プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2010年12月



凹みの膨らませ方の続きです。

ヒアルロン酸に比べて、脂肪注入やPPPのほうが、まだ自然かなと私は思いますが、やはり、それぞれ欠点があります。内出血は、どれが軽いとはないと思いますよ。

脂肪注入の場合、1回注入しても、1/2~1/3は、吸収して無くなってしまうと言われいます。クリニックによって、データはバラバラで、データを取っていないところもあるでしょう。

吸収して無くなるからと、最初から多めに入れるクリニックと、自然な量を入れて、落ち着いたら2回目・3回目と再注入していくクリニックと、考え方はバラバラだと思います。2回3回と入れると、そのたびにもちろん料金はかかると思います。最初から込みのクリニックもあるかもしれませんが、その場合は、込みの料金ですから、最初に払うお金は高額かもしれません。

それなら、最初から多めのクリニックがいいかと言うと、オーバー目に入れるわけですから、吸収するまで不自然ではないでしょうか?まあ、どちらがいいかは、患者さん個人の考え方にも因りますから、どういう経過になって、今後どうしていくのか、まで、必ずきっちり聞いてください。質問しても、ちゃんと答えないクリニックは、まず止めておきましょう。

あと、脂肪の場合、後から硬くなってしまうことがあります。もちろん全部ではなくて、一部分で、なる方もいるし、ならない方もいると思います。また、硬くなっても、時間が経てば、柔らかくなってくるといわれていますが、柔らかくなるのに、3~6ヶ月、またはそれ以上は覚悟されたほうがいいです。こちらもクリニックによって、データは様々です。目の下の薄い皮膚のところで、硬いものがあると、それはかなり目立つし、気になると思います。胸の脂肪注入はしていても、目の下は、断っているクリニックもあります。医師によったら、自信を持って、勧める場合もありますが、こちらも慎重に。万が一のしこりが出来た場合の覚悟もしておくほうが、出来てしまったときのショックが和らぎます。

今は、脂肪注入よりもPPPをしているクリニックのほうが多いかもしれませんね。

医師によったら、PPPジェルの硬さを変えてくれるかもしれません。質問しても、口先だけで、「大丈夫ですよ」というクリニックもあるかもしれません。PPPの欠点は、吸収が早いことです。1~2ヶ月と言われていて、ヒアルロン酸とかよりも圧倒的に吸収が早いそうです。(なので、うちでは導入する予定はありません。)吸収は早い分、良心的な価格設定にしてくれているクリニックもありますが、そこのクリニックのヒアルロン酸の価格より高かったり、同じくらいだとすると、何故そうなのか、医師に聞いたほうがいいと思います。その理由を自分が納得できるのか、とても大切です。

なんの治療でもそうですが、広告をたくさんしていたり、雑誌に良く載っているから(雑誌側からの取材ではなくて、クリニックがお金を払って、載せてもらっているということは、結構あります)、という基準で選んではいけません。とりあえず、診察・カウンセに行くのは、ひとつの意見として、いいとおもいますが、即決してはいけません。また、安すぎるところには、それなりの理由がありますし、高くても良心的ではないところもあります。

業界事情をご存知ない以上、カウンセで、どこまで誠実に説明してくれるか、というのくらいしか判断基準はありませんよね。あとは、医師との相性でしょうか。何かあった時に、聞きやすいのかどうか。

もちろん、誠実に説明されても(されたなら、合併症とかリスク・欠点の説明も必ずあると思いますが。合併症は、誰にでも起こりえます。確率が高いか低いかの問題ですが、出た方にしたら、100%の確率で出てしまったという結果にしかなりません。どんなに素晴らしい医師であっても、合併症をゼロにすることはできません。いい医師はもちろん少しでも減らす努力と、万が一出てしまった場合のアフターケアをちゃんとしています。)、そのリスクを負う覚悟がちゃんと自分にあるか、というのが一番大切かもしれません。アフターケアも、クリニックによって違いますから、する前に聞いておきましょうね。

目の下の注入は、本当に慎重に。(ボトックスとかは、それほど内出血は、普通考えられなくていいと思いますが、スゴイ大事な用事の直前にするのは、余程慣れている方を除いて、私はオススメしていません。万が一、ということもありますから。ボトックスも症状が落ち着くのに、1週間はできたら余裕を持ったほうがオススメです。ボトックスでせめて1週間ですから、注入系は、1ヶ月くらい余裕があるほうが、なじんでいいかと思います。何をどう入れるかでも変わりますが。) 続く

クマの続きです。色グマと同じくらい多いのが、③凹みです。目の下が凹んでいるせいで、暗っぽく見えて、クマと呼んでいる(クマに見える)場合です。

ガイコツを想像していただければ、わかると思いますが、眼球のところは、骨がありません。目ン玉が入るからですね。目の周りには、骨があります。この骨と骨のないところが、その方の骨格によって、凹みの目立つ方がいらっしゃいます。目の周りの皮膚・脂肪・筋肉の付き方によっても、変化しますから、子供の時から凹んでいる方もいらっしゃいますし、大人になってから、凹んで目立ってきたという方もいらっしゃいます。凹んでいると、影になって、暗く見えるので、疲れて見えちゃうんですね。よくお化粧で、目の下は、白っぽい下地をたしたり、パール系を足したりしますよね。目の下は、明るい方が元気に、若々しく見えるようです。

さて、この凹みは、残念ながら、光やレーザーで、膨らませることはできません。皮膚とかの位置がタルンで下がってきて、凹みが目立ってきた、という場合であれば、タイタンなどで引き締めていくことで、少し改善する方もいらっしゃいますが、基本は、何かで膨らませないと無理だと思います。

膨らませる方法は、やはりヒアルロン酸や脂肪注入・今流行りのPPP療法でしょうか。

まずは、ヒアルロン酸の説明から。

目の下は、一番薄い皮膚ですから、ヒアルロン酸は、目の下用のかなり柔らかいモノでないと、デコボコになる可能性が高いと思っておかれるほうがいいかと思います。柔らかめのヒアルロン酸で、結構うまく入ったと医師側が思っても、患者さんの満足度とかなりの開きがあると思います。すっごいキレイになると期待しすぎないようにしましょう。

目の下は、皮膚が薄いだけでなく、血管の多いところです。凹み全体に注入するとなると、普通の注射よりも刺す回数は通常増えますから、内出血の可能性が上がります。普通、血が出たら、すぐに押さえたら内出血はほとんど防ぐことができますが、大きめの血管にあたってしまった場合や、下に骨のないところだと出血しても、押さえられないんですね。目の下を押さえると言っても、必ずしも絶対いつもうまくいくとは限りません。どうしても注入したい方は、内出血してもいい時期、カバー力の強いファンデなどご用意されて、注入されてください。当院では、目の下の凹みを膨らませるヒアルロン酸注入はしていません。患者さんの期待に自信を持って、オススメできる治療になりにくいと私は思っているからです。よそから来られた患者さんからお聞きしましたが、目の下のヒアルロン酸をとても勧めているクリニックがあって、そこのドクターがかなり自信をもって勧めたので、されたんですが、運悪く、かなりひどい内出血をされて、知人からはDVと間違われたそうです。また、そこのクリニックでは、中途半端に入れるからデコボコになるんであって、思い切り入れたら、デコボコにならない、と言われたそうです。確かに、それはそうなんですが、デコボコにならないくらい思いっきり入れたら、目の下は結構膨らむので、人相が変わってしまうんですね・・。その方も、顔が変わってしまって、早く吸収させようと大変でした。内出血は、たまたまかもしれませんが、そこのクリニックは、内出血はしない、と最初に説明したそうです。

どこであろうと、生きている以上、針を刺せば、出血は必ず有り得ます。ただ、起こしにくいところと、起きてしまっても止められるところと、止めにくいところ・ひどくなりやすいところがあります。それを説明しない医師は、やはりダメだと思います。また、膨らませることでのイメージが、医師と患者さんとの間で、かなりのギャップがあると思います。お互いのイメージを画像で確認できないんですね。例え、こんな感じとタレントさんの写真を持ってこられても、元々違う顔(肌質とか骨格とか)ですから、同じようにはできません。機械を修理するのとは違いますものね。

ほっぺたのほうに続くゴルゴラインは、ヒアルロン酸やレディエッセはとてもいいと思いますが、目のすぐ下の凹みに入れたい場合は、患者さん側も慎重に。目の周りの注入の合併症をほとんど説明しないクリニックでは、話だけ聞いて、とりあえず帰ってきましょう。お金のために、副作用を言わないところもありますから、即決はダメです。ヒアルロン酸は、吸収までそれほどかかりませんが、少なくとも数ヶ月はかかりますから、その間ずっと気に入らない顔で過ごすことになります。その覚悟もしておきましょう。また、目の周りの内出血は、ひどく出ると、かなり長引きます。2週間でも消えないことがあります。その覚悟もされてください。

もちろん、アクアミドとかの非吸収性のものは、絶対入れてはいけません。切り取る以外、戻せないのと、約200分の1で出るアレルギー反応が出たら、もう悲惨です。(ちなみに、レディエッセは、非吸収性ではなくて、吸収性です。もちろん、目の下は、適応外です。)非吸収性を今の時代に勧めるクリニックも即決は絶対止めておきましょう。 続く

さて次は、②色グマと呼ばれているモノです。

目の周りが、茶色く色素沈着して、パンダみたいになっている方です。目の下だけのこともありますし、目の周り全体のこともあります。(目の周り全体にできるのは、ブラジルに多いそうで、あちらには、専門用語があるそうです。忘れましたが・・。そうなると、クマの概念とは、ちょっと違いますけどね。)

このクマは、色がついてしまっているので、シミと同じです。寝たからと言って、消えません。血行のせいではありませんから。ご自分では、わかりにくい時もあると思いますので、診察をオススメします。

子供の頃から、ずっと茶色いと言う方は、今はちょっと別の話ですが、大半の方がこすったり、マッサージをしたりとかが原因で、シミになってしまったことが多いです。「こすっていません」という方がいらっしゃいますが、その方のお化粧の仕方を診ると、間違いなくこすっていたり、アレルギーとかあって痒くて掻いていたことが多かったという方も出ることがあります。また、お化粧を塗る時もこすらずに塗るというのは大切ですが、落とす時が、皆さん、すっごい力でゴシゴシされます。そりゃ~シミにもなります。アイメイクをしっかりされる方は、必ず目元専用のリムーバーをコットンにたっぷり(目に入らない程度に)取って、しばらくまぶたに貼って置く感じで、溶かして落とすような感覚です。ここでも絶対こすらいない!(ビオデルマのサンシビオシリーズのクレンジングウォーターは、わりと使い易いです。)

「そんなめんどくさいことしたくない!」という方、濃いアイメイクはしないほうがいいと思いますが、そんなわけにもいかない方、こすって落とすくらいなら、普通の洗顔で落ちない分は、もう放っておくほうが私はまだマシだと思っています。もちろん、お化粧は落とすにこしたことはないですが、こすって落とすくらいなら、むしろ取らないほうがマシと私は常々思っています。取れなくても、そのうち、取れます。取れる前にまたたくさん塗るという方は、やはりあきらめて、きちんと取りましょう。(100円均一とかあまりにも安すぎる化粧品は絶対落としましょう!というか使わないほうがいいと思います。)とにかく、こすらない!もちろん、日焼け止めも大切です。

出来てしまった色グマを完全に消すことはできません。目の周りに塗ってもいい美白剤もご用意はしてますが、あくまでお家でするケアです。何もしないよりは、毎日ご自宅でできますし、かなりマシですが、光やレーザーほど色をやっつけるほどの効果はありません。もちろん、これも刷り込んではいけません!ス~と伸ばすか、指先でトントンとやさし~く塗るかです。

最終的には、光やレーザーを併せて使います。当院では、ライムライトやアキュチップです。

目の周りは、眼球を守らないといけないので、光やレーザーをあてて薄くするのにも限界があります。

眼球を保護するカバーみたいなのは、当院でも扱っていますが、まつ毛の生え際には、まつ毛に影響が出るので、当院ではしません。また、まぶたはとてもデリケートなので、そんなに強いパワーでは当てられないんですね~。こんなところ、火傷したら、エライことですから。

マイルドに、慎重に照射していきますから、もちろん時間も回数もかかります。回数をかけて、薄くしていく感じで、完全に取る!までは思われないほうがいいと思います。少しでも薄くして、お化粧をしやすくする、疲れて見えなくさせる程度と思ってください。

洗顔したり、化粧品をつけたりしますから、刺激を全くゼロにすることは、基本できないと思います。ちょっとした刺激で、すぐシミになりやすい方というのがいらっしゃって、こういう方は、目の周りもすぐに色が付きやすいことがあります。こういう方の治療は、本当にお金も時間もかかり、また何かの刺激でまた再発しやすいこともあり、患者さんご本人が一番大変だと思います。でも、何もしないよりはマシだと思います。何もしなかったら、どんどん濃くなるだけですから。

色グマを化粧品やエステで、なんとかするというのは、絶対無理ですから、早めに専門のクリニックにご相談するのがいいと思います。大抵、エステや化粧品のカウンターでは、マッサージをススめられ、マッサージクリームかカバーファンデを買わされますから。(気になっている時に、カバーファンデとかはいいと思いますが、根本的な解決にならないのと、塗る時落とす時にこすらないように。塗る落とすという作業で、目の周りをいじる回数が増えることは、あまり良くないな~と思います。)  続く

 

クマの続きです。

さて、一番誰にでも出るクマ、一般的に一番よく言われるクマというのは、

①血行不良によるクマです。うっ滞性のクマとも言われます。

例えば、寝不足・体調不良によって、血行が悪くなり、目の下は、体の中で一番皮膚の薄いところですから、血行の悪い状態が透けて見えやすいんですね。そういう時だけ出て、ちゃんと寝てる時や元気な時は出ないクマというのは、このことを言っておられることが多いです。

よく、雑誌やTVで言われる改善方法は、マッサージですが、これは絶対にやってはいけません!先日もTVで、美容師さんが思いっきり、目の下をこすっていて、「あ~あ~・・・」と思っちゃいました。確かにマッサージをすると、どこでも血行は良くなります。でも、目の周りは、絶対にしてはいけないところです。どんなに高いマッサージクリームを塗ったとしても!あんなにひっぱったり、力を入れると、皮膚は伸びてしまって、シワ・タルミの原因になります。1回やったくらいでは、余程のことをしない限り、いきなりならないとは思いますが、多くの方は、毎日やっちゃうんですよね~。一時的に血行を良くするために、シワ・タルミの原因を自分で作っていたら、何をしているのかわかりません。また、マッサージはこすっていることと同じなので、色素沈着と言って、黒ずむ原因になります。パンダみたいに、茶色くなっちゃうんですね~。これは、なかなか大変です。(色グマは次にお話しますね)

マッサージを毎日目の周りにすることで、気にしている「クマ」はどんどんひどくなり、また他の種類のクマも出てきて、ますますマッサージをするという悪循環のワナにはまってしまいます。マッサージをしている方は、今すぐ止めましょう!ひどい時は、目の下に脂肪のふくらみ(小沢一郎さんとか、ご年配の方の目の下に出てるふくらみです)が出やすくなっちゃいますよ。

じゃあ、どうやって、血行を良くするかですが、(まず充分に寝たり、休息をとることはもちろん大事ですが、できないから、クマができちゃった場合です)まず、温めることです。ホットタオルを当てたり(火傷しないように)、お風呂(もしくはシャワー)に入ったり、というのは、効果的です。ホットタオルだけで難しい場合は、少しめんどくさいですが、熱めのタオルと冷たいタオルを交互に当てて、血管を刺激してやります。このとき、タオルでついこすらないようにしてください。おうちで簡単にできるとしたら、これくらいです。

当院にあるジェネシスは、血行を良くする働きがあります。疲れている時にしに来られる方もいらっしゃいます。もちろん、血行が良くなるのは、4日~3週間くらいとかなり個人差や体調によっても違いますが、とりあえずすぐに血行を良くしたい時には、オススメです。当院のタイタンもむくみをとって、温かくしますから、血行不良に効果的です。

血行改善に、垂直に押すツボ押しなら、大丈夫だとは思いますが、東洋医学の専門の先生にお聞きすると、素人がマネしてしないほうがいいと聞いたことがあります。もちろん、触り方(力の具合)や触ってもいい場所というのはありますが、私も顔はしないほうがいいと思います。何故かというと、皆さん、どうしても力こめちゃうんですよね~。気付かないうちにマッサージみたいになっちゃってたりとか・・。(最近、顔に美容鍼と言って、鍼灸が流行っているそうですが、鍼自体は、悪いと思いませんが、即効性が出ないことが多いので(当たり前ですが)、マッサージをセットでされている鍼灸院がものすごく多いです。鍼でむくみをとってるのではなくて、マッサージでむくみを無理やり取ろうとされるので、そういう鍼灸院は、私は勧めません。)

とにかく、顔のマッサージは、絶対止めることを私は強くいいたいです!顔以外は、毎日してもいいと思いますし、むしろ女性は冷え性の方が多いので、肩やハンド・足や腰・おしりなどどんどんマッサージしたほうがいいと思います。

血行不良で、お悩みの方は、専門のクリニックで、まずご相談されるのが、一番安全です。あまりにも血行の悪い方には、当院では、飲みクスリや塗りクスリもご用意してます。 続く

久しぶりに医療のお話です。

目の下のクマのご相談って、結構あります。年齢を問わず、気にされている方が大変多いと思います。

さて、「クマ」って、何でしょう?「クマ」の医学的な定義(こういう状態をクマという、みたいな。ニキビは尋常性?瘡という正式な医学用語があるみたいな感じです。)があるわけではありません。

患者さんが、何を、どんな状態を「クマ」と呼んでいるのかは、本当に人それぞれなんですね~。おおまかにわけても、いくつか種類があって、それぞれ治療法が違います。その状態にあった治療法をしないと、いくら「これがクマの治療です」と言われても、当てはまっていないと、全く効きません。患者さんが、自分の状態がどれにあてはまるのかわからないというのは、当たり前のことですが、診る側の医者が、わかっていないというのは、致命的だと私は思います。

その方のお肌の状態や、どういう時にひどくなるのか、またご本人がどういう時は一番気になるのか、などなど詳しくお聞きする問診と診察の両方が必ず必要となります。ですから、お電話では、答えられないんですね~。治療法が変われば、1回の料金も変わってきますし、また、同じ治療でも肌質や骨格によって、全く効果の出具合も変わります。その上、光・レーザー治療となると、反応の個人差もありますから、メンテナンスでちょっとずつ良くしていく、みたいに考えれたほうがいいです。

一度良くなったから(クマが消えたから)、一生出ないものではありませんし、また完全にクマを消すことは無理と思われたほうがいいです。クマの種類によっては、手術をお勧めすることもありますが、手術しても、完全には消せないと思いますよ。かなり良くなる方も、もちろんどの治療でもいらっしゃいますが、回数も時間も、スキンケアと思って(実際スキンケアなんですが)気長に、気軽にお考えください。クマは、一度気になると、鏡でじーっと見てしまいます。人間って、アップで、じーっと1箇所を見ていると、結構変なものかも・・と思ってしまいます。アップで見ると、何でもひどく見えてしまうことは多いです。ですから、拡大鏡などで見るのは、普段は絶対止めましょう。自己嫌悪から抜け出せなくなります。クマばっかり見てると、そこばっかり気になってしまうので、基本気にしないというのがいいんですが、そんなわけにもいかないとは思うんですが・・・、やはり気にしないようにする、というのが一番です。何故かというと、気になると触っちゃうんですよね~。ひっぱったり、こすったり、カバーファンデをさらに塗り込んだり(カバーファンデはしてもいいんですが、力入れて塗るのはいけません!)

鏡を見たら、「気にしない!」と声に出して、自分に言い聞かせる!とても大切です。それを踏まえた上で、ご自分にあてはまりそうなクマの治療をできる範囲から実践されてみてはいかがでしょう。

クマの話は、かなり長くなるので、何回かに分けてお話していきますね。

とりあえず、今回はここまで。続く

キルフェボンの特選ケーキをいただきました!!

いつも本当にありがとうございます。スタッフ共々、アッ!という間に、たいらげてしまいました・・・。

20101227_1.jpg 20101227_2.jpg 20101227_3.jpg

一番左が、特選の静岡県伊豆の国産紅ほっぺのタルトで、真ん中が特選の白イチゴのタルトです。右の写真に写っている残りの二つは、新潟県白根産ル レクチェル(洋ナシ)のタルトとくるみのタルトです。

スタッフに、包丁でうまく切ってもらって、少しずつ全種類いただきました。

白イチゴ、甘くて、少しすっぱくて、普通のイチゴよりはやや柔らかい感じで、とろけるようです。絶妙~。紅ほっぺも、イチゴの味が濃いですね~。洋ナシは、酸味のあるクリームと果物と生クリームの三重奏で、タルト生地と合わせると、たまりません。くるみのタルトも濃くて、この歯ごたえ大好き!着イチゴが中に入っていて、甘酸っぱさがなんとも言えず、いい感じです。

う~ん、いつ、どれを食べても、毎回感激です♪特選ケーキは、かなりお値段が張りますが、一度食べてみる価値のあるおいしいタルトです。特に、白イチゴの見た目がとっても可愛らしいです。期間下亭ですので、狙っている方は、お早目に。

昨日25日クリスマスですが、夜はお蕎麦屋さんの味禅http://www.ajizen.com/index.htmlに行ってきました。家でご飯の予定でしたが、急遽変更です。こちらは、かなり有名なお店なので、予約しないと、座席数も少ないから無理かもと思っていましたが、クリスマスのおかげか予約なしで空いてました。ちょ~ラッキー!行った時間も早かったからかもしれません。またしても、写真はありません。お店で撮るのって、ちょっと苦手です。

なんと、こちらは、俳優の渡辺謙さんお気に入りのお店だそうです。

昔からあるお蕎麦屋さんという感じで、古民家風の落ち着く感じです。最初にお酒と一品料理を色々頼みました。鶏肉の山椒焼き、香りがタマリマセン。天ぷらは、塩と山椒でいただきます。四万十川の川海苔が、またおいしい~。お蕎麦屋さんの一品って、なんでこんなにおいしいんでしょう。。

こちらのお蕎麦は、冷たいのがメインのようで、温かいお蕎麦は、早く売り切れちゃうようです。温かい鳥なんばを最後にお願いしましたが、売り切れで、選ぶのに迷った鴨汁(温かいの)付きのざるそばにしました。こちらは、お蕎麦に全品そば粥がセットにできます。そば粥も大好きです~。はなまるマーケットの朝のおめざにご紹介されたそうです)。

鴨汁は、やはりお出汁が濃くておいしいですね~。お蕎麦は細めです。田舎がいいとか更科がいいとか私にはこだわりはありません。おいしいものは何でも好きです。(昔、苦手だったり嫌いな食べ物ないでしょ?と聞かれて、「昆虫料理やマムシ(鰻じゃなくて、蛇のほうです)料理はダメですよ。」と答えたら、誰でもです、と言われたことがあります。。。ああ・・そうでしたか・・。)

そば粥も、あんのお出汁で、小さな鶏肉は入っていて、とってもおいしい~。結構なボリュームで、かなり温まります。(はっきり胃って、また食べすぎです。でも、今日はヘルシーだからいいかな?)

お客さんは、常連さんがやはり多そうでしたね。クリスマスのためか、年齢層は高めです(私達もですが。。)。大晦日とか、座席が少ないから、すぐいっぱいなんどろうな~と思っていると、常連さんは、大晦日の予約もして帰られました。こんなおいしいお蕎麦屋さんがお家の近くにあったら、いいですね。

お蕎麦屋さんって、夜でも皆さんあまり、長居されませんね。私もそうですが、食べるだけ食べたら、帰っちゃいます。お酒飲まない方は、お蕎麦って早いんですね~。夜でも回転早いのかな?混んでても、しばらく待ったら、いけるのかしら?と思っちゃいました。

ちなみに、こちらは、蕎麦打ち体験ができるそうで、初級者・趣味レベル・プロ養成コースと色々あるそうです。スゴイですね。

キリスト教徒ではありませんが、クリスマスイブって、やっぱり楽しいですね。街中がキレイに飾り付けてあって、皆ウキウキしていて、デパートの中にいるだけで、こちらもウキウキしてきます。

20101224_1.jpg 20101224_2.jpg 20101224_3.jpg

今日イブの日に、お菓子の贈り物をいただきました。わざわざ今日の日付指定にしていただいた可愛らしいサンタさんからの贈り物です。ありがとうございます。パッケージ(右二つです)もクリスマスバージョンで、こんなのあるって、知りませんでした。スタッフと大興奮です!真ん中のは、お菓子の入っている缶の絵柄です。とっても可愛いです。しかも!中に入っているクッキーやチョコも全てクリスマス柄になっていて、とても素敵でした。あまりの可愛さにパッケージも残しておきたいくらいです。スタッフと有り難く、少しずついただきますね。(一度にたくさん食べないように・・)

さて、一番左は、予約していたオーレリーのクリスマスケーキです。今年はシンプルなイチゴショートのケーキです。普段、オーレリーでは、こういうシンプルなケーキがあまりないので、ちょっと食べてみたくなりました。おいしいケーキ屋さんのイチゴショートって、ホントにおいしいですもんね。

スタッフに取りに行ってもらったところ、店内には、おいしそうなケーキがいっぱいあったそうで、(私も見たかった~!)スタッフもついでに、お家の分をたくさん買ったそうです。

生クリームが、牛乳の味がして、いくらでも食べれちゃいます。全体にとても軽い食感です。また、イチゴがなんか濃いんですね、味が。このケーキは15センチホールなんですが、半分くらいは、あっという間にいけちゃいます。(半分、いっぺんには食べてないですよ)残りは、明日のお楽しみと思って、スタッフ共々残しましたが、絶対今日食べる方がおいしいだろうな~、と思いつつ、今日はもう食べすぎです。

ちなみに、オーレリーでは、看板のキャラメルエクレアを1個だけ欲しい場合、箱も何もいりませんと言えば、そのまま買えるようです(その分、箱代を引いてくださるようです)。生菓子2個は要らないのに、と思っていた方は、一度聞いて見られたらいかがでしょう。食い歩きは、格好いいものではありませんが、近くの公園とかですぐにそのまま食べたいという方には、一つの選択肢かも。ここのキャラメルエクレアは、本当に濃くてとってもおいしいですよ。

一度どうぞお試しを。

お食事会をすることになり、どこに行こうかな~とお店を探してみたところ、水曜日なら空いてるかも、と一度は行ってみたかった「イルギオットーネ」本店に電話したみました。空いてました~。今までに何度かお電話したことがあったんですが、定休日や予約一杯ということで、ご縁がなかったんですが、さすがに全盛期が過ぎたのか、店舗をいっぱい造られたせいなのか、はたまた不況のせいなのか、予約が取れました。ドア側の席だったので、ギリギリセーフだったのかもしれません。お電話したのは、直前でしたから。今は、ネットで空き状況が大体確認できます。

今回もまたしても、写真はありません。

今回、初めて八坂の塔というのを見ました。タクシーで「八坂の塔まで」というといいそうで、レストランはすぐそこです。こんなものがあるなんて、今まで全く知りませんでした。(京都で育ったとは言え、何も知らないことにビックリします。大学に行ってから約20年、ほとんど京都に帰って来ず、奈良・大阪で過ごしたので、子供の視点のまま、止まっちゃってるんですね~。あまりにも、京都の地理や歴史(お店も)を知らなさ過ぎるので、今少し京都のことを勉強中です。ちなみに、京都のお料理屋さんは、「おこしやす~」と「おいでやす~」を使い分けるそうです。大阪では、「おいでやす」しか聞いたことがなかったので、「おこしやす」は京都なら、いつでも言われると思ってました。これは、予約しているとか、予期している来訪の場合、使うそうです。予約なしの一見さんは、「おいでやす」になると聞いたことがあります。)

さて、イルギオットーネですが、おいしかったです~。とてもキレイで、ちょっと趣向が凝っていて、正統派イタリアンではなく、独特のアレンジが全てのお料理にされています。笹島シェフがいらっしゃったかどうかわかりませんが、おいしかったです。昔、京都一予約の取れないレストランと言われたことありますね。スゴイです。あまり、お酒を飲まないメンバーだったので、ワインはボトルではなく、グラスでいただくことにしました。グラスの値段が高いとは聞いていましたが、確かに高い!(ボトルの値段は、普通にピンキリです。リーズナブルなモノもあります。)グラスにしては、いいものを提供されているんでしょうが、もし、お皿ごとにワインを変えると結構なお値段がします・・・。1杯しか飲まない方が多いから、この値段設定なんでしょうか。いろいろ飲みたい人のために、ワインのマリアージュセットみたいなのも作って欲しいな~。

テーブルの担当の方が、まだニキビのある若い男性でしたが、ソムリエバッジをつけていらして、いいワインを選んでくださいました。途中、グラスのお値段もわかりませんでしたが、最後の会計で「あれ、ワインそんなに高くないのかも?」とまたビックリしました。メニューに載っていないのでも、好みを聞いて選んでいただいたものが、リーズナブルでおいしかったみたいです。さすがソムリエ!若いのにしっかりされてます。(すっごい若いと思います!)誠実な感じもよかったです。楽しそうにお仕事されているのって、とってもいいですね。

お店の中もとてもキレイで、店内は満席でした。スタッフの方は、皆さん忙しそうでしたが、店内は、とても温かい雰囲気でよかったです。贅沢なひとときでした。

今度来た時は、ワインはボトルで頼みたいな~と思いますが、本店のリストランテは、やはりいいお値段がします。度々来るには、結構な贅沢です(だから、どんどんカジュアルなお店を作られるんでしょうか)。お客さんの年齢層は、40~50代のグループが多かったですが、若い方もカップルで結構いはりました。皆さん、若いのにお金持ちですね。クリスマス前だから?あれは、男の子が払うのかしら?男の子、大変ですね。。。

 

次は、鼻周りに出る毛細血管拡張です。早い方で、20代くらいから結構目立ってきます。これを化粧品でなんとかしようと思っても、絶対消せません!

カバー力のあるファンデなどで、隠すことはできても、化粧品で治すのは無理なんです。増えてしまった血管は、レーザーで消すしかないです。

年々、ホホにも毛細血管が増えて来ます。紫外線も毛細血管を増やしますから、一度レーザーで消したところで、またしばらくすると出て来ます。シミと同じですね。結局は、メンテナンスになりますが、気になったら、減らす、みたいな。一緒ならやらない、というのも、一つの選択ですが、まあ、年々ちょっとずつ増えていきます。毛細血管でお悩みの方は、ちょっとずつ(一度にたくさんするのは、あまり勧めていません。慣れたらいいと思いますけど。)、例えば数発ずつとか、やって様子を見るのがおススメです。

20101221_1(治療2).jpg 20101221_2(治療2).jpg

このモニターの方は、左が照射前、右は照射直後です。直後には血管が消えています。まわりがうっすらピンク色なのは、レーザーの熱のせいですね。これはすぐに消えてしまいます。実際消えました。(写真が小さくて、見にくいかと。クリックしたら、拡大するはずなんですが。。)うまくいけば、この方のように、1度で消えますが、個人差があるので、1度で消えなければ、2~4週間後に2回目です。

鼻周りは、わりと再発しやすいです。鼻周りに毛細血管が多い方は、そういう肌質と言ってしまえば、おわっちゃうんですが、やはり血管を作りいやすい、あるいは再生しやすい何かがあるんだと思います。一度減ると、まあ普通しばらく出て来ませんから、お化粧はしやすくなります。

鼻下の血管にもよく効くので、この方もされています。(写真は、クリニックで見てくださいね。全部のせられませんでした)ですが、鼻下は、結構ツーンと痛いので、初回からたくさんはホントに勧めていません。どんなにしたくても5発くらいまでとか、やってみて大丈夫だと(痛みが)思ったら、その場で追加もできます。でも、様子を見て後日のほうがおススメです。)

もちろん、すぐにお化粧は大丈夫です。ロングパルスヤグレーザーを一番多く使います(一番効くので)。1発直径3mm¥2,100です。他にはアキュチップを使うこともありますが、お肌の状態や、その方のご希望を聞いて、選ぶという感じです。

ホホにたくさんある方の場合、まず顔全体にあてるジェネシス(ライムライトも使います。これもその方の肌質によります)で、ぼ~っとした赤みを薄くして、毛細血管の場所や形をはっきりさせます。もちろん毛細血管の数が減ることもあります(ホホに、いきなりたくさんロングパルスヤグレーザーをすると、副作用だけでなく、値段もビックリすることになるので、すすめていません。すっごく目立っているところだけ、数発とかならいいと思いますけど。)はっきりしてきたら、ロングパルスヤグ(アキュチップのこともあり)を少しずつあてていきます。

赤みでお悩みの方には、ジェネシスをお勧めすることが多いです。私の経験では、やはりジェネシスは赤ら顔にすごく効きます。光との相性があえば、1~2回で劇的な変化をする方もいらっしゃいます。こちらがビックリします。とてもラッキーな方です。おまけに小じわや毛穴の開き。ニキビ跡の凹みにも効果があるので、それも悩んでおられる方には、一石二鳥(3鳥?4鳥?)です。

ライムライトは、赤だけでなく、茶色にも効くので、シミも赤みも両方悩んでいる方には確かにすごくいいんですが、赤みがひどすぎると、下に肝斑が隠れていることがあり、あやしいと判断した方には、ジェネシスから勧めています。赤過ぎて、下のシミが見えなくなっちゃうんですね。)

赤ら顔と茶色いシミが混じると、結構濃く暗く見えてしまいますが、赤みが薄くなるだけでも、結構明るく見えます。白人と違って、黄色人種の黄ぐすみは、赤みを余計にひどく見せてしまうようです。

また、どちらかというと色黒という方で、赤みにも悩んでいて、ライムライトをする、となった場合、肌色に合わせた設定になるので、強くはあてられません。赤みに効かすには、ライムライトは割と強いパワーがいるため、赤に効いてくるのに、色白の方よりも時間がかかってしまいます。

ところが、理論上そうであっても、ライムライト1回で赤みが結構良くなった色黒の患者さんが以前に何人かいらっしゃいました。光との相性が抜群だったのでしょうか。2回目来られて、私がビックリしました。強くなくても、効く方には効くみたいです。(でも、色黒で赤みだけ気になるという方には、ジェネシスをお勧めしますけどね。)もちろん、強いパワーは出しませんが、ライムライトがどんな感じか試されるのは全然大丈夫です。光の好みも皆さん違いますから。

日焼け止めの塗るクセがまだついていない方は、ジェネシスから始めて、クセがついてきた頃にライムライトをするという方も多いです。何回かすると、赤みが薄くなったら、今度はシミが気になってきたからライムライトをする、という方もいらっしゃいます。

良くなったら、次の気になることをしたり、スキンケアだけで様子を見る方が多いです。

どうしていきたいのか、どこまで望まれるのか、どこで維持されたいのか、肌質や普段の環境によっても、その方に合う治療というのは、全て違って、人それぞれです。だからこそ、時間をかけた診察が必要なんですね。

気になる方は、ぜひ診察にどうぞ。ホホの毛細血管の写真もありますので、お見せできます。

 

1 / 3123