プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2010年7月
« 6月   8月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2010年07月



今日は、クリニックの帰りに、裏にある「台北城」という台湾料理屋さんに行って来ました。車でお酒が飲めなかったので、さっと軽く食べようということになり、どこに行こうかと思ったんですが、そうなると近いところが便利なんですが、お酒を飲まなくてもいいところ~となると、限られてきます。!と思いついたのが、いつもおいしそうだな=と前を通っていた台北城さんです。私は、食べることが大好きなので、お店の前を通って、はずすことはほとんどありません。(たまに、大はずれな目にあいますが・・)こちらは、大正解でした。安くて、家庭的で、おいしかったです~。1品の大きさが、大小と選べるので、小にすると、いろんな種類がいただけます♪♪

本格台湾料理というのか、ちゃんと台湾の香辛料を使ってあって、口に入れると、五香粉?何の香りかわかりませんが、中華のいい香りがしてきます。オーソドックスに、エビチャーハンと焼き餃子と小龍包と青菜(空心菜)炒めと小エビのてんぷらと杏仁豆腐をいただきました。餃子はニンニクは入ってませんので、女性の方にもオススメです。今まで食べたことのない味でした。おいしい中華屋さんのチャーハンとか火を使った料理って、本当においしいですね。自分では絶対できない味です。パラパラ加減といい、香りといい、良かったです。青菜炒めは、炒めたときのスープがとってもおいしかったので、油も多いだろうな~と思いながらも、結構飲んでしまいました(家に帰って、ゼニカル(油を出す薬。これがないと、私は中華に行けません・・)飲みました)。どれも、まさにちゃんと作ってますという味で、幸せな夕飯でした。今度はお酒と一緒にいただきたいです。お近くに来られたら、ぜひどうぞ。ランチはもっとお得です。からあげが絶品だそうです。

台北城 下京区綾小路東桐院東入る神明町244(神社の隣です)  075(352)5377

以前より、よく患者さんさんから、「コースはないんですか?」と聞かれていました。

実は、開業準備の時に、クレジットカード会社の方から、コース料金のカード支払いはできません、と言われました(今まで、クレジットと契約していたところは、どうなっているかは知りません)。

コース料金を払ってしまった後で、返金でもめたり、よくエステとか美容外科で倒産というか突然閉めて、コースが残っているのに残りの金額は戻ってこないという事件があったりしたせいだそうです。消費者保護法が、消費者の方に有利に改定された影響もあるのかもしれませんね(詳しくは知りません)。

ちなみに、現金払いでコースを購入するのは、カード会社は無関係なので、できますが、現金の方だけコースはOKというのも不公平だし、コースを買っても忘れてしまう方や、わかっていないまま衝動買いみたいな方もいらっしゃるので、私は、コースはやめておこうと思ってました。コース以外で、なにか継続していただいた方がお得になって、現金でもクレジットでもいける方法はないかと開業前から考えていて、思いついたのが、このシステムです。やはり、1回払いだと、自分で好きな時に止めることもできますよね。

最初に価格を決める時に、比較的抑えましたので、割引きをどこまでするかは、結構悩んでいました。そろそろ3回目の方々がいらっしゃるので、急がねば!と思い、作っちゃいました。

どの治療も回数は多ければ多いほどいいので、4回目6回目は、もう1回追加することで、さらにキレイになってもらいたくて、このお値段にしました。

特に、5回された後の6回目は、かなりのお値打ちですので、おススメです。(ちょっと、下げすぎたかな~と思っている感もありますので、将来的には変更するかもしれません。当分は、この料金で行きますし、変更の場合は必ず前もってお伝えしますので、どうぞご安心ください。)

2年ほど前に発売された新しい注入剤レディエッセのモニターの方の写真ができましたので、アップさせていただきますね。今までのヒアルロン酸と違って、最大の特徴は、持ちの良さです。従来のヒアルロン酸だと、3か月~半年に1度減ってしまった分を追加して、という感じでしたが、これは、1年~1年半持つと言われています。注入できる場所は、限定されますが、法令線・口角下(口元)・ゴルゴライン(頬のくぼみ)・鼻・アゴには、こちらのほうが向いていると言われており、私もそう思います。写真の角度が、ちょっと違うので、わかりにくいと思いますが、左2枚が注入前・右2本が注入後です。

20100727_3.jpg 20100727_4.jpg                20100727_1.jpg 20100727_2.jpg

法令線・口元・右のゴルゴライン(頬のくぼみ)にトータル2本入れています。タルミがきついと、これだけ改善するのに、最低2本は必要です。(どこまで、その方が目指すのかにもよりますが。)結果、かなり若々しく見えるようになり、大変喜んでおられます。注入剤が気になる方は、吸収の遅いレディエッセがお薦めです。オープニングキャンペーンのレディエッセも、残り5本となりました。今ならヒアルロン酸をするよりもかなりお得ですので、注入にご興味のある方は、お早目にカウンセにお越しください。キャンペーンはなくなり次第、終了とさせていただきます。

以前、ご紹介したアスタキサンチンの化粧品(クリニック限定)・アスタリズム®ですが、もしかするとスゴいかもしれません。(ハリーさんの約36倍入るというウワサです)

私は、夏場になると、よく胸のところにマラセチア毛のう炎ができます。

マラセチアというのは、カビの1種で、誰にでも(赤ちゃんからご年配の方まで)どこの皮膚にもある(体中はもちろん、口の中にもいます)普段から一緒に仲良く暮らしている菌です。汗をよくかいたり、風邪でお風呂に入れなかったり、免疫力が弱ってたり、といろいろな時に増えてしまって、一見ニキビのように、小さな赤いぷつぷつが出てきます。季節によったり、また知らない間にひどくなったり、治っていたりします。ニキビが全然治らないという方は、マラセチアだと薬が全然違うので、一度ご相談ください。

さて、私のマラセチアですが、基本出ても、ほったらかしにしてます。あまりひどい時は、薬を塗ったりしますが、お風呂でピーリングの石鹸で洗うぐらいで、放置してます。落ち着いても、汗かいて、またすぐ出ますからね。

先日、顔にアスタリズム®を塗るついでに、ふと思いついて胸のところにも塗ってみました。そうしたら、翌日、マラセチアほぼなくなっていました!たまたまかもしれませんが、マラセチアの薬塗っても、今までこんなに早く落ち着いたことは一度もありません。かなり、ビックリしました!マラセチアの薬は、薬の中では塗りやすほうですが、やはり化粧品ではないので、塗り心地は化粧品には負けてしまいます。アスタリズム®で、いけるなら、断然こっちのほうが、塗りやすくてオススメです。

そういえば、他の方で、これのおかげでニキビ出来ていたのが、出来にくくなったって言っておられる方がいはりました。ニキビで悩んでいる方、一度試してもいいかもしれません。(炎症や化膿がひどい時は、勧めませんよ~。データがないので。)

アスタリズム®自体の元々の目的は、お肌を強くして、いろんな刺激に負けない肌をつくるということですから、肌荒れしやすい方にもいいと思いますが、今湿疹が出ている方は、落ち着いてからにしてくださいね、念のため。

試す価値あり、の化粧品で、期待大!です。

 

よく、患者さんから聞かれますが、「夏の間は、フォトしないほうがいいですよね?」「暑い間(紫外線が強い間)は、レーザーしないほうがいいですよね?」と。

私は、そんなことはありませんよ、といつも答えます。(ただし、日焼け止めをちゃんと塗らない方は、絶対しません。効かなくて無駄なだけでなく、火傷のリスクを上げてしまうからです。)

私は、日焼け止めさえ、きちんと塗っていれば、ゴルフに行こうが、南の島に行こうが、スキューバーダイビングしようが、構わないと思います。人生を楽しまずに、夏の間我慢して、家に引きこもってるなんて、もったいないです(家派の方は家の中でエンジョイされていたら、それでもちろん素敵です)。家に居てても、窓から紫外線は入ってきますから、建物の中にいるからといって、大丈夫だということはありません。外にいるのか、中にいるのか、また同じ中でも、窓側なのか、反対側かで、日焼け止めのケアの仕方はもちろん違いますが。

フォトしたいために夏のスポーツが大好きなのに我慢される方、逆に、スポーツをしたいから大好きなフォトを我慢される方、どちらも対立するものではないんです。(日焼け止め塗るのがめんどくさいという方は、残念ながらあきらめてくださいね。)

もちろん、紫外線の強い時期と弱い時期で、フォトの設定は私は変えています。やはり強い時期は、溜まっているシミの予備群がたくさんいますから、日焼け止めを塗っている方でもこちら側としては注意が必要です。夏の間は、より白くするためにフォトをするというより、秋に新しいシミを増やさないために・増えても少しで済むように、予備軍を溜めないために、フォトをおすすめします。逆に夏こそフォトだと思います!そうは言っても、思いがけず日焼けをしてしまった場合は、その時の状況を細かく教えてください。お肌のダメージ具合を考えて照射します。ただ、真っ赤になっている間だけは、赤みが引くまで、フォトはせずに、早く赤みが引くように、ダメージを抑えるような処置に変えますので、少しだけ辛抱してくださいね。

うちは、ナースがフォトをあてるのではなくて、私(医師)があてますので、1発ずつお肌の反応をみて次の設定をしていますから、安心していただいて大丈夫ですよ。日焼け止めも塗り方がわからない・どんなものを塗っていいのかわからないという方(結構いらっしゃるんですね~)、お肌に優しいクリニック専用の日焼け止めを各種揃えていますので、どうぞご相談ください。塗り心地やお好み・ライフスタイルに合わせて、ご提案しています。きっと貴女に合うのがみつかると思いますよ。

20100717_1(2).jpg 20100717_2(2).jpg 20100717_3(2).jpg 20100717_4(2).jpg 20100717_5(2).jpg

鉾の一番先に鉾頭というものが付いているそうですが、これがとにかく長いのに、びっくりしました。大丸の屋上に届くんじゃないかと思いました。約25mと祇園祭りのパンフレットに書いてました。改めてびっくりです!すごい人の人数で、掛け声とお囃子とともに鉾と山(一見お御輿のような感じですが、下には車輪が付いています。一番左が、鯉山です。このタペストリーは、16世紀ベルギーのもので、重要文化財だそうです。とても綺麗ですね。)が進んでいきます。大きな鉾は、止まった後も危ないので、みなさん一斉に車輪止めをされます。動く時は、写真のように、動かしていかれます。息ピッタリです!1年に1回しかないのに、さすがベテランさんばかりですね。

写真中央の鉾は、宵山で乗った月鉾です。どこもタペストリーが本当に綺麗で、またお囃子の方は、よく落ちないなというぐらい乗り出されて、雅ながらも雄雄しい感じがしました。裃を大人だけでなく、小さな子供にまで着せておられて、親御さんはさぞ大変だろうと思いました。

合間合間でしたが、こんなに山鉾巡行をちゃんと見たのは初めて(TVでしか、見てないかもしれません。子供の時は覚えてないですね~。学校で行ったかな?)でしたが、20年ぶりの祇園祭りに興奮した1日でした。

20100717_1(1).jpg 20100717_2(1).jpg 20100717_3(1).jpg

9時丁度に四条烏丸に着くと、ちょうど長刀鉾が出発したところでした。あんな大きいものが動くなんて、びっくりです。人が多いので、鉾は結構早く進んでいって、もうあんなところに!やっとクリニックの前で追いついたと思ったら、止まってるだけでした。大丸の前で、ちまきを受け取る場所(写真が、ちょうどちまきを受け渡しされているところです)があって、そういう受け取りや先の段取り(四条堺町でのくじ改めと言って、奉行(市長さん)がくじ通りに巡行してるかチェックします。お祭りの見せ場だそうです。見た事ありませんが・・)で、止まってるようでした。クリニックの着くと、もう長刀鉾は行った後でした。この写真は右が函谷鉾で、左が菊水鉾です。タペストリーが綺麗ですね。お稚児さんは、人ではなくて、人形です。(人のお稚児さんは長刀鉾だけだったと思います)。せっかくなので、空いた時間に撮った写真をお見せしますね。→続く

昨日の宵山は、夕方また雨が降りましたが、その後はすっかり止んで、良かったですね。

ビルの大家さんが鉾に登れる招待券をくださったので、行ってみました。行けるときがないかと思いましたが、16日は5時でクリニックを閉めたのをいいことに、歩行者天国になる6時までなら、行って帰ってこれるはず!と思い、長刀鉾に乗れなかったリベンジも兼ねて、急いで行ってきました。すごい人出でしたが、まだゆっくりでも歩けるぐらいです。四条室町をもう少し西に行ったところにある月鉾なので、祇園祭りの本当に中心です。鉾保存会の1階から上の上がって乗らせていただくんですが、保存会の2階は写真撮影禁止でした。神棚や昔から代々伝わっているお宝などが展示されていました。この橋みたいな廊下を通って、鉾の中に入らせていただくんですが、中にはお囃子の方も一杯いらっしゃって、そこをくるりと回って、鉾を出る感じです。後ろからどんどん来られているので、ずっと中には入れません。

20100717_1.jpg

先頭にある太鼓を写真に撮らせていただきましたが、ボケボケでした・・・(一応、アップしますね)帰りは、まだ6時前だったので、人混みを逆らって、なんとか駅にたどり着きました。20年以上ぶりの祇園祭り、堪能いたしました。大家さんに感謝です。

20100717_2.jpg

これは、13日夜帰る時に撮った写真です。夜は、提灯に明かりがついて、とても風情があり、綺麗です。長刀鉾保存会(鉾の前というか横)で、何か買うと(ちまきとか手ぬぐいとか)、鉾の2階に上がらせてもらえます(女性は、ダメです)。お囃子(浴衣着ている)方々の生ライブも聴けるので、近くにいるだけでも、ワクワクしますね。

20100715_1.jpg  20100715_2.jpg

家に帰って、ニュースを見て初めて日本各地を襲ってい雨で、京都も他にもたくさんエラいことになっていると知りました。クリニックにずっといると、外がどうなっているかってわからないんですね。梅雨の最後になって、ここまでの雨に襲われるとは・・・山の近くにお住まいの方は、本当にお気を付けください。都市部でも、スゴい雨で、道もすべるし、水たまり以上の池のようなものが出来てたりしますから、本当に危ないですよね。

私は、昔からよく転ぶので、雨の日は滑りにく靴でなるべくゆっくり歩くようにしていますが、ビル内とかも思わぬところが濡れていて、先日も思いっきり滑って転んでしまったので、絶対走らないよう心がけています。そのうち、打撲だけではすまないなという転び方をするので、ケガとか事故って、本当に、誰にでもどこでも、いつでも起こりうると実感します。皆様もどうぞお気を付けください。

10時15分くらいに、ちょうどクリニックの前を通るところでした。慌てて、カメラを取ったんですが、普段はシミやしわのアップ(接写)ばかり撮っているので、とっさにズームする方法がわからず、あせっている間にこんな写真になってしまいました・・残念・・・写真をクリックしていただくと、もう少し大きく見れると思います。京都らしい儀式で、よかったです。

20100713_1.jpg 20100713_2.jpg 20100713_3.jpg 20100713_4.jpg   

今も、長刀鉾からコンチキチンのお囃子が聞こえてきて(窓閉めてるんですよ!ライブって、スゴい!)、風情があり、この時期の京都は、人も多いですが、大好きなことを思い出しました。

1 / 212