プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

  • スクリーンショット (271)
  • スクリーンショット (237)
  • 8月講演会
  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719

ホーム > エイジング



イベント前に、いろいろと美容医療をされる方が多いし、お勧めという話を書きましたが、例えば、明日にイベントを控えていて、いきなり初めてだけど注射してほしい、という方が、ごくたまにおられます。

 

医学的に適応があれば、やってダメではないですが。。。

 

私は個人的には勧めていません。。。

患者さんにもそう言います。

 

 

注射は、顔に直に打ちますから、内出血のリスクはどんなに気を付けてもゼロにはなりません。

人間の皮膚は、どこを切っても必ず出血します。

細い血管は、縦横微塵にはりめぐされています。

針を抜いて、すぐに血が出ても、もちろん止めますし、出血していないのを確認もします。

もちろん血が出ていないことがほとんどですが、後から奥でジワリジワリと出血していて、翌日、翌々日に内出血斑が出ることもゼロではありません。

 

確率の問題と言っても、確率が非常に低いと言っても、ゼロではないし、内出血の起こった方からすれば、100%の確率で出てしまったわけです。

 

ヒアルロン酸と言っても、自分のものではないわけですから、いきなり注射で入ってきて、体もびっくりです。

多少腫れることもあります。

 

「腫れる」と言っても、あったとして、翌日翌々日見た時に、「あれ、ちょっと減った?」と思うくらいでで、そんなプーっと腫れるわけではありませんし、それで困ることは普通ないですが、そこは人間の体ですから、その反応が強く出る方も中にはいるかもしれません。

 

何回かやって、普通の反応で困ることはなかったとわかっている方や、内出血出ても、コンシーラーでなんとかするし、それよりも入れてほしいとリスクをわかった上でされる分にはかまいませんが、全く初めてで、「プチ整形ってどうなの。。?大丈夫なの。。?もし内出血や腫れが出たらどうしよう。。」と思っている方がイベント直前にやって、もしほんとに出たら?

 

イベント当日までに落ち着けばいいですが、落ち着かなかった場合、その日、イベントの間中、ずっとブルーですよね?

気分も乗らないし、せっかくのイベントが心から楽しめない。。。

 

「コンシーラーで隠れたかな。。?ばれないかな? 変じゃないかな?」

 

ドキドキして過ごす、というのは、精神衛生上もとても良くない。。

 

「やっぱりやらなきゃよかった。。。」となっちゃいますよね。

 

そういう意味で、直前は、私は勧めていません。

やるかどうかは、患者さん次第ですが。。

(それでも初めてだけどやりたいという方は、されればいいです)

 

ヒアルロン酸などの注入系は、最低1週間、できれば2週間以上前に終わらせておいたほうが一番なじんで自然な感じになるかと思っていますが、少し入れるだけであれば、1週間でもいいと思います。

 

ただ、ひどい内出血が出てしまった場合は、1週間で消えないことがありますから、あらかじめわかっている、かなり先のイベントであれば、2週間よりも3~4週間前に終わらせておくのが一番無難。

特に、心配症の方には。

 

ボトックスも同様で、ボトックスの効果が目で見えるのに2,3日かかります。

1週間くらいで効果のピークというか、やや効きすぎ?その後落ち着いて、2週間で症状固定です。

 

ボトックス慣れている方は、1週間前でもやったらいいですが、慣れていない方は、2週間以上空けたほうがいいかと思います。

 

イベントの大事さにもよりますけどね。

 

私も自分に注射するのは、自分が中心のイベントの場合は、1週間切ったら我慢します。

どんなにやりたくても。

万が一、ということもありますから。

自分中心じゃない時は、その時の気分というか、気になり具合と、程度によりますね~。

 

年末年始にそこまでの予定がなく、のんびり過ごすという方が、こういう機会に、と初めてチャレンジされることが多いです。

お盆前とか。ゴールデンウィーク前とかも。

 

昔勤めていた美容クリニックで、「明日お見合いだから」と鼻のプチ整形を希望された方がいて、美容医療甘く考えすぎ。。と思いましたし、個人的には勧めませんけど、という話をして、その後されたかどうかは忘れてしまいましたが。。。

 

まあ、副作用は出ませんとか、内出血は絶対に出ない、という医者もいるようで。。

それでひどい内出血が出たと言って、うちに来られた方もいました。

内出血出るかもと知っていたら、その日にはやらなかった、などなど。。

(患者さんからの一方的な話なので、本当かどうかはわかりませんが、あそこはそう言うだろうな、というところも実際多々あります)

そういうお金欲しさにひどい医者もいてもおかしくないので、自分で欲をかきすぎないように、うまい話には裏があると思っておかないと。

内出血も腫れも困ったことは何も起こらなくてラッキーくらいに思って、されたほうがいいです。

 

後悔先に立たず。

もうクリスマスですね。

年末年始は、なにかとイベントが多い季節で、しかも華やか系が多いかと思います。

いつもよりかなりオシャレにお金もかけて気合いも入る機会が多いと思いますが、普段忙しい分、スキンケアも食事もまだそこまで行っていない。。。

(スキンケアと食事でなんとかするというのは、やはり時間がかかりますから。。)

 

こういう時こそ、やはり美容医療、現代の医学とお金の力を借りてなんとかする、ということが向いています。なんとかしたい方には。

 

もちろん、そういうこともするのに、同時に、スキンケアと食事栄養も良くしておかないと、せっかくお金をかけた美容医療も、一瞬で効果がなくなります。。。

毒に、侵襲度の高いもの(副作用合併症の大きなもの)は、効果が出るどころか、副作用のほうが大きすぎてわからなかった、お金はすべて無駄になった、ということも。。。

 

そこまでデメリットが目立たなくても、せっかく払ったお金ですから、効果はもってほしいですよね。

なので、そのイベントのためのた他力本願であったとしても、そのスキンケアと食事を頑張れば、結構いい感じが持続します。老化も遅くなりますからね。

 

イベント直前に、侵襲度の高いことをやっている時間はありません。

間に合いません。

そこらへんは、悪徳クリニックに騙されないように。

自分に欲があると、「簡単にキレイになれる」「副作用もない」「安い!」

などなどの欲です。

こういう欲があると、必ず付け込まれます。

なんでもそうですが、世の中、そんなうまい話はありません。

 

効果がほんとうにあるなら、「お金がかかる」「時間がかかる」「副作用合併症は覚悟する我慢する」

なにかが犠牲にならないとおかしい。

 

目標の高さによって、その方からしたら、こんなに副作用もないのに、こんなに効果が出たなんて!!魔法観たい!!と大変喜ばしいこともありますが、こういう方は、あまり欲深くない方です。

 

美容医療に過大な期待は、実は禁物です。

 

じゃあ、効かない、ってわけでもなく、やはりそこは科学の結晶ですから、人間の自力では改善できないことがいろいろとできたりはします。

 

あと、ここもちょっとな~、ていうところの改善ですね。

 

特に時間がない時は、「さりげなく」改善、というのが私は一番おすすめです。

あくまでもやりすぎない。

 

そういうことがわかっている医者にやってもらうことと、なにより患者さん自身が、それで満足することです。

ここも欲をかけばろくなことがないです。

 

テレビを観てても、おそらく60代の女性タレントさんが、フェイスリフトばバリバリで、顔のどこにもシワたるみもなく、笑っていようが怒っていようが、ほんとにどこにもシワが出ない。。

気持ち悪いったら、ありゃしない。

もうああなると、魔物ですよね。

 

子供でも表情動いたら、その瞬間くらい、シワ出るっちゅーっねんっ!!

(目をギューっとつぶるとか、眉間にしわ寄せたら、子供でも出マスよ。シワが残らないだけです。

どうして残らないかというと、皮膚がまだみっちりしっかりしているのと、シワを作って皮膚を折り畳んでいる時間がまだ短いからです。

なので、顔ヨガとか顔筋体操とかで、顔を動かせば動かすほど、シワができます。

しわが嫌な方は、こういう体操はやらないことです。)

 

もうちょっと、シワ残したらいいのに。。と思いますが、そこは好みの問題ですよね。

誰に迷惑かけているわけでなし。。

 

でも、本人は。これが綺麗で、この若い私を見て!!と思っているわけですよね?

(思っていないかもしれませんが)

影で、周りから「気持ち悪い」「やりすぎ」「ああはなりたくない」「羨ましくない」と思われているとは思っていない。

老眼で、細かいところが見えなくなっているのかもしれません。

 

こういう女性の場合、周りから羨ましがられる美しさというのが、一番望んでいるのでは?と思うんでが、違いますかね~。

 

それには客観性が必要だと思いますが、この客観性を欠いてしまうと、非常に残念な結果に。。。

 

栄養状態が悪いと、この客観性がなくなり、一度思いこんだら、もう止められない。わかっちゃいるけど、止められない。。。

 

うちはもともと美容医療中心にやっていますから、昔を振り返ってみると、「そんな小さいことが気になりますか?」という客観性に欠けている患者さんがとても多かったです。

今ももちろんいらっしゃいますが、今は、オーソモレキュラー療法の併用を勧めますから、そんな小さなことが気にならなくなる。

全体に綺麗になっていきますしね。

 

たとえば、顔中シミだらけなのに、その中の1個のホクロが気になるとか。。。

その1個のホクロを取ったところで、見た目はなにも変わりません。。

気になるなら、取ったらいいですが、顔全体の濃い斑点を薄くすることを考えては?と思います。

そしたら、化粧ノリも違ってきますし。

 

この毛穴が気になる。

ここにシミがある

このイボが。赤みが。

 

ものによっては、どれですか?!一体どこにあるんですか?!と何度も確認したり、ダーマスコピー(50倍で見るマイクロスコープ。拡大鏡みたいなものです)使って確認とか。。

 

いや、レーザーの副作用のほうが大きいから、ということも。。。

 

栄養足りてないな。。。と思いますが、こればっかりは患者さんがそこに気づいてもらえないと、治療はできません。。食事言ったところで、実践はされませんからね。。

 

美容医療も、皮膚を扱う科ですから、オーソモレキュラー療法との相性はとてもいいです。

だって、中からの本当の若返りですから。

 

日焼け止めを塗りたくない方の場合は、完全ではありませんが、体のほうで紫外線の影響で出る活性酸素をやっつける方法もあります。

実際、塗れない方もいますからね。

 

話がそれましてね。

 

スキンケアと栄養両方頑張っている方の場合は、美容医療は他力本願にはなりませんから、イベント前には、おススメです。

 

 

 

 

最近、かなり年上の女優さんやタレントさんの「年の重ね方」の秘訣、みたいな番組多いですか?

きのせい。。?

 

推定60代、70代、80代以上の女性で、芸能人で素敵だなと思う方は、

吉永小百合さん、八千草薫さん、草笛光子さん、風吹ジュンさん、他にもきっといますが、名前が出てこなかったりで、今追いついたのは、これくらい。

 

生き方がカッコいいな、とか、そういうのであれば、倍賞美津子さんもカッコよく手素敵だと思いますが、もう少しシワ押さえてもいいんじゃないかなと思うのは、私の勝手な個人的嗜好ってやつです。

 

こういう役柄の女優さんが必要だから、こういう方も必要、というのはありますが「憧れ」「あんな風になりたい」となると、かなり嗜好が分かれますよね。

 

やっぱり表情がある程度自然な方がいいな。

適度にはシワやたるみもあるけど、同い年から比べたら、確かに若い。

ある意味、いい意味での年齢不詳。

(美魔女ではなく。)

 

これが女性では、なんか難しそうですね。。。

 

いい感じのオバサンになった、品のいい、昔は美人だったんだろうなというオバサンになった、などなど、私も含め素人の落としどころは多々ありますが、これも結構難しい。。。

 

女性の場合、幸せ度(お金とかではなく、精神的にどうか)が、そのまま顔に出ることが多いような。。

 

ぽわ~んとしたやわらかい雰囲気を醸し出している女性というのは、私にはできないので、とてもとても憧れます。

 

この前、テレビの歌番組で、福山雅治さんの話書きましたね。

その後で、女性シンガーの方(妙齢でした)見て、シワもたるみもほとんどないんですが、全然羨ましくなかった。

むしろ、痛いまではいかないけど、頑張っちゃっている感が出てる。。

 

テレビのCMで、「ウーノ」でしたっけ?

男性の髪の毛のワックスのCMかと思うんですが、竹野内豊さんと窪田正孝さん出てるのありますよね。

私は、お二人ともファンで好きですが、あのCM観てると、男性はシワがあって、大人のほうがいいよな~、窪田君、子供みたいでまだまだだな~と思ってしまいました。

(ちなみに窪田君の演技は大好きで、この子がした「デスノート」、ドラマはまりましてね(昔の映画の時ははまらなかった)、ブログ書きながら、ドラマ流しっぱなしになっていたんですが、窪田君の演技がすごくて、「なんや?!この子?!何?誰?!」とはまりました。挙句の果てに、「デスノート」のマンガ大人買いして(原作、むちゃくちゃ面白いですよ!!一気読みして、寝不足大変でした。。)、それでも飽き足らず、藤原竜也さんと松山ケンイチさんの時の映画、もう一度全部見直して、というくらい、はまった)

 

そんなに窪田君のことは好きなのに(ちょっと痩せすぎですね。ピロリ調べたほうがいいのにな~と思ってしまいます。ピロリほんとにいなかったら、腸調べたほうがいい)、竹野内豊さんのほうが素敵と思ってしまうなんて。

 

男性のシワでも、あまりいいしわでないのもあります。

男性も女性も全体の雰囲気ですよね。顔の作りなんて、やろうと思えば手術をすればいいだけで、手術する勇気があるかないかの違いです。

目が2つあって、鼻と口がひとつあったら、皆同じです。そうたいした差はない。好みの問題。

でも、表情や雰囲気って、その人でないと、その人の歩んできた人生で、どう表現されるかが変わりますよね。

これは、美容外科では出せないんです~。

 

竹野内豊さんのシワがいいしわなのと、そういうCMですから、まんまとそれに私がはまっただけで、皆さんの演技力に脱帽です。皆さんそう演じておられるわけですから。

 

ところが、これと同じことを女性バージョンでやると、きっと大人の女性が、40~50代で選ばれ、窪田君役を20代前半の子がやることになるかと。

 

これはね、もう想像しなくても、そりゃ20代前半のほうがいいに決まっています。(見た目ね)

 

40~50代の女性の美しさというのはありますが、横に、20代や10代は持ってこないほうがいいです。

そりゃあ若い娘さんと並ぶもんじゃない。

私も嫌ですね=。すぐに年齢がわかるどころか強調されます。

 

若さって、素晴らしいことがとてもよくわかります。

 

逆に、大人の女性は、あまり群れずに一人で凛としているほうが断然かっこいいと思ってしまいます。

(比べるものではない、という意味で。ひとつの作品に十分なると思います)

 

さっきもテレビ少し観てて思いました。

 

女性がうまく年を重ねるっていうのは、感動ものかもしれませんね。。。

 

すみません、またしてもFacebookのコピペです。

今日は時間が取れるかと思ったら、取れませんでした。

 

反響が大きかったので、Facebook見てない方のために。

ま、テレビや雑誌、もちろんネットも含めて、芸能人がお勧めしているのものは、ステマも多い。

ステマじゃなくても、純粋に好きで勧めておられる場合もあると思いますが、ほんとにろくなものじゃないことも多い。。

へえ~?!(いい意味でも悪い意味でも)と思って見るのはありですが、そのまま乗っかったら、自分がバカを見る。

服やバッグや靴などはまあ流行りでいいと思いますが、体の中に入れたり(飲む食べる)、塗るものは、もうちょっと考えてほしいな~。

 

以下こぴぺです。

 

昨日テレビで女性タレントさんの日常生活?みたいなのをやってました。
ロサンゼルス在中?途中からだったし、最後まで観てませんが、ちょうどロスのオーガニックのコールドプレスジュース屋さんでした。

 

もうあーあー(-_-;)という感じで、店員さんが「効果」を言うんですね~。
ウソつけ!っていう感じですけど、まあそのハーブやスパイス自体の持っている成分としては、効果まではいきませんが、ウソ、とまではいかなくても、そのジュースでそんなんなるかという代物ですが、タレントさんは大興奮!

 

オーガニックと聞くたびに目を輝かせて…。

 

「美味しいーッ!」と仰ってましたが、そこまで美味しいのは、はちみつか砂糖(じゃなくても、「オーガニック」の血糖値上げる甘味)が入っているんだと思いますけど…。

 

成分見ないとんかりませんが、ほとんどそうですよ。
でないと、マズすぎとか、苦いとか、飲めませんから…。

売れないから、大量に「オーガニック」の甘味をぶっ込む訳です。

 

ジュースですからね、一気に血糖値上がります。
そのあと一気に下がります。
インスリンも拮抗ホルモンも大変なことになります。
こうして、体は壊されていくと…。

 

オーガニックでさえあれば、ビーガンであろうが、砂糖三昧であろうが、中身は気にしない…。

 

きてますねー。

 

そこまでオーガニックにこだわるくせに、成分見もしないんですよね~。

 

まあテレビなので、ステマとかなら、持ち上げないといけませんし、そういう場合は、あおるから、タレントさん自身とは関係ないこともあります。
お仕事ですから。

 

そのあと、オーガニックのビーガン料理食べてました。
山盛りの葉っぱの上に、多分豆らしきものがたくさんのってた。
キヌアとか雑穀もあるのかもしれません。

 

ヤギや牛じゃないんだから…。( ̄。 ̄;)

 

私の本やブログにも書いてますが、野菜ジュースもコールドプレスジュースも完全にNGですよ。
どうしても飲みたいときは、お菓子と同じ扱いで、「体には良くないもの」と認識して飲む。

 

それなら、飲み方に多少工夫できたり、成分くらい少しは見るでしょう。

 

ホントに糖代謝を含めボロボロになります。

 

なんで成分すら見ずに、オーガニックというだけで飛びつくかな~というのは、なにも考えていないのと、流行ってるというだけで飛びつくからです。
「流行り」=「正義」みたいな…。

 

で、そういうことを発信する芸能人の情報にそのまま乗っかってしまうと…。

 

芸能人の方は、仕事が特殊過ぎて、栄養欠損かなりひどい方多いと思います。
ただ気力が一般人と違うから、なんとかなっているだけかもしれません。

 

誰かが仕掛けている情報に、気づかずに飛びついてる方も多いでしょう。
栄養足りないと、そういうのに流されがち…。

 

アメリカって極端ですね~。

添加物人工物三昧の歴史があっての反動もあるんでしょうけど…。

いろんな人種や文化、食習慣がありますから、多様性には飛んでて良いんですが、また食料事情が日本とは違うというのもあるでしょうし。

「若返り」「疲れにくい(パワーなんとかと書いてあるとか)」と書いてあって、平気でホルモン剤入ってることもありますから、お気をつけください

Facebookに今朝書きました。

昨日のブログの続きです。

以下、コピペ。

 

昨日ブログに、シワを抑えるボトックス注射の話を書きました。

 

ボトックスこわい、やりたくないという方の中に、「不自然だから」「あんな顔になりたくない」という方がとても多いです。

 

ボトックスやらずに、その方の気になっているところが解決すれば良いと思うんですが、それはボトックスじゃないと難しい…ということも多いです。

 

ボトックスで「あんな顔」と言うのは、まあ打ちすぎと、ボトックスだけで「あんな顔」になったのではなくて、ヒアルロン酸もパンパンに入っているとか、フェイスリフトで思いっきり引っ張ってあるとか。いくつものやり過ぎを重ねてられて「あんな顔」になったわけです。
いくつものやり過ぎを重ねてられていることが多く、悪いのはボトックスではなくて、重ねたすべてが度を越しているからだと思います。

 

女優さんでも素敵に見える方も、実はさりげなくボトックスされていると言うのはよくあることで、完全に止めるのではなく、力を弱めるとか、ボトックスだけではなく他のことも(スキンケアやレーザー、食事、運動など)気を付けておられる賜物かと思います。

 

 

全く顔の動かない人形になりたい方はともかく、自然な感じならやりたいんだけど…と思っておられる方は、行ったクリニックの先生やスタッフの顔を見ましょう。

 

男の先生だと自分には興味ないからとあまりされていないドクターも多いので、その場合は、スタッフを見ましょう。

 

どこまでシワを止めるのかは、好みの問題にもなりますから、スタッフ一人だけ(数人?)たまたま顔が動いてない、シワがないこともあるかもしれませんが、医者をはじめ、スタッフも全員顔がパンパンとかどこにもシワがないとなると、多分その医者の好みがそうなのかなと思います。

 

その医者に、自然な感じにお願いします、と言ったところで、感覚が違うかもしれませんね。
「自然な」の価値感が。

 

例えば、うちに来て、「シワ全部止めてください」と言われたら、「すごく変ですよ。やってます感バレバレですよ」とかなり言って止めさせようと思いますが(私はそれをちっともキレイとは思わないから)、そうことをいう方は基本そんなのは気にもしてないし、話して分かり合える二人ではないです。次元の違う世界にいるから。

 

でも、医学的にすること自体には問題なく好みの問題だけの話であれば、やることが患者さんの要望を満たすわけです。

 

それでやったとしましょう。

 

私なりに普段打たないところにもいろいろ打つしかありませんが、それでも全部のシワを止めるようには打たない、打てないと思います。
根本的に「こんなのやったら、いかんやろ~」と思いながらするから、やり切ることができないでしょう。

 

なので逆に、そういう顔にしたい方は、そういう顔の先生にしてもらわないと価値感が一致しないので仕上がり感に不満が出ます。

 

診察カウンセ中に、その先生の表情やシワが出るのか、不自然かどうか(自分にとって)を観察されて、話はちゃんと聴きましょう。
メリットデメリット、副作用などちゃんと納得した上でされてくださいね。

 

ボトックス注射は必ず切れて元に戻りますから、もし思っていた顔と違っても必ず元に戻ります。

ただ下手すると数か月は我慢することとお金は戻ってきません…。

納得の上でやってくださいね。

facebookに今朝書いたコピペです。

 

 

さっきテレビ番組で、東尾理子さんのコメントが出てました。

寿命はの延びたのに、女性の妊娠可能年齢は延びない。
自分はホントに大変だった…

という内容でした。

 

うちにも妊娠希望の方大勢来られますが、皆さん瘦せすぎ…。
瘦せすぎじゃなくて、ふっくらされてる方も少数ながらおられますが、糖質だらけでふっくらされていて、肉魚卵をたくさん食べてるわけではなく、お菓子とパン、パスタでふっくらした…という良くないふっくらさん…。

 

AMH(簡単に言うと妊娠のための体内年齢の指標みたいな。卵巣の年齢と言いますか…)をうちでも測りますが、料金が高いので、私からは勧めてません。
患者さんが測りたい時と、40歳を過ぎてるのに、いつまで経っても肉魚卵食べずに糖質だらけを止めない方には、現実を知るのに検査するのは良いかなと。
(ちゃんと検査結果的踏まえて、食事変えないとダメですよ。目的は検査じゃないから)

 

卵子は、非常に糖化に弱いそうです。

 

そういう意味で、血糖値を乱高下させないことは非常に大事ですね。

 

うちで頻繁にAMH測るわけではないので、私が実際に診たわけではないですが、AMHの結果が悪くても、患者さんが食事とサプリをとても頑張って、AMHが良くなって、妊娠年齢が実年齢よりも若くなる方というのは大勢おられるそうです。

 

オーソモレキュラー療法をされている産婦人科の先生のご講演をお聴きしたときにおっしゃってました。

 

検査する値段をサプリ代や食費に回しては?と提案することも多いです。

 

40歳であれば40年分の栄養欠損です。
食事をどんなに頑張っても、数か月で栄養が40年分追いつくわけではないです…。

やはりサプリで少しでも底上げが必要な方が
圧倒的に多い…。

 

私の本を読んで、妊娠できました!と妊活されてた方が講演会の時に報告に来てくださいました。
40前か30代後半くらいの方だったと記憶してますが、食事だけ、しかも本読んだだけで誰も食事チェックしてません。
それで妊娠したのなら、ホントにちょっとした差だったんだと思います。
よかったです~。

 

女性の妊娠だけは、40歳過ぎると、タイムリミットが迫ってくるので、多くの方が、のんびり食事でなんとか…と言っている時間はないんじゃないのかなといつも焦ります。

 

時間がないので、サプリの底上げは必ず必要だと思います。
サプリ代にどれだけかけるのかは別にして。

 

サプリにお金をかけようが、あまりかけなかろうが、食事は死ぬ気で頑張れ!と。

 

食事だけで追いつかないと言っても、すべての栄養素がサプリ代いけるわけではないです。

コレステロールも上げてこないとイケませんが(コレステロール低すぎの方とても多い)、サプリではできません。

肉卵は必須アイテムですし、カロリーはもっと確保しないといけません。
魚介類もいるし、もちろん野菜もいります。

 

そして、消化吸収できる胃腸にしないといけません。
医薬品やサプリの手助けが必要です。
(皆さん、食事を変えても消化吸収が付いていけない)

 

糖質はホントにいらないんですが、今まで糖質で生活してきた方に、いきなり糖質制限が無理です…。
患者さんの意思も必要ですが、エネルギー代謝がうまく回せないと、意思に関係なく、不可能です。
サプリでちゃんと回せるようにすれば、ある程度可能になります。

 

全員がサプリをそこまで買うわけではないので、食事でのいろいろな工夫を言うんですが、サプリをあまり買わない方ほど、なかなかされない方が多い…。
忘れてしまうようですね…。

 

真逆の食事に変えるわけですから、体がついていけるように工夫が必要です。
間違った情報で間違った食事内容にするという時間の無駄をしている場合ではない…。

 

少しでも早くから食事の改善をはじめたほうが楽に決まってます。

 

一刻も早く知って食事を変えてほしいです。

早いものですね。もう12月、師走ですね。

 

今日は、キャンセルが出たので、その時間にスタッフとクリスマスの飾りに院内すべて変えました。

クリスマスツリーの飾りつけも済みました。

クリスマスの準備って、結構な時間が毎年かかるので、ちょうどよかったです。

(片付けのほうが大変ですが。。。25日済んだら、すぐに片づけないといけない。そして、その後、お正月の飾りつけに変えなきゃいけない。。。)

 

さて、12月のキャンペーンです。

 

さして変わり映えがしないと言えばしませんが。。

 

やはり湿度の下がって、皮膚の乾燥が目立ち始め、バリア機能も落ちる今日この頃、イオン導入が人気ですね。

お手軽だし、安いし。たいした害もないし(正しくやれば、です)

(やり方を間違えると、たとえクリニックと言えども、イオン導入と言いつつ、擦り倒されていることがあるので、ご注意ください。

導入する薬剤大事ですが(皆さん、結構おうちで防腐剤の入ったもの、しかも入っているかどうかわからないもの)を入れようとしてますけど、これは「科学」ですから、入っていくと証明されていなければ、擦っているだけになっていることもしばしばですので、ご注意ください。)

 

キャンペーンでつけると、こんなものでもお肌が楽になるというか、少し助けてくれますから、光・レーザー治療の後に足してあげる、というのは私は結構いいと思っています。

 

レーザーみたいに効くものではないですが、薬剤成分が入ることで、いい方向に回り出す方も多いので、ましてキャンペーンで無料となると、つけたほうが私はいいと思っていて、患者さんから来月もしてほしい!と言われて、続いてしまっている現状です。。

 

まあ、お肌を強くする手助けになるなら、と続行です。

 

スキンケア相談に来られる方も、化粧品などを新しくするのにご不安でしょうから、購入時の割引と、サンプルプレゼントも続行です。

もうこれは定番化してもいいと思っていますが、定番メニューに載せると、見てない方も多いので、キャンペーンに載せているという状態です。

 

お肌がかなり荒れちゃっていると、敗れたバリアの隙間からバンバンと異物が侵入してきますから、仮にどんなに肌に優しいと言われている化粧品であっても、合わない時は合いません。

 

その場で試すことがとても重要です。

その場でもうかゆみやひりひりが出てきていたら、、購入は止めてもらっています。

 

他の方は大丈夫でも自が大丈夫か?にはなりません。

 

特に、胃腸の悪い方。

胃腸が悪い = 肌も悪い

(若いとあまりわかりませんけどね。。)

 

化粧品は2週間使って見ないと、ほんとのところはわかりません。

2週間過ぎても、それから合わなくなる、ということももちろんありますが、かなり確率が減るので、とりあえず2週間がひとつの山場です。

 

2週間使ってみたいとなると、現品買うしかないです。

なので、サンプルプレゼントと10%割引にしています。

 

12月は、スキンケア全般を見直すチャンスです。

本格的なスギがやってくる前に。

 

資生堂の研究で、スギ花粉自体が皮膚を攻撃しているという論文が出ました。

(アレルギーの話では直接ないです)

 

花粉にも乾燥にも負けない、強い皮膚になってほしいものです。

 

あとは、サンプルプレゼントですね。お会計の金額によってのプレゼントですが。

 

秋~冬、春にかけてと寒くなってくると、日焼け止めを塗らない方が増えます。

確かに紫外線の強さも、夏よりは弱くなるし、日照時間も減ります。

どこまで日焼け止めを塗るのかは、過ごされる環境などによっても違いますが、真冬でもなにかは必要です。

 

スキンケアを根本的に変えたい方も出てくるので、今回はそちらも含めてのサンプルプレゼントです。

サンプルがないものもありますので、ご了承くださいね。

 

栄養解析された方、体のトゥルースカルプを受けられる方へのキャンペーンはほぼ同じですが、今回違うのは、一部の化粧品を商品切り替えのため、前のバージョンをお安く買えるということですね。

在庫のある間ですから、なくなり次第終了ですので、ご了承くださいませ、

 

あと、今回キャンペーンのお菓子’(糖質制限、混ぜ物なし!)たくさんお支払いされた方には、スペシャルなサプライズがありますから、いいと思います。

 

テレビ番組で、バラエティですから話半分以下に、というか、笑ってはい、おしまい、と観ないといけないと思いますが、美乳のつくり方やってましたね。

 

インパクトがあるのが、テレビ的に受けるから取り上げがちですが、それが正しいこととは限りませんから、そのまま信じたら、あとで困るのは自分ですよ。

 

まず、綺麗な形のおっぱいは、おっぱいの形にあったブラジャーをちゃんとつけてあげることがとても大切です。

脇肉集めんのもいいですが、それよりもおっぱいの形を潰さないようなブラジャーを選ぶことと、締めつけすぎるブラジャーはとても良くなり。形が崩れるだけではなく、血流も悪くなります。

もちろんリンパも。

 

特に胸の大きい方は、重力に負けないように支えてあげるというブラジャーがとても大切です。

 

ほんとに乳腺しかないのであれば、絶対につけて!とまではいいませんが、少しででもおっぱいがあるなら、垂れないような工夫が必要です。

 

前にも散々書きましたが、おっぱいは垂れたら終わりです。

もとに戻せません。

 

おっぱいは、言ってみたら、雲のような細い糸で吊っているだけです。

女性のおっぱい=大胸筋 、ではないので、大胸筋(おっぱいの下の筋肉)を鍛えても無駄どころか、おかしな胸の形になります。

 

ボディビルダーの胸ってわかります?

胸板厚いですよね? 大胸筋の形がもろにわかりますよね?

あれを鳩胸と言うんでしょうか。。

その大胸筋の上に乳腺がちょっことのって、乳首を飾ってできあがり、っていうふうにはなりません。

 

それはいわいる女性のおっぱい【美乳)ではありません。

 

昔ワコールの方が言われてましたが、ジムやテレビで、「バストアップ」と称して、大胸筋をはじめとした筋肉を筋トレさせ(昔も今も同じ)、しっかり目の大胸筋に乳首と乳腺があります。

想像してみてください。

 

この形にあうブラジャーはないそうです。

(そりゃそうだ。)

 

ジムなどで言われる「バストアップ」は、「胸囲アップ」であって(筋肉を鍛えて、胸板厚くするため)、女性のみなさんが思っているバスト(おっぱい)のサイズアップや、垂れた胸を上向きにアップさせるものではありません。

科学的におかしい。

 

またその上から、マッサージと言って、おっぱい揺さぶったり、おっぱいそのものをマッサージしたり、ぶんぶん振り回したり。。

 

おっぱい周りのマッサージはとてもいいと思います。

リンパも流れて、血行がいいにこしたことはありません。

 

でも、おっぱいそのものをマッサージすると、おっぱいを支えているクーパー靭帯、切れますよ?

切れたら、終わり、というか、上向きには戻れないかま。。。

 

今日観たのは、背中やデコルテをつねるという代物。。。

しばらくせんでも、つままれた皮膚は真っ赤かでした。。

(そりゃそうだ)

 

つままれる刺激が一体どういいのか、よくわかりませんが(適度な刺激で細胞が活性する、ということはないことはないと思いますが。。。)、あんだけ皮膚真っ赤っかにして、からだは「止めて!」と訴えているのに、無視かよ!と思います。

 

医療って、あんまり気持ちよいことってないんですが、医療以外で(医療でも)、気持ちも良くない、痛い、などのメリットと、実際の実感できる効果も含めてのメリットと、肌への影響(デメリット)とどっちが大切か、どっちがやる価値があるのか、など判断した上で、やるのかやらないのかを決めます。。

 

メリット勝っているんでしょうか。。。

科学根拠を教えてほしいものです。

 

テレビ番組の紹介をみて、そのまま信じるほうが悪いというか。。鵜呑みは止めましょうね。

 

ちなみに、おっぱいを大きくして、美乳にするには、

①肉、魚、卵などの動物性タンパク質をたくさん摂っていること。

良質の女性ホルモンをバンバン作りましょう。

 

②糖質だけいきなり食べない。糖質の割合が1週間で6割超えている方は要注意。

 

③体にあったブラジャーをきっちりする。

 

とりあえずこの3つは、やってみてください。お金無茶クチャにはかからないから。お手軽です。

 

 

 

 

先日来られた患者さんで、シミ治療ご希望でした。

 

顔の端にひとつシミがあって、そんなに濃くはないんですが、全体に色白の方なので、ちょっと目立ちます。

 

ところが顔全体に、うっすらとくすんでおられるというか、ベージュのやや濃い目のと薄い目がまざって、ほぼ顔中に広がっています。

 

女性の顔で(男性もですが)、全体にワントーン濃い色がついている場合、やはり肌の触り方が一番問題です。

顔全体にわりときっちり几帳面に洗顔していたり、マッサージしてたり、顔に塗っている化粧品のせいだったりします。

 

こうなってくると、どこまでが肝斑で、どこまでが炎症後色素沈着なのかわからなくなります。

両方が共存していることもあるし、同じ場所でも混ざり合っていると言うか、境界がなくなっていることもあります。

 

肝斑でも炎症後色素沈着でも、うちでは根本的な治療法は同じです。

スキンケアの徹底です。(ほんとは栄養も同列ですが)

その上で、光治療などがあります。後からすることもあるし、お肌の状態によったら、同時進行OKのこともあります。

 

さて、その方は、石けん洗顔で、全然擦ってもおられず、優しく触っておられます。

触り方が良いとすると、皮膚に塗っているものがあやしい。。

 

外国製のアンチエジング用のお高い化粧品でした。

その方は、かぶれたりはされていません。

かぶれない程度に、毎日微量~な刺激で色素沈着を起こしてくるわけです。

中に入っているアンチエイジングの有効成分が全く効いていないわけではないでしょう。

年齢の割に、何もしていない方よりはちょっといけています。

 

微量~なので、誰も気づきません。

赤みが顔に出たとしても、真っ赤っか!じゃないので、うっすらとピンク色っぽい。。。?となると、気づかないものです。

 

その化粧品を使わないようにしていただき、前以上に、肌の触り方の意識していただいて(食事指導はしましたが、サプリは購入されていません)、自宅のケア用化粧品を少し買われて、肝斑治療(光を使う)を1回されました。

 

2回目来られた時(約1か月)には、うっすらとした茶色がうすくなってました。

地肌のもともとの白い肌のほうが優勢だったりします。

肝斑が落ちついてくれると、肝斑以外のシミの治療がとてもやりやすく、しかも安全で早めにすることができます。

 

お金をかけないコツです。

 

 

 

 

 

 

 

早いですね。もう11月ですね。

夜はすっかり冷えますね。もう手袋がほしいと思う時もあります。女性の皆さんは、もう裸足は止めましょうね。足元から冷やさないように。

薄着でもヒートテック着るとか、体も冷やさないようにしてくださいね。

そろそろ感染症の季節も始まります。

 

さて、11月キャンペーンのご案内です。

 

10月とさして変わらない結果になりました。

 

①レーザー処置されている方だけでなく、肌荒れ相談・スキンケア相談されている方にご好評のイオン導入無料キャンペーン。

続行することにしました。

患者さんの経過を診ていると、やっぱり1回だけでも、悪循環から脱出できるお手伝いなっているようです。

イオン導入自体は、侵襲性がありませんから(普通は副作用がほぼない)、予算に余裕のある時は足しておかれるといいとは思います。イベント前とか。

 

ただし、たかがイオン導入もやり方を間違えると、顔擦りまくっているのは、医療あるあるなので、自宅での美顔器の一切の使用は勧めていませんし、エステでのイオン導入も勧めていません(なぜかエステでは、顔にオン導入で火傷がよく起こるという不思議なことが起こるようです)。

クリニックでも教育がなっていないところは、イオン導入で擦りまくられて、余計に肝斑がひどくなるという方も時々います。

 

なんでもそうですが、処置の名前が同じだったら中身が同じわけでは全くないので、その辺は理解された上でクリニックをお探しくださいね。

 

②秋冬恒例行事になってきましたかね。

しわたるみを気にして治療をされている方には、ご自宅でできるホームケアでのシワたるみケアのための化粧品10%オフです。

たかが化粧品とあなどるなかれ。

そこはさすがにクリニック専売品ですから、そこそこいいです。長い目で見ると。

ただ、「効く」ということは副作用もなにかしらあるあけですから、適応のない方もいます。

ちゃんと肌を診て、使い方や注意事項を理解された上で使うから、効くわけです。

もちろん、他のスキンケアもできている前提です。

効かすには、条件が必要です。

 

③秋はなんでも美味しいですよね。特に炭水化物が。

部分痩身のキャンペーンですが、基本皆さん、太っていなくて、あくまでも部分痩身を言われる方は、ほとんどが細いです。

で、食が細い。

たくさんタンパク質食べられないんですよね~。

栄養補充としてもオーソプロテインはおススメです。

 

④秋は抜け毛シーズン本格派です。

なので、育毛剤・ヘアケア化粧品関係10%オフです。

試したいものがあれば、どうそこの機会にお試しください。

 

⑤敏感肌の方がいろいろ引き続き試せるように、敏感肌用化粧品10%オフにて、試しやすいようにしています。

やっぱり2週間は使わないとわかりませんからね。2週間使おうと思ったら、現品買わないとなかなか難しい。。

 

⑥秋は日焼け止め油断されている方が多いです。

秋の行楽シーズンというのは、春と同じくらい危険なことも。。

気候jがいいので、寒かったりもするし、わりと日焼け止め塗っていない方が多いです。

真面目にぬっている方と他力本願な方とで、ここは極端に分かれますね~。

油断されませんように、レーザー処置されている方は、日焼け止めが10%オフです。

 

⑦栄養解析されている方には、いつものグルタミンプレゼントです。

こちらも好評です。

感染症本番を迎える前に、免疫力を上げておきましょう、

なので、ビタミンDのサプリとオリーブ葉のサプリを引き続き10%オフです。

 

⑧キャンペーンでプレゼントしているものの中で、糖質制限のお菓子もビタミックスも人気ですが、実は密かに人気なのが、プロテインですね~。

 

プロテイン、一気飲みしたらダメですよ。

薄愛でちびちび飲んでくださいね。