プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

  • 100000009002749707_10204
  • DSC_1775
  • IMG_20170929_163107
  • P1130086
  • P1130037
  • P1130238
  • IMG_20170917_181247 - コピー
  • キャプチャ
  • 登録会員
  • IMG_4381
  • IMG_20170807_231649
  • IMG_20170803_234835
  • IMG_20170729_232135
  • 0$Images$6_111_PANAP1110187JPG
  • IMG_4381
  • IMG_20170714_231517

ホーム > 未分類



明日は大阪で開催されます、日本美容皮膚科学会総会に参加するために、終日休診とさせていただきます。

お電話も通じませんので、ご予約ご希望の方は、留守番電話にメッセージを残していただけますと、月曜日にこちらからお電話させていただきます。

ご迷惑。ご面倒をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、1年ぶりに美容皮膚科学会。

今回、一番聴きたいのは、実は資生堂のバリア機能の話だったりします。

バリア機能の話は、皮膚科学会のほうが充実しているというか、たくさんいろんな企業や大学がいろんな方面から出してくるので、聴きたいのがかぶって、余計に全然聴けなかったりもします。

 

商業展示も毎回期待していきますが、そう変わり映えしないのが現実です。

明日はどうでしょう。。?

 

本来は、美容皮膚科学会と言えば、まずレーザー系などの皮膚に何かをあてるもの、注射系がメインでしょうか。

去年はニキビだったな~。

 

 

レーザーなどは大好きですが、オーソモレキュラー療法を勉強したら、そんなに侵襲の強い治療は、栄養ないのにやっても無駄になるな、と思っています、

全く無駄ではないですが、きついことをした分、コラーゲンの新生というか増生というか、治療で受けたダメージを治さないといけないので新しくは作られますが、それらは、ほんとにいいコラーゲンなのかな?と思います。

材料もないのに。

一時は無理やりでも、瘢痕であっても作っても、もともと他から借りてきたものですから、しばらくしたら分解されてまたもっていかれてしまいます。

 

侵襲性のない、あるいはあまりないような治療(効果はマイルドな分、副作用もあまりない)を、ある程度継続したりして、細く長く続けていくのが、私は一番いいと思っていて、それなら、よほどの栄養失調でない限り、新生した分も無茶させてないので、そのまま置いておいてくれるんじゃないかな(いつかは分解されますが、体がその分作ればいいだけです)。

 

それで無理なこと、もっと効果を出したい(たるみやシワなどに)なら、もう手術のほうがいいかもしれない、とさえ思っています。

確実ですしね。

 

ただ、栄養状態が悪いと、内出血はひどくなるわ、腫れは全然引かないわ、効果よりも副作用や合併症のほうが目立った、というようなこともあるので、なんでも他力本願は禁物です。

 

皮膚でも骨でも筋肉でも粘膜でもどこでもそうですが、古いものは壊され、分解され、新しく作りなおす。

スクラップ&ビルト。

これが若さと元気の秘密です。

古いものは壊さないと、がれきの山だらけか、重要文化財みたいに、古めかしくなっちゃいますよ。

アンティークの良さはあるでしょうけど、若くはない。。。元気でもない。。

重厚感が、お肌に合ってもね。

 

今、シワ用の市販の美容液か出てるでしょ。

あれの原理は、確かに意表をつくもので、商品としては、世界初でしょう(そう言ってますね)。

でもあの原理は、コラーゲンの分解酵素を止めるわけですから、古いコラーゲンが分解されるのを邪魔するわけです。

分解され、本来なくなるはずのコラーゲンが残っているから、シワの治療や予防にもなる、というわけですが。。。

 

古いコラーゲンばかりあってもね。。。

なんでもそうですが、コラーゲンの質って大事だと思います。

 

皮膚も若々しくしておきたいと思うなら、コラーゲンの新生です。

しかも古いのを壊して、スクラップ&ビルトです。

それでなきゃ!

(ヒトの全身のタンパク質の3%は、毎日スクラップされています。栄養が足りないと、ビルト(新生)はしてもら寝ません。。。)

 

なにがどうして効くのか?というところが一番大事です。

 

美容皮膚科学会は、まさに美容皮膚科を始めました!というドクターも大勢参加するはずなので、初心者向けのおさらいみたいな話も多いです。(そうでないのもありますが、なんか少ない?)

やっぱり、もっとマニアックな専門的なことを聴きたければ、美容外科学会(形成外科のほうの)になると思うんですけど、こちらも結構クリニック休まないと参加できませんしね。

開催される内容によっても、レーザー系があまりない時もあるし。。こればっかりは。。

 

明日のためにもう寝ます。

おやすみなさい。

 

 

続きです。

 

スキンケア相談化粧品相談、スキンケア講習もそうですが、それらを受けたからと言って、うちで化粧品を買われるわけではないですし、勧めない化粧品を止めない方ももちろんいます(説得に1時間かけても、ボロボロの肌をダーモスコピーで見せても止めない。

こういう人は何時間かけても同じでした。今から思うに、栄養が足りていないので、無理なものは無理なわけです。)

説得を続けていて、相手は、使いたいの一点張りで、もうじゃあ好きにしたら?と嫌になることもありますが、他に誰も止める人がいないから、私が止めるしかないのかと説得を続けてるわけですが、ほんとにそれで1時間すぎます。

 

こういう人は、都合が悪くなると(説得に負けそうになると)、話を変えたり、話があっちこっちに飛ぶので、全然話が進まないわけです。

 

そうまでして、現状を変えることに猛烈に反対されているわけですが、じゃあ何にしに来たん?と不思議で堪りませんが、ようは、現状を変えずに(自分は何も変えないし、変えるつもりもないけど)なんとかしてくれ、というお願いですから(しかもお金をかけずに)、話はずっと平行線です。

こういう時は、ほんとに嫌になりますが(ものすごく疲れるから。まあ相手も全力で反対されるから相手も疲れるでしょう)、こういう人はごく少数派で、ほとんどの方が、気を付けるようになってくださるので、全部は無理でも多少変わることでお肌もゆっくりでも変わっていきますから、良かったですね、となります。

 

 

スキンケア相談など処置をされていない方は、メール相談はできません。

 

相談=診察なわけで、診察料しかいただくものはありませんから、無料でメール相談するほど、お人好しでも、マリア様でもありません。

(今なら、facebookを使われるかですが。facebookページに投稿されて、私の返事が他の方の役にも立つので、質問をお受けするわけです)

相談がしたかったら、ちゃんと予約を取って、また1時間の枠を取りますから、再診察料(再診料)¥10,800 かかります。

肌の相談なんて、1時間はアッという間ですよ。皆さん、普段疑問に思っていることも聞いてこられるし、しかもその方と全然関係ない話で(芸能人のアレはどうなんですか?とか、テレビで言っていたアレはどうなんですか?など)、話をするのは構いませんが、あなたの枠、終わりますよ、あなたの話しなくていいんですか?ということです。

そういう人に限って、もう時間ですから、と何度も言って時間過ぎて押しまくっていても、あとひとつだけ!と、一言で済まないような最低15分以上理解してもらうのにかかるようなことをいくつも聞いて来られるので困ります(笑)。

 

聞いておきたいことは、最初に言っておいてください。必ず。

 

一つずつが時間がかかりますから、1度にあなたの知りたいこと全部は聞けません。

時間は限りがあるし、次の方が来られていなくても、次の準備と今の後片付けもいるわけで、どちらも時間がかかりますから、時間枠は守っていただきたいです。でないと、完全予約制が維持できません。

私のほうで、話が終わらず、これだけは言っておかないと!というときは、お気になさらず。

 

それは、再診の方もそうで、処置のご予約の場合、予約された処置の時間しか、もちろん取っていません。

 

処置の間は、何を聞かれてもかまいませんが、洗顔の仕方が間違っていた、日焼け止めはちゃんと塗っているのか、先日ダメと言った化粧品は止めたのか、などなど、そういう確認をしていたら、処置がもう終わってしまったということもあります。特に、ジェネシスは時間が短い(でも、10分は最低かかります)ので、たくさんいろんなことを聞きたいという方は、処置とは別に、時間枠を取ってもらわないとそれは無理で、時間切れです。

枠を押さえた以上、再診料1時間¥10.800 がかかります。

処置をしたから、その後、ずっと無料で話をしてほしい、話を聞いてほしいというのは、それは無理というものでしょう。

弁護士と同じで、医者の情報提供代と時間拘束代です。というか、いわゆる知的職業の場合、そこしかお金をもらうところがないわけです。

よほど考え方が違う場合(真逆とか)は、1時間かかりませんが、予約の時点で1時間枠を取って、他の方をお断りしていますから、時間が短くなったとしても(それでも30分以上はかかるでしょうけど)診察料は同じです。

 

講演会の受付を終了いたします。
クリニックの留守番電話などに入れておられる方もいらっしゃるかもしれませんので、お電話・メール・メッセージをいただいたお時間の早いもの順です。保留の方は、明日までお待ちくださいませ。
お電話で、メールアドレスをお伺いした方には、確認メールをお送りいたしました。届いていない方は、ご連絡をお願いいたします。→メールが返ってきましたので、もう一度やり直します。
メールを受けたられましたら、
お名前・ご住所(郵便番号も)・ご連絡先(携帯電話番号)を
ご返信くださいませ。


FAXでお知らせする方、FAXをお待ちしている方は、明日以降に、ご連絡いたします。


お名前、住所、電場番号の確認ができませんと、ご予約を取り消しにさせていただく場合がございますので、必ずご連絡をお願いいたします。


講演会参加ご希望の方は、キャンセルなどで空きが出ましたら、順番にご連絡いたしますので、ご希望の方は、ご連絡をお願いいたします。
お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします

「お知らせ」でもお知らせしましたが、3月のキャンペーンのお知らせです。

 

さて、今花粉症真っただ中でしょうか?

私は栄養療法で花粉症というかアレルギーに効くサプリを飲んでいるので、全くの無縁です。

栄養療法をやってよかったのは、ひとつに花粉症とはおさらばしたことですね。

開業していつだったか、猫アレルギーのひどいのになり、猫カフェに行って、30分ほどで体がムズムズして、気のせいかと思っていたら、1時間後には、手の平療両方とも真っ赤に腫れあがり、ビックリしました。

幸い、すぐに手を流水で洗ったら、少し落ち着きましたが、この頃はよほど栄養なかったんでしょうね。。

今年、去年だったか行った時には、全く大丈夫でした。栄養療法をやっている限り、猫も花粉もアレルギーなしでいけそうです。

 

うちのクリニックでも花粉症で栄養療法されている方は、あまり今の季節関係ないので、すっかり忘れていましたが、久しぶりの患者さん方にお会いすると、ああ、今花粉症の季節だった!と浦島太郎みたいになっています。

この季節は、目立った花粉症はなくても、肌荒れの方がとても多くて、炎症を抑えるレーザーに変えたりする方がとても多かったのに、今はあまりないです。

アレルギー用のサプリを飲んでいない方で、アレルギー持ちとご自覚のない方でいらっしゃいましたが、早めに対処できたので、今は大丈夫です。

 

でも、レーザーしている方全員は栄養療法しているわけではありませんから、イオン導入のキャンペーンでした。

毎年恒例行事でしょうか。。プラセンタかトラネキサム酸か。

どちらもいいので、お好きなほうをこの機会にお試しください。

 

で、気温が少し上がってくると、やはり毛穴のつまりを言いだす方が増えます。

特に、栄養が足りないと、気になって気になって仕方がない、という感じです。

どちらにしろ、そういう方に、きつい治療もピーリングの石けんも私はやりません。

他にすることたくさんあるし、余計にひどくなりますからね。

ただ、やっていい方もいらっしゃるので、そういう方のために、です。

気温が上がってくると、毛穴対策を無理ない範囲で、というのも毎年の恒例行事ですね~。

 

そして、紫外線がもう冬ではないです。

ちょっと強くなったのと、日が暮れるのが少し遅くなってきているのと、気温も上がって、みなさん外に出る機会も増えますから、日焼け止め啓蒙キャンペーン開始ですね!

啓蒙は冬の間もずっとですけど。

春だから油断している方もまだまだいらっしゃるんですよね。

皆さんお好きなサンプルプレゼントで、数に限りがありますが、商品によったら、結構たっぷり試せる量をお渡ししていますから、この機会にぜひお試しを。

日焼け止めは、ほんとに塗り心地の好みや乾燥感の感じ方や塗りやすさの違いなと、個々によってかなり違います。

うちで日焼け止めは色違いも合わせると、18種類を超えていたと記憶しています。

それだけ、環境やTPO、好みによって、購入されるものが違うため、結果これだけの種類を揃えることになってしまいました。

耐水テストがされているものはありませんが、年中日常生活で困ることはないくらいの品ぞろえだと思います。

 

そして、そろそろ体型が気になってきた方に、部分痩身のトゥルースカルプをされる場合は、AC BODYを無料でお付けします。

AC BODYの間、ほぼずっと横についていますから

(話かけても返事をされない方、あまり話さない方の場合は、話も続きませんし、話かけられるのが嫌なのかと判断して、必要最低限しかいないようにしてますが)

これがAC BODYを効かすためのポイントです。設定と、日常生活での注意事項ですね。

 

そして、今回のキャンペーンの目玉賞品が、ヘム鉄とBB(マルチビタミン&ミネラルのサプリ)の10%オフキャンペーンです!!

めったに下がりませんから、今回で2回目でしょうか。。。?

前回の時も、結構買いだめされる方がいました。

この機会にぜひどうぞ!

サプリをネットで購入される場合は(許可の出た方のみ)、10%オフにはなっておりません。院内のみですから、お気を付けください。

 

肌荒れ相談の方にもサンプルプレゼント忘れてました。

結構長くお試しできるように、こちらのたっぷりと差し上げています。

私が忘れていたら、誠に申し訳ありませんが、声をかけていただいてよろしいでしょうか。。?

 

解析される方に、サプリお試しか他のアミノ酸プレゼントも読み通りでした。

 

あと、なんか思いついて、忘れてしまったんだな~。

急に思い出したり、思いついたりしたり、またアップいたします。

 

 

 

ついこないだ、高級な霜降り肉をいただきました。

ありがたいことですが、これが見事な霜降り。。。

パッと見たところ、これ、7割は以上脂だな。。

脂身がハシにバーンっ!とあったら、そこ切ったら終わりですが、霜降りに立ち悪いところは、脂だけのけられない。。。うう。。

 

牛や豚、鶏の脂身というのは、天然のものですから、あんなサラダ油なんかのことを思えば、全然食べたらいいんですけどね。ちょっとだけ栄養もあったりしますし、カロリーの摂取量は稼げますから、ちょっと食べるくらいいいんですけどね。。

でも、赤いところ(鶏なら白いところ)の筋肉に栄養が無茶苦茶あるわけで、脂身に、タンパク質もビタミンBも亜鉛も鉄もカルシウムもビタミンAも、貴重な栄養素がつまっているわけではないです。

しかも、特に牛の脂身を消化分解しようと思ったら、結構な消化液がいりますよね。

ちょっとはいいけど、たくさん食べるとなると消化液もたくさん要ります。

貴重な消化液をそこで浸かっている場合ではないです。

 

私は、胃酸が少ないのですが(これは昔ピロリが長くいた影響もいまだにあるのかも。基本胃が悪いんでしょうけど、気にせずバグバグ食べるから、胃への負担は大きいのかもしれません。検査ではもちろん異常なしですが、胃酸はちょっと足りない(検査結果にも出ています)ので、食事、特にタンパク質を摂った時は必ず消化剤を飲みます。医薬品のこともあるし、サプリの時もあるし、併用する時もあるし(医薬品のほうが効かない。。けど、安い)、その都度に合わせて使いわけてます。

 

赤身のお肉だったら、200~300gくらいはぺろっといけちゃいますが、さすがに霜降りはもう無理ってわかります。

それを200gくらい食べました。

でも、赤身換算にすると、6割脂だとしたら、300g食べても180gしか食べていないことに。。

栄養足らんっ!!(他のものも食べましたが)

いつもより消化剤を多めに飲みました。

 

日本の、この脂身文化(霜降りのことね)、なんとかならんのか、と常々思います。

 

先日、大丸の肉売り場をうろついた時に、どっかで見たこそのあるマークが。。と思ったら、なんと、熊本の草うし(熊本の放牧牛で、大丸限定ブランドだそです。)ではないですか!!無茶クチャ嬉しくて、たくさん買いました。

以前、草うしのHPで見たことがありますが、草うしの脂身も赤いところも、普通の牛肉よりも、栄養価が高いそうです。

理想ですね~。

草うしも、部位のよったらちょっと刺し入っていますが、草うしの脂身は、穀物(炭水化物)を食べて育っているわけではないので、大丈夫かな=っと、ちょっとくらいね。

赤身の肉のほうが、ちゃんとお肉の味がして美味しいのですね~。

 

これからイベントの季節ですから、胃腸の弱い方は、消化剤をうまく使ってくださいね。

(それだけでは、ほんとはないのですが)

私の3回目の腸内環境の腸内フローラの検査結果が返ってきました。

 

。。。結果は、

「変わらない」!!!

細かい点数まで今見れないので、そこは見直さないとわかりませんが、4段階評価では、まったく変わっていません。。。

 

7月に、うんこちゃんがムチャクチャ美人なので、意気揚々と検査したんですが、1月の悪い結果と同じで、こんな綺麗な臭いもしないうんこちゃんなのに?!と驚愕したのを覚えています。

(バラの香りまでしないと、変わらないのか?!

*便は、どんなに頑張ってもバラの香りはしません。念のため。。)

 

ちなみに、この7月の結果を、患者さんに見せて説明している間に、どっかいっちゃって(おそらく他の資料とともに患者さんに渡してしまったと思われる)、再発行していただきました。

 

腸内フローラは、ちょっとやそっとでは変わらないといわれていて、10月のセミナーの時に、免疫の超大家の先生にお聞きしたら、「変わらないよね」と言われ、ガーンっ!!とショックを受けておりました。

(なぜショックかというと、私の腸内フローラは、「やや太りやすい」のです。。

「変えられない」ということは、一生「やや太りやすい」ということです。。。)

でも、腸内フローラのバランスを変えることはできます。

ここでいう、「変わらない」というのは、菌の種類ですね。

今まで存在しなかった菌が、どっかから入ってこない限り、いきなり沸いてはこないので、なので、医療では「便移植」という治療法があるわけですが。。。

口から何かで摂っても、そのまま腸の中で、いついてくれるかというのがこれまた難しく、絶対にいつかないわけではないでしょうけど、菌との相性もあるから、たくさん入れたから、いつく、というわけでもないようです。

 

この10月のころは、悪い菌を殺すサプリといい菌を「植菌」できるサプリとわりと飲んでいましたが、腸もうんこちゃんもとても調子がいいので、なにかあったときだけ飲む、というようにしていました。

ラクトフェリンはずっと続けていましたが。

 

やっぱり続けないとダメか。。。

 

IMG_20161215_231518[1] 先日の学会で存在を知った森永のサプリ。

http://www.slimbifi.com/index.html

 

まだ1か月も飲んでいませんが、さぼりながらとつけていkますが。。

この1か月くらい、昼のごはんは、ごはんの代わりに、ずっとプロテイン飲料(医療用。完全な置き換えができる、オーソプロテインを飲んでました。

時間がないのと、液体なので、これなら仕事によったら、仕事しながら摂れるから便利でした。

さすがに、半月もすると、ちょっと痩せました。これも途中から一緒にやっていますが、ちょっと脂肪が減ったのは、これはいまのところ関係ないと思います。

もし、これが私にあっているなら、これからかな。

こういうのって、1か月、2か月単位で診ていかないとね。

さあ、どうなることやら。

 

 

今日は、すっごい眠いです。。昨日もちょっと遅かったです。

あれ、昨日、ブログ更新した気がしていたけど。。気のせい。。?

今日は簡単に。。

 

糖質制限の新しい焼き菓子セット

http://www.orthomolecular.jp/shop/shop1/html/products/detail.php?product_id=30

いつものフィナンシェとヘム鉄入りクッキー♪

クッキーはさくさくして、と~っても美味しいです。

こちらのセットが大人気で、キャンペーンで、ビタミックスや糖質制限のお菓子をえらんでいただいていますが、クッキーが一番人気!珍しいというのもあるんでしょうけど。

 

ルーブさんに発注かけていますが、全然来ません。。。まとめ買いをされる方も多いので、とうとう在庫がほんのわずかになってしまいました。。

お菓子なくなったら、ビタミックスになりますが。。

バラ売りもしていますから、単品でもかっていただけます。

年末年始、いらん物を食べるくらいなら、このお菓子が、ほんとに超お勧めです♡

今、患者さんが入院されていて、念のための入院ではあるんですが、専門外のことなので、私になにかできるわけではないんですが、心配です。。

食事制限がないので、患者さんとメールでやり取りをして、食事のアドバイスを少ししています。

食事で、少しでも役に立ってもらえればいいんですが。。

早く落ち着いて、退院できればいいんですが。。

 

全ての病気やいろんな症状が栄養やサプリで治せるものではないし、なんとかなるものではありません。

 

でも、急になにかあった時、

 

人間というのは、普段何もなくても、急になにかが起こります。

前触れがあるときもあれば、それに気づかない時もあるし、全く前触れなしのこともあると思いますが、まさに青天のへきれきのように、いきなり、どうして私が?!私に?!という体調の変化というのはあります。

今の現代社会、そういう場合は、やはり病院に行って、医療のお世話になるわけで、ほとんどが薬を使われますし、場合により手術などの処置が必要になります。

 

医療は、リラクゼーションではないので、「効く」「治る」「改善させる」以上、なにか副作用や合併症があります。

軽いものもあれば、重いものもあります。

痛みを伴うこともあるし、かなり患者さんの体がしんどいこともあります。

治療内容によって、さまざまです。

 

でも、少しでも栄養があれば、治療の痛みにも耐えられたり、薬の副作用も軽かったり、少量でよく効いたり、手術の後も回復が早かったり、などなどいろいろとメリットがあります。

体のベースに、栄養の余裕があるから、いろいろな治療で栄養を取られるようなことがあっても、まだ大丈夫だったりします。

いつもよりはしんどくても、他の患者さんに比べたら、回復が早いこともあります。

 

栄養を摂っていなかったら、足りてなかったら、どうなっていたか?副作用がもっとひどかったのか?などは、実際のところ、わかりません。

結果論になってしまいますが、いろいろな病気になると、こういう栄養がたくさんいる、ということはわかっているので、足していくことをお勧めしていきます。

 

いろんな病気で重要になってくるのが、糖質制限ですが、一部の病気を除いて、やはり糖質制限をしたほうがいいです。

絶対に必要!という病気もあります。糖質制限の度合も、軽いものから徹底して抜かないと!というものもあります。

 

でも、普段から糖質制限が緩いのでもいいから少しやっていないと、いきなりって、かなり難しいと思います。。。

糖質の呪いって、そう簡単に解けませんから、よほど精神力の強い方、覚悟した方など、パッ!と切り替えられたらいいですが、なかなか大変だと思います。そうそう簡単に、180度真逆の食生活をすぐにできる方というのは、そういません。体もなかなかついて行かないし。。。

 

また、どうしてこの病気に糖質制限が必要なのか?ということを本当に理解していないと、食事を変えることの大変さに負けてしまって、最初は頑張っても、すぐにストレス溜まって、止めてしまい、下手をすると、糖質三昧という最悪の事態になることも。。。

 

サプリをどこまで飲むのかは、予算のこともありますし、ご本人の価値観もありますけど、食事で変わることっていくらでもあります。

少しでもいいから、一刻も早く、なにか始めてみませんか?

知識があれば、同じ糖質を食べるにしても、食べ方や質を工夫するだけで、血糖値の乱高下を避けれることが多いんです。

ほんとにちょっとした知識の差なんです。

このブログで書いている情報というのは、ごく一部ですし、本みたいにまとまっているわけではありません。

ブログでも栄養療法の本もご紹介していますし、もちろん栄養療法を受けていただいている患者さん全員に、その方に必要なお勧めの本を勧めています。待合室にもたくさん置いています。

オーソモレキュラー.jp

http://www.orthomolecular.jp/

のサイトでも、栄養療法の本がたくさん紹介されていて、誰でも見れるようになっています。

本を読みましょう。できれば、借りるのではなく、ちゃんと買って。

本だと、いつでも、好きな時に、その部分だけ見直すこともできるし、人間忘れますから、しばらくして読み直すと、思い出したり、前にはわからなかったことが、わかるようになったり、いろいろ食事を変えてみてこそ、わかることもあるので、ますます理解できるようになったり。。

 

医学と同じで、栄養医学も新しいことがわかってきたりしますから、新しいものから読んでください。

古いのを読んだら、新しいものをセットで必ず!基本は、新しい本中心で。

1冊では、全部を伝えられるわけではないので、読めるなら、何冊でも読んでほしいです。

(読むだけではなく、実践も必要ですが)

情報格差=知識格差(正しい情報を選ぶという意味で)=健康格差

という時代に入ってきました。

今の体調をもっと良くするために、今がいいなら、維持できるように、将来いつまでも元気でいられるように、始めたら、必ずなにかが変わります。

せっかく始めたことが無駄な努力で終わらないように(逆に、マイナスになることもあります)、正しい知識を身に付けてほしいです。

 

最近、晩御飯を食べた後に、時々じんましんが出ます。

まあ、疲れているんでしょうけど、食べているなにかが、じんましんを呼んできているんでしょうけど。。

なにかな。。?

 

派手にパアアーッ!!と出るわけではないので、なんか食べている最中に、ちょっとムズ痒いな。。とあちこちごそごそと書いていて、ほんとにあちこちが微妙~にかゆい、となって、おかしいな、ダニ?と一瞬思った時点で、ああ、じんましんか、と思って腕などを見ると、小さ~い赤いつぶつぶが点々と見えます。かゆいところに、チラホラと。

で、しばらくすると治まるんですよね~。

 

毎日起こるわけではないし、次にじんましん出た時にはもうすっかり忘れていて、またかゆくなって、まさかダニ?!と6行目前から再生が繰り返されています。

 

患者さんだと、普段食べていないものばかりが原因ではないか?と探されるので、自分がこれは違う、と判断したものはお聞きしても言われないことも多々あります。

 

でも、毎日食べているもの、今までも食べてみたものであっても、じんましんやアレルギーは突然起こります。

 

1回起こっただけであれば、その後、ピタッと出なくなった、というのであれば、何が原因かわからないし、まあ出ないのであれば、お疲れでしたか、で済むのかもしれませんが、同じじんましんでも、かゆみが激烈とか、そっから掻き倒して皮膚がボロボロになっているとか、日常生活に支障をきたしていると、止めることも大事だし、次に出るまでに原因がみつけられると、起こらない可能性がすごく上がりますから、原因を探すことも大事ですね。

 

で、血液検査ですが、知りたい方や、これは調べないと!という切羽詰まった症状の場合は、大事ですが、血液検査で引っかかったから、そいつが原因!とはならないし、全然引っかかってないのに、実際のアレルギー反応は出ている、ということも多々あります。

引っかかった物自体は、アレルギーが出やすくなるでしょうから、避けられるなら避けたほうがいいですが、今回のじんましんの原因か?!と問われれば、わかりません。

違うのかもしれないし、たまたま引っかかってはいるけど、今回とは無関係のこともあります。

だからこそ、患者さんの経過や症状もとても大事で、1回ではわからないこともあります。

 

最近、炭水化物を少し摂るようにしています。ちょっと体調がどう変わるのかを、様子を診て、いろいろ食べているところです。

それでも、グルテンとカゼインは、圧倒的に少ないな~。

小麦摂る時は、国産だし(国産だから100%安全というわけではないです)

 

調味料かしらん。。

 

食べ物の場合は、ひとつずつ食べるわけにもいきませんから、食べて、バア~っと出たら、この中のどれか、になります。

 

これまたよく患者さんの勘違い・思い違いであることも多いんですが、たくさんの種類のものを食べているクセに、なぜか、そのうちのひとつを取り上げて、「こいつが悪いんです!」と言われることもあります。

 

これくらいのじんましんなら、とそのまあ症状もあまり出なくなって

もういいや、と消えていくもとありますが、放っておくと、どんどんひどくなって、えらいことになります。

喉がイガイガするとか、口の中が腫れてきた、など全身の症状が出たら、専門医師のいる 病院に行ったほうがいいです、基本すぐに。

こういう即時型のアレルギーは、大変なことになることもあるので。。

 

じんましん自体が久しぶりなのと、自分の体になると、いろいろ見落とし勝ちです。

 

いつもキャンペーンで、みなさんに選んでいただいている、ビタミックス®を、今回、どなたでも、10%オフでご購入していただいくことができます。

疲れが溜まっている方には、非常におススメです。

吸収率が抜群にいいので、表示に書いてあること以上の栄養分が入っており、また吸収されるのいが、とてもいいです。

 

真夏のお肌の疲れ、体の疲れが溜まっている方には、超~お勧めです。

受診されている方であれば、栄養療法を受けておられる方は、副腎疲労(アンチエジングもかねて)の点滴をするのも、とてもお勧めです。

濃いビタミンCと他ミネラルが大量に血管の中には行ってきますから、飲むのと点滴で、こんなに差が出るのんか?というくらい違います。

 

半分以上寝てしまったので、続きはまた明日以降に書きます。

1 / 41234