プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近投稿した写真

  • 般若
  • IMG_20180401_101633
  • 消化管と皮膚
  • IMG_20180311_000306
  • IMG_20180312_134719
  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • IMG_20171231_010939

ホーム > サプリメント



 

あにFacebookのコピペです。

こちらにも載せておきますね。

わかっている医師が、予算のこともあり、非ヘム鉄を一時的に使うということはあるかと思います。

お金を払うのは患者さんですから。

なにかあったら、すぐに止められるように心構えを、医者も患者さんもしておく。

 

ただ、すぐに止めなきゃいけなかったり、自覚症状が出なかったり、出ても気づかなかったり、検査でも見逃していたり、特に保険では詳しい炎症反応の検査はできませんから(高感度CRPだけではダメ。気づいた時には遅いことも)、結構炎症反応が大きくなっていて、突然の悪化や大きな体調不良もあり得ます。。

かなりリスキー。

でもそれだったら、ヘム鉄1粒でもいいから長く続けているほうが早く良くなると思います。

なにより安全。

 

 

以下、コピペです。

 

発達障害のお子さん、大人もそうですが、皆さん、とても腸が悪い。
腸での免疫寛容システムもうまく働いていない可能性も非常に高く、慢性炎症がほんとうに生まれた時から(生まれる前から?)ずっと続いている可能性もあります。

そういう方に、炎症を起こさせるものは、極力さけるというのが、治療での一番のポイントです。

だから、グルテンフリー、カゼインフリーは必須です。
食事がとても大事です。

 

腸が悪いから、よけいに大事な栄養素も吸収できない。

でも、悪いものはどんどん入ってくる。

 

栄養欠損がひどいため、サプリメントでの栄養補充は必ず必要となりますが、一番したらいけないことが、非ヘム鉄、特にキレート鉄を飲ませることです。

 

発達障害の方には、年齢に関わらず、必ずヘム鉄を飲んでください。

 

医師が処方するものも、決して非ヘム鉄、キレート鉄であってはいけない。

 

何かで一時的によくなることがあっても、その後、どんどん悪くなります。

 

キレート鉄で、恐ろしいほどの炎症が起こってくるからです。

 

キレート鉄自体が、生体の恒常性を破壊するもの(薬と同様副作用おこりまくりです)ですから、キレート鉄を出している時点で、オーソレモキュレラ―療法ではありません。

 

全く次元の違うものです。

 

え?!と驚いた方は、溝口先生の「最強の栄養療法「オーソモレキュラー」入門」を買って読んでください。

詳しくそちらに書いてあります。

 

自分がいいと信じているサプリや治療が、患者さんによけいに炎症を起こさせてるって、どう思いますか?

 

医者の無知は、犯罪と同じです。

 

現実を知ろうとしないで、キレート鉄を出し続けるのは、何かの洗脳ですか?

これを読んで、腹立てる前に、勉強したらどうですか?

IMG_20180401_101633 桜を見に行っていたら、すっかり4月のキャンペーンのことを忘れておりました。。。

IMG_20180401_101908スミマセン。。

IMG_20180401_101603

いつも患者さんからも、遅いっ!!と催促をいただきますが、スミマセン・・。忘れているわけではないんですが。。いや、忘れているのか。。

バタバタしている間に、後回しのぎりぎりになってしまいます。。

後で、あれも追加しておこう!忘れてた!ということも多々あります。。

 

さて、4月のキャンペーンです。

もう3月も終わり、紫外線もそろそろ本番かと。

外で過ごす時間が長くなることが増えることが問題でしょうか。

自覚もあまりまだなかったりするこの時期に。

 

日焼け止めの塗り直しがメンドクサイと言っている時期では全くなくなってきましたので、塗りやすいものをいくつか持っておくことも大切です。

 

この機会に、いろいろな日焼け止めを試してみられるのはいかがでしょう。

 

ということで、日焼け止め購入されたら、ひとつにつき、おひとつ、日焼け止めのサンプルをぷえ®ゼントいたします。

*商品によって、お渡しできる数が違います。

全然サンプルがないのもありますので、ご了承ください。

 

 

気温が少し上がって、毛穴が毛穴が~!!という方も拭てました。

 

毛穴のつまりは、スキンケアと食事に栄養に、というのがとても大切ですが、すぐに効果があるものではありません。

ある程度の効果を早く欲しいとなること、そこは美容医療に助けてもらうと、モチベーションも上がるでしょう。

少しだけ、一足早くにご褒美をちょっともらう。後は、もっと努力してから、という感じです。

 

適応のない方もいますので、必ず相談が必要です。

 

うで、脚などの露出も増えるし、ボディケアも真剣にやないといけない日もいます、

 

AC BDYもそうです。体型のためにですが、栄養を摂っていない方は、全然効果出ません。

メモリがMAXまでいった患者さんが折られましたが、肉嫌い!と全然タンパク質を摂らず(結局肉だけじゃないから。オーソモレキュラー療法している方ではない)、MAXまでいっても筋肉全くつきませんでした。

破壊だけになるので、その方には止めてもらいました。

 

なんでもやればいいわけでもないし、強ければいいわけでもない。

 

薄毛育毛治療されている患者さんから、育毛に関するキャンペーンが少ない!と言われましたので、忘れないうちに上げておきます。

 

定番になりつつある、肌荒れ相談、スキンケア相談の敏感肌用化粧品のサンプルプレゼントと、栄養解析のグルタミンプレゼント。

微妙~に中身を少し変えることがあるので、定番になっていないだけです。。

今のところ、変わり映えしませんが。。

 

 

 

 

 

 

 

先日の「人付き合いと食事」が結構反響が大きかったようです。

 

先日にも少し触れましたが、男性が、自分の元気な子どもを産んでもらおうと思ったら、痩せすぎの糖質三昧の女性は選ばないほうが。。ということを書きました。

(ちゃんと内容の前後を読んでくださいね。抜きだしたものだけ読まない!前後の脈絡というものがあってこその文章です。

http://www.aiko-hifuka-clinic.net/2018/03/%e4%ba%ba%e4%bb%98%e3%81%8d%e5%90%88%e3%81%84%e3%81%a8%e9%a3%9f%e4%ba%8b.html

 

逆に、女性も、自分の元気な子どもが欲しい!と思うなら、痩せすぎの糖質三昧の男性は止めたほうがいいかも。。となります。

 

痩せすぎ、太りすぎも、なんでも過ぎたるは猶及ばざるが如しですが、

糖質も摂っているけど、肉魚卵も野菜も食べている(なんでもたくさん食べて、運動量が少なかったら、普通太りますわな)、というので太りすぎの男女は、栄養も入ってきているので、糖質三昧の痩せすぎよりはかなりマシです。

少なくとも、カロリーは確保されているわけだし。

(生きていく上で、カロリー確保は最優先事項かと)

 

で、今回は男性の精子の話です。

 

痩せすぎの男性、特に昔から、子供の時から太れない、おなが弱い・悪い、痩せている、と言う方は、ピロリ調べるようにと散々言っておりますが(詳しくは、ブログ内やFacebook内で検索をかけてください)、もちろんピロリだけではなく、おなか(特に腸)も診ないといけません。

 

必ずしも内視鏡をしたり、保険の通ってない、自費でもかなり特殊で高額な検査をするだけが「診る」ではないです。

問診やお食事日記だけでもかなりのことがわかったりします。

 

男性の場合、食事も大事ですが、お酒ですね。アルコール。

(女性もあてはまる方はたくさんいらっしゃるかもしれませんが)

 

私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」でも書いているように、亜鉛というのは、とても大事で、実はむちゃくちゃ必要です。

 

保険診療だけでは、マスクを外した本当の亜鉛の値は採血してもなかなかわかりづらいと思いますが。。

 

 

亜鉛が足りないと、一番困るのは、細胞分裂です。

分裂ができないので、増殖ができません。増えないんです。増やすことができないです。

 

皮膚や腸管の粘膜は、本来めまぐるしい速さで生まれ変わるものですから、なので、少々の刺激を受けてもすぐに新しくすればすむ話です。

 

それが亜鉛がないとできません。

 

増えにくくなる。増えない。

程度の差こそあれ、ようはそういうことです。

 

精子って、すごい数ですよね。

だんだけ細胞分裂してんねん、って感じですが、とても亜鉛が必要です。

 

ところが、今妊娠を希望されている男性の年代は、仕事に疲れ、ひどい時は家庭にも疲れ。。。

 

ストレスが多いと、尿に亜鉛とかミネラルって排泄されたりします。

 

今の若い子は減っているかもしれませんが、お酒は亜鉛をものすご=く消費させます。

もちろん、ビタミンBも。

 

昔に比べたたら、糖質量が増えているのは男性も女性もだと思いますが、糖質をいきなり、もしくは大量、もしくは両方だと、血糖値は乱高下して、インスリンも大量に使うことになり、インスリンは亜鉛がないと作れませんから、亜鉛のない方はいいインスリンが作れません。

 

質の悪いインスリン→血糖値が下がらない・下がりにくい→インスリンが大量に必要→亜鉛が大量に必要→亜鉛が足りない→いいインスリンが作れない、

と一周でも何周でもします。

 

インスリンを大量に使うことは、亜鉛もそれだけ大量に消費されるということで、それだけたくさんの亜鉛が必要となります。

 

ところが、この亜鉛は、食事では結構摂りづらく、今は牡蛎の季節だからいいですかが、牡蠣がなくなると、肉や魚には含まれていますが、牡蠣には勝てません。

かといって、毎日も冬でも食べられないし、夏なんて、岩ガキ食べられたらいいですけど、普通流通もしてないし、と結構大変です。

大量にも食べられないし。。

 

加工食品ってやつは、本来食材の材料に入っていた亜鉛も微量ですから、調理の過程で失活します。

なので、ほぼ加工食品からは亜鉛が摂れません。

 

加工食品ばっかり食べているし、お店に入っても、加工食品が多いとか何が入っているかわかりませんから、ある程度高くていいお店なら亜鉛がほんとに多少取れますが、安いところだと期待しないほうが。。。

 

まとめると、アルコールと糖質をたくさん摂っている男性の精子は、数少ないのでは?ということです。

 

また、これも本に書きましたが、アルコールと糖質は、ビタミンBを消費します。

ビタミンB群がないと、すべての細胞はエネルギーを作ることができず、全然動けません。

 

男性にとって、これから妊娠を考えているなら、とりあえず亜鉛とビタミンB群はとても大事なわけです。

 

糖質三昧に、アルコールも大量や頻繁となると、精子の動きは悪いわ、数は少ないわ、ってことにもなりかねないので、妊娠に向かない、と言えてしまいます。

 

皆が皆精子ダメになっているわけではありませんから、他にもいろいろあると思いますが、もし簡単にチェックしたくて、何人か候補がいて?迷っているから、ひとつの目安です。

 

妊娠したいなら、精子、元気なほうがいい!

 

でも、男性も疲れ切っていますよね。。

そのせいで、栄養が減りに減りまくって、精子の数が減ったり、動きが悪くなったりしている可能性も大きい。

 

原因が、栄養だけ、ということも多々あるようです。

 

なので、不妊で悩んでおられる男性がいたら、まずアルコール減らすのと、糖質三昧・糖質中心を止めて、肉魚卵はもちろん、良い油も大豆も野菜も食べればいいわけです。

 

不安のある方や急いでいる方は、オーソモレキュラー療法を始めるのを勧めます。

 

糖質三昧の食事を変えることは、精子云々に関わらず、ご本人の体にとってもいいことですから

(糖質制限だけやんないように)、早速なにか始めてほしいです。

 

と、これだけ書いても、食事放ったらかしで、またやっすい市販の亜鉛やビタミンb群のを飲むのはあまり勧めません。。。

 

亜鉛などのミネラルは、単独で高濃度入れすぎると、他の吸収阻害があこり、余計に体調が悪くなります。

市販の(ネット含む)ビタミンB群は、そんなもので、エネルギーが作れたらいいのですけど。。。

 

とりあえず、まず食事ですね!

 

 

 

 

 

もう3月ですね。早いですね。お雛様ですね~。すっかり忘れておりました。。。

お雛様、飾らないといけませんね。。

だって、好きだから。

 

いつもぎりぎりに飾って、名残惜しく、「京都は旧暦でいいや」と3月いっぱい飾っていたりします。。

 

さて、3月。

4月もそうですが、イベントちょっと多いですね。

4月に向けての準備期間でもあるし、3月年度末の会社は大忙しのところもあるでしょう。

イベントに向けて、美容医療される方も増えるのがこの季節ですね。

 

いわゆるプチ整形という注射系、光、レーザー系、手術を春休みにする、大学デビューというのもあるかもしれません。

まあ、手術は、その方の人生ですから、否定しません。ちゃんとリスクをわかった上で、問題になっているような格安クリニックは避けたほうが良いと思いますが、まあその方の人生ですから、大きなお世話です。

 

でも、手術は、形成外科認定医の資格のあるドクターというのが最低の条件だと私は思います。

一般社団法人 日本美容外科学会JSAPS

http://www.jsaps.com/

から、ドクターを探しましょう。

こちらは、形成外科認定医をもっていないと、入れません。

同じ名前の学会がありますが、似て非なるもので、形成外科医ではないことが大半です。。

最低、ここをクリア! そこからは自分に、その先生との考え方が合うかどうか。

「美」の基準と言いますか。

腕は、やってみないとわかりません。。。

 

うちは手術しないので、もっぱらちょっとだけ注射してみたいとか、光・レーザーがメインです。

周りにばれずに、でも、なんかキレイ。。というコンセプトです。

もちろん、プチ整形の方もスキンケアと栄養足せば、最強です!

 

美容医療は、もともと値段設定をそんなに高くしていないのと、回数を重ねれば、コースではないですが、お得な料金になったり、レーザーと同じ日に注射したらちょっと安くなったり(手間暇同じですから)、というのは前からしているので、キャンペーンではなく、年中、いつでもというわけです。

今月やらないと安くならない!と焦らなくてもいいのです。本当にやりたいと思ったら、副作用や効果も含めて納得してからやったらいいです。

逃げませんから~。

 

さて、今回のキャンペーン。

 

 

花粉で皮膚が荒れる、炎症を起こす(アレルギーでなくても)というのは、先月もしましたね。

2月は結構寒かったので、思った以上に飛散量がまだ少なかったようですね。

(私はオーソモレキュラー療法で治ったようなものなので、どんだけ被害が出ているのかが自分で体感できません。。もともと、ものすごくひどい花粉症でしたが)

 

 

3月、温かくなってくるので、いよいよ本番ですね。

 

イオン導入のキャンペーンですが、3月も花粉症だからしてほしいと患者さんに言われ、またトラネキサム酸好きな方、グリシルグリシン好きな方から(特にグリシルグリシンの方)からは、プラセンタ以外もやってほしい、トラネキサム酸もまたやってほしいと言われ、確かにこの季節お肌荒れますからね~。

3月は、イオン導入の種類は全種類にしました。

必ず、事前にカウンセお済ませください。当日言ってもできませんので、ご了承ください。

準備が間に合いませんから。

 

そして、3月は、ちょっと今までよりも紫外線が強くなります。

すごく強くなるわけではないですが、それよりも皆さん外に出る機会が増えるんですよね~。

うつうつとした冬っぽい空でもないし、日照時間も長くなっていくし、と日焼け止めの塗り直しがいる方が出てくる季節です。

今までさぼっていた方も、塗り直しメンドクサイ、と思っていた方も、いろいろな種類を試したいと思っている方も、試すいいチャンスです。

塗り心地の好みがかなりありますからね~。

なので、うちでは結構な数を置いています。

塗り直しすると、量もいるし、お財布に優しくお値引きです。

レーザーするしないに限らずです。

 

 

育毛・薄毛治療・相談されている患者さんから、ヘア関係もキャンペーン欲しいと言われたので、足しました。

まあ、シャンプー基本いりませんから、気になった時だけでも。

椿油あれば、髪の毛の保湿は事足りますし。安いし。

 

そう!椿油で思い出しました!!

大島椿さんのキティちゃんバージョン!!

ミントグリーンが欲しくて買い足しましたが、またしてもピンクとレッド。。。

いや、可愛いんですが。。。全色ほしい。。

買えなかった方、知らなかった方に、箱を空けたものでよければ(中身は未開封)でよければ、条件をクリアした方に差し上げます。

早い者勝ちなので、どうぞおっしゃってくださいね。

興味ない方もおられるので、できれば、欲しい方にもらっていただきたいです。

ちょっとしかありませんから。

 

 

初診の肌荒れの患者さんから、前みたいなイオン導入のキャンペーンを付けてほしいと言われたので、確かに花粉の季節、つけました。

必ず予約の時に希望をお伝えください。

あまりに状態が悪すぎて、断ることもあります。

入りすぎるというか、刺激が多すぎたり、、電気抵抗が上がって、ピリピリするという方がおられます。細かいキズがあって、手にに水膨れできた方を診たことがあります。

まあ、ピりぴり言わずに黙っておられたんですが。。。

 

薄着の季節もすぐそこなので、部分痩身には、AC BODYのキャンペーンで、こちらも患者さんからもご要望です。

マッサージ程度になる方もおられますが。。

 

 

肌荒れ相談は、引き続きサンプルプレゼントです。

キャンペーンじゃなくても、ほんとに肌が荒れている方で化粧品使いたい場合、保険診療でも、サンプルを少し上げています。

(保険診療は説明なしですよ)

キャンペーンとの違いは、1回で差し上げる量ですね~。

ものにもよりますが、できれば1回だけではなく、数日、それ以上は試してほしいわけです。

 

 

 

先日来られた患者さんが、「肌断食」をしていると言われたんですが、結構顔が全体に赤く、ニキビ・ニキビ跡でお悩みなんですが、なんかおかしいな~という感じ。。。

 

もちろん、栄養状態が悪いと、お肌の状態もアトピーなのか?ベースに実はあるのか?!というくらい、皮膚のバリア機能がそりゃあもういとも簡単に破壊されまくるので、栄養足りないだけかな、と思ってましたら。。。

(で、レーザーよりも先に栄養解析を含めた、オーソモレキュラー療法をされることになったんですが)

 

「○○○○○○の肌断食」をしていると言われました。

(○○○○は、数は適当です。カタカナが入ります)

 

。。。?なんじゃあそりゃあ?

 

そもそも「肌断食」って、純石けんとワセリンしか顔に塗らないというのがベースだと思います。

宇津木先生の本が有名で、この本で一気に広がったと言っても過言ではないと思いますが、すご~く昔から、皮膚科のおじいちゃん先生は、女性の顔のトラブルは、化粧品を全て止めさせ、ワセリンだけ出す、というのはかなり定番です。

(最近のおじいちゃん先生は、あまり言わないかもしれませんけど。だって、言ってもどうせ言うこと聞かないからっていうのがありすぎで、もう言わないことも。。)

 

女性の先生は、ご自分も化粧されるし、言っても女性の患者さん聞くわけないので、あまり言いません。

言わなきゃいけないくらいひどい場合は、おっしゃると思いますよ。

(それでも言わない医者もいますけどね~。)

 

宇津木先生のご本に乗っかって、乗っかり商法っていうんでしょうか。なんでも流行れば、のっかる輩というのが出てきます。

 

まあ、広めてくれる人が多い方がいいし、それで化粧品の害から救われる方も出るなら、、乗っかること自体はいいと思います。

それが結果的に、商売になって、皆喜んでくれた代償として、お金が入るのは、喜ばしいことでしょう。

 

でも、やっぱり乗っかるやつの中に、自分の利益しか考えていないやつもいて。。。

 

 

患者さんのおっしゃった、「○○○○○の肌断食」って、てっきりどっかの誰か(美容家ってやつ~?)がまたなんか乗っかっている方法なのかと思って、それはどんなやり方なんですか?と聞きました。

(肌断食に、方法もくそもなく、石けんで洗って、ワセリン必要なら塗るだけですから。)

 

 

そしたら、方法じゃなくて、化粧品だというんです!!

 

○○○○○○とかいう名前の化粧品を使って、洗顔するらしい。。

他にも保湿剤?みたいなもの、売ってたかな~。受診される前には調べて覚えてましたが、今保湿剤?まであったか忘れました。

患者さんが使っておられたのは、洗顔料だけだったので。

 

 

「肌断食」と言って、わけわからん化粧品買わせたら、もうそりゃあ、肌断食ではなかろう。

というか、違うし。

で、その

純石けんとワセリンなんて、ドラッグストアでもスーパーでも売ってますし、わざわざ探して、しかも高いお金出して買うものじゃない。。。

(石けん 1個150円前後、ワセリンも500円前後でかなり大きいのが買えます。

ただの白色ワセリンでいいわけで、赤ちゃん用ワセリンとか、なんとかワセリンとか、ワセリン以外のものが混ざっていて、値段が高くなっているものは買わなくていいです。

 

そもそも、白色ワセリンに、赤ちゃん用ってなんだ??

白色ワセリンは白色ワセリンです。赤ちゃんも大人も関係ないです。

(厳密に言えば、ちょっと種類がありますが、赤ちゃんだから使うわけではないし、赤ちゃん用と書いてある商品で、私の言っているワセリンになっているのは見たことがないです。

ワセリンの最大のメリットは、酸化しないことなのに、なんか混ぜたら、酸化する可能性も。特にオイルは、酸化しますから。

その混ざっている成分がろくでもないこともあったりします。悪くないものもあったりしますが、だいたい患者さんで、混ざっているワセリン買って、ろくなことになってません。。。)

 

 

話戻します。

 

で、そのろくでもない「○○○○○○」。

HPには、化粧品は止めましょう!要りません!それが肌に優しいとかなんとか書いておいて、自分のところのわけわからんもん、買か?わせるという。。。

まあ、よくある、質の悪い、乗っかり商法です。

 

その使用されてた洗顔料。。。もう添加物まみれのところに(何が肌断食なのか?このメーカーは、本気で言っていたら、頭悪すぎか?! というより、ただのぼったくりでしょう。。。)

そこの売りである、塩! が入っているんです。。。

 

いなばの白兎かっ!っちゅーっねんっ!!

 

それに変えて、ちょっとだけニキビマシになったそうで。。。

 

ということは、前がさらにもっとひどい化粧品だった、さらにひどい状態だった、ということですが。。。

 

初診時の患者さんの肌はボロボロでした。。

 

皮膚のバリア機能も破壊され、慢性炎症を起こしているところ、ニキビもあるから、ところどころ、膨らみもある、そこに、塩を塗りつけるわけです。

塩スクラブってやつ~?

 

塩スクラブで顔洗ったら、そりゃあひどくならないほうが無理でしょ。

 

傷口にあら塩塗りこんでみてください。どれだけ痛いか!

拷問でしょう。。。

 

よくこんなの売りますね。。。もう信じられんわ。。

本気で売っているとしたら。。。なに、女性に恨みでもあって、復讐してんの?!って感じです。

ぼったくりしても、皮膚を傷つけるのは止めてくれ~と思いますね。

 

 

もうこんなの騙されて買っちゃうなんて、大丈夫かな~と肌のひどさからも心配していましたが、この患者さんとても頑張られて、8日ほどしかたってませんが、顔全体の赤みが消えました。

ニキビが出るのもちょっと減ったみたいです。(波があるから、まだ様子診ないといけませんが)

 

サプリはほんのちょっとだけ買われましけど、まだ1週間くらいのもんです。

食事もとても頑張られました。

おかしな化粧品、全部止めて、最低現の化粧品を新しく購入されて使われました。

 

約1週間で、皮膚にまで栄養がどれだけ行ったのかと言われれば、そんなに行っていないとは思いますが、良くなっているんですよね~。

 

栄養入れてあげるのも大事ですが、皮膚への攻撃をすっぱりと止めた、というのが一番の功労ですね。

それが悪循環を断ち切って、すべてがいい方向に回り出したのかも。

 

まさにスキンケアと栄養の重要性ですね。中から支えて、新しい皮膚をどんどん作る。

 

皮膚だけだったら、1週間のビフォーアフターは、スキンケアによるのが大きいのかもしれませんが、患者さん、すっごい元気に明るくなられたんです。

はきはきしているというか、若さみなぎる感じ。いい感じです~。

若い子は、こうでなくっちゃっ!!

 

 

偽肌断食のせいで、遠いところに行っちゃってましたが、すぐに戻ってこられて、良かったです。

若い子はやっぱり回復早いですね~。

今後の経過が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Facebookのコピペになります。

 

 

先日、書いたオーソモレキュラー療法をしているクリニックが皆同じことをしているわけではない、という話の続きです。

 

 

オーソモレキュラー療法の基本は、食事です。
サプリではありません。
食事を摂った上での、サプリの補充です。

 

食事だけでは、今までの何十年分の栄養欠損がなかなか改善できないからです。

 

サプリを月五万買おうが、十万買おうが、糖質三昧、タンパク質全然食べたくありません、お惣菜やコンビニばっかりです、となると、全く効かないとまではいいませんが、五万の価値なし。

生かすも殺すも患者さん次第。

 

でも、何がダメで、何がいいのか、ってわかってなかったら、ご本人はいいと思って、どんどん外れていってしまいます。

 

資料を渡したから、食事指導したからと言って、患者さんがすぐに理解して実践できるわけではないですが(実践は、結構大変な方は大変ですから)、食事の話を何も聴いてないという方、わりといます。

 

時間の関係で、あまり話す時間がなくて、とりあえずこれ読んでやれるものをやってください、というようなこともあるかもしれません。

 

でも、ホントになーんにも聴かされていない方がホントにおられます。

 

 

そうなると、せっかくだから体に良いものを食べよう!と張り切って、玄米菜食に走るとか、肉は鶏肉たまに食べるくらい、しかもコンビニのサラダチキン、魚はツナを少々、卵は一日1個毎日食べてます!(これが如何に良くないのかわからないかたは、私の本をお読み下さい)、ひどい方で断食をたまにします、という方も…。

 

サプリ毎月2~4万くらい買っているのに!

 

これがいかにおかしなことになっているのかわかりますか?

こういうのは、オーソモレキュラー療法ではありません。

 

おなかの調子で、普通のオーソモレキュラー療法とは少し違う食事指導が出ることもあります。

それは、その方のおなかがついていけないからです。

肉が消化できない方、胃腸に無理させてしまうという方もいます。

その場合は、そういう説明はあるかと思いますが…。

 

あなたがオーソモレキュラー療法と信じてやっているのは、医師から、あるいはその
クリニックのスタッフから(医師の指示で)食事の何らかの指導がありましたか?

 

なかったら、とりあえず一旦止めてみましょう。

 

どうしてもサプリ飲んでるほうが調子が良いというなら、経済的に無理のない範囲でサプリだけ飲んでも良いですが、ちゃんとしたら効きが全然違うから、もったいないかなと思います。

 

それよりも早く、溝口先生や私の本を読んでみてください。

 

うちに来られる患者さんで、来るまでの間に食事変えただけで、月経トラブルが改善した方も結構いらっしゃいます。

 

データはもちろん私も含めて皆さん悪いわけですが、食事で体調が少し良くなるなら、そのほうが早く良くなるわけで、今までと真逆の食事に慣れるのに時間のかかる方もいますから、できるなら、早く始めたほうが良いに決まってます。

 

サプリ屋ではないですし、データなども含めて医師の診察を受けないと、自己流でやっても、それはオーソモレキュラー療法ではないし、治療でもなんでもありません。

あやしい民間療法と同じになります。

 

クリニックも受診せず、診てもらったことすらない医者に、ネットで相談してなんかやっても、  そんなものは医療じゃないですよ。
診てもいないのに、一般的な話ですではなく、個人に対して指示をするのは、はっきり言って完全に医師法違反です。
無責任極まりない。

facebookからのコピペです。

オーソモレキュラー療法をやっているクリニックが、どこに行っても同じ治療が受けられるかというと、それは違います。

なんでもそうです。

 

ただ、食事指導あってのオーソモレキュラー療法ではあります。。。

あなたが受けたところは、食事指導がありましたか?

 

以下、コピペです。

 

栄養療法ではなく、オーソモレキュラー療法をやりたい!という方は増えてきたと思います。
認知度が上がって、嬉しい限りです。

 

 

他院で、オーソモレキュラー療法為れていた方や、栄養療法?っぽいことされていた方なども来られます。

 

その時、データや解析結果が在れば全部もってきてもらって、必ず確認しています。
(受けたことない方も、検診や人間ドックの結果などデータがあるならそれを診ます)

あと、なにをどれくらい飲んだのか、食事は変えたのか、効果はどうだったか、などなども確認します。

中には、溝口先生の解析レポートを持ってこられる方もいます。
(溝口クリニックで受けたのではなく)

 

血液検査の項目もバラバラだったり、少なかったり、保険でできる範囲しかしてないから少ない時もあれば、自費でも少ないかもこともあります。

 

解析結果の説明を何も聴いていないという方もたまにいます。

 

読んどいて下さいと渡されただけです。

 

説明がホントは多少?あったのかもしれませんが、そんなに説明はされてはいないんだろうな…と推測します。
(実際はわかりませんよ。そっちのクリニックを確認してませんから)

 

 

勘違いされている方が多いようなので言っておきますが、溝口先生の解析レポートは、そのまま見ても、本当の意味は患者さんはわかりません。
必要だと思うサプリは、もちろん見たらわかりますが、データの深読み、読み取りについての解説がないのが書いてあるわけではないです。

 

もちろん溝口先生は、読み取りされた上で、サプリを選ばれているわけですが、レポートだけ見ても本当のところがわかりません。
マスクのかかり方がひどい方はなおさらです。

 

それを説明するのは、解説を受けたクリニックのドクターです。

 

溝口クリニックで受けたのなら、説明があるでしょうけど、溝口クリニックで受けたのではないんですから、解析レポートに載っていない!書いてない!といのは、お門違い。

 

溝口先生の解析レポートは、私たち医師が溝口先生だったらどうするかなと意見を聞くために依頼しているものであって、それを参考に治療するのは、あくまでそこのドクターです。

 

医師は100人いたら、100人とも考え方は違います。

 

同じデータでも、治療方針というのは、ホントに全然違います。
保険診療は、保険の範囲内でしないといけませんから、かぶりやすいですが、それでも多少?場合によったら何じゃあそりゃ~!というくらい違うことも…。
学会のガイドラインがあっても、です。

 

自費治療ですから、全然違っても当たり前です。

 

もちろん、診察のスタイルというか、やり方、説明のスタイルもクリニックによって違います。
説明に時間をかけるほど、儲からないので、逆に言えば説明に時間をかけているクリニックのほうが少ないと私は思っています。

 

まして、診察料や血液検査を保険でしてもらって(儲けはほとんどありません。薄利多売です)、説明の時間がないのが短い!と言っては、世間知らずというか、世の中の経済、どうやって回ってると思っているんでしょう…。
要求しすぎです…。

 

かといって、診察料や血液検査がとても高いところが逆にちゃんとしているかというと、…。
いろいろです。

 

患者さんもいろんな方がおられるように、クリニックもいろいろです。

 

なので、自分に合うところを探せばいいと思います。

どこも同じではないので。

 

 

サプリも、溝口先生のレポートに載っているサプリと全部もってきてもらって違うのを出すクリニックもあります。

 

うちが使っているのは、溝口クリニックと同じ、MSSさんのサプリです。
これが1番安全で、成分量も管理もちゃんとしていて、治療に使えるように作ってくれていると私は思っているので、こちらを使っています。

 

欠点は、クリニックに行かないともらえないこと。

 

治療として使うわけですから、ずっと同じではありません。
体調が変われば、内容も変わるわけです。
医師が診察のうえ、処方する。
薬の代わりみたいなものです。

 

そして最大の欠点は、高いこと。

 

高いというのは、一般の効くわけもないサプリや、個人輸入のようわからんやっすいサプリや、一応クリニック用として販売されている他社のサプリにくらべて、です。

ドクターの中には、コストのことがあるから、仕方なく、MSSさんのではないのを使う方もいます。
患者さんが予算はないけど、この栄養素を絶対飲ませたい、飲んで欲しいと思ったときかな?と思いますが…。

 

そのへんは、医師によって考え方が違うので私にはわかりません。

 

私は、他のサプリなら、MSSのを一粒でいいから、たくさんの種類を飲まなくていいから、これを飲めーッ!って思うので、予算を聞いて、出せる分だけ出しています。
今のところ、他社のは使いません。

 

クリニックでホント様々ですから、オーソモレキュラー療法しているところさえ受診すれば、同じサプリが出るわけではないです。

 

同じのが欲しい方は、確認されるといういいですよ。

 

 

ブログでもよく書いていますが、ヘアカラー(ジアミン入り)のは一切勧めていません。

どうしても、着物着るから色落ちが心配とかそういう時に、1年に1~2回は仕方あるまいと思いますが、ヘアカラーを1か月毎にやっている方もいて、無知は恐ろしいなり。。と思います。

うちのヘアケア相談・育毛相談の方には、やらないように言っていますが。患者さんが守るかどうかは知りません。

(髪の毛育てていこうとしているのに、自分で毒撒いどうする?!とまで言いますが、守らない方は守りません。まあ、その方の髪の毛だし、頭皮だから、お好きにどうぞ)

 

一般的に、白髪染めや若い子のするヘアカラーは、とても良く染まりますよね。

これ、「ジアミン」という成分が入っています。

で、むちゃくちゃかぶれやすいです。

かなり刺激がある。

 

厚労省は、ヘアカラー(ジアミン入り)する時は、先にパッチテストしてからするようにと指導がされています。

毎回ですよ。最初だけじゃないですよ。

それだけかぶれるし、かぶれた時の被害が結構ひどいからです・・。

 

かゆいとか赤くなった、とかいうレベルで済まないことも多々ありますよ。

栄養状態の悪い方だと、頭皮から顔まで腫れて、赤くなることもあります。

もちろん痒い! 場合により、痛い?ひりひりするとか。

そういう薬を塗っているわけでし。

 

そんなことを、美容院からも美容師さんからも説明を受けて、ヘアカラーをしている方、一体どれくらいいらっしゃいますか?

 

毎回、言われて、同意書まで取られて、わかっていてやっている、とそこまで言うならほんとにお好きにどうぞですが、言われていない方がほとんど。

めったにいません。

 

最低でも3か月は空けたほうがいいものを、1か月でやるように勧める、お客さんの頭皮や髪の毛のことなんて考えたこともない美容師がたくさんいます。

1か月毎やっていて、「もうちょっと間空けたほうがいいですよ」と1回も言われたことがなければ、そんな美容師と美容院は、即刻変わりましょう。

お金さえもられば、人の健康は気にしないタイプです。

そういうサロンが使くシャンプーやトリートメント、パーマ液など、かなり質も悪いのではないでしょうか。

(おそらくカラーの染料も。だって、コスト重視ですから。)

 

私が使っている商品の名前を教えて、と患者さんに聞かれて、殺気調べたんですよね。

 

そしたら、銀のは絶対に使うな!!というサイトがいくつか出てきました、

もちろん、トップです。

 

この緑色になるから使うな!ということが言いたいようです。

 

緑になったことがあるのか、心配されているのか、ふんふん、と思って読んでいると、なんだ、コンプのトリートメントのステマでした。

(散々、銀のやつダメだダメだ!!と述べたかと思いきや、一番最後に、

 

 

私が勧めているのは、ヘアマニキュアです。綺麗に染めるというなら。’(若い子のカラーリングは無理があるかも)。

欠点は落ちやすいこと。根元まで染められないこと。(だから、刺激になりにくい)

あとは、カラートリートメントやジアミン入っていないヘアカラーもあります。

部分染めのマスカラみたいなのとか、落ちやすいものが、皮膚にもいいです。

 

最近、というか、結構前から、カラートリートメントでも結構染まるものがあり(洗えば落ちる。多少残りますが)、昔のことを思えばびっくりするくらい。

 

私は、そういうのをすると、かゆくなったりと体が教えてくれるので、助かります。

ウルトラマンのカラータイマーが鳴っているようなイメージです。

その鳴り方が、「これ結構ヤバいかも?!」と焦るものもあれば、何もならないこともあります。

(ヤバい?!と思ったのは、確かに良く染まりましたが。。。)

 

ヘナ100%(インディゴ入り)のは持っているんですが、時間がかかりすぎるので、まだやっていません。

(ヘナ入りのヘアカラーと、ヘナ100%の染色剤は、似て非なるものですよ、ただのジアミン入りの染色剤に、多少ヘナを混ぜた、というもの多数出ています。。)

 

根元が伸びてきた時に、マスカラタイプのは便利で簡単、いいんですが、もひとつキレイに染まらないし、根元だけ部分ヘアマニキュアするっていうのもメンドクサイですよね。

 

2年以上前から使っているのが、銀イオンがはいっていて、光に当たると黒く発色して多少残ります。洗っても少し残ります。

 

男性や短髪であれば、全部それで、というのもありかも。

ロングの方は、乾くのに時間もかかるし、やはり根元や部分染だけにしといたほうがいいです。

 

でも、月1回美容院にいってマニキュアしてもらうなら、その銀の部分染めで十分です。

 

ただし、必ず担当の美容師さんなり、美容院に、銀の部分染をしたことを言っておくこと。

 

ヘアカラーやパーマをかけると、それらの液の中の成分と反応して緑色に染まることがあるそうです。

 

かなり昔に担当の美容師さんに初めてヘアマニキュアしてもらう時に、なにで今まで染めてきたのか聞かれました。

金属が入っているもので、緑色になることがあるから、と言われたのを覚えています。

 

私は、その銀のやつをもう3年近く使っていて、ヘアマニキュアもほぼ毎月していますし、半年~10か月くらいに1回、デジタルパーマをかけていますが、緑色になったことは一度もありません。

(だからって、あなたが大丈夫、という保証はしませんよ、私は大丈夫、という話です)

 

そのサロンでの取り扱い商品の成分によるのかもしれないし(マニキュアは大丈夫っぽいけど、必ず美容師さんに聞いてください)、髪の毛に残っている銀イオンの量によって違うのかもしれません。

 

この商品が出始めた時は仕方ないとしても、もう何年も経っていてそれで美容師さんに相談して、「は?なにそれ?」と言われたら、そんなレベルの低い美容師さんと関わるのは止めましょう。

 

知っているけど、試したことはないとか、そういうことはあると思います。

 

今時、緑色になってしまったら、確認していない美容師が悪いと思いますよ。

業界では、もうとっくに当たり前の話のはずですから。

 

 

さっき患者さんに、私が使っている銀のやつの商品名を教えてほしいと言われ、ド忘れたしたので、検索したら、「絶対に使うな!!」みたいなサイトが出てきました。トップです。

その後も、そういサイトが続きます。

 

昔調べた時にはそんなのなかったのに、と思って、さ=っと読んでみました。

 

やはり緑色のことが問題とされているようで。

(それは聞かない美容師の問題。一般人にそんなことわかるわけありませんから、知っていない限り。)

 

他にもいろいろ否定的な、私からしたら難癖?と思いましたが、まあ、この人はそう感じでいるのか、と思って読み進めていたら、最後に、コンプのトリートメントがおすすめ!というステマサイトでした。

(ステマじゃないかもしれませんが、私は100%ステマだと思います。そのコンプトリートメントの販売のサイトに飛びますからね=。

 

銀ので、コンブ関係売り上げ減りましたかね。 なんでコンプがいいのかよくわかりませんが。。

 

 

あ~、ビックリしたあああ。

ある意味、わかりやすいステマでしたが。こうあからさまなステマに、ステマも質が落ちてんだな。・。。と思いました。

(ステマだと独断と偏見で決めつけていますが)

 

 

ちなみに、金属というのは、体に必要な金属と有害な金属、それほど害はない金属、といろいろです。

銀は、一般的にあまり気にしなくてもいい、とは言われています。

 

 

 

 

 

 

100000009002749707_10204 - コピー (2)

初診の方で、私のブログやFaceookも本も全部読んで、熟知していて、実践もやっている!!という方というのは、多くはありません。

時々そういうすごい方もいらっしゃいますし、そういう方はとても良くなるのが早い。クリニックでできることなんて、患者さんの実践ありきで、ちょっと底上げするだけですから。

その底上げを、ご自分で、高速エレベーターに乗せてしまえる方も出てきます。個人差ですね。

 

たくさんの方が、読んでいるけど全部読んでいない、本はまだ読んでいない、という方です。

 

ブログや本を読んでも、ずっと読んで実践しています!という方の中に、なんでそうなるのかな。。。という方がごくまれにいるので、読んだからと言って実践をされているのかは別の問題ですが、ブログの中から、自分にとって有益と思われる、欲しい情報を探すのって、とても大変だと思います。

私ですら大変ですから。。。

 

Facebookはすぐに流れちゃうので、Facebookページ内で検索をかけたらいいんでしょうけど、ブログもそうですが、無駄話もあるし、自分の知りたい答えが探せなかったりしますよね。

 

そういう時に便利なのが、本なんです。

 

私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」(青春出版社)は、栄養食事とスキンケアの大切さをまとめた本です。

内容は、ブログと同じですが、ちゃんと流れができていて、前後の話がそれぞれひとつにつながるように、どちらも大事なんだということがわかります。

 

ブログを読んでいる方で、もう何年も読んでいるというのに、食事と栄養のところ、全部すっ飛ばしている方も中にはいて。。。

もう、あ~あ~、という感じなんですが、診察に来て、栄養の話したところで、まあ聞く耳持たない方もいますし、「初めて聞いたし、急に言われてもわかんない。」となります。。。

そこ飛ばしてなかったら、今頃もっと肌キレイなのに、これから初めても早く、しかも根本的に綺麗になるのに、と言ったところで、まあ聞いていません。。

 

ま、そんな方は放っておいて、とりあえずちゃんとやっていこう、お金もなるべくかけずに、早く効果も出てほしい、と思っているなら、一刻も早く本を買って、さっさと読んで、知識と情報を整理することをおススメします。

 

結構あるのが、本をまだ読んでいなくて(予約時に、できたら先に本を読んでおいたほうが当日スムーズにいきますよ、ということをなるべくお伝えしていますが。。)、予約を取って、受診するまでの間に、おかしな化粧品やサプリをどんどん買っている方がたまにいます。。。

 

患者さんが使っている、飲んでいるものの中には、とりあえずこれは使いきっていいけど、次は買わなくていいです、勧めませんよ、というものもあれば、なんじゃあこりゃ~っ!!というものまで、ピンキリです。

(なんじゃあこりゃ~は、全部止めてもらいます)

 

ひどい人で、受診2日前に、また新しい、そしてお決まりのろくでもないものを買っている。。。しかも、安くはない。。けど、それほど化粧品やサプリにお金をかけられるわけではない。。

 

。。。なんで買うの。。?

 

それがないと困る!! たった2日間も、それなしでは生きていけない~っ!!!とまで言うなら、やむを得ません。

 

 

でも、そんなもの、ないでしょ。

 

なくても、何も困らないでしょ。

 

むしろ多分良くなったりすることも多々あります。

 

栄養足りないせいで、「買わなければいけない」「飲まなければいけない」という呪いにかかっちゃっているんでしょうね。。

 

ブログにも散々そういうことは書いていますが、まあ探せませんよね。

 

でも、本には書いてあるんです。

 

本を買ったけど時間のない方は、前にも書きましたが、

まず、

①目次を読む!!

②本の中のイラストや表に先に目を通す。

③各章ごとにまとめを書いています。このまとめのところだけ、先に読む。

④本の中の、「おススメ食材・NG食材」の表を拡大コピーして、冷蔵庫に貼る、もう1枚カバンに入れて、食事する前、お店に入る前、スーパーにいく前に見直す

 

とりあえず、これだけやりましょう。

これだけだったら、それほど時間はかかりませんし、細かい話は全然足りませんが、ポイントがわかります。

その後で、全部最初から読んでいくか、目次で自分の気になったところだけ先に読む、でもいいです。

 

先に読んでいたら、化粧品、何個も塗りたくっているのに、その中の1個が切れたからって、2日前に買うようなバカなマネはしなくなります。

サプリも切れたら、そのままで新しくは一旦買わないはずです(市販のサプリは勧めていませんから)。

 

それだけでお金、浮きますよね。

 

クリニック来て、クリニック専用化粧品や市販でもおススメの化粧品やサプリも、値段もピンキリです。

ただの保湿と日焼け止めだけなら、それほどお金はかかりません。

直前で買った、わけわからん化粧品やサプリで、十分買えて、おつりまでもらえます。

私の本も十分買えます。

 

金額が少ないと、サプリの買える種類や量はたしかに減りますが、ほんとの質のいい医療用は、1粒の効きが全然違いますから、患者さんが食事を頑張れば、びっくりするような効果が出ることもありますし、確実に良くなって行くことがほとんどです。スピードの差はあっても。

 

 

スキンケアにしても食事療法にしても、いろんな考え方があるので、患者さん方がしてきたことが絶対に間違っている、とは言いません。

(間違っていると断言してもいいことも多々ありますが。。。)

何が正しくて何が間違っているのか、考え方の違いとなると、正解はありません。

 

でも、少なくとも、あなたには合っていないから、今、肌はそうなっちゃっているわけだし、体調もそうなっているわけでしょう?

だったら、それではダメだということです。

違うことをやらないと。

 

いろんな考え方がありますから、それらをいろいろ勝手に混ぜないこと。

わかってもいないのに混ぜたら、片方ではダメ!と言っていることが別のところではOKだったりなんて、ざらです。

その中から自分の好きなものだけやるから、ますますおかしなことになっていて、今に至るわけでしょう?

やるなら、その教え通り、とりあえず最低でも1か月~数か月やってみる!

それがうまくいかない場合は、ちゃんと自分ができているのか、確認してもらうことと(自分で確認はできませんよ、客観的に見れないから)、できているのなら、どうしてうまくいかないのか、ちゃんと質問する。

その質問の答えが、納得がいくかいかないのか。

ごまかされるようなら、一旦止めてもいいと思います。

ちゃんと説明されたなら(理解できるかどうかは別として)、かかったお金と時間と効果らしきものと天秤にかけて、もう少し続けるのかどうかそれから決めましょう。

 

自分はなにも変えないくせに、魔法みたいに劇的に、しかも格安で、良くなると思っているのは、アンポンタンです。

いい加減大人なんだから、そんなことは存在しないことくらい、目を覚ませ、って思います。

だから、こうなっちゃったんでしょ、と。

 

これ読んで新しく始めるきっかけになればいいんですけどね~。

 

 

 

 

Facevookのコピペです。

反響が大きかったので、こちらにも載せておきます。

 

以下、コピペです。

 

 

 

時々、「フェリチン測ってくれますか?」という電話がかかってきます。

 

うちの答えは、
「フェリチンは測りますが、フェリチンだけ測ることはしてません。何の意味もないし評価ができないので。
フェリチンを測りたいのであれば、栄養療法の診察を受けて頂いて、栄養解析という自費の血液検査を受けて頂きます。」
です。

 

ある程度知っていらして、そのまま栄養療法と栄養解析の予約を取られる方もいますし、まだ、「フェリチンだけ測ってほしいんですけど」、とわけわからんフェリチン教という新興宗教のような方もいます。
(フェリチンだけ測らないので、ウチでは予約は取りません。そういうことをしてくれるクリニックを探して行ってください)

 

フェリチンだけ測るというのは、100万円もらってもしません。

 

ネットで溢れる間違った情報に、まんまと引っかかる方、惑わされる方、大勢いらっしゃいます。

そういう情報を鵜呑みにして、お金を払おうとする方も大勢いらっしゃいます。

 

1番いいのは、教祖様が止めてくれることですが、そういうことはしないのがお決まりなんでしょうか…。

第三者が止めるしかありません。

 

間違った医学情報から、患者さんが無駄なお金を払わなくても済むように止めるのは、医者の役割だと思います。

薬にしても、おかしな薬でも、適応なくても、乱用になっていても、不適切な処方だとしても、それを出す医者がいるから、被害者は減らない。

欲しがる患者さんは、薬の副作用や弊害を知らないし、説明しても自分は起こらないと思い込んでいるから。

 

検査も同じで、その結果を誰が判断して、診断をくだすのか、そして治療が必要かどうか、治療をするのかどうか、などなど。

 

これ全部が必要なわけで、データの読み取り深読みも知らない医者のところで、フェリチンだけ測っても、何の意味もないどころか、お金と
時間の無駄です。

 

まして、ホントにその中に、他の病気や病態が隠れていることも多々あるのに、そっちの治療や食事指導がいることも在るのに、「フェリチン高くて良かった!」って、ほんま、アホちゃうか~、となります。

 

患者さんには、検診にしろ、病気でも、やった血液検査の結果は、全部持ってきてもらって診ていますが、 なんでこれ放ったらかしやねん?!という、えげつないことから、普通はこれ、異常なしってホント言われちゃうんですけどね、実はね…
というものまでピンキリです。

 

放ったらかしの場合は、患者さんは異常なし、健康!みたいに思っちゃいますが、この時ちゃんと言ってもらっていたら、今の体調、ひどい場合には人生、変わったのに…ということもあります。

 

保険診療は仕方ありません。
保険でやる以上は制約があります。

 

でも、自費でするなら、ちゃんとデータを読み取り深読みもしてくれる医者のところで受けて、説明を聴いて下さいね。

でないと、バカを見ますよ。

 

 

 

 

 

 

1 / 1512345...10...Last »