プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近投稿した写真

ホーム > 2010年09月



少し前の休みの時に庭で見つけたカマキリです。カマキリを見つけると嬉しくなる私ですが、見かけた時にいつもカメラがあるとは限らないので、撮れる時って、たまになんですよね。

時間がない時の水やりは、かなり強めのシャワーで葉っぱにかけてしまうので、カマキリやバッタは、緊急避難で逃げ出して来ます。それで、カマキリいるんだという確認ができるんですが、何もしていない時に毎回出くわすものではないんですね~。そんなにいないのかな。。バッタは必ず見かけるんですが。茶色いカマキリも今年初めて見ました!環境でカマキリも色変わるんですね。

でっかいカマキリがいる!と思ったら、2匹でした。

写真を撮ろうとしたら、メスに思いっきり睨まれてしまいました。。

20100928_1.jpg 20100928_2.jpg

 

お邪魔しました・・・。カマキリの威嚇って、結構するんですよね==。たまに私の自転車のサドルに乗っていて、傷つけないようにどかそうとする私を威嚇するんです!シャーって!ひどい~>そういう時にかぎって、アスファルトの何も草木がないほうに向かっていくから、また向きを変えさせようとしても威嚇するんですよね。カマキリって、バカ?と思って、時間のない時は、勝手にしてろと放置しますが・・。

だいぶ涼しくなってきたから、もうそうそう見れなくなるかもしれませんね。

 

 

いただいた夏季休暇で、淡路島にあるじゃのひれドルフィンパークに行ってきました。ここはナント!いるかと一緒に泳ぐことができるんです!!他にも色々なイルカと遊ぶコースがありますが、お願いしたのは、イルカと一緒に泳ぐスイムコースです。

予約制で、コースが1日に6組ほどあり、1組は10人までとHPに書いてました。http://www.janohire.co.jp/dolphinfarm/dolphinfarm-top.html

イルカの体調により、中止になることもありますと書いてあったので、火曜日平日の朝一番に予約しました。

泳ぐ前に、イルカの写真を撮らせてもらいました。写真を撮らせてくださいとイルカにお願いしたら、おなかを出してそばを泳いでくれました(そんな気がしました)。カメラの性能があまり良くないので、こんな写真しか撮れませんでしたが・・・。

20100924_1.jpg

その後、ウェットスーツに着替えて、いよいよ水の中へ!ウェットスーツだけでも、スゴい浮力で浮くんですが、私は心配なのでライフジャケットをお借りました(これを着ると、足も浮いちゃって、水の中で浮くのに、慣れるまであせりました。足をバタバタすると、イルカは寄ってこないそうなので。普通に泳げる方は、ライフジャケットいらないと思います。インストラクターの方もそう言っておられました。)

イルカが立ち上がって握手してもらったり、背びれにつかまって、ひっぱってもらったり(スゴイ重労働です。イルカもかなり疲れるでしょう・・)海にプカプカ浮いている間をイルカが寄ってきて、すり抜けていきます。それを撫ぜてあげるんです!むっちゃ、賢いです。輪投げをとってきたり、ちょっとした芸なんかは、イルカにしたら、お茶の子さいさいって感じでした。ご褒美頂戴!と終わった後の催促も可愛らしいんですが、引っ張って泳ぐのは、体大丈夫でしょうか?

前日の連休は、1組10人とかあって、イルカは大変だったそうです。(人のほうも少ししかイルカと触れ合えませんよね、混んでると。)私たちの組は4人だけで、そのうち二人は小学生だったので、一番引っ張るのに大変なのは大人でライフジャケットを着ている私でした・・・。

1日中、イルカも働いているわけではないと思いますが、イルカの献身的な態度に少し感動しました。最後終わる時には、イルカが立ちあがって、手にキスしてくれました。話してること、全部わかっているかもしれませんね。

関西からはとても近いので、皆さんもよければ、一度体験してみては?イルカ3頭とイケメンのインストラクターの方がいらっしゃいます。他のスタッフの方も、皆さん気さくでとても親切でしたよ♪

おススメスポットです。

最近よく患者さんから聞かれるのが、このPPP療法です。「あれって、どうなの?」「いいんですか?」と聞かれることが増えました。当院では、やっておりませんが、自分の血液から血漿というものを取り出して、それを熱で凝固めたものを注入するという方法です。

私は、ずっと思っていたんですが、PRP療法のように、血液から取り出した成分そのままを注入するのは、自分の体のものなのアレルギーとか起こしませんが、自分の血液でも熱で固めてしまえば、タンパク変性と言って、もう自分の体のものではありません。体にとっては異物です。何がいいのだろう??とずっと不思議でした。それであれば、ヒアルロン酸やレディエッセは安全性が確立していますし、PPPも結構高いので、PPP療法をわざわざする意味がわかりませんでした。

ブログに書くのをすっかり忘れてましたが、9月5日東京であった日本抗加齢美容医療学会に参加して、ついにその謎が解けました!まあ、予想通り、熱を加えて変性させてしまえば、もうそれは別もので、自分の体のものではありません。別のたんぱく質になってしまうので、アレルギーを起こす可能性もつきつめればゼロではありません。

これの長所は、注入材料が自分のものであるということです。自給自足のような感じですかね。ヒアルロン酸にしろ、レディエッセにしろ、工場で化学的に作られた製剤ですので、安全性は確立してるといえども、自分のものが原料ではありません。注入剤で、化学的なものを入れるのに抵抗があるという方は、材料は自分なのでいいんじゃないでしょうか?添加物も一切ありませんから。自分の体から作り出したたんぱく質を入れて、ボリュームをアップさせるとお考えください。

これの欠点は、かなり吸収の早いことです。ヒアルロン酸に比べて、かなり吸収が早く、3か月に1回注入、と思っておくほうがいいそうです。

そんだけしか持たないものを入れる意味って何?と思って聞いていましたら、PPP療法をされているクリニックでは、ヒアルロン酸やレディエッセよりも、PPPはお安く設定されているそうです(材料費は患者さんが提供していただけるわけですから)。安くていいんじゃない?という感じです。(大量に入れたい場合は、安くなると思います)

東京と関西では、おそらく色々な美容治療の価格が違うのかと思いますが、関西のPPP療法、それほど安いと思いません・・・。3か月でこの値段・・?というのが私の本音です。それなら、安全性の高いヒアルロン酸(種類によって、安全性が違います。当院は、Q-MED社というトップブランドのものですので、ご安心ください)や1年以上持つレディエッセが断然お得と私は思いましたが、いかがでしょう?(今は、そう思っているので、PPPを導入する予定は今のところ、ありません。)

私が尊敬するドクターのうちの一人、宮田先生のブログhttp://ameblo.jp/miyatakeisei/theme-10016311795.htmlに詳しく書いておられるので、もしよければ一度お読みになってください。

注入剤は、ホントにいろんな種類がありますから、その方が、何を重要視するかで、選択が分かれてきます。自分の入れたいところに、違う注入剤を入れた場合、いくらになるのか、どれぐらいもつのか、形はどれが一番キレイになるのか、などしっかりお聞きになってください。

良心的なドクターは、宮田先生のように、ちゃんと説明されるはずだと思います。どんな治療にも、必ず欠点や弱点があります。それを見極めてくださいね。

注入剤の一つの選択肢として、アリとは思います(吸収早すぎですが・・)。

PPPはボリュームをアップさせるだけで、再生療法のPRP療法とは全然違いますから、お間違いなく。

 

ラティース®やルミガン®って、ご存知ですか?知る人ぞ知るまつ毛育毛剤なんです。頭の育毛剤と違う点は、使うのを止めたら、ゆっくりと元の状態に戻ることです。使っている間は、まつ毛を作るのを刺激して、濃く長く太くフサフサにしていってくれます。アメリカの薬ですが、白人よりも日本人やアジア人のほうが効果が出やすいと学会でも発表がありました(アジア人は白人よりも元々まつ毛は短く少ないため、結果が出たらすごくわかりやすいですよね)。

20100917_1.jpg  20100917_2.jpg

このモニターの方は、1か月でまつ毛がここまで増えて濃くなったので、喜んでおられました。1か月経つ前から、変化に気づいていたそうです。ちょっと写真が悪いので、よろしければ、クリックしてアップにしてみてください(ちなみに、左がビフォーで右がアフターです)。診察に来られたら、直接写真をお見せできます。使っていた患者さんで、あまりに長く伸びてフサフサになられたので、「それエクステですよね?」とお聞きしたら、「ラティースですよ」、という方がいらっしゃって、「まつ毛倒れませんか?少し休止しましょう(笑)」とおススメして止めた方がいらっしゃいました。ビックリです!(ちなみにこの方は4カ月使っておられた時のお話です)

皮膚や目の中に入ると、それなりの副作用が出ますが、うまくちゃんと使えば、いい状態を保つことができます。絶対、マスカラを塗るような感じで塗らないこと!そうすると、目の下の皮膚について、そこから毛が生えてきちゃいます!(産毛が濃くなるような感じです)まつ毛自体に塗っても、何の効果も出ません。まつ毛の生え際の毛を作っているところに薬がつかないと効きません。

エクステで、どんどんまつ毛は抜けちゃって、困っている方の救世主です。日本人のまつ毛は、下向きになっていることが多いので、増えた後は、ビューラーで優しくあげてあげれば、マスカラ要らずです。これにマスカラをつけると、さら目ヂカラアップです(人によっては、かなりの目ヂカラかも・・)ビューラーも絶対に挟んだまま引っ張っちゃいけませんよ!まつ毛抜けちゃいます!!

まつ毛は大切に、大切にしてくださいね。

(妊娠授乳中の方は使えません。持病をお持ちの方は、処方できないことがあります。医薬品になりますので、購入するのは、必ず診察・カウンセが必要です。)

 

すみません、昨日の載せることができませんでした。

NAVISIONの新製品、昨日届きましたので、早速ご購入いただけますよ。お知らせの調子が悪いので、先にこちらでお値段のお知らせをいたします。

TAマスクセット(トラネキサム酸の全顔パック5枚入り+日焼け止め乳液1本)

通常価格¥12.600 → キャンペーン価格¥8.400 33%オフ

RTマスクセット(レチノールの全顔パック5枚入り+日焼け止め乳液1本)

通常価格¥12.600 → キャンパーン価格¥8.400 33%オフ      と、どちらもかなりお得です。

どちらも限定5セットですので、早い者勝ちです。

NAVISIONのトラネキサム酸のイオン導入は、続けると本当に良いものですが、まあ、できても月1~2回かと思います。できるなら毎日クリニックに来ていただいて、してももちろんいいんですが、普通無理ですよね~。このTAマスク、イオン導入の代わりに普段のお手入れにするといいそうです。週1~2回くらいで。(もっとやってもいいと思いますが、すぐ無くなってしまうので、もったいないかと・・。)

イオン導入と全く同じだけの効果とは思いませんが、このパックには、かなり濃い~いトラネキサム酸がたっぷり入っているそうで、お家でするお手入れとしてはスゴい!と思います。

レチノールのRTマスクのほうは、実験結果の見せていただいた写真など結構良かったので、やる価値ありの商品です。医薬部外品なので、国の安全基準をクリアして世に出てきたので、安心して使っていただけますが、やはりレチノール商品ですので、(結構濃いですから)合わない方もいらっしゃいます。RTマスクをご希望の方は、診察時に詳しくご説明しますね。

シミ・シワ・たるみなど全てのお肌の悩みの原因である紫外線をカットする日焼け止めは、とても重要で、今回のキャンペーンはそれが1本付いています。理にかなってます。この辺はさすが資生堂だなという感じです。(単に、日焼け止めを売りたいだけだったりして・・・)

このNAVISIONの日焼け止め乳液ですが、大好きな日焼け止めの一つです。通勤時は汗をかくので、ウォータープルーフを今は使っているので、今これは使っていませんが、汗をかかなくなったら一番に使いたいヤツなんです。

まず、塗り心地がとてもいいこと。うちで扱っている日焼け止めの中では、塗り心地は一番かもしれません。するっと塗れるのにしっとりして、紫外線吸収剤が入っていないのに、白くならない優秀な日焼け止めです(普通、紫外線吸収剤が入っていないものは、塗りにくかったり、白くなったり、ちょっとね~、と思うことがあるものです)。塗った瞬間、なんかいい~と思いました。

こうなると、資生堂のノウハウって、さすが!と思ってしまいます。

資生堂をかなりヨイショしてますが、お金をもらっているわけでもなんでもありませんので!

資生堂にしろ、ワコールにしろ、私たち日本人のデータを莫大に持っていらっしゃいます。それを商品に生かして、少しでも喜んでもらえる商品を作ろうと商品開発に力を入れておられます。(あちらも商売ですから)莫大なデータというのは、ものスゴイ財産で、その結果、売り出された商品というのは、試す価値があると思います。「モチはモチ屋」といいますか、つい最近化粧品作りを始めてみたとかの会社の商品とは、やはり違うことも多いのです。大手であるがゆえに、研究開発にかけられるお金も規模ももちろん違います。で、その商品の説明を聞いて試してみて自分が良かったと感じたものは、種類やメーカーにかかわらず、患者さんにもお伝えしたいです。いいものはみんなで共有しましょう!

ちなみに、NAVISIONは今ハマってますが、資生堂の商品全部にハマっているわけではありません。

クレドポーの下地・ファンデも愛用してますが(今は汗をかくので、別のメーカーです)、同じ資生堂でも商業戦略見え見え(と私が感じた)のものは、試すことすらしません(スキンケア商品で)。口紅やチーク・アイシャドウとかは、CM見て、つい買っちゃうことありますけどね。CM、良く出来てますよね~。購買意欲を掻き立てますね~。

ポイントメイクって、そんなに害ってありませんから、いきおいで買ってもいいと思いますけど、スキンケア商品は、本当に大切です。「これはどんなものか」っていうことを知ってから購入するだけでも、効く気がしてきますから、結果はより良くなります。化粧品だけでなく、治療や薬も、「知る」ことって、実は重要なんです。

今、ご自分が使っているものがどんなものか、改めて見てみたら、意外な発見があるかもしれませんよ。一度、お試しを。

 

 

昨日は、リッツカールトンホテルで開催された資生堂NAVISIONの新作発表会(ただの新製品のご案内)に行ってきました。説明会の後、立食パーティがあるそうで、それも楽しみだったんですが(食べてばっかりいませんでしたよ。もちろん、リッツのお料理はおいしかったですが。。ダイエット中だというのに、また一杯食べてしまいました・・・。ワインも白も赤も、デザートまで。。。でも、ちゃんとちゃっかり情報を仕入れて来ました。開発部門の方々もいらっしゃって、カッコ良かったです~!何聞いても、すぐにちゃんと答えてくれるんです!資生堂のラボはやはりスゴい!初めて学会で資生堂ラボの研究結果の発表を聞いた時に、こんなところで働いてみたいと感じて、スゴさに圧倒されたのを憶えてます)説明会が、予想以上に良かったです。このNAVISION、ホントによく研究されているんですよね~。クリニック限定化粧品の中で、お気に入りの1つです。

NAVISIONというブランドは、資生堂の中でも、クリニック限定化粧品になるので、一般で購入するとかできません。必ず、クリニックで購入する形をとります。

他のクリニックでは、診察・カウンセに入らなくても、受付さんの説明だけで、店頭販売されているところもあるかもしれませんが、当院は化粧品のみ希望という方も必ず診察・カウンセに入っていただきます(資生堂以外の化粧品も同様です)。なんで?たかが化粧品でしょ?という方もいらっしゃるでしょうが、クリニック限定の化粧品は、一般のものよりも濃かったり、使ったほうがいい方とよくない方というのが、もちろんあります。せっかく同じ使うなら、少しでも良くなるように使うほうが絶対いいと私は思います。たかが化粧品ですから、光・レーザー治療ほどの効果が出るわけではありませんが、毎日のお手入れになるので、実はとっても大切なんです。365日間違った使い方・合わない化粧品というのは、お肌が可哀そうです。同じ使うにしても、もっと効果的な方法というのをお肌を診てから初回購入時に説明させていただいています。

詳しいことは、明日(できれば)載せますが、NAVISION新製品キャンペーンを人数限定で行います。NAVISIONシリーズのトラネキサム酸シリーズのパックとレチノールのパックです。トラネキサム酸のパックは、イオン導入1回分に相当するかもしれないぐらいたっぷり配合されていて、私も1枚使ってみましたが、ちょっと気持ち良かったです。

レチノールの方は、日本で初めての全顔用シートパックだそうで、医薬部外品なので、安全性もお墨付きだそうで、まだ試していませんが、説明会でされていた結果は、結構好印象でした。ちょっと良さそうかも~♪化粧品で、ここまで結果が出るんや!と、ちょっと衝撃です。試す価値充分あります。毛化粧品なめてたら、いけませんねえ。(結果が見てみたいという方は、診察時にお見せできます。)

毛穴の開き用のグリシルグリシンは、パックともども愛用中です。最初は、ふーんと思ってあまり期待はしていませんでしたが、もう1本ほぼ無くなりかけ・パックは計4回してみて、おっ!ちょっと小さくなってないか?という感じです。NAVISION頼りになるかも~♪ちょっとはまろうとしてます。2本目行きます!(その前に、レチノールパック、試さなきゃ。)

キャンペーン商品は、今日発注したので、早ければ明日・遅くとも明後日には届くはずなので、お楽しみに!!

自分のお気に入りの期待大のものを、すぐにご紹介できるのが、開業して良かった点の1つですね。

 

以前にアスタキサンチンで体脂肪が減ったデータがあると書きましたが、富士化学工業の担当の方から、実験データの方たちは運動してましたとご連絡をいただきました。

文献をいただいたので、もう一度じっくり読んでみると、皆さん1週間に3回くらい1回40分くらいウォーキングされてます・・・。うーん、そりゃそうですよね。何もせず、飲むだけで脂肪が減るなんて、やっぱり甘すぎますよね・・。

運動したら、脂肪減るのは当たり前!と思われるかもしれませんが、アスタキサンチンを飲んだグループと飲んでいないグループ(プラセボといいます)で同じことをしても、飲んでいたグループは体脂肪が減ったんですね~。ちなみに皆さん体重は変わらなかったそうです。

アスタキサンチンを飲んで有酸素運動をすると、体脂肪の燃焼効率が高まったと考えられるとのことでした。

はやり、運動要りますよね・・・。同じ運動するなら、アスタキサンチンを飲みながらのほうが、乳酸も溜まるのを抑えてくれるので、筋肉疲労を抑えたり、あるいは回復を早くしたり、と運動する方にはいいことづくめのサプリです。

阪神の金本さんはじめ選手の皆さん飲んでるそうですよ。

ちょっと私も何か運動考えますね・・・。(ちなみに私の体脂肪は変わっていません。あの一時的に減っていたのは、体重計の気まぐれだったようです。)

 

1 / 11