるところ。

 

痩せている方は、20代でもこの辺の凹み(というか、骨の形)が出る。

 

骨(ガイコツの形わかりますか?)の上に、筋肉と脂肪と皮膚がのっかいてるわけですが、痩せすぎの方は、皮膚も筋肉もペラペラに薄く、最大の若さの象徴である脂肪があまりない。。。

 

そうなると、たとえ20代であっても老けて見えたり、疲れているように見えたり、元気そうに見えなかったり。。

 

どの部位もそうですが、誰にでも出てきます。

多少早く出るか遅く出るか。。

まあ、遅いに越したことないんですが。。

 

 

実はそれ以外に、結構早くから出てくるのが、おでこの凹凸です。

 

やはり眉毛が動くというのが、ネックというかポイントです。

 

眉間をしかめるのも、眉毛を上に上げるのも、眉毛周りの筋肉がメインに動くんですが、顔の筋肉って、全部つながっていますから、周りの筋肉も一緒に動いたり、動きが悪いところの代償的な動きのために発達したりと、独立しているものではないんですよね。

 

 

オードリーヘップバーンさんが、片方の眉毛だけ高々と上げている写真、覚えていらっしゃいますか?

 

あれ、写真の時がまだとても若いからいいんですよね~。

 

実は私も若い時から眉毛を片方上げるクセがありまして。。

高校生の時に気付いたのは覚えています。

中学の時はどうだったかな。。。

 

あと、眉毛もすっごい太くて、バブルの時、太っい眉毛流行りましたよね。あれ、地毛で十分いけてお釣りが来るくらいでした。

大学生のころから眉毛抜いたり、剃ったりして、多分、最初の半分くらいの細さにまでしたかもしれません。。。

 

それから何年かしたときに、片方だけ上げるほうの眉毛の上に、ボコッと凹みがあって、眉毛の上を剃りすぎて、もともとの眉毛の位置がおかしくなってる!!もっと下を剃らなきゃダメだったんだ!と焦ったのを覚えているくらい、当時20代前半でしたが、もう眉毛の上が少し凹んでました。

(今度は、眉毛の下ばっかり剃って、目と眉毛の間がどんどん空いていくと、間延びしたような顔にならないか?!と気付いたのと、片方の上げる眉毛にばかりかまっていて、気付いたら左右形や太さが違うようになっていて、もう触らないでおこう。。。と反省したのが大学生最後の年くらい。。。

(医学部は6年間大学に通います。

ちなみに、眉毛を剃るのは、やはり上はあまり剃らずに下側を剃ったほうがいいです。

眉毛のすぐ上のところに、神経があるので、その神経の位置を確認するのに眉毛がとても大事だったりします。

まあ眉毛が仮になくても、動かせばある程度わかりますが、確認されなかって、そのままもし手術とかになると、ミスされやすいかもしれませんしね。。)

 

実際は、眉毛の位置も多少おかしい(剃り方がおかしい)とは思いますが、

ようは眉毛を上に上げ過ぎていて、眉毛を上に上げる筋肉を筋トレしているわけです。

どんどん筋トレの成果が出て、その筋肉がでっかくなるので、ますます力も強くなって、すぐにまた上げちゃうし、でっかくなった分、外からみたら膨らみが見えるし、今度年いってくれば、年数がたてばたつほど筋肉は太くなるし、それを隠してくれる脂肪や皮膚が薄くなってくるから、余計に目立ってくるわけです。

 

これが嫌で、昔は何回かその部分にボトックス注射をしましたが、そこにしっかり打つと、眉毛が下がります。

眉毛が下がったら、上まぶたも下がります。。

もっと上まぶたに左右差が出るわけです。

 

でもそうやって筋トレを止めないと、ますます筋肉がでかくなっちゃうしジレンマで、その部分だけマイクロボトックスしたりもしましたが、すぐに切れるし、物足りないと思って少し増やすと、まぶた落ちやすいし。。とちょっと厄介な場所です。

 

そして、眉毛を上に上げる方は、おでこの筋肉を使っているのがほとんどで、必ずおでこに横ジワができます。

アコーディオンカーテンをたたむみたいなもんです。

 

 

で、これまた私も眉毛を上げて、おでこにしわがよるクセがありまして、これは多分、小学生高学年くらいか中学生早々には気づいていました。

 

なんかサルみたいで嫌だ。。と前髪で隠していましたから。

 

20代の若い子でも、お肌乾燥肌だと、眉毛を上に上げるクセがあると、やはりおでこに小じわが残っていきます。。

鏡餅のひび割れみたいなイメージで、後から保湿剤塗っても、もとにどんどん戻らなくなっていて、小じわが定着してしまうわけです。

だって、また毎日続くわけですから、アコーディオンカーテンをたたませるようなことが。

 

で、これも年行けば行くほど、折りたたむ回数は増え、筋トレはず~っとしてきているわけですから、その筋肉の太さがまたもろに出ます。

おでこの小じわとともにはっきりしてきます。

 

スキンケアと食事栄養とでの予防がとても大事ですが、予防始めたからと言って、おでこや眉間のシワや凹みがなくなるわけではないんですよね~。

 

筋トレの力を弱くさせたり、なくしたりすることはとても大事ですが、顔の表情筋だけは、まあ止められません。。自然なものです。

 

そこで登場するのがボトックスやヒアルロン酸注入などの美容医療で言うところ。、

 

注射する時間もなかなか取れなかったので、おでこ・眉間周りの凹凸が結構目立っていると自分では思っています。

 

さすがに私もそろそろやらなきゃな~と焦ってきました。

 

顔の凹凸は、年を重ねてくると多少仕方ないですが、ごまかせるならごまかしたいですよね。

なので、ヒアルロン酸などの注入剤を入れて、アラフォー以上の女性(アラフォー以下も?)が顔をアンパンマンにしたがるわけですが。。。

 

中途半端に入れると、凹凸残りますからね。

それが左右差あって、修整しているうちに結構トータルたくさん入ったとか、そういうことはあります。

減ってきても、追加しなければいいだけだったりするので、皆がアンパンマンになるわけではないです。

アンパンマンも維持するのに、結構入れ続けないととね。。量もいるし、時間も必要です。

私は、アンパンマンは勧めませんが。。。

 

多少もの足りない。。というところで、止めておくのと、肌が少しでも綺麗に見えると、自分の肌のためのレク板みたいになって、その分若く見えますよ。

 

肌も若さの象徴です。、

 

 

 

 

 

今朝のFacebookのコピペです。

反響が大きかったので、こちらにもコピペしておきます。

 

やっぱり妊娠は、若い方のほうが圧倒的にいろんな意味で有利ですね。。

妊娠希望の患者さん方の栄養解析結果、皆一見同じようにひどいですが、20代とアラフォーでもひどさの程度が違ったり、まだまだ隠れていることがたくさんあるような。。マスクされていることを差し引きしても、それだけではないような。。

 

やはり20年ほど余分に生きている分の使った栄養分も大きいのか。。

 

若い方の場合、器質的な異常がなければ、ちょっと頑張れば、わりと皆さんすぐ妊娠されている印象です。

 

オーソモレキュラー療法をされている期間が短くても、患者さんが食事めいっぱいとサプリをそこそこ飲んだだけで、普通の女性よりも栄養満点になりますから、妊娠する許可が神様からすぐに出てます。

 

こちらが、え?!もう?!ほんとに大丈夫なんっ?!と、私一人焦ることもありますが、許可が出て妊娠したということは、今この状態で維持できるという自然の摂理の判断なんだ、と思っています。

 

(万が一のことがあっても、すぐに妊娠できたということは、妊孕力は出てきたわけで、万が一のことが起こっても、そういう方は回復も早く(ほんとに早くしたい場合は、ちょっと頑張ってもらわないといけませんが。。結構な出血量なので、うつっぽくなったり、当たり前ですが気落ちが激しくなるので、前向きというほうが無理な話ですが、栄養が少し足りていると前向きになれるのが普通よりも早い気がします)、次の妊娠に備えてもっと栄養を蓄えれば、今度は無事維持できるはずだと信じています)

 

その後、維持してもらわないと困るので、妊娠がゴールではなく、妊娠中の母体と赤ちゃんの安全と健康、無事出産することと、授乳も子育てもスムーズにいくことがゴールなので(子育てに終わりはありませんけど)、妊娠して終わり!と一気にモチベーションが下がらないように、元に戻らないように、頑張れ!頑張れ!と叱咤激励しながら、ひやひやドキドキしている毎日です。

 

妊娠したい女性の常識として、オーソモレキュラー療法が当たり前になる時代が早く来ればいいなと思います。

後から苦労しなくても済むかもしれないから。

もっともっと広めていかないといけませんよね。

頑張ります!!

 

さて、以下、コピペです。

 

昨日の「ホンマでっか?」で、女性の体についてやってましたね。

 

番組の中で、高齢出産のほうが長生きとか、子供の知能が上がるとか、言われてました。

 

ご飯作りながらだったので、一部分聴き取れないところもあったんですが、長生きに関しては、池田先生がその理由を推測しておっしゃってたのが聴き取れませんでした。

 

ただ、元の論文だかのデータが、20代のグループと30代のグループとの比較と聞こえたような…。
30代は、高齢出産じゃねーよ、とツッコんだのは、この話だったかな~と思います。

 

あと、澤口先生が、母親も父親も年齢いってるほうが、年とっただけ経験抱負だから、子供の知能がいい、とおっしゃっていて、女性は30代後半から40代、男性は50代がいい、と。

 

いつもなら、その論文とか言われるのに、この時言われなかったんですよね。
カットされてるのかもしれませんが、テレビなので。
そんな論文あるのか?!と思いましたけど…。
あったら、母集団の詳細が必要でしょう。
(データを取るのに、選ぶ人たちにバイアスがかかってるのでは?)

 

これから妊娠しようと思っている方が、昨日の話聞いて、

高齢のほうがいいんだって!もう妊娠しようと思ったけど先延ばしにしよう!

なんて思った人はいないと思いますが…。

 

念のため言っておくと、妊娠出産は、生物学的に早ければ早いほうがいいです。もちろん男性も。
(14歳がいいと言ってるわけではないですよ)

 

で、長生きしたって、健康で元気じゃないと意味ないわけで、施設で寝たきり、ボケて何もわからない長生きでは、意味が全然違いますよね。

 

若いと、人生経験が少ないのはどうしようもないですが、年とったから賢くなるわけでも、正しい情報が勝手に入ってくるわけでもありません。
自分で勉強しないと。

 

子供の知能を決めるのは、IQに特化するのであれば、妊娠中の母親がどれだけ栄養摂ったかで、IQに歴然とした差が出た有名な論文がかなり昔にもう出てますから、産んでからの教育環境も大事ですが、実は産む前から、もう始まっているわけです。

 

ホントに、女性が(男性も)どれだけ栄養が摂れるか、摂ってきたかが大事なのは、医学的ながら事実です。

今もう20代ではない方も、栄養ガンガン摂って、体内年齢を若くすれば、可能なこともたくさん出てきます。

とりあえず、ツベコベ言う前に、肉魚卵をしっかり食え~ッ!という話です。

 

 

 

 

 

今回は、人によったら3連休でしょうか。

私も2連休です。

 

こういう連休前に、美容医療、その中でもやはり注射系をされる方が多いですが、私もやりかった。。。

でも、土曜日、仕事終わったら、さっさと帰りました。。

もうおなかも空いて。。。(オーソプロテイン飲んだだけ)

それに体調も悪いというか、のどがカラカラで。。

まあ、しゃべりすぎなんですけど。。。

 

子供のころから、特に冬、乾燥の季節や季節の変わり目は、のどの粘膜にいきなり、なにかがピッ!とついて、いきなり咳が始まる。。。

ずっとのど飴舐めたり、水飲んだり、一旦咳が出だすと、その何かが出ていかない限り、排泄しようとひどい咳が続く。。

もう特に冬はドキドキでした。。いつ出るかがわからないから。

 

オーソモレキュラー療法始めて、kろえは栄養失調によるものと知り、のどの粘液が全然足りなくて(水分摂取も大事ですが)、その分の栄養足して、この咳とは無縁になってました。

 

ところが、去年の秋か12月くらいからだったか、その分のサプリ飲んでいても、咳が少しで出したので、足りないのか~と1個増やして、それでもまた咳が少し出たから、また1個増やして、ともうこれ以上増やせないよ~(皮膚が黄色くなってきたから。柑皮症ってやつです)、そんなにどこで使っているのかな~、と思っていたら、この数日、また咳が出だして、おいおい、と思っていたら、金曜、土曜日とひどかった。

 

まるで、昔にぶり返したみたいに、突然、ピッ!とつくのがわかります。

怒涛の咳が止むと、まるで何事もなかったかのように。。

 

もうほんとに、摂っている栄養、どこ行ってんだ?!と体の中入って聞きたいくらい。。。

どっかでいっぱい使っているか、吸収が悪いか、両方かなんですが。。

 

 

まあ、しゃべりすぎで、のどからからですね。。のどが砂漠みたいになっているのがとてもよくわかります。

 

 

芸人さんとか歌手の方とか、大変ですね~。ほんとに。

さんまさんとかスゴイですね。しゃべりっぱなし。。。ほんと、尊敬ですわ~。

 

 

自分の顔に、レーザー当てたり、注射したりって、かなりめんどくさいんですわ。。

オーソモレキュラー療法始めて、良かったことと悪かったことに、レーザーとかあまりしなくても、まあまだしなくてもいいか、と前よりも効果がもつので、先延ばしにしてしまっていて、いいことなんですが、どんどん先延ばしになって、気付いたら、おいおい!となっていることが困りますかね。。

 

オーソモレキュラー療法始めて、前よりもそういうことをする時間が減ったというのもあるかもしれません。

 

 

この間の水曜日、家で片付けしたり掃除したりしていて、ほんとに日焼け止めだけ塗って、スッピンで、ほんとにどうでもいい恰好で近所のスーパーに買い物に行きました。

 

なんか前からオバサンがこっちに向かってくるな~と思ったら、鏡に映った自分だった!という、この衝撃。。。

 

緊張感がない、っていうのは、いけませんね~。

一気に老けて見えますね=。いや、老けてるのか。。。

 

もう何か月もなにもやってないしな~。

 

ほんとにそろそろやらないといけません。

 

 

土曜日仕事終わって、平日よりも時間もあるし、連休ですから、ここでやらんと!と思いましたが、もうしんどいし、家でゆっくりして、のどもこれ以上悪化させたら困りますから、帰ってきちゃいました。。

 

 

肌は、普段のいらんことはなにもしていないスキンケアと栄養とで、年齢の割にはなんとかなっていると思いますが、たるみというか、顔の凹凸ですよね~。

これは、年齢が出ます。。。

化粧で隠せません。。。

 

そういう意味では、もうちょっと普段からなんかメンテしておかないといけませんよね。

 

だって、いきなりイケメンから食事に誘われるとか(笑)、いきなり写真や映像を撮られる取材が入るとかになったら、困りますよね~。

 

レーザーはよくても、注射はね~、私はイベントの直前にはやらない主義です。

万が一、内出血や腫れが出たら、元も子もないから。

万が一であっても、どんなに確率が低くても、患者さんにも自分にも、おススメしていません。

患者さんで、慣れている方が、コンシーラーで隠すし、もうほんとにかまわないからやってくれ!とまで言う方には、まあやることもありますが、おススメはしませんよ~とは言います。

 

なんとか時間見つけて、そろそろやらないとね=。

 

 

早いですね~。もう2月ですね。

2月3日で、旧年が終わり、2月4日から本当の新年ですから、1月にイヤなことがあった方も、4日から仕切り直しですよ~。

 

さて、2月のキャンペーンです。

 

毎年恒例となりました、化粧品全商品10%オフです。

処置していなくても、どんな診察での来院であっても、化粧品だけ買いに来られても、10%オフです。

処置している方だけ、とか以前は条件をつけていましたが、処置をさせるための釣り、みたいになっても嫌なので、うちの患者さん全員平等に、10%オフです。

(全く初めての方が、化粧品だけ購入することはできません。

ただの純石けん1個160円(税込み)であっても、診察カウンセリングを受けた方でないと、お売りしません。

化粧品は、ものも大事ですが、使い方を間違えば、元も子もないからです。

肌の触り方が悪いせいで、台無しにしている方、多数。。。触り方が悪いのに化粧品のせいにしますからね。

あと、栄養が足りなさすぎであれば、どんなに優しいと言われている化粧品であっても塗れないこともあります。

そういうチェックも含めて、必ず診察をしている方でないと、売りません。

ただ欲しいだけなら、ドラッグストアやスーパーに行ってください。自己責任です。

「いつも使っているから」「使ったことがあるから」というのも一切ダメです。自己責任で、他で購入してください。

何度も言いますが、肌の触り方、根本的なスキンケアの正しい知識がなにより大切で、化粧品を売っているのではなく、あくまでも化粧品は、ただの付随したものです。)

 

で、この機会に試してみたかった化粧品はどうぞお試しください。

やはり2週間は試さないと、本当にどうか、というのはわかりません。

2週間試そうと思ったら、本品を買わないとテスターだけでは全然足りない。。。

(お試しサイズでミニがあるのもありますが、2週間はもたないかな。。)

 

そして、もうスギ花粉の季節ですね。

資生堂の研究で、スギ花粉自体が、アレルギーでなくても皮膚を攻撃して炎症を起こさせる、ということがわかっています。

なので、スギ花粉の季節、肌荒れする方がとても多いことに合点がいきました。

ずっと花粉の皮膚のアレルギー症状だったり、乾燥しているので、バリア機能低下して異物混入による炎症だと思ってました。

 

この季節は、レーザーで予約してても当日赤みなどの炎症があり、光。レーザーをそこ部分は避けたり、大半避けることになって、同じ料金でももったいなかったり、完全に中止になることも。。。

(事前に、肌に異常はないか確認の電話をしているんですが、その電話の後に異常があった場合も連絡するように言っているんですが、言わない方がたまにいます。赤みなど自覚しているのに。。

こういう場合で、中止になると全額キャンセル料をいただきます。

(ちなみに、こういう黙ってる方は、「これくらいはいけると思った=」と何度も同じことをします。

一度キャンセル料をもらうと、次からはさすがにしません。)

処置までにちゃんとの連絡をいただくと、他の肌荒れ用の処置に変えたり、診察に切り替えて、処置できるならやりましょう、と時間帯も変えたりと対処できるわけですが、連絡しないと、対処の仕様がありませんから、避けるか止めるか、どちらかです。

 

話を戻します。

 

で、この季節、顔は特に炎症を起こしやすいので、皆さん大好きイオン導入の無料追加のキャンペーンです。

無料というのもあって、人気のキャンペーンですね。

処置でお肌も綺麗になって、イオン導入であっても、少しベースを上げてくれますから、足すことはとてもいいことです。肌が綺麗に早くなったほうが私も嬉しいです。

 

キャンペーンのイオン導入は、ご予約の内容を伝える時に、必ず一緒に伝えてください。

何をしたいのかで、予約の押さえる時間が変わります。

予約の内容を聞いて、必ず、「○○と●●のみでよろしいですね?」と確認して、時間枠を計算して取っているわけですが、取った後から、「キャンペーンのイオン導入つけてください」と言われても、その分の時間は取っていませんから、下手すると予約取り直しです。その時間はアウトなことも。

日にちが全然合わなくなることもあります。

お互い2度手間ですよね。

 

必ず、予約内容の確認時にお伝えください。最後ではなくて。

 

処置されている方には、化粧品のサンプルプレゼントも今回あります。

(金額に関わらず)

ちょっとお試しになるのにいいですよね。

本品買う前に。

 

トゥルースカルプには、AC BODYとオーソプロテイン®(1食置き換え食)をおつけします。

寒い、代謝の落ちる季節ですから、少しでも代謝を上げていただこうということです。

(AC BODYは設定が大事です。うちの場合は、途中で抜けることもありますが、まあほとんど付いていますから(設定を随時調整していくため。ほぼずっとついているクリニックなんて、うちくらいでしょう~)、その間に、ダイエットや体調のお話をしたり、食事や肌の話をしています。

ただの雑談になっていることも多いですが。。。)

 

そして、肌荒れ相談、スキンケア相談の方に、敏感肌用化粧品のサンプルプレゼントと、イオン導入のプレゼントです。

イオン導入は、その分の時間が余分にいりますから、これも予約の時に先に伝えていただかないと、絶対に無理!という予約状況もありますから。

(初診の方だと、今は勧めません、ということもあります。再診の方は前回とそう大きく肌の状態が変わっていなければ(悪化していなければ)、枠は押さえますので、ほぼできると思いますが)

希望をお聴きしたからと言って、絶対にできるわけではないですが、なるべくできるように配慮はしております。

(絶対じゃないですよ。無料のものに過大な期待は止めてくださいね。してもらえたら、ラッキー💗くらいに思っておいてください)

 

 

あと、ヘアケア相談(育毛・発毛・薄毛)の方に追加です。

ヘアケア相談された方には、ナビジョンDRのスカルプエッセンスをサンプル(ミニボトル)をおひとつ差し上げます。

ヘアケア用のサンプルって、ほとんどないんですよね。

スカルプエッセンスは、そういう意味では貴重です。

薄毛育毛は、基本オーソモレキュラー療法ですが、なかなか髪の毛まで栄養回ってこないので、いきなりふさふさになるわけではありません。

少しでも頭皮に、毛根に栄養が行くように、少しでも早く良くなるために、予算のある方には、塗り薬などの外用剤との併用をおススメしています。

(もちろん、ヘアケアは、スキンケア同様必要です)

ちょっとなんかいい気がする。。。というくらいの効果は、栄養との相乗効果もあって出てきます。

あと、塗っていると、ちょっと安心。。みたいな感じ。

塗るにはメンドクサイ方は塗らなくてOKです。栄養摂っていれば。

皮膚に関しては、外から足す、ということができますから、経皮吸収ですね~、やっぱり外用は便利です、使い様によっては。

(効率よくなるように、外用剤を選ぶ、ヘアケア頑張る、というのがポイントです。)

 

ナビジョンの新しいTAバリアシリーズへの切り替えにつき、残っているサンプルなどもプレゼントで、なくしてしまおうかと。

整理整頓、新しいのと前のがあったらややこしいので。

TAWシリーズのクリームが少しだけ残っています。こちらは、在庫限り、約20%オフです。

(エビーゼの日焼け止め以外の化粧品も商品切り替えのため、お値引きです。気になる方は、一度どうぞ。)

 

寒い冬を乗り切っていける手助けができたらいいですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、おでこと眉間のシワが気になる。という方が受診されました。

 

気になることをお聴きしているだけで、普通だったらボトックス注射です。

患者さんもボトックスが気になると言われてました。

まあ普通は第一選択です。

 

ところが、この方、なんとか眼瞼下垂までは行っていないんですが、瞼を開けると、もうず=っとおでこの筋肉が緊張状態で、力を抜くことができません。

もうそれだけ無意識に、力が入りまくっています。

 

そのせいで、おでこも眉毛の上のところも筋肉の膨らみができてしまっていて、緩めることもできません。。

 

たとえ眼瞼下垂がなくても、ここまでの緊張状態の方に、おでこのボトックスをすると、瞼が開かない、まぶたが被って人相が変わった、おでこが重い、などなどクレームの嵐になりますから、もしボトックスをおでこに打ったら、こういう状態になりますよ、と簡単にシュミレーションをするんですが、この状態はかなり嫌でしょう~?とお示しします。

 

ここまでひどくない方の場合、今回の方もそうですが、1か月くらいは結構重くて人相も変わったけど、その後が良かったからまたやってほしい!という方、ごくごく稀におられますが、普通は皆さん嫌がられます。

 

なので、かなり副作用というかもう合併症ですが、かなりしっかり目に言って、私個人としては勧めていない話もします。

その上で、どうしてもやってみたい、のなら。。という感じです。

 

やっても大丈夫な時もあれば、ダメな時もあります。

やってみないと、どこまでが嫌でどこまでOKなのかも、体験しないとわかりません。

それでもいい、という方はひとつの選択肢です。

 

 

おでこのシワはもうちょっとなんとかしたいけど、家人に言うのは言いたくない。。。

 

こういう場合、マイクロボトックス併用したり、追加したり(料金はうちは同じです)もしますが、それでも大丈夫という保証はなく、早く切れますしね、値段との兼ね合いから言っても、これも積極的には勧めていません(こういう方の場合)。

 

眉間のシワは、もう眉間を寄せなくても、うっすらとシワが入ってしまっていて、こうなるとボトックスだけではすみません。

 

しかもおでこの筋肉が絶えず緊張状態で力入ってますから、これで眉間だけボトックス打ったら、必ずおでこの筋肉が上に引っ張り上げようとしていますから、眉毛が完全なスポック眉というか、への字に思いっきりなります。

キリッとしていいのかもしれませんが(欧米人はこういう眉毛の形好きらしいです)、日本人はこういうのはあまり好まれません。。

 

眉毛の形は、2週間ほどして症状固定に入ったら、無料で(適応のあるものに限り)追加修正はしていますが、こういう方の場合は、できればさけたい。

 

ボトックス以外の治療方法もお伝えして、結局他の施術を受けられましたが、もっと早く気になっておられたら、ここまで「適応なし」にはならなかったでしょうに。。

 

本来ならボトックスのいい適応となるはずが、いろいろあって、自分で邪魔をしてしまう、邪魔すればするほど、ますます、おでこを使わざるを得ない。。

ひどい悪循環です。。

 

本来は、もっとも適応のあるとされるボトックスがここまでくると、むしろやってはいけないかも、と真逆になってしまう。。

 

皮膚が折りたたたまれて、どんどん深い溝になってしまうし。。

 

年行けば行くほど、現状にも拍車がかかるので、難しいことがあります。。

 

顔の表情の豊かな方で、おでこや眉間、目じりなどの折りたたみジワのひどい方はできれば早くに初めて置いたら?と常々思います。

 

 

ボトックスは、症状にもよりますけど、20代後半だったらもうやってもいいとは思っています。

やるかどうかは別にして。

やったほうがいい人もいる、という話。

 

1 / 712345...Last »