プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

  • 100000009002749707_10204
  • DSC_1775
  • IMG_20170929_163107
  • P1130086
  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517

ホーム > サプリメント



こちらもfacebookで反響の大きかったのをコピペしておきます。

すみません、まだ今日は仕事が残っているので、コピペです。

 

 

妊娠したとなると、これまた栄養たくさんいります。
だって二人分ですからね。

 

最初肉眼ですら見えない大きさの受精卵が10ヶ月ほどで、人間の赤ちゃんの大きさまで育つわけですから、ものすごい細胞増殖しないといけないわけで、細胞分裂もそのあとの分化誘導(細胞の成長)もスムーズにいく必要があります。

 

なので、栄養はいくらあっても足りないんです。
奪われた母体のこともありますから、赤ちゃんも元気!お母さんも元気!となると、必ず二人分いります。

 

栄養療法をされていて妊娠された別の患者さんですが、たくさんのいろんな栄養素が必要となるんですが、ある日「ビタミンAは妊娠したら摂ってはいけないと聞いた(ネットに書いてあった)」と言われました。

 

 

はい、これ大ウソです。

ヒドい場合だと、管理栄養士と名乗る輩が、「妊娠したらビタミンAを摂ってはいけない」と堂々と書いてあって、国家資格返上しろ!と言いたくなります。

 

厚労省の国民の栄養の摂り方の見解のところに、「妊婦は過剰には摂らないように(サプリ含む)」という注意書きがあるだけで、「摂るな!」なんてどこにも書いてませんよ。

 

じゃあ過剰ってどれくらい…?

 

毎日1kgレバー食ってるとか?
それは食べ過ぎというか、栄養素片寄りすぎでしょう。
毎日1kgも食べてたら、他のもの全然食べてないってことでしょうし。
量ではなくて、それこそ「バランス」ってものです。

 

昔、合成のビタミンAのサプリを飲んでいる妊婦さんから先天異常(昔で言うところの奇形)の赤ちゃんが生まれて、それからビタミンAの過剰(サプリで飲んでたから)は良くないとなったわけです。

 

ところが、これ話に続きがありまして。

 

妊娠出産となると、ある一定の確率で、先天異常(発達がうまくいかなかった)の赤ちゃんは出ます。
人間に限らず、すべての生物、生物だけにも限らず、すべての生産されるものにおいて、避けられないことです。
確率が高いか低いかが問題になるわけです。

 

ビタミンAを摂っているお母さんのグループと、摂っていないお母さんのグループを調べてみると、摂っていないお母さんのグループのほうが先天異常の確率は高かったんです。
事実は真逆です。

 

コレステロールの時と同じで、草しか食べないウサギに卵10個も20個も食わしたら、そりゃあ血管詰まって死ぬっちゅーねん。
それから卵ダメ~!となっちゃったんですね~。
そもそもこの実験、なにがしたかったんだか…。

 

そういう質の悪い都市伝説が常識であるかのように世の中いっぱいあると思います。

 

ビタミンAを心配されていた患者さんにその話をしました。
その方は、研究職の方なので、「細胞の分化誘導にAが必ずいるでしょう?」と言うと、あ!絶対にいりますね!と気付かれました。

 

医者もそうですが、オーソモレキュラー療法(分子整合栄養医学)の基礎は、すべて生化学の本に載っている当たり前のことなんですよね~。
でも、生化学の勉強したときには、実際問題につながらないです。ただの化学の勉強で終わってしまっているんです。

 

その方も安心して、レバー召し上がられました。
今月出産のはず。
食事はすごく頑張っておられました。サプリも無理ない範囲で飲まれてます。
経過はものすごく順調で、お母さんも赤ちゃんもすごく元気です。
もうすぐ初対面ですねえ。
楽しみですね~。

 

 

 

 

もう10月ですね。ハロウィンですね。カボチャの美味しい季節となりました。

 

さて、ハロウィンキャンペーンです。

今回の目玉は、資生堂NAVISION DR から新しいシリーズが出ます!!

その名も、「TAバリアシリーズ」(ローション、エッセンス、クリーム)!!

資生堂の科学の結晶です。

皮膚のバリア機能の研究というのをかなりされていまして、それが美白もプラスされて、やっと形になった、という感じでしょうか。

 

NAVIOSION DR シリーズというのがありまして、美白に特化したクリニック専売化粧品ですが、私はNAVISIONの上の方に、敏感肌でも安心して使える美白のシリーズを作ってほしい~!とずっと言い続けていました。

「今、極秘で作っているから、待っててください!内緒でね!」と教えてくださってましたが、どこまで社交辞令かもわからないし、どちらにしろ待つしかないので待っていたら、本当に作ってくださってました。

私が言ったから作ってくれたわけではもちろんないと思いますし、私と同じことを資生堂に注文しているドクターはたくさんいたと思います。

す~っごく嬉しい!!

 

テスターを一式いただいて(また写真をアップしておきます)、でも私は保湿はしていないし、触感を確かめたくらいですが、うちの家族(乾燥肌)に使わせてみたところ、とても気にいってました。

 

私も北海道旅行の話ですが、旅行の時に純石鹸は持っていっていません。

たいてい、そこのボディソープで顔を洗って終わりです(その前に、アトピコのオイルDはなじませて)。

サウナで、いつもみたいにしたら、置いてあるボディソープがマイドルなもので、なかなかオイルが落ちず、ま、平気かと3回洗ったんですね~(私自身は脂性肌です。なので、結構強い)。

 

そしたらさすがに、顔がひりひりしまして(低温バスとか長く遣っていた(ちっさいプールみたいになっていて、誰もいない時にちょっと泳いだ。。)、いつもだったらレチノールを塗るんですが、これはちょっとダメかもと、このTAバリアシリーズを塗ったら、翌朝にはすっかり元通り。

うん、いい感じだと思う。

 

しばらく様子を見ますが、おそらくTAシリーズからすべて切り替えると思います。

これを機に、スキンケアプロテクトも在庫が無くなり次第、終了とします。

全員、モイストプロテクトにもう切り替えていらっしゃいますしね。

前のほうが良かった、という方がいたら困るので様子を見てましたが、誰も言わなかったので、もういいかなと思います。

 

ちょっと嬉しいので、切り替える方にもおすそわけです。

最初切り替える時もご不安でしょうし、NAVISIONシリーズ全商品、10%オフです。

うちの患者さんであれば全員OKです。

 

そして、秋になって、寒暖差や湿度の変化、秋の花粉、夏の後遺症などなど、秋は秋で肌荒れの季節です。

そこで今回は、処置された方にイオン導入プレゼントしていたのを、スキンケア相談や肌荒れ相談などの診察を受けた方にも、イオン導入をプレゼントいたします。

ご予約の時に、お申し付けください。

当日いきなり言われても対応はできかねますので、ご了承ください。

処置されていない方がされる場合は、その後の予約が詰まっている場合は、前もってご希望されていてもできませんのでご了承ください。

その後の時間が空いている時限定です。

 

 

そして、薄毛抜け毛に、育毛ですね。引き続き、育毛キャンペーンです。

部分痩身も定番ですよね。効く方は1回で効くから、私からするとムチャクチャ羨ましい=!!

 

肌荒れで困っている方はとても多いので、サンプルプレゼントと敏感肌用化粧品(大島椿アトピコスキンヘルスシリーズ、資生堂ドゥーエ、ロート製薬DRXシリーズ、NAVISION一部など)をご購入される際は、10%オフです。どうぞご利用ください。

 

栄養療法されている方は、定番ですね。

秘密のキャンペーンは、お電話でお聴きください。

「オーソPro」がいよいよ10月4日から発売です。

もう当院にも入荷しておりますので、どうぞご利用ください。

オーソのサプリも1個ご購入につき、500円のサプリ割引券を差し上げます。

 

 

 

今日、「そこまで言って委員会」で医療の話をやってましたね。

 

臍帯血を無届けで、ガンの治療やアンチエイジングの治療に使っていたクリニックが逮捕された話題も出ていました。

自費治療の闇と言いますか、保険診療ではないので、医師の責任において自由にできるのが自費診療です。

その治療が本当に正しいのかどうか、判断が難しいところです。

 

ゲストの森田先生だったかと思いますが、はっきり前後を聞いていたわけではないので違うかもしれませんが、この臍帯血の効果を聞かれて、「絶対に効かない」とおっしゃっていたような気がしたんですが、そうでしたか?

 

この逮捕に至ったのは、無届けでやっていたことが違法行為で、厚労省初の摘発にいたったわけです。

再生医療は、数年前から届け出制に代わり、そのまた何年も前から言われ続け、やるクリニックは、届けができるように準備するようにずっと言われてきました。

準備期間は十分にあったと思います。

まあ今回の場合は、準備云々というよりも、横流しされた臍帯血を違法に使っていたわけですから、根本が違いますね。

 

臍帯血が、ガンやアンチエイジングに効くのかどうかは、私はそこまで勉強していないからわかりませんが、「絶対に効かない」と言いきることはできないと思います。

自費治療では、それ専門の分野でのエビデンスがあったりします。

まゆつばものもあったりすると思います。

論文や学会発表になっていないだけで、実際に、なぜだかわからないけど効くものもあります。

そういう経験が積み重なって、効く場合と効かない場合が徐々にわかってきて、論文や学会発表はまだされていないだけ、ということも実際にあります。

 

オーソモレキュラー療法も自費治療の最たるもので、一般の医師が知っている論文や学会発表では知られていないだけだったり、注目されていないだけで、専門の学会ではちゃんとデータがあったり、論文があったりします。

そういうことがベースに治療が徐々に確率されたり、もともとは生化学ですから、生化学の基本から考えたら、これが効くはず、と自然と治療が決まったりします。

 

普通の保険診療をやっているだけでは、知らないことがたくさんありました。

 

ガンになった時に、芸能人が、すぐに手術(切除)を勧められたけど、切らないで済む方法を模索して、民間療法だか自費治療(免疫療法?)に走ったらしい、という話も出ていました。

(真相はわかりませんが)

 

私は、自分自身がガンになったら(家族でも)、切れるならさっさと切ってしまえばいいと思っています。

 

ガン細胞の体積というか数を減らすことって、意味があると思います。

ただし、手術の侵襲性が、多大なる犠牲を強いらない時です。

普通の病院で手術する場合、切れるものしか手術の提案はされないと思いますから、担当医から切ろうと言われたのであれば、もうほんとにさっさと切れ!と思います。

 

ガンが見つかった時点で、どんなに初期であろうと、検査で発見されたからには、もうかなりのがん細胞の数です。

細胞なんて肉眼で見えないのに、それがCTなどで見つかるって、どんだけガン細胞おるねんっ?!って話です。

そこまでがん細胞が育つほど、自分の体の免疫細胞がさぼっていたというか、働いていなかったのか、あるいは、ガン細胞の勢いのほうがどちらにしろ勝ってしまったわけで、見つかった時点で、仮に免疫を高める治療を始めたとしても、そこまでの塊の大勢のがん細胞をやっつけさせるのは、かなり大変じゃないかなと思います。

 

手術で、ガン細胞の体積(数)を減らして、その間にも自分の免疫力は上げておいて、残っているがん細胞を殺してもらうほうが、免疫細胞も働きやすいのではないかと思います。

 

ガン細胞が塊で見つかった時点で、細胞がどこかにもう飛んでいるかもしれない。

だから、手術をしても無駄だ、という意見もありますが、体積を減らすことは大事だと思います。

どこにどれくらいのガンができたのかにもよりますから、そこはちゃんと主治医とよく相談はしてください。

 

その後(もしくは前に使うこともあり)に、抗がん剤や放射線を使うかどうかは、また別の話。

 

昔よりもいろんなことがわかってきて、抗がん剤もガン細胞の種類によって選んだりすることもあります。

こればっかりは、そのガン専門の医師でないと、医学がすごい速さで進歩していますから、わかりません。

データに振り回されても困りますが、やる価値のある抗がん剤もあるわけで、それはほんとにケースバイケースだと思います。

その方の年齢や状況、体調、体力、持病などによって、同じガンでも全然違うはず。

 

抗ガン剤をいくにしろ、いかないにしろ、どちらにしろ、ガンにも抗ガン剤にも負けない体力が必要です(運動や筋トレすることではないですよ)。

 

サプリを飲むのかどうかは、これもまた別の話で、ともかく食事療法はそれほどお金はかからないわけですから(ガン治療や自費治療の免疫療法などよりも)、もうほんとの早く始めてほしいです。

 

サプリは、ガンでなくても、ほんとにキリがありません。

いくら飲んだから、ガンが消える、消せる、とトータル予算が出せるものではありません。

でも、そんなこと言いだしたら、保険診療のがん治療もそうですよ。トータルいくらかかるのかなんてわかりません。

 

サプリ購入は、必ず予算のことが付いて回りますから、予算はご自分で決めていただいて、その中で頑張るしかありません。

あとは、食事療法を死ぬ気で頑張る!

ただ、間違った食事療法は、「療法」ではありませんから、そこを間違えないようにしていただきたい。

 

いろんな考え方がありますから、何がその方にとって一番いいのかは、わからないこともあります。

それだけ、個体差というものがあります。

人はそれぞれ違うんです。

だから、いろんな考え方があるわけだし、ないといけないと思いますが、自分に合う方法を一緒に考えてくれるドクターに巡り合っていただきたいものです。

普段から、なんでも相談できるドクターを見つけておくことが一番の近道です。

もちろん、ガンにならない・なりにくい体作りが一番大切です。

9月キャンペーンのお知らせを「お知らせ」にアップしました。

よろしければ、そちらもご覧ください。

 

もう夏が終わり、秋が忍び寄ってきているのがわかりますね。

朝晩めっきり冷え込んできました。湿度も少し低い時が出てきましたね。

でも、紫外線はまだまだ強いです。9月中は、夏と同じくらいに思ったほうがいいです。日が暮れるのはかなり早くなりましたが。。

日中の寒暖差が大きいので、秋は秋で、季節の変わり目は、お肌にとってもまた過酷な季節です。

夏に受けたダメージが残っているまま、秋~冬へ突入となると、乾燥ジワなど一気に増えますね。

 

そこで保湿化粧品の10%オフキャンペーンです。

ナビジョンの適応は、セットでのご購入のみとさせていただきます。

ドゥーエやアトピコは、単品でも割引です。

 

そして、春もそうですが、こういう季節には、イオン導入をちょっと足してあげるのが私流におススメです。

 

ただし、たかがイオン導入でも、何を入れるのか、やり方もそうですが、ほんとに全くの別物になりますから、どこのどんなイオン導入でもおススメなわけはないですよ。念のため言っておきます。

根本的に顔のことは、間違ったスキンケアをしていると、どんなにいいことをしても効きませんから、まずはスキンケアが先決です。

 

 

乾燥に伴って、シワも目立ってくる季節になりました。

シワ対策用化粧品がキャンペーン対象です。

お使いのものが対象かどうかは、ご予約の時にお聴きください。

 

そして、秋は抜け毛のシーズンですから、ヘアケア・育毛関連化粧品の割引です。

正しいヘアケアがあってこその、育毛化粧品ですよね。

栄養療法やサプリメントのキャンペーンは、内緒ですので、ご予約を取られた時にお聴きください。

キャンペーンだけ教えてほしいというお電話してこられても、ご予約時に申し上げますので、ご了承ください。

 

あとは、キャンペーンではないですが、この季節、お肌のためにも、ビタミン点滴はおススメです。

いろいろ代謝アップしておかれると、体調としてもとても楽です。

ビタミンCは、2g、もしくは、6gです。

他に入っている内容もちょっとずつ違いますので、気になる方は、どうぞお問い合わせくださいませ。

 

他のキャンペーンは、なにか思いつたら足すかもしれません。

 

 

 

 

 

肝斑の治療なんて、散々書いてきたことなので最近は書いていませんでしたが、まだまだ世の中周知されていないんだなと思ったので、また書いておきます。

 

クリニックにかかってくる電話で、「シミに○○してほしいんですけど。」とレーザー名を名指しで電話してくる人って結構います。

 

まあ確かに、シミには、○○みたいに、世の中には雑誌など機械の名前が載っていたりします。

うちのホームページにも載っていますね。

でも、ベースに肝斑というシミがあったら、そのシミの部分だけに強い治療はやりません。

まあ、悪化しますから。

運よく悪化しなかったとしても、ロシアンルーレットみたいなもので、たまたま運が良かっただけ。

次も大丈夫とは限らない。

1回目がうまくいけば、患者さんは2回目もやってやってと言いますから(そらそうだ)、その後から、スキンケアがどうのこうの、日焼け止めがどうのこうの、次は悪化するかもしれないと言ったところで、聞いちゃあいません。

それなら最初に徹底して注意事項言っとかないと。

 

仮に言ったとしても、誰も悪化するとは思っていないから受けるわけで、悪化したら、説明していようが同意書取っていようが関係ないです。

「そんなの聞いていません!」となります。それを言うか言わないかだけの違い。

なので、うちでは、肝斑がある、可能性があるところに、シミのピンポイントの治療はしません。

(よほど理解が良くて、信頼関係のできている方で、悪化するかしれないことを覚悟の上であれば、あてること自体はダメではないと思います。まあうちではやりませんが。。)

 

肝斑の治療は、一にも二にもスキンケアです。三、四もスキンケア、五にも六にもスキンケアです。

(私の考える正しいスキンケアとは、私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」にすべて載っています。ご参考までに。とてもわかりやすく、必要なことはすべて書きました。あとは、実践あるのみ。どこまでやるのか、できるのかにかかっています。)

 

ただ、スキンケアだけで良くなるのに時間がかかるので、その途中でいやになってあきらめる方もいるので、クリニック専売品の美白剤も使いますし、スキンケアをちゃんとやるのであれば、フォト(ライムライト)を使っての治療もやります。

フォトを使わずに、別のレーザーを使うこともあります。これは、肌の状態によって全然違います。

 

やっぱりね、美容医療のいいところって、お金払った分、ちょっと良くなるんですよ。

それを励みに、もっとスキンケアも頑張れば、早くきつい治療もできるし、しかも副作用も少なくできるから頑張ってスキンケアやってくださいね!とはい!頑張ります!!

となればいいんですが。。。

 

中には、スキンケアやらなくても、たった1回でこんだけ良くなるんだったら、もっとお金かければもっとよくなるんじゃない?!もっと強い治療をやれば、さらに良くなるんじゃない?!とあらぬ方向に行ってしまう他力本願系の方もいます。。

 

なまじ1回で良くなるから、そういう期待をさせてしまうわけで、良くならないほうがいいのか?と思ったりしますが、それは本末転倒ですから、やる前に、こんこんと説しますが、こういう方にはどこまで届いてんだか。。

 

最初は良くてもも、そのうち数回くらいで頭打ちです。

(回数は個人差がありますが9

だって、スキンケア全然やらないんだから、良くなるわけがないです。

最初があまりにもひどすぎるので、世間並のところまでお金と美容医療の科学の力で、引っ張り上げれただけの話。

そこからが本当の勝負なわけです。

なので、スキンケアをやっていない時間がもったいなさすぎて!!

 

先日もそんな電話がかかってきて、絶対にやってほしい!と言われるので、これはシミ治療希望で、レーザー名など名指しで言われる方全員にお伝えしていますが、

「もし肝斑があったら、話が変わってきますので、ホームページの肝斑のところも先に読んでおかれてください。」

そしたら、当日のカウンセがスムーズにいきやすいです。

(だいたい肝斑、もしくは肝斑の可能性がほとんどある。)

 

ところが、先日そうお伝えしたら、

「肝斑はトーニングでしょ?私トーニングしたいわけじゃないから。他でいろいろやっているので、わかっています。」

 

。。。わかってないっ!!

ぜ~んぜんわかってないですっ!!

今時、肝斑に、いきなりトーニングって。。。

 

そもそもトーニングの治療が出てきた時から、賛否両論があり、賛成派であっても、スキンケアの徹底と内服薬(トラネキサム酸など)などは必須で、それで数か月ほど様子を診て、それでもダメなら、レーザー―トーニングというのはセオリーです。

(それでもうちでは、トーニングを肝斑の治療としては使いませんね~。リスク高いから。)

学会でも副作用合併症などが問題になって、肝斑の治療のファーストチョイスでは全くありません。

 

肝斑治療=レーザートーニング なんて言っているのは、学会にも来ないような悪徳クリニックだけかもしれません。

初回¥9900みたいな。あるいはそれ以下とか。。(!) まあ、安売りクリニックのことが多いです。

スキンケアどころか薬の話もしないし、リスクの話もしない。

でも、お金は巻き上げる。もらった以上、やっているふりはする。

悪化したらめんどくさいから、とりあえず、一番弱いのでやっておく。

回数がいることを言って、コースを買わせる。

 

おきまりのパターンです。

(逆に、わけわからん設定で当てられて、ちょっとやそっとでは治らないくらいの合併症というか後遺症に悩まされている方もいます)

 

もうちょっとシミの治療も冷静になってほしいなと思います。

日焼け止めも塗らずにやれって、一体どうしろと?!と思いますが、強い治療はそうそうできません。

スキンケアの賜物なのが、今の自分の肌です。

お肌はどうですか? ちゃんと働いてくれていますか?

 

スキンケアだけでは足りなくて、ここでも栄養状態が絡んできます。栄養状態が良ければ、肝斑のひどいのにはならないのかもしれませんが。。。

 

うちでは、トラネキサム酸の内服を出すこともめっきり減りました。

肝斑治療の中でも一部の方のみです。

栄養療法されている方にはまず出しません。いらない薬ですから。

でも、皆が皆、栄養療法されるわけではないので、そういう場合は仕方ないので出します。

それでも他に手段があれが、ぎりぎりまで出さないですね。

出しても短期とか。。

 

早く気づいていただきたいものです。

良くなるのは、肝斑だけじゃいんですけどね。しわもたるみも体調も、いろんなことが変化があります。

しかもいい方に。

早い者勝ちです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Faceboookのコピペです。

 

サプリの選び方の一つの参考にされてください。

 

サプリの話です。

 

初診の方は、すべて飲んでいる薬だけでなく、サプリも事前に伺って、調べておいて、当日持参もして頂いています。
これは栄養療法する前からです。

 

市販の皆さんが手に入るサプリは合成の原価の安っいのがほとんどです。
全て、とは言いませんが、ネットの情報に飛びついて確認もせずに買ったサプリは、合成の安物でしょう。
それが絶対悪いとは言いません。
わかった上で飲むなら、アリかもしれません。
(私ならしません。そのお金は食費に回します)

 

よくあるのが、カルシウムのサプリです。
原材料のところや裏の成分表のとこに、「ドロマイト」と書いてあれば、一番の安物です。

(さらにもっと安いのがあったら知りませんが。。)
書いてあるだけ良心的で、書いていなければ、ドロマイトでしょう。
これは、土から採取するそうです。
土が原料。

 

たまに、うちのサプリは貝殻や卵殻を使ってますからスゴいんですよ!!みたいなメーカーを見かけます。
ドロマイトよりは吸収もするかもしれないし、原料も土よりは高くなりますが、それでも全然吸収しません。
(ちなみに、ウチで取り扱っているのは、魚の骨です。小魚ですね。
昔は牛骨だったそうで、牛骨はむちゃくちゃ吸収がよかったそうですは狂牛病のことがあってから、魚に変えたそうです)

 

口から入れるわけですから、食べ物でないと、体は吸収しようとしませんからね。
異物と思われたら排除されますよ。
全く入らないわけではもちろんないでしょうけど、吸収率は違うでしょう。
土も貝殻も卵殻も(卵殻は使われていてもわずかだと思います)、食べ物ではないですからねー。
異物でも薬みたいに、吸収するように色々工夫されていたら、合成のものでも入りますが、そんな工夫したら値段上がるに決まってますから、メーカーがやるわけありません。儲けが減りますから。
儲けるためにやっているのであって、飲んだ人の体調を良くしようとか、あまり考えていません…。

 

患者さんが持ってこられたドロマイトの安物ですが、不妊治療クリニックで買わされたお高めサプリでした…。
クリニックが、しかもこれから妊娠させるつもりなのに、よくこんなのを飲ませようと思うよなーと思います。
(そこは、検査すらむちゃくちゃで、それで妊娠させられるわけがない、というくらいのところです。妊娠したら、それは患者さんの体の力。そこのクリニックのおかげじゃない)

 

 

吸収悪いからと勝手に増やして飲むと、添加物がそういうのは山ほど入ってますから、添加物も余計に飲んだだけ入ります。
何やってんだか…となるので、もちろんたくさん飲んだ場合の検査なんて、ほとんどされてません。

 

市販のものは、個人の責任ですから、必ず用法用量は守らないと、思ってもいない副作用が出ます。

 

実際、入っている添加物や、成分でも摂り過ぎて、重篤な健康被害が消費者庁には報告があります。

 

 

そして、先日来られた方が飲んでいたアイハーブで買ったというフィッシュオイル。
プレミアムとかなんとか書いてましたが、むちゃくちゃ安い!
なんでアメリカから輸入してるのに(普通の輸入だけでなくて、個人輸入代行料金も払わないといけません)、この安さはどうだ?!

 

日本でも、安っいサプリは、そんな人たちは買わないわけで、なんでアメリカ製だからって買うかな?
その値段すら、国内の一番安物よりもまだ安いのに。
それでプレミアム?
ω3のプレミアムとうたっていて、確かに EPA,DHAと表示があります。
でも魚油はむちゃくちゃ酸化するので、抗酸化作用のあるオイルをしっかり入れておかないと、そんなサプリはただの酸化した油で反って炎症反応助長するだけです。

 

仮に入っていても、製造工程では酸化しないように細心の注意をしないと、もう使い物になりませんから、材料も人件費もかかるので、良いフィッシュオイルのサプリはとても高いのです。
これは、魚油を扱う上では当たり前のことです。
私なら、それはもらっても捨てます、とお伝えしました。
(サプリが欲しいと言われたので、ONサプリのωRを購入されました)

 

アイハーブでも、取り扱っているだけですから、中には飲んでもいいかもくらいのものがあるのかもしれません。
全商品チェックしてるわけではないから。そこまでヒマじゃないです。
でも、今のところ患者さんが持ってこられたのは全滅でした。

 

個人輸入で、医薬品を手に入れることは厚労省は止めるように言っています。
偽物だらけではすまなく、実際健康被害が出ていて、亡くなった方もおられます。一人や二人じゃないですよ。
サプリもしかりです。

 

個人輸入ですから、その仕入れ業者に一切責任はありません。死んだとしても。病気が悪化しようとも。証拠があっても。
全て、それを頼んだ本人の責任です。

 

そこまで調べて(中身だけでなく、工場の製造工程ものは確認した、見てきた、輸送も温度が上がりすぎることなく、きちんと管理されてるのも確認した)、個人輸入するなら、アリでしょう。

ただ、そこまでされたサプリは、普通に高いです。
どう考えても。
そこまでして、個人輸入で一体何を飲もうとするのか。

せめて最低限の確認はしたら?と思います。

IMG_20170807_231649 今日も素敵なお手紙をいただきました!

5人のお子さんが育てられている専業主婦の方からでした。

最初は、私のブログのパウダーの日焼け止めから、いろいろ読んでくださっているそうで、そこから食事や糖質の怖さなどを知っていただいて、子供たちの食事やおやつ、ご自身の食事などなどどんどん勉強されて、どんどん実践もされているそうです!ご自身も、疲れすぎて(5人の子育ては想像するだけでも大変ですよね。。)、うつっぽくなっていたのがすっかりなくなり、なんかお肌もきれいになったねと言われたりと食事や栄養の摂り方で変わる、ということを実感していただいたようです。

本当に良かったです!!

 

この方、国家資格をお持ちなので、それを生かして、なんと!オーソモレキュラー.jpの養成講座の「プロフェッショナル」(ONP栄養カウンセラー)に申し込まれたそうです!!

すごいっ!!

養成講座

 

オーソモレキュラー.jp|養成講座

 

私の本を読んでくださった知り合いの方も、もっと勉強したい!と「ONS」(栄養サポーター)に申し込まれた方もいらっしゃいます。

国家資格のある方は、お時間と予算が合えば、ぜひONP講座で専門的なことを勉強して、もっと世の中に広めていっていただきたいと思います。

 

国家資格がない方も、もっと勉強したい!という方は(ONSで飽き足らない!という方)、「ONE」はかなり本格的でしょうし、もっと簡単に、という方は、栄養解析レポートの中に、web講座のご案内のページがあるでしょう?

料金はかかりますが、あれも結構詳しく勉強ができます。

ただ、web講座のほうは、養成講座とは中身が違うし、養成講座は最新の情報もかなり入っているようなので(栄養医学も進歩しますから)、血液検査を読み取ったり、もっと詳しい話は、ONEのほうが断然濃いと思います。

私もそうでしたが、ヒトにアドバイスできるようになって、やっと自分がわかってくるというか、自分だけの勉強だけでは、他人にアドバイスまでなかなかいけない。

説明する時に自分の中でもつじつまが合っていないといけませんし、あれ、どうしてそうなんだろう。。とさらに勉強していくことで自分も知ることができて、医療の現場はなんでもそうですが、患者さんから教わることって、とてもとても多いのです。

 

ぜひ、頑張ってください!!

 

お手紙をくださった方に話を戻しますが、5人の子供を産んで育てるということは、自分の体と合わせて、まさに6人分の栄養が必要だったわけで。。

おそらく3人目に出産の後は、ほんとに体がボロボロだったと思います。

骨もスカスカになっている。。鉄やビタミンBも亜鉛もなんでもかんでもすっからかんです。

 

そのすっからかんの状態で、5人妊娠されて、無事に出産されたわけですから、大したもんです!ほんとうにご苦労様でございました。

 

妊孕力のある方というのは、とても素晴らしいことですが、妊娠出産をすればするほど、お母さん自身の体は大変になっていくので(栄養欠損に拍車をかける)、摂れるだけ栄養を摂ってほしいと願わずにはいられません。

出産が終わっても、授乳があり、子供は待ってくれませんものね。

授乳が終わっても、まだまだ子育ては続くわけで、1人2人でも大変だと思いますが、3人以上になってくると、もう頭が下がりますね。

 

お母さんほんとに休む暇もない。。

 

なので、余計に、お母さんの食事は、おにぎりだけとか、ごはんと明太子だけ、とか、お惣菜の丼やパスタ、パン(サンドイッチならまだいいほうで、ひどい方だと菓子パンだけ。。)、お菓子で簡単に、手っ取り早くカロリーがそこそこ摂れて、血糖値のすぐに上がるもので済ませてしまう方がとても多いです。。

ご自身の食べている時間も精神的的余裕もないわけですから、仕方ないのかもしれませんが、仕方ないと言っていたら、結局全部自分に反ってきてますます自分がしんどくなるだけ。。。

悪循環ですよね。

 

体が元気になれば、体が言うことをほんとに利いてくれると、同じ家事でも早く終わらせることができるようになりますから【効率が良くなったり、ほんとに手早くできるようになります)、、時間にも精神的にも余裕ができます。

 

子供のいない私が言っても説得力がありませんが、少しでも子供と楽しみながら子育てされると、しんどさ半減、半減以下になりますから、栄養をたくさん摂って、子育ての一番大変な時期を乗り切っていただきたいです。

 

 

別の患者さんのお話ですが、夜中にほぼ毎日子供が起きて起こしに来る(不安になるから)、とその方が全然寝られない(子供はそんな夜中に起きるような年齢ではなさそうなのに。。)

 

子供に晩御飯の後、お菓子とか血糖値が上がるようなものを食べさせていませんか?とお聴きしたら、毎日晩御飯の後に、お菓子を食べさせていたそうです。

(子供が欲しがるから。って、欲しがるのは、最初に大人が与えたわけなので、覚えているから、毎晩欲しくなりますよね。糖質の呪いもあるし。)

 

晩御飯のあとのお菓子は一切止めて(たまにはある)、昼間のお菓子も減らしたそうです。

そうしたら、子供たちがキレルというかぐずるというか、大声だしたり、わがままも減ったと言われてました。。

 

子供は活動量が多いですから(ゲームばかりはダメですよ)、昼間のおにぎりがおやつ代わり、が絶対に悪い!ダメ!とは思いません。

でも、おにぎりだけ、という糖質三昧は、さすがによくない。。

一番成長に必要なタンパク質(肉魚卵)を、おにぎりの量なんか目じゃないくらい、食べさせればいいと思います。

 

子供のおやつ、というか、間食ではなく、「補食」と呼びますが、その時に一緒にお母さんもタンパク質を食べていただきたいものです。

 

ちなみに、骨がスカスカになるから、なっているかもしれない、と市販のサプリのカルシウムを買って飲むのは止めておきましょう。

カルシウムだけ取ろうとすると、他のミネラルが吸収阻害が起こります。

ちなみに、皆さんがよく飲んでいるサプリ、持ってきていただいて、確認しておりますが、カルシウムのよくあるのが、原材料に、「ドロマイト」と書かれた分です。

 

この「ドロマイト」は、土から取ってきたもので、ものすごく吸収が悪いです。

(年に数回ですから)

わかっていて飲むのなら、もう止めはしませんが、それだったら、魚を食べる食費代にお金かけたほうが、他のミネラルも摂れるし、ずっといいと思います。

 

市販のサプリをどうしても買う場合は、そういったこともご確認の上、買ってくださいね!

 

ちなみに、私の使っているカルシウムは、マグネシウムも同じだけ入っているし、材料は小魚ですから、吸収率は抜群です。

 

話がどんどんそれてしまいました。。。

 

子育てでお忙しい中、わざわざお手紙を書いて送ってくださってありがとうございます!

どちらかでお会いできる日を楽しみにしております!頑張って、子育てに家事に、養成講座と盛りだくさんですが、無理せず頑張ってくださいね!!

 

 

 

皆さんに悲しいお知らせが。。。とちょっと嬉しいお知らせが。。

 

発売がまだかまだかと心待ちにされていたONサプリですが、8月1日になったようです。。。

クリニック先行発売でしたが、予想の10倍を超える売れ行きで、なくなちゃって、一旦態勢を立て直して、発売になるそうです。

 

うちの患者さんはクリニックに在庫があるからいいですが、講演会に来てくださった方々で、すでに飲まれている方は、さすがに8月までもたないですよね。。

 

そこで!

講演会に来てくださった方は、クリニックに来られれば、ONサプリをカウンターで購入していただけることにしました!

ONサプリですから、診察はいりません。

ただ、完全予約制なので、ご予約はお取りいただくのと、ご予約を取っていただいても、処置や診察の方優先ですから、少しお待たせすることがあるのはご了承くださいませ。

 

それと、これは当院の勝手なのですが、当院の明細付領収書が、すべて電子カルテで行っておりまして、電子カルテの登録をしないと、領収書の発行ができません。

(金銭の授受ができません)

大変申し訳ないのですが、カルテをおつくりする必要がありますので、問診表のご記入をお願いいたします。

 

ご予約はお電話のみでお取りしております。

ご予約の際に、講演会にご参加いただいた旨と「ONサプリ」ご希望をお伝えくださいませ。

 

ご来院の際は、ドゥーエやアトピコシリーズ、ビューティフルスキンなど市販で購入できるものであれば、ご一緒にご購入は可能です。

(お試しなどはできません。ご購入商品名はお決めの上、お願いいたします。)

よろしければ、どうぞご利用くださいませ。

市販のサプリいろいろシリーズです。

前回の続きと、フェイスブックで、橋本病の方から、「おすすめのサプリ」はなんですか?と聞かれたので、お返事した内容をコピペしておきます。

 

コピペの前に。

 

市販のサプリで、「活性型」のもののお話。

 

市販で活性型のサプリというと、ビタミンAの場合は完全に薬になりますから、まず売れません。個人輸入だったら、入手可能でしょうけど、国内では売っていないと思います。

まあ入手できたとしても、ものすごく危ないですから、勧めませんね~。

薬でも結構大変なのに(病院で処方して様子を診ていても、という意味です)、素人がわかっていないのに使うものでは絶対にありません。

 

ビタミン以外で、先日テレビでもやっていた「エクオール」。

イソフラボンのほうが、更年期障害など女性ホルモン関係のトラブルに有名ですが。イソフラボンからエクオールに変換できるのかが大事なところですが、変換できない方、できても量が少ない方のために、「エクオール」のサプリがあります。

 

「エクオール」まで行ってしまうと、これは「活性型」です。ダイレクトに効きます。

それに対して、イソフラボンは、「プレカーサー」前駆体です。

 

私は、日本でもごく少数派の4%のスーパーエクオール(でしたっけ?)なので

(エクオールがちゃんと作られているので、いまの食生活を守ればそれでいいのでは?という人です)

私はきっちりではないですが、イソフラボンをちょっと飲んでいます。

飲んでいるほうが、言われてみれば体調がいい。。気がします。

患者さんも、「イソフラボンが飲みたい!」という方がいらっしゃって、でもたくさん飲んでいるから、これ以上増やすのは大変だから、今困った症状もないし、いらないんじゃない?と言っていましたが(飲んで害はないです。害がないのは、こちらのサプリであって、市販のものすべてが誰がどれだけ飲んで害がないのか?というのが全く別の話です。

 

この「エクオール」のサプリ、いいと思うんですが、これ、やっぱり「クリニック専売品」にするべきだったのでは?といつも思います。

 

例えば、更年期障害ですが(診断が正しいのかも大事です。検査もされずに、なんでも女性の不調は更年期障害と言う医者がいるので、腹立たしい。。)、

イソフラボンやエクオールだけで解決するものでもありません。

他の栄養素も必要だし、もちろん大豆アレルギーの方の場合、いきなりは止めたほうがいいです。医師と相談と指導のもとに使うのが一番いいです。

 

患者さんのお母さんが、うちのことを知らずに、とあるクリニックのカウンターで、何の説明もされずに購入して、飲んだらアレルギーのような薬疹が出て。。。

大豆アレルギーがあるのかどうかくらい、ちゃんと聞けよ、と思いましたが。。。

 

本当に「効く」方でも、診察の上、続けるほうがいいですが、サプリの飲む優先順位を完全に間違えていた場合、飲んでダメではないですが。。いろいろ飲んでいるわりに効果がない、となると、止めてしまうので、サプリの評価が非常にもったいないと思います。

 

いろんな会社が、サプリ市場に参入してきていますが、「クリニック専売品」にするのか、一般の方でも買えるようにオープンにするのかが、悩みどころでしょう。

一般の場合、より多くの方がネットなどで気軽に買えるため、コストが抑えられたり、下手すると爆発的にヒットするかもしれないので、悩みどころでしょう。

だからこそ、本当は、診察の上、処方が必要なんだと思いますが。。

危なくはないのかもしれませんが(用法用量は守りましょう)、適応の間違っている人から、「効かない」と言われたら、もったいないなーと思います。

 

できれば、「活性型」のものは、誰かの(専門の医師)管理のもとにやったほうが無難だと私は思います。

 

以下、フェイスブックのコピペです。

 

肉魚卵を増やすと、食費はかかりますが、トータルでみたら、医療費は減るし、いろんなことがドンドンこなせるようになるので、次のステージに上がって行けます!
ドラゴンクエストのように!!

さて、橋本病ですよね。
自己免疫系疾患という、やっかいなようなよくわからない病気(という定義になりますね)ですが、「抗体」があるだけなのか(そんなことは少数派でしょうけど)、実際に甲状腺機能がどこまで低下しているのか、によっても程度が違うとは思いますが、今薬が出ていますか?
甲状腺ホルモンの血液検査は、地区によっても医師によっても違うようですが、TSHと FT4だけ測っていることがあり、FT3を測られていない方をうちではよく見ます。値によってもちょっと違ってきますが、まずカロリーは必ず必要です。
魚(魚介類)たっぷりに、タンパク質、鉄、ビタミンB、ビタミンD、亜鉛、ビタミンA、などなどすべてのメジャーな栄養素が必要です。
そういう意味では、ONサプリは、4種類とも飲んだほうがいいです。
でも、この4種類は、橋本病甲状腺機能低下症に関わらず、すべての方が飲んだほうがいいです。
それと食事による動物性タンパク質たっぷりと大豆と野菜。

今日も患者さんに聞かれましたが、市販のサプリで、プロテインにしろ、ビタミンミネラルにしろ、私から勧めるものはありません。
もう勝っていた場合は、それは飲みきってもいいけど(添加物がそれほどないから)、次はいりませんよ、というものから、それは逆に害ですよ、というものまで、ピンキリというか、似たり寄ったり?
ひどいものはかなりひどいです。

アメリカの個人輸入のは、ケタがおかしいくらい入っているように書いてますが、実際そんな量は入ってないし、合成の安物だから吸収も全然しません。
国産もそうですが、ほとんどのビタミンミネラルミネラルは、合成の吸収率の悪いものです。
その分たくさん飲んだら、結構な値段になってみホントに安物買いの銭失いです。
倍飲んだだけ、かといって倍吸収するわけでもなく、でも添加物は、倍!

確認が取れていればいいんですけど、そんな薬と同じ扱いで作られたサプリを、ONサプリ以外、私は知りません。

受診される方には全員飲んでいるサプリ持ってきてもらいますが、ろくでもないオンパレードで…。( ̄。 ̄;)

先日持ってこられたのは、「ヘム鉄」と表示はありますが、なんかあやしですけど、まあそれは置いといて、ヘム鉄しか入ってません。
ミネラルは、単独で摂ると、他のミネラル飲んで吸収阻害を起こしますからこそ仮にヘム鉄がたくさん入っても、体には反って悪いのです。
素人が中途半端な知識?で作ると、こんなろくでもない、あほみたいなサプリができあがるわけです。
天然天然と何度も連呼してホームページに載っていましたが…。

市販で買われる場合、完成品で中身を検査したのか、その結果が表示されているのか、(実は大手はほぼ全社完成品で調べていると思っています。でも、予定していた表示よりも減っているので、パッケージには書かれていません…。消費者庁の昔の検査でもありましたが…。薬じゃないから、表示する義務がないわけです)

サプリでも、薬と同じ基準でつくられ、吸収率も考え出すものであれば、市販でも飲んだらいいと思いますが、ビタミンミネラルでは、存在するのかな?とすら思います。
第三類医薬品のビタミン剤は、いわゆるサプリとは違いますが、合成です。
そしてミネラルはあったかな?と思います。あっても、一部とか…。
保険適用で亜鉛の薬が出てきましたけど、マグネシウムだけでした、見たところ。
保険適用はいいことなんでしょうけど、亜鉛単独でたくさん摂っても、うーん…と思いました…。
あと、結構なお値段でした。保険でも。
(保険適用じゃないと処方してもらえません)

ONサプリがもうすぐだと思いますので、もうしばらくお食事だけで頑張ってくださいね!

facebookにちょっと続き書いていたので、コピペしようとしましたが、夜中だとうまくいきません。。。コピペが全くできない。。

コピペできました。

 

さて、ビタミン剤ですが、活性型とその手前の状態のものなど色々あって、同じビタミン剤だと思って飲んでいると、中身は大違いということはよくあることです。

商品によったら、記載がないものもあるし、市販のサプリにそこまでのことを求めても、もともとそういうものじゃないから、それは無理と言うものでしょう。

活性型でビタミン剤というのは、細胞にダイレクトに効くので、それなりの効果も出ますが、ダイレクトに効くとなると、副作用もあります。
薬と同じような働きになるので、結構危ない。
短期間、症状に合わせて飲む、というのはアリだと思いますが、ずっと長期になにも考えずに飲むのはない止めたほうがいいと私は思います。

うちで取り扱っているビタミン剤は、危ないものはすべて「プレカーサー」と言って、活性型の手前のものです。
そうすると、体のみならずほうで、必要な分だけ活性型に変えてくれるので、 ラクチンであり、安全です。

1 / 1212345...10...Last »