プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2012年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近投稿した写真

ホーム > 2012年10月



11月キャンペーンの内容です。

遅くなり、申し訳ありません。

 

①まず、毛穴ですね~。

秋になったからといって、毛穴の悩みが無くなるわけではないですよね。

だって、毛穴は、何をしたところで、無くすことはできませんから。

今回のは、毛穴と言っても、毛穴の開き・凹みですから、それ以外の毛穴の方には、あまり関係はありません。

今の季節、大人の女性で、そうそうケミカルピーリングをして、毛穴掃除もやっていられませんよ。ガサガサになるし、バリア機能は、破壊されるし、まあ、その人の状態によって、鼻だけ、ピーリング石けんをたまに使ってみては?と勧めるくらいです。やりすぎ厳禁だし、誰でもやっていいわけではありません。

じゃあ、この季節、なにが毛穴の開きに対してできるかというと、こちらのキャンペーンは、おススメです。

ジェネシスの設定を変えて、強くするのを、鼻にオプションで足して、さらに、GGシリーズを全部するわけですから、充分でしょう~。

急いでなんとかしたい、というなら、一度お試しください。

タイタンでもジェネシスでもライムライトをされる方は、追加可能です。もちろん、肝斑セットにもニキビ・ニキビ跡セットにも、です。

ただ、イオン導入の追加時間もいりますし、カウンセもいるので(まだ聞いていない方は)、当日いきなり言っても、時間がないとできませんので。。。

空いていたら、いいですけどね。

されたい方は、もう予約をお取りでも、追加する時間があるか、お電話でご確認くださいね。

 

②目元のシワは、秋冬対策続行です。

効果のわかりやすい2種類に絞って、その分、お安くしました。

まだ、試されていない方は、どうぞお試しください。

カウンセがまだの方は、カウンセを聞いてから、ご購入されてくださいね。

そんな害のあるものではありませんが、使い方を間違うと、効かなかったり、もったいないので。

 

③まつ毛育毛剤のキャンペーンの久しぶりの登場です。

まだまだ、エクステをされている方が多いですね。

以前に、ブログでエクステの害について、書いたところ、エクステをしようかと思っていたけど、やめました、という方が、何人もいらっしゃいました。

まつ毛が無くならいうちに、目や皮膚が炎症を起こさないうちに、やめましょう。

最初からしないに、こしたことはありません。

そこで、今月、啓蒙活動として、キャンペーンです。

自分のまつ毛が一番ですよ。

まつ毛育毛剤でも、使い続ければ、エクステ並みに、伸びすぎている方(わざと伸ばしている)も、たまに見ますが、あれは、やりすぎでしょう。。。若い子なら、いいですが、30代後半~40代で、やりすぎのまつ毛は、ちょっと痛いと思うんですけど。。。私の独断と偏見ですが。。。まあ、好みですけどね。。

 

④先日、ブログで言っていた、無添加石けんです。

クレンジングの害を減らすために、光・レーザー治療をされる方全員にプレゼントです。

まだ無添加石けんの話を聞かれたことのない方には、処置中に、ご説明しますね。

今、肌荒れでトラブルを抱えている方は、クレンジングを止めて、元気な健康な肌を取り戻しましょう。

もし、もらっても、気に入らなければ、体にももちろん使えますし、ハンドソープとして、洗面所に置かれても、キッチンに置かれても、万能です。

 

⑤肌荒れの話の続きです。

肌荒れして、お肌がガサガサになっている方、もちろん、クレンジングを止めて、保湿の回数も増やして、というのは、とても大事ですが、今、ひどすぎる!と悩んでおられたら、プラセンタ、いいんじゃないでしょうか。

先日も、肌荒れの患者さんに勧めていて、そうだ、次のキャンペーンにしよう!と思いつきました。

トラネキサム酸のイオン導入も、もちろんいいですが、プラセンタで、栄養の元を入れてあげるのもいいかも。

プらセンタは、独特のニオイがします。ホントの原液ですから。実際、注射で使う、医薬品ですので、化粧品やエステのとは、全然モノが違いますよ。あんなものは、高いだけで、意味ないです。

原液だと、かなりのニオイなので、少しだけ薄めて使います。余った分は、ご希望の方は、お持ち帰りしていただけますよ。おうちで、化粧水の前に、、お使いください。

 

⑥基礎化粧品を何を使っていいか、お悩みの方に、ナビジョンのTAのWシリーズのローションを、ミニサイズでお試しいただけるように、ご用意しました。

ナビジョンが絶対誰にでも合う、とかいうわけではありませんが、私は、今のところ、気に入って使っているし、実際、患者さんからの評判もリピート率も高く、比較的、安心して使いやすいと思い、うちで扱っている保湿化粧品は、ナビジョンを揃えています。

数に限りがありますので、ナビジョンの日焼け止めを買っていただいた方のみとさせていただきます。

それも、ミニローションのご用意した数が無くなれば、終了ですので、ご了承ください。 

 

 

湿度がめっきり減って、乾燥がいきなりひどくなっていませんか?

今まで、乾燥肌だった方は、ますます追いつかなくなってきていませんか?大丈夫ですか?

 

肌荒れや乾燥で、ガサガザや赤みが出ている方が、うちに来られた場合、まず一番にいてもらうのが、クレンジングを止めてもらうことです。

いつも紹介している、純石けん(石けん素地100%の無添加石けん)でのみ、洗顔をしてもらいます。

朝は、ぬるま湯だけで、石けんを使う必要はありません。

(ただし、アイメイクは、純石けんでは落ちませんから、専用のリムーバーで優しく、先に落としてもらいます。)

 

肌荒れしている方の、大半は、クレンジングのせいで、お肌が荒れています。

クレンジングは、洗剤と同じと考えてください。

そりゃ、お肌の汚れがちゃんと全部落ちるに越したことないと思いますけど、そのために、洗剤で、顔洗って、汚れだけでなく、大事なお肌の保湿成分や角質まで、ブルドーザーで剥ぎ取るごとく、荒野にしてしまっているようなものです。

どれだけの犠牲を払いますか?ってことです。

 

洗顔後、顔がピキピキ乾燥しているくらいなら、まだしも、痛くて痛くて、すぐにでも保湿の化粧水や乳液を塗らないと、つらくてたまらない、と言う方は、かなりの重症です。

キメもボロボロで、ホントに、荒野です。

根こそぎなぎ倒されて、草1本、生えていない状態ですよ~。

落とし過ぎです。

 

そんなに落とすくらいなら、顔洗わずに寝たほうが、よっぽどマシです。

 

私は、すんごい疲れている日は、歯は磨いても、顔は洗わずに寝ること、ありますよ。

睡眠時間のほうが、よっぽど体にもお肌にも大切ですからね。

 

人間の肌は、ほっておいても、自浄作用があり、勝手に、垢として、いらない角質は自然にはがれていきます。

日本みたいに、きっちり洗顔している国って、そうそうないですよ。

よその国は、水も貴重ですし、日本みたいに、軟水じゃないから、うまく泡立たないし、(だから、ヨーロッパとかは、ふき取りクレンジングが主なんでしょうけど。)お風呂も(シャワーも)、そんなに入らないですよ。

先進国は、日本ほどじゃなくても、シャワーを浴びるでしょうが、発展途上国では、水なんて、ものすごい貴重で、シャワーなんて、貴重な水でやりません。

それでも、別に、お肌、困ってないでしょ?もちろん、石けんもクレンジングも、日本ほど贅沢にも使えないし、毎日も使っていなくても、困っておられないと思いますよ。

東南アジアに行っても、現地の方のお肌は、確かに日に焼けて黒いですが、(光老化のせいの、お肌の負担はありますが)、クレンジングをしていないことで、肌が汚い、なんて、ことはありません。みなさん、お肌、キレイです。

調べたら、きっと日本人よりも、お肌のきめはととのっていると思います。

それは、なぜかと言うと、クレンジングを始めとした、化粧品を、日本人ほど使っていないからです。

 

なにもつけていない、男性のほうが、お肌キレイ、と思った経験はないですか?

 

根本的な考え方が、みなさん、TVと雑誌の広告のせいで、おかしくなっているんですが、化粧品は、肌をキレイにみせるためのものであって、ぜいたく品です。

薬ではないわけです。

私は、化粧品が大好きですから、基礎化粧品もつけるし、ファンデも、出かける時はつけたいし、イザという時は、いろいろなメークもしたいし、しています。

「化粧品」の目的を、勘違いしてはいけません。

肌荒れは、化粧品で治す、ものではありません。

化粧品を止めれば、肌荒れは、勝手に落ち着いていくのです。

 

ただ、実際問題として、化粧品って、止められないですよね。

私も、いきなり、明日から化粧品、全部やめろ、と言われたら、ちょっとイヤだし、無理ですね~。

患者さんにも、化粧品全部やめさせるのは、かなりひどい、肌荒れ・アトピーの時くらいですね。

ホントに、ワセリンくらいしか、滲みちゃって、つけるものがなくなってしまうからです。

 

働いている女性・人前に出る女性から、化粧品を全部やめさせる、というのは、不可能に近いのでは?と思いますが、クレンジングだけ、止めてもらう、というのは、簡単です。

 

だって、一番つけたいファンデはつけてて言い訳ですから。

 

ファンデであろうと、汗に強い日焼け止めであろうと、ウォータープルーフであろうと、純石けんで、1回洗うだけで、ちゃんと取れます。

1回洗いと言っても、5分も10分も洗ってたら、ダメですよ。

石けんは石けんなので、そんなことしたら、肌荒れるの、当たり前です。

でも、2分も長いかもしれませんね。

洗う時も決して、力をこめず、やさしく、なじませて、なでるように洗うだけです。

(肌に触らずに、洗うのは、不可能だと思います。それができたら、どんだけ、強い洗浄力かと思います。)

 

理想は、その1度洗いで、全部落ちるような、日焼け止めやファンデがいいわけですが、そうもなかなかできないこともあるでしょう。

私も、1回洗っただけでは、(特に、私は、洗顔の時間が短すぎるかもしれません。1分も洗ってないかな。。)落ちてないな~、と思う時があります。

 

落ちてなくても構いません。

それで、私は、この5年くらい、困ったことはありません。

むしろ、調子がいいくらいです。

 

みなさん、洗顔で、取り過ぎなんです。

 

残っているような感じがしても、取られ過ぎて、痛くて、早く保湿をしないと我慢できない、なんて、感じたことはありません。

たまに、いわゆるやさしめの、クレンジングジェルと洗顔フォームで、ダブル洗顔すると、洗顔後、「取られた~!!」という、つっぱり感が、半端なく感じます。恐ろしいです。。。

それを、みなさん、真日、下手すると、朝晩されているわけです。

 

クレンジングでマッサージしている方、いますぐ止めましょう。洗剤を刷り込んでいるだけです。お肌が、おかしくならないほうがおかしいです。

スクラブ洗顔も、すぐに止めてください。ジャリで顔を洗うようなものです。

クレンジングオイルのダブル洗顔もやりすぎです。洗剤まみれです。

「美白」「くすみ」とか、なにかそういうものが表示があれば、恐らくピーリング剤が入っています。ブルドーザーまみれです。

市販のピーリング剤・拭き取り化粧水、全て、一切止めてください。

 

これらを続ける限り、肌荒れは、治りません。乾燥による赤みもかゆみも。そのうち、顔中、肝斑になりますよ、真っ赤っかにもなっていって。

 

自分のクレンジングはそのまま使って、洗顔フォームを、純石けんに、変える方がいます。

こういう中途半端はダメです。

クレンジングを止めない限り、肌荒れは治らないのに、そこに、純石けんで洗顔したら、洗浄力が強くなりすぎて、よけいに肌荒れしますよ。

自分なりの解釈で、勝手に変えても、私と解釈が違うんだから、私の言っているようにはなりません。

私のやり方をやるなら、全部最初から最後まで、マネしないと。

 

どうしても、純石けんで洗った後の残った感じがイヤ、と言って、またクレンジングに戻っていく方がいらっしゃいます。

それは、もうその人の運命なんですかね。

私には、どうもしてあげられません。

だって、それを我慢できないんだから。

何回か続けてやっていると、慣れるし、そうでない状態が、いかに異常なのか、ということがわかるんですけどね。

 

そういう方には、純石けんではなくて、プラスリストアのクレンジングソープをご用意していますが、値段が全然違いますからね~。

純石けんはうちで買えば、1個150円です。スーパーなら、もっと安いかも。

クレンジングソープは、1個(同じ大きさで)2940円です。

どっちでもいいと思いますが、確かに、クレンジングソープだと、アイメイクも普通のくらいなら、落とすことができますが、私は、純石けんでいいと思っているので、うちの家には、クレンジングは一切ありません。純石けんのみです。

この5年ほど、ずっとそれです。

(まあ、私は、脂症なので、ピーリング石けんをたまに使いますが、ここ1年ほどは、かなり回数減りましたね~。)

 

なかなか、クレンジングのことまで、みなさんに説明している時間がないことも多いので、11月のキャンペーンで、この、純石けんを1個、プレゼントすることにしました。

対象は、光・レーザー治療をしている方限定です。

気に入らなかったら、体を洗うのに使ってもいいし、ハンドソープとしてお使いください。

顔も体も手も、同じ、人間の皮膚ですから、同じもので、基本洗えば、それでいいのです。

家族中で使えて、赤ちゃんからお年寄りまで。

それで、乾燥する、乾燥しているという方は、使う回数を減らしてください。

皮脂と汗とホコリと、ちょっとした基礎化粧品の残りくらいだったら、ぬるま湯で、充分流せます。

 

まあ、一度、お試しください。 

 

 

今日は、京都ネーゼに行ってきました。

3週間半前の予約で、やっと取れました~。なんていっても、土曜日ですものね!

 

糖質制限ダイエットをしているとは言っても、週末に食べずぎる私は、、太ることはなくても、痩せることはないという。。。

お昼に玄米ご飯に、韓国のりを巻いて食べるのを楽しみにしていたのに、ここのところ、ずっとおあずけです。

それで、痩せることは可能だったのに、ここ最近痩せない。。

(それは、週末、食べ過ぎなのと、平日でもお菓子(オーレりー)を食べたり、運動不足(全くしてません)を食べるからなんですが。。私の話を聞いて、頑張っている患者さんは、続々と痩せておられます。。。3キロは軽く、痩せておられますね。。。うらやましい。。。)

 

京都ネーゼに行って、食べるの当たり前ですよね!そんなの、パスタだって、吉田さんのパンだって、好きなもの食べますよ!

 

最初に、サラダですが、写真を撮るのを忘れました。。。気付いた時には、サラダを食べてしまっていて、撮りませんでした。生ハムとパルミジャーノレッジャーノをトッピングしていただきました。

 

001.JPG吉田さんのバゲットと、クルミとレーズンのパンです。マスカルポーネチーズと蜂蜜も付いています。どれも絶品です!糖質制限をしてても、食べちゃいますよ~。決まっているじゃないですか!デザートみたいでした。

トリッパ.JPGトリッパです。トリッパ大好きです。どんぶりで食べたい。

白トリュフ.JPGカルボナーラ.JPG山田農園の卵のオムレツに、白トリュフをトッピングしてもらうつもりでしたが、卵だらけになるので、オムレツは置いておいて、カルボナーラに、トッピングしていただきました。

こちらのカルボナーラ、大好きで、(写真は、削る前のトリュフを撮らせいただきました。カルボナーラは、シェアしていただいた後の、一人分です)、全部食べた後、スプーンで、すくってまで、ソースをいただきました。

その後、「お皿、舐めたい。家なら、絶対、舐めてる。」とスタッフに言ったのが、森シェフに聞こえたようで、「ありがとうございます。」とお礼を言っていただきました。。。

恥ずかしい。。。

手打ちパスタ.JPGパスタの手打ちの道具(っていうでしょうか)を見せてくださいました。竪琴みたいにキレイです~。山田農園の卵のパックです。

カツレツ.JPGメインは、牛肉のカツレツです。マスタードも、2種類あって、とっても柔らくて、おいしい~♡

芽ネギとアサリのパスタ.JPG〆は、芽ネギとアサリとムール貝のパスタです。トマトソースではなく、塩味です。あっさりしているから、最後に用意してくださいました。

う~ん、おいしい。いくらでも入ります。

 

この時点で、まだワインが残っていて、デザートに行く前に、もうちょこっと食べたいな、と思ったら、シェフが、おつまみとして、地鶏の内臓のスモークを勧めてくださり、そちらを注文。

地鶏(内臓)のスモーク.JPG先に、ちゃんと火は通しておられるんですが、実は、この下に、炭火と桜(だったかな)のチップがあり、フタをされて、スモークされています。

目の前で、フタを、せいのーっで、と取っていただくと、湯気が一斉に出てきて、とっても、楽しい~!

一番上ののっているのは、鶏のトサカです。トサカは、コラーゲンたっぷりなんです。

コラーゲンと関係なくても、ぷりぷりで、とってもおいしい~。

後は、鎖骨と、脾臓と白肝と、どれもおいしいく、赤ワインとっても合いました。いいですね~。

栗のパフェ.JPGやっぱり、デザートは、いただかないとね。こちらは、いろいろ種類があって、悩むんですが、栗のパフェと、紅茶にしました。

デザートも、どれを頼んでもおいしい~♡

 

ここは、何を頼んでもおいしいので、まあ2回目ですが、食べたいものだらけで、いつもオーダー困ります。。

マメにこなければ、と思うんですが、なかなか予定が立たず、予約できないのがつらいところ。。。遅い時間なら、行けることもあるようですが。。

まあ、今日、こちらで晩御飯をいただけて、幸せでした~!

 

 

 

先日のキュテラのセミナーで、東京に行った際、ずっと泊まってみたかったパレスホテルに泊まってきました。

9月に、東京に行った時も、タクシーの運転手さんが、「パレスホテル、評判いいよ~。一押しだね~。」とおっしゃっていて、ますます、泊まりたいのに、拍車がかかりました。

ちょっとお高かったけど、思い切って、泊まりました。

 

その前に、改装した東京駅丸の内です。

東京駅天井.JPGみなさん、写真を撮っておられたので、私も一緒に撮りました。有名な天井ですよね、なんか再現したとかいう。。

東京駅1.JPG丸の内のところです。

またまた、カメラの夜景の設定がわからず、ボケボケです。。。そうしている間に、バッテリーが無くなってしまい、変えなきゃいけないのを忘れてました。。

で、携帯で撮り直しました。

東京駅2.JPG適当で、すみません。。。

東京は、いつ来ても、ホントにキレイですね~。(場所によりますが。。)

パレスホテルまで、のんびり歩いたんですが、丸の内から日比谷にかけて、ライトアップが木にたくさんされていて、(クリスマスでもないのに)、こんなのに、関西ではありません。

やっぱり、東京って、スゴイ!ドラマのようです。

ライトアップだけで、嬉しくなりますね。

 

さて、パレスホテルに着いて、中に入ると、いわゆるホテルのドアマンみたいな(恰好が)方は、日比谷のほうからの入り口にはいらっしゃいませんでした。(たまたまかもしれませんが。)

その代わり、キレイなオネエサンが、すぐに、荷物も見て、「ご宿泊の方でいらっしゃいますか?」と、素早く寄ってきてくださいます。

 

今回は、クラブルームに奮発しました!

クラブラウンジ、見てみたかったんですよね~、パレスホテルの。

 

キレイなオネエサンに、「クラブルームなんですが。」と申し上げると、「こちらでございます。」と、フロント手前の、部屋直通にエレベーターに案内してくださいます。

オークラでも界出雲でもそうですが、お客さんのキャスター付きのスーツケースは、決して、転がされませんね。必ず、手に持って、浮かして運ばれますね。

女性の案内係でも、です。

私、こんな重いの、手で浮かして、運べないよ。。。尊敬します。

 

だから、フロントのほうって、全然行っていないので、ホテルの雰囲気、全然堪能してないかも、と今気づきました。。

ラウンジと部屋しか、移動してない。。。ガーン。。もったいない。。。

 

さて、クラブラウンジです。(もちろん、こちらまで、そのオネエサンがずっと案内してくださいます。)

ラウンジ内は、キレイなオネエサンだらけです。

イメージは、CAですね。

顔の作りが美人とかではなくて、(もちろん美人の方も大勢いらっしゃいましたが)、みなさん、夜会巻きにされて、きっちり、上品なメイクをされ、物腰がとても丁寧で、むっちゃ、キレイ~♡

黒のジャケットに、黒のスカートです。

ジャケットとスカートは、テーラードだったり、ノーカラーだったり、スカートもフレアだったり、プリーツだったり、と統一されているわけではないのかな、でも、みなさん、黒なので、制服として、とてもキレイです。高級クラブって、こんな感じ?(行ったことないですけど。。)

 

。。すみません、ラウンジの写真はないです。

たっくさん、お客さんがいらっしゃったので、撮っていません。

こちらで、ウェルカムドリンク(ノンアルコールカクテル)をいただきながら、チェックインです。

チェックインが済むと、荷物は部屋に運んでおいてくださいます。

8時まで、アルコール類と、カナッペやサラダ・チーズなどオードブルが提供されていて、見た目も、テンション上がるくらい、とってもキレイ~!(写真はありません。。。)

 

お酒も、何でもOKで、シャンパン、赤、白、もそれぞれ、何種類かあって、もちろん、ビールもカクテルも、日本酒もなんでもありです。

サラダが食べられる時は、たっくさん食べるようにしています。

でも、実は、この後、晩御飯を予約していて、8時くらいまで、ラウンジで、ちょっと軽く一杯してから行くつもりでした。。

でも、どのお酒もおいしいし、サラダてんこ盛りと、オードブル食べたら、結構、おなか一杯の、手前まで行きました。。

このまま、お酒飲んだくれていたかったけど、お目当てのお店にやっといけるので、合計ワイン系を軽く3杯くらいで止めときました。

 

お客さんの年齢は、割と高め。。夫婦か、恋人同士か、不倫カップルか、という感じで、基本男女ですね。

30代前半くらいの、若めのカップルも、2組くらいかな。。

 

8時を過ぎたら、軽食とお酒は、終了で、ソフトドリンクのみになるそうです。

 

部屋に荷物を置きに、お部屋に案内していただきます。

またまた、案内してくださるのは、キレイなオネエサンです。

ホントにラウンジ内は、女性のスタッフしか見ないので、オネエサンにお聞きすると、「男性が1名おります、今日は出勤しておりませんが。」とのことでした。

クラブラウンジ内のスタッフが、全員女性だと、とてもエレガントで、雰囲気が柔らかくていいですね~。新しいホテルの形でしょうか。新鮮でした。

見てて、サービスの勉強になりますね。

 

改装中の間に、さらに研修を積まれたんでしょうか。

まさに、昔のJALのCスチュワーデス、という、感じ。

これぞ、日本女性の素晴らしさ!実感できます。

これは、外国人受けは、とてもいいのではないでしょうか。女性なので、何でも聞きやすいのが、嬉しかったです。

男性の方に、部屋まで案内してもらうのとは、やっぱり違いますね。

(オークラは、女性でした。しかも、私が、7月に泊まったのを、覚えていらっしゃったようでした。)

 

部屋の様子は、次のブログで。

 

 

少し前ですが、学会から、医療観光ブーム(美容整形を目的として、海外旅行すること)が急激に増加して、トラブルがあいついでいて、問題になっていることへの注意喚起がきました。

 

特に、整形大国の韓国は、「術が高くて、しかも安い」と信じている人が多く、医療観光・医療ツアーが増加傾向にあるそうです。

韓国だけでなく、タイ・インド・シンガポールも、外国人医療観光客の数が増えているそうです。年間100万人を超えているそうです。

 

美STで、よく韓国での施術を推奨しているような記事が出ていますが、あれは、ホントにロクでもないと思います。

 

はっきり言って、韓国人と日本人では、「美」の基準が全く違います。

韓国以外のアジアの国、他も全部、多分、日本人の美容整形やプチ整形で、キレイにしたい、という、基準は、ホントに違うでしょう。

(私の、これまた、独断と偏見ですが、タイとかの整形美人って、確かにキレイですが、なんかニューハーフっぽくないですか?顔のいろんなパーツを、大きく目立たせるというか強調するというか。。。ああいうのが、あちらでは、受けるんでしょうけど、日本では、ちょっと痛くないですか?日本人は、顔も体も、ちっちゃいですからね。大柄なパーツは、バランスがとても悪いです。)

 

また、日本人以外は、人からばれようが、キレイになるなら構わない、ガーゼもテープも包帯も、キレイになるなら、へっちゃら、ダウンタイムもなんのその、劇的に変わらないなら、手術をする意味がない、という感覚です。

日本人は、絶対人に知られたくない、ダウンタイムは困る、劇的に変わるのも困る、さりげなく、ちょっとキレイに変わりたい、というのが、大半の方は、施術に関して望んでおられることです。

 

韓国の美容ドクターって、なんでも大丈夫、大丈夫、って言う印象です。(私の独断と偏見ですが。。)

「これ、大丈夫じゃないでしょ?!」ということでも、です。

(もちろん、ちゃんとしたドクターも、きっといらっしゃると思います。私が知らないだけで。)

向こうの大丈夫は、韓国の地元の人には大丈夫な感覚かもしれませんが、日本人には、全然大丈夫じゃない、という、意識の差ですかね。

日本の格安クリニックもダメと思いますが、韓国や外国って、まず言葉が通じないでしょ?

母国語のように話せるなら、どこで受けようが、アリだと思いますが、通訳を介して、ホントに正しく訳してもらっているか、なんて、保障はどこにもないですよ。

なにかあっても、あちらは、カルテと契約書に書いてあるし、あなた、サインしたでしょ、言ったでしょ、なにを文句言っているの?という話です。

また、なにかあった時に、あちらまで、診せにいかないとアフターケアもしてもらえませんからね。

 

実際、言葉のハンデによる、「仕上がり不良」のトラブルだけでなく、医療過誤に対する賠償責任、保険の未整備、手術後のアフターケアやカウンセリングを受けるのが難しい、などなど、たくさんのトラブルが発生しているそうです。

 

楽観的なのも、ここまで来ると、スゴイですね。。。

だって、自分の顔ですよ。

言葉も分かり合えない人に、顔や体を、手術させるんですね。

私は、信じられません。。。安さの問題じゃ、ないと思いますけど。。

そうまでして、やりたいんなら、その人の勝手ですから、大きなお世話ですよね。

(こういう人は、人の忠告とかは絶対聞きませんからね。ひどい目に遭うまで、わからないのか、遭っても、コリないのか。。

まあ、その人の人生ですが。。。。)

 

また、そういうアジアの国で、安いところは、手術とかの衛生面も心配です。

だって、ホントにそういう国のお金持ちの人は、やっぱり、日本と同じくらいの値段を取る、ちゃんとしたクリニックに行っていると思うから。

医療ツアーには、そんなところ、載ってこないでしょうけどね。

(高いから、わざわざ、行く価値ないですものね。)

 

実際、耐性菌(化膿止めである、抗生物質が効かない、ばい菌のこと)を移されて、帰国してから、死亡されている方もいらっしゃるそうです。

 

保険先進国である、アメリカ・カナダでは、大手保険会社を通じて、医療観光を利用される例が多いため、さほど、医療紛争が表面に現れることはないそうですが、アジアで急増する美容整形・レーザーなどの治療・歯科・眼科・漢方薬などの場合、外国人に対する保険の仕組みが皆無と言っても、過言ではないそうです。

 

そりゃ、そうですよね。自国の保険システムも、しっかりと確立しているかどうかもあやしいのに、外国人の保険整備なんて。。

 

アジアは、日本よりも、確かに物価が安いから、美容医療も、物価に合わせて安いとは思いますが、ちゃんとしたところは、それほど安くないですよ。

言葉もわからないのに。どんなものが使われているのかも、国によって、基準もまちまちですし。。

海外で、なにかわからないけど、顔に入れてきた、という方の場合は、うちは、全ての治療をお断りしますね。

何が起こるか、わかりませんから。

 

せめて、医療ツアーに行くなら、そういう保険のことも、ちゃんと確かめてから、行かれてはいかがですか?

アフターケアで、毎日~頻繁に通わないといけなくなったら、どうするつもりですか?

(アメリカ・カナダの医療ツアーの場合、交通費や宿泊費を考えると、日本でするよりも、断然高くなるから、そこまでして、する必要もないですよね。。)

 

よく、学会で、美よ外科の超一流の先生方が言われますが、海外(アジアへの)の医療ツアーに行く、たくさんの日本人のことを嘆いておられました。

「日本ほど、最高の技術を持っている国は、ないのに!」とおっしゃってましたよ。

一体、海外に行って、どんな特殊なことをしたいのか、私にはわかりませんが、日本人ほど、細かく丁寧にしてくれるドクターは、いません。

海外に旅行に行くと、何でも、雑に感じませんか?安いところなら、なおさらです。

雑でも、安いから許せますよね?レストランとか、洋服とかの買い物でも。

ブランドのお店や、お高めのお店でも、日本ほどの、きめ細やかなサービスをしてくれる国は、恐らくないだろうし、かゆいところに手が届く、というのでしょうか。日本人のことが、ホントに理解できるのは、やはり日本人ではないでしょうか。

感覚が、まあ、同じなわけで。。

 

日本では、美容整形やプチ整形が、韓国ほど、オープンにされていないから、あまりされていないように思われるかもしれませんが、大半のクリニックは、学会の指針に従って、(多分ね)、あやしいものは使わないようにしていると思います。

(学会やFDA(アメリカの厚労省みたいなもの)が認めていないモノを使って、患者さんの体・顔に何かあった場合、学会は、一切味方してくれませんからね。また、医療行為を、医師・看護師以外が(エステティシャンなど)行うのも、当たり前ですが、禁止しているし、一切、保障はされません。

まあ、独自の道を行っている美容クリニックも、結構あるのは、ありますが。。。

FDAが認可しているものかどうかくらい、ちょっと調べたら、わかりますからね。

認可していないものを、早々に美容に使うのって、かなりの勇気(というか、無謀?)がいると思います。

日本は、その辺、きっちりしているほうだと思います。(学会自体が)

でも、アジアのほかの国は、何でもあり、というか、何使われたのか、なんて、調べようもないですしね。規制の基準も、国によって、さまざまなので、日本と同じように、考えて、施術を受けたら、ホントに、ひどい目に遭いますよ。お金と時間の問題では済みません。

日本でも、海外でも、格安は格安なりの、理由があるので、いいとこどりなんて、できないんですから、いい加減、そこまでして、美容医療をするのは、止めませんか?

 

 

どうも、ブログの調子が悪いようで、私が一生懸命書いていたものが、全然アップされていなくて、気づいて、アップしていただいたので、一気に、たくさんアップされてしまい、申し訳ありません。

私のブログが長いので、無理されませんよう、のんびり、お読みになってくださいね。

いい暇つぶしには、なると思うんですけど。。

 

さて、今回は、医療で、格安のモノの話です。

 

私の実体験から。

私は、コンタクトレンズなんですが、今いっている眼科には、併設のコンタクトを売ってくれる店舗がないので、近くのメガネ屋さんに行って、処方箋を見せて、取り寄せていただく、という形を取っています。

まあ、そんな手間暇ではないんですが。。。

先日、ちょうど眼科に行く日に、四条烏丸で、ビラをもらいました。

四条烏丸で、よく黄色のジャンパーを着て、若いオンナノコがビラを配っていますよね。

コンタクトレンズの格安店。

見たら、私が使っているレンズも載っています。

特に、初回は、さらに割引くとのこと。

 

じゃあ、取り寄せではなくて、その場でもらえるのかな、と、クリニックのそばでもあるので、歩いて行ってみました。

 

ビラには、いかにも、カラーコンタクトとか、いつでも誰でも好きなだけもらえるような書き方で、昔は、そういうこともできましたが、コンタクト処方が、そういうことがはびこって、トラブルが大続出したので、厚生労働省が厳しくしたんです。

ちゃんと、医師の処方箋がないと、コンタクトレンズが買えないようにしたんです。

 

また、コンタクトレンズは儲かる、と目をつけた眼科が、保険を使って、コンタクト処方に見せかけて(?)バンバンと検査をして(必要もないもの、あるいは、本当は、コンタクト処方だけなら、関係ないもの。)、不正請求が増えたので、かなり、以前よりも厳しくなったはず。

 

私が昔、通っていた眼科は、大阪では有名な眼科で、難波にもあって、そこはコンタクト専門みたいになっていました。

他に、梅田にもいくつかあって、梅田は、もっと眼科らしいです。

百貨店内にも、あるはずだったと思います。

ここを受診すると、一通り、検査をされるわけです。(よその眼科では、されないような検査まで。)

でも、検査をしている女の子たちも、資格があるんだかないんだか、あやしい子も混じっていて、ろくに、視力検査の途中に、担当の子が、首をかしげて、どうしていいかわからなくなるような子も、検査させてました。

その日のスタッフのシフトで、ものすっごい差が激しかったですね~。

それらの検査を、なんの資格もない、その辺の子に、適当にさせて、保険請求しているなら、ぼろ儲けやな、ここ。。。といつも思ってました。

(眼科の保険点数の詳しいことは知りませんが、資格のない子に検査させて、お金を取ったら、いかんでしょ、やっぱり。)

 

で、こちらのクリニック、保険が厳しくなったとたんに、コンタクトもらいに行っても、いきなり、検査激減です!

いつもしてくれていた検査が全くされなくなったので、担当の子が、ぼけてるから、忘れてるのかな、と思って、「○○してもらってませんが。」と言うと、「△△から、無くなりました。」と言われました。

モロです。

患者の目の健康のために、検査をしていたのではなく、保険請求でお金がもらえるからしていただけで、もらえないと切り替わった瞬間に、全部、一気に止められたわけです。

あからさまですね~。

こういうのを、混合診療と言って、厚生労働省が禁止していることですが、悪いことしてると、いつかこういうしっぺ返しが来て、患者さんからしたら、何が何だかわからないから、どうしてしてくれないのか?ともめるわけです。

(だって、不正請求していたんですよ~、なんて、言えませんからね。

不正請求でなくても、患者さんからしたら、なんか納得できないですよね。同じような金額取られているのに、なんで?みたいな。

混合診療をすると、いつかそういうことになって、ややこしいので、当たり前ですが、うちは一切、混合診療はしてませんので、ホクロもニキビもビタミン剤も、全て自費です。

保険と自費治療は混ぜられませんよ~。)

 

ちなみに、こちらの眼科、経営が厳しいのか、どんどん、検査とかする女の子の質が落ちていったので、もう行っていません。先生は、そんなに悪くはなかったけど、取り立てていいわけでもなく、いわゆるどこにでもいる眼科医です。

だって、ただのコンタクト処方ですから、眼科医であれば、何かが変わるわけではありません。

そうなると、検査とか受付する女の子の対応が一番長く接するし、しかもその検査結果を診て、診察ですから、検査自体が信用できるかどうか(適当ですからね~)、心配になって、もうクリニックを変わりました。

(今、行っているところで、前まで処方されていた度数が、つよすぎることを初めて教えていただき、度数を下げることを勧められ、すぐに下げました。目にすっごい負担がかかっていたわけです。。。。今のところは、ちゃんとした眼科の件さ技師さんがいらっしゃるので。)

 

話が飛びましたね。

コンタクトは、儲かる、と目をつけた業者がたくさんいて、コンタクト屋を先に作って、併設して、眼科を隣にもってきて、後から医者を探す、というのが、結構まかり通ってます。

まあ、誰が経営しても、コンタクト屋は構わないんでしょうし、併設の眼科の世話までされるわけで、確かに、患者さんからしたら、いいことです。

ただし、その医者が、本当の眼科医であれば、の話です。

 

私が開業した時(2年以上前ですが)、その時に、医師会の眼科医のおじいちゃん先生がおっしゃってましたが、「この地区に、コンタクト併設眼科が、ここ最近、いっぱいできたけど、眼科医は、わし以外は、二人しかいーひん。どうなってるんや。。。」と。

(ちなみに、「この地区」というのは、下京東部医師会の範囲で、大丸からミナミ~京都駅~九条・十条くらいまで入ったかな。。それの東側です。

西は、下京西部地区と言います。

四条・京都駅と繁華街が入ってくるので、眼科は結構あると思うんですが。。

それから、2年以上たっていますから、話はまた違うと思いますが、眼科医でない、コンタクトレンズ処方が山のようにあるわけです。

 

大学の時の後輩で、精神科医なんですが、大学を辞めて、フリーでバイトばかりしていた子が、コンタクトレンズ屋に雇われて、「眼科医」をしてました、昔。

なんかわからないけど、機械(検査の)をのぞくフリをして、検査してる感じにして、わけがわからなくても、「問題ないですよ。」と言うように、と言われたそうです。

こういうの、とっても、割のいいバイト代が出るんですよね~。

眼科のドクターがされる分には、いいと思いますが、眼科のことは、眼科医でないと、絶対わかりません。医師免許あるだけでは、ダメなんです。

 

そういうあやしい眼科がとても多いんです。

外から見ただけでは、ちょっとわからないかと思いますが。。

 

さて、そのチラシのコンタクト屋です。

なんかあやしそうな、眼科が横にありました。

真実はわかりませんが、本当に、眼科なんでしょうか。。

まあ、ここにかかるわけでなし、私には関係ありません。

 

そのコンタクト屋に、処方箋を渡しました。

(店内は、アルバイトっぽい、若い女の子ばかりで、少なくとも、いわゆる何か国家資格を持った人たちには、失礼ですが、見えませんでした。かりに、資格があっても、呼び込み以外の仕事って、してるの?という感じ。。)

私の処方箋を見て、ビックリしたようで。。。

多分、隣のクリニックからの処方箋しか見たことがないらしく、よそから来る患者は、あまりいないのかな。。。

結局、私のコンタクトは、取り寄せらしく、なんだ、それなら、来なかったのに、と思いましたが、まあ、今回は、せっかく来たし、安いようだから、いいか、とそのままお手続きといううのを待つことに。。

 

。。。しかし、いつまでたっても、終わりません。

どうも、処方箋が読めないから、発注の仕方もわからないらしく、また、出したことのないレンズだったようで(普通の眼科では、よくあります)、値段も、なんかを懸命に調べています。

いつものところ以上に、時間がかかり、「もう、いいです。」と言いかけたところで、やっとできたようです。

そしたら、取り寄せ伝票みたいなのはくれず、診察券のようなカードをくれました。IDが書いてあるやつ。

「届きましたら、お電話します」、と言われ、「来院時に、このカードを渡していただければ、すぐにわかりますから。」と、カードしか渡されませんでした。

さすが、大手だから?合理化されてるわけなのか。と思い、その日は帰りました。

 

3日後、携帯が、そこらしき着歴があり、折り電すると、なんとFAX番号!

なんや、そりゃ?!

。。。もう、仕方ないな、とカードを取り出すと、全国で使えるからか、その四条店の電話番号がどこにも書いていません。。

ちょっと信じられません。。

仕方ないので、ネットで調べて、電話しました。

 

電話で、折り電したら、FAXにつながるんですけど、と言ったら、番号を確かめさせてください、と、今、私がかけてつながった番号を言われます。。。

そりゃ、おたくのHP見たんだから、それでつながっているわけで、その番号言っても、当たり前でしょ。。。

私が、最初にかけた番号を聞けっ!ちゅーの!

。。で、最初の番号を言いました。

やはり、そこのFAX番号で、「FAXにつなげてしまうんですね~」と言われ、いや、私がつないでるんじゃないから。。。

もう、こんな不毛な会話は、意味がないので、もう関わらないでおこうと、電話を切りました。

 

取りに行くのもイヤでしたが、お金を払っているので、いかないわけにもいかず、行きました。

そしたら、初めて、オッサン(失礼。でも、見た目は、いわゆるオッサン、というヤツです)の店員さんを見ました。

言われた通り、カードを渡します。

 

そしたら、IDから、まず私のカルテ(カルテって、いうのかな、こういうところも。。)を探されます。

。。。。見つかりません。。。

今度は、パソコンを確認されてました。

そこで、またカルテ探しです。

。。。。見つかりません。。。延々、探してます。。

もう、カルテいらんやろ、と私は思って、取り寄せのコンタクトをもらいに来ただけ、と言おうとしたところで、「。。。取り寄せですか?」と。

そうです、と返事したら、またまた奥の部屋を、延々と探してます。。

一体、ここはどうなっているんだ。。。電話もらって、2日後とかなんですけど。。。そんなに、毎日、取り寄せがあって、在庫探すの、大変なわけ。。。?

もう、ええ加減にせえよ、となりかけたところで、別の「研修生」という名札をつけた女の子が、カウンターの手前においてあった、私のコンタクトを、サッと用意しました。

なんなんだ、ここは。。。

確かに、ちょっと安いけど、初回だからよけいだけで、2回目は、そこまで安くならないし、処方箋読めない人が発注しているコンタクト屋なんて、間違えられたら、大変でしょう~。

安いところは、やっぱり、質が悪いです。

洋服、売っているのとは、わけが違います。

また、こういう安売りのところは、在庫を抱えているのがあったら、患者さんの目に合うかどうかよりも、無理やりでも、そのレンズあてはめさせて、買わせる、ということもありますから、同じような、在庫が山のようにあるんです。

 

そういうところで、買ったレンズ、ホントに、目に合ってますか?

調子悪くないですか?

目だけはね、むちゃくちゃひどくならない限り、自覚症状(涙が止まらないとか、目やにが止まらないとか、痛くて目があけられないとか、急に見えなくなったとか。。)は出ないkとが多いそうです。

だから、コンタクトは、定期的に、ちゃんと眼科医にチェックしてもらわないといけません。

なんかおかしい、という人は、すぐに、まともな眼科で、診てもらってくださいね。

 

安いところは、コンタクトでもなんでもダメですね。

時間のムダです。届いたのが、番号あっていて、幸いでした。あ~、よかった。心配してました。

美容も体も健康も、やっぱり安いのは、それなりです。

コンタクト買うだけで、こんなことになるとは!

神様、教えていただいてありがとうございます。あらためて、格安はダメだ、ということを知りました。2度と、つけいれらないようにします!

(患者さんが、格安美容クリニックにひっかっかるのって、こんな感じですかね。。?)

ちゃんとしたところで、コンタクト、取り寄せてもらいますね。

 

 

 

 

今日は、東京の丸の内で、キュテラのトータルセラピーミーティングが開催されたので、土曜日、クリニックが終わってから、移動して、行ってきました。

キュテラは、うちで扱っている、タイタンやジェネシス、ライムライト、アキュチップ、プロウェーブを作っている会社です。

自分が使っている機器の、新しいやり方や医学的な理論などを、著名な先生方が発表され、教えていただけるので、とてもありがたいミーティングです。

うちで取り扱っていない機器の発表もあるので、聞いていると、やっぱり欲しくなっちゃいますね。

 

今日の発表も、クリニカタナカの田中先生の発表がありました。

タイタンです。

田中先生は、タイタンとジェネシスの発表だけでなく、論文もたくさん書いておられるので、タイタンとジェネシスの良さを、ちゃんと医学的事実に基づいて証明されているので、いつも、改めてタイタンとジェネシスの良さを実感できるのと、また、安心して使うことができます。

今、いろいろな美容医療の機器が使われていますが、論文までちゃんと書かれて実証されている機器というのは、実は、それほどありません。

これは、ホントにスゴイことで、機器もスゴイけど、田中先生もすごいわけです。

 

さて、今回は、タイタンのお話でした。

タイタンの論文は、ほぼ英語で発表されているので、全部を私は読んでいません。

たくさん発表されている内容の中から、要点をまとめてわかりやすく、言ってくださいます。

 

田中先生は、エラのボトックスをするのがあまりお好きではないそうで、代わりにタイタンをするそうです。

タイタンは、過度な筋肉の緊張を緩和させる働きがあるそうで、そのおかげで、エラの緊張が解かれて、小顔治療に使えるとおっしゃってました。

私は、エラの張っている方で、ご自身で希望されれば、もちろんエラボトックスをやりますが、自分から言われない方に、エラボトしたほうがいいですよ、とは、言いません。

というか言えません。

エラ張り顔というのは、個人の好みですからね。

意思が強い象徴として、好きな方もいらっしゃいます。

小顔にしたいけど、どうしたらいいですか?と聞かれたら、エラボトを勧めますけど。。

 

ボトックスに抵抗のある方は、タイタンを試してみられるのもいいと思います。

エラボトが効きすぎて、皮膚が余る(弛む)方には、タイタンを勧めていましたが、ちょっとエラボトして、維持として、タイタンを混ぜていくのもありですね。

 

タイタンをしたら、ネズミの実験ですが、シワが浅くなり、コラーゲンがびっしり増えている写真を見せてくださいました。

嬉しくなりますね~。

(ご自分の脚にも、タイタンをあてて、皮膚を切り取って、証拠集めもされていらっしゃいます。

やっぱりネズミと人間で、皮膚が違いますし、人間でどうか、というのが、やはり大切ですから。ご自分の体を張って、タイタンの良さを実証してくださっているわけです。)

 

で、タイタンは、コラーゲンを増やすだけでなく、エラスチンという皮膚の線維も増やそうです(再合成を促進します)。

エラスチンが増えると、皮膚の真皮の水分保持をして、毛穴を引き締め、透明感を出るそうです。

そうなることで、よけいに、シワ・タルミの改善が可能となるわけです。

タイタンを定期的に受けている患者さんが、お肌お引き締まって、皮膚がふっくらしました、という方が結構いらっしゃって、「引き締まる」ということと、「ふっくらする」と、一見、相反することが同時に起こるので、変と思われるかもしれませんが、エラスチンが増えて、水分保持が進むからだったんですね~。

できれば、1か月毎、最低2~3か月毎に、メンテナンスをすると、とてもいいとおっしゃってました。

ご自分のクリニックでは、患者さんに、最低2~3か月毎にしてください、と言われているそうです。

 

あと、紫外線によるシワのメカニズムの発表がありました。

更年期以降は、一気の老化が加速するそうで、(これは、美容医療をされているドクター方、みなさん、おっしゃいますね。)、女性ホルモンが減ると、エラスターゼという酵素の活性が促進され、エラスチンの分解が進み、シワが増えるということです。

難しい話はおいといて、簡単に言うと、更年期以降は、ホントに、紫外線をちゃんとカットしないと、えげつなく老化が進むということだけ、覚えておいてください。

だから、日焼け止めはちゃんと塗りましょうね。塗り直しもね。

 

キュテラからも、レーザートーニングの機器が出ているんですが、このところ、それ関係の発表も多いです。

こちらの、レーザートーニングは、光の種類は、ヤグレーザーという光を使うんですが、光の種類(波長)自体は、ジェネシスと同じなんですね。

ジェネシスを20回も30回もされている方で、遅発性太田母斑様色素斑(ADM)が薄くなる方がいらっしゃって、これだと、テープを貼ったり、かさぶたができたりと、患者さんが困ることがないわけです。

ただ、ジェネシスで、アザの治療をするには、時間がかかりすぎます。

レーザートーニングも、テープを貼ったり、かさぶたができない治療ですが、設定次第では、ADMのアザに効くんじゃないのかな、と思っていたら、やはりみなさん考えることは一緒で、設定を工夫されて、ADMやアザの治療の発表をされていました。

もちろん、従来からある、Qスイッチレーザーに比べれたら、時間はかかりますが、なによりテープを貼らなくていいし、かさぶたとかできないところがいいですね。

(どこのクリニックで受けても、レーザートーニングの効果は同じではないので、気を付けてくださいね。

トーニングのトラブル(肝斑の悪化だけでなく、色素脱失(水玉みたいに、色が完全に抜けてしまう)など)が、とても多いです。

いい加減なところでやったら、ホントにろくでもありません。

レーザーは、設定が命ですから。)

 

やっぱり、キュテラのトーニングの機器は欲しいな~。(Qスイッチレーザーとしても、もちろん使えます。優れものです。)

テープを貼る治療って、基本、あまり好きではないんですが、トーニングをこういう使い方ができるなら、来年は、欲しいですね~。

 

 

 

 

先日、TVのチャンネルを変えていたら、綾小路きみまろさんが、ライブのようなことをされていて、ディナーショウのような感じでの狭いところで、漫談をされているところでした。

ランチとトークショーみたいなものを、わざわざTVで取材かなにかで、流しているのかな、と思って観てました。

 

綾小路きみまろさんの漫談って、結構おもしろいですよね。

 

今回のテーマは、どうも女性の老化と美容の話のようで、時々、会場のマダムが、パーンと画面に抜かれて、笑顔がアップで出るんですね。

でも、そのマダムは、年の割に若くてキレイな奥様が、抜かれます。

 

漫談も結構おもしろくて、そのまま観ていたんですが、家族がその途中で、チャンネルを変えるから、「きみまろにしといてや~。」と言うと、「これ、化粧品の宣伝やで。」と言われ、

エッ?!

そしたら、なんかの化粧品を塗ると、シワが伸ばされて、若くピンと張っているように見える、という化粧品のCMでした。

 

会場に、何人か、サクラのマダムがいらっしゃるようで、キレイ目のマダムが、画面のアップに塗って、「○○使用歴、何年です~。これなしでは生きていけません。」みたいなことをおっしゃいます。

そういう奥様が出てくると、会場からは、「えっ?!若い!キレイ!」という感じのどよめきが起こります。

(恐らく、全員、サクラかなと。。)

 

その中の奥様一人が、実際にその化粧品を塗ってもらって、ビフォーアフターを比べましょう、という趣向がありました。

出てきた奥様は、年齢の割にキレイな方で、アフターとビフォーの違いが、私には、全くわかりませんでした。。。

 

その後に、何年も前から、その化粧品を使っている、という、50代後半のマダムが出てきて、4年前の私、だったか、かなり昔の顔の写真が出てきます。

(ビフォーとして。なんで、そんな前の写真が残っているねん、と突っ込むところですかね?)

まあ、何年前の写真かどうかなんて、証拠は何もありません。

 

確かに、アフターの写真は、変わってましたが、写真はいくらでも修正ができます。

現在の顔が、アフターなわけですが。。。

確かに、お若いです。。。

でも、ボトックスやりすぎのお顔でしょう。

どんな表情をされても、全く、どこにも、シワが寄りません。

そんなことができるのは、この世の中、ボトックスしかありません。

今の医学では、それしかありません。

 

ボトックスやりまくりの顔で、(恐らく、他の美容医療も。手術とか。。)アフターに出てこられても、興ざめですね。。。

 

きみまろさんのステージは、この巧妙な、CMでした。

妙齢の奥様方には、とてもインパクトもあり、説得力(?)もあるCMなんでしょうね。。。

 

こちらの、シワ取りクリーム、塗ったら、シワが伸ばされて、ピン!となるそうで、他のバージョンも、たまたま観ましたが、やはり、ビフォーアフターをその場でされた分には、私には、違いがわかりませんでした。。。目が悪くなったのでしょうか。。

 

一体、このクリームはなんでしょうね。

洗濯ノリでしょうか。。。

昔から、似たような、洗濯ノリのような、石膏のように、顔を固めるクリームって、通販とかやってますよね。

 

CMも巧妙になっているから、きみまろさんまで、使うとは!

CMを考えた企業は、あっぱれ!ですね。

 

はっきり言って、こういう洗濯ノリ系の化粧品(化粧品って、言うのかな。。)は、昔から、かぶれるか、ガサガサになるか、その後、シワシワになるかと相場が決まってます。

ロクなことがないわけです。

 

こちらの商品を試そうとは思いませんが、やっぱり、買っちゃう方、いるんでしょうね。。

 

何でも、試さないと、そりゃ、わかりませんからね。

 

今なら、ものすごく安いようですね。

よくある、2本買ったら、もっと安くなるパターンって、ヤツです。

お約束ですね!!

 

仕事柄、いろんな化粧品や医薬品は、試しますが、なんでもかんでも塗るわけではありません。

そんなことしてたら、お肌持ちませんからね。

選ぶ基準は、あくまでも、自分が塗ってみたいもの、かつ患者さんい塗らせたいもの、です。

最低でも、自分が塗りたくないものは、ただでもらっても、捨てますし、自分が試していないものは、取り扱わないので、患者さんにも、塗らせません。

 

はっきり言って、こういう化粧品は、かぶれたり、悪化することのほうが多いと、私は判断するので、ただでもらっても、捨てますね。

使いません。

 

TVの影響力っていうのは、恐ろしいものがあって、そこにきみまろさんですから、笑っているうちに、注文してしまうとは!

相手も、売るプロですから、よ~く考えないと、お金が無駄になるだけでなく、お肌がエライことになりますよ。

 

普通の方は、ちょっと調べたら、買っていいものかどうか、判断されるでしょうし、判断できない場合は、もう、そりゃ、買って使わないと、わかりませんよね。

自分の顔で、実験するしかありません。

そうやって、経験を積んで、こういうものは、効かないんだ、とわかるまで、買い続けるしか、ありませんね。

 

まあ、その方の人生ですからね、何事も経験ですよね。

 

若いうちは、仕方ないけど、こういう化粧品って、たいがい、いいお年の方が、ターゲットなわけでしょう?

もう、いいお年なんだから、いい加減、こういう商品に騙されるのは、止めましょうよ~。

わかっていて、ネタに買ってみる、意外と、こういう使い方も、いいんじゃない~?と、余裕を持って、買われるなら、いいと思いますよ。

期待しすぎると、裏切られますからね。

だって、医療じゃないから。

 

いい加減、楽して、キレイになれる!、なんて、(しかも安い値段で!)、世の中に存在しない、ということを、学習しましょう。

わけわからん化粧品を買って、塗るくらいなら、いい加減、日焼け止めを、頑張りましょう。

それと、塗り直しをね!

そのほうが、よほど、科学的だし、根拠はあるし、現実的です。

 

 

またどこから突っ込んでいいんだか、の「ホンマでっか?!TV」でしたが、良識あるみなさんは、バラエティの一環だと思ってみていらっしゃることと思います。

 

まあ、今日の一言です。

あの森先生でしたっけ?

まいどながら、ムチャクチャですが、笑いが取れるから、TVとしてはいいんでしょう。

 

ただ、夏に紫外線を浴びまくったから、熱いお風呂に入る、というのは、意味ないですよ。

 

慶応大学の論文の実物も読んでいないですけど、番組で、森先生が言っていたのは、先に、熱いお風呂に入って、紫外線を浴びた場合であって、紫外線を浴びた後で、熱いお風呂に入っても、逆ですから、ダメですよ。

皮膚科医から言わせてもらうと、熱いお風呂に入ったら、皮膚、乾燥して、それこそカサカサのシワシワになっちゃいます。

なにしてんだか。。

 

私も大学にいた時、HSP(ヒートショックプロテイン)と紫外線の研究をさせられていたので、ストレス(紫外線や熱など)を単独でかけた場合と、重ねた場合とでは、重ねたほうが、細胞へのストレスが軽減された、という実験はしていましたし、この研究をしている研究者は、周知の事実だと思います。

もちろん、このストレスというのは、強すぎたら、ダメなんですよね~。細胞のダメージがひどくなりすぎて、修復されません。死んでしまいます。破壊されてしまうか。

その程度が重要なところですが。

 

皮膚の細胞は置いといたとしても、武田先生がおっしゃっていたように、熱いお風呂というのは、心臓に悪いですからね。体に悪いことは、皮膚にも悪いですよ。

皮膚を運営しているのは、体ですから。

 

真冬であれば、少々熱めのお風呂に入っても気持ちいいかもしれませんが、急激な温度上昇というのは、ホントに、心臓に悪いですから、ゆっくり、温まる、ゆっくり温度を上げていく、無理のない程度に、というのが理想ではないでしょうか。

 

紫外線をなかったことになんて、できないんですから、そんなことより、心を入れ替えて、今からでもちゃんと日焼け止めを塗ってください。

心臓に負担かけるより、ずっといいです。王道です。

これから、乾燥してくる季節本格化しているのに、そんな熱いお風呂に入ったら、よけい、痒く、カサカサになっちゃいますよ。

それこそ、お肌に、とても悪いです。

 

湯冷めしない程度に、心臓に負担をかけないように、半身浴はOKですが、胸まで熱いお湯につかるのは、とても、しんどいので、止めておきましょう。

 

あと、サーマクールをあてたからといって、番組で言っていたどの小顔にはなりませんよ。。

誇張しすぎです。。。

 

確かに、サーマクールやタイタンは、小顔目的で治療として使いますが、骨格は変えられないし、手術でできるフェイスリフトみたいにはならないし、脂肪を減らすわけではありません。

引き締めを行うわけですが、引き締まると言っても、限界があります。

お肉を焼いたら、縮みますよね?

あそこまで縮んだら、完全に焦げてますからダメですけど、あそこまで火傷させない程度に、熱の力で、引き締めていくわけです。

サーマクールは、かなりの瘢痕化を起こしますから、(時間が経てば、瘢痕も柔らかく戻るそうですが)、私は、タイタンのほうが好きです。

タイタンは、なにより、むくみを飛ばしますから、むくみやすい方は、即効性があります。

むくみを取ったところで、どうせまたむくみますが、繰り返し、定期的にされている方はむくみに負けない、しっかりした皮膚になっていかれるので、お肌が元気な印象が続く、疲れてるように見えなくなった、と、よく患者さんから言われます。

 

小顔になりたい、という方が、一度どんなのかしてみたいと思ってされるのはかまいませんが、番組で言っていた、あのインパクトのまま、真に受けると、、ちょっと、ウソやん?!ってなると思います。

顔が大きく見える原因は、タルミだけではありません。

骨格(骨)や筋肉、脂肪など、いろいろ複雑にからんできますからね。

サーマやタイタンだけで、解決できるものではありません。

あんな、手でギューとしたイメージになる、みたいなのは、ホントに言い過ぎなので、真に受けないように。。

クリニックによっても、値段も違いますからね。

もちろん、照射方法も違うので、クリニック(ドクター)によって、効果(結果)も、全然違います。

前にも書きましたが、サーマは、大昔のから、最新のまで、種類もいろいろで、さらに、最新であっても、何発打ってもらうのかで、料金が全然違います。

そこんとこ、比べないと、安い!と思って、受けに行くと、エライことになりますから、ご注意ください。

 

サーマかタイタンか、は、ドクターの好みによります。

どっちがより優れていると、一言で決着がつくものではありません。

患者さんの、好みももちろんありますしね。

 

TVは、TVなので、なんでも、真に受けないこと。

それが一番大事ですよ。

 

 

 

 

だいぶ前の話ですが、9月にいただいた夏休みの時に、出雲に行く途中、せっかくなので、鳥取砂丘に寄りました。

車の旅って、途中で、いろいろ寄り道できるのがいいですね。

 

でも、あいにくの雨で、島根は晴れか曇りだというのに、鳥取で、ずっと雨雲がとどまったままです。

車の中で、雨雲の動きを、ずっとケイタイでチェックです。

 

カンカン照りの、砂丘は、えげつなく熱いと聞いていたので、ちょっと雨が降って、しっとりしているほうが、砂は歩きやすいかもしれません。

まあ、小雨くらいなら、と砂丘に向かいます。

 

鳥取砂丘は、全く初めてで、ガイドブックによると、砂丘だから、砂漠とかけてか、ラクダがいるそうで。。。

まあ、いいや、ラクダに乗ってみたいです。

私は、高所恐怖症で、実は、馬に乗るのもかなり恐怖心があるんですが、こわごわ、乗る、という感じです。

でも、北海道で、馬に乗って、散歩した時、コワいけど楽しかったので、やっぱり動物に乗せてもらうというのは、楽しいかも。。

ちょっと楽しみ。

ガイドブックでは、荒天時はラクダは中止、となっていました。

だから、小雨くらいなら、ラクダ、乗れると思っていたんですね~。

 

021.JPG025.JPG

砂丘に着きました。

ぱらぱら、観光客がいます。

シルバーウィークの中休みの平日ですから、むちゃくちゃ空いているんでしょう~。

 

いました。ラクダ。2頭。

座る椅子に、なんかカバーがかかっていますがラクダがいます。

小雨が降ったり、マシになったりを繰り替えしていて、もう少し待ったら、雨雲は東に行くかな~、という感じです。

 

先に、砂丘に上ることにしました。

いわゆる、「馬の背」っていヤツです。

思ったよりも、しんどくなかったです。

雨で、少し、砂が硬くなっていたからかな。。それでも、砂にサンダルは沈んでいきます。

やっぱり長靴のほうがよかったかも。。。

それか、完全に洗い流せるサンダルか。。

(ビルケンシュトックのサンダルで行ったので、最後、水で洗い流したら、全然、底の皮(コルク?)が乾かなくて、ずっと冷たかったです。島根に着くころには、乾きましたが。。)

 

思った以上に、広いような、狭いような。。。まあ、1回来てみたかったので、うん、満足、満足。

雨のおかげか、砂が飛びまくることもなく、お天気が良くて、風が強いと、沢山、肌について、またそれはそれで、チクチクというか、気になりそう。。

 

さあ、ラクダに乗ろうと戻ってきたら、どこを探しても、ラクダがいません!

散歩に行ったのかしら。。?と思って、しばらく待っていましたが、やっぱりラクダ、いません。

砂丘のスタッフ(?)のおじさんに尋ねると、「ラクダ、帰っちゃいましたよ。雨の日は、ラクダ、帰っちゃうんですよ。」

。。ガーン。。。

ラクダ、まだ写真、撮っていない。。。

(ラクダに乗らなくても、ラクダの写真を撮るのにも、お金はいるそうです。

ブログネタに、せっかくだから、乗って写真を撮ろうと思っていたのに。。。)

まだ、ラクダ自体も、全然堪能していません。ちょっと、ショック~。

さきに、ラクダにいっておけばよかった。。。ラクダ、触りたかった。。。

(傘、ささないと、ちょっと乗れない状況でしたが。。。高所恐怖症で、傘をさしながら、ラクダに乗れるかな。。と心配はしていたんですが。。)

 

帰ったのなら、仕方ないですね。

でも、またラクダのために、砂丘に来るかな。。。

 

車に乗られる方で、鳥取方面に行かれた方はご存知でしょうが、島根に直接行くのと、鳥取の砂丘側を回っていくのとで、全然道が遠回りなんですよね~。

しかも、鳥取と島根を結ぶのは、ほとんど地道のような道しかなく、高速道路、というものがなかったような。。とぎれとぎれの有料道路がありましたが、鳥取~島根の横断は、とっても時間がかかります。

島根に向かう途中、回転ずしがさすがに、海のそばだから、とってもおいしかったのを覚えています。

地道は、地道で、いろんなお店が見れて楽しいですが、さすがに、時間がかかりすぎる。。。

う~ん、また来るかな、鳥取砂丘。。。梨は大好きだし、買いましたけど。。。島根でも梨、帰るし。。。

島根は、また行きたいんですけどね。。

1 / 212