プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2012年05月12日



患者さんで、日焼け止めは塗ってるけど、最近よく出てきた、スプレータイプを使っていらしゃる方が時々いらっしゃいます。

私は、はっきり言って、スプレーでは、ダメでしょ、と思ってますから、患者さんにも、「効果があると思わないでください。」と止めてもらってます。

 

スプレータイプ、お手軽ですよね。

シュ~っとスプレーするだけで、塗り直し、というかん、塗り重ねができますから、いつでも簡単に、面倒がらずにできますね。

しかも、SPF50!PA+++!となったら、言うことなしです!

 

でも、ちょっと待ってください。そんな、うまい話、あるわけないんですよ。

何でもそうですが、手間暇を省いているということは、それだけモノが悪いことが多いです。質が下がっている、これ、常識です。

手間暇省いて、質がいい、となると、それはお金をかなりかけた場合ですね。手間暇を人にやってもらうわけですから、人件費です。

料理でも掃除でも、洋服の縫製でも、建築でも、なんでもそうです。もちろん、医療もスキンケアもダイエットも、同様です。当たり前ですね。

 

昔は、スプレータイプって、ドラッグストアでも1種類くらいしかなくて、しかもかなり質が悪く、すっごいムラになってつくし、白いし、乾燥してかゆくなって、というものばかりでした。

去年も、患者さんで、スプレータイプの日焼け止めで、かなりお肌がかぶれて方・乾燥して肌が荒れた方、結構いらっしゃいました。

 

市販で売っている日焼け止めは、塗り心地重視になっています。サラサラでないと、売れないわけです。べたべたしたら、だれも買ってくれないわけです。

安全面やお肌に優しいかどうか、負担がかからないかどうか、なんて、企業は考えてないんですよ。売れれば、いいわけですから。

売るほうも悪いかもしれませんが、そういう「サラサラで、お手軽なのがいい」という需要がある限り、企業は、作って販売するでしょう~。これも、当たり前ですね。

買う側が、ちゃんと選ばないと。

しかも、全ての商品に、「お肌に合わないときは、やめてください」と書いてあるわけですから、調子が悪くなるようなら、止めないと。

誰にでも合う、化粧品なんて、薬でもそうですが、存在しません。食べ物だって、アレルギーがあるわけですから。

 

しかも、普段、デパートで化粧品を買ってるような方で、日焼け止めだけ、ドラッグストアの安いやつを買う方がいらっしゃって、どうして、日焼け止めだけ、一気にランクを落としますかね。。。

ドラッグストアに売っているものが全部悪いわけでもないですし、それなりのお値段するものも売ってますが、そういう場合に買われるのは、デパートでは売っていないような、質の悪い、安いやつです。

いつもドラッグストアで、全部買ってる、という方が、御用達のドラッグストアで、日焼け止めを買うのは、流れとして、わかりますが、わざわざ質を落とさなくても。。。だって、保湿の化粧水や乳液は、ドラッグストアの安いのは、恐いのか、合わない、からという理由で使っておられないわけなのに。。。

日焼け止めは、ホントに質の悪いものを塗ると、これは、ホントに肌に悪いです。しかも、紫外線カット効果は、全然ない、という。表示自体がウソなわけです。

 

昔、「SPF150」とかわけわっからん日焼け止めがドラッグストアで売っていたの、覚えていらっしゃいますか?

SPFが高いほうがいい、ということで、いろんなあやしいメーカーが競うように、わけわからん数字を勝手に表示したんです。消費者センターで調べたら、ちゃんとしたメーカーのSPF30もなかったという。。。

まあ、よくある話です。

脚なんて、やっすい日焼け止め塗るくらいなら、ストッキング履いてるほうが、ずっと紫外線カットできるわけです。

ホントに、安物なんて、表示、ウソだらけですよ。検査もちゃんとやってるわけ?と私は、ハナから信じていません。

 

先日、ドラッグストアに行ったついでに、ウワサの日焼け止めスプレーのテスターがあったので、試してみました。

確かに、昔のよりは、ムラになるのも少ないし、白くならないし、塗った瞬間、以前みたいな不快感はありませんでした。

ほとんどが、コーセーでした。

 

さっき、ネットで、検索しましたが、日焼け止めスプレーを出しているメーカーで、ちゃんと肌のこと考えてる?というメーカーは、私の知る限り、ありませんでした。1社ずつ調べられば、ちゃんとしたメーカーもあるのかもしれません。ただ、ほとんどがドラッグストア御用達のメーカーですかね。安さとお手軽さ、最優先、ですね。目的が違うわけです。

 

仮に、どんなに質のいい日焼け止めスプレーだったとしても、常識的に考えて、圧倒的に量が足りません。

だって、そうでしょ?日焼け止めクリームを、自分で塗る時に、チューブから出す量を考えてください。

同じだけ、そのスプレーで出すなら、何分、出しっぱなしにしますか?ということです。

ず~っとボタンを押していないと、同じ量にはとてもなりません。全然足りないわけです。

足りない、ということは、紫外線カットなんて、全然してないわけです。

 

あやしいメーカーはさておき、一体、コーセーは、どうやって、このスプレーを「SPF50 PA+++」と判定したのか、先ほどHPで確認しましたが、どこにも、その記載がないです。。。。

。。。びっくりしました。

ちゃんとしたメーカーは、必ず、どうやって測定したのか、その結果、SPF50です、ということが記載があります。SPF50になる、条件ですね。

ちなみに、資生堂は、必ずあります。

海用のアネッサだって、「耐水テスト80分」と表示があります。(他のメーカーでは、そうそう耐水時間まで記載はないです。)

資生堂の場合、化粧品の全成分がHPで見れるようになっているし、そういう注意事項が全部表示があります。

パッケージの裏に書いてある注意事項は、HPにも書いてあるわけです。

だって、そういう消費者にとって、デメリットや条件って、HPにも書かないと、卑怯ですよね。

(かなり有名化粧品メーカーでも、全成分はネットで見れないようになっていたりします。パッケージには書いてありますけどね。これは、法律で決まってますから。)

まさか、コーセーが書いていないとは。。。ネットで見れると思って、ドラッグストアでは、そこまで見ませんでした。次、行ったら見ておきますが、スプレータイプで、SPF50まで効果を持てせるのに、一体どういう表示になってるんでしょう。

(パッケージにも表示なかったりして。。)

 

日焼け止めって、かなり油分が多いです。だから、昔の日焼け止めは、どれもベタベタして、塗ると、かなり気持ち悪かったわけですが、品質改良されて、かなりサラサラのモノが出てきて、(だから、乾燥したり、カサカサしたりする商品があるわけですが。。)いろいろですよね。

それだけ、油分の多いものをスプレーする、というのは、かなりの技術がいると思います。霧吹きで、水をスプレーするのとは、わけが違う。ノズルが詰まっちゃうんです。

 

SK-Ⅱの、エアタッチファンデーション、って使ったことありますか?あれは、ものすごい発明だと私は思うんですが、ホントにキレ~イにつくんです。

 

塗るのがめんどくさい、塗り直しがめんどくさい、となった結果がそれです。手間暇を惜しんでもダメだし、「美は1日にしてならず」。

また、超~乾燥肌の人の中に、「ベタベタするから、嫌だ」という方がいて、ベタつくからこそ、保湿の役割をしてくれてるのに、サラサラだと保湿にならないでしょ?!と、わかってないな~、とため息の出るようなことを言われるので、困りますね。

そうやって、サラサラするものばっかり塗るから、お肌はガッサガサで、粉吹くどころか、皮がボロボロめくれてるわけでしょう~。

それでいいなら、一生、「サラサラでないと、塗りたくない」と言ってなさい。

保湿の意味が、完全にわかってないです。

水分なんて、すぐに蒸発するんです。

化粧水だけで、保湿は足りる!という方がどれだけいますか?自給自足で、自分の皮脂が出てくれる、脂性の方がいいですが、脂が足りないんだから、補うしかないわけです。

乳液にしろ、クリームにしろ、油分の多いほうが、蒸発するのに時間がかかりますから、保湿効果が上がります。

 

だから、乾燥肌の方が、まして屋内、しかも空調の効いているところで使うなら、しっとりタイプの日焼け止めでないとダメだし、汗をかくなら、汗に強いか、ウォータープルーフでないとダメだし、少量をうす~くのばすんじゃなくて、たくさん(と言っても限度がありますが)塗らないと、本来の日焼け止めにならないわけです。

それは、スプレーでは無理だと、私は思います。

だから私はスプレーは買いませんし、仮にもらったとしても使いません。

使うとしたら、焼いてもいいや、と放棄したときでしょうか。

効果がそれほどなくても、塗らないよりは、UVカットはマシ、ということはありますが(あくまで、塗らないよりは、という最低のことです)、そのたかが「マシ」のために、お肌、がさがさのぶつぶつのボロボロですよ。

楽して、ちゃっかり、なんて、そんな世の中、甘くないです。

美肌になりたいなら、普段のスキンケアに、ちゃんと手を抜かない、というのが、大前提です。

でも、スプレーは必ず電池のいる電化製品扱いだし、詰め替え用も、開封して古くなると(セッティングしてあるものも、古くなると)ダマになって、全然キレイにつかないんです。スプレー前に、揉んで、ダマを減らすようにするしかないんですが。。。

お値段も、他のファンデのことを考えると、高いですよね~。

 

それだけ高いSK-Ⅱでもってして、その程度なんです。油分をスプレーするのは大変です。

ドラッグストアの安いやつ、一体、何が入っているんだか。。。

スプレーしやすい、ということは、かなりのサラサラなので、1回2回使うくらいなら、まだしも、毎日、しかも頻繁に塗りなおす、となると、まあ、お肌はがさがさになるでしょう。

まだ使う場面が、梅雨以降の、湿度の高い、屋外であれば、せめてまだしも、いまだ乾燥している今とか、エアコンの効いた屋内で、そんなサラサラタイプを使って、お肌に負担にならない人って、そうそういないと思います。よほどの脂性でないと無理でしょう。