プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2010年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

ホーム > 2010年08月



まだ暑い日が続いておりますが、朝夜のひととき、涼しく感じる瞬間が少しずつ増えてきましたね。こういう季節になってくると、頭の抜け毛、気になりませんか?

私は、2年程前に初秋に結構抜けたことがあって、美容師さんに、夏冷たいものばかりとりませんでしたか?と聞かれたことがありました。東洋医学でも、昔から体を冷やさないというのは基本だそうです。

もともと顔のマッサージはよくないと思っていますから、その延長で洗髪時も頭をあまりワシワシとマッサージするほうではありません。それも災いしたのか、頭頂部の頭皮はガチガチでいかにも血行が悪そうでした。その時は本当に分け目の毛が薄いのが目立って、拡大鏡で頭皮を診ても、産毛のような細い毛が少し伸びてきているかというぐらいで、このままでは禿げる!と、かなりあせりました。

それ以来、育毛剤と頭のマッサージと体を温めるように続けて、数ヶ月で抜け毛のスピードが元に戻って、半年くらいで元の毛の太さと量に戻ったような気がします。それからも、マッサージと育毛剤は続けていたんですが、今年の夏があまりに暑くて、ついつい氷の入った飲み物を結構飲んでしまい(去年とか、できるだけ常温にしてたのに~)、ここ1~2週間結構抜けてきました・・・。1日に100~200本くらいは抜けていると言われる頭の毛ですが、やはり気にしている時はブラシやシャンプーの時に抜けてる毛が多いことに普段以上に気付きますよね~。そういう時って、知らない間にも結構抜けてるもので、掃除の時に気付いたり、トータルもっと抜けてるんだろうな~と思って見てました。最近、育毛剤切れたのをいいことに、さぼってたしな~と反省の毎日です。

とりあえず、冷たいものを減らさなければ!(ダイエットのためにも!)かなり抜け毛多かったですが、禿げる!とあせるところまでは幸いまだいっていません。あっ!拡大鏡で頭皮診て来るのを忘れました・・・。

昨日から育毛剤であるロゲイン®女性用をまた始めました。早い話、血行を良くする薬です。大正製薬のリアップ®って、ご存知ですか?もともとは、アメリカ製のこのロゲイン®が元祖の会社だそうで、大正製薬のが日本バージョンと言いますか、後から開発された同じ内容の薬になります。

ロゲイン®は、男性用が5%・女性用2%となっています。大正製薬のリアップ®は、男性用は昔5%もなかったんですが、今は5%が発売されていますので、ロゲイン®5%を医師であっても個人輸入することは禁止されています(国内で手に入らない場合のみ薬の個人輸入は認められています)。

ただ、女性用は大正製薬は1%なんですね~。それで私もロゲイン®を使っていますが、両方使ってみて、やはり日本製(大正製薬)のは、ホントに良くできています。1回の量が自動で測定されており、先が細くなっており、ひと塗りしても、1度にたくさん出ない様に容器が工夫されているので、まんべんなく塗ることが可能です。髪にもそれほどつきません。日本製ってスバラシイナと思う瞬間です。

ところがアメリカのは、アバウトなでっかいスポイトがついていて(製品は3本に1本しか、しかもついていない)、バーっと1度に出すことができます。早くていいんですが、1箇所にドバっとなってしまいやすいので、髪の毛ベタベタになりやすいです(後でちょっと固まったようにバシバシになります)。フタもすっごい開けにくいんですよね~。アメリカ製の革用のクリーナーかなんかも同じフタだったので、アメリカではよくあるフタなのかと思いました。フタを開けるのに、苦労するときがあります。ご年配の患者さんで開けることができなくて、持ってきていただいたこともありました。アメリカ製って・・・。

まあ、薬は濃いので、抜け毛を気にされている方は、ロゲイン®を一度どうぞお試しください。純正品のスポイトが3本に1本しかついていません(というか3本セット+スポイト1本というセットが1箱に入っています。3本いきなり買えってこと?と思いましたので、当院では1本ずつ販売しています。)ので、足りないスポイト分は別のをおつけしています。スポイトと薬ビンみたいなのがセットになっていますから、フタが開けにくい方には、移し変えしていただくことも可能です。

まだ暑い日がしばらく続くようですが、皆様もくれぐれもお体冷やしすぎませんよう(最近では熱中症が難しいところですが)、冷房の部屋にいるときは、温かいものを飲んでくださいね。

 

夏季休暇として、9月21日(火)、飛び石連休の真ん中をいただきます。当院は、水曜日・日曜日・祝日を休診日とさせていただいておりますので、21日の火曜日を休むことで、9月19日の日曜日から23日の木曜日まで5連休をいただきます。長いお休みをいただきますので、ご予約はご不自由をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

開業して、3か月が経ちました。あっ!と言う間で、バタバタしたまま、わけもわからずに過ぎてしまったという感じです。この3カ月間にご来院いただいた方々には、不慣れなこともあり、お待たせしてしまったりなど、ご迷惑をおかけしたこともあったと思います。謹んでお詫び申し上げます。

引き続き頑張ってまいりますので、9月にリフレッシュというか少し息継ぎをさせていただきますね。

せっかくの5連休をいただきましたが(こんな長いお休みは何年振りでしょう!)、海外にいくわけでもなく、クリニックの雑務整理と少し遠出して小旅行してくるぐらいかと思います。日焼け止めもたっぷり持っていかないと!

皆さんも、旅行や遊びに行かれて、日焼けをするだろうな~ということって、あると思います。フォト(ライムライト)をされている方から旅行に行くけど、その前か後かどっちにしたらいいですか?とよく聞かれます。その方が、どこに旅行に行くのか、旅先でどんなことをするのか、何日間行くのか、など細かくお聞きして、その方に合わせてお答えしてますので、遊びに行かれる場合は、どうぞご遠慮なくお聞きください。

昨日は、五山の送り火だったんですね~。すっか忘れてました・・。帰り、地下鉄の駅の張り紙で思い出しました。クリニックからは見えませんもんね。どっか高ーいビルに行くとか、ビルとの隙間のある特定の場所とか、下調べをしないと、なかなか見えるようで、見えません。

さて、よく聞かれる当院のタイタンの効果ですか、もちろん手術みたいに、シャキーンと指で引っ張ったみたいにはなりません。全体を少しずつ引きしめていく感じです。まあ、むくみは即座にとれますが。

レディエッセのモニターの方にお願いしてタイタンをあててみました。

20100817_1.jpg

20100817_2.jpg

上がビフォー(目を開けている写真が、前々回のしかありませんでした。すみません。)下が処置直後のアフターです。もともと脂肪によるタルミが強いため、フェイスラインとかは写真では、効果はわかりにくかったです。ただ、引きしめていくため、

上まぶたもリフトアップしますので、タルんで小さくなってしまった目が大きくはっきりします。上まぶたのタルミは、基本手術ですが、手術したくない方は、一度タイタンでどこまで良くなるのか、試されるとおススメです。この方は、翌日お友達との食事会で、「痩せた?顔がすっきりして、お肌がツヤツヤしてる。なんかした?」と言われたそうで、喜んでおられました。この方の顔全体の写真を見てみたい方は診察時におっしゃってください。手術ではない自然な若返りがお好きな方には、大変好評です。

アスタキサンチンのその後です。胸のマラセチアニキビは、落ち着いたままで、もうほとんどアスタキサンチンは塗っていません。出てきたら、またついでに塗っておこうという程度です。

顔は、生理前とかニキビが出ますが、アスタキサンチンを塗っていても、私は出ました!でも、小さなもので済んでます。まあ、調子いいのかな~という感じです。結果が見えなくても、これの抗酸化作用(肌をサビつかせない働き)はとてつもなく大きいので、飽きるまで(?)ずっと使い続けるつもりです。

さて、アスタキサンチンのサプリのほうですが、マウスかラットか忘れてましたが、これ飲まされて痩せたデータがあるらしく、私も痩せないかしら・・と秘かにずっと実は飲んでます。先々週ぐらい体脂肪率が3%も減っており!、それが1週間ほど続きました。にんまりしていたのもつかのま、また元の体脂肪に今は戻っちゃいました・・。何をしても(そんなにしてませんが)減らなかった体脂肪、絶対アスタキサンチンのおかげ!と思ったんですが、なんだったんでしょう・・。

で、学会会場で、富士化学工業の先日説明に来てくださった担当の方からご挨拶いただいたので、お聞きしてみると、女性で、体脂肪が減ったというデータがあるそうです(メタボ改善のデータは、すでに出ています)。じゃあ、やっぱりあの1週間は脂肪減っていたのかも・・?その後は、また食べすぎのせい・・?

このサプリは、今何があっても続けています。薬やサプリって、どっちかというと、好きなほうなんですが、飲み込むのが苦手で・・。アメリカとかのおっきなサプリは絶対無理です。おえっとなって、涙目になってしまいます(食べ物は、そんなに噛まずに、あっと言う間に飲み込んでしまうというのに・・。中学生になっても錠剤が飲めなくて、風邪かなんかの時に小児科の先生にシロップを出してもらって、呆れられてました。’一番小さな錠剤’というのを持ってきて、飲んでご覧と診察中に飲ませてもらったこともあるんですが、飲めませんでした。これ以上、小さなのはないよと、言われてしまいました。)

今、飲んでるのが、アリナミン・ビタミンC・ビタミンB・EPA・ビオチン(ビタミンH)・ビタミンE・ビタミンB12・コエンザイムQ10にアスタキサンチンです。アスタキサンチン以外は、その日の気分で、飲んだり飲まなかったり、忘れてたり、おなかが水でたぽたぽで止めといたり(飲みにくいので、お水をいっぱい飲んでしまいます)。でも、最初に飲むのは(忘れないうちに)、アスタキサンチンです!期待の大型新人みたいに!今度は食べすぎないように頑張って、なんとか体脂肪減を維持しますね!乞うご期待!

さて、資生堂のグリシルグリシン、セミナーに参加して、お話を聞いてきましたが、新しく役立つことは、正直あまりなかったです。使い方も、私がオススめしている方法と同じで、美容ジェルを毎日塗って、パックを週1~2回での、効果が発表されてました。資生堂研究所の方が、グりシルグリシンが毛穴に効く原理と結果データ(効いているという証拠)を詳しく説明してくださったので、やっぱり使い続けようと思いました。

もちろん、根本的に治すということはできません。皮脂を止めたり、毛穴をなくすということはできませんからね。あくまでも、普段のお手入れになります。

イオン導入で入っていく時のルートとかも研究されていて、大変勉強になりました。やっぱり、資生堂のラボはスゴいですね~。

なんと!今度新商品が、このNAVISIONから、トラネキサム酸のパックとレチノールのパックが出るそうで、サンプルをいただきました。まだ使ってないんですが、トラネキサム酸シリーズはホントに塗り心地も良いのでおススメです(お値段も、そこそこしますが)。ちょっと楽しみです。1回使っただけで、そんなわからないかもしれませんけど、良かったら、また仕入れますね~(院内は化粧品だらけになってきましたが・・。日焼け止めフェチでもあるので、取り扱いの日焼け止めが8種類!もあります。テスターはもう2・3種類あって・・。ちょっと集めすぎましたね・・。だって、日焼け止め好きなんですもの。。好きな日焼け止めを集めたら、気が付いたら、こんなことになってしまいました!)

クリニックにまだ入ってなくても、この商品は頼んだらすぐ来るので(2日ほどはかかりますが)、欲しい方は、ない分を取り寄せされることも可能です。テスターは全商品(パックのテスターはありません)入れてますので、よかったらカウンセ・治療後のお化粧直しに使ってみてください。

今日は、院内追加工事があり、休診日ですが、クリニックに来ております。その間に、ブログを更新しておこうかと思ったので、続けて更新していきますね~。

さて、8月7・8日に新宿であった日本美容皮膚科学会に行ってきました。都庁周辺に泊ったんですが、都庁を真近に見たのって、今回が初めてかと思います。ホテルの25階に居てても、まだ都庁は上にそそり立っており、見た瞬間、バベルの塔とか、バルセロナのガウディのサグラダ・ファミリア教会をなんか思い出してしまいました。もちろん、両方見たことはないので、勝手な独断と偏見というかイメージです。とてつもなく大きいような・・。まあ、都庁は石ではなくて、コンクリの塊でしたが・・。あまりのデカさといくつもだだっぴろく配置されていて、お金かかってますね~。東京都はお金持ちですね。こんなところに勤めたら、移動だけでも万歩計はどうなるんだろうと思ってしまいました。

東京に来る度に、首都であることのスゴさにビックリしてしまいます。人の多さにも!大阪とか確かに人多いですが、なんか多いの種類というかケタが違いますよね~。品川駅の改札前のような、あのデッカイ通路みたいなのは、関西にはありません。(人が全然いなくて、デッカイとことかはたくさんありますが)朝なんか、あの通路に全部人が埋まってしまいますもんね。人酔いしますね・・。

東京に来ると、お店が全然違うので、買い物も興奮します!新宿伊勢丹は、絶対はずせません!なんか日本一品数が多いそうです。今回は時間がなかったので、伊勢丹には少ししか居られませんでしたが、テーマパークみたいで楽しかったです。お菓子売り場はサイコ~です!

東京って、何でも売っていて、お金さえあれば、買えないものはないっていうぐらい売ってますよね。東京で、買い物をせずに見るだけって、かなりの我慢が必要です・・。幸い、太ったので、服は全然買わ(え)ないので、ほとんと服は見ていませんが・・。

7日土曜日をお休みさせていただいて、新宿で開催された美容皮膚科学会に行ってきました。そのせいで、ご予約をおとりできなかった方々にお詫びと感謝を申し上げます。

さて、2日間、座りっぱなしだと、さすがにお尻がいたくなりますね。美容皮膚科医にとっては、数ある学会の中では一番大事な学会なんですが、そうそう新しい発見は、さすがにたくさんはなかったですね(おかしなことをしていないという一安心があります)。おさらいとオっ!ということが何点かありました。その何点かはやはり大変勉強になるので、クリニックをお休みにしてでも、毎年参加してしまうわけです。

今回、参加して、当院の治療での変更点が出てくることがありましたので、お知らせいたします。

今、シワ治療に使っているボトックスですが、厚生労働省唯一の認可薬であるボトックスビスタ®という薬品があります。ボトックスビスタ®を使うには、ここの講習会を受けないとダメで、去年も受け、今年も更新は済ませているんですが、去年の学会で、ここの製薬会社の方からボトックスビスタ®は眉間のシワしか認可が出ていないので、他の部位には使ってはいけないと言われましたので、開業の際、個人輸入でアラガン社製のボトックスと韓国製のボツリヌストキシンを入れました。それらは眉間以外に使ってました(眉間は、ボトックスビスタ®です)。

今年の学会では、他の部位もこのビスタを使わないとダメなようなことが、この会社の講演会で言われてました。そういう流れなら従いますが、個人輸入は最低限のものにしたいので、それなら仕入れる前に言ってほしかったな~という感じです。

今ある在庫がなくなり次第、眉間以外の処置も全てボトックスビスタ®に変わります。その時点で、ボトックスの価格を見直し(値上がりします)させていただきますので、今の価格で処置ご希望の方は、お早目にご相談ください。

毛穴の開きで、悩んでおられる方、結構いると思います。私も脂性なので、鼻~頬にかけて、結構毛穴は開いてます。http://aiko-hifuka-clinic.com/symptom/pore.htmlにも書いてますが、皮脂の中に毛穴をすり鉢状にさせてしまう成分が入っているせいなんです。乾燥肌の方のほうが、毛穴が目立たない(開いてない)のは、そのせいなんですね~。だから、どうしても、Tゾーンや皮脂の多い所・肌の方が、毛穴が開いてしまうわけです。

私も定期的に、ケミカルピーリングで毛穴掃除をして、皮脂を抑えていますが、40歳も過ぎると、あんなに脂性だったのに(今でもですが)、ピーリング後の乾燥がかなり気になるようになりました。そのため、回数は昔より減らしました。鼻だけやっても、鼻もカサカサになる時があって、歳をとったんだな~と実感する瞬間です。

そんな時に、資生堂NAVISIONから、グリシルグリシンの化粧品が販売されて、試してみました。スキンケアとして使う美容ジェル(GGエッセンス®)です。使い始めて数週間して、よくわからないけど、まあいいのかな~というぐらいの感じでした。理論的には素晴らしい成分なので、今も続けてます。

この商品は、マスクもシリーズで出ているんですが、私はもともとマスクって、そんなに効く?という考えの持ち主で、それほど期待はしていなかったんですが、グリシルグリシンが濃いのと、ヒアルロン酸など保湿成分もたくさん入っているというので、マスクを試してみました。すると、翌日、毛穴のすり鉢部分が浅くなってました!まるで、ピーリングで毛穴掃除をした時みたいに!おおっ!という感じです。もちろん、その成分で一時的に整えているだけなので、エッセンスを続けても、マスクほどの効果は持続しませんでした。翌々日に、もう1回マスクをすると、また毛穴が浅くなり、おおっ!という感じです。

化粧品は、まあ毎日のお手入れなので、継続することで落ち着かせるという感じのものです。毛穴の開きを気にされている方は、美容ジェルを使いながら、ここぞ!という大事な勝負の1週間前に集中パックをすると結構いいかもしれません。もっと何とかしたい!という方は、これのイオン導入がクリニックならできますので、さらに濃いのが毛穴の奥まで届くので、本当にオススメです。今週末にある美容皮膚科学会でも、このエッセンスの発表があるので、さらに効果的な方法を聞いてきますね。

ただし、タルミのせいの毛穴の開きや皮脂が原因ではない毛穴には効きませんので、ご注意を。

GGエッセンスを使っても、害はありませんし、皮脂が多くない方でも、予防的に使ってみるのももちろんありですが、目立つ原因が他にあれば、他の治療のほうがオススメです(当院では、拡大鏡で診察してから治療のご提案をしてます)。

これもよく患者さんから聞かれますが、「ニキビは、自費ですか?」と。

保険のみというのも、もちろんできます。ですが、HPにも書いてますが、保険診療をしながら、ピーリング(ニキビのために)や光・レーザー治療(ニキビのために)は、混合診療というものにあたり、できません。(ニキビ跡のシミ・赤み・くぼみは、もちろん自費診療です。保険で、良くしてくれる薬はありません。)

混合診療をやっているクリニックがあることも知っていますが、当院ではやりません。(厚生労働省は認めていませんので、後からエラいことになります。)

保険診療の場合、本当に保険の薬のみです。塗り薬がメインで、ひどい場合に、化膿止めの飲み薬を処方します。もちろん、ニキビのタイプで塗り薬は変えていますが、ニキビを出にくくさせるということはできません。塗り薬で、ディフェリンゲルというのが画期的な薬ですが、お肌に合わない場合、保険で代わりになる薬がありません。塗り方も大事ですが、やはり薬との相性もありますから・・・。

ディフェリンゲルに代わるものは、やはりピーリング(自費)で、ディフェリンゲルよりは、私は副作用が少ないと思います。(もちろん、正しく行えば、です。)

正しいピーリングで、毛穴の汚れを取って、お肌のバランスを整えて、ニキビを出にくくさせていくというのは、ニキビ肌の方の場合、大変有効です。殺菌効果もありますから。(お肌に合ったピーリングでないと、本当に逆効果です。特にやりすぎは、アトピーみたいに赤くかさかさの敏感肌になっちゃいますよ~。それと、やった後は、保湿と日焼け止めは、とっても大切です。)

薬も欲しいし、ピーリングもしてみたいという方には、塗り薬・飲み薬全て込のイオン導入までついたニキビセットは、かなり価格を抑えたので、本当におススメです。

保険の範囲内で、ニキビをなんとかしたいという方は、保険でご予約をお取りください。保険なので、初診料ももちろん保険です。(自費のカウンセ代は、かかりません。)

やはり、まずは診察を受けて、何が合っているのか、自分のスキンケアは間違っていないのか(結構、間違っている方、多いんですよね。)、どうしたほうがいいのか、という治療方針が大切です。

一人で悩まずに、まずは診察をお勧めします。

 

 

1 / 11