プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2011年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

最近投稿した写真

ホーム > 2011年04月22日



先日のブログで、「乳がん検診は、30歳以上」と書きましたが、地域によって差があり、「40歳以上」の方は必ず市町村から案内がいっていると思いますが、40歳未満で、検査などをうける際の補助金があるかどうかは、市町村によって、バラバラみたいです。

もちろん、自分で胸を触って、なにかしこりのようなものを触ったら、乳腺外科などで診察・検査をしてもらうのは、全て保険対象です。

なにもないけど、心配だから診てほしい・検査してほしい、というのが、検診になるので、症状が無い場合は、残念ながら、保険は使えず、自費になります。人間ドッグのおっぱいバージョンみたいなものです。

検査内容によっては、そんなに安くないこともありますから、市町村が補助してくれると、内容にもよりますが、ひとつの検査を1000円~2000円以内で受けられたり、これもどこまで市町村が補助してくれるかで、様々です。

どこまで補助が出るかは、その市町村の考え方や財政状況にもよると思いますから、なかなかすぐに補助しれくれるものではないと思います。

やはり、自分の体は、ある程度、自分で管理するしかないですよね。

幸い、おっぱいは、自分でも見やすく、触りやすいので、お風呂に入る時などに、チェックするクセをつけておくのがおススメです。

乳がんは、早期発見で助かります。そのしこりだけ、取ったらおしまい、ということもあります。後は、定期的に検診をうけるだけです。

でも、発見が遅れると、しこりも大きくなるし、手術で取る範囲も大きくなるし、おっぱいをどこまで残すのか、放射線治療はするのかとか、いろいろな問題が出て来ます。また、施設によっても、考え方がいろいろで、手術方法も違う場合はあります。一慨に、どの手術や治療方法がいいのかは、言えないと思うんです。

しこり=がんでは、ないので、乳腺症と言って、乳腺が腫れて触りやすかたっり、もともと大き目の触りやすい方もいらっしゃるでしょうし、他の良性のしこりもあります。

生理前は、腫れていることもあり、わかりにくいこともありますが、前からあるような気がする場合は、受診してもいいんじゃないでしょうか。

「しこりが痛い」と言って受診されて、じつは、アバラ骨(肋骨)だった、ということもありますから、こればかりは、専門の医師に、診察・触診・検査などをしてもらわないと、わからないんですね。

だから、検診も自分のチェックも、どちらも大事です。検診に行ったから、大丈夫と安心しきってしまうのも、よくないです。自分でもチェックしましょう。

気付いた時点で、必ず、早目に受診しましょう。(ワキもリンパ節は、必ず診察されますから、ワキ毛は剃っていた方がいいですよ(笑)。ワキ毛ないほうが、検査や診察もしやすいと思います。)

1 / 11