プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

最近投稿した写真

  • _20180208_201427
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • 100000009002749707_10204 - コピー (2)
  • IMG_20171231_010939
  • _20171208_210350
  • IMG_20171206_210255
  • IMG_20171124_234410
  • IMG_20171123_142324[1]
  • IMG_20171113_205047

ホーム > スキンケア



Facebookで反響が大きかったので、こちらにもコピペしておきます。

 

以下、コピペです。

 

先日来られた患者さん、私のブログを1週間前に知ったそうです。
本もまだ読まれてないし、スキンケアも実践はまだ。


ブログも少し読まれただけですが、少なくとも今のままではいけない!自分は何をしてたんだろう!と受診されました。

 

ブログを知る1週間前に、いわゆる市販の高機能化粧品ってヤツを全部、シリーズで!買ったところだそうです。

そのお値段、七万円!

 

10年間ずっとそれをシリーズで全部使ってきたそうです。

毎月七万円ではないでしょうけど…。

 

顔は全体に赤黒~く、ツヤなし、キメなし…。

 

クレンジングもティッシュでゴシゴシ拭いてましたから(洗い流すヤツを)、あまりのヒドさにカウンセ前に止めに入るという…。

 

化粧品だけの問題ではなく、肌の触り方も食事もOUTな部分が山ほどあるんでしょうけど…。

 

7万円というと、栄養解析やって、サプリもかなり買える値段です…。

 

スキンケア化粧品をうちで揃える場合、いろんなバージョン(値段もいろいろ)を用意しているので、石けんから買っても5千円以内で日焼け止めまで揃えることは可能です。

 

保湿も石けんも1ヶ月以上持ちますから、日焼け止め1ヶ月後に買うかどうかくらい。

 

患者さんが一番地団駄踏んでおられました。

もっと早く知っていたら~ッ!
って。

 

その後7万円、開封していなければ、返品も可能かもしれませんが?開封して、直接かぶれたわけではないので(なんかウソついて買わされてたら別でしょうけど。肝斑に効くとか)、返品はまあ無理でしょう。

 

捨てられないなら、足のかかとに使うか(一番皮膚が分厚い)、人にあげたら?と言いました。

もう顔はダメ~!!

 

急に赤くなったら誰でも気付きますが、こういう方の場合、何十年も赤かったりするので、ご本人が気づかないことってよくあります。

 

拡大鏡で診ると、赤みの下は、シミというか、もう全体に茶色い色素がベターッと覆い尽くしてたりします。
肉眼では赤黒く見えて、赤みが勝ってますが、赤黒いんです。

 

これからの人生、気付けてよかったじゃないですか、と言いましたが、7万円のショックはかなり大きいようでした。
(そりゃあそうでしょう)

 

どこで気づくかなんですけどね。

 

私のブログを知ってくださった方で一番多いのが、こんなにお金かけてる割に全然きれいにならないのは、なんかおかしい…と思って調べてたら見つけた!というパターンだそうです。

なんでも早く気付いたもん勝ちですね。

まさに情報格差!!

シミに限らず、美容医療全般・自費治療もそうですが、治療に向かない人が特に副作用が出やすいのが、シミの治療です。

 

で、どういう人が向いていないかと言うと、いつも言っていることですが、「他力本願」の人です。

 

お金さえ出せば、シミが消える、消えて当然と思っている人。。

ほんと、タチガ悪い。。

 

オーソモレキュラー療法を始めるまでは、スキンケア中心で、というか、スキンケアをちゃんとやれば、肝斑なんて、ある程度改善するのに!ということがわかったからした開業なわけで、開業当初からスキンケアの徹底は、初診の時に、特にシミ・肝斑の治療の場合はやっています。

 

やっています、と言っても、私がするのは、指導であって、実際にするのは患者さんなわけです。

 

こういうことをやらないから、シミ・肝斑がどんどんできるし、こういうことをやらないのに、光・レーザーをあてても逆に悪化して濃くなるからダメなんですよ、でも、こういうことをやるというのなら、シミ・肝斑の治療(光治療機などを使った)を受けます、という説明で、本人がやると言わない限りやりません。

 

ここで、スキンケアやらない、日焼け止め塗る気がない、そんなことはやりたくないからレーザーだけ当てろ、という方は、お断りしています。

他のクリニックだったら、お金さえ払えば、結果がどうなろうが喜んでやってくれるわけですから、他に行ってください、ってね。

 

で、その時は、「やる。やりたい」と言うから、受けているわけですが、他力本願の人は、まあやりませんね。

 

肝斑の人の場合は、シミの治療よりももっと徹底して刺激と摩擦を避けないといけません。

今まで刺激と摩擦やりまくりだから、今、こうなっているわけで、今までと真逆のことをしないといけないはずです。

もう根本の肌の触り方から、化粧品の選び方から、もうすべてがおかしいからそうなっていることが、何度言ってもわからないようで。。

 

10年以上前は、そんなにおかしな化粧品って、言うほどなかったし、美容医療をされる方の場合は、デパートなどの化粧品を使っておられる方も結構いました。

今ほど、通販やネットの、なんじゃあそりゃあ?!みたいな化粧品も、自然派・オーガニックの食べ物エキスをたっぷり配合の化粧品ていうのも、それほどなかったです。

 

なので、開業当初は、そこまで使っている化粧品にも細かいことは言いませんでした。

肌の触り方の注意をするだけで、放っておいても肝斑が良くなっていく。

ほんとに一通りの説明をした後、一言二言付け加えたり、1か月後来られた時に洗顔とか確認して注意するだけで、その1か月後にはもう直しておられて、ついうっかりということはありますが、スムーズな方が多かったです。

クリニック用の安全で質の良い効果のある化粧品に切り替える方も多かったし、相乗効果でその分早く良くなったりもしてました。

 

うちで取り扱っている化粧品を使う義務はないので、うちのを買わなくてもいいわけで、市販ので刺激のないものを使っていたらいいわけです。

 

ところが、そういう方の中に、顔の赤みが全然消えないどころかひどくなってないか?!、あるいは全然赤みが消えていかない、変なくすみがずっと残っている。。という人が出てきました。

 

確かに美容医療の限界、機械の限界はあるでしょうし、なんでも医療でできるわけではないです。

(この辺は拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」の「はじめに」に書いています。スキンケアだけではなく、同じくらい栄養・食事が大事なわけですが)

 

でも、明らかにちょっとおかしい。。。

 

そういう人に確認すると、アルコールまみれの化粧品ずっと使っていたり、ピーリング剤使っていたり、海用の日焼け止めを真冬にウィンタースポーツするわけでもないのに日常に使っていたり、韓国でアカスリしたり石膏パックしてボロボロになっている人もいました。。。

 

あんだけ、そういうのダメ!と言っても、自分のはいい、自分はいい、と思うところが、理解できません。。

それなのに、1回3万円前後する治療だけはやる、予約を取る、というわけです。

 

「だから効きませんから! 逆に悪化しますから、止めないんだったら、治療(光を使った)は止めてください。刺激止めないのに悪化しても責任もちませんよ!」とこういう人にはかなりきつく言います。

 

それだけきつく言わないと、これが止めないんですよね~。悲しいことに。。

一体、誰の顔の話やねん、お金払うの誰やねん、と思いますし、思うでしょ?

でも、こういう他力本願の人はわからないんだな~。

 

栄養状態が悪すぎると、一度思いつめたら、もうそれだけになる人が多いようです。。特に、美容医療に走る人は。。。

でも、自分はやらない。。メンドクサイことはやらない。。

オーソモレキュラー療法を知っている今だからこそ振り返れば、栄養足りないから、自分で実践ができないんだと思いますし、思いこんでいるから話も通じない。

でも、お金はちょっとあるから、レーザーの予約は取る。

カウンセの内容全くの無視で、「これだけお金払って、なんで効かないんですか?!」って、あなたがスキンケアをちゃんとやらないからですよ~、って話なんですけどね。

 

でもこういう人の中に、お金はあまりかけたくないけど、早くレーザーでシミを取ってほしいという方は多いです。

多いっていうか、そりゃお金かからないに越したことないですよね。

 

それだったらスキンケア(と食事)頑張ればいいだけの話で、そこに美容医療を足せば、すぐに良くなります。(全員が完璧に希望通り、というわけではないですよ)

 

そういう人の中には、数千円の日焼け止めや医療用美白剤をケチって、その10倍のレーザーをやろうとします。

本末転倒です。。。

 

日焼け止めは、顔の大きさもですが、季節や環境、TPOによっても違いますが、まあ1か月1本前後は必要かと思います。

1回に塗る量をたっぷりにすればするほど減りはもっと早く早くなります。

 

うちのを買う必要がないから、うちで毎月買っていなくてもいいんですけど、肌診ててなんかおかしいなと思い、日焼け止めは何を塗っているのか聞くと、半年前にうちで買った、その1本を使っている(しかもまだ残っているから、その日は買っていない)、という人が出てきます。。

嘘ついている様子もなく、ほんとにマジで、たった1本の日焼け止めで半年以上です。。

 

少ない量を無理して伸ばすわけですから、摩擦は起こりまくるわ、量は足りないから紫外線カットできてないわ、無駄に肌触っているわ、と最悪です。。

 

爪楊枝の先ほどしか塗っていなかったりします。。

 

効かせようと思ったら、一定の量を塗らないと効きません。

常識です。

 

料理でも、塩入れましたけど?と言っても、わからないくらいの量入れても、味しませんよね。

味つけしようと思ったら、ある程度の量がいるわけで、まして、化粧水や乳液は、無駄に3プッシュも4プッシュも出しておいて、なんで日焼け止めだけ爪楊枝の先やねん。。。

量のバランスから見てもおかしすぎる。。

 

勘違いでした、というのなら、指摘されてその後直せばいいわけですが、ほんとにケチってやらない人がいます。

そういう人に言うのは、

1回のレーザー止めとくだけで日焼け止め10本買えるでしょう?そっちのほうが大事でしょう?

スキンケアが一番大事なのにもったいないでしょう?

 

で、こういう人はそこまで言われてもまだ日焼け止め買いませんね~。

(でも、またレーザーの予約は取る。意味わかんないでしょ。)

 

 

10年以上前は、「そんなことしてたらお金もったいないですよ」と言うと、これは効きましたね。

スキンケアを頑張ってもらうのに効果てきめんでした。魔法の言葉みたいな。

 

でも、この10年くらい、その魔法の言葉も効きません。

聞く耳持たず、ですね。

 

スキンケアをやらないなら、もうレーザー当てないでください、とかなりきつく言って(でないとやらないから)、しばらく来られないので、もうそういうのは仕方ないと思っていますからいいんですが、3か月とか半年とか1年とか、しばらくして処置の予約を取るから、「あ~!やっとわかってくれたんだ!この間にスキンケア頑張っておられたんだ!」と喜んだのもつかの間。。。

なにも変わってませんでした。。。むしろその空いた時間分、老化と悪化が進んで前よりもひどくないか。。?という人も。。

(実際、スキンケアをもう一度見直し、昔だったらブログを読みなおし(今なら本。本のほうがまとまっているから)、空いた時間もわからないくらい、お久しぶりでも肌の状態もよく、頑張っておられたんですね!と一目診てわかる方も多いので、他力本願の人ばかりではないです)

 

 

1年ぶりくらいで来られたかと思ったら、止めてくださいと指示しているアルコールまみれの日焼け止めをこれまた真冬でもずっと塗っている。。

カルテを診ると、毎年、「その日焼け止めは止めてください」と書いてある。。。

。。。何度言っても忘れるようです。。あるいは、鼻から止めるつもりはないでも、予約は取る。

 

こういう人の相手はほんとに疲れますね。。

もう本人がやりたいっていうんだから、これだけ「効きませんよ」と言っても処置の予約を取るんだから、クリニックも儲かっていいわけで、もう放っておいたらいいやん、となるんでしょうけど、こういう人にレーザー当てても、もうそれはすでに治療でも医療でもないし、効かないとわかっていてやるのは医者として、人としてどうかと私は思います。

 

で、またこういう人に限って、(栄養もないから)文句を必ず言います。

「これだけ払ったのに!」みたいなことや、日焼けしていないことを確認して肌の状態を診ながら光の設定を変えていくわけですが、実は日焼け止めを塗っていないのに海外とかアウトドアに行っていて日焼けしたことを黙っていて、栄養状態の悪い人は活性酸素の害をもろに受けますから、シミ治療の場合、副作用である一時的に濃くなります。炎症後色素沈着ってやつです。

やっている最中ややった直後には反応が出ていなくても、帰ってからなど後から反応が出ることもあります。特に色黒気味の人、シミの予備軍の多い人、すぐ黒くなりやすい人など。

日焼け止めを塗っていないことは棚上げして、毎回文句を言います。

(細かく確認したら、全然塗っていないことが判明したわけですが、ずっと嘘をついてきたわけです。顔が赤黒いと肌の変化はとてもわかりづらいです。だってずっと赤黒いから。色白目の方は、ちょっとなにかあるとすぐに赤くなり、赤みが引かないからわかりやすいですが、逆に、悪いことをやったらすぐにばれます)

濃くなった分は落ち着いてきますが、栄養状態の悪い人は結構長引きます。皮膚の代謝もものすごく悪いから。

落ち着いたら、強い治療(光やレーザーの)をやれやれ、と今度は言ってきます。

 

できるわけがありません。

 

こういう方は、何度言ってもスキンケアもやらないという同じことの繰り返しになりますから、もうこれはダメだなと思ったら、美容医療の処置の予約はもう取りません。お断りしています。

もう次から予約取りませんよ、と伝えていても、ほんとに断れると思っていないようで、逆ギレされることもあります。

そういう人にも、スキンケア講習の予約は取ります。というか、そっちにしてくださいと言います。

でも、他力本願で取った人は一人もいません。

 

今だったら、そういう人はスキンケア相談・講習を受けないのはわかっているので(自分のスキンケアが間違っている、擦っているとは思っていないから。あるいは必要ないと心の底から思っている)、オーソモレキュラー療法を勧めています。

体の中から、シミ・肝斑・赤みなどを落ち着かせましょう、という話です。

 

実際には、落ち着かせるというよりも、もう言っても摩擦や刺激を止めないから、少しでも耐えられる肌にするための栄養を足そうというのが目的です。

栄養が足りてくると、他力本願も減ってきます。話も通じるようになるし、スキンケアも自分で頑張ろうという気にもなります。メンドクサイこともできるようになるというか。。

(慣れれば、これほど簡単でシンプルケアはないんですが)

 

で、これまた、こういう人はオーソモレキュラー療法もやりません。自分の食事は素晴らしいと思っているから。

栄養が足りていないわけがないと思っている人は、栄養解析受けてどんなひどい結果でも信じません。

なので、あ~あ~ということに。。

 

美容医療でも、他力本願系の治療は多少ありますが、うちにも程度の差はあれありますが、自力本願あってこその他力本願です。お互い支え合う関係。バランスですね。

 

しわ・たるみ治療は、シミ治療みたいにシミが逆に濃くなる、みたいなことはありませんから、そこそこ他力本願でもやらないよりはましなのか?ということもあります。お金はかなりもったいないですが。。。

ほんとはもっと効くわけですから。

 

あまりにひどすぎる人(他力本願1本限定とか。スキンケアでいらんことやり過ぎMAXとか)は、シミ治療じゃなくても、こちらもレーザー治療は断ることがあります。

 

他力本願1本の人に、提供する美容医療はうちにはありません。提供できるのは、スキンケア相談とオーソモレキュラー療法のみです。

でも、自分も頑張る!という方には、とことん付き合います。

(診察・処置時間を超えて無料で、という意味ではないですよ)

 

スキンケアの話もされずにレーザー治療のお金だけ巻き上げられている方で、なんかおかしいと思っておられる方は、私は大歓迎です。

 

毎日の積み重ねが、最後に勝つ!

お金は大事ですけど、お金じゃないんです。患者さんの努力です。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、打ち合わせの後、、美容院でした。

カットとヘアマニキュアです。(白髪を染めてもらっています)

 

美容院行くと、いろんな女性誌を読むことができますね。

いろんな年代の、普段自分が読まないような年代の女性誌も用意してくださっていることがあります。

 

女性誌を見ていると、今、一般の女性が何が気になっているのか、ということと、企業が何を売りたいと思っているのか、の両方が見られます。

 

どの雑誌なのかは忘れましたが、シミの美容医療について、クリニック選びが書いてある記事がありました。

 

う~ん。。。という感じ。。

 

当たらずとも遠からず。。。

まあ、そういうのもひとつの考え方だけど。。。ということも。。

 

こういう雑誌で、美容クリニックの医師が出てきて、レーザーとか名前を出して勧めている場合、自分のクリニックに置いてあるレーザーの名前を出すでしょうし、美容医療って、さまざまな種類がありますから、クリニックに導入するのも結局は、その医者の好みが出るでしょうし、自分の好きな治療・好きな機種であることが多くなるのは仕方ないと思います。

 

なので、読者の方もその辺わかっていて読まないと、ステマというか、宣伝そのものとも言えるわけですから、一つの情報としては得たらいいですが、そのまんま真に受けても。。。

 

で、その記事は、医者は出てなくて、美容マニア?というんでしょうか、自称、いろんなクリニックで美容医療をしてきた方の意見のページみたいになってました。

 

まあ、こういう媒体なんでもそうですが、関係しているクリニックとの今後のこともあるでしょうし、レーザー企業などとの関係もあります。

(実は、そのページのスポンサーだった、ということもあります。表に出ていないだけで。)

 

そういう業界として都合の悪すぎることは(患者さんからしたら大事なことで企業はあまり儲かることではないようなこと)、ライターさんもわかっていても書かなかったり、書いても最終段階で削除されたり、スポンサーからクレーム来たりと、記事として載せられる範囲が決まってきてしまいます。

 

かといって、あまりにもレーザー企業やクリニック側(儲けるという意味の)の立場目線で書いちゃうと、賢い読者の中には気づく方も出てくるでしょう。

 

なので、ちょっといいこと、というか大事なこと・当たり前のことも書いてました。

 

 

薄利多売の安売りクリニックは止めようとか。

ドクターの診察がないようなところは止めようとか。

日焼け止めはちゃんと塗ろうとか。そういう話をしないクリニックは止めておこうとか。

 

書いていて、あまりにも当たり前すぎる内容ですが、そういうこともわからない読者がいるんだな、と思いましたし、それが当たり前になっていない読者が多いということは、そういうクリニックが多いから、そういう扱いしかされたことがないから、そうなっちゃうわけですかね。。と思って読んでました。

 

 

私としては、もっとその辺を大前提で書いて欲しかったな~、と思いますが、そればっかり書くと、何の記事かもわからなくなるんでしょうし、ページ数があまりに足りないから、仕方ないでしょうね。

 

あと、あんまり、レーザーが効く!レーザーでないと効かない!(当たり前なんですが)、と記事にし過ぎると、こういう女性誌の最大のスポンサーである、化粧品会社からクレームも入るでしょうから、あんまり書くことができません。

 

なので、日焼け止めを塗ろうとか書いてあるところに、美白化粧品も必須アイテム!みたいな書き方もされていて、化粧品の重要性は忘れずに書いてありました。

 

 

レーザーの設定は強いところで!

みたいなことも書いてあって、あ~あ~、煽っちゃっているよ~と思いましたが、レーザーの設定は強いほどいい、というわけではありません。

それだけリスクも増えます。

まして、誰にでも、どんなシミでも強くしていいわけではありません。

 

特に初回なんて、本来肌の感じを診ながら、設定を微調整していくものですが、医者がシミの光レーザー治療をしてないところが大半ですからね、1発事の微調整は無理ですね。。

 

そして、ほんとの初回なんて、肉眼で見えてない隠れジミもたくさんあるわけで、初回に強いのを当てて、スキンケアもろくにできてないし、隠れジミが山ほどあるような方に、強い設定なんて、恐ろしすぎます。。。

 

山ほどあるかどうかは、わかりません。

ただ、あると思って、治療に当たらないと、あとで大変なことになって一番こまるのは患者さんですからね~。

 

別の記事だったか、まだ「肝斑にレーザートーニング」「画期的」みたいなことが書いてあって、レーザー企業がスポンサーなのかな、と思ってしまいました。

 

レーザー5台以上持っているクリニックがいいとか、最新の機械も置いてあるクリニックとか。

 

そういう記事は、どこまでか知りませんが、レーザー企業と組んでいたりする記事もあり、読者への宣伝もあると思いますが、その記事を読んだ美容クリニックの医者に宣伝していることが多々あります。

 

「最新の機械じゃないと!」と企業にさらに煽られ、その結果買ってしまうと。。

 

ほんとにちゃんと調べて、欲しくて買ったのならいいんですが、ろくに勉強もせず、「最新です」みたいな感じだけでやっているクリニックもとても多いので、その辺の見極めは、一般の方には無理でしょう。

 

5台以上って、何を根拠に言っているのかよくわかりませんが、シミの治療機だけで5台以上ってこと?

それとも、他の治療も含めて、レーザー5台以上ってこと?

 

そういう何を根拠に、とか、どのレベルまでカウントしてるのか?って肝心なことは書かずに、わかりやすいように「5台」と数字だけが独り歩きしてるわけですが、またそれをそのまま理由も聞かずに、そのまま「5台」と信じる読者も出てくるわけです。。

 

その5台の中に、大昔の今は廃れてしまった機械までカウントするんでしょうか。。。

老舗というのかわかりませんが、15年以上もやっているクリニックだったら、オーロラくらい持っているかもしれません。

それも5台に入れるのか?と思いますけど。。

 

レーザーの機械でも、ロングセラー、ベストセラーがあって、新しい機械と言っても、そう大きくは変わってなくて、単に後から発売されただけだったり、そこのメーカーの最初に出していたシミ用のレーザーが使い勝手が悪くて、ロングセラーベストセラー機器をマネして作ったようなものもあり、患者さんのためというよりは、使う医者側(医者じゃなくてナースにさせているところもかなり多いですが。。)の使い勝手やコストなどの問題だったりもします。

 

新しい機械をバンバン買っているクリニックなんて、実際は、美容クリニッの中でもそう多いほうではなく、一部のクリニックで、1台がとても高額ですから(東京でなければ、ちょっとしたマンションや高級外車は軽く買える値段です)、バンバン買っていること自体、儲かっている(買う資金がある)んでしょうけど、儲かっている=患者さんにとって良いクリニック、ではないところが美容医療の難しいところです。

 

学会や業界全体を引っ張っていかれているような先生方は、いろいろ新しいのを試したり買ったりして、情報をアップデートしていっていただきたいですし、実際にそういう先生方もいらっしゃいますが、そうでなければ、ちゃんと勉強してやっているドクターなのか、客寄せで、飽きられないように、どんどん機械を入れて、てきと~にやっているところなのか、患者さんは一体どうやって判断するんでしょうね。。

 

賢い方は、その辺は判断されるんでしょうけど、雑誌に、またそうやって「5台」とか数字を書くと、それに振り回される被害者も出てくるわけです。。

 

まあ、この業界、いつもそうなんですが。。

 

 

強い設定に耐えられるだけの皮膚でもなく、スキンケアくらいはちゃんとしているのかというと、そんな説明受けたこともない、という患者さん大量に作っていて、それで最新の機械を使ったからって、一体、どんな効果が出て維持できるというんでしょうね。。

 

光・レーザー治療は、私も大好きですが、スキンケアもする気もない、他力本願だけの人を診ていると、むなしくなります。。

そういう人に限って、副作用ももちろん出やすいし、スキンケアも全然やっていないのに、人一倍文句言いますから、そんな人に、初回から一体どこのクリニックが強い設定でやるというんでしょうね。。

 

ほんとにそれでやっているなら、なにもわかっていないバカな医者です。

わかってやっていたら、リスクも同時にかかえますから、顧問弁護士から賠償金まで用意して、その覚悟でやっているのか?!とある意味尊敬です。

 

なんでもそうですが、「最新」と言われるものは、料金も高くなります。

 

スキンケアと栄養ができていれば、「最新」の美容医療って、そんなにいりませんけどね。。

普通のお悩みであれば、予算のこともあるでしょうし、完璧?を目指さない限り、従来のスタンダード治療で十分です。

 

まあ、一体何をもって、「最新」の機械と言っているのかがわかりませんが。

 

本当の「最新」であればあるほど、使うほうが使いこなせないと、なんの意味もありません。

 

100000009002749707_10204 - コピー (2)

初診の方で、私のブログやFaceookも本も全部読んで、熟知していて、実践もやっている!!という方というのは、多くはありません。

時々そういうすごい方もいらっしゃいますし、そういう方はとても良くなるのが早い。クリニックでできることなんて、患者さんの実践ありきで、ちょっと底上げするだけですから。

その底上げを、ご自分で、高速エレベーターに乗せてしまえる方も出てきます。個人差ですね。

 

たくさんの方が、読んでいるけど全部読んでいない、本はまだ読んでいない、という方です。

 

ブログや本を読んでも、ずっと読んで実践しています!という方の中に、なんでそうなるのかな。。。という方がごくまれにいるので、読んだからと言って実践をされているのかは別の問題ですが、ブログの中から、自分にとって有益と思われる、欲しい情報を探すのって、とても大変だと思います。

私ですら大変ですから。。。

 

Facebookはすぐに流れちゃうので、Facebookページ内で検索をかけたらいいんでしょうけど、ブログもそうですが、無駄話もあるし、自分の知りたい答えが探せなかったりしますよね。

 

そういう時に便利なのが、本なんです。

 

私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」(青春出版社)は、栄養食事とスキンケアの大切さをまとめた本です。

内容は、ブログと同じですが、ちゃんと流れができていて、前後の話がそれぞれひとつにつながるように、どちらも大事なんだということがわかります。

 

ブログを読んでいる方で、もう何年も読んでいるというのに、食事と栄養のところ、全部すっ飛ばしている方も中にはいて。。。

もう、あ~あ~、という感じなんですが、診察に来て、栄養の話したところで、まあ聞く耳持たない方もいますし、「初めて聞いたし、急に言われてもわかんない。」となります。。。

そこ飛ばしてなかったら、今頃もっと肌キレイなのに、これから初めても早く、しかも根本的に綺麗になるのに、と言ったところで、まあ聞いていません。。

 

ま、そんな方は放っておいて、とりあえずちゃんとやっていこう、お金もなるべくかけずに、早く効果も出てほしい、と思っているなら、一刻も早く本を買って、さっさと読んで、知識と情報を整理することをおススメします。

 

結構あるのが、本をまだ読んでいなくて(予約時に、できたら先に本を読んでおいたほうが当日スムーズにいきますよ、ということをなるべくお伝えしていますが。。)、予約を取って、受診するまでの間に、おかしな化粧品やサプリをどんどん買っている方がたまにいます。。。

 

患者さんが使っている、飲んでいるものの中には、とりあえずこれは使いきっていいけど、次は買わなくていいです、勧めませんよ、というものもあれば、なんじゃあこりゃ~っ!!というものまで、ピンキリです。

(なんじゃあこりゃ~は、全部止めてもらいます)

 

ひどい人で、受診2日前に、また新しい、そしてお決まりのろくでもないものを買っている。。。しかも、安くはない。。けど、それほど化粧品やサプリにお金をかけられるわけではない。。

 

。。。なんで買うの。。?

 

それがないと困る!! たった2日間も、それなしでは生きていけない~っ!!!とまで言うなら、やむを得ません。

 

 

でも、そんなもの、ないでしょ。

 

なくても、何も困らないでしょ。

 

むしろ多分良くなったりすることも多々あります。

 

栄養足りないせいで、「買わなければいけない」「飲まなければいけない」という呪いにかかっちゃっているんでしょうね。。

 

ブログにも散々そういうことは書いていますが、まあ探せませんよね。

 

でも、本には書いてあるんです。

 

本を買ったけど時間のない方は、前にも書きましたが、

まず、

①目次を読む!!

②本の中のイラストや表に先に目を通す。

③各章ごとにまとめを書いています。このまとめのところだけ、先に読む。

④本の中の、「おススメ食材・NG食材」の表を拡大コピーして、冷蔵庫に貼る、もう1枚カバンに入れて、食事する前、お店に入る前、スーパーにいく前に見直す

 

とりあえず、これだけやりましょう。

これだけだったら、それほど時間はかかりませんし、細かい話は全然足りませんが、ポイントがわかります。

その後で、全部最初から読んでいくか、目次で自分の気になったところだけ先に読む、でもいいです。

 

先に読んでいたら、化粧品、何個も塗りたくっているのに、その中の1個が切れたからって、2日前に買うようなバカなマネはしなくなります。

サプリも切れたら、そのままで新しくは一旦買わないはずです(市販のサプリは勧めていませんから)。

 

それだけでお金、浮きますよね。

 

クリニック来て、クリニック専用化粧品や市販でもおススメの化粧品やサプリも、値段もピンキリです。

ただの保湿と日焼け止めだけなら、それほどお金はかかりません。

直前で買った、わけわからん化粧品やサプリで、十分買えて、おつりまでもらえます。

私の本も十分買えます。

 

金額が少ないと、サプリの買える種類や量はたしかに減りますが、ほんとの質のいい医療用は、1粒の効きが全然違いますから、患者さんが食事を頑張れば、びっくりするような効果が出ることもありますし、確実に良くなって行くことがほとんどです。スピードの差はあっても。

 

 

スキンケアにしても食事療法にしても、いろんな考え方があるので、患者さん方がしてきたことが絶対に間違っている、とは言いません。

(間違っていると断言してもいいことも多々ありますが。。。)

何が正しくて何が間違っているのか、考え方の違いとなると、正解はありません。

 

でも、少なくとも、あなたには合っていないから、今、肌はそうなっちゃっているわけだし、体調もそうなっているわけでしょう?

だったら、それではダメだということです。

違うことをやらないと。

 

いろんな考え方がありますから、それらをいろいろ勝手に混ぜないこと。

わかってもいないのに混ぜたら、片方ではダメ!と言っていることが別のところではOKだったりなんて、ざらです。

その中から自分の好きなものだけやるから、ますますおかしなことになっていて、今に至るわけでしょう?

やるなら、その教え通り、とりあえず最低でも1か月~数か月やってみる!

それがうまくいかない場合は、ちゃんと自分ができているのか、確認してもらうことと(自分で確認はできませんよ、客観的に見れないから)、できているのなら、どうしてうまくいかないのか、ちゃんと質問する。

その質問の答えが、納得がいくかいかないのか。

ごまかされるようなら、一旦止めてもいいと思います。

ちゃんと説明されたなら(理解できるかどうかは別として)、かかったお金と時間と効果らしきものと天秤にかけて、もう少し続けるのかどうかそれから決めましょう。

 

自分はなにも変えないくせに、魔法みたいに劇的に、しかも格安で、良くなると思っているのは、アンポンタンです。

いい加減大人なんだから、そんなことは存在しないことくらい、目を覚ませ、って思います。

だから、こうなっちゃったんでしょ、と。

 

これ読んで新しく始めるきっかけになればいいんですけどね~。

 

 

 

 

Facebookのコピペです。

反響が大きかったので、載せておきます。

 

 

以下、コピペです。

 

洗顔の続きですが、丁寧に、擦らないように、優しく、を意識するあまり、今度は顔に触らない方が出てきます。

ホントに両極端になる方がいます…。

 

泡をのせただけ。
皮膚に一切触らない。

 

チャーミーグリーンやチャレンジジョイじゃないんだから、純石けんのせただけで、落ちねーつーの。

 

テレビのCMで、クレンジングのせただけで、さーっとアイメイク落ちるCMありますよね。

デリケートな目元を触らなくてもいいと言うのはありがたいですが、一体どんな界面活性剤やキレート剤はいっとんねん、と思います。

私は使いませんし、患者さんにも勧めませんね~。

 

そういうので、安全性のデータがちゃんと出て、使ってみたら良かった、となれば別ですが。

 

いくら純石けんが洗浄力があるからといって、汚れとは馴染ませないといけません。
ずーっと顔にのせてるわけにもいきませんし。

短時間で汚れを落とすには、馴染ませないと。

 

また、同じとこばっかり洗う方もいて、顔の中心だけ、目のまわりだけ、口回りだけ、まあだいたい自分の気になるところばっかり、ということも多いです。

片手で洗うし、指先だけで洗うし、、手指そらしてる方も多いです。

 

すすぎも片手だけ、という方もいます。

 

洗顔は、どんなに気を付けても、もう今までの、ヘタしたら何十年という習慣ですから、客観的に見るのも大変だし、直すのも結構大変です。

洗顔を動画で撮って見るのは、どなたにもお勧めです。

たくさんの気付きがあるはずです。

 

 

 

 

早いですね~。もう2月ですね。

2月3日で、旧年が終わり、2月4日から本当の新年ですから、1月にイヤなことがあった方も、4日から仕切り直しですよ~。

 

さて、2月のキャンペーンです。

 

毎年恒例となりました、化粧品全商品10%オフです。

処置していなくても、どんな診察での来院であっても、化粧品だけ買いに来られても、10%オフです。

処置している方だけ、とか以前は条件をつけていましたが、処置をさせるための釣り、みたいになっても嫌なので、うちの患者さん全員平等に、10%オフです。

(全く初めての方が、化粧品だけ購入することはできません。

ただの純石けん1個160円(税込み)であっても、診察カウンセリングを受けた方でないと、お売りしません。

化粧品は、ものも大事ですが、使い方を間違えば、元も子もないからです。

肌の触り方が悪いせいで、台無しにしている方、多数。。。触り方が悪いのに化粧品のせいにしますからね。

あと、栄養が足りなさすぎであれば、どんなに優しいと言われている化粧品であっても塗れないこともあります。

そういうチェックも含めて、必ず診察をしている方でないと、売りません。

ただ欲しいだけなら、ドラッグストアやスーパーに行ってください。自己責任です。

「いつも使っているから」「使ったことがあるから」というのも一切ダメです。自己責任で、他で購入してください。

何度も言いますが、肌の触り方、根本的なスキンケアの正しい知識がなにより大切で、化粧品を売っているのではなく、あくまでも化粧品は、ただの付随したものです。)

 

で、この機会に試してみたかった化粧品はどうぞお試しください。

やはり2週間は試さないと、本当にどうか、というのはわかりません。

2週間試そうと思ったら、本品を買わないとテスターだけでは全然足りない。。。

(お試しサイズでミニがあるのもありますが、2週間はもたないかな。。)

 

そして、もうスギ花粉の季節ですね。

資生堂の研究で、スギ花粉自体が、アレルギーでなくても皮膚を攻撃して炎症を起こさせる、ということがわかっています。

なので、スギ花粉の季節、肌荒れする方がとても多いことに合点がいきました。

ずっと花粉の皮膚のアレルギー症状だったり、乾燥しているので、バリア機能低下して異物混入による炎症だと思ってました。

 

この季節は、レーザーで予約してても当日赤みなどの炎症があり、光。レーザーをそこ部分は避けたり、大半避けることになって、同じ料金でももったいなかったり、完全に中止になることも。。。

(事前に、肌に異常はないか確認の電話をしているんですが、その電話の後に異常があった場合も連絡するように言っているんですが、言わない方がたまにいます。赤みなど自覚しているのに。。

こういう場合で、中止になると全額キャンセル料をいただきます。

(ちなみに、こういう黙ってる方は、「これくらいはいけると思った=」と何度も同じことをします。

一度キャンセル料をもらうと、次からはさすがにしません。)

処置までにちゃんとの連絡をいただくと、他の肌荒れ用の処置に変えたり、診察に切り替えて、処置できるならやりましょう、と時間帯も変えたりと対処できるわけですが、連絡しないと、対処の仕様がありませんから、避けるか止めるか、どちらかです。

 

話を戻します。

 

で、この季節、顔は特に炎症を起こしやすいので、皆さん大好きイオン導入の無料追加のキャンペーンです。

無料というのもあって、人気のキャンペーンですね。

処置でお肌も綺麗になって、イオン導入であっても、少しベースを上げてくれますから、足すことはとてもいいことです。肌が綺麗に早くなったほうが私も嬉しいです。

 

キャンペーンのイオン導入は、ご予約の内容を伝える時に、必ず一緒に伝えてください。

何をしたいのかで、予約の押さえる時間が変わります。

予約の内容を聞いて、必ず、「○○と●●のみでよろしいですね?」と確認して、時間枠を計算して取っているわけですが、取った後から、「キャンペーンのイオン導入つけてください」と言われても、その分の時間は取っていませんから、下手すると予約取り直しです。その時間はアウトなことも。

日にちが全然合わなくなることもあります。

お互い2度手間ですよね。

 

必ず、予約内容の確認時にお伝えください。最後ではなくて。

 

処置されている方には、化粧品のサンプルプレゼントも今回あります。

(金額に関わらず)

ちょっとお試しになるのにいいですよね。

本品買う前に。

 

トゥルースカルプには、AC BODYとオーソプロテイン®(1食置き換え食)をおつけします。

寒い、代謝の落ちる季節ですから、少しでも代謝を上げていただこうということです。

(AC BODYは設定が大事です。うちの場合は、途中で抜けることもありますが、まあほとんど付いていますから(設定を随時調整していくため。ほぼずっとついているクリニックなんて、うちくらいでしょう~)、その間に、ダイエットや体調のお話をしたり、食事や肌の話をしています。

ただの雑談になっていることも多いですが。。。)

 

そして、肌荒れ相談、スキンケア相談の方に、敏感肌用化粧品のサンプルプレゼントと、イオン導入のプレゼントです。

イオン導入は、その分の時間が余分にいりますから、これも予約の時に先に伝えていただかないと、絶対に無理!という予約状況もありますから。

(初診の方だと、今は勧めません、ということもあります。再診の方は前回とそう大きく肌の状態が変わっていなければ(悪化していなければ)、枠は押さえますので、ほぼできると思いますが)

希望をお聴きしたからと言って、絶対にできるわけではないですが、なるべくできるように配慮はしております。

(絶対じゃないですよ。無料のものに過大な期待は止めてくださいね。してもらえたら、ラッキー💗くらいに思っておいてください)

 

 

あと、ヘアケア相談(育毛・発毛・薄毛)の方に追加です。

ヘアケア相談された方には、ナビジョンDRのスカルプエッセンスをサンプル(ミニボトル)をおひとつ差し上げます。

ヘアケア用のサンプルって、ほとんどないんですよね。

スカルプエッセンスは、そういう意味では貴重です。

薄毛育毛は、基本オーソモレキュラー療法ですが、なかなか髪の毛まで栄養回ってこないので、いきなりふさふさになるわけではありません。

少しでも頭皮に、毛根に栄養が行くように、少しでも早く良くなるために、予算のある方には、塗り薬などの外用剤との併用をおススメしています。

(もちろん、ヘアケアは、スキンケア同様必要です)

ちょっとなんかいい気がする。。。というくらいの効果は、栄養との相乗効果もあって出てきます。

あと、塗っていると、ちょっと安心。。みたいな感じ。

塗るにはメンドクサイ方は塗らなくてOKです。栄養摂っていれば。

皮膚に関しては、外から足す、ということができますから、経皮吸収ですね~、やっぱり外用は便利です、使い様によっては。

(効率よくなるように、外用剤を選ぶ、ヘアケア頑張る、というのがポイントです。)

 

ナビジョンの新しいTAバリアシリーズへの切り替えにつき、残っているサンプルなどもプレゼントで、なくしてしまおうかと。

整理整頓、新しいのと前のがあったらややこしいので。

TAWシリーズのクリームが少しだけ残っています。こちらは、在庫限り、約20%オフです。

(エビーゼの日焼け止め以外の化粧品も商品切り替えのため、お値引きです。気になる方は、一度どうぞ。)

 

寒い冬を乗り切っていける手助けができたらいいですよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すみません、またしてもFacebookのコピペです。

反響が大きかったので、載せておきます。

Facebook、ご覧になっていない方もおられるので。

 

 

洗顔の仕方は、ほんとに100人いたら、100人とも違います。

まあ、このパターンか、と類似したパターンというのは何パターンかありますが。

 

なんじゃあそりゃあ~っ!!(松田優作風に)と、腰抜かしそうになることも。。

 

一体、なんの動画を見たら、そんな洗い方になるんだ?!一体、どんなろくでもないサイトを見たんだ?!とそちらのほうが気になります。

(こういう場合、聞いたら、ご自分で考案?した方が大半でした。。。

いや、もう、どっから突っ込んでいいんだか。。。

→ここまで違うと、突っ込んでも、意味がわからないと、なるだけで、何も変わらない。。。変わった試しはないです。。

だって、こういう方は、洗顔指導で来られたわけではないので、それをしている時間はありません。

処置や診察の時間がなくなります。。

ここまで違うことをされると、1時間洗顔指導しても、終わらないんだな。。

動画で皆さんにお見せできないから、理解しづらいと思いますが。。。

こういう時に、私がマンガで描けたらいいのにな~と思います。

 

まあ、いつも言っていることなので、ブログをずっと読んでくださっている方には、耳にタコですが。

 

開業当初(8年前)は、ほんとに、ちょっと注意するだけで、ほとんどの方が、洗顔でも肌の触り方でも、すぐに直されました。

癖ですから、あ!またやっちゃった!ということはあっても、毎回同じことばかり言うとか、何度言っても本人に全く自覚もなし(なので聞く気もない)、という方は、ほんのごくわずかでした。。。

 

ここ数年、というより、この8年間で、徐々に、こういう方がとても増えている気がします。。

洗顔だけではなく。。

 

 

 

以下、コピペです。

 

 

洗顔のやり方ですが、自分では全然擦ってないつもり、ちゃんと洗えているつもり、とやっていても、実際は、まだ力入れすぎ、同じところばかり洗ってるなど、できていないことが多いです。

 

 

それを客観的に見ることが大切で、なので、うちで洗顔される場合、特に初診や初回の洗顔は、必ず診てます。

 

 

マッサージどころか、顔変形させまくりの洗顔でも、本人は、どこが悪いの?こんなに優しくて洗っているのに?! という方がたまにいます。

 

私の本(イラストまで載ってる)を読んでも、です。
(読んで、その通りにやってるつもり、と言われることも…(-_-;))

 

 

よくこれも書いてますが、自分の洗顔を、動画で撮ってもらつて、チェックすること。

これで結構客観的に見られます。

 

「お手本の動画をみたい。ないんですか?」
と言われたことがあります。
(この方の洗い方は、ワースト3には入る殿堂入りでした)

 

 

お手本のまえに、まず現状把握です。

 

 

洗顔後、指摘しても、キョトンと、「意味わからない」状態で、じゃあね証拠の動画を見たら?ということですが、それ見ても、「どこが悪いの?!」と思う人に、お手本見せたところで、「どう違うの?」となります。

自分をまず知ることが大切。

 

 

それにどっちにしろ、お手本なんかないんだから、お手本がないから、ちゃんと洗えないんだ、と一生言うつもりですか?って話。

 

 

自分の動画は、スマホあったら、誰かに頼んですぐ確認できるでしよ。

 

頼む人がいないなら、うちで洗顔指導受けて、その際に、どうか撮って確認するかですが、こういう人は、絶対に受けませんね~。

 

自分間違ってると思ってないから、直すつもりもないし、肌がひどい原因は、他にあって、自分が悪いんじゃないと疑いませんから。

 

こういう人は、まずオーソモレキュラー療法で、脳に栄養あげないと、皮膚までいかないんですよね。
そういうことも言いますが、まずやらない。
自分が栄養失調と思ってないから。

 

そして、ぐちゃぐちゃの触り方で、またろくでもない化粧品にはしると…。

 

世の中うまくできてます。
こういう人がいるから、悪徳商法の化粧品やサロンってなくならない。

 

 

 

今日、「ホンマでっか?!TV」で、俳優の高橋一生さんのお悩み相談が、お肌の乾燥でした。

 

20代から全身すっごい乾燥するそうで、お風呂上りに保湿剤塗っても追いつかない、特に唇の乾燥がひどいと言われてました。

 

高橋一生さん、痩せすぎですよね。。。

でも、お仕事柄、多少の筋肉はつけておかないといけないし、以前なにかの番組で、お休みの日に、自転車乗ってすごく遠出をするようなことをおっしゃっていたような。。。別の俳優さんだったかな。。

 

その時、こんな痩せているのに、そんなに負荷(運動強度のことです)かけて~、と思ったのを覚えています。

 

肉魚卵たくさん食べていても、体を動かしているから、細身の筋肉質の男性というのはいらっしゃると思いますが、高橋さんって、顔診ても、口角の横の法令線とか、シワ出過ぎでしょ?

あれ、皮膚(特に真皮)がぺラペラです。

お肌も乾燥しているのは、画面を見れば一目瞭然。

年齢の割にツヤがない。。。

(37歳)

 

去年の大河で、3人幼馴染の役だったじゃないですか。

三浦春馬さんとはもともとの年齢差(10歳)があるから仕方ないですが、えらい見た目も実年齢も差をつけるな~、こういう役どころだから、わざと差をつけたのかな~と思ってました。

(高橋一生さんは、私は好きな役者さんで、「カルテット」も大河も大好きでした!!

ただ、役者さんとして好きな話と、一皮膚科医としての見解は別。客観的に(って、私の主観ですが)、意見を言います)

 

37歳の男性だと、本来もっと皮脂をはじめとした皮膚の保湿成分出てもおかしくない、というか普通は出る。

 

体の細さから言って、肉魚卵、良質の油、足りてなよな~とず~っと思っていましたし、今も思っています。

 

乾燥肌なのに、熱いお風呂、しかも長風呂大好き。

 

これは、皮脂、なくなるわ。。。

番組でも、どっかの先生が言われてましたよね。

 

魚もっと食べるように言われてましたが、

(皮膚の保湿成分のセラミドを作るのに、不飽和脂肪酸が必要だから、ということだそうです)

 

 

魚、確かに必要ですが、もっと細かい話をしていくと、セラミドを作るのに、いろんな酵素が必要で、酵素はすべてたんぱく質でできています。

なので、肉魚卵をたくさん食べていない方は、皮膚だけでなく、全身の酵素がまず作れません。

 

酵素は、栄養(肉魚卵)を摂って、自分で、自分の体に作らせないといけませんから、酵素ジュースや酵素サプリ飲んでも、何の意味もありません。

(だって、○○に効く、なんて書いてないでしょ。書いたら詐欺ですからね、効かないから。書けるわけがありません)

 

なので、まずたんぱく質たくさん食べない方は、皮膚は乾燥するのは当たり前です。

 

そして、皮膚で一番大事な保湿成分は、コレステロールだったりします。

一番と言いながらもタンパク質と並んで同じくらい大事で、タンパク質いのよりも大事ではないですが。

(ちなみに、コレステロールは、油とたんぱく質でできていますから、タンパク質食べないと話になりません)

 

なので、脂質異常症で、スタチン系の薬を飲んでいる方は、コレステロールが減らされますから、これを止めない限り、乾燥するのは当たり前です。

(勝手に減らしたらダメですよ。中には命に関わる方もおられますから)

 

オーソモレキュラー療法始めてしばらくしたら、乾燥肌の患者さんからは、保湿剤がいらない、いらなくなった!体が乾燥して痒くならない!と必ず言われます。

お肌がしっとりしてこなかったら、まだ皮膚にまで栄養回っていない証拠です。

まだまだ足りない。。。

 

 

高橋さんが、唇が乾燥するから、体(内臓)を心配されていましたが、唇には皮脂腺がないので、乾燥が顕著ですね。特に、すぐに舐めちゃいますから、よけいひどくなる。

まあ、それだけ、栄養足りない、ということです。

 

内臓が悪いのか?ではなく、もっと肉魚卵たくさん食べて、良質の油もっと摂って、あと、必ずピロリ菌いないか調べとけ、って話です。

(ああいう痩せている方は、ピロリちゃんと調べるのは必須!!

ピロリいなくて、あそこまで痩せたなら、かなり胃腸が悪いか、玄米菜食や断食や栄養失調になるような食事をしているか、食べている量やカロリーを超えて、すっごくカロリー消耗するようなことをされているか。。。

 

ついでに、スキンケアについてですが、

(話長くなるし、毎年書いてることなんですが、今日の番組で一番言わなきゃいけないことを言わないから)

番組で、そのどっかの先生が、

熱いお風呂ダメ、擦らない、、あともう1個、何言ってたかな。

3個言われて、それはごもっともで大事なことですが、

 

一番大事なことは、

「石けん使うな!」です。

 

皮脂膜も出てない、足りない乾燥肌の人が、なんで石けん使って、皮脂膜取らなきゃいけないの?ってことです。

お湯で十分です。

湯船にまで浸かっているんだから。

 

顔は、女性も男性も、例えば日焼け止め塗ったとか、ファンデ(芸能人だとドーランなど)塗ったとなると、これは水(お湯)では落ちません。

だからなにかしらの洗浄剤が必要です。

 

でも、体なんて、特殊な仕事でない限り、皮脂と汗とホコリしか、皮膚についていないはずです。

 

お湯で十分。しかも毎日シャワーなり、お風呂なり入っているわけでしょ。

石けんいりません。

 

脂性の方は、お湯だけでぬるぬるして気持ち悪かったら、まあ使えばいいですが、皮脂膜取っても、こういう方はすぐにまた皮脂膜作って出てくるからかまいません。

 

乾燥肌の方は、作ってくれてないから。

取っても補充が追いつかないから、保湿剤塗るしかないんです。

 

お湯だけで洗っても、まだ乾燥する、というなら、保湿剤もやむなし、ですが、ほとんどの方は、それで乾燥は解決です。

 

高橋さんは、皮膚がピリピリ痛いって言われてましたものね。角質突っ張っているわけです。

 

今、テレビのCMで、毎日のようにたくさんの会社が、「保湿成分を洗い流さないボディソープ」なんてものを、い~っぱい宣伝してますよね。

そこそこのお値段も取っている商品ですよね。

無添加石けんみたいに、200円以内で買えない。

 

ああいうCM観るたびに、石けん止めれば済む話なのに。。。と毎年思います。

 

で、こういうことは、NHKの「ガッテン!」でもない限り、民放のテレビ局や雑誌では絶対に言いません。

だって、そういうボディソープ作っている会社大手全部、大スポンサー様なので、すぐにクレームで大変なことになります。

スポンサー降りられちゃいます。

 

スポンサーのいる世界では、スポンサーの困ること、都合の悪いことは絶対に言いません。

 

なので、今日の番組も、その先生は知っていたけど、言わないように言われていたのか、言ったけど編集でカットされた可能性もあります。

テレビ番組は、抜きますからね~。

 

肉魚卵をたくさん食べたからって、1週間で乾燥肌全員改善!とはなりませんが、石けんというかボディソープ止めてお湯かけるだけで、1週間で結構マシです。

早い方だと、翌日、あるいは風呂上りにもうマシです。

 

知らかなった方は、早速やってみてください。

 

ついでに、詳しくは、私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」に書いてあります。

シンプルスキンケアと食事栄養の本です。

どうぞご参考までに。

 

ニキビやニキビ跡の相談って、わりと多いです。

だいたいは、いろんな皮膚科(保険診療)通ったけど、全然良くならない、すぐにできる、結局同じ、肌が赤くなった、ガサガサになった、などなど、結局は、ニキビもまた出るし、肌もどんどん荒れていくのをなんとかしてほしい、という訴えです。

 

ニキビ跡は、もちろん保険でなんとかできるようなものはありません。

ニキビ跡自体は病気でもないし、「キズ跡」ですから、根本的に完治させるようなものは、対症療法がメインの保険診療で、まして病気でもないのですからあるわけがない。

 

時々、電話で、「ピーリングの石けんを売ってほしい、売っているのか?」という問い合わせが入ります。

診察に入るわけではなく、ほんとにカウンターで買いたいだけ、というものです。

 

こういうことを聞くたびに、「アホやな~」と思います。

 

ネットなどのステマだか、広告宣伝に騙されてるんだか、ニキビ=ピーリング、みたいな。

 

まあそういう宣伝はとても多いので、ちょっと検索かけたくらいだったら、ニキビ=ピーリング、と出てきちゃうでしょうから、まあそこまでは仕方ないとして、診察も受けずに、ホームケアのピーリングでなんとかなると思っていること自体が、トホホなわけです。

 

そうやって、ネットで調べた、「この化粧品がいい」「あの化粧品がいい」「これがいい」「あれがいい」と散々やって、それでそのボロボロの肌になったわけなんですから、その考え方とは違う考え方を試してみようと、そこで少しでも思えばまた別の道が開けるんですが。。。

 

ピーリングをずーっとやってきて、「子供のころからアトピーですか?問診表に書いていませんけど。。」というくらい、顔は赤くガサガサに乾燥して、若いというのにツヤもなくなり。。下手したら苔癬化(皮膚が硬くゴワゴワになること。まるでコケが生えているかのうように、という意味です)の手前みたいな肌の中に、赤いニキビが散らばっています。

ひどいのは盛り上がって、硬いしこりまで形成しているので、いくらファンデを重ねても、隠せませんよね。

ファンデやコンシーラーを何度も重ねて塗るから、またそれが刺激になって、ニキビが悪化する。。

ニキビにピーリングをすることを否定しているわけではありませんし、私もしたらいいのにという状況があればやるつもりはあります。

(開業して、もうすぐ8年ですが、ニキビにピーリングをしたことは一度もありません。というか、適応症例がありませんでした。ピーリングができる肌ではなかったということです)

ピーリングはどういう肌ならしていいのかは、私の拙著「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」に書いてあるので、どうぞお読みください。

ニキビができる原因は、

使っている化粧品が悪い、肌に合っていない、というのもあります。

人によったら、今使っている中で、おかしなものを全部止めてもらって、刺激の少ないものに変えただけで、ニキビが出なくなる方もいます。

そういう方は、まあそれでよかったわけです。

根本的に美肌になるかは別として、悪循環にはまってできていたニキビが出なくなるだけで、かなりマシになるし、そこまで悪影響を及ぼしていた化粧品を止めただけでも、だいぶ肌が綺麗になります。

それでもニキビが治まらない方は、もう皮膚がそういう皮膚なんです。

毛穴がすぐに詰まるし、新しい丈夫でキレイな皮膚が再生もできないし、傷んだ古い皮膚を捨てることもできない。。。

それは、そうする材料が口から入ってきていないからです。

丈夫でキレイな皮膚をつくる材料がないから、すぐに詰まるような毛穴になるし、代謝は悪いままです。

そんな皮膚で、ピーリングをやろうが、レーザーをやろうが(炎症を抑えるレーザーを、早く良くしたいから足す、というのはアリかと思いますが)、抗生物質を飲もうが、同じです。

ニキビを保険診療でしてほしいと予約が入れば、保険で診ますが、保険適応のある薬は決まっていますから、そう他院と違うことをやっているわけではありません。

抗生物質はよほどのことがないと出しませんが。。

塗り薬なんて、副作用の説明をした上で、選んでもらうというか、試してもらうしかないし、それが嫌と言われても、保険では選択肢はそれほどありません。

保険診療で、根治させるニキビの薬(丈夫でキレイな皮膚を作るための薬)はありません。

保険診療で全然治らないから、うちに来られるわけですが、美容医療を求めてこられるわけですが、早くなんとか少しでもマシにしたい、という方以外は、レーザー治療もほとんどしません。

おススメしているのは、オーソモレキュラー療法です。

ちゃんと栄養を摂って、食事を変えて(ろくなものを食べていない、もしくはちょっとしか食べていないたんぱく質ですら、消化吸収できていない可能性が高い)、サプリで足りない分を補って、消化吸収できていない原因を突き止めて、改善するようにさせて、ということが第一選択だと思います。

皮膚が悪い人は、胃腸も悪いです。

皮膚と消化管粘膜というのは、裏表の関係です。一枚で繋がっています。

同じ一枚ですから、皮膚が悪かったら、そりゃあ胃腸も悪いでしょう。

(皮膚が一見綺麗そうに見えるから(ほんとに綺麗かどうかは別として)、胃腸が元気、とは限りませんが)

レーザーをする場合も(患者さんが希望された場合)、オーソモレキュラー療法は必ず併用です。

(どこまでサプリを買うかは別としても、食事は変えないといけないし、胃腸はなんとか機能するようには努力してもらいます)

ニキビに限らず、皮膚のトラブルの根治療法は、オーソモレキュラー療法しかないと思いっています。

もっと認知度が広まって、食事くらいは変える人がもっと増えれば、被害は少ないのにな。。と思います。

保険診療で、もう何年も抗生物質を飲まされている方がとても多いです。

ほんとに飲ます必要があるのか?!とも思いますし、血液検査も一度もされず、ず~っと何年も飲まされている。。。

耐性菌のこととか何も考えていないんでしょうね。。。

こういうことをされると、ピロリがいても、一次除菌失敗するわけです。

一番悪いのは、そういう処方をやり続ける医者ですが、保険診療って、一体何なのかなと思います。。

Facebookで反響が大きかったので、こちらにも載せておきます。

 

ビューティフルスキンとか、いわゆる本当の敏感肌用化粧品とか、紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めとか、まあ添加物がすごく少ないものを使っている方方からよく、
「ダマになる」「ボロボロ落ちてくる」と言われることがあります。

まるで化粧品が悪いかのように、言われることもあります。

 

これは、化粧品が悪いのではなく、悪いのは、その方の塗り方です。

触りすぎと擦りすぎです。

 

今までは添加物の多いものを使っていたから、少々触っても擦っても凝固しにくいように添加物が入っていたわけです。

添加物の恩恵ともいえます。

 

化粧品は、添加物との妥協点をどこに置くのか、これは優先順位が人によって違いますよね。

 

でも、どんなに肌が強くても、なるべく添加物は少ないほうがいいし、同じ添加物なら少しでも刺激のないものを使うほうが、私は美肌のためには必要と思います。
もちろん、触る時間も回数も少ないにこしたことない。
刺激以外の何ものでもない。

 

 

1 / 2312345...1020...Last »