プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2012年05月



6月のキャンペーンを、大急ぎで考えました。

去年は、ブライダルキャンペーンをしましたが、ブライダルメニューは、通常のメニューにしてしまったので、今年は、ブライダルキャンペーンはなしです。

まあ、ブライダルに関係ない方は、参加できないキャンペーンでしたしね。

 

6月に入るということは、ちょっと湿度も上がってきて、汗・皮脂がたまる季節になってきました。

また、紫外線も強い日が本格的です。

(まあ、ホントは梅雨の時期は、雨の日も多いので、晴天の日と比べると、紫外線は、少しマシではあるんですが、基本年中、紫外線対策としては、油断は禁物です!)

そこで、キャンペーンは、

毛穴とシミの対策強化月間としました。

 

まず、毛穴ですが、ジェネシスもグリシルグリシンもピーリングもいいんですが、鼻の固い皮膚のところは、なかなか毛穴が小さくならないことがあります。

全部の治療を、同時進行でやっていくのも、お金もかかりますしね。

そこで、ロングパルスヤグレーザーの、鼻の無料追加照射です。

 

ロングパルスヤグレーザーって?

すっごい簡単に言えば、ジェネシスを皮膚に直接つけてあてていく、もっと強いあてかた、と思っていただくのが、一番わかりやすいかな。。

 

ホントやタルミ治療に使えないかと、いろいろやってみましたが、私自身が、う~ん、という感じで、タルミはタイタンで十分で、わざわざ恩着せがましく、無料追加!って期待させるほどには。。。というできばえで。。(少なくとも、私はそう思いました。)

じゃあ、この設定で、鼻の毛穴にはいいんじゃない?ということで、結構いい!と確信が持てたので、今回のキャンペーンです。

このキャンペーンで、好評であれば、定番メニューに追加するかもしれません。こうご期待!

 

さて、毛穴の強化月間とくれば、やはりGG(グリシルグリシン)とピーリングは欠かせません。

そこで、全部がセットにしたメニューをキャンペーンにしました。

ただし、ピールバー(ピーリングの石鹸)は、肌質や状態によって、処方できないこともありますから、それは、ご了承ください。

できるかどうかは、お肌を診てから、です。

診察・カウンセなしで、買えないことはないですが、うちでは勧めません。

ピーリングは両刃の剣で、適応がないのにやったり、強さを間違えたり、やり方が違ったり、とかすると、反ってお肌はボロボロになりますからね~。誰でも、なんでもやっていいものではありません。

注意が必要です。

 

それと、忘れてはいけないのが、シミを少しでも貯めないように、ということで、ナビジョンのトラネキサム酸のシリーズや、エクイタンスをセットにした、スペシャルケアです。

これだけ、ホームケアしたら、梅雨のうっとうしい日でも、おうちで、おこもりして、美白に専念できるかと。。。

雨の日は、おうちでのんびり♪、というのもいいものですよね~。のんびりできる時間は、なによりも贅沢です。

 

そして、忘れてはいけない日焼け止めキャンペーンです。

もう、これは、年中キャンペーンしてもいいのかも。。。

今回は、ナビジョンのTAのWシリーズの、ローションのミニミニサイズをおつけします。

私は、化粧水は、別につけたくないなら、つけなくてもいいですよ、という派ですが、このナビジョンの化粧水、つけると、気持ちいいんですよね~。それで、私もつけています。

パウダールームでも使っていただいていますが、大好評の、このローション、この機会に、おうちでもお試しください。旅行にも便利ですね。

 

今回のキャンペーンのお菓子は、先日ご紹介しました、「あめやえいたろう」の「スィートリップ」!とっても可愛らしく、とってもおいしいんです!眺めてるだけで、気分いいですよ~。気持ちは、アガります!

数に限りがあるので、今回のキャンペーンは、参加するのに、少しお高めに設定させていただきました。申し訳ないです。。。

でも、この「スィートリップ」、たくさんの種類があって、全種類制覇したいですよね~。

私も、まだ「さがほのか」を食べただけで、全種類制覇なんて、とてもとても。。。いつになるやら。。。キャンペーン、余ったら、いただこうかしら。。。ニヤリ。。

 

種類が多いので、1種類に、それほどの数をご用意できていません。

もし、この味がほしい!ということであれば、お早目に。

一応、今販売されている、全種類は買ってきましたので。

レーザーとかされて、日焼け止めを購入されれば、キャンペーン参加ですから、よろしければ、ぜひ!

日焼け止めはいくつあっても、足りない季節到来ですので。TPOに合わせて、いくつか種類を持っておくのも、とってもおススメですよ~。

さっき、家族と一緒に観ていて、私が、DAIGOさんだと思っていた俳優さんは、DAIGOさんではなくて、三浦翔平さんという、俳優さんだったんですね。。。

全然気づきませんでした。。。

ずっとDAIGOさんだと信じ切ってました。。。

「全然顔違うやん。」と言われ、調べてみると、違いました。。。

 

DAIGOさんって、こんな顔と違いましたっけ。。。?

DAIGOって、演技もちゃんとできるんだ、と勝手に納得してました。

 

もうね、最近のTVに出ている、若い子の顔をね、区別つかなくなってきたような。。。

年ですか。。。

 

AKBのメンバーも、あんまり区別つかないし。。。

 

ところで、小顔にする方法ですが、確かに、アゴの骨を削れば、顔は小さくなりますが。。。。いきなり、骨切りしなくても。。。しかも手術代が、400万以上だなんて。。。

美容外科だから。。。?(このクリニックは、東京でも3本の指に入るくらい、一流のクリニックという設定なので、お値段も、かなり一流という設定なんでしょうか。。)

 

患者さんがどう考えるか、ドクターがどう考えるか、によっても、全く意見は違ってきますが、いきなり手術しなくても、とりあえず、エラボトックスで、様子を見たらいいと思うんですけどね。。。

とりあえず、注射して、様子見るだけでいいし、必ず元に戻るので、そういう意味では安全です。

そりゃ、元に戻りますから、エラを小さくしておこうと、維持するなら、定期的に注射が必要ですから、お金はかかりますが、そうたいした副作用はないので(手術に比べると)、元に戻せる、というのは、とてもホントはいいことです。

 

手術で、アゴの骨を削ると、もう元には戻せません。

人工骨とかを入れて、手術をして、なんとか元に近い状態にしてくれる美容外科クリニックもありますが、えらいお金がかかることです。

 

もちろん、最初から、ちゃんとしたクリニックで、手術してもらえば、結果に満足されると思いますが、ちゃんとしないクリ一句でされると、ほんっとに、おかしな顔になります。

 

昔、アゴの骨切りをして、元に戻してほしい、という患者さんを診たことがありますが、アゴの角が完全になくなっていて、どこから顔で、どこから首なのか、もう全然わからなくなっていて、すっごい間延びした顔、っていうんですかね。

前から見ても変だし、横から見たら、顔と首がつながいっているように見えて、なめくじやカタツムリとか、蛇とかと同じで、顔と首の境目がないんです。

めちゃくちゃ、編です。

少々、アゴが張っていても、アゴの角はないとね、絶対おかしな顔なんです。

 

ちゃんとしたクリニックでは、当たり前ですが、そういうこともわかっていて、全体のバランスを見て、手術でどこまでできるのか、できない場合は、ちゃんと説明があると思うし、できる場合は、もちろん計算して手術されますから、そういうことは起こらないと思います。

 

ただ、アゴの骨を切る、というのは、もちろん全身麻酔ですし、術中の出血と、術後の腫れ(痛みも)は、半端ないと思いますよ。

「骨を切る」というのは、そういうことです。

ちゃんとしたクリニックでは、もちろんアフターケアもちゃんとしていると思いますが、ちょこっと二重にするとかと、リスクのわけが違いますから、くれぐれも簡単に考えませんように。。。

ちゃんとしたクリニックでは、手術代も、かなりの値段してきますから、気軽にはできないようになっていますけどね。。。

だからと言って、格安クリニックでやると、ホントにエライことになることがありますから、ご注意ください。

手術代のケタが違う、とか、普通に考えて、何かを省かれていないと、おかしいでしょ?

高いから、絶対、いい手術とも言えませんが、安すぎた場合、ちゃんとやっているクリニックと、全く同じ質であるわけがないと思います。ボランティアではないですからね。。

なにか、値段を下げられる理由がないと。

 

エラボトックスをしたからと言っても、骨を小さくしているわけでなく、エラの筋肉を細くしているだけですから、骨による輪郭を変えることはできません。

でも、エラの筋肉が発達していて、筋肉が太い方は、エラボトックスをするだけで、ホントに少し輪郭が変わります。

まず、それで、どこまで自分が納得できるのか、様子を見たらいいと思うんですけどね。。

 

それでも、まだ気になるなら、脂肪が付きすぎているなら(あくまでも、付き過ぎてるなら、です)、脂肪吸引を、

それでもダメなら、骨切りと考える、という順番でいいと思います。

 

やっぱり手術は最終手段で、普通は元に戻せませんから。

 

エラが気になる、という方で、脂肪吸引が有効、という方は、あまりいないかな。。。

顔の脂肪吸引の適応のある方は、「小顔」にしたい、と言って来られる方の中には、いらっしゃいますが、「エラがきになる」と言って来られる方の中には、、かなり少ないかも。。。

顔の脂肪が気になる方の場合、小顔に、というよりも、最初から、顔の脂肪吸引希望として、来られるので、あまりこちらから、脂肪吸引をバンバン勧める、というのは、かなり少ないかも。。。

 

そりゃ、最後は、骨の問題だけが残ってきますから、骨を切らないと、顔のサイズは変わらない、ということになるかもしれませんが。。。

顔の縦のサイズは、変えられませんから、横だけにあんまり、目が行き過ぎると、悪徳美容外科の餌食になりますからね。気を付けましょう。

 

なんでもそうですが、多くのクリニックが勧めないような手術を、そこだけが引き受ける、というのは、まあ、ありえないでしょう。

よほど、そこが、手術で超有名なクリニックなら、別として。

世間一般の人からは、知られてなくても、知る人ぞ知る、手術のうまいドクターというのは、いるかもしれませんが、それでも、リスク自体は大きいので、安直なことだけ説明されて、手術をやってしまうのは、やめておいてくださいね。

 

あんまりやり過ぎると、ホントに全体のバランスを壊しますから、まずはエラのボトックスです。

適応があった場合、ほとんどの方が、とりあえず気が済むと思いますよ。ここまでできるんだ、と納得できると思います。

注射なりの、細かい副作用は、もちろんありますが、手術ほどの副作用はないので、そういう意味では、お手軽だし、時間もさほどかかりません。

 

その程度で、納得するのが、私は一番いいと思います。

骨切りを絶対しないといけない気持ち、わかるな~、と思った患者さんには、今まで会ったことはないので、(自分から相談して来られた方の中で。)手術は、やはり勧めません。

いきなり、手術を勧めたこともありません。

美容外科は、手術をするのが仕事ですから、手術をしないと、お金ももらえないわけで。。

適応からはずれないのであれば、普通に、手術で話は勧めていかれると思います。

話を聞いたら、普通にやりたくなると思うので、(あちらも、させることのプロですから。)、話だけ聞きにいくなら、まずは、エラボトしてから、考えてみては?

NEC_0089.JPGNEC_0090.JPG

東京の「あめやえいたろう」という、お店、ご存知でしょうか。http://www.ameyaeitaro.com/ 

私も全然知らなくて、以前雑誌かなにかで見て、ずっと気にかかってたんです~。

 

なんと、こちらは、グロスのように見えますけど、実は、飴です。「スィートリップ」という名前の商品で、これは、確か、銀座三越と新宿伊勢丹限定商品だったかと。。。

 

江戸時代は、飴を唇に塗って、艶をつけてたそうです。

 

写真の左側は、いつでも売っている、スタンダードなセットで、

中身はこんな感じです。

有平糖という飴に、果物からの抽出物を混ぜて作ってあるようです。

 

普段売っている分は、

「ラズベリー」 「ストロベリー」 「ダマスクローズ」  「ルビーグレープフルーツ」 「晩柑」 「有平糖(シンプルなものです)」の6種類に、

期間限定かな、「あまおう」 と、 「さがほのか」 の2種類が追加と、

「ぬちまーす」という、沖縄の海水を使用して作った、「ハイビスカス」 と 「清見みかん」 と 「ライチ」 の3種類です。

全部で、11種類です。(写真 右です。有平糖は、写してないです。)

特に、この「ぬまちーす」の「ハイビスカス」は、グロスの代わりには、一番おススメだそうです。

 

実際、「さがほのか」をの食べてみましたが、おいしいっ! くどくなく、でも飴の甘い、さっぱりした味で、あっという間に、全部吸ってなめていたくなりました。

 

見た目も可愛いし、見てるだけで、とってもテンション上がります~。

 

こちらは、6月のキャンペーンのお菓子にしました!

学会の途中を抜け出して、タクシーで三越銀座に行ってきました。

お好きな種類を、おひとつプレゼントいたします。

ただ、買ってきた数に、限りがあるので、これは無くなり次第、終了です。

また、各種類の数も限られていますので、狙っているものがある場合は、お早めに。

(無くなった後は、よその飴になります。何になるかは考えていません。。)

ちなみに、6月のキャンペーンを何にするのかは、全くまだ未定です。。。

 

 

 

NEC_0083.JPG

土曜日、クリニックが終わってから、東京で開催されている美容外科学会に行ってきました。

さきほど、家に帰ってきました。

 

この美容外科学会は、形成外科学会がやっているほうではなく、主に開業医の美容外科中心のほうの、いわゆる本当の昔からある、美容外科です。

形成外科の専門医の資格がなくても、「美容外科医」と、自分で言えば、極端な話、誰でも「美容外科医」になれるほうの、美容外科学会です。

いい悪い、は別として、実際の実践に場に、より近いのは、こちらになるのかな。。。?

でも、医学的にどうなのか?というところまで、検討をちゃんとされてるわけではないので、そのまま、真に受けると、自分がとんでもない目にあったりしますから、ケースバイケースでしょうが。。。

 

今回の学会会場は、ホテルオークラ東京でした。

ホテルオークラ。巨大ですよね。

東京の、老舗のホテルは、どこも巨大です。

近くの駅から歩いたら、ちょっと遠いですね。。

今回は、時間もぎりぎりで移動するし、朝も早いし、やっぱりオークラに泊まるしかないか。。。でも、オークラ、学会のホテルとして泊まるには、結構高いです。。

う~ん、どうしようかな。。。と悩んでいたら、以前雑誌でも見かけた、「伝統のフレンチトースト」、思いだしました。

一度、食べてみたかったんんですよね~。

ブログのネタもかねて、オークラに泊まってみるか、と今回、オークラに決めました。

楽天で、スタンダードダブル、一人で、31,500円なり。朝食に、フレンチトースト(サラダと紅茶、もしくはコーヒー付)で、税・サービス料込です。(宿泊税別)

いいお値段です。

 

会場は、オークラの本館の宴会場で、着いてすぐに、学会の手続きをして、その後、ホテルのロビーへ、チェックインへ。

ロビーに近づいたら、すばやくドアマンの方が、「どちらにいかれますか?」と声をかけてくださいます。

チェックインがスムーズにいくように、手配してくださいました。

お部屋は、一番下の、スタンダードですが、かなり広くて、アメニティの充実ぶりもすごいです。タオルもふんだんにあって、フカフカのバスローブまで。至れり、つくせり。

 

ただ、トイレの便座が、ウォッシュレット機能しかなく、冷たいです。。ちょっと悲しい。。

。。。なんで、31,500円も払って、便座冷たいねん、とちょっとムッとしました。(トイレ、座るのが、ヒエっ!となるから、苦手です。。)

ポット用に、大きなミネラルウォーターがおいてあり、ありがたく、いただきました。

 

朝、7時半に、「オーキッドルーム」に、フレンチトーストを予約してるので、

(フレンチトーストは、数量限定なので、予約制です。スムーズにいくために、朝食に時間もあらかじめ、伝えておきます。学会会場に、8時半か9時までにはいかないといけないので、朝ご飯は、7時半です。

フレンチトーストは、お客さんが来てから、焼くので、15分ほど、お時間をいただきます、と書いてありました。)

絶品と噂のトーストのために、6時半起きです。(髪の毛が、朝お風呂に入ったら、乾かさないといけないので。)

ううう。。。なんで、トーストのために、早起きやねん。。。(自分で選んだんですけど。。)

 

支度ができて、レストランのフロアへ。(ロビー階でした)

ロビーについても、「オーキッドルーム」がどこにあるのかわかりません。

エレベーターを降りて、頭を2回ほどキョロキョ、としだしたら、すぐさま、ホテルマンの方が、「どちらをお探しですか?」と、声をかえてくださり、レストランの入り口がわかるところまで、案内してくださいました。

レストランは、もっともオークラを象徴するダイニングだそうで、天井がとても高いです。

ホテル内は、老舗ですから、悪く言えば、ちょっと昭和な感じですが、「古くさい」というよりは、「伝統」という言葉がぴったりです。

なんか、居心地がいいんですよね。ゆっくりできるというか。。。。雰囲気なんでしょうか。。?

 

レストランのスタッフの方々は、キビキビとムダのない接客なのに、とても丁寧で、ものすごい気配りをされています。

すぐに、予約のテーブルに案内してくださり、フレンチトーストを焼くのに、15分少々かかうことを、もう一度説明されました。

その間に、紅茶とサラダを持ってきてくださいます。

(サラダの写真はありませんが、ドレッシングもちょうどよく、ホントに、「ホテルのおいしいサラダ」の代表みたいな感じでした。シンプルだけど、手間暇かかってます。

紅茶も、ポットで、火傷するくらいの熱々で、朝食ブッフェに慣れていたので、新鮮な驚きでした。)

とても気持ちいい空間で、のんびりお茶をして、サラダを食べていると、いよいよフレンチトーストのおでましです!

写真は、ワンピースです。

プランを選ぶ時に、ワンピースか、ツーピースか、さんざん迷ったんですが、一応ダイエッターなので、ワンピースにしました。

女性なら、ワンピースで、十分と書いてあったような。。。

 

最初、「よろしければ、追加もどうぞ。」とおっしゃってたので、ジュースがほしくなり、トマトジュースを追加でオーダーしました。

タバスコと、ウスターソース(リー&ぺリンの)、レモンが添えられていて、またそのトマトジュースが、ムチャクチャおいしいっ!

。。。うま~♪ 生絞り? やっぱり、ブッフェのトマトジュースとは、くらべものにはなりませんね。

 

そして、いよいよ、フレンチトーストへ。。

バターとメープルシロップが添えられていますが、まずが、なにもつけずに一口。。。

。。。。うま。。。うまいっ!。。。うま~い♡ 。。なにこれ?むちゃくちゃ、おいしい~♪

バターをのせると、熱々なので、あっという間に、バターが解けていきます。

もうね、メープルシロップは、全部かけちゃいます!ダイエットなんて、関係ないです!!

 

一口、一口、ゆっくり噛みしめながら、味わいました。

テイクアウトも可能だそうで、レシピも、HPで公開されていらっしゃいますが、これは、ここで食べないと、この味は、やっぱり無理かも。。。。

材料も、とても吟味されてるんでしょうし、焼き方も、当たり前ですが、プロですから、家庭では、ぜえったい無理っ!と思いました。

 

ブッフェじゃないので、他のお客さんも、のんびり優雅に食事をされていて、スタッフは、その間をキビキビと動かれいて、朝から、むちゃくちゃ優雅に、ゆったりした別の時間を過ごさせていただきました。

 

これは、31,500円、するわ。。。。(全部でですけど)

 

納得価格です。

 

朝食代がいくらするのか忘れましたが、素泊まりにして、フレンチトーストとちょこちょこ頼むなら、宿泊プランのほうがお得だったと思います。

(アラカルトで頼んだら、ホントにいいお値段してたはず。。)

 

このお値段、理解できました。

 

その後、トマトジュース分、チェックしていただきました。

その際、部屋番号を忘れてしまい、向かいの席においてある、バッグの中を見ればすぐにわかったんですが、「え~っと。。あ、バッグを見れば」と立ち上がろうとしたら、「こちらで、お調べしますので、大丈夫ですよ。」と、ホントにその後、調べてくださってました。

結構な手間でしょうに。。この朝の、スタッフからしたら、忙しい時間だというのに。。

 

その後、部屋に戻ろうと、エレベーターに向かうと、「絶対の一品」という、看板が。。。

オークラには、たくさんのレストランがあるんですが、それぞれの、レストランの、「これは、絶対召し上がってみてください」という感じの、一品が紹介されている、小さなパンフレットが、その看板の下に、並べてあって、私が、持って帰らないわけがない!

。。。ということで、全部、集めなければ!

1枚ずつ集めていると、先ほどのホテルマンの方が、「なにか、お探しですか?」と、また声をかけてくださいます。

 

チェックアウトの時もそうですし、最後に帰る時に、荷物を持っていると、どこからともなく、ホテルの方が寄ってこられて、サッと荷物を運んでくださったり、手伝ってくださいます。

小さいお宿は別として、こういう大型ホテルで、いまどき、こういうサービスをしてくれるところ、ホントに減ってますよね。

オークラで過ごしていて、「これが、世界のVIPを魅了する、ホテルオークラ東京のサービスなのか!」と、よくわかりました。

便座が少々冷たくても(本館でした)、これは、31,500円、安いかも。。

新しい、外資系のホテルとは、内装とか、そりゃ全然違いますが、これは、世界に誇れる、日本の代表するホテルなんだな、と、ちょっと感動です。

これだけ、気持ちよく過ごせると、また機会があれば、ぜひオークラに泊まりたいです!

 

外資系の高いホテルは、そりゃ、ハードはとてもいいですが、ソフトが値段に見合うか、というと、同じホテルでも、その時のスタッフによっても違いますしね。ムラがありますね。

宿泊のスタッフは、よくても、レストランは、もひとつ、とか。。

ひどいところは、ホントに、ハードだけで、べらぼうな値段を取られますよね。まあ、そういうところは、もう行きませんが。

(この東京以外の、オークラが、そこまでいいのかは、よく知りません。他府県のオークラにも泊まったことも、レストランも使ったこともありますが、このオークラ東京とは、やはり別物かと。。。私の少ない経験で判断すると。。

京都なんて、オークラって名ばかり?中身は、京都ホテルのままでしょうか。。今回泊まって、オークラのイメージは、180度変わりました。)

 

このホテルに泊まって、サービスを見せていただいただけで、とてもいい勉強になりました。

ありがとうございました。

 

追記: この、オークラの、「絶対の一品」。。。全部、制覇したいです。。。

今週の「クレオパトラな女たち」、ご覧になられましたか?

 

毎回、最初の出だしは、ちょっと変わった患者さん、あるいは困る患者さんから、始まるんですかね。

今週は、タトゥーでしたね。今、大阪で話題の。

ドラマでは、タトゥーを今すぐに消せ!という、あまり理解のよくない患者さんという設定でした。

レーザーでは時間がかかりすぎるから、すぐに消せ!、ということで、峰先生が、「じゃあ、皮膚移植をしましょう。血液検査をします。」と、皮膚移植の、なんの説明もなく、なんで、いきなり血液検査やねんっ!と突っ込まなくては!!

血液検査なんか待っていられないとごねる患者さんに、看護師さんが値段を言って、びびらせて追い返す、というシーンでした。

まあ、美容外科ではよくある話でしょうか。。

 

値段でビビらせる前に、副作用とかのリスクを話して、そんな簡単なことではないんですよ、と追い返すのが、正統派です。というか、当たり前なんですが。。。

毎回、このドラマは、副作用をあまり言われないので、そこはちょっと困りますね。

 

手首を切って、自殺を図ったアオちゃん(ナースです)に、「この傷、治して」と言われて、「抜糸が済んだら、皮膚移植しようか?」と、いとも簡単に、峰先生は言いますが、皮膚移植しても、また違う傷跡になるだけで、何事もなかったようには、全くなりません。

刺青やリストカットのところを切り取って、自分の体の、違うところの皮膚を切り取ってきたのを、そこに貼るわけですが、仮に、四角く切り取ったら、四角い傷跡のなります。

 

また、どんな薄さの皮膚を移植するかで、見た目も変わってくるんですが、提供してもらう皮膚を切り取ったところも、傷跡になるわけなので、その辺の兼ね合いが難しいところです。

提供する場所は、人目に付くところではダメなので、背中やおしりを使うことが多いです。

(大きな火傷で、皮膚移植をする、となると、背中・おしり以外に、頭やおなかも使われますが、全身の火傷だと、使える場所がないこともあるんです。)

この移植される皮膚は、薄ければ薄いほど、移植後の見た目は、かなり汚いです。

まず、縮みます。そして、茶色く色素沈着します。

いかにも、「貼りました!」と移植したことが、だれから見てもわかります。

 

じゃあ、分厚くしましょう。分厚い場合、縫い合わせるつなぎ目くらいしか、うまくいけば、傷跡はめだたないことがあります。

ところが、分厚く切り取られた側からしたら、汚い傷跡になるわけです。

人によったら、ケロイドみたいに、赤く盛り上がったようになって、かゆくなったり、「そこから取りました!」とわかるわけです。

これは、薄く取っても、ある程度、わかります。

かなり目立たない人もいらっしゃいますが、そうなかなかうまくはいかないんです。

 

火傷や事故は、傷跡とか美容とか言っていられません。

まずは、命が助からないと。

火傷して、皮膚がなくなってしまうと、そこからばい菌がどんどん入ってきたり、体の栄養が逃げて行ったり、とえらいことになるわけです。

だから、重症の火傷は、皮膚しか焼けなくても、死んでしまうことがあるわけなんです。

 

美容で、「皮膚移植」をする場合

刺青やリストカットなどの、過去を、知られたくないから、別の傷跡にして、ごまかすわけです。

火傷で手術された後、あるいは、事故やけがで、手術された後なの、とウソをついていくわけです。(正直に、刺青を取った後です、と、言う人もいるかもしれませんが)

その人がウソをつくことで、人生、変えていけるなら、それもそれでありです。

でも、傷跡は、一生残って消えません。

 

だから、軽々しく、「皮膚移植」なんて、いうことじゃないんですよ。

そういうの、全部説明したうえで、患者さんに選んでもらわないと。そうまでしても、手術したいのかどうか、です。

全くの、元の状態には、戻せませんからね。刺青もリストカットも。

 

ちなみに、手首を切っても、自殺はできません。

ただの自傷行為で終わります。

そういう人は、手首のところ、傷跡だらけで、そんな人が救急病院に行っても、傷跡をキレイに縫ってあげよう、なんて、どの医者も思いませんから、新人の、いい練習台(縫うことの)にされて終わりですよ。

手首を切るのは、止めましょう。

他の人も、リストカットのたくさんの傷跡を見たら、ドン引きでしょう。

手首は見えますからね。止めておきましょう。

(どうやったら、死ねるかなんて、教えませんけどね。)

先日に続き、エステのトラブルの話題です。

 

やっぱり、患者さんの、エステでのトラブルが絶えないんですよね。

エステでやっている、わけわからん光をあてる処置(治療ではないので、なんと呼んでいいのかわかりませんが。。)、エステの機器を作っている会社というのは、医療機器とは全然違う会社がほとんどで、以前にエステで、逮捕された脱毛機は、なんと中国製だったそうで。。。

中国製って。。。服じゃないんだから。。

今、美容医療の業界で、主流になっている医療機器メーカーは、全部海外のものと言ってもいいくらい、日本製というのがほとんどありません。

アメリカ、イタリア、イスラエルなどなど、韓国製も増えましたかね。

(医療機器で、中国製は、私は、さすがに聞いたことがありません。。。美容医療で、中国は、日本以上に、後進国ですからね。)

 

日本の企業が頑張ってつくっても、厚生労働省が全然認めてくれないので、時代から取り残されてしまうわけです。美容医療自体、ほとんど認められていませんからね。

アメリカやヨーロッパで、すでに使用され、FDAとかで認可された後になって、日本にやっと入ってくるんでしょうか。

どれくらいの早さで、日本に入ってきているのかは知りませんが、まあ、うちでは、最新式(発売すぐとかの)の医療機器を入れることはないので直接は関係ないわけです。

白人とアジア人(特に、日本人)とでは、全然肌の質も、治療・副作用の考え方も全然違うので、同じ設定でやったら、エライことになりますし、効果があったとしても、日本人には受け入れられず、ヒットしない、ということも多々あります。

それでも、ちゃんとした医学的なデーターは、どの医療機器メーカーも、出していて、(結果や信憑性は、ピンキリではありますが)、少なくとも、最低限度の安全性は、確認されているわけです。

それを、どう使っていくのかは、買った医者次第で、その医者の全責任において、設定をし、治療を行っていくわけです。

 

でも、エステの機械は、もちろん、そんなことはされていません。

だって、もともとが、医療機器ではないわけですから、そこまで、チェックも厳しくないでしょうし、「効果」を謳うものではない、ということで、表向き(裏向きは、どうなっているのか、わかりませんが。。)は販売されているんですかね。

でも、ある程度の「効果」が出ないと、お客さんからクレームになったりしますから、強くはできるようになっていて、そのエステの勝手な判断で(あるいは、業者から、裏ワザを教えてもらって)、どんどん強くして、火傷だらけになるという、恐ろしい悪循環のサイクルができるわけです。

 

エステにしろ、クリニックにしろ、患者さんからしたら、適当に光あててるだけの、簡単な作業やん、と思われている方がいらっしゃるかもしれません。

そりゃ、あてるだけなら、単純な作業です。

(それでも、これは、やる人の性格が出るので、クリニックでも、いい加減なナースがやると、隙間だらけで、さぼって、あてられたり、(これは、よく揉める原因です。人によって、結果が違うわけですから。)あてることに伴う、他のちょっとした、所作が雑だったり、と、されてる方からしたら、差があることには、お気づきでしょう。)

でもね、一番大事なのは、危険性がわかってやっているのか、どうしたら、どうなるのか、ある程度の原理がわかってやっているのか、だから、設定はこうする、ということまで、わかってやってるのか、ということです。

「効果が出る」ということは、それだけのパワーがあるわけで、やみくもに、強くしたらいい、というものではありません。

凶器なんですよ、使う人によったら。

 

亀岡の未成年の、無免許運転もそうですね。

今の法律では、あの場合、無免許だから、という理由で、起訴しても、公判が戦えない、という検察の判断なのでしょうか。

どんなにひどい事件でも、現状の法律で裁かれるので、無理なんですかね。法律を、無免許に対して、もっと厳しく改正しない限り。

車の運転なんて、ちゃんと免許を持って、普通に乗っておられる方からしたら、当たり前の、どうってことのない、動作ですよね。

でも、運転の仕方で、完全に凶器になって、人を殺してしまえるわけです。

 

エステの光で、殺されることはないと思いますが、エステの機械でも、パワーを上げれば、(効果が出る程度なら)、十分凶器になるわけです。

しかも、火傷や何かあっても、薬も使えないのに、です。

 

じゃあ、医師免許があれば、何をしてもいいのか、となるんですが、今の法律では、何をしてもいいんでしょう。

ただ、普通の医者は、自分で責任の取れることしかやりません。

専門じゃない科のことまで、深入りはしないし、自分の力以上のことを、患者さんが希望する場合、専門のドクターを受診するように、勧めます。

普通なら、ね。

「医者は、患者さんにとって、いいことしかしない」という、性善説で、今の法律ができてるようで、いい人ばかりなら、問題ないんですが。。

医者の中にも、もちろん、普通じゃないヤツもたくさんいて、レーザーで患者さんが火傷したといっても、処置どころか、薬すら処方せず、放っておく医者もいますし、救命処置もできないくせに、大量の麻酔薬を使って、脂肪吸引や豊胸術をやって、患者さんを死なせてしまう、バカ医者もいます。

(バカだから、麻酔科医にきてもらうとか、そんな大きな手術はやらない、という選択肢は、ないわけです。)

きつい薬をバンバン出して(何の説明もなく)、その副作用で、患者さんが苦しんでいても、気づかない医者もいます。

手術やレーザーだけが凶器になるわけではなく、検査で使う機器も薬も、医者だけが使えるものというのは、ホントに凶器になります。

(エステでなく、クリニックなら、どこでも安心、というわけでは、ないんですよね。)

 

エステの取締りとはまた別の話で、こういう医者も、なんとかしないといけないわけですが、資格がある分、表には出てこなかったり、保険診療ではない、美容医療の場合、厚生労働省も、なかなか立ち入れないわけです。

そういう意味では、医者って、「医師免許」という、国家資格に、かなり守られていることって、多いんでしょうね。

 

エステの場合、国家資格でもなんでもないですからね。

ほんの、ごくわずかな、一握りの方たちを除いて、エステって、素人の集団だと私は思ってます。

この人はエステのプロだな~、と思えたエステティシャンに、私は、今までの人生で、そう出会ってません。

「親切」なエステティシャンと、「プロのエステティシャン」は、また別物です。

そりゃ、バンバン、エステに通ってるわけではありませんが、仕事柄、エステティシャンの人と知り合う機会も多いです。

話していても、医学的なことと、全然エステで学ばれたことが、ホントに真逆だったりすることが多いです。

これは、エステの学校にも、問題があるんですかね。。?たまたま、その方々の知識と経験によるんですかね。。?

 

ちなみに、今までで受けてよかったエステは、タイのプーケットのバニヤンツリースパのスパと、香港のペニンシュラホテルの、ESPAのスパです。

他の国のスパや、国内でも、まあよかった、というのはありますが、この二つは、別格でした。ぜひ、また受けたいものです。

(お値段も、別格ですが。。。)

 

エステや整体で、マッサージを受けて、かえって、筋肉痛みたいな、モミ返しみたいな、痛みを、翌日や翌々日に感じたことはないですか?

痛いことをされると、筋肉に力が入りますから、そこを無理やり、また揉まれる(筋肉をつぶされることもあるでしょう)わけですから、モミ返しが来るんでしょうね。

ひどいところだと、「凝ってますね~」と言って、首とかの、腫れてるリンパ腺を、ぐりぐりつぶされたり、と、ひどいもんです。

なんの機械を使ってもいないのに、被害も出ていて。。。

最近、痛いマッサージが流行ってるのか(TVで、取り上げたりするから)、いろんなところが、わけもわからずマネして、消費者センターに、被害が届けられてます。

(詳細は、国民生活センターの苦情のページを見てください。エステや美容医療のトラブルの事例が載っています)

わかわからんとやるなら、マッサージも、凶器になるんですよ。強けりゃいいって、もんじゃないですからね。

 

イオン導入もそうです。

エステティシャンというのは、なんで、あんなに、ぐいぐい力で押しつけて、導入しますかね?

それなら、男性に押してもらえ!という話です。

イオン導入なんて、電気の力で、奥に浸透させますから、力なんて、全くいらないんです。薬剤で濡れて、接触さえしていればいいんです。ある程度、しっかりと接触することは大事ですが、ぐいぐい押すのとは、わけが違います。

それを、ぐいぐい押すから、こすって、こすって、顔中、また肝斑になるわけです。

力も入れて、さらに、電気の出力も上げていくから、エステのイオン導入は、火傷するんですよ。

私からしたら、なんで、イオン導入で、火傷するのか、全くわかりません。

もちろん、火傷のリスクはゼロではありませんが、機械が壊れるとか、患者さんが痛いのを黙っていたとか、予想もできないことで、火傷することはあるかもしれません。

でも、普通は、火傷しないでしょう。

 

もうね、光とか、そういう問題でもないんですよね。

 

エステの、わけわからん、ピーリング剤もそうです。これも、トラブル、多いです。

またこれも、エステでは、強けりゃいい、と、バカの一つ覚えみたいに、強くしたりして、えらいことになっているところがあります。

ピーリングのトラブルは、美容クリニックでもそうですけどね。

誰でもピーリングしてもいい、いつでもしてもいい、というわけではないので、ピーリングする前に、私は、ドクターがちゃんと診察するべきだと思います。クリニックの本格的な、ピーリングであれば。

弱いピーリングでも、私は、いつでもやっていい、とは思いませんけどね。ひどくなっている方のほうが多いので。

いわゆる、やりすぎですね。だれか、止めろよ~、という心境です。

儲け主義に走れば、エステであろうが、クリニックであろうが、タチが悪いことには変わりなし。

きつい薬が使える分、クリニックのほうが、ある意味、もっとタチが悪いのかもしれませんが、そのドクターの信念でやっているなら(診察もして)、考え方の違い、で済んでしまうですよね。

クリニック選びも、とっても大変ですね。

 

エステ選びも大変ですが、エステは、リラクゼーションですから、何か効果を期待するのは、止めましょう。

「安い値段で、キレイになれたら。。!」
(実際のエステは、全然安くもないんですが。。。)

そんな、人間の欲を、あちらに見透かされると、利用されて、ポイッ!です。

利用されるのではなく、自分でうまく、エステを利用しないと。リフレッシュとして。

 

ちなみに、エステに行っても、木村拓哉さんにはなれませんので。

キムタクになりたかったら、整形するしかないですよ。

 

 

最近、ビタミンDって、どうなんですか?と数人の患者さんに聞かれました。

TVかなんかで、やりましたかね。

 

ビタミンDは、去年にあった、いくつかの学会や研究会でも、(一部の)ガン予防やアンチエイジングに効果あり、との発表があり、どのビタミン剤もそうですが、体にはいいと思います。

ただ、ビタミンDの過剰摂取は、ダメですけれどね。

取りすぎても、吸収されずに、おしっことかで出てしまうビタミンと、ずっと体の中に蓄積していくものと、種類によって違いますからね。

なんでも、どんどん取れば、いい、というものではないです。

 

確かにいいんですが、こういうビタミン剤にしろ、サプリにしろ、どこまで飲むか、なんですね。

 

うちで取扱いのある、医療用サプリは、何かしら、ある程度の効果が実証されているものだけを、取り扱っています。なんでもかんでも、取り扱ったら、飲むにしたって、キリないですからね。

 

学会で、発表を聴いた時に、私はまだいいや、と思ったのが、正直な気持ちです。

今ね、これ以上、もうサプリを増やしたくないというか。。。

今、飲んでるだけでも、まず、アスタリール®(アスタキサンチン)、ラエンネック®(プラセンタ)、パントガール®(育毛サプリ)、ビタミンB群 ビタミンB12 ビタミンC ビタミンE ビオチン(ビタミンH) コエンザイムQ10  亜鉛 アリナミン です。たまに、EPAも飲みます。

その日の体調によっても、飲む量や、めんどくさい時は、飲まないのもあったり、日によって違いますが、まあ、結構な量です。種類も。

ここに、さらに、ビタミンDを足すのは、今は、めんどくさいし、まだいいや~、っていう感じです。

 

飲みたい方は、もちろん飲まれたらいいですが、私が飲んでるサプリに比べて、そこまでビタミンDだけが、特別に優れているわけではないので、サプリを飲む時に、大切なことは、サプリに、何を求めているのか、です。

たくさんある中から、いくつか選んでいくわけですから、どれかひとつ、と思っていらっしゃる場合、多くの中から、いきなりビタミンDを選ばれると、????とは思いますけど。。。

 

女性は、閉経後、骨がもろくなります。骨粗鬆症という病気になりやすくなるわけです。

日本の女性の平均閉経年齢が、50歳と言われているそうで、私は去年の人間ドッグで、骨量を測ってもらいましたが、正常でした。

閉経したら、あるいは、骨量が減ってきたら、私は飲もうかな、と思ってます。

もちろん、患者さんで、閉経後、気になる、という方が何人か出てこられたら、入荷を考えますが、閉経後骨粗鬆症は、ちゃんと保険が通りますから、美容クリニックで、自費でサプリを購入しなくても、ちゃんと病院で(診断されれば)もらえます。

閉経後、あるいは、骨のもろさや量が気になる方は、病院で調べてもらって、異常があれば、病院で薬として、もらってください。それが一番です。

 

若い方の場合、総合ビタミン剤とかで取られてもいいと思いますが、サプリはあくまで健康補助食品なので、例え医療用のビタミン剤を摂ったとしても、それだけで、体の栄養がすべて賄えるわけではありません。

基本は、普段の食事です。バランスよく、まんべんなく、食べる、ということです。そのうえで、摂りにくい成分を、サプリにちょこっと助けてもらう、というスタンスでないと、飲んだサプリ全部が吸収しているわけではないですから、サプリに頼りすぎる方が、たまにいらっしゃいますが、あくまで薬ではないので、(薬くらい効果があったとしても)、そういう考え方は、私は危険だと思います。

なので、サプリに、過大な期待を持ちすぎている方の場合は、処方をお断りすることもありますが。まあ、そんな害のあるサプリは置いていませんから、どうしても買う!というなら、止めはしませんが、過大な期待に応えるものでは全くありませんが、いいんですね?と念を押します。それでもいいなら、出します、というスタンスです。

サプリって、あくまで、補助ですからね。

これだけ飲んだら済む、というものではないのです。他力本願で済むものなんて、世の中、ほとんどありませんから。

 

 

またまた、今年も逮捕されるエステが出ましたね~。

各都道府県で、別々に警察が動かれてるので、どれくらいの期間で、見せしめ逮捕ようにされてるのかわかりませんが、以前よりニュースになるのが増えましたね。

実は、違法行為をしている危ないエステなんて、山のようにあって、全部逮捕していたら、キリがないんでしょう。

被害者が出たら、動く警察がほとんどです。

エステで火傷させられたら、とりあえず警察に相談に行くのもいいと思います。(先に、ちゃんと皮膚科で火傷を治しましょうね。)

 

数年前でしたか、被害者が出てないのに、機器を販売した会社と、買ったエステの両方が逮捕されたことがあって、被害者が出てなくても、逮捕が出る状況です。

火傷させなくても、他人に、「脱毛行為」自体が、医師法違反なわけです。

「脱毛」なんて、毛根(実際には、毛根だけではないですが)を破壊する行為は、医師にだけ許されてるわけです。

エステティシャンなんて、一般の素人の方と同じですからね、そんな破壊行為を誰でも彼でもやったらアカンわけです。

いくつも裁判になって、(もちろん刑事裁判ですから)、もちろんエステが負けてます。

いわゆる「脱毛行為」(除毛や抜毛ではなく)は、医療行為である、との判例がすでにいくつもあるわけです。

 

(ちなみに、看護師さんが医師の診察・指示において、「脱毛行為」を患者さんにするのは、OKです。違法ではありません。

でも、医師の診察なく、看護師だけで勝手にやってるとか、医師のいない日にやってるとか、これは完全な医師法違反行為です。クリニックでも、あやしいところはあやしいし、医療脱毛だと、結構な出力を出せますから、そんなクリニックでやっちゃって、トラブルが多いことも事実です。

格安クリニック・悪徳クリニック(しかも全然安くない!)で、脱毛にいってても、医師の診察が全然ないなら、(これは脱毛以外の、医療機器レーザー全てそうですが)、医師法違反です。

そんなクリニックと関わって、ロクなことはないので、関わるのは止めておきましょう。

結構多いんだな、これが。老舗でも、有名クリニックでも、医師が全然診察しないで、いろんなことをやってるクリニックがあるので、びっくりします。)

 

ネットで、「エステ 脱毛 逮捕」とかで検索をかけるだけで、山ほどヒットします。

今日の分も、過去の分も。

(お金の返金で揉めたら、消費者センターへ必ず相談してくださいね。

でも、今回の件で、より返金はスムーズになると思いますけど。)

 

エステの脱毛の宣伝って、はっきり言って誇大広告で、「一時的な脱毛」なんて、宣伝してる店、ないですよね。「永久脱毛」「完全保障」とか、濁して書かれていても、お客さんには、「永久脱毛」と同じニュアンスで宣伝していたり、来院したら、エステティシャンの口から、過大な効果を言われて、信じて契約する、という。。(また、この契約、べらぼうな値段を取られるわけです。。)

 

一般の方が思っている「脱毛」「永久脱毛」、これは、かなり毛根やそれ以外のところにもですが、ダメージを与えないと、また毛は再生してきて、生えてきます。

完全に破壊するのは、医療行為なわけです。

だって、「破壊」するんですよ!

ホントに「破壊」されたら、もう再生はしません。恐ろしい話です。

どの時点で、完全に破壊されたのかどうかは、経過を見ないと、もちろんわかりませんけどね。皮膚、めくるわけにもいきませんから。

細胞が残っていたら、元気に復活したら、毛は生えてくるわけです。

 

エステでやっていいのは、そこまでの破壊行為でなく、ちょこっとダメージを与えます、という程度です。

だから、「除毛」なわけです。

運が良くて、火傷もせずに、減毛したら、かなりラッキーでしょう。

 

先日も、エステから、医療脱毛に変更された患者さんと話をしていたんですが、

(3年エステに、多大な金額を払って、毛が減るどころか、一向に減らず、3年間ずっと剃っていたからか、エステのわけわからん光が刺激になったのか、3年前よりも、濃くなってしまったそうで。。。でも、気づいてよかったです。これ以上の被害に遭わずに済みました。)

エステの「除毛」行為ですけどね。

ちゃんと、まあ安い値段で、「効くような、強さではしませんので、脱毛ではなく、除毛ですよ。」と説明してくれて、お金を取るなら、別に私はいいと思うんですよ。ウソではないですし、たかが「除毛」ですからね。

そんな強いパワーをあててるわけでなし。。それなら、トラブルも、普通はないでしょう。。

(ところが、効かないようなパワーのクセに、トラブルが多いんだな。。なんででしょう。。って、やっぱりムチャクチャだからだと思います。起こるべくして、起こる、って感じでしょう。)

 

でもね、そんなことを言って、「光脱毛」しているエステは、ないわけです。(もう、「脱毛」ということ自体がおかしいと思うんですが。)

エステも、ある程度の高額を出して、機械買ってますからね。元は取らんとダメなわけで、過剰な営業もやるわけですよ。この時代に、まだ買うのも、どうかと思いますが。。まあ、効かない程度でする分には、自由ですからね。

(行ったことのある方は、ご存知でしょう。ちゃんとしたエステは、ハンドテクニックメインで、あんまり光は、置いていませんからね。)

 

今回、「ドクタータカハシ」でしたか、エステの名前。

エステの名前が、なんで、「ドクター」やねんっ!大阪なのに、誰も突っ込みいれなかったんですかね~。

(全国展開のようで。。京都にもあるんですね。初めて知りました。さっき、見たら、四条寺町でうちの近所なんですね~。びっくりです。)

まあ、クリニックや病院で、「ドクター○○」なんて名前にしてるところありませんからね。。

たいてい、「ドクター」と頭文字につけてる場合、ドクターは全然関係なかったりして、イメージだけで売ろうとする、あやしさ満点です。

消費者法が変わって、消費者にややこしいから、そういう名前はつけたらいけない、となったはずですが、その法律ができる前に、つけてしまった分は、改名まではしなくていい、となっていたと思います。

(開業で、クリニック名を決める時に、ちょっと調べました。

クリニック名でも、「ホワイトニング○○クリニック」とか「アンチエイジング」とか入れたらダメなわけです。「専門センター」もダメだったっけ?大丈夫だったっけ?

エステや化粧品にどれだけ適応があるのかは知りませんが、反って、あやしさ満点になるだけだと思うんですけどね。。ドクターが本当にやっているなら、わざわざ、「ドクター」と誇張しませんからね。。。)

 

この、「ドクタータカハシ」のHP、初めてチラッと見ましたが、あやしさ満点でした。

エステで、光をあててるところというのは、みんな、こんなHPなんですか?

私も、体のアロマオイルマッサージに行くことがあるので、そういう時に、ネットで探しますが、あやしいところのは、最初から見ないので、ちゃんと見たことないんですが、う~ん。。。知らない人は、これ、信じちゃうんですかね。。世の中、ウソだらけですから、何がウソでホントかって、判断するのにも、いろいろ見るのって、大事だと思うんです。

そうすると、いいことばっかり書いてある、とか、あやしさ満点なのが、見えてくると思うんですが。。。自分の身は自分で守らないとね。

 

この「高橋医師」が言うには、「こちらの光脱毛機は、そこまで破壊していないから、違法じゃない」ということを、TVのインタビューにも答えてましたし、HPにも書いてました。

。。。ってことは、「効かない」し、「脱毛」じゃない、ということです。

破壊せずに、効くわけ、ないだろう。どういう理屈で効いているのか、それが知りたい。

そのくせ、HPには、むちゃくちゃ効くようなことが書いてあって、「永久保証」でしたか、なんかすごいこと書いてました。

「永久」ですって!「永久」!!

 

しかも、価格表を見ると、うちのほうが安かった。。。(一部、うちのほうが高いのもありましたが。。)

格安クリニックは別として、今の脱毛って、エステのほうが実は高いですよ。あの安い広告は、おびきよせるエサですからね。捕まったら、エライことになります。

これだけ、情報があふれていても、脱毛、エステに行っちゃうんですかね。。不思議です。。

 

「警察と考え方が違うから」みたいなコメントを出されてましたが、この人の弁護、学会の一体、どちらの先生がしてくれるんですかね。

まともな皮膚科医・形成外科医は、弁護しないでしょう~。どう反論されるんですかね。これ、弁護したら、学会で、もう相手にされませんね。。

学会に所属していない、あやしい先生がつくんでしょうか。

それとも、自分が医師だから、自分で医学的に反論するのかな。。

検察は、学会の著名な先生を絶対証人として呼んで、医学的に反論していかれるでしょう。

(だから、今までのエステの裁判は、負けてるんだと思いますが。そりゃ、エステ、負けますよ。当たり前です。)

 

ニュースで、1年で24人被害者がいた、という報道があり、これは梅田店のみの話です。

「24人」を少ない、と思われた方、これ、むちゃくちゃ多いです。

直接クレームがあって、店内に記載の事実があったのが、調べたところ、(報道に発表があった分では)24人、ということだと思うので、実際は、クレームになっていないだけで、泣き寝入りも方も大勢いると思います。

クリニックでする脱毛は、確かに副作用として、火傷はありますが、ちゃんとやっていれば、1年に一人いるかどうか、じゃないでしょうか。

(あやしいところは、もっと多いと思います。確認しながらやれば、火傷の確率は、かなら下げられるわけです。それでも、どうしようもない時、というのは、もちろんありますが。)

全国だと、もっと多いと思いますよ。全国展開なんですよね、このエステ。

 

もっとどんどん取り締りがきつくなって逮捕されるエステが増えて、ニュースになれば、エステのこういうのって、危ないんだ~、と認識してくれる方が増えると、被害に遭われる方も減るので、どんどん取り締ってほしいですね。

 

今日は、金環日食でしたね。

みなさん、ご覧になられましたか?

京都では、282年ぶりですってね。

私も朝の準備をしながら、なんとか観ることができました。

これを見逃すと、生きてる間には、絶対無理だから、やっぱり観ておかないとね。

 

太陽がほとんど隠れるから、途中で暗くなるんだろうな~、と思って朝の準備を進めてると、途中で急に暗くなったから、「おっ?始まる?!」と思って、窓に行くと、雲でした。。。太陽が隠れてきてるのに、雲が出てきたから、これだけ暗くなるのか、と感心しました。気温も少し下がりましたかね?

直前まで、すっごい晴れていたのに、急に雲に隠れちゃって、すっごいキレイには観れなかったんですが、まあ、なんとか観ることができました。

慌ただしい中での、曇りでの観測(というほど大したものではありませんが)だったので、感動~!まで行きませんでしたが、「へ~、いいもの観れた!」と嬉しかったですね~。

 

家族が、太陽観察用のアクリル板を、ちゃんと用意していたので、観れたわけですが、これがないと、多分、裸眼で観たかも。。。?

やっぱり、目への負担は、結構来るんでしょうね。曇りだったから、まだマシだったのかな。。

一般のサングラスではダメなんですってね。

家にあった観察用のアクリル板は、ちゃんと紫外線・赤外線、双方とも遮光してくれるものでした。

今日、患者さんに、レーザーをあてていて、レーザー用の防護ゴーグル(レーザー用のサングラスです。むちゃくちゃ、高いです。)でも、ひょっとしたら、いけたのかな?と思いつきましたが、終わった後だったし、そこまでの準備は何もしていなかったので、いけたのかどうかは、わかりません。

 

結構、みなさん、ちゃんと準備されてたんですね。

写真まで、ちゃんと撮っておられる方もいて、(プロじゃないのに)、すごいです。

普通にとったら、ダメなんでしたっけ?

新聞の夕刊に載っていた写真が、さすがにキレイなので、ここまでキレイに観えたら、やっぱり感動だろうな~、と思いますね。

 

今度は、6月6日に、金星の太陽面通過があるそうで、これは次観られるのは、105年後ですって。

金星通過は、かなり長い時間観れるようなので、慌ただしくなく観察できますかね。

おおっ!6月6日は、水曜日で休診日でした!ラッキーです~♪ 

今度は、準備万端で臨みたいですね。

(できれば、写真も撮ってみたいけど、何か特別な準備って、いりますよね?)

プチ整形

うちは、手術は一切やっておりません。保険のホクロの手術ですら、やっていません。

レーザーや光治療が好きなんですね~。

最初は、形成外科に入局しましたから、手術は好きだったし、手術も愛していますが、光・レーザー治療のほうがもっと好きなのと、特に美容外科の手術は、キレイに仕上げればいい、というだけではなくて、患者さんの、細かい要望、具体的なちょっとした差を、高度に要求される手術になります。健康で、もともとキレイな部分を手術するわけですから、ものすごい難易度ですよね。ホントは。。。(実際の美容外科クリニックの全部が、そこまで考えてくれてるわけではないですよ。)

手術から離れて、美容皮膚科どっぷりですね~。

小さいモノを切って縫うくらいはできますが、例え保険であっても、料金をいただくレベルに、私は達していないと思うので、手術は保険でも一切やっていません。

でも、プチ整形と言われる、ヒアルロン酸やレディエッセやボトックスは、やっています。

これらの治療は、光・レーザー治療では、どうしようもできない部分があるからです。

(でも、この「プチ整形」という言葉、私自身は、あまり印象のいい言葉じゃないな~、と思うんですけど。わざと美容医療を軽くさせているし、処置自体は、それほど難しいものではありませんが、医師も患者さんも、軽く考えたらいけない処置ですしね。お手軽ではありますが、医療は医療です。)

 

例えば、鼻やアゴに、ちょっとヒアルロン酸やレディエッセを入れて、鼻やアゴを少し高くするとか、形を整える、というのは、レーザーでは絶対できませんからね。

眉間やおでこ、目尻の表情ジワは、筋肉の動きによってできますから、光・レーザーでコラーゲンを増やしたところで、増えたコラーゲンごと、また動いたら、一緒に折りたたまれて、シワを作るわけです。

こういう表情ジワは、光・レーザー治療やヒアル・レディエッセもするのはいいんですが、ボトックスを選択肢に絶対入れないと、ダメなんですよね~。

症状や年齢によって、ボトックスができないこともありますが、動きを止めてくれる治療は、ボトックスだけなんです。

美容医療には、絶対必要な薬剤です。

 

シワやタルミに関しては、光・レーザー治療だけでやってもいいんですが、患者さんがどこまで改善したいのか、シワやタルミの程度によったら、やっぱり、ヒアルやレディエッセを足すほうが、見た目の改善度が上がります。

患者さんの選択肢は、多いほうがいいですしね。

レーザーとかやらないで、最初から、注入系だけ、希望される方もいらっしゃいます。

その方の価値観ですね。費用対効果というか、どの治療にも、「限界」が必ずありますから、そのできる範囲の結果に、どこまでお金を払うことを自分がよしとするか、ですね。

 

ゴルゴライン(ほっぺたの真ん中が「ハ」の字のように、へこむ状態を言います。ゴルゴ13の顔から、名前の由来がきてます。インディアンラインとも言います。)の相談がありました。ゴルゴラインの相談はね、結構あります。

脂肪がついている方でも、ゴルゴラインが出ることはありますが、痩せている方だと、ゴルゴラインがあって、それにつながるように、ほほが痩せこけて、疲れたような、老けて見えてしまします。

痩せてる方独特の、顔の年齢による変化です。

40歳を過ぎると、脂肪がつきやすい方、逆に、脂肪が落ちていってしまう方、どっちかになっていきますね。

「ちょうどいい」という、状態が難しくなってきますよね。

ご本人の努力だけでは、どうしようもないことが、年々増えてきますね。

 

脂肪がついている場合、どれだけついているかにもよりますが、脂肪は若さの象徴ですから、つきすぎていない限り、できれあそのまま、脂肪を減らさずにおいておくほうがいいんですが、あまりついてると、重くて下がりやすくなりますから、弛みやすくなる原因のひとつにはなるんですけど。。。

治療としては、脂肪吸引手術、脂肪溶解注射(うちは、顔はやっていません)など、ありますが、効果としては、そんなに悪いものではないと思います。(リスクは置いといて)

 

でも、痩せこけてる方を膨らます場合、脂肪移植・脂肪注入ということになります。これがまた、クリニックによっても効果にむちゃくちゃ差がありますし、そう簡単に、キレイにいくわけではないと思います。お金も時間もかかりますね~。かなり大変です。

 

でも、ヒアルロン酸やレディエッセを入れて、膨らませる、というのは、結構簡単なのに、効果が高いので、これはおススメです。

ゴルゴラインをどこまでボリュームアップしていくのか、ゴルゴラインのない方でも、ほほをふっくらさせたい、という相談も多いですが、それもどこまで膨らませるのか、安全な範囲の中であれば、その方の好みになります。

ちょっとだけでいい、という方もいらっしゃったら、まだまだ膨らませたい!と、はまる方もいて。。。はまられた場合は、限界が来たら、もうこれ以上はやりません、とこちらからお断りしますけれど。

 

女優さんでも、久しぶりに出てきた、と思ったら、ほっぺたがパンパンになってる方もいれば、自然な感じでキレイになっている方と、いろいろですね。

誰に迷惑をかけておられるわけではありませんが、あのパンパン具合は、おかしいから、やめたほうがいいと思うんですけどね。。。まあ、好みですけど。。ちょっと趣味悪いかな。。。やりすぎは、なんでもよくないです。バランス、壊してると私は思います。

 

さて、先日来られた患者さんは、「自然な感じ」ご希望で、レディエッセをちょっと入れました。まだ入りましたが、腫れなども多少ありますあから、しばらく置いてから、リタッチ(再注入)するほうがいいと言われているので、これくらいで様子を一旦見ましょうか、ということになりました。

 

ゴルゴラインが結構へこんでおられた方の場合、ちょっと入れるだけで、印象が劇的に改善しますね。

処置が終わって、パウダールームでお化粧直しをされ、お化粧後のお帰りの時にお見かけしたら、とっても嬉しそうにされていて、イキイキされてました。

ちょっとしか入れていませんが、それでもお化粧してみると、かなり感じも変わりますからね~。

晴れやかなお顔をされていました。

こういうお顔を拝見すると、やっぱりプチ整形と言われる、注入系は、必要だな~、と思います。

必ず、元に戻るので、そういう意味では比較的安全な治療です。

まあ、元に戻るから、定期的にやるなら、お金は要りますけどね。

 

ほほが痩せてこけておられる方も、ちょっとした差で印象が変わりますから、もし気にしておられるなら、こういう注入系もお考えください。

比較的、簡単にコンプレックスは改善すると思います。

1 / 3123