プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近投稿した写真

ホーム > 2012年04月



イオン導入の効果・効能についてですが、やはりこれも過度な期待は禁物です。

何の目的で、イオン導入するのか、にもよりますが、例えば、普通のシミ・そばかすの場合、イオン導入は、治療の第一選択ではありません。

シミ・そばかすの相談を、クリニックに受診して、イオン導入を勧められれば、全くのウソではないですが、それ、どれくらいの間隔で通って、何回通えってことですか?と聞きたい。

おそらく、そのクリニックには、フォトなどの光治療機やレーザー機器を置いていないんでしょう。

 

レーザー機器というのは、高いですからね。どこのクリニックでも気軽に揃えるということはできませんし、また買ったとしてもすぐに使いこなすこともできません。

業者の言うままに、マニュアル通りに使っても、あんまり効かないわけです。その機器で、何をどう治療していきたいのか、それによっても、設定の仕方は、全く変わってきます。知識と経験がムチャクチャ大切なんですよね~。

 

でも、レーザー機器がない場合、イオン導入器(これは、それほど高くないので)と飲み薬や塗り薬とで様子を見ましょう、と言うしかありません。効く効かないに関わらず、だって、そこには、その治療しかないわけですから。

良心的なクリニックだと、できる限界や、どれくらいの時間をかけても、これくらいしか無理ですよ、難しいですよ、と言ってくれるでしょうが、言ってくれないクリニックのほうが多いと思います。そして、悪徳クリニックだと、イオン導入で、わりと効くようなことを言うので、またタチが悪い。

(イオン導入だと、ナースでなくても、エステティシャンがやってもいいですし、やるのに、国家資格はいりません。ドクターの手を煩わせることなく、お金をもらえるわけです。患者さんがやる気になったら、って、やる気になるように、カウンセしてるんでしょうが、止めることはないでしょう。だって、クリニックは儲かるわけですから。)

それを信じる患者さんが、イオン導入だけを、期待を持ってやり続けるからです。

 

普通のシミ・そばかすの場合、私の第一選択は、ライムライト®という光治療機です。いわゆるフォトというやつです。(フォトブライト治療と、このメーカーでは言います。)

うちには、Qスイッチレーザーを置いていないので、フォトを使います。(私は、ダウンタイムの出る治療があまり好きではないので)

患者さんが、ライムライト®をした上で、イオン導入を追加するのは、とてもいいと思いますが、例えば、月々に使える予算が限られてる方に、イオン導入は勧めません。

だって何回かしたら(うちであれば、トラネキサム酸のイオン導入を5回したら、ライムライト®1回分になります)、フォトを同じ値段になりますし、仮に5回したとしても、シミを取る・薄くするという目的であれば、ライムライト®1回分の効果にも、イオン導入は値しません。

それだったら、その分のお金をライムライト®に回したほうが絶対私はいいと思います。

 

以前勤めていたクリニックで、イオン導入(この方はビタミンCでした。ここのクリニックでは、ビタミンCのイオン導入が一番安かったから)を週1回~2週間に1回くらいのペースで、私がクリニックに入った時点でも、もうずっと何年も通っておられました。

スタッフ内では、それだけの回数をするなら(何百回という数をやってこられてたので)、その分を、フォトやレーザーに回せばいいのに、と少しおバカ扱いされていました。

それだけの数をやっていたら、十分、光・レーザー治療に回すお金は十分にあるわけです。金額としたら、月1回は無理でも、3~5回ほどやって、数か月~半年休む、くらいのことはできたましたから。

お金を一度に使うのは抵抗があり、結局無駄使いして、効果が悪いものに使ってる、という感じで、バカにされてるような感じでした。

でも、ある日、何年もいるスタッフが気づいたんですが、光レーザー治療をしていない割に、その患者さんのお肌は、きれいじゃない?。。。そう言えば。。。みたいになって、イオン導入もそれだけの数をやれば効くんだね~、という話になりました。

学会誌の論文でも、昔読んだことがありますが、イオン導入の効果・効能を検討したものです。

へ~、結構いいんだ(あまり効かない、と思っていた割には)と思いましたが、そこまでするには、かなりの短いスパンで通って、3か月とか半年とか1年とかやっていくわけです。

「チリも積もれば、山となる」

まさに、それです。

普通のシミ・そばかすに関しては、私はイオン導入は、「チリ」だと思います。シミを消すためにするのではなく、美肌治療を助けてくれる、補助的な役割であったり、お肌にいい成分(トラネキサム酸であったり、プラセンタであり)を、ほんとの奥まで届けて、まあ、クリニックで、濃い美容液を浸透させてもらうと考えて下さい。そんな感じだと思います。

そりゃ、お金があったら、足したら、いいと思いますが、お金がないときに、第一選択にするのは、「ずれてる」と私は思います。

「チリ」を「山」にしようと思ったら、それこそ、週1回~2週間に1回のペースで、何か月も続けないと、いつまでたっても、「山」になりません。

だって、毎日、お肌は老化に向かって、止まることなく、進んでるわけですから。のんびりしてたら、追いつくことも、追い抜くこともできません。どんどん抜かされるだけです。

仮に、貴方の最終目標が100だとしましょう。

イオン導入が、1だとしましょう。(わかりやすく数でいってるだけで、100分の1と言ってるわけではありません。)

週1回やったら、月に4~5回です。それでも20か月くらいかかるわけです。2年近くです。

1でしかない処置を、1~数か月に1回していたら、1年で、4、5~12回です。何年かかって、目指しますか?ということです。その間も、老化は進んで、シミはせっせと増えてるというのに。。

でも、貴方のしているイオン導入は、0.1かも0.5かもしれない。そうなると、普通に考えて、やる価値ありますか?ということです。

目的が他のことなら、かまいませんが、シミ・そばかすを減らす・薄くするのであれば、1回で、5や10や20にあたるような治療でないと、ラチがあかない、と思いませんか?

20だとしてしても、100にするには、5回かかるわけです。

実際、人間の肌のことは、数値では表せませんし、シミは毎日増えていますから、計算みたいにはなりません。

でも、有効性を考えないと、お金と時間はいくらあっても足りません。

目的に合わない治療をいくらやっても、「チリ」は「チリ」なんです。「山」にしたかったら、それなりのお金も時間もかかります。

(そのお金で、フォトやレーザーできると思いますけどね。)

イオン導入の程度を分かった上で、「今月はちょっとピンチだから、ライムライト®はお休みして、でもイオン導入くらいはしておこうかな」とか、しばらくイオン導入だけで、どれくらいの差が実感できるのか、自分で試してみたい、とか、それでされる分には、賛成ですが、最近、サプリやイオン導入に、過大な期待を寄せて、カウンセ・処置希望や処方希望という方が時々いらっしゃいます。

どっかで、誰かが、サプリやイオン導入を絶賛でもされたんでしょうか。。。

他院の話ですが、光・レーザー機器を持っていないクリニックの場合、患者さんにお薦めできるのは、イオン導入やサプリメントくらいしかなかった場合。。。もう、これを勧めるしか方法はないわけです。そういうクリニックが宣伝で、イオン導入を誇大広告していたり、値段が比較的安いから、おびき寄せる「エサ」として、宣伝を打っておいて、来院したら、もっと高い治療を営業する。。。まあ、よくある手です。

私がイオン導入を、治療の選択肢として、順番を前のほうに持ってくる時というは、まず①肝斑がある場合、②他院できつい治療をされてお肌が傷んでいる時、③火傷や怪我をしてまだ、3か月たっていない時、④アトピーや肌荒れがあって、ライムライト®ができないけど、何か治療をしたい時、⑤今、気になってるものはないけど、何か定期的にお手軽にしておきたいな、という時などなどです。

ニキビ跡は、その見た目によって、イオン導入が選択肢の最初のほうに、絶対来ない、というわけではないですが、あまり最初には持ってきません。

肝斑でもそうですが、イオン導入って、薬剤を肌に届けてくれますが、積極的に何かを変えていく治療ではなく、お肌がその成分によって、何かしら働いてくれる結果を期待する、みたいな、まどろっこしいものです。光・レーザー治療とは違うわけです。手助けは手助けなんですね。

ニキビ跡の治療はうちではライムライト®やジェネシスが第一選択です。あとは、設定の問題です。(Qスイッチレーザーはやりませんけどね。)

 

何を、どう治療していきたいのか、それによっても、治療の選択肢というのは違うわけです。

全員の患者さんに、とりあえずこれ勧めとけ!みたいな、治療はないんです。まともに美容医療やっていたら、当然そうなります。

美容だけでなく、何の治療でもそうですけどね。その方の症状に合わせて、検査もお薬も手術もやり方が違うわけです。患者さんが見当違いの治療を希望されたら、止めるのも医師の役目だと私は思います。害があまりないからって、期待だけ持たせて、お金と時間を巻きあげたら、いかんでしょう~。

ガンで、手術をしたら助かるような方に、患者さんが手術じゃなくて、サプリがいいと言ったから、って、それを説得もせず、サプリ出す医者、いないでしょう?同じことです。

 

治療の選択も大事ですが、イオン導入をするにしても、何を導入するのか、これもとても大切です。

「ビタミンCのイオン導入」って、有名ですよね。ず~っと昔からありますね。っていうか、昔は、そんなのしか、導入液がなかったんです。

(ちなみに、エステで使ってるのと、クリニックで使ってるのは、全くの別ものですが、クリニックによっては、エステで使うのと同じようなものを使用しているところもあります。

エステで使ってる導入液は、科学的におかしなものも入っていて(大きすぎて入っていくわけがないものまで、平気で導入します、と言うので)、そんなものを、わざわざお金払ってやらなくても、化粧品塗ってたらいいんじゃない?ということが、ものすっごく多い!です。)

うちもビタミンCを扱ってますが、私が勧める場合は、やはり脂性のニキビ肌の方です。ビタミンCには、皮脂を抑える働きがありますから。

脂性のニキビの方は、たいてい若い方が多いので、お安めのビタミンC導入は、続けるなら、続けやすいし、いいと思います。ただ、ニキビ治療の第一選択にはしませんので、お金があるなら、イオン導入足したら?というくらいのものです。

大人で、「ビタミンCのイオン導入がしたい」と言ってこられた場合、理由を聞くと、たいていの方が、「シミを取りたい、薄くしたい」「しわをなんとかしたい」「ハリを出したい」と検討違いのことをおっしゃいます。

ビタミンCのイオン導入で、それは無理だと私は思います。「チリ」を積んでいっても、やっぱり無理でしょう。「ビタミンCのイオン導入」で、そんなに効果出たら、美容クリニックは、必要ないでしょう~。「ビタミンCのイオン導入」」なんて、家庭でもできるんですから。

そういう結果を望まれるなら、うちでは、光・レーザー治療を一番にお勧めしています。

 

同じ目的で、イオン導入をどれか選ぶなら、何がいいですか?となれば、トラネキサム酸やプラセンタを選ばれたらどうですか、とは言いますが、あくまでもお金のある方が、もっとお肌にいいことをしたい、と追加される場合で、ちゃんとした医療をせずに、イオン導入だけをやっていこう、というのは、自己満足で終わると思います。

自分で思い込めば、少し効果が上がります。(一定の期間だけであって、一生上がり続けるわけではありません。)それでいいなら、されればいいと思いますが、期待させる側の共犯には、私はなりたくないので、正直に、そこまでの効果は思わないでください、とはっきり申し上げます。

「予算がない」「お金がない」と、バンバン言ってくる方に限って、イオン導入を追加しようとされることもあり、「何回やったらいいですか?」「毎日通えばいいですか?」「週1回でいいですか?」と固執されます。

カウンセで、あれだけ、コストパフォーマンスのいいものを!と切望されたにも関わらず、(たいてい、帰り際とかに言われるんですが。。)だから、私も治療の選択肢には、最後のほうで、少し触れただけで、頻繁に通えとか、全く言っていないのに、「なんじゃ、そりゃ!」と思います。

週1も、イオン導入したら、その治療、1回分に、すぐ相当しますよ。はっきり言って、イオン導入5回やっても、その治療1回の効果にも及びませんよ、とまた説明するわけです。

(サプリと同じで、イオン導入崇拝者には、何度説明しても無駄なようです。やりたいなら、止めはしませんが、二度とコストパフォーマンスにこだわるのは止めてください、っていう話です。)

 

もちろん、イオン導入をするしないに関わらず、日焼け止めを塗らない方・塗りなおさない方は、何を導入しようが、意味ないです。

1回導入したって、1日紫外線にあたったら、あっ!という間に、プラスマイナス、マイナスでしょう~。お金かけるだけ、無駄だと思います。

まず、日焼け止めの塗り直しのクセをつける、というのが最優先課題です。特に、シミ・茶色系を薄く・減らしたい場合。

 

これだけ、情報社会で、すぐに調べたら、真偽のほどはわからなくてもあっという間に情報って、手に入ると思います。

その、貴方が気にしている状態の治療で、世間一般にされている治療の、いくつかは、すぐにヒットすると思うんですけどね。そんなに、イオン導入やサプリって、上位にランキングされますかね。。。。エステの無茶な誇大広告が、幅を利かせてるんでしょうか。。もしそうだったら、エステや、レーザー機器を置いていないクリニックの広告を見て、レーザー機器のあるクリニックに受診しても、考え方が全く違いますから、ダメですよ。

イオン導入やサプリで効くなら、わざわざ何千万・何百万も出して、レーザー機器は買いませんからね。

 

 

はっきり言って、サプリやイオン導入に、そこまでの効果や効能というのはありません。

最近、サプリやイオン導入に、過大な期待をして、カウンセ・処置(処方)希望という方が、何人か続いていて、「???」の連続です。

何のために、それがしたいのか(飲みたいのか)、その目的を聞くと、少なくも、その目的のためなら、サプリやイオン導入は、第一選択肢ではないですよ、むしろ、下から数えるほうが早い、いや、一番最後に、お金に余裕があるなら、追加されては?というくらいのものであるのに、どこで、そんな勘違いをしてきたのか、そんな思ってるようは効果を期待するのは止めておいてください、ということが続いています。

どうしてなんでしょう。。。謎です。

雑誌やTVで、また煽ったんでしょうか。それとも、どっかの美容クリニックが、すっごく効果があるように、宣伝していたんでしょうか。。。

 

どちらも、あくまでも、本来の(第一選択であるはずの)治療をしていて、それの補助する役割に過ぎません。

所詮、医療用とは言っても、サプリはサプリだし、イオン導入はイオン導入なんです。

サプリは薬じゃないし、(だから、副作用もほとんどないし、長期間、あるいは一生、飲めるんですが)、イオン導入は、光・レーザー治療と、全く治療目的というか、治療の中においての役割が全く違うというか。。。もう、どっから突っ込んでいいのか。。。

 

そういうことを分かった上で、サプリ大好きで、どんどん日常生活に取り入れるというのは、全然構わないですし、むしろ、アンチエイジングや美肌を志すものとしては、基本中の基本、と言ってもいいくらいの、当たり前のことかもしれません。

私からしたら、「サプリを飲んでる日常」というのは、とても当たり前のことで、飲んでいないから悪いとかいうものではなく、日常生活の中の、個人の好みによるものですが、自分も含めて、当たり前にしている人たちがいる、というのものです。「食品添加物は、あまり摂らないようにしています」という感覚と似ていると思います。

 

薬ではありませんから、飲んだからと言って、何日で効いてくる、とか、これだけの効果が期待できる、というわけでは全くなく、もともと、サプリは、「健康補助食品」であり、健康をサポートしてくれるものです。

 

医療用のサプリの中でも、たとえば、ヒトプラセンタ(ラエンネックP.O.®)とか、パントガール®(女性の頭髪の育毛用サプリ)やアスタリール®(富士化学工業のアスタキサンチンのサプリです。他のメーカーのものではいけません。)などは、かなり特殊です。

特に、頭の毛の育毛の女性用なんて、他に飲んでもらう薬もhとんどありませんし、パントガール®は、確かに、世界初の女性用育毛サプリとなります。

こういう場合は、パントガール®は、治療の中でも、第一選択肢に入ってきます。

(ただし、育毛は、あくまで、年齢の変化で生じる、薄毛対策であって、病気で脱毛になった・薄毛になった場合は、もちろん第一選択ではありません。まず、薬です。)

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)は、現在治療薬がなく、患者さん(現場の医師も含めて)は大変困っていると聞きましたが、アスタリール®は、効果が実証されているらしく、(どこまで改善するのかは、ちゃんと聞きませんでしたが)飲む価値はかなりあるようです。

プラセンタの内服も、更年期障害で、ホントはホルモン療法をやりたいけど、理由があって投与できない時に、けっこういい、という発表をされているのを学会で聴きました。わりと良い結果を出しておられ、副作用もないに近いわけですから、飲むのはとてもいいと思います。

 

ただ、これらの例は、かなり特殊で、たとえば、ニキビや吹き出ものの治療の第一選択肢は、医療において、サプリではないわけです。

(皮膚科では、「吹き出もの」という、病気はありません。世間一般の人が、勝手に、ニキビや湿疹や皮膚炎のことを「吹き出もの」と呼んでるだけです。50代でも、ニキビは出ます。)

 

第一選択肢は、まず診断と、その症状の程度を判断して、薬や、何らかの処置をしていくわけなので、まずそのもの自身を診ないと、なにも始りません。

(またこういう過信している方に限って、診察時には、その肝心のニキビや吹き出ものは出ていないわけです。診断もつけられませんから、対処もできません。)

 

ニキビや湿疹・皮膚炎で、サプリ(ビタミン剤も含めて)を勧めるのは、私は、最後のほうです。(なにをどうしたいのか、で、サプリが上位に来ることもありますが、ちょっと特殊な例です。個人個人によっても、違います。)

 

なぜ優先順位が最後のほうかというと、コストパフォーマンスが悪いから。

その割に、当分の間、ずっと続けていくわけですから、なんやかやで維持にお金がかかるわけです。

「サプリ1カ月分」単独で見れば、すごい高いものではありませんが、あまり効果の優先順位の低いものに、どれだけお金がかけられますか?という話なわけです。

だから、お金に余裕のある方は、そりゃ飲んだほうがいいと思いますし、治療のサポートはしてくれるでしょうが、何割くらい助けてるのか、どくれらい、足すことで改善したのか、なんて、わからないわけです。

まして、美肌目的で使う医療用のサプリなんて、うちで扱ってるだけでも、何種類もあるのに、どこまで手を出しますか?という話です。

 

美肌の基本のサプリと言えば、まずビタミン剤は各種押さえるというのがセオリーでしょうし、それもどこまで手を出すのか。。。

ビタミンB・C・Eに始って、ビタミンBも細かく分かれてきます。そこに、コエンザイムQ10(ビタミンQと呼ばれてます)やビタミンH(ビオチン)や亜鉛、などなど。。。毎月かなりのお金がかかります。

 

すっごい効くわけでもないものに、ひと月の予算が限られてるとしたら、あなたはどこまで投資しますか?

とりあえず、ビタミンB・C・Eの基本を押さえますか?でも、これって、スタートであって、終わりじゃあないですよ。サプリなんてね、キリないんですよ。しかも、維持費は、地味なようで、結構かかります。

 

サプリは、食べ物と同じで、どこまで贅沢に、足していくか、です。飲んでる方からしたら、基本ですが、治療だ!と思っては、ほとんど飲んでいないと思います。食事を摂る感覚と同じです。体にいい栄養を、ついでに効率よく足しておこう、という感覚です。

 

サプリを飲んでいないから、ひどくなったんだ、飲んでいたら予防ができる、なんて、過信しすぎてる方は、かなり危ないと私は思います。あやしい水を、「神の水」とか言って買わせる新興宗教と同じです。

もう一度言いますが、サプリは所詮サプリです。それだけ飲んだから、どうこう、そんな言えるものではありません。

特殊な場合を除き、まずやらなきゃいけない治療や日常生活の改善があるのに、それにはフタをして、無視して、サプリにだけ頼る、というのは、本末転倒で、そんなことをしていたら、おかしな人に身ぐるみはがされるだけなんですけどね。。。

根本的な治療の方向性が間違っているというか、ずれてるというか、次元が違うというか、少なくとも、私とは、考え方が違います。

(だから、話は、いつまでたっても並行線というか、混じることはありません。物別れに終わります。

サプリで、そこまで害のあるもは、取り扱っていませんから、それでも欲しいと言われるなら、出しますけど、過大な期待は止めて置いて下さい、と釘を指します。

私の考える「キレイ」と、彼女たちの「キレイ」は、違うんでしょう。相入れません。優先順位の低い治療(治療と呼ぶのかすら、わかりませんが)を、最初から選ぶ、という、考え方、説明を聞いてもなおかつ、まだ選ぼうとする思い込み、かなり危ないと私は思います。)

 

どうして、サプリ崇拝者(サプリ好きレベルではなく、崇拝です)みたいな人が、うちに相談にくるのか、よくわからない今日この頃です。

(また、こういう人に限って、最初に、「わからないから、先生のお薦めを」と言っておいて、人のアドバイスは、全く無視で、全然関係ないサプリを欲しいと言いだします。

「わからないから、お薦めを」と言っておいて、もう最初から、「このサプリを買う」と決めているわけです。

なんで、その悩みで、そのサプリなわけ??みたいな感じです。何がしたいのか、よくわかりません。。それなら、最初から正直に、「このサプリが気になる」と言われれば、また話は全然違ってくるわけですが、そういうのを恥ずかしいと思っているのか、私には、ホントに理解できません。

たかがサプリですから、飲みたかったら、飲んだらいいんですよ。

ただ、それなら、「ひと月の予算が決まってるから、買えない」と言いつつ、「?」のサプリを欲しがるのは、止めたほうがいいと思います。それこそ、無駄使いです。

体に影響がないなら、どうしても買うというなら、売りますが、うちで買わなくてもいいんじゃない?というのが正直な気持ちです。「?」と思っている商品は、サプリであれ化粧品であれ、私は売りたくないですね。

サプリ専門みたいな、サロン?クリニック?が、おそらくどこかに(京都でもあるかな?東京だと、絶対あるんですが。)あると思うんですが、サプリ崇拝者の方は、そういうところに行ったほうがいいです。

私は、サプリは好きだし、かなりの種類を飲んでいますが、崇拝者ではありませんし、依存もしていません。食べ物と同じで、健康と肌のために、ただ、続けられるなら続けたいな、と思って、飲んでるだけです。

ただし、お金が続くなら、です。お金がない時に、サプリにお金は回しません。まあ、その時に何が気になっているか、にもよりますが。。限られた予算であれば、確実に効くものに、お金を回します。

 

女性に多いんですが、(すみません、独断と偏見です)、「相談に乗ってほしいんだけど、これこれ、どう思う?」と言われて、自分の意見を言ったら、「私は違うと思う!」と言われた経験ないですか?相談に乗ってほしいんではなくて、ただ、愚痴を聞いたり、そのまま自分が思っていたことを肯定してほしいだけなんですよね。その人のためを思って、反対意見を言ったところで、逆に、「冷たい」とか「ひどい」と言われたことってないですか?じゃあ、聞くなよって話ですよね。

男性だと、「相談」は会議であり、お互いの意見の交換であり、理詰めなわけで、女性だと、感情論であり、正しいかどうかなんて、関係ないわけで、自分ととにかく可哀そうに、と受け止めてくれれば、それでよくて、正解を求めてるわけではない、というのを聞いたことがあります。

 

すみませんが、私には、そういう回りくどいのはわからないので、欲しいなら、これが欲しい、とはっきり言ってもらったほうが助かります。はっきり言ってくれれば、その人に、(私から診た)お薦めなのかどうか、をお答えしますので。同じ意見なら、買って下さい。でも、反対なら、違うところで買ったほうがいいと思います。

 

それだけサプリも信じて飲めば、サプリもさぞ、本望でしょう。そして、プラセボ効果で、本領以上の効果を発揮するかもしれませんが、そんなの一時的で、長く続けると、プラセボの魔法は消えてしまうわけです。お金と一緒に。。。

 

日焼け止めの塗り直しもしていない人が、「シミを薄くするサプリ・シミを消すサプリ」なんて、飲んだって効かないし、また、そんなサプリ、ありません。

体のために、ビタミンCを飲む、というなら、反対しませんが、日焼け止めも塗る気もない人が、「ビタミンCで、シミを減らしたい」と言われても、意味ないですよ、ときっぱり言います。

(日焼け止め塗り直し推進委員会(今、勝手に作りました。肝斑撲滅推進委員会も勝手に作ってます)の委員長の私に向かって、日焼け止めを塗らないで、シミを消せ、薄くしろ、とは~。これだけ、ブログで書いても、まだ、私の活動が足りませんかね?!だから、日焼け止めの塗るつもりがない(過去は仕方ないとして、今後も)人が、うちに来てしまうんでしょうか。。?)

 

他力本願なんて、サプリに一番求めてはいけないことです。薬じゃないんだから。

薬にしたって、どんなに強い抗生物質を飲んだところで、本人の免疫力が弱かったら、効かないわけです。本人の免疫力をあくまで手助けして、サポートしてくれるものなんです。

 

サプリを初めとした、化学薬品すべてが嫌いな方というのも、いらっしゃって、そういう方は、食事重視されますが、食事だけで栄養素を摂ろうとされます。サプリにも添加物が含まれているし、自然のものだけで作られているわけではないことも多いので、サプリ反対派の科学者も実際、おられます。ただ、食事だけで、その成分を摂るのには限界があるので、私は、ちゃんとそのサプリの効果・効能・限界を分かった上で、摂ることは、とてもいいことだと信じています。

全く期待するな、となると、じゃあ、どうして飲むの?となりますから、期待はしてもいいんですが、過信しない、ということです。理解していない方は、何であれ、自費治療は向きません。理解していないのに、お金だけかけても、「あれだけ、お金と時間をかけたのに、なんだったんだろう。。」と空しくなるだけです。高い社会勉強です。社会勉強も、わかって投資(浪費?)するのと、わからずにするのとでは、総額が全然変わってきます。

大きなお世話でしょうが、理解していない人の社会勉強には、反対する派(断固阻止派?)です。

 

2回目を観ました。

美容外科が舞台なだけに、あんまりえげつない話は放送できないのかもしれませんね。。。

話がベタ過ぎますね。

 

全く、美容外科とかご存知ない方は、こういう人もいるのか、とか、こういう世界があるのか、と新鮮かもしれませんが、美容医療の世界では、どれもベタな話で、まあ、そんな当たり前な話がドラマになるのか、わざわざドラマにするほどのものなのか、と思ってしまいますが、視聴者は、全く知らない方々を対象にしているのでしょうから、ああいう感じのドラマになってしまうのでしょうか。。

ドラマの舞台の美容外科クリニックは、高額ですが、ちゃんとした技術を持ったドクターが時間をかけて、丁寧に手術をする、という設定ですから、他の細部にしても、それが、倫理的に良いか悪いかは、別として、美容外科クリニックって、ああいうものです。

 

ただ、鼻の手術を全身麻酔でするのか、と私は、ちょっとびっくりしました。

これは考え方次第ですが、全身麻酔のリスクと、局所麻酔だと、患者さんが意識がありますから、手術の間の痛みや刺激に耐えることと、どちらを優先させるか、ですかね。

鼻の骨切りをしなくても、鼻にシリコンを入れるだけにしても、皮膚の下に、シリコンを入れるトンネルを掘らないと、シリコンを入れるスペースがないわけです。

これが、結構、頭が、ガッ!ガッ!と揺らされますし、その前の局所麻酔は、かなり痛いと思います。

(鼻の皮膚って、かなり硬いし、すぐ下は、軟骨と骨があって、もともと隙間のないところですから、そこに麻酔の注射の針を刺して、麻酔液をたくさん入れて、皮膚が広げられるわけです。痛くないわけがありません。

また、鼻は結構出血しますから、麻酔液をたっぷり入れることが多いと思います。局麻の場合。。。

自分にされたことがないので、わかってるわけではありませんが、鼻の手術を見るたびに、患者さんは、ものすごく痛そうでした。。。)

全身麻酔だと、その分の痛みと不快感は、ないわけです。局所麻酔で、患者さんに、ミョーに力が入って、出血量が増えても困るし、途中で、顔を動かされて困りますから、全身麻酔のほうが、術者がちゃんとしやすくはなるので、手術の仕上がりはいいと思います。

だた、全身麻酔のリスクと、別途麻酔代が必要なわけで、かなりの金額を上乗せされると思ったほうがいいです。

 

どんな美容外科手術でもそうですが、料金表に載っている金額は、手術代だけなのか、麻酔代(局麻にしても)は込みなのか、別なのか、血液検査のお金は別途いるのか、アフターケアの薬や再診料は?までまで、調べておかないと、一見、安めに見させておいて、あとから、追加料金を平気で言ってくるクリニックがありますから、気を付けてくださいね。ほとんど詐欺やぼったくりと同じです。

また、逆に、良心的に見せかけた、「うちはすべて込みです」という、格安クリニックも、絶対止めておきましょう。

 

今回のドラマは、豊胸術でしたね。ドラマの中で、手術代は、150万と言っておられましたが、トップクラスの美容外科なら、(特に、東京は美容医療の物価も高いです。)、まあ、そんなものかもしれません。

手術のときに、わざわざ、途中で、上半身を起こして、おっぱいの形をちゃんと確認しておられたでしょう?横になった状態と、座ったりしてる時と、全然違いますからね。一見、みなさんは、そんな確認をするなんて、当たり前やん?と思われるかもしれませんが、これが、当たり前ではないんです。

格安クリニック・悪徳クリニックでは、こんなことはしてくれません。

全身麻酔中に、状態を起こすというのは、ものすごくリスクが高いんです。

私は、研修医の時に、麻酔科研修を半年行かせていただいたので、全身麻酔というものが、どんなものか、麻酔科研修を行っていないドクターよりは知っていると思います。(研修医のときは、形成外科だったので)

麻酔科のドクターも、こういう美容外科で麻酔をかけられるのは、アルバイトでされてるドクターもいますし、そのクリニック専属の、常勤だったり、非常勤だったり、さまざまですが、美容外科の場合は、大半が日帰りだったり、翌日退院だったり、まして、病気ではなくて、健康な方の体に麻酔をかけるので、麻酔で何かあったら、困るわけです。

だから、美容外科の麻酔科医というのは、麻酔科の中でも、うまくないとダメなんですよ~。(格安クリニックだと、麻酔代をケチるので、良い麻酔科医を呼ばなかったり、下手したら、手術する外科医自身が麻酔をかけていたり、と無茶苦茶です。

えげつないところは、麻酔科医を呼ぶのもコストがかかるからイヤ、自分は、まともな研修を受けていないから、全身麻酔はかえられない、という理由で、豊胸術を局所麻酔でやるクリニックもあって、えげつないです。ええ、ホントに。。。ここはね、値段も高いんですよ。手術室(というか、院内に)に、患者さんの叫び声が響き渡るという。。業界では、絶対行ったらダメなクリニックとして、有名ですが、一般の方からすると、わからないんですよね。。。

でも、ホントにわからないんですかね?HPも広告もあやしいし、そこの院長に会ったことはありませんが、きっとカウンセも、かなりあやしいと思うんですけど。。。そんなに、カウンセがうまいんでしょうか。。

HPや広告は、怪しいところは、どこも似たり寄ったりの、どこにでもある、よく広告ですから、一般の方は、美容クリニックというのは、そういうもんだと思っていらっしゃるんでしょうか。。

怪しい広告かどうかが自分で見抜けないなら、家族や友人に聞いて参考にするのもいいですが、やっぱり自分で見抜けなかったら、そういう悪い人たちの餌食になるだけですよ。

 

うちに来られる患者さんは、多くの方が、うちのHPは、「ちゃんと先生の言葉で書いてあって、中身が全然違ったから」と、きちんと他院と比較して、他院の怪しさも見抜いて(美容医療初心者でも)、来られます。

(他院で、エライ目にあって、やっぱりおかしい、と気付かれて、うちにたどり着く方も大勢いらっしゃいます。情報がなかったから、知らずに行ってしまった、というのや、老舗で有名だったから、大丈夫だと思って、お金を払ってしまった、などなど、その方の、ちょっと弱ってる隙間に、うまく入っちゃったんでしょうね~。でも、途中で気付かれて、ホントによかったです。)

 

大半のあやしいクリニックは、HPは業者さん任せで、どうしたらいいか、というのもあまり考えず、テキトーに、よそと似たようなのを作ってもらうんですよね。まず、そういうところは、そういうHPが怪しいとは思っていらっしゃらないんでしょう。そこのドクター自身も、「美容クリニックのHPは、こんなもんでしょ。」と思ってるんだと思います。

開業するときに、ああいう怪しいHPには絶対したくなかったんですよね~。もちろん、怪しい医療も。お金だけ巻き上げるようなことは絶対したくありません。(だから、理解されていない方の治療はお断りします)

HPの原稿は、すべて私が書いて、構成だけ、業者さんにお願いしました。えげつない時間がかかって、寝れない日が何日も続きましたが。。。(なのに、痩せませんでした。。。痩せるかな、と密かに期待していたのに。。。)

 

話が飛びました。

全身麻酔中に、体を起こす話ですが、これは、麻酔科医にとっても、リスクはかなり高いので、そういうことを術中するなら、麻酔代を上乗せされます。オプションですね。より高い麻酔料金になるわけです。

全身麻酔中は、全身の筋肉の力は抜けてるので、首は完全にグラグラです。そりゃ~、ものすごい気を使いますし、麻酔科医にとって、命がけとは言いませんが、緊張を強いられる瞬間なわけです。油断大敵です。

麻酔科医を呼んで、ただでさえ、コストがかかっているのに、その上に、料金上乗せなんて、安っいクリニックが、そんな手間暇するわけないでしょ?

お金は患者さんに、その分払わせるとしても、確認するのに、余分に時間を取るわけです。前後のセッティングの時間に、自分が確認する時間と、いるので、その分、手術時間が長くかかります。

 

何でもそうですが、ちゃんとやってもらおうと思ったら、薄利多売なんて、無理なんです。その方のために、ちゃんと時間を余裕を持って確保する。スタッフもスタンバイさせる、となると、人件費がかなりかかってきますから、高額になるのは当たり前です。

ファストフードと、高級レストランでは、食材も店内の様子も違いますが、接客にしても、その方にかける時間も、全然違うでしょう?いいレストランだと、昼にしても夜にしても、1回転、せいぜい2回転です。相手にできる人数が限られるわけですから、値段がその分、上がるのは、当然で、それだけ時間もかけてもらっているのに、格安となると、どこかで原価代が格安になっていないと、元が取れるわけありません。資本主義の基本ですね。

 

どんな手術でもそうですが、格安クリニックでやるくらいなら、ホントにやらないほうがずっとマシだと思います。特に、豊胸術は、手術で終わりではなく、術後のアフターケアがものすごく大変で、安いから、と気軽にやるものではありません。患者さん側にも、かなりの覚悟がいります。でないと、その後のアフターがおろそかになって、(豊胸術は、術後マッサージが必要なんですが、これがえげつなく痛いらしい。。。覚悟がないから、痛いから、やんないわけです。)、そしたら、ホントにえげつないおっぱいになって、その先に待ってるのは、おそらく、手術で取り出すことになると思います。取り出しても、元のおっぱいではなく、皮膚も形もおかしくなってると思います。時間がたって、ある程度改善することもありますが、全くの元通りにはならないわけです。

手術は、してしまったら、戻せないので、ホントにちゃんとしたところでやらないと、悲惨なことになるだけです。

(ちゃんとしたところは、リスクは、思いつく限り、全部話されます。悪徳クリニックは、副作用を言って、患者さんが止めると言ったら困るので、言わないわけです。カウンセで、ちゃんと判断しましょうね。)

 

このドラマは、東京のヴェリテクリニックが監修に入っていますから、ヴェリテのやり方がメインです。どこのクリニック(悪徳・格安)でもやってくれるわけではないので、(というか、そういうところではまずやらない)誤解されませんように。

 

すみません、さっき気付きましたが、ゴールデンウィークの診療のお知らせ、HPに載せていなかったですね。。。自分では、とっくに載せたつもりでした。。患者さんからのお問い合わせが多いな~、と不思議に思ってましたが、申し訳ありません。。。

もう遅いかもしれませんが、基本カレンダー通りです。

5月1日は、通常通り、診療しておりますが、5月2日は、水曜日なので、お休みとさせていただいています。申し訳ありません。

急に、キャンセルが出る場合もございますので、予約が空いていなくて断られた場合でも、当日に一度お電話いただけましたら、空きが出る場合もございますので、よろしければお電話ください。

 

さて、クレ・ド・ポーのカウンターの続きです。

久しぶりですっかり忘れてましたが、化粧品カウンターというところは、コットンを使って、お肌を擦られるところでしたね。。

たまの1回、擦られたからと言って、いきなり肝斑になるわけではありませんが、やはり私としては、いやだな~。。。まあ、仕方ないです。

 

そうそう、お手入れを聞かれたんでした。。。

私は、病院に行く以外のところで、職業を聞かれても、濁してあまり言わないことが多いです。

言ってダメではないんですが、言ったら、相手の方の態度がコロッと変わることも時々あって、(露骨に営業をかけてくる方もいます)その人となりがわかって面白いのは面白いんですが、診察をしてほしい(その場で、本気で)みたいな方もいて、完全にオフモードになっている時とかは、感覚が違ってる時がありますが、いきなり仕事モードには戻せないんですね~。そこまで器用ではありません。

親しい方で、リラックスしてる時は、家族の相談と同じですから、大丈夫なんですが、あまり知らない方(とくに、販売関係で、相手が売り手の場合とか)で、いきなり振られても、私はついていけません。。。

見た目が全然医者(というか、キャリアウーマン(ちょっと古いですか。。?仕事をしている女性、という意味でとらえて下さい)に見えないらしく、かといって専業主婦にも見えないらしく、中途半端な見た目らしいんですが。。。医者とばれると、びっくりされることもほうが多いです。ばれても、ひとつの職業として、そのまま流して、態度の全然変わらない販売員さんは、私からしたら、好感が持てます。

 

話が飛びましたが、化粧品のオネエサンが私に、私に、「どんなお手入れをされてるんですか?」と聞くので、嘘つくわけにもいかないか、と「化粧水と乳液と美白エッセンスです。」(ナビジョンの基礎化粧品に、エクイタンス®にエラスチダーム®にGGエッセンスに、と実は結構使ってますが、全部言うと、「こいつ、気になることないって言っておいて、たくさん塗ってるやん!」と不快に思われるといけないので、美白エッセンスだけ言って、あとは黙っておきました。

 

クレ・ド・ポーの基礎化粧品を、ひとつずつ説明してくださいます。私は脂症なので、化粧水はさっぱりタイプを選ばれました。

クレ・ド・ポーは、さっぱりタイプでも、しっとりタイプと保湿成分の量は同じとおっしゃってました。

「これには、直接毛穴に働きかけて、引き締めてくれる成分が入っているんですよ~」

。。ん?グリシルグリシン?クレ・ド・ポーは、化粧水にも入れてるの?そりゃ、高いはずだね、と思ったので、オネエサンに、「グリシルグリシンですか?」と聞いたら、オネエサン、固まっちゃいました。。。「????」

「成分ですか?ちょっとお待ちください!」とすぐさま、パッケージを取りに行かれます。

一緒に、パッケージの裏の成分表をのぞきこみます。

クレ・ド・ポーの成分表をちゃんと見るの、初めてかも。。(基礎化粧品は使ったことがないので)

ほ~、ほ~、と思ってみていたら、オネエサンがいろいろ並ぶカタカタを、噛みながら、読み上げてくれました。

今、読み上げているのは、グリチルリチン酸ジカリムで、グリシルグリシンとは別物だよ。。。と突っ込みを入れながら、最後のほう~に、「グリシルグリシン」、ありましたっ!

ちょびっと、入れてるんですね。なるほど。でも、私はナビジョンのGGエッセンス(もっと濃い~の)使ってるので。。

「グリシルグリシン」は、資生堂が毛穴の縮小効果があるのを発見したのに(そのはずです)、社員は、そんな名誉なこと、知っておかないと~。これから、勉強するのかな?そこまで、教えないのかな?

で、そのあと、クレ・ド・ポーの、あの高~い基礎化粧品(知ってますか?化粧水やクリームが何万円もするんですよ?!)を、コットン(!!)で、ご丁寧に、マッサージしながら、引っ張り上げるように、塗って下さいました。。。

あまり長くマッサージをされるようなら、止めようかと思いましたが、言おうかな、と思った瞬間、やめてくれたので、言わずに済みました。

でも、あれですね、化粧品会社は、資生堂に限らず、いい加減、化粧品を引っ張りながら塗るのを止めないといけませんね。

引っ張ったって、上がんないっちゅーのっ!重力があるんだから、手を離した瞬間に、落ちるでしょ?

カウンターやCMやTVで、そうやって、引っ張るから患者さんが皆真似して引っ張って、摩擦を起こして、肝斑悪化させたり、キメを荒らしたり、皮膚を伸ばすから、余計タルんでしまって、ホント、ろくでもありません。

皮は、引っ張って、伸ばしちゃうと、10代じゃないんだから、戻らないですよ。10代でも、ずっと伸ばしてると、皮膚って、伸びちゃいますからね。その分、たるむだけです。

しわ・たるみが良くなるから!と呪文のように念じながら、毎日毎日、朝晩引っ張り上げるという。。。これはもうね、一種の「美肌教」という、新興宗教ですね。

お金を巻き上げて、どんどん美肌とは遠ざかっていく、という、美肌とは逆のことをどんどんさせていくわけです。「より美肌になるために」とお布施(お金)を積んでいくわけです。。

もうすべての化粧品会社とエステは、引っ張るのは、止めて下さい。お願いします。

初診の患者さんで、カウンセ中に、ずっと顔を触っている方って、2割ほどいらっしゃって、そのうちの半分くらいが、皮膚を引っ張り上げたり、手で上に押したりされています。

こういう方が、肝斑治療をしていくとなると、完全に止めていただくのに、かなりの時間がかかるんですが。。無意識で、もうクセですからね。。遅い方で、3~4か月かかります。自覚がないから。。初診カウンセ中からも含めて、何度も注意しますが、なかなか治りませんね。治らないと、それだけ、良くなるのに、お金と時間はかかります。。仕方ないですね。。

 

引っ張られながら、「どこのメーカーのをお使いですか?」

化粧品営業の核心ですね。これを聞いて、どれくらいの価格の化粧品を使っているのか、調査されているわけです。

100均やスーパー・ドラッグストア(の安めのやつ)の化粧品を使っている方に、クレ・ド・ポーを勧めても、ケタが違いますから、無理して営業かけても、嫌われるだけですし、どう営業しようか、試案のしどころですね。

私に、「どこの?」と聞かれたら、嘘はつきませんから、「。。。資生堂です。」

「まあ!ありがとうございます!どのブランドですか?」

「(知らないだろうけど)ナビジョンです。」

「???」

「クリニック専用の資生堂の化粧品なんです。」

「美容院ですか?サロン専用ですか?」

「・・いえ、クリニックです。」

「……知りませんでした。勉強しておきます。。。。」

普通の社員さんは、ナビジョンの存在を知らないと思います。社販でも買えないはずです。(きっと)

だから勉強しなくていいですよ~。

 

クレ・ド・ポーの使い心地は、確かにいいですが、私はナビジョンが好きだし、何か新しいものが登場してこない限り、当分、ナビジョンだな~、というのが私の実感です。

ゴージャス感や見た目のきれいさよりも、私は、成分にこだわります。

ただ、ナビジョンは、クリニックに来ないと買えないので(うちは、必ず診察・カウンセが必要です)、お気軽にナビジョンに近い成分を使いたいなら、クレ・ド・ポーは、ひとつの選択肢です。(ちょっと中身、違いますけどね。)

 

最後に、いよいよメイクを仕上げていただいて、「ほら、どうですか~?」と。ここで初めて、オネエサンは、私から鏡が全く見えていなかったことに気づかれました。

「申し訳ありません!!気付きませんで!!」

頑張ってる姿と、可愛らしさと初々しさで、オッケーですよ~。最後に見せてくれれば。これに気付いて、次のお客さんから、気をつけられるでしょう~。接客は実践が大事ですものね。

口紅を買うだけのつもりでしたが、ついでに、アイブロウのカートリッジがなくなってることを思い出して(ホントは、違うのを使っていたんですが、やっぱりクレ・ド・ポーのが使いやすくて、良かったことを思い出しました)、ついでにそれもお願いしました。

さっき、美容院で読んだ、「VOCE」で、観月ありささんが、クレ・ド・ポーのマスカラをご愛用中と載っていて(ホントかどうかは知りません。今、観月ありささんは、資生堂とスポンサー契約をされていますから、愛用の化粧品は、すべて資生堂になります。)、ちょっと前に、患者さんから、パンダにならないからと教えてもらって買ったマスカラが、私には、夕方、パンダになってしまって。。(よくあくびするから?)パンダにならないマスカラ、欲しいな~、と思っていたところでした。

そのマスカラを思い出し、オネエサンに、「クレ・ド・ポーのマスカラって、滲みにくいですか?」と聞いたら、太鼓判のお返事です。(営業ですものね)

クレ・ド・ポーのマスカラは、新しくなったそうで、今までのいろんな種類に分けられていた成分は、全部1本に混ぜられたそうです(ボリュームアップもできて、カールも持続する、って感じでしょうか)。

「ウォータープルーフなので、専用クレンジングで必ず落としてくださいね。専用クレンジングは、お持ちですか?」

この子、営業に抜かりないですね。さすが、資生堂です。教育が徹底されています。短期間に、ここまで仕込まれるわけですか?すごいですね。

「持ってるから大丈夫です」

(かなり以前に買った、これもクレ・ド・ポーのポイントメイク専用リムーバーがありますが、私はあまりアイメイクの濃いのをしませんので、あまり使いません。石鹸洗顔で落ちないと、わりとそのままです。アイメイクが濃い方は、目元はかなり沈着しますから、ちゃんと落とさないとダメですよ。)

 

ちなみに、このマスカラ、かなり優秀!最近のランコムやディオールは知りませんが、何度、メイク雑誌の、絶対パンダ目にならない!滲まない!という、ライターの言葉に踊らされたか。。。ディオール・ランコム…滲むやん?(しつこいようですが、今のは知りませんよ。)

ホントに、朝つけて、一度も滲みませんでした。あくび、何回しても。

これは、ラッキーな発見です!普段、「VOCE」は、若すぎて読みませんが、読んでみるもんですね~。

まあ、その人の涙の量とか、メイクとの相性もありますけど、一度お試しください。

資生堂の一番いいところは、日本人の肌を知りぬいているところです。歴史も長いので、化粧品メーカーで、日本人のデーターは一番持っているメーカーだと私は思ってます。

いい部分は利用して、踊らされないようにする、というのが、理想の化粧品の買い方ですね。

先日、美容院に行った時に、髪の毛が顔についたのを取ってくださる時に、お化粧直しもしてくださり、その時に、クレ・ド・ポーの新色の口紅を付けて下さいました。その時に、色がきれいだったので、久しぶりにクレ・ド・ポーのカウンターに帰りに寄ってみました。

 

化粧品をデパートで買うのは久しぶりかも。。。

ファンデーションを買う時に、ちょっと気になったのを試して、欲しいものを一緒に買ったり、試し買いしたり、とかはありましたが、ここんとこ、ファンデは、ナビジョンのビューティープロテクトUVクリーム(クリニック専用化粧品のBBクリームと思ってください)を使っていて、それが切れてからは、それを使う前に使っていた、クレ・ド・ポーのファンデが開封したまま、放ったらかしだったので、残りのファンデを使っているところです。

この使いさしのファンデがなくなったら、ナビジョンのに戻すつもりです。だって、楽なんだもの~。患者さんからも、大好評のBBクリームです。色が1色しかないので、全員の方に絶対合う!というわけではありませんが、資生堂が新しい色を出してくれるまで、私は我慢して使うことにします。

マメにライムライトをされている、うちの患者さんだと、私よりも肌色が白くて、その方々は、この色では、少し暗いので、透明タイプの、スキンケアプロテクトUVを塗って、その上からご自分のファンデを塗っておられます。

。。あ、でもまだ家に、去年、汗に強いファンデが欲しくて、イプサのファンデが残っていたっけ。。。あれも、開封しちゃっているので、使わないといけませんね。。

さて、化粧品のカウンターは、ほんとに久しぶりです。

美容室のオネエサン(と言っても、かなり私よりも年下ですが。。)に、口紅の色番は教えてもらっていたので、ばっちりです!

 

カウンターで担当してくれることになったオネエサンは、多分新人さんで、ピッチピッチかと思いました。入りたて?かしら。。

(新人さんじゃなかったら、ゴメンサナイ・・。初々しかったから、てっきりそうかと。。)

元気があって、可愛らしいですね。おそらく、年齢は、私の半分くらいでは。。。?

口紅の番号を言って、欲しい旨を伝えると、「他のお色もご覧になられますか?」と。

その子の感じも良かったし、頑張ってるな~、という感じだったので、ついでに見ておこうと、お願いします、と言うと、「せっかくですから、お化粧を少しだけ落として、お肌の水分量とか見て行かれませんか?」

。。出ました!化粧品カウンターの営業の始りです。お決まりのコースですね。ただほど怖いものはないわけです。

ただで、お肌の調子なんて、見てくれるわけ、ないんですよね~。(まあ、何を勧められたって、断ればいいわけですが。。。)

 

カウンターが久しぶりだったから、ちょっと時間あるし、見ておこうかな、と思い、お願いします、と言いました。

ホホを落とせば、さらに、紫外線のダメージやシミの程度がわかりますが、とおっしゃるので、(UVカメラ:白黒で、隠れジミを見るやつです。 かな?と思っていたら、違いました)、それもお願いしました。

ホントは、化粧全部を取って、さらにお肌をみたいようなことをおっしゃったんですが、それはさすがに時間がかかりすぎますから、お客さんで、練習(というか、本番)をしたいのはわかりますし、手伝ってあげたいですが、そこまで時間はないので、ホホだけでお願いしました。

まず、資生堂独自の、クレンジングウォーターのようなもので、化粧を落とされます。これが、無茶苦茶きれいに落ちるんですよ~。中身は何かわかりませんが。。。ふき取り専用クレンジング、洗い流し不要ってやつです。販売できないくらい、界面活性剤が入っているんでしょうか。。それとも、原価の問題?う~ん、謎です。。

(イプサも似たようなやつなんですよね~。若い時、イプサで、このクレンジングウォーターは売ってないんですか?欲しいんですけど、と言ったことがありますが、今はどうでもいいです。。イプサは資生堂と親戚関係みたいな化粧品会社だったと思います。子会社でもなく、分家みたいな。だから、コンセプトは違いますが、使っている成分とかは、似ているんだと思います。私信ですが。。)

 

ああ、その前に、髪の毛を止めたり、バッグとか荷物に、汚れないように布をかぶせてくださいます。

私の前に、鏡を置いて、セッティングですが、鏡は、全く、私には見えません。。。角度とかわかんないんだね。仕方ないね。。まあ、最後に鏡見せてくれたらいいよ~、と黙っておきました。

 

さて、お化粧を落としてる最中に、「お肌で、何が気になりますか?」と。。

マニュアル通りです。

ここで、「あれが、これが、気になる」というと、話も長くなるし、たっくさんの化粧品を勧めてこられるので、欲しいものがない限り、ここで、まともに返答してはいけません。断る勇気というか、いりません、とはっきり言える人は、言ってもかまいませんが、断れない人は、答えてはいけません。

私は、断れますが、時間がかかるので、いつも、「気になることはありません」と言います。(問診票のチェックシートにも何もチェックを入れません)

化粧品の販売員の人からしたら、そんなこと言う客、いね~よ、なんか気になるだろう~という感じでしょうが、言ったところで、化粧品の営業をされるだけなので、まあ、勘弁してください。

(メーカーや担当者によっては、「えっ?!」みたいに聞き返されたり、「何も気にならないんですか?」とまで聞きなおされることが、たまにあります。

その場合も、「何も気になりません」(というか、気にしてません)と言います。

(この人、鈍感なんじゃない?とか。ちょっとは気にしたら~?と思っているかもしれませんね。)

「気になることはありません」と言うと、たいていの販売員さんはちょっと引かれます。。「。。そうですか、きれいなお肌をしていらっしゃいますものね。。」と言うしかありません。この時も、言って下さいました。

(とりあえず、こいつ、おかしい、と思っても、何でもいいから、お客さんを褒める!販売の基本ですね!!すばらしいですよ~。)

 

テキパキと作業を進めていかれます。

うちにある、ダーマスコピー(皮膚を拡大してみるレンズのようなもの)みたいなカメラをお肌にあてて、ピッ、ピッ、と計測されていきます。

いつもこれ、スゴイな、と感心するのは、資生堂の、(イプサもですが)、おそらくデパートのカウンターには、何台も設置されていて、おまけに、小さなパソコンもそれぞれついていて、登録もできて、(端末がどこまでつながっているのかは知りませんが)、すっごくコンパクト!なのに、いろいろ調べられる、という、優れもの!

。。。これ、1台、一体いくらするんだろう。。その上、全国に何台あって、総額、これだけにいくらかかっているんだろう、と驚愕です。。

きっとね、えげつなく、高いはずです。みなさんが思っているよりも。。と思ったけど、そこまで、ちゃんと調べてるわけじゃないか。。じゃあ、やっぱりパソコンくらいのお値段かしら。。。

資生堂以外の化粧品メーカーでも、こんな、似たような器械は置いてありますが、そんなたくさんの台数はないし、ここまでの、コンパクトさと、技術はないかも。。。

さすが、資生堂ですね。資金(技術もね)が違いますね。

しかも、スタッフ全員に、全部研修を済ませて、ある程度のレベルに達したから、現場に立たせているわけで、「すごいな~」と感心します。若いのに、敬語もちゃんと使ってるし、立ち振る舞いから、自分たちのヘア・メークまで、教育が徹底してますね。(デパートに限るのかな。店舗によって、店長の方針とかで、差はあるかもしれませんが。。)

 

さて、お肌の結果です。

シミは少なかったです(そりゃ、そうだろ)。でも、UVカメラで見てるのではなく(UVカメラだと、ちゃんと全部化粧を落とさないとね。デパートのカウンター全部にあるのかは、知りません。ここでもできるのかも、知りません。)、そのレンズで、、肌の色の明るさを見てるだけの、簡単な判定のようです。

寝不足もあり、血行は悪かったようで、これは、これは何で(具合的な判断方法)調べているのかな、と、オネエサンに聞いてみることにしました。

「その血行の良い悪いは、どうやって調べているんですか?」

「 ?? この器械で、今測ったんですよ。」  (。。。わかってるがな。。。吉本か!と突っ込みたくなりました。)

「その器械で、何を測定して、血行を判定しているんですか?赤みですか?」

。。。突っ込みすぎたようで、青さか黒さかなんか言った後に、「気になられるんだったら、会社のほうから連絡させますが。。。」

(エライっ!模範解答ですね。自分がわからない場合は、わかる人から連絡させます、という姿勢が大事ですね~。よく咄嗟に言えましたね~。エライです~。教育が徹底されてます。さすが、資生堂!

化粧品の調査も兼ねて(単に自分が欲しいだけ、という時もありますが)、自分でもいろいろなメーカーのカウンターに行くことがありますが、資生堂は、担当者の方のあたりはずれが少ないメーカーかな、と思います。全ブランドを回ったわけではありませんが。。

デパートに入っているようなブランドであっても、ひどいところはひどいですからね~。とくに、欧米系のブランドメーカーは、資生堂の接客と真逆とまでは言いませんが、勘違いしている販売員さんもいますね。感覚が、欧米人というのか、いわゆる日本の接客の教育はされていないような。。。もちろん、そのメーカー全員がひどいわけではないんですが、あたりはずれが大きい!営業の質というか。。それだったら、カウンターで買わなくても、ネットで買うよ、となっちゃいます。

資生堂全員が好感度がいいわけではありませんが、はずれが少ないし、はずれにしても、そのレベルが、他社よりも高いと思ってます。私の独断と偏見ですが。。。

。。いえ、ただの興味なんで、もしオネエサンが知っていたら、教えてもらおうと思っただけで。。。「そこまでしなくて、いいですよ。」とお返事しました。

 

キメは、実は私は悪いんです。測る場所にもよりますが、私は、時々ピーリングをしますから、キメは荒れがちかな。。あと、いろいろ試さないといけない化粧品や薬もあったりしますから、まあ仕方ないですね。最近、私でも乾燥する季節ですし。。

 

「普段は、どんなお手入れをされていらっしゃるんですか?」

。。キターっ!!営業開始ですねっ!!

 

オネエサンの営業は、まだまだ続きます→つづく②へ

 

注:オネエサンは、もう少しちゃんとした敬語を使っておられます。私が敬語の話し言葉を書くのがめんどくさくなって、一部はしょってます。敬語の教育は、ホントにちゃんとされていますよ~。頭が下がりますね~。ぜひ、参考にさせていただきます。

 

 

NHKの大河ドラマ「平清盛」、観てらっしゃいますか?

私も最初は、録画しておいて、後からまとめて観たんですけど、それから毎週観ています。

松山ケンイチさんの演技が好きで、それが観始めるきっかけですが、観てみると、中井貴一さんの演技にはまりまして、ずっとかかさず観ています。

 

中井貴一さんは、清盛のお父さん役の平忠盛なんですが、演技が迫力があって、思わず引き込まれますね。

歴史は全然覚えていませんが、平清盛を作ったのは、この人なんだな~、と実感してしまいました。平家の土台を作った方ですね。

今日、忠盛が亡くなって、いよいよ来週から、清盛が平家のトップとなります。

話の展開が、次の段階にいくわけですね。

玉木宏さんもかっこよくて、なかなか迫力があって、いいと思うんですけどね~。

(松山ケンイチさんの清盛は、なんか無邪気で、いつまでもやんちゃ坊主みたいな、自由奔放な、でも一本筋が通っている、頑固者です。

来週から、雰囲気が変わっていくんだと期待しています。)

 

。。ところが、この大河ドラマ、視聴率、悪いらしいですね。。どうしてでしょう~。

清盛が泥とひげまみれで、汚いから?

(この時代の武士は、貴族の用心棒みたいな感じで、江戸時代の武士とは全然違い、虐げられていて、何でもやるから、格好も結構汚らしく(動きやすいのと、ほんとに何でもさせられていたようで、時代考証にそっていくと、ああなるんでしょうか。)

清盛は、汚い格好してますけど、松山さん演じる清盛は、結構目はキラキラ(ギラギラ?)していて、あれはあれでいいかな~と思うんですけど。。

家族は、大河ドラマは、どうでもいいや~ん、と仕方ないから一緒に観ている、という感じですが、私は、受験の時に、歴史を選択していないのと、普通の勉強も歴史は全然やらなかったので、この時代の話がわりと新鮮です。

これから、広島の厳島神社ができるようです。

こうやってみると、清盛があの辺をどんどん開拓していったんでしょうか。

(広島の方、何も知らなくてスミマセン。。。)

なんか、歴史のイメージでは、源氏に壇ノ浦で滅ぼされる平氏は、悪役で、どんな悪いことをしたのかな、と思ってましたが、今のところ、そんな悪役でもなく、むしろ藤原摂関家のほうがよほどの悪者で、どこから、平家は、衰退の道へ入っていくんでしょうね。歴史を知らないので、続きがとても気になります。

 

前の坂本龍馬のときもそうでしたが、歴史の教科書って、断片的なことしか書いていないので、その間の細かいことって、中学・高校レベルでは習わないですよね。

でも、あの大政奉還して、龍馬が亡くなって、具体的にどう明治になって、天皇が京都から東京に移され、政治がどう変わっていくのか、その辺を詳しくやってほしいです。

歴史のそういう本を探すしかないですかね~。DVDで、「桜田門外の変」だったか観たんですが、よくわかりませんでした。。。

映画やドラマって、歴史の事実と少し変えてあることもあるので、そのまま信じたらダメですけど、その辺の日本の歴史を知っておきたいな~、と思います。

でも、歴史小説(ノンフィクションでも)って、どんなの読んだらいいのか全然わかりませんね~。歴史小説に詳しい方に聞くしかないですかね。

 

「平清盛」に話を戻しますが、松雪泰子さん演じる皇后でしたっけ、とっても怖~い!

女って恐ろしいですね。壇れいさんが演じる役って、あんまり狂喜の役とか恐ろしい女の役って、あんまりないから、可愛らしいけど、女優としては印象に残らないでしょうか。それに引き換え、松雪泰子さんの演じるような、悪役って、印象に残りますよね~。女優として、見せ場ですかね。

鳥羽院役の三上博さんも、強烈で、この俳優さんをTVで観たのは、私は久しぶりなんですが、この方も演技はすごいので、強烈です~。

このドラマ、最初の伊東四朗さんの、白川上皇なんて、化け物みたいで、びっくりしましたし、松田聖子さんがなんで、大河に出てるのかも、よくわかりませんでしたが、松田聖子さん以外、演技力のすごい俳優さんばかりで、かなりかためてあるのに、どうして視聴率悪いんでしょうね。。

ワイドショーかなんかで、脚本が悪い、と誰かが言ってましたが、脚本が悪いのか、私にはよくわかりません。大河ドラマって、最初は、あんまり進展ないと思うんですけどね、龍馬のときも。

 

観てない方は、よかったら、来週から松山ケンイチさん、観てみてください。予告編では、頭首になって、きれいな格好になってました。ひげもこぎれいになってました。

(私は、ひげのない松山さんのほうが好きですが、この時代、大人の男性は、やはりひげなんですかね。。。顔がちょっと童顔に見えるから、余計でしょうか。)

NEC_0069.JPGNEC_0066.JPGNEC_0068.JPGNEC_0070.JPG

先日、スタッフと一緒に、姉小路高倉東入るのところにある、「ルナールブルー」さんに、ご飯を食べに行ってきました。

http://renard-bleu.newshop.jp/index.html 

クリニック界隈で、まだ行ったことのないフレンチを探していたところ、こちらを見つけ、行ってきました。

食べログでの評価も高く(食べログの評価もアテにしてると、エライ目に遭うこともありますが、私は、点数が3以上だったら、普通にいいのかな、と思います。あとは、好みですよね。味にしろ、雰囲気にしろ、価格にしろ。ひとそれぞれですから。高得点でも、サクラも混じっているので、高得点目でも、信じたら、いけませんね。あくまで、情報は、情報です。きっかけにはなりますが、実際、自分に合うかは、行ってみないとわかりませんもんね~。

結論から言いますと、こちらのお店、私には大当たりでした!

入った瞬間から、「ここは何を食べてもおいしいはず!」と私の食の神様が大興奮して私にお告げをしておりました。

店内は、HPの写真よりも、もう少しアットホームで、いい感じです。リラックスできるお店です。

常連さんらしき方が多く、年齢層もその時は、高めですね。大人のお気軽うまいものフレンチって感じでしょうか。

お値段も良心的で、ワインも銘柄は私はよくわかりませんが、良心的な価格で、おいしかったです~。

赤ワインをボトルで1本お願いしましたら、とっておきのが、残りわずかだそうで、それが一番お得で、1本4200円だったか。しかも、おまけで、もう少しずつ、グラスに全員にサービスしてくださいました。飲んべいだったから?

夜のお料理は、お任せでコースもできるようですが、4200円、5460円、6300円とプリフィクスで、前妻もメインもスープも選べて、コースと言いつつ、アラカルトで選べるところが、よかったです。

定番のお料理は、HPにも載っていますが、その日に仕入れられた材料で、その日のお薦め、という黒板を持ってきてくださいます。

これが、全然選べない。。。どれも食べたい。。。選べない。。どうしよう。。

こなってくると、おまかせって呑気に待っていたらいいかも、と思ってしまいました。

もうね、全部食べたい!

定番では、エスカルゴもすっごいおいしいらしく、猪のパテが、全然臭くなく、とてもうまいらしい。。。

でも、本日のお薦めも捨てがたい。。。

 

真ん中のコースの5460円のにしました。これだと、前菜が2種類も選べるんです!メインは、魚かお肉か、これまた好きなのを選びます。

メイン2種類食べるのは、ちょっと重いかもしれないけど、前菜は、もっと食べたい!(でも、2皿が限界でしょうね。。)

 

迷いに迷って、私は、この日のお薦めの、旬のたけのこと穴子のサラダ(正式名称、忘れました。。。)1年でも、数日(だったかな?)くらいしかメニューに登場しないそうで、春のこちらの名物料理だそうです。

そう言われると、食べたくなります~。

お野菜たっぷりで、とってもおいしい~♪

その次は、念願の猪のパテです。

いろんな方のエッセイで、もらった猪肉が臭くて、調理してもうまくいかなくて、もてあました、みたいなのをよく読んでいたので、臭くない猪肉、というプロが調理したものを、一度食べてみたかったんです。

。。。全然、臭くないっ!他のスタッフも、子供の時に食べた猪と、ニオイも全然違うし、とってもおいしい!と感激してました。

スープは、グリンピースのポタージュです。

ポタージュスープって、フレンチならでは、ですよね。あとは、洋食屋さんくらいかな。

フレンチの手の込んだポタージュって、とっても優しいのにコがあって、大好きです~。

メインは、ずっと狙っていた牛ホホ肉の赤ワイン煮です。これもフレンチって感じですよね~。おいしいところの、牛肉の赤ワイン煮は、とろけるし、コクはあるしで、パンもワインも進みます~。

ちなみに、こちらのパン、最後のほうで知ったんですが、あの有名な「吉田さんのパン」でした。

おいしいな~と思って、普段、私は、一応ダイエッターなので、こういうお店では、どんなにおいしくてもパンは1回だけ、としているんですが、スタッフもおかわりする、というので、一緒に3回もおかわりして、おなががパンパンに。。。うう。。恥ずかしい。。。うちのテーブルだけ、パン山盛りです。たくさん、くださいました。

(「吉田さんのパン」というのが、一体何者なのかは知らないんですが、京都ネーゼに行った時も、レストランマエカワのカジュアル版の縄手ワイン食堂に行った時にも「吉田さんのパン」とわざわざ書いてあり、すべての場所で、パンはオーダーしたんですが、すべて、大変おいしゅうございました。ごちそうさまです。さすが、「吉田さんのパン」です。「吉田さん」とは、何者?)

最後はデザートの盛り合わせです。

こちらは、マダムがとてもいい感じで、お店全体の雰囲気を柔らかく、明るくされていて、ご主人であるシェフも、とてもいい感じです~。

また、いいお店を見つけてしまいました。

 

どこのお店も、日によってもメニューが変わったり、月ごとや季節によってもメニューが変わるので、全種類制覇って、なかなか難しいですね。

それだけ外食したら、体重も一体どんなことになるのか。。。

フレンチだけでなく、イタリアンも和食も中華もエスニックも焼き肉も、い~っぱいお店があって、まだまだ行きたい(行ってない)お店もあるので、一度行ったところに、次に行けるのは、なかなか難しい。。

 

ちなみに、こちらのお店、それほど大きなお店ではなく、こじんまりとされていますので、残念ながら座席数がそれほどないです。やはり、早めにご予約は取れれたほうがいいです。

京都の有名な飲食店はどこもそうですね。シェフやマダムの目の行き届く範囲で、きっちりとされているお店が、やはり当たりでしょう~。

オオバコのお店は、当たり外れが、その日のスタッフのメンツとかで、かなり出る気がします。。

 

すべてお任せでコース出てくるお料理もいいし、プリフィクスもいいですね~。

ほんとに迷います。

フレンチで、居心地がよくて、気張りすぎずに、リラックスできる、私のお薦めのお店は、

レストランマエカワ・ラ プレーヌ リュヌ・こちらのルナールブルーです。

今、思い出すのは、それくらいかな。まだ、行っていないお店もありますし、おいしいけど、コストパフォーマンスが悪いとか、サービスが悪いとか、でお薦めしないお店もあります。(ここには、書けませんけどね。)

もう少しカジュアルなら、オステリア バスティーユも、一度ランチに行きましたが、ボリュームがあって(ここ、私にとって、ポイント!)おいしかったです。

(ワンプレーランチもありますよ。たいていの女性客はワンプレートランチを召し上がってました。私が、ボリュームのあるセットを頼んだだけですので、少食の女性の方も、ご心配なく。)

夜なら、縄手ワイン食堂、よかったです。さすがに、レストランマエカワの支店です。味は確かで、しかもお安め。夜遅くまでやっています。こちらも、7時半くらいは、まだ席に余裕がありましたが、しばらくしたら、どんどん埋まってしまって、あっという間に満席でした。次から次へとお客さんが来られてました。

 

よろしければ、一度行かれてみてください。ぜひ、京都のランチ・ディナーのご参考に。

 

 

 

 

 

家のPCが最近ずっと調子悪かったんですが、とうとうリカバリまですることになり、リカバリしたのに、なんかダメそうです。。。根本的なところで、破損してるようです。。修理に出さないといけないみたいで、家の他のPCで今、書いています。

しばらく、ブログの更新は、難しいかもしれません。

PCって、相性というか、当たり外れというか、早めに調子の悪い子って、いたりしますよね。保険はかけてあるので、費用は心配ないと思うんですが、慣れ親しんだPCが、使えないのは、ちょっとさみしい。。。

東芝のダイナブックを使っていたんですが、買う時に、カラフルなVAIO(ずっとVAIOを使っていたので)か、ダイナブックか迷っていたら、ビッグカメラのオニーサンが、東芝は、PCのサポートは、すごく力を入れているから、詳しくない人には安心ですよ、と言っていて、東芝のPCを使ったことがなかったので、その時初めて買いました。

ずっと調子良かったんですが、ここ2週間くらいで、どんどん調子悪くなり、自分なりに調べたりして使ってたんですが、時間ばかり経過して、東芝のサポートセンターに電話しました。

東芝のサポートセンターは、オペレーターの方がたくさんいらしゃるのか、すぐに電話に出てもらえて、いろいろ教えてもらってやりましたが、リカバリしかないかな、となっちゃいました。う~ん、残念。仕方ないです。結構酷使しちゃったのかしら。。あんなに元気だったのに。。

でも、これでダメなら、リカバリと思っていたので、すっきりしたのと、東芝のこのsポートセンターは、買ってから1年以上経っていても、無料で(電話料金はかかったと思いますが)、サポートしていただけるんですね!

(ちなみに、VAIOは1年間でした。普通、1年かと思います。)

これはね、ほんとにありがたかったですね~。また、電話して、修理の相談もしないといけないんですが、修理のサポート体制も万全のようで、ありがたいことです。東芝って、いいんですね~。知りませんでした。

 

さて、今日は、昨日放送された、日本TVの新ドラマ「クレオパトラな女たち」についてです。

たまたま水曜日の昼間、ワイドショーかなんかで、番宣をされていて、美容外科が舞台のドラマと知り、ちょっと観てみようと思いました。

主演の佐藤隆太さんは、大学病院出身の形成外科医で、美容を全くやったことがない、ドクターで、病気でもないのに、体にメスをいれるなんて!というスタンスのドクターです。

父親の借金のために、3年間、美容外科に心を売って、お金を稼ぐという設定で、ドラマの舞台は、美容外科クリニックで、他の出演者も、美容外科医(他は、女医さんです)とナースと受付、という女だらけの職場です。

しばらく観ていて、「これは、どこの美容外科が監修をしているのかな?」と気になりました。

結構ね、真実に近いですね~。(かなり、美容外科をよく言いすぎている気がしますが、舞台が、美容外科クリニックで、美容外科大好きなスタッフが、美容大嫌いの佐藤さんを説得しますから、どうしても、美容外科のいい面を強調してしまいますかね。。)

ドクターの術衣(手術や処置のときに着る白衣、というか服です)が、カラフルだったので、これはもしや、ヴェリテクリニック(銀座の有名美容外科クリニックです。院長の先生も、ときどきTVに出ておられますね。)では。。。。

(このヴェリテクリニック、もちろん、業界では有名で、一気に名が知れましたかね。この銀座院の院長の福田先生でしたかね、福田先生の技量によるところが大きいと聞いたことがあります。本当かどうかは、面識もないので、知りません。

この銀座院がどこにあるかは知らなったんですが、以前に、銀座のピエールマルコリーニに、アイスを食べに行った時に、すぐそばにあったような。。。ここか~!と思ったのを覚えているんですが。。

最後のドラマのテロップで、「ヴェリテクリニック」と福田先生の名前を見つけました。ドンピシャ!でしたね。しょーもないことですが、なんか嬉しかったです。

 

さて、このドラマの中で、このクリニックのスタッフ全員、美容整形している、という設定になっており、ナース役の女優さんは、「私は、鼻とアゴを手術しているんですよ~」というシーンがあったり、患者さん役の女優さんで、目頭切開の抜糸に来られてるシーンがありました。

(目頭切開をしたような目の女優さんを探してきてるということですね。ほんとにやったかどうかではなく。ちなみに、この役柄は、鼻もアゴもさわっていたっけ?クリニックの手術の常連さんという役でした。

よく女優さんたちは、それぞれの役を引き受けられたな~、と少し関心しました。

やってないとしても、誤解を招きやすくなりますよね。

それで、思い出したのが、その目頭切開の抜糸のときに、患者さん役の方が、「もっと大きく切ってもらえばよかったかな~?そしたら、もっと目がおおきくなったのに」というシーンがあり、女医さん役の稲森いずみさんが、「これ以上大きくすると、(目頭を広げて)ここの赤みが見えて、きつい感じに見えるし、これくらいのほうが、日本人らしい丸みがあっていいんですよ」みたいなことをおっしゃってました。

実は、私の目って、目頭、とっても開いているんです。その「きつい」と稲森いずみさんが言った、「赤いの」、完全に見える状態です。。小さい時から、あまり自覚はなかったんですが、目が大きいとよく言われ、デメキンとあだ名をつきました。

この「赤いの」が見えたから、きつく見えるわけではないと思いますし、ようは、顔全体のバランスや雰囲気なんですが、そういう風に言うことで、うまく患者さんを納得させているシーンなのかな、と思いました。

確かに、目頭切開は、やりすぎたら、おかしな顔になりますしね。(なんでもそうですが、ようは、バランスです。)

 

私が、研修医の時(形成外科の)に、たまたま他の女医さんと目頭を比べられ、その子は、完全に蒙古ヒダ(日本人に多い、目頭の皮膚の形です。目頭を覆いかぶさるように下りてくるので、目がその分、小さく見えてしまうのかな。。の目で、比べられことがあります。

でも、普通の形成外科をやっている分には、蒙古ヒダが問題になることもなく、人種での差がありますが、別に病気でも異常でもないので、一般の形成外科では、取り扱いません。

ところが、美容外科では、この蒙古ヒダが問題になるんです。それで、目の大きさや、二重まぶたの手術をするときに、術式や二重の形が変わることがあるんですね~。

専門が変われば、問題になることも変わるわけです。

美容クリニックに勤めていた時に、誰から聞かれたのか忘れましたが、「先生の目は、目頭切開をしたんですか?」と聞かれたことがあり、ああ、そう見えるのか、と改めて思ったことがあります。

 

久しぶりに、目頭切開のことを思い出して、懐かしかったです。

 

さて、このドラマ、今まで、美容外科医がメインのドラマって、なかったですよね。

医療ドラマのわき役とか、脱税のときに悪役(美容外科医がいかに悪く思われているのか、ということでしょうか)、というのではあったでしょうが、ここまで、どっぷり美容外科メインなんて。。日本TVは、すごいですね。。確かに時代の流れですかね。

手術のシーンとかも結構リアルに出ていて、美容医療に興味のある方は、観ていて、とっても興味深いかも。。こんなことするんだ!って。

でも、美容外科を推奨している、とクレームとかは大丈夫なんでしょうか。人ごとながら心配です。

それと、主役の美容外科反対派の佐藤さん役のドクターは、最後は美容外科にどっぷりはまるのか、また大学の形成外科に戻るのか、最終回が私は楽しみです。

形成外科のドクターでも、美容をするのかどうかって、自分の考え方だけでなく、向き不向きもありますからね。

美容外科医として学んだことって、保険診療の形成外科でも、絶対役に立つ経験になるので、形成外科医が専門医を取った後に、美容外科医に研修に行って、また形成外科に戻るって、ないこともないんでしょうけど。。

やっぱり、美容がしたいから、ほとんどのドクターは美容外科に行くんだと思います。

(形成外科医でもないのに、美容外科を適当にやっている、というのは、私が患者なら、あまり手術は受けたくないんです。やっぱり、知識と経験が違うから。

何年経てばいい、というものではありませんが、ある程度、形成外科で一通りの治療ができるようになってから、美容外科をしないと、やっぱりダメでしょう~。

個人の美容外科クリニックの場合は、ほとんど形成外科出身のドクターだと思いますが、手術前には、ご確認ください。

(形成外科医でさえあれば、それでいいのか、というと、そうでもないので、これまた難しいんですが。。。)

格安チェーン美容外科の場合、元内科医とかメスも握ったことがない、ほとんど(皮膚を)縫ったことがない、研修医終わりたて、みたいなのが、ごろごろいますから、そういうところでの手術も私は、勧めません。

(また、こういうところは、医者がころころ変わって、同じ先生に診てもらう、って、なかなかできませんからね。いい加減なもんです。)

 

話がそれましたね。

このドラマ、伽本が大石静さんだったので、おもしろいのでは?私は、とってもおもしろかった(興味深かった、というべきか)です。

毎週観ようと思います。

とくに、手術シーンは、かなり忠実に再現されていて、どこまでが本物の人間を使っているシーンで、どれだけが作り物なのか、わかりませんね。よくできています。

実際、豊胸の手術で、おっぱいに、シリコンバッグを入れて、形を診ているシーンがあり、これはさすがに、本物の人間じゃないよね・・・・?と思っちゃいました。

だって、本物だったら、完全に手術(全身麻酔とかで)中ってことになりますからね。

まあ、でも、ちょっと美容外科をよくいいすぎかな。。あのドラマを観たら、安心して整形を受けたくなる子も増えちゃうんじゃないでしょうか。とくに、若い子は。

ドラマの流れだから仕方ないのかもしれませんが、もっと副作用や術後のトラブルも放送しないといけないし、手術の説明のシーンm、もっと副作用のこと、言わないとね、そんな簡単に済ませたらダメでしょう~。(時間の関係で割愛されましたか。。)これから、そういうシーンも出てくるのかな。。

クリニック内の雰囲気とかスタッフの感じとかは、かなり本物そっくりに監修されてましたね。

あるあるある~、と思っちゃいました。

(スタジオのセットもきれいで、あのロビーや中庭が移る廊下のシーンとか、あれも、ヴェリテクリニックをかしてもらっているんでしょうか。。?それとも、クリニック以外の場所でしょうか?)

まあ、ご興味のある方は、一度ご覧ください。

でも、安易に美容外科に流されたら、いけませんよ。傷跡は、一生消せませんからね。整形に反対するつもりは、ありませんが、よくよく先のことを考えてから、ちゃんとしたところで、されてくださいね。

数年前より、「肝斑にレーザー治療ができる唯一のレーザー!」と話題になった、レーザートーニングですが、私は、ライムライトを使って、もう肝斑治療をしていたので、あまり興味がなく、レーザートーニングなりの副作用というか、経過があまり好きでなく、うちでは取り入れておりません。

 

このレーザートーニングをちゃんとやって、推奨されているドクターというのは、もちろんいらっしゃるわけですが、プレトリートメントをしてからやるとか、そのドクターなりにきちんと考えてやっていらっしゃる方が少なく、どこのクリニックでやっても、同じ効果が得られるわけではないんです。

料理のレシピと同じ、と私はよく言いますが、普通のレストランで、値段の割にまずいことはあっても、食べたからって、おなかを壊したりはしません。(衛生上、問題があるのは除外します)

でも、レーザー治療の場合、調理されるのは、患者さん自身の顔や体のわけで、調理の仕方がまずいということは、副作用が出まくる、ということです。

副作用にしても、あらかじめ聞いていて、起こりますよ。起こりえますよ、と言われていたものや、治療を受けるなら、経過として仕方ないものは、患者さんも、副作用が落ち着くまで、じっと我慢しないといけませんが、やるドクター側の経験・知識不足、あるいは、患者さんに説明の必要性すら感じていない医者もいます。

 

患者さんの中には、わざわざ大阪まで行って(京都から)、適応がないのに、トーニングされて、1クールしてから(かなりお金を使ってから)、効かないから、違う治療をしましょう、とライムライトを勧められ(ライムライトのほうが、もっと高いから)、もうお金がないから、違うクリニックを探して、こちらに来ました、という方がいらっしゃいました。

この方は、そばかすで、肝斑では全くなく(年齢も20代前半です。)、トーニングがしたかったなら、話は別ですが、ご本人はそばかすのために、治療を受けにいったそうです。

そこのクリニックに、ライムライトがあるなら、第一選択として、そばかすの治療は、トーニングではなく、ライムライトだと思うんですが。。。

よそのクリニックから、来られた方で、圧倒的に言われるのが、最初勧められた治療を、1クールして、それで効かないから、と医者に言うと、次に、もっと高いのを勧められた、という経緯があります。

その時のお肌の状態を診ていませんから、絶対にそれおかしい!と言い切ることはできませんが、たいがい、最初に勧められた治療は、「?」というものであったり、前世紀の遺物を言おうか、まだそんな(効かない)ことをやっていますか?という代物で、1クール終わってから勧められる治療が、普通第一選択で使う治療だったりします。

医療としては、あまり効かない治療を、エステ感覚で、値段を安くして、双方の長所と欠点(値段も)を説明した上で、患者さんが、安いからやってみたい、と効かない治療を選ぶ、というのは、アリでしょうが、何の説明もなかった、とみなさん、言われます。。。

それらのクリニックの真意はわかりませんが、話だけ聞いていると、悪徳商法そのもので、そんなあくどいことをやっていますか~?とこちらがびっくりします。

(そういう方全員、ネットの口コミサイトを見て、わざわざ行かれたそうです。口コミサイトも信用できるものもあれば、クリニック側がお金を払って、いいように載せてもらっているサイトもありますし、もちろんサクラもいます。食べログと同じで、慣れてくれば、やらせか、本当かある程度は判断できるようになりますが、わかりづらいこともあります。

受診するきっかけに、サイトを参考にされるのはいいと思いますが、実際にどうか、というのは、医師との相性も、クリニックの雰囲気もありますから、自分で受診して、診察・カウンセを受けてみないとわかりませんね。

(治療も実際は、受けてみないとわかりませんが、わからない状況で、最初から、コースを買うのはやめたほうがいいです。例え、結果的に、少々高くなってしまったとしても、お肌と治療の相性もわからないのに、最初からコースを勧めるクリニックは、私は、どうかな、と思います。

確かに、お金が違いますから、コースのご紹介はされることもありますが、熱心に、受付やドクターがお得感をアピールして、コースを買わせようとするところは、やっぱりおかしいでしょう。))

 

さて、レーザートーニングですが、肝斑やくすみ・炎症後の色素沈着に用いられることが、ほとんどです。それ以外でも使うことはあると思いますが、その場合は、ドクターから何かしら、説明があると思います。

ちゃんとしたクリニックで、そのドクターが信念を持ってされている場合、私は、一つの治療方法だと思いますし、患者さん側も選択肢は多いほうがいいので、いいと思います。

ところが、悪徳クリニックだと、まずロクな説明はないですし、薬を飲ませたり、塗ったり、日焼け止め、というプレトリートメントもいい加減で、(プレトリートメントはいらない、という信念でされているなら、いいんですが。。)、設定も適当で、照射もナースまかせ、コースを買っても、カウンセ以来、一度もドクターを見ていない(一度も診察をしてもらっていない)、という有様で。。

そんなところで、必ず起こるのが、まず悪化です。かえって色が濃くなる、ということです。

色が濃くなったから、もっとパワーを上げましょう、と(勉強不足である証拠です。こんなときは、ものにもよりますが、パワーを上げてはいけません。)勝手に強くされ、その結果、今度は、濃くなったシミの中に、水玉みたいに、白い斑点ができてしまうんです。

(わかっていないのに、強くしたせいで、色が抜けてしまったんですね。。)

ものすっごい、トラブルが多いです。(わかっていないクリニックで受けると)

ホントにひどいところは、トーニング用の機械ではないのに、「トーニング」というと、儲かるから、嘘をついて、使っているところがあって、これは、学会でも、できません、とたびたび発表されています。

私も、理論上、できないと思います。

 

何の美容医療でもそうですが、わかっていない、悪質な医者が適当に、たくさん患者さんに治療することによって、大量の副作用を発生させ、その結果、その治療自体が効かない、みたいに言われてしまうことがあり、根本的に間違っているウワサというのがとても多いです。

効かなかったと思っている貴女が受けた医療が、根本的に、おかしいことが圧倒的に多くて、機器そのもの、その治療そのものが悪いわけではありません。

 

さて、今回の学会でも、今までのレーザー治療を振り返ってみて、みたいなシンポジウムがありました。

名だたる先生方が、大変ためになるお話をしてくださいました。

レーザーの歴史というか、今までの治療の経緯ですね。それぞれの長所と欠点と。また、治療としての限界も。

その中で、ダントツに濃かったのは、大阪の葛西先生です。

(レーザーをやっているもので、葛西先生のことを知らなかったら、もぐりです。そんなやつは医者と名乗るな!というくらい、有名な先生です。

この葛西先生は、肝斑の原因は、摩擦だから、すべての刺激を止めなさい、止めるだけで肝斑は良くなる!とおっしゃった第一人者の先生だと私は思っています。

私もその意見に大賛成です。ただ、摩擦だけが原因ではない方も、1割くらいいらっしゃると私は思っています。でも、直接の原因ではないだけ、摩擦・刺激は絶対良くないので、私も患者さんには、いらんことはしないよう、必ず言います。

葛西先生のされている肝斑治療は、保存療法というやつで、何もいじっていないか、の確認と日焼け止めを塗っているかの確認くらいだそうで(薬を処方されたかどうかは、忘れました。)。。。

ただ、それだけでは、じ~っと待っている患者さんもつらいので、私は、薬もライムライトもイオン導入も使いますけどね。早く良くさせるためと、他のシミと美肌治療のために。)

 

葛西先生は、「肝斑にレーザートーニングは、反対です」「肝斑にレーザートーニングはやるべきではない!」と何度もおっしゃってました。

その理由は、やはりものすごい数の副作用やトラブルをご覧になったからだそうです。

ちゃんとわかってされているドクターはやってかまわないし、それを否定するつもりは全くなく、わかっていないのに、適当にやって、ひどい状態にさせてしまうドクターがあまりにも多すぎて、こういう学会だと、推奨ばかりの話が出るから、あえて反対意見を声を大きくして、今後も言っていきます、とおっしゃってました。

 

トーニングに限らず、これは、美容医療何でもそうですが、わかっていない医者が適当にやったら、たまたまうまくいく場合もあるでしょうが、大変危ない綱渡りをしているようなもので、患者さんからしたら、高いお金を出して、キレイになると思ってやっているのに、たまったものではありません。

葛西先生は、トーニングに限らず、他の美容医療のアンチエイジング系以外のものを、やるべきではない、と訴えておられました。

あまりにも、たくさんの副作用に悩まされている患者さんをご覧になって、悲しいと同時に、腹が立たれたんでしょうね。真面目に医療をやっていれば、美容に限らずなんでもそうです。

保険診療の場合は、まず命優先ですから、多少の副作用は、患者さんに我慢していただかないといけないところもありますが、美容は、やらないといけないことではないので、患者さんに、いいことだけ言って、幻想を抱かせて、処置をするな、ということです。

こんなことを、学会で大声で言えるのは、学会でも大御所と言われるような先生方だけなので、さすが、葛西先生です。

面識はありませんが、患者さんのことをホントに考えておられるドクターです。

 

トーニングでもなんでもそうですが、どんな医療でも必ず副作用があります。多かれ少なかれ。

それを何も言わずに、お金を払わそうとするようなクリニックは、例え老舗であっても、有名であっても(何で有名なのかは別として)、治療を受けてはいけません。お金もお肌ももったいないですから。

ちゃんと悪いことや、自分にとっては耳の痛い話(美容医療は、魔法ではないので)を、自分から聞かなくても、言ってくれるドクターに、せめて治療はやってもらいましょうね。

 

 

 

木曜日、クリニックが終わってから、東京に移動して、金曜日、ホテルニューオータニで開催された形成外科学会に参加してきました。

ご予約をお断りした患者さんには、大変申し訳なかったです。

 

今週は、用事が続いたので、また太ってしまった(史上最高の体重を更新中です。。。)のと、さすがに疲れました。。金曜日は、一日中、ずーっと座って講演を聞いているので、おしりが午後には、おしりがむちゃくちゃいたくなってしまいました。

(私くらい、脂肪がついていても、痛いんだから、痩せてる人はどうしてるのかな~と思ってしまいます。)

 

水曜日から3日間の開催で、参加したのは金曜日だけですが、金曜日にレーザーのセクションが固まっていたので、助かります。一部の美容医療(美容外科や注射系)の話は聞けませんでしたが、まあ仕方ないです。

形成外科学会は、他の美容系の学会には全く出て来られない先生というのが、来られるので、レーザーのセクションも独特の雰囲気です。

他のでは、お目にかかれないような、意見の交換会でした。

形成外科のメインは、腫瘍の切除や先天性の異常(見た目の)やアザの治療とか、保険診療がメインになりますから、久しぶりに行くと、ちょっと懐かしいですね~。

さて、今回も、クリニックを休んでまで、いろいろと行った甲斐がありました。やっぱり学会は行かないとね!

 

今回さらに勉強になったのは、やっぱりジェネシスいいわ~、ということです。

今もジェネシスのキャンペーンは、やっていますが、5月でも別のセットで、ジェネシス考えようかしら。。

 

傷跡の修正をレーザーで、どこまでキレイにしていけるか?

という発表が今回はとても多く、絶対に傷跡は、消せないということを前提で、(傷跡は消えると思っている患者さんがいるので、ドクター側は、はっきり言っとかないと、絶対にもめます。)どういうものをつかっていくか、という議論が多かったです。

浅い傷跡(リストカットとかの)は、かなり目立たなくなっている発表もありましたが、みなさんが共通して言うのは、深いのは、あまり変わらない、ということです。

傷跡の場合、ホントにちゃんとした施設とドクターにやってもらわないと、かえってひどくなったり、お金と時間も無駄だったりします。

悪徳美容外科の広告に、消えるように書いてあるかもしれませんが、そんなことは絶対に無理です。ちゃんとした施設と同じ機械を使っているとしても、レーザーは設定が命ですから、料理のレシピと同じで、クリニック、あるいはドクターによって、全然違います。

ちゃんとしたところと、悪徳クリニックが、同じ設定のわけがないですよ~。

ニキビ跡の凹み・水ぼうそうの跡の凹みも同様で、深いものは、あまり変わりません、という見解でした。

でも、すべての機器で比べられたわけでもないですし、今回発表していなくても、比較的いい結果を出していらっしゃる、ちゃんとしたドクターというのもいらっしゃいます。消せなくても、少しでも目立ちにくくする、という考え方で、どこまでやっていくか、ですが、ちゃんとしたドクターは副作用と医療の限界を、する前に必ず説明されるので、患者さんも、いいことだけ言うクリニックでやるのではなく、(そんなわけ、ありませんから)、ちゃんとクリニックは選んで、納得したうえで、(幻想も抱きすぎず)治療をされてください。

さて、今回の学会の自分にとっての目玉は、宇津木先生のご講演でした。

東京の帝国ホテルでご開業されていらっしゃいます。

宇津木先生のお話は、いつも大変わかりやすく、しかも素晴らしい内容なので、いつも楽しみです。ご講演が聴けるのも、形成外科学会だからでしょうか。

。。。ただ、午後一であったため、いつもお昼ご飯の後の発表は、聴いてる間に、居眠りをしてしまいます。

居眠りしてしまったら、どうしよう。。。でも、宇津木先生のお話だから寝るわけないっ!と臨んだにも関わらず、疲れが溜まっていたのか、ちょっと途中居眠りしてしまいました。。。ううう。。。。

今回はフェイスリフトの話だったので、手術をしない私には、直接関係のある話ではないんですが、途中寝てしまって、聞き逃したところは非常に残念ですが、素晴らしい内容でした。

なにより、フェイスリフトの結果は、抜群に素晴らしいっ!!なにより、見た目に自然ですね~。

60代だか70代だかの方が、まるで女学生のようになっていて、これが本当の年齢不詳ってやつか~、と光・レーザーの年齢不詳のとは、ケタが違います!

まあ、手術ですから、ケタが違うのは当たり前なんですが、フェイスリフト特有の、あの変な感じが、全然ないんですよね~。

手術方法も、かなりこだわっていらっしゃるので、ご自身でも、「絶対不自然にはなりません」とおっしゃってました。

中途半端にやるから、不自然になるそうで、

もちろん、スキンケアも徹底的に指導されていらっしゃるので、患者さんのお肌もピカピカです。

手術のやり方にも、ものすごいこだわりをもっていらして、以前のご講演の時に、ヒアルロン酸だったか、ボトックスだったか、注射系の処置でも、お一人に1時間かけているとおっしゃってました。

(帝国ホテルで開業して、一人1時間ということは、この注射代は、一体いくらなんだろう。。。と、思いましたが。。)

座長の先生がおっしゃってましたが、宇津木先生は、フェイスリフトに12時間かけられたことがあるそうで、こだわり具合がわかります。

12時間って、普通、美容外科ではやらないでしょう。。。

フェイスリフトの場合、どこを切っていくか、というのは、ドクターによっても違いますし、どうリフトしたいのか、どれだけしたいのか、というのでも変わると思いますが、頭の髪の毛の中を切っていくことが多いと思います。(生え際に沿って、というのもありますよ。)

髪の毛の中を切った場合、どこを切っても、傷痕というのは、一生消えないんですが、髪の毛の中だと、傷痕は、脱毛になって、一生毛が生えてこないわけです。

普段は、他の毛で隠せても、美容院に行ったら、見られてしまうわけです。

メスで切る時に、毛根を傷つけてしまいますから、脱毛になっちゃうんですね。

ところが!宇津木先生は、毛の流れというか、毛根の位置を診て、メスをいれていかれるそうで、全く脱毛にならないんです!これは、むちゃくちゃスゴイことです!わかっちゃいるけど、誰もマネしませんよ~。それだけで、どれだけの時間と手間暇がかかるんだか。。。やってて、途中で、イヤになってくると思います。

フェイスリフトに、命をかけていらっしゃる、と座長の先生もおっしゃってました。患者さんは、幸せですね。

(手術代は、いくらになるのかは、知りません。。。)

 

美容系の医療の場合、手術でもレーザーでも、東京が情報の発信の中心になることが圧倒的に多いんですが、やっぱり東京は、スゴイ先生がたくさんいらっしゃいますね~。

 

 

 

1 / 212