プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2011年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近投稿した写真

ホーム > 2011年10月



11月のキャンペーンのネタが尽きたと言えば尽きたんですが、乾燥のシーズン本格到来のため、まだまだ目元にとっては過酷な環境が続きますので、目元のケアのセットは、引き続きキャンペーンにいたします。

そしてまだまだ皆さんが、困っていらっしゃるのが、毛穴の開きですね。

夏に比べて、皮脂はだいぶ減ってきたと思いますが、鼻~ホホにかけての毛穴の開きの悩みは、つきないようで、ナビジョンのGGシリーズは、とても評判がいいのですが、いきなりマスクセットを買われるのがためらわれる方もいらっしゃって、夏だったら、キャンペーンしてたから、お試しで1枚でも買えたんですけどね~、とお話すると、残念そうにされます。

そういう方が、けっこういらっしゃったので、GGシリーズキャンペーンの復活です。

(秋にするとは思いませんでしたが)

小じわも気になる季節になってきたので、より毛穴を縮めるために今回は特別にジェネシスとセットになったキャンペーンもご用意しました。

レーザー自体がキャンペーンに混じるのは、久しぶりですね。

ジェネシスとGGのイオン導入をセットですれば、けっこういいと思います♪

毛穴コンプレックスの方は、この機会に一度お試しください。

特に、GGのイオン導入をきにされていた方には、お試ししやすくしました。

ホームケアも、充実のキャンペーンです。

それと、とても大切な日焼け止め!

この季節、油断されている方が、そろそろ増えてきましたので、秋でも油断されずに、日焼け止めはしかき塗って、塗り直しもされてくださいね。

それで、今回、日焼け止めキャンペーンです。

どの日焼け止めを購入されても、ただいま大評判の、ナビジョンの新製品の日焼け止めのミニチューブをおひとつプレゼントです。

このミニチューブ、持ち歩くのに便利なんですよね♪

今月のお菓子のテーマは、マロンにしてみました。

栗、好きなんですよね~。

でも、時間がなくて、お菓子を探している時間がなくて、(種類が)少ししか買えませんでした。

時間を見つけて、お菓子、探しますね!

光・レーザー治療をキャンペーンにしてほしい!という方も多いと思いますが、元々お値段低めに割と設定させていただいておりますのと、継続お値引システムがあるため、あまりそうそうレーザーはキャンペーンにしておりません。

肝斑セットスペシャルやライムライトスペシャルなど、お得なメニューも定番化させてしまったので、レーザーのキャンペーンメニューは、正直言って、ネタ切れです。

う~ん、、考えておきますね。何か思いついたら、途中でもキャンペーンを追加するかもしれませんが、12月のキャンペーンもありますしね。。。どうしましょうか。。

キャンペーンの基本は、その季節やイベントごとに、「皆さんのお役に立てそうなモノ」です。

だから、乾燥の秋冬は、目元対策のセットのキャンペーンは続くかもしれませんね。

目の周りのシワは、加速度的に気になっていませんか?

レーザーも大事ですが、ホームケアもとても大切です。

キャンペーン期間中は、何度でもキャンペーンを使われても大丈夫ですので、この機会に、目元の乾燥ジワ、信仰ストップさせてくださいね。

(初診の方には、必ず診察・カウンセリングが必要です。カウンセの結果、希望されましても、お断りする場合もございますので、ご了承ください。)

 

当院のホクロ治療は、炭酸ガスレーザーを使います。

当然のことながら、保険は使えませんので、自費治療となります。(保険を使って処置をすることは、違法になります)

医師によって、これも、全くやり方が違います。

「レーザー治療」と聞くと、手術よりも怖くない、と思って、気軽にレーザー治療を考える方が大勢いらっしゃいます。

「手術」と聞くと、なんかたいそうに、思われますが、私たち医師からすれば、小さなホクロであれば、(ややこしい場所になければ)、形成外科や皮膚科の研修の時に、一番に臨む手術です。

手技としては、キレイにちゃんと治るかは別として、それほどの大手術ではなく、基本中の基本と言えます。

何でも確かに基本って、一番大切ですが、「日本で数人の医師しかできない」ような手術ではないわけです。

手術を扱う皮膚科や形成外科からすれば、一番数としたら多いモノになってきます。

でも、患者さんからしたら、「切って、縫われる」というのが、かなり抵抗があるようですね。

確かに、医療者にとっても、レーザーでホクロを取るとなると、まあスグできて、終わります。後片付けも簡単です。

でも、手術となると、小さいモノでも、滅菌した布や手術器具も用意して、滅菌の手袋もはめて、と準備も後片付けも、ちょっと手間暇かかります。

もちろん、手術時間も、慣れている医師なら、1個の小さなホクロを取るのに、何もなければ、10分かからないかもしれません。

でも、慣れていなかったり、途中で、思わず出血が止まりにくとか、何かあると、30分や1時間があっと言う間に過ぎてしまって、時間が読めないないこともあります。

切って、縫う以上、術前に血液検査をしておくほうが無難です。(どんな小さなものでも、切る深さは、決まってます。脂肪のところまで、普通は取り切ります。)

(それだけの手間暇がかかるわけですから、処置自体は簡単なレーザー処置を、手術を同じ処置として、手術をしたことにして、保険請求したら、いけないわけです。)

炭酸ガスレーザーで、削ることは、とても簡単です。

まず、麻酔の注射をその部分にして、削っていくわけです。削れば削るほど、ホクロはどんどんなくなっていきます。

途中で、肉眼でホクロの確認は不可能になります。でも、まだホクロの細胞が残っている可能性があります。顕微鏡レベルの話ですが。残っていると、また再発してくるわけです。

再発がイヤだからと、患者さんも深く削ってほしいでしょうし、やる医師にしたって、再発して、またお金を払う這わないで患者さんともめたり、また処置することがめんどくさくて、わざと深く削ろうとする医師がいます。

「再発」という面だけから見たら、わざと深く削る、というのは、いいことですよね。

でも、「削る」ということは、えぐっていることと同じで、手術と炭酸ガスレーザーとの最大の違いは、縫うか縫わないかなんです。

再発しない以上に深く削って、後を縫わなければ、キズの治りは遅いです。

健康な方であれば、放っておいても、いつかキズは治りますが、キズ跡が問題なわけです。

縫わないキズというのは、自然に盛り上がるのを待たないといけません。

深く削ることで、凹みが残ったり、赤みが残ったり、ひどい時は、ケロイドみたいに赤く盛り上がります。茶色くシミに残ることもあります。

浅く削っても、キズをつけていること自体は同じなので、少し凹みが残ったり、赤みや茶色みが少し残ることはあります。その場合、赤や茶色は、3か月~半年~1年も経てば、たいてい目立たなくなることがほとんどです。

でも、凹みは、なかなか戻らずに、そのまま残ってしまうことが多いです。

深く削ると、なおさらで、凹みは、水ぼうそうの痕みたいだったり、赤みが1年たっても、全然消えない、しかも盛り上がったまま、というのは、深く削られた場合に、圧倒的に多いです。

深く削った場合のデメリット、浅く削るにしても、炭酸ガスレーザーで削る、という行為自体、なんらかの傷跡は残すわけで、患者さんが思っておられる、レーザーなら簡単だから、という「簡単さ」とは、かけ離れているわけです。

そもそも、そんな魔法みたいなことはないわけです。

説明をちゃんと受けて、処置を受けた結果、ホクロの大きさや深さ、取った場所によって、キズ跡がどこかわからなくなるくらい、目立たないことはあります。

でも、これって、ラッキーだったわけで、「絶対」ではないわけです。

美容外科や美容皮膚科にしても、誇大広告をしているほうがもちろん悪いわけですが、被害者にならないためにも、そんな都合のいいことだけの医療なんて、あるわけないですから、そういうのに乗らないようにしましょう。

よく他院で、むちゃくちゃ削られて、ひどいキズ跡になって、「治りませんか?」と来られる方がけっこういらっしゃいます。

まだ処置されて、1か月未満なら、もう少し落ち着く可能性も残っているので、処置を待ってもらいます。

(やってすぐなのに、どうして、やってもらったクリニックに、相談にいかないのか、疑問です。まあ、信用できない何かがあったんでしょうが、そんなすぐに信用できないところで、処置を受けてしまったなんて。。。)

1か月以上経っていた場合、その状況により、もしできることがあれば、ご提案しますが、なにもまだできない時もあります。ケースバイケースですね。

でも、半年・1年経って、赤みや茶色みなら何かできるんですが、凹みだけは、うちの機械では、ちょっと無理です。

炭酸ガスレーザーによる凹みって、ニキビ跡よりもまだ深いことが多く、しかも、ピンポイントです。

ある程度、そこを盛り上げるのには、かなり強いレーザーが必要です。(通常、ダウンタイムはかなり出ると思います)

ダウンタイム(副作用みたいなもんです)が長く出る治療は、もともと好きではないでの、今のところ、うちにはおいていません。

仮に、他院で、そういう治療をしてもらっても、完全に平らになるわけではありません。ある程度は、ちゃんとしたところで、されれば、盛り上がると思いますが、完全に治すなんて、できないわけです。医療は、万能ではありませんからね。

私は、なにより、あの炭酸ガスレーザーでできた凹みが、大っ嫌いなんです。

ニキビ跡は、誰が悪いわけでもなく、避けられないことだったと思います。

自分に合う治療に早く巡り会っていれば、防げたかもしれませんが、そうそうめぐりあえるわけではないので、無理はことがほとんどです。

でも、ホクロ治療は、違いますよね。お金を払って、跡かたをつけているわけですから。しかも、医師が。

できるだけ、凹む可能性(他のキズ跡も含めてですが)を減らしいわけです。

その結果、当院の炭酸ガスレーザーは、浅~く浅~く削っていきます。

わざと、分けて、浅く取るわけです。長期計画ですね。

3か月以上空けて、赤みがないのを確認して、また削るわけです。

そのため、1年間無料保証にしています。1年間、何回削っても、料金はいただきません。

1回で確実に取りたいという方には他院での手術をおススメしています。

また、レーザー治療でも、浅目ではなく、深く削ってほしい、という方も、お断りしています。

(他院にいけば、ほっておいても、深く削ってくれると思います。浅く削って、また無料で削るなんて、時間もったないですからね。料金が発生するなら、喜んで削ってくれるでしょうが。)

当院のキズ跡は、なるべく最小限に(その代り、時間がかかります)、というやり方に同意できる方のみ、治療をお受けしております。

「もっと簡単に取れると思っていた」とよく言われます。

ホクロを取るだけでいいなら、簡単です。深く削ればいいわけですから。キズ跡のことは一切おかまいなしで。

患者さんも、簡単に考え過ぎだと思います。

もちろん、私のやり方でも、ホクロの大きさや浅さによったら、1回で取れるのもあります。

でも、それはやってみないとわかりません。皮膚の上から見えても、ホクロの深さなんて、わかりませんからね。

最初の説明の時に、3か月以上空けて、赤みが消えたらですよ、とお伝えしてますし、書いてある説明書もお渡ししてるんですが、忘れてしまったり、説明書を見返していない患者さんも、中にはおられます。

1か月とかで、再処置の予約を取られても、肉眼で見ても、もちろん赤いですし、肉眼でわかりにくくても、ダーマスコピー(50倍で見れる器械があります)で見ても、赤みが普通あります。

ダーマスコピーで赤みがなくても、皮膚の下に赤み(炎症)がないという証拠にはなりませんけれどね。

2か月経っていて、赤みも確認できなくて、患者さんが希望されるのであれば、3か月経っていなくて、処置する場合があります。

これもケースバイケースです。

赤みは、通常のホクロの色ではないので、わかりやすいんですが、副作用として、茶色になっている場合ですね。

ホクロの細胞の数が減って薄くなってるのか、あるいはレーザーをしたせいの色素沈着(茶色のシミ)なのか、判断が難しいところです。

3か月以上経っていれば、そんなに深く削っていないので、肌質や日焼け止めをちゃんと塗っているかどうかにもよりますが、色素沈着なら、たいてい消えてわからなくなります。

でも、1~2か月で受診されると、ダーマスコピーで見ても、明らかなホクロの色素は診られず、薄い茶色の色素しかないわけです。

その場合は、色素沈着を考え、しばらく様子を見てもらうわけですが、炭酸ガスレーザーをやれやれとせかす方が、ごくたまにいらっしゃって、最初にも説明しているのに、なんで??となるわけです。(3か月経っていないわけですから)

普通のシミに、炭酸ガスレーザーは使いません。ダメージのほうが強すぎるんです。

炭酸ガスレーザーの副作用で、シミになることがあるわけですから、その後シミになっても、最初のシミの再発なら構わないんですが、副作用のシミであれば、またレーザーで削れば、またレーザーで削れば、シミになるわけです。

負のサイクルを回るわけです。処置の度に、痛い目をして、テープを貼って我慢して、シミを作る、というなにしてるんだか。。

だから、普通のシミは、シミ用のレーザー(削らない)や光治療を使います。

(根っこのあるシミ・分厚いシミは、イボの一種なので、炭酸ガスレーザーを使うことがあります)

そこまでして、1か月とかで、その茶色をなんとかしたいなら、アキュチップ(別料金)を弱~くあてていくことくらいはできます。(強くはダメです。かえって、またシミになります)

最初から長期計画で、分けて取っていく説明をしてるわけですから、わざわざお金を追加して払って、アキュチップまでしなくていいと思いますけれどね。

そんなに、ホクロを毛嫌いしなくても、と思いますが、こればっかりは、個人の価値観ですからね。

でも、いくらお金を払われても、適応のないことはしませんし、処置してはいけない時は、きちんと待ってもらいます。

もちろん、大きさに関わらず、手術で切って、細胞の確認をしてもらわないといけないようなものは、絶対にレーザーは行いません。

レーザーで、削ってしまったら、細胞の確認ができなくなってしまいますからね。

ガンを疑っていなくても、安心のために、細胞を確認してもらってください、ということももちろんあります。

皮膚表面のモノは、どうしても気になって触ってしまって、刺激がまた良くない影響をすることも多いので、手術を言われた時は、本当に早く大きな病院に行って、手術をしてもらってください。

放っておくと、どんどん大きくなって、ますます手術はたいそうになってしまいますから。

医療である以上、何でも甘く考えず、命に関わらないことは、話をちゃんと聞いてゆっくり考えましょう。

命に万が一にも関わることは、早めに指示に従いましょう。

ホクロひとつでも、皮膚も含めて自分の体の一部ですから、大切にされてください。

炭酸ガスレーザーでも、手術でも、一度つけたしまったキズ跡は、完全に消すことはできませんので。

 

 

 

ソウルに行った時に、あちらでの買い物と言えば、レザーが有名ですが、基本物価が安いので、下着も安いかな~、と思ってました。

香港やシンガポールやマレーシアに昔行ったことがありますが、品質はやはり日本が一番です。

でも、普段の下着なら、十分ですよね。だって、アジアのどこに行っても、ワコールもトリンプもありますしね。

絶対、韓国も安いと思ったんです。

もし、あれば、濃い目のブラウンのストッキングが欲しいな~、と思って、まずは、ロッテマート(スーパーです)の下着売り場に行ってみました。

そしたら、いわゆるパンティストッキングが、全然種類自体がないんです!タイツと、ショートストッキングは、多少ありましたが、日本とストッキングの数は全然違います。

バブルの時に、日本人はアメリカやヨーロッパに行っても、他のアジア人との違いは、ストッキングを履いているかどうかで、日本人かすぐにわかる、と言われていたことがあります。

他のアジアの女性は、あまりストッキングを履かないそうで、日本の女性は、白っぽい(明るめのベージュだと思うんですが)ストッキングを履いているそうです。

他の国の女性も、ストッキングは履いても、濃いめのブラウンとか、黒や模様が入っているとか、オシャレの一部として、履く、という話を聞いていたので、それを思い出しました。

もう、今の女性は、ストッキングを、プライベートで履く方は、かなり減りましたよね。みなさん、結構裸足で、パンプス履かれますね。

体を冷やしてはいけない推進委員長の私のとして、ストッキングでなくても、タイツでも靴下でもいいから、履きなさ~い!と思うんですが。。。

ストッキングの文化としては、日本がダントツですか。。

で、とりあえず、濃いブラウンのストッキングがあったので、買ってみました。

うん、悪くはないです。普段用として。色が濃い目なのも、とてもいいと思います。

(ほとんど色の種類がなくて、濃いめのブラウンが標準色のようでした。)

どこの国でも、もちろん日本でも、欧米の有名なメーカーの高っいパンティストッキングは、デパートに行けば売っていますが、普通に買える値段で、日本と同じ品質のストッキングは、なかなか買えるものではありません。

この値段で、この品質を提供できる日本って、やっぱりスゴイかも。。ストッキングは、もはや、やはり日本の文化かもしれません。

あんなね、ゾッキやサポートタイプとか、蒸れないとか、抗菌防臭とか、機能そのものも、いろいろあるのは、日本だけです。

次に、ブラとショーツを見てみようと思いました。

本命は、ロッテデパートですが、せっかくロッテマートのストッキング売り場の隣にあるんだからと、ひょこっと覗いてみました。

覗いてみて、気づいたんですが、ブラのカップが、A、B,Cカップしかありません。

それ以上のカップが、なんか探しましたけど、ないんですよね。

売り場の店員さんは、日本語はもちろん話せないんですが、韓国語で、ず~っと話ながら、人のサイズをいきなり測りだし、勝手にその辺のブラをあてだしました。

(勝手にあててるけど、全然サイズ合ってないし。。。)

ちょ~、ビックリです!日本では、まず考えられません。日本で、そんなこと、されたら、逃げちゃいますよね。

(もちろん、その後、逃げましたが。。)

後日、東大門に行った時に、下着屋さんで教えてくれましたが、韓国のブラは、Cカップまでしかないんですって!

知ってました?

私は、知りませんでした~!!それ以上、大きい方は、アンダーで調節なのかしら。。。カップの合っていないブラを無理にすると、おっぱいの形が変わりますから、おススメしません。

やっぱり、サイズの合ったブラをしないとね。

衣料でもなんでも、昔は、韓国製一色でしたね。

最近は、ベトナム製とかインド製も出てきましたが、縫製の得意な韓国で、ブラのサイズが3つしかないということは、それ以上の大きさは、ほとんどいらないって、ことですよね。

韓国の女性って、日本人よりも、少し小柄な印象がありますが(芸能人は別ですよ)、ちょっとカルチャーショックです。

あれだけ、整形天国の韓国でも、豊胸はしないって、ことですか?

おっぱい、どうでもいいんですかね。。?それとも、巨乳とか大き目はダメとかいう文化があるんでしょうか。。

(中国だか韓国だか、大きいおっぱいは、知的に見えないから、ダメ!みたいに言われている、と聞いたような聞いてないような。。)

日本では、結構豊胸って、美容外科では一般的です。同じクリニックでも、毎日あるわけではないでしょうが、ひと月には、何件かあるでしょう。

美容外科では、脂肪吸引と並んで、大きな手術の代表だと思いますし、力を入れているクリニックも多いと思います。

韓国は、顔と脚に主集中しているんでしょうか。。。

(ちょっと調べておきますね)

その後、ロッテデパートに行きましたが、1階のストッキング売り場(どこの国のデパートと同じような作りですね。)で、ストッキングを探していたら、勧めてくるのは、欧米の有名なメーカーのです。(日本で買うよりは安いと思います)

韓国製のはないのかな~、と思ってみていると、店員さんが、いきなり新品の商品を開けて、中から取り出して、触らせようとします!

新品でしょう~?このあと、それ、どうすんの。。。?

色がね~、もっと濃いほうが、とk適当に日本語で言っていると、またまた違う新品をどんどん開けていきます。

私が思っているような色は、タイツしか置いてなくて、最後には要りません、ってなりましたけど、その間に、何足も開けて、見本がないんですね、日本みたいに。

ホントに、それらは、その後、また戻して売るわけですか。。?

どこの売り場も、熱心と言おうか、自分の売上のことしか考えていないと言うか、つかまると離してくれないので、ちょっとずれて、少しずつ売り場を離れいくと、今度は次の縄張りの違うハイエナが待ってる、みたいに感じで、次から次へとハイエナが寄ってきます。

ちょっとタジタジです。。(たまたま。。?)

上の階の下着売り場は、ワコールとか日本のメーカーがありましたが、さすがにキレイに展示されていましたが、ロッテマートと1階の売り場のハイエナを思い出し、もう近寄るのを止めておきました。

やっぱり、下着は、日本が一番かな?

(他のアジアのデパートは、わりと買いやすくて、値段の安いし、商品もピンキリで良かったんですけどね。韓国は、そこまでゆっくり見れなかったです。)

欧米のレースのキレイな下着ブランドもいいですが、やっぱりワコールとかの女性のことを考えた、細かい気配りは、日本ならではだと思います。

蒸れない、とか、ワキをすっきり見せるとか、5歳年齢を若く見せるとか、そんなの、他の国にはありません。

ちなみに、ショーツは、全然見てません。

デパートのワコールとかのちゃんとした売り場は、日本と変わらない感じですが、ロッテマートとかの売り場のは、印象全然ないですね~。

スーパーにしても、日本のほうが、高いだけあって、品質・デザイン・機能とかは断トツかと思います。

ちょっと買い物の方向性を間違えたようです。

下着で買ったのは、結局ストッキングだけでした。

 

先日の朝の、「おはよう朝日です」(でしたっけ?)をご覧になった方いらっしゃいますか?

関西ローカルの話になりますが、「おはよう朝日」で、時々IKKOさんが出てきて、メイクやスキンケアのおススメを教えてくれたり、メイクレッスンされたりしてますよね。

私も、毎日「おはよう朝日」を見ているわけではないので、IKKOさんが、定期のレギュラーかどうかもわかっていないんですけど。

IKKOさん、お好きですか?

私は、結構好きなんですけどね。 もう50歳でしたっけ?

以前、IKKOさんのヌード写真(女性誌で、ありましたよね)を見たことがあって、かなりボディファンデーションも塗っておられるだろうし、、ライトもすごく調節されていると予想はされますが、とても綺麗な写真でしたね。

男性からは、評判は悪かったようですが、冷静に考えると、50歳のオッサンのヌード写真と思って観ると、こんなキレイなオッサン、いませんよ!

もちろん、ご本人は、オッサンとは思っていらっしゃらないだろうし、心は乙女なので、仕草や雰囲気で出てくるんだと思います。

俳優さんの演技と同じで、本人が強く思いこんで信じていたら、本当に乙女になるものです。

そういう意味では、DNA上、女性である私たちよりも、IKKOさんのほうが、より女性らしいのかもしれません。

誰よりも、キレイに見せることを考えておられると思うので、メイクアップアーティストとして、有名になられたのも、最もですよね。

IKKOさんの、メイク指導とかやり方は、「ほほ~」ということも多く、とてもタメになりますね。

でも、スキンケアはいただけません。

この日も、「固形石けんがお肌にいい」みたいな特集で、まさか、うちでも売っている150円の無添加石けんなんかは紹介しないだろうけど、と思って観てました。

(もちろん、紹介されていません。。。)

一番安くて、580円か480円の蜂蜜かなんかの石けんだったような。。。固形の石けんの高~いのを、いろいろご紹介されていました。

例えば、4200円だったか。。。(高っ!)これを、「けっこう、安いでしょう~?」って、おっしゃってました。

極めつけが、韓国製の毛穴掃除用の石けんで、毛穴掃除用と聞いただけで、韓国化粧品大好きのピーリング石けんか、と思って見ていたら、モデルさんの顔・首・デコルテに、泡をのせて、10分でしたっけ?15分でしたっけ?そのまま、泡パックされてました。。。。

「こうするのが、おススメなの~!」って、感じです。

ピーリング石けんを、そんなに長い時間のせておくなんて。。。(もちろん、顔全部です。)

その石けんの強さもわかりませんが、もちろん、これからの乾燥の季節、こんなの毎日やったら、絶対ダメです。

月1回くらいなら、大丈夫かもしれませんが、その方の肌質にもよりますから、一概に言えません。。

また、TVで、いいことだけ言って、煽ってるよ。。。。TVを見た方が、マネをされませんように。。。。

泡をしばらくのせて、やっと洗い流すのかと思いきや、なんと!!「毛穴専用ブラシ」とかいうものを取り出し、鼻だけでなく、ホホやおでこをそのブラシで、擦りだしました。。。。

ここは、洗車場か。。。

あ~あ~。。。どうか、皆さんがマネしませんように。。。

その後!洗い流すのかと思いきや!次なる必殺技は、「専用クロス」なるものを取り出し、その布で!顔を拭きはじめました。。。。まさに、洗車場です。。。

なんで、布で、拭く必要があるのでしょう。。

それは、その布を売りたいからでしょう。。それしか考えられない。。

ピーリングで、弱らせた肌をブラシと布で、擦り取る、という、私が一番患者さんにしてほしくないことの、オンパレードでした。。

そんだけしたら、そのピーリング石けんが、弱めでも、角質はがし取りまくりです。そりゃ、そんだけ角質無理やりめくったら、くすみは取れて、顔は明るくなるでしょう。。

(でも、TVですからね。照明で、いくらでも白くできます。また、すっぴん用にみせかけたメイクをされている場合もありますから、基本、TVは信じてはいけません。)

そのあと、イブサンローランのナイトクリームでしたっけ?皮膚に塗りこんでおられてました。。

塗りこむのも、止めてほしい。。。そこまで高いクリームなら、すっと塗るだけで、多分角質くらいには十分に浸透するでしょうに。塗りこむ必要はないでしょう。。

それに、このモデルさん、10代、せいぜい20歳前後では?サンローランのナイトクリーム、いらんし。。

若い子が、アンチエイジングラインの化粧品(40歳前後以上を前提に作られていると思うんですけど。。)を、背伸びして使うと、リッチ過ぎて、ニキビみたいなの、出てきますよ。

年齢に合ったものを使いましょうね。

またまた、それで終わりと思いきや!「アイスコロコロローラー」!ドラえもんの、悪バージョンかっていうの!

このとんでもない代物は、コロコロローラーの、ローラー部分に、水を入れるのか、もともと何か入っているのか、冷蔵庫(冷凍庫?)で冷やしておいて、そのナイトクリームを塗った上から、コロコロすると、冷たさに毛穴がキュっ!と閉じ込めてくれる代物だとか。。。

んな訳、あるかいっ!

湖の上に、氷が張って、閉じ込められるんじゃないんだから。。。

普通に考えましょうよ。。

冷たさに、毛穴が、一瞬キュッとなっても、どうせ、すぐに開くじゃないですか。だって、ずっと冷たいままのわけないんだから。。

何をしようと、たかが化粧品なんですから、薬じゃないんだから、本当の奥までいくわけないんですよ。

また、届く成分もあるかもしれませんが、化粧品の役割は、保湿なんですから、表面をカバーして、守ってくれればそれでいいんです。

そんなことより、顔をわけわからんことで、いじりまわさずに、さっさと保湿をして、寝てください。

そのほうが、よほど、お肌にも体にも、いいことづくめです。

関西ローカルで、まだされたから視聴者はそれほど多くはありませんが、これがゴールデンタイムの全国ネットだと思ったら、ゾッとします。

IKKOさんは、今の女性に影響力が強いんだから、こんな肝斑を引き起こすオンパレードを、勧めるようなことは止めてほしいです。

これを、本気で、TVで勧めていたら、肝斑製造マシーンみたいですね。いや、肝斑促進委員長ですか。

私は、自称、肝斑撲滅委員長なので、対立しますね!

もう~、こするなっちゅーのっ!

紹介された商品、全部、ホントにいいと思って、紹介されているんですかね?

ナイトクリームは、確かに悪いモノではないでしょうが(値段と、効果が見合ってるかは、別の話ですよ。もちろん、化粧品に、効果なんて、ありませんけどね。医薬部外品であれば、何か効果が書いてあるかもしれません。それでも、そんな大した効果ではありませんけどね。)、布にしろ、アイスローラーにしろ。。。

美容業界、お金をもらって、宣伝するという、広告契約というのは、山ほどあります。

医療の世界になってくると、化粧品ほどのはっきりした、お金のやり取りは、目立ってはないかもしれませんが、研究費とか、名目が代わって、というのはあるでしょう。その場合でも、化粧品の広告とは、ちょっと違うとは思うんですけどね。

でも、新聞の折り込み広告やあやしい雑誌の後ろの広告で、「医学博士」「医師 ○○ ○○」みたいについていて、開発に関わりました、みたいなあやしい広告もありますから、どの業界も、大差ないかもしれません。

まあ、何でも使ってみないと、長所も欠点もわかりませんが、肝斑作ってしまうと、後が大変ですから、何を買うにしても、こすったり、刺激したりするのは、止めておいてください。

肝斑撲滅委員長からのお願いです。

 

HPのサーバーが変わりました。

告知が遅れてしまいましたが、皆さんにご迷惑はおかけしませんでしたでしょうか?

パソコンにうとい私は、一体なにが起こっているのか、全く把握しておりませんが、業者さんのお話によると、診察中に、無事にお引越しが終わったそうです。

良かった。良かった♪

新しくケータイ用のHP(?)も作ってくださったそうで、モバイル版って、いうんでしょうか?

今まで、ケータイで検索してお電話をいただいていた方にとっては、見やすいのでは?と思います。

名前だけ検索されて、金額や、こちらがどういうクリニックかも知らずに、お電話いただいているのかな?みたいなことがありましたから、少しは確認していただきやすくなるはずです。

私のケータイは、スマホで、QRコードをどうやって読み取るのか、全くわからず、知人に教えでくれたんですが、QRコードを読み取るアプリをダウンロードしないといけないんですってね~。

高度すぎます。。。。

スマホで、QRコードを写真に撮ってみましたが、どこを押せば、前みたいにHPにつながるのかわからず、「誰かに教えてもらおう」と放っていたところでした。

よって、まだケータイ用の画面を見ておりません。。。

新しいブログとお知らせになって、ゆったりと見やすくなったと思います。

(これが、初描き下ろしです。うまく書けているのかしら。。?

今までのは、業者さんが、全部コピペしてくださいました。ものスゴイ量だったと思うんですが、ありがたいお話です。本当にありがとうございました。)

HPは、ますますパワーアップ!して登場しましすので、どうぞご期待ください!!

(そんなパワーアップしませんけどね。。)

TVをチラッと見ただけや、学会や日常生活で、ブログに書きたいことがたくさんあるのに、全然追いついていません。

処置中に、患者さんと先に話題にしてしまうことがあり、「ああ~、先にしゃべっちゃったよ~」と思いつつ、患者さんの反応を見ながら、「やっぱりアレ、おかしいやんね~!」と心の中で、大うけです。

その楽しさを皆さんに味わっていただきたいので、頑張ってアップしていきますね~。

日常診療をしているだけで、日々勉強です。

これは、皆さんに、気を付けてもらわなきゃ!と発見があると、TVの話題(美容とかね)は、ちょっと後回しです。

取り急ぎ、告知だけで、今日は終わらしていただきます。

これからも、あいこ皮フ科クリニックをよろしくお願いいたします。

 

先日のTVで、美ST(美STORYが名前を変えたそうです)の美魔女と呼ばれている方々の特集(?)がありましたね。

患者さんともかなり話が沸きました。

ご覧になっていました?

「美魔女」というのは、雑誌の美STが作った言葉みたいなんですが、40代前後の女性で、年齢よりも若く見えて、オシャレにキレイにしている女性のことを指すようです。

仕事しているとか、主婦業を頑張っているとか、それはどちらでもよくて、要は、キレイにオシャレであれば、いいみたいです。

「どや顔サミット」でしたっけ?(スミマセン、番組名覚えてません。。)で、美魔女の「どや?!」をテーマにされたようでした。

もちろん、読者モデルとは言っても、素人さんです。(TVや雑誌のお仕事をされている方もいらっしゃるようですが。「美魔女」としてのお仕事です)

皆さん、それぞれの美容法を公開されておられ、いや~、ビックリしました。。

素人っていうのは、ホントにろくでもない美容法ばっかりやってるんですね~。

でも、番組の構成上、インパクトのあることをやってくれ、と頼まれておられることもあるので、ホントに、紹介された美容法(?)を、実際毎日、ご本人がされているのかは、わかりません。

中には、番組から言われて、突拍子もないことを思いついて、急にやってるのかな~、と思わず思ってしまうくらい、おかしなことをされていました。

トップ美魔女の草間さんでしたっけ?

あの方は、そんなおかしなことされていませんでしたが、日の出前の5時から日焼け止め塗らんでも。。。とは、正直思いました。

何時に就寝されているのかわかりませんが(10時就寝なら、わかります)、睡眠時間を削ってまで、日焼け止めを塗る必要はありません。

でも、ご主人のお仕事の関係で、早く起きないといけないのかもしれませんね。

5時から日焼け止めを塗るのは、脱帽しますが、ちゃんと塗り直ししてるのかな?と思いました。

(番組では、それは言われないので)

5時に塗ったら、12時には、もう7時間たってますからね、環境にもよりますが、途中1~2回は塗り直し必要じゃないでしょうか。。?

草間さんと45歳の社長さんは、キレイでしたね。

30代は、自分の持って生まれた美貌と、ちょっとした努力で、結構キレイに保つ、ということは可能だと私は思います。

でも、40歳過ぎると、なんかしないと自分だけの努力では、キレイに保つ(同世代の人よりも)というのは、無理だと思います。

その「何か」ですが、高級エステ(安いエステではありませんよ。また、見せかけだけの高めエステでもありません。一般人はいけないような本当の高級エステです。)や美容皮膚科にお世話にならないと、どんどん、差が開いていきます。

45歳、50歳、とまた次のさらなる段階があります。

年齢が上がれば上がるほど、エステだけでは絶対無理で、医療の力が必要になります。

ある程度、自由になるお金があれば、それは可能です。

ちゃんとしたところに通うことで、おかしな自己流の間違ったお手入れをしなくて済むし、

(まあ、通っても人の意見を全然聞かずに、自己流を通して、ひどくなってから始めて聞く、という方も、うちでも、時々いらっしゃいます。せっかく通っているのに、聞く耳を持たないと、もったいないですね。

私のスキンケアのやり方が、世界中で絶対正しい!とは言いませんが、そこのクリニックと同じ考え・共感できるところに通わないと、そこの治療の効果は半減(以下かも)します。当たり前ですね。)

最低限度のことさえしておけば、自己流のわけわからんことに取られる莫大な時間が節約できるわけです。

その時間、家族や友人との時間に変えたり、それこそ読書や映画・おけいこ事などの自分磨きに回せるのにな~、と思います。

番組は、ツッコミどころ満載で、このブログを読んでいただいている方には、絶対マネをしていただきたくないことがいくつか、いや、いくつも!です。

まず、洗顔。

マネして温度測らなくていいですよ。もちろん、熱すぎるのも、冷たすぎるのもダメなので、ぬるま湯ですが、適温は、そんなの日によって違うでしょう。お天気も気温も違うわけですから。

次に、洗顔後、蒸しタオルで温めた後、氷水に15分でしたか?

いわゆる大阪弁の、「アホちゃう?」と思いました。凍傷(しもやけ)になったら、どうするんでしょうね~。

例えば、ひどいクマ(寝不足や血行が悪くてできた場合の分です)があって、温・冷刺激を繰り返す、というなら、まだわからんでもないですが、もちろん蒸しタオルは、熱過ぎるのは、皮脂をとりますから(特に、目の周りなんか、シワシワになりますよ)NGです。

冷刺激も、あれはやり過ぎです。せいぜい、冷たいタオルくらいで、やっても熱い・冷たい・熱い・と交互にするから刺激になるんであって、15分(5 分でも長いと思いますよ)も氷水に顔つけたら、その間の血行は、遮断され過ぎだし、その後、よけい毛穴開いちゃって、ダメでしょう~。

「寒いところの人って、肌キレイでしょう~」なんて、おっしゃってましたが、それは、紫外線量が少ないからです。氷水、全然関係ないです。。

冷やしてばっかりいたら、血行が悪くなりますから、昔の東北の子供みたいに、ほっぺた、真っ赤っかになっちゃいます。

(血行が悪いと体が判断して、毛細血管を増やすわけです)

素人の方の考えることって、ホントに恐ろしいです。。。

洗顔後の化粧水、1時間パッティングって、どんだけ暇やねん。。。私には、そんな時間はありませんね。。

私は、うちにお肌相談に来られた方全員に、パッティングは勧めていません。

やり過ぎなんですよね~、皆さん。(TVや雑誌が悪いんですけどね)

たたいても、入んないっちゅ=の! どんなバリア機能やねん、この人の肌は。。。

1時間も化粧水塗ってるなら、さっさとクリーム塗って、寝てください。そのほうがよっぽど保湿があります。

(IKKOさんは、化粧水大事なんて、言いますが、別に大事ではありません。病院で、アトピーや病気の乾燥肌性の湿疹の方に、病院用の保湿剤は出し ますが、化粧水なんて出しません。保湿で効くもので、そもそも存在すらしません。普通、クリームやワセリン基剤っぽいべたべたしたヤツです。

ローションタイプもありますが、まあ、夏用ですね。化粧水みたいなローションも、病院の薬でありますが、全然役に立ちません。それでいける、という方は、市販の化粧品で十分です。

私も化粧水は塗りますが、気持ちいいから塗ってるだけで、切れて買い置きがなかったら、その間、塗ってません。直接乳液や美容液・場合によったら、クリームだけ塗ります。)

化粧水1時間塗っていた方ですが、照明が暗いからわかりにくかったですが、ほっぺった、肝斑ぽいような気がしました。なんか茶色いくすんだようなものが見えたから。

まあ、はっきりと見えないようにされていたので、わかりませんが、もし毎日、1時間(朝もしたら2時間ですか?!)パッティングしてたら、そりゃ、肝斑もできるでしょう~。

顔筋体操、1日2時間でしたっけ?

またまた、「アホちゃう~」です。

いまだにまだ、顔筋体操をしてる方がいるとは!(「ためしてガッテン!」を見ましょう!)

そんなことしてるから、顔がシワっぽいんですよ~。自分でシワを増やしてどうしますか。

ご存知の方も多いと思いますが、医療では、シワを取ったり、抑えるのに、ボトックス注射というのを使います。

これは、筋肉の動きを止めるものです。顔筋体操とは、真逆のことをします。

(動かすから、シワになるわけです。)

そのうえ、出かける時に、あやしすぎる恰好(大きな白いマスク・サンバイザーを顔と並行に倒して、顔隠し・大きな黒い日傘に、黒い手袋・黒のレギンス?でしたっけ?)で、近所の笑いモノです。。。。

(もちろん、番組の中でも、思いっきりバカにされていらっしゃいました。。)

それだけ、笑いモノになっているというのに、その恰好は、全く意味ないです。。。うう。。かわいそう。。

まず、白いマスク。こんなもので、紫外線は、防げません。白や明るい色は、紫外線をバンバン通します。

忍者みたいに、完全に黒い布で顔を隠すか、銀行強盗の黒い目だけ開いたマスクですね、するなら。

また、サンバイザーを、鉄鋼とかの溶接のマスクみたいにつけたところで、横の隙間から、紫外線は入りまくりです。

日傘も同様です。。

日焼け止めを塗って、それらをまだ足す、というなら、まあ好きにしたら、という感じですが、もし日焼け止めも塗らずに、あんな恰好してたら、ただの笑いモノです。。

(番組では、この方は日焼け止めの話をされていないので、わかりません。)

ちゃんと日焼け止めさえ塗っていれば、近所の笑いモノになることもなく、オシャレも楽しめるというのに。。。自己流って、ホント、おそろしいですね。。

変な方もキレイな方も、みなさん、共通してあったのが、法令線の外側の、シワです。

あれはね、医療でも、なかなか取れないんですけどね。

口角をずっと皆さん、上げていらっしゃいます。

口角をクセで上げている方に多いんですが(こういう方は、20代から訓練されていて、今さらもう直せないんですよね。)、口角を上げると、そこの筋 肉を必ず使いますから、筋肉が使われたシワが出ます。口角を上げてる限り、そのシワは出たままで、下げても、ずっと溝を作ってしまっていたので、今さら溝 は消えません。

(お札も、折っちゃうと、シワシワになって、戻りませんよね。そんな感じです。

子供の皮膚は、まだ弾力性があって、コラーゲンもたっぷりありますから、ちゃんと溝はシワにならずに戻りますけどね。大人は無理ですね。やればやるほど、深くなるだけです。)

確かに、口角が上がっている、って大事なことですね。自然に上がっていたら、一番いいんですけどね。40歳過ぎたら、なかなか無理ですよね~。

美容外科でフェイスリフトを思いっきりやって、ボトックスも足したら、いけるかな~。

スッゴイ人工的なマネキンみたいな、人間離れした顔になりますけどね。

TVでも時々見るでしょう?全然顔の表情が動かない女の人。あんな感じです。

心から笑ってないのに、口角だけ上げてるから、よけいそこだけ目立つんですよね~。

笑顔の多い、素敵な女性って、周りにいませんか?顔中で、微笑っておられるような。

そういう方は、顔中の筋肉で笑っておられるから、少々シワはあるかもしれませんが、とてもいいシワで、素敵なんですよね。とても優しい雰囲気があって、なによりとても自然で、思わず引き込まれるような笑顔ですよね。

ボトックスも私も好きだし、自分にもしてますが、ほどほどにしてます。

なにより、自然に見えるのが一番だと思います。

あとは、肌を少しでもキレイに見えるように、若々しく保てるように、正しいお手入れをする、と。

番組の趣旨は、なんか美魔女をほぼ全員でバカにしてるような感じでした。

ダンナさんを放っておいて、よその男性と付き合うとか、恋をしたいとか、1日の中で、3~4時間以上も自分の美容のためだめに時間を使っている奥さんを見ると、TVを見ていた男性は、ドン引きのことと思います。

自分の奥さんが、もしそうだったら、ほとんどの男性がイヤだろうな~、と思います。

(番組の編集かもしれませんが、誰ひとり、ダンナさんと仲良しで幸せです?みたいな方は、いらっしゃいませんでしたね)

TVを見ていた女性は、どう思って観ておられたんでしょうね。

私と患者さん方々との盛り上がり方は、お笑い系で、決して「うらやましい」という種類ではありませんでした。

皆さんは、いかがでしたか?

前に6月のジューンブライドキャンペーンを行った時に、ブライダル用のプランは、定期メニューに加えたほうがいいかな、ということを申し上げておりました。

確かに、ジューンブライドって、結婚式シーズンかもしれませんが、日本は梅雨真っ盛りで、6月に結婚式を挙げることにこだわる方も、昔ほどは多くないような印象です。

季節問わず、結婚式はもちろんありますし、結婚式前に、受診されて、式までにキレイになりたい方って、毎月いらっしゃいます。

そこで、今回、正式に、定期メニューに組み込むことにしました。

内容は、6月のキャンペーンとほぼ同様です。

決定的に違うのは、式を挙げられるご本人のみで、ご家族やお友達は、対象外です。

顔中心で治療される方と、顔・デコルテ・背中・首(アゴ下も)などのケアもされたい方って、結構多いです。

結婚式前は、何かと物入りだと思います。

新しい生活のことも考えると、お金はいくらあっても足りませんね。

かといって、結婚式は、一生に1回のことですから(最近は、違うこともありますが)、写真やビデオになって一生残るため、キレイに残しておきたいのも、女心ですよね。

式のどれくらい前に来られるかでも違いますが、早ければ早いほど、いいと思います。

何をするにしても、しないにしても、計画をたてること(お金も含めて)が一番大切です。

どこまでキレイになりたいかにもよりますが、例えばボトックスやヒアルロン酸・レディエッセの注入系は、式1週間前とかにはススメマセンし、せめて1か月以上空けてるほうが、自然でいいと思います。

光・レーザー治療も、1回で劇的に効くわけではありませんので、どうしても回数はいるでしょう。

1か月前に、とりあえずできることをする、というのも一つの手ですが、エステ受けてるよりは、光レーザー治療のほうが、そりゃ効果はありますが、シミがあるとか、肝斑があるとか、シワ・タルミをある程度改善したい、というのも、時間と回数がかかります。

(もちろん、お金も。)

お肌が健康な方であれば、注入の注射以外は、1か月切っても、何かできることがあります。

(それでも、全く初めての治療を、1週間前にする、というのは、勧めませんけどね。タイタンくらいなら、いいと思います。

以前に、ライムライトやジェネシスをやったことがあれば、1週間前でも大丈夫だとは思います。

でも、2週間前までに、済ませておくほうが無難でしょうね~、万が一のことがあれば、困りますから。)

でも、アトピーがベースにあるとか、アトピーまでいかなくても、敏感肌や合う化粧品がなかなか見つからない、という方、直前にエステや新しい化粧品を使う、というのはおススメしません。

実際、直前にそういうことがあって、かぶれることがあるからです。絶対かぶれない!なんて、保障ありませんからね。病院でもうらう薬でさえも、合う合わない、はあります

かぶれても、すぐに皮膚科に受診できればいいほうですが、(受診したからといって、一瞬で治るわけではありません。)式直前って、どんどん忙しくなることが多いと思います。

そんな時に、かぶれて皮膚科に行ってる時間が、なかなか見つからなかったり、また直前にかぶれたことへの、ストレスって、結構キツイと思います。

そういう意味では、お肌の弱めの方が、肌に塗る系のことを新しくされるなら、最低もで、式の1か月前でないと、難しいと思います。

何をどうされたいのかによっても、全然違いますから、何かされておきたい方は、早めにご相談ください。

慌てて、くれぐれも悪徳な美容外科・美容皮膚科に騙されませんように。

口でうまくいわれても、口だけのことも圧倒的に多いです。

また、こういう美容医療を、魔法かなにかみたいに思っている方もまだまだいらっしゃって、シンデレラにはいきなりなれません。

過度な期待は、詐欺まがいの医療に、それこそひっかかりますから、自分でちゃんと見極めないと!

あと、直前であっても、バランスの良い食事・睡眠・スキンケアなどもとても重要です。

他力本願はいつであっても、あとでしっぺ返しをくらうだけです。

努力をご自分でもされた方には、素晴らしいお肌が待っていますよ~。

ボトックスの続きです。

学会や雑誌でも話題のボトックスリフト、好きな先生は好きだと思います。

ボトックスを筋肉に注射すると、そこの筋肉が弛緩して、動かそうと思っても、あまり動いてくれなくなります。

顔の筋肉というのは、かなり複雑で、ものすごくたくさんの筋肉が、それぞれくっついていたり、反対側同士で、ひっぱりあったりと、からみあっているようなイメージと思っていただければいいかと思います。

体とは、筋肉の構造って、いっても、全然違うわけです。

ボトックスリフトは、お互い、引っ張り合っている筋肉の、一部に注射すると、注射したところは、引っ張れなくなるわけですから、その反対側は引っ張りつづけるので、リフトする仕組みです。

どこをどう上げたいのか、リフトしたいのかで、打つ場所が変わったりします。

適当に打てばいい、というものではなく、解剖を熟知していないと、思わぬ方向に引っ張られたりするわけです。

これをすると、数日で効果が出て来ますので(個人差はありますよ)、フェイスリフトの手術のことを思えば、お手軽で簡単だから、注目されているんでしょう。

また、手術ができない医師でも、解剖がわかっていれば、どこのクリニックでも、始めることは可能ですから、医師免許があれば、手に入れることは可能です。

今回の勉強会でも、症例写真が出てましたが、ボトックスリフト、当たり前ですが、たくさん注射します。

何十か所と針をさしていくわけです。

(これは、メソボトックスも同じです。Tゾーンの皮脂を抑えるとかで使います。)

もちろん、痛いし、(塗る麻酔をしてもらう方法もありますが、ちょっとマシかな。。?)その後、出血や腫れは、多少出ます。全くゼロではありません。

で、ここで最大の注意点ですが、ボトックスリフトは、本当に原理が理解されている医師でないと、絶対勧めません!

その場ですぐに効果を確認できないことがほとんどだし、マニュアルが教科書とかで、すごく出回っているわけではないです。

ドクターによって、全くやり方が違うこともあるので、本当にちゃんとしたところでないと、エライことになると思います。

(エライことにならなくても、全然効果ないとかね。。)

基本、私は、ダウンタイムのある治療がキライです。

でも、ホクロを炭酸ガスレーザーで削るからテープを貼るとか、ボトックス(シワや汗やエラ治療で)やレディエッセを注入する時の、腫れ内出血の可能性とか、これはもう仕方のないことだし、他に代わる治療がないので、これは当院でも行います。

レディエッセやヒアルロン酸・ボトックス(顔のシワやエラの場合)は、そんなに、何十か所も針を刺すわけではないんで、腫れ・内出血が出たとしても、たかが知れてますからね。

(すっごい大事な用事の前には、あまり勧めてませんけどね。)

ボトックスリフトのビフォーアフターの写真を、いろんなところで見ましたが、もちろん、むちゃくちゃ上がるわけではないです。

一部分とかなら、ありだと思います。

タルミ具合や、施術方法でも、差はあるんでしょうけどね。

でも、たまたま見たモノにもよるのかもしれませんが、ホホのそんなものくらいのリフトアップでよければ、うちのタイタンのほうが、ずっといいやん、と思ったのが正直な気持ちです。

うちのタイタンは、むくんでいない方は、即座にはわかりにくいですが、たいていの方は、個人差はありますが、むくんでます。(病気のむくみではないです。生理的なモノで、誰にでも多かれ少なかれあります。)

タイタンをすると、むくみは即座に取れますから、直後に、スッとした小顔効果があります。

まあ、これはタイタンのホントのコラーゲンの引き締めとコラーゲンの増生ではないので、ホントのタイタンの効果は、これからゆっくりと本領発揮なんですが。

タイタンは、私のキライなダウンタイムも起こさないし、お化粧もすぐできて全く問題ないし、それになによりたるんだ皮膚のタイトニングと自分のコラーゲンを増やしてくれるわけですから、少し前の自分に若返るような印象です。しかも自然です。(手術や注射じゃないので。)

ボトックスを注射しても、性質上、必ず効果が切れる日が来ます。早い方で、2~3か月、持っても半年でしょう。その間、コラーゲンが増えて、根本的な若返りができるわけでもなく、まさに、プチ整形と言われるわけです。

光・レーザー治療は、プチ整形ではなく、医療で行うスキンケアですから、根本的な治療だと私は思ってます。

そして、何より、ボトックスリフトは、できるクリニックがまだまだ限られているため、とても高額です。。。ボトックスもわりと量使いますし、施術に時間もかかりますからね。

同じ金額で、タイタンが何回できますか?というくらいのお値段は、普通すると思います。

(うちのタイタンは、1回¥52,500ですが、お値段はクリニックによって違います。もちろん、やり方も効果も。)

美容外科系のドクターは、わりとボトックスリフト、お好きだと思います。

一度どんなのか試してみたい方は、長所と欠点を、よく確認された上で、やってみる、というのはアリだと思います。

でも、ボトックスリフトを繰り返すくらいなら、光・レーザー治療に、お金をかけるほうが、私はいいと思いますけどね~。

たるみが気になる方は、タルミ具合にもよりますが、一度当院のタイタンをお試しください。

カウンセの時に、詳しくは説明しますが、私は、いいと思って、自信のある治療です。

 

うちには、あまりそういう患者さんは来られませんが、美容手術とプチ整形の注射ばかりされている方で、スキンケアや光・レーザー治療は、全く興味のない方、というのがいらっしゃいます。

まあ、お肌の汚いこと、汚いこと。肌のツヤはなくて、シミだらけで、手術や注射で、シワやタルミのよくなるところは決まってますから、できないところはチリメンジワと小ジワだらけで、すっごい変!です。

タルミやシワは、全然ないのに、なんか老けて見える(肌が汚いから)、という方の中に、そういう方が混ざってることが多いと思いますよ。

(いちいちそう感じた方全て、ご本人に確認したわけではありませんから、確かではありませんが、患者として受診されると、今までの経過をお聞きするので、やっぱり。。と思うことがとても多いです。)

ホントの美肌や若返りを求めておられるなら、手術や注射もいいんですが、スキンケアと光・レーザー治療は、必須項目です!!

併用ですね~。

まあ、こればっかりは、個人の価値観なので、どうしようもありませんけれど。

レーザー治療、やったところで、手術。プチ整形派の方は、スキンケアを続けることも、始めることもされませんからね。

スキンケアや光・レーザー治療に向いていない、他力本願派、という方は、もう仕方ないです。

その方の人生ですから、ご自分で決めるしかありませんが、ダイエットと同じで、頑張った方ほど、いい結果が待っているということです。

(もちろん、間違っダイエット法は、ダメですよ。こういうところも、スキンケアと全く同じですね。)

 

ボトックス®って、これはアラガン社の製剤だけを言うので、もう一般的に、ボツリヌストキシンの治療を、なんでもかんでもボトックス®って、呼んだらいけないんですけどね。

まあ、うちは、アラガン社を使っているので、よし、とされてください。

当院は、施術メニューに加えませんでしたが、他院で、今年の春、花粉症のボトックス®治療をしているクリニックが、いくつかあったと思います。

患者さん数人からも聞かれました。

私も、やり方は知っていますし、やろうと思えばできますが、メニューには加えませんでした。

何故かというと、一体料金をいくらにしていいか、わからなかったからです。

ボトックス®を使う以上、量もそれなりには要りますし、結構なお値段を使わないといけません。

保険から考えたら、ビックリするようなお値段です。

毎日忘れずに飲む煩わしさからは解放されますが、はたしてそれだけのお金をかけてまでやりたいのか?と、私は思います。

薬は眠くなるから、という方、保険も新しい薬が出てますから、昔よりは、かなりいろんな面で、マシになったと思います。

(新しい薬は、保険でも、ちょっと高くなりますけどね。)

高額でもいいからやって欲しい!という方が出てきたら、まあ、考えようか、くらいで、当院では取り扱いなしにしてました。

先日の日曜日、東京で、キュテラ社の勉強会があったんです。

東京日帰りです。ちょっと疲れました。

大阪でもされるんですが、内容は変わるし、(規模も違う?)やっぱり大阪にはいらっしゃらない先生の御講演や新製品の案内など、東京のほうが、大事なんですよね~。

せっかくクリニックも休みなので、行って参りました。

日本医科大学の佐藤先生のボツリヌストキシンのご発表があり、大変タメになりました。

(全然時間が足りず、もっとお話を聞きたかったです)

その中で、花粉症のボトックス®治療の注意をおっしゃってました。

(ボトックス®だけの注意ではなく、ボツリヌストキシン全てについての注意です)

花粉症に治療に使う場合、鼻の奥に、この薬剤を垂らします。

やはり、いくらかは、喉の奥に流れていきます(患者さんが感じなくても)。

喉の奥(喉の後ろ側の壁側)には、リンパ濾胞という、免疫の塊があります。

このリンパ濾胞に、薬剤がついちゃうと、抗体ができてしまう確率を上げてしまうわけです。

抗体というのは、耐性と思っていただければ。

一度できてしまった抗体は、一生消えないと言われてます。

(昔に、2~3年で消える、と聞いたこともありましたが、ホントかどうかもわからない、と言われてました。消えない、と思っておくほうがいいと思います。)

この抗体ができちゃうと、どこに注射しようが、全く効きません。

シワもエラも汗も、全滅です。

「花粉症は治っても、その後、ボトックス®効かなくなっちゃいますよ。」とおっしゃってました。

このブログを読まれた方は、とりあえず花粉症に使うのは、お止めください。

ボツリヌストキシンは、それでないと無理!っていうところにだけ、私は、使ったほうがいいと思ってます。

花粉症は、保険の薬で、いいでしょう~。

花粉症ボトックス®を取り扱っているクリニックの大半が知らずにやっていることと思います。

知ってても、お金もらえるなら、と副作用は黙っていて、やるクリニックもあるかもしれません。

患者さんに、抗体が出来てても、そうところは自分たちには関係ないですからね。

ボツリヌストキシンって、うまく使えば、いろんな可能性を秘めている素晴らしい薬剤なんですが、他ので充分いけるなら、わざわざ使わなくても、と思ってます。(たくさんやって、抗体できても、困りますからね。)

最近のメソボトックス(ボトックスリフト)もそうなんですが、うちでは多分やりません。

だって、タイタンでいいやん、そっちのほうがいいやん、と思っているからです。

詳しいお話は、次回に。→

 

 

肝斑やシミでお悩みの方って、皆さんが思われるより、かなりたくさんいらっしゃいます。

エステや他院で、わけわからんことされて悪化して、駆け込んでこられる方、自己流でやっていてもどんどんひどくなるから心配になってきました、と言う方、来られるきっかけは、人様々です。

皆さん、ものすごく悩んでこられるので、良くなるなら頑張ります!と、適応があって、カウンセに納得されれば、その日から治療を開始される方がほとんどです。

ほとんどの方が、1回で顔は少し明るくなって肝斑が薄くなります。

この「少し」というのは、かなり個人差があります。

あれ?良くなってませんか?やっぱり?!そうですよね~!というレベルの方もいらっしゃれば、むっちゃ効いている~!という方まで。

何故これほど差が出るかというと、肌質や薬や光との相性というのもありますが、それよりも患者さんご自身がどこまでスキンケアを頑張るか、にかかっているわけです。

(今までが、あまりにもひどかった方の場合、お肌に悪いことを止めるだけでも、良くなる方もいらっしゃいますが。)

ブログでも、もちろんカウンセでも何度も言っていることですが、早く良くしたければ、スキンケアを頑張ることです。

このスキンケアは、エステにいけ、とかマッサージしろとかパックや高い化粧品を買え、とかそんなことではありません。

当院に来られた肝斑の方には、TV・雑誌・エステから得たスキンケアの情報やお手入れのやり方を、一切止めるように申し上げてます。(「ためしてガッテン!」は、今のところ、信じていいですよ

おうちでやっていただくことは、「こすらない」(具体的なことはカウンセリングで申し上げている通りです)「日焼け止めを塗る(塗り直しをする)」「保湿」の3点です。

初診時に、「日焼け止めを頑張る!」と言って帰られた方も、まあ、人間そんなにすぐに変われるものではないので、少しずつでも塗る回数を増やされたらいいと思うんですが、そうしている間に、少しシミが薄くなってきますから、メンドクサイことはあまりやらなくなる方がいらっしゃいます。

肝斑治療もシミ治療も、ずっと続けないといけなわけではなく、その方によって目標地点が違うわけですから、お好きなところで、お休みされればいいと思うんです。

可能な限り、しみゼロの完璧を目指される方から、化粧で少しでいいから隠しやすくなればいい、という方まで、ホントに様々です。これは、価値観の違いですから、違って当たり前です。

実際、みなさん、お好きなところでお休みされます。

お休みされる前に、ご相談される方、あるいは、肝斑落ち着いたから、違う治療(シミ以外に、これも気になると最初に言われ、次にやります、と言われていた場合など)を私の方からお勧めする方、 突然来られなくなってお休みされている方、様々です。

最初のカウンセで、ライムライトはお休みしても、薬は、いきなり止めるのではなく、ゆっくり減量してくださいね、最終ゼロを目指していきます、とお話してます。

クリニックでの治療を全て止めても、スキンケアを頑張っていたら、効果の持ちと老化のスピードが全然違うから、次に気になってくるまでの時間がかなり稼げます。だから、スキンケアは、ずっと続けてくださいね、というようなお話は、何故そういうことが大事なのか、ということまで含めて、全員の方にお話しているんですが、やはり来なくなると、そういうことは忘れる方がいらっしゃるようで。。。

休止をご相談された方や、こちらからお伝えした方は、その時に、もう一度注意点をお伝えするので、ほとんどの方が大丈夫だし、違う治療に変更される方は、クリニックには来られているわけなので、経過も、ちょっとした変化も、私も気付くので、より大丈夫なんですが、問題は、ご自分で急に止められる場合です。

ちゃんと覚えておられてて、(カウンセリングだけでなく、治療の注意事項は、ご自宅でも見れるように、もちろんお渡ししています。)それを守っておられる方は、まあ大丈夫です。ご心配いりません。

ただ、そういう方は、薬は切れてしまいますので、お薬だけまだしばらく続けるために、診察に来られるから、全くクリニックに来られていないわけではないわけです。

でも、いきなり薬も止める(切れたまま放っておく)、日焼け止めも塗っていない、(ひどい人で、マッサージや擦ることをまた始める方がいます)となると、肝斑やシミがすぐに出てくるのは当たり前です。

肌を明るくするには、新しくできるシミを少しでも減らす(INを減らす)、出来たシミを少しでも追い出す(OUTを増やす)、これがどんどん進めば、どんどん白くなるわけです。

トラネキサム酸は、肝斑のシミを抑えるだけでなく、日焼けでできるシミ・そばかすを少し抑えてくれますから、紫外線の強い季節だけ飲む、という方もいらっしゃるくらいで、良くなってきたからトラネキサム酸、そろそろ減らそうかな~、と思っても、紫外線の強い夏の間やこれから強くなっていく春とかは、私もかなり慎重になります。秋まで待つこともよくあります。

それなのに、いきなり夏真っ盛りで、薬を止めて、日焼け止めもサボっていたら、追い出してくれるライムライトもしていないわけで、ひどくなるのは当たり前なんですね~。

忙しくて行く暇のない方が、薬が切れてしまうのは仕方ありませんが、その間、スキンケア(特に日焼け止めの塗り直し)を頑張っていれば、間が空いてしまったわりに、それほどひどくはなっておられません。

前回と全く同じ状態ではないでしょうが、まあまあそんなに変わらないことも、肌質によってはあります。

薬が、すごく効く方って、中にはいらっしゃいますが、私の印象としては、薬だけで劇的に効く方というのは、1割もいるかな、という感じです。

肝斑治療をする上で、トラネキサム酸は、とても大事な役割を果たしているとは思いますが、薬にだけ頼ったところで、それほどの効果は上がりません。

スキンケアをちゃんとやっているのであれば、少々薬が切れても、(いずれゼロにするわけですから)、肝斑のコントロールが効いていれば、少々なら大丈夫なことのほうが多いんですが、やはり中には、薬が切れて(いきなり止めて)、肝斑がぶり返した、という方がいらっしゃいます。

その中には、スキンケアはちゃんとやっている方(と、ご本人はおっしゃいますが、真実は確認できないので、わかりません)と、全然やっていない方と、分かれてくるんですね。

本当に、スキンケアをちゃんとやっているのに、薬が切れて、しばらくすると悪化する、と言う方は、早目にクリニックに来ていただいて、今後どうするか一緒に考えましょう。

(再発するからと言って、ずっと薬だけ飲み続ける、というのは、私は、勧めていません。)

でも、スキンケアも何もしていない、という方、肝斑をなめてはいけません。

クリニックも自分の努力も全て止める、というのは、やめておきましょう。

せめて、何かは続けて、様子を見て、ゆっくり減らすとか。。

薬を取りに来られても、診察はあるわけなので、その時に、スキンケアの確認も、お肌の調子も確認させていただけます。

もう、そういうのがメンドクサイし、うっとうしい、という方、肝斑治療(シミや他の美容皮膚科の治療全般ですが)そのものが向いていません。

肝斑治療をされている方で、ごくたまに、3~4か月経っても日焼け止めを1日1回しか(よくて、2回。真夏の話です。ひどい方で、家の中では塗らないという方もいました。)塗らない方がいらっしゃって、毎回日焼け止めの塗り直しをするように言いますが、あまり実行されていません。

そのため、良くなるペースが遅いのは当たり前です。

(時々、とてもお金持ちで、自分でできるペースでいいから、やれる範囲でいいので、のんびりやる、という方がいらっしゃって、日焼け止めもマイペースです。その分、早くには良くなりませんし、回数がいる分、お金もかかってきます。その方がそれでいいなら、しないよりはマシですから、まあ、少しずつでもヤル気があるなら、治療も継続させていただいています。)

私は、その方のことを、お金持ちなんだな~、と思ってました。

3回されたら、肝斑治療は、¥94.500です。

私は、もったいないとすごく思いますが、お金の価値感は人それぞれですから、ご本人がそれでいいなら、それでいいけど・・、と思ってました。

まあ、それでも一番最初よりは、良くなっているわけですから。

4回目か5回目の後に、2か月ちょっと来られませんでした。

皆さん、お忙しかったりされるので、そういうこともあります。

薬が切れてるのは気になりましたが、受診は強制ではありませんから、どうもできません。

で、来られた時に、案の定、肝斑やシミがやや濃くなってるわけです。(そりゃ、そうです。)

でも、ご本人が選ばれたことですから、仕方ありません。

「ちょっと濃くなっちゃいましたね~。」(私)

そしたら、「肝斑って、時間かかるんですね。お金もかかるし。」と。

??? なんじゃそりゃ~??ですっ!!

あれほど、言ってたんや~ん!!

こういう方って、何度説明しても、確かに無駄なんですけどね。

でも、かといって、説明しないわけにはいきませんので、また、いつもと同じ説明を一からするわけです。

わかってやってるなら、ご本人の心がけ次第で、いくらでも良くなりますが、理解せずやっておられる方は、なんで治療受けたの??という感じです。

もちろん、初診カウンセリングの時、1時間以上もかけて説明して、頑張る、と言われたので、お引き受けしたんですけどね。。(言われた以上、疑うわけにもいきませんからね。)

時々、すっごい虚しくなることもありますが、まあ、こういう方は、ごくごく一部で、お一人お二人って、ところでしょうか。。

ホントに日焼け止めを塗らずに、いつまで経っても他力本願を夢見ている方は、私のほうからお断わりしてますからね~。

当院の治療が、よく効いているのは、患者さんご自身が頑張っておられるからです。

魔法みたいなことなんて、ないんですよ~。

クリニックの力で、ほんの一時(ホントの一時です!)良くなっても、そんな魔法は、すぐに醒めてしまいます。

とりあえずは、カウンセでの注意事項・お渡ししている説明書を、ちょっと読み返して、守ってみましょう。

それが、お金をかけずに、早く良くする方法です。

苦労もせずに肝斑が良くなるのであれば、誰も苦労はしません。

学会でも、肝斑治療は、話題にもならないわけだし、そんな簡単なら、どこのクリニックでもやるでしょう。

ホントにダイエットの同じですね。

話を聞いて、効いた気がするんですよね~。

実践しないと、結局効きませんよね。それと同じです。

 

 

 

 

 

1 / 3123