プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2012年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

最近投稿した写真

ホーム > 2012年12月



今日は、大丸におせちを取りに行ったついでに、クリニックで、ワキボトックスをしてもらいました。

前に、いつワキボトをやったのか、覚えていないんですが、5月だったか、6月だったか。。。

たぶん、効果はもうとっくに切れているんですが、気になっていなかったので、ほっていました。

年明けの医師会の新年会で、着物を着ようと思って、ワキボトしておこうと思い立って、お願いしました。

ボトックスビスタ®は、重度のワキの多汗症について、2012年に厚生労働省の承認が取れましたね。

国のお墨付きの治療と考えていいわけでしょう。

ワキの多汗症もいろいろな治療がありますが、その中で、有効性と安全性とお手軽さを考えれば、今は、やっぱりボトッくス注射じゃないでしょうか。

(ワキガは、また話が違います。)

 

安全性 というのは、正しく使った場合、というのが最低条件ですが、やはり経過というか、治療が始まった歴史がそこそこありますから、(他の治療に比べて、と言う意味です。手術は別です。)、医師側も使いやすい薬ですし、患者さんも受けやすい薬でしょう。

なにより、その日に、すぐやろうと思ったらできる、というお手軽さがいいですね。注射するだけですからね。

(妊娠中・授乳中・妊娠を考えている方は、もちろんダメですよ。)

 

まあ、欠点は、注射の時の痛みと、効果の持続期間ですね。

効果の持続期間は、これは、かなり個人差が大きいようですが、ほとんどの方は、1年に1~2回、する程度です。

それ以上、やらないと気になる、という方は、他の選択肢もありますが、よく考えて、選んでくださいね。

ボトックス注射の欠点でもある、効果がなくなる、というのは、必ず元に戻る、という安心があるわけです。

これって、大事なことです。

完全に戻らない、ということは、それはそれで、素晴らしいことなんですが、うまくいかなかった場合も、戻らないわけです。

そのリスクを必ず考えて、覚悟しておかないといけない、ということを覚えておいてくださいね。

いろんなクリニックが、リスクがないように、いろんな治療法をやっていますが、必すリスクをきちんと説明してくれるところで、どんな治療であっても受けてくださいね。

特に、特殊な治療であれば、あるほど、第三者の、利害関係のない専門家(美容医療を専門とするドクターになってしまうと思いますが。美容医療をやっていないと、なんでも頭から否定だけされますからね。)に聞いてからでも、遅くありませんからね。

急いで治療されようとなさいませんように。

 

さて、ボトックスの注射の時の痛みですが、うちは、麻酔薬を混ぜてますから、しばらくしたら、麻酔が効いて、ほとんど痛みは感じなくなりますが、麻酔が効くまでの間、痛いのをじっと我慢しないといけません。

痛みの感じ方って、人それぞれですが、やっぱり痛くないにこしたことないし、一度、麻酔なしで自分自身受けたことがありますが、ないよりは絶対あったほうがいいし、いつも早く終わらないかな~、と思って受けています。

そこで、今回は、34Gという極細針を使って、全部やってもらいました。

(うちだと、1本¥1.570の追加料金をいただきます。)

合計5本使いましたが、途中から麻酔が効いてくるので、5本全部、34Gにしなくても、最初だけでよかったと思います。

(針の切れ味が落ちてきますから、針は、切れ味が落ちたら、どんどん変えないと、やられている方も痛いし、やる方もうまく刺さらないので、時間がかかります。

いつもは30Gという針を使います。赤ちゃんの採血にも使わないくらいの針の細さなんですけどね。歯医者さんで歯茎に麻酔される時と同じ針の細さです。

30Gで、普段私は、4~5本使います。

34Gだと、針がもっと細い分、すぐにダメになることも多いので、今回5本でした。

 

でもね、34Gだと、だいぶましでしたね~。

ボトックス自体が、ちょっと薬が沁みる感じがするので、刺されていても、薬の沁みてる感じで痛い、というのはあります。

これは、もう仕方ないです。

どんな針を使っても。

34Gは、なんとかましでした。

いや、よかった、よかった~♪

腫れと内出血も、ちょっとやっぱりましでしたね。

ワキボトックスで、痛みがネック、と思っていた方は、一度お試しください。

とりあえず、左右、1本ずつの合計2本で、様子を見てもいいと思いますよ。残りは、30Gでやってしまえば。

(30Gを使う分には、ワキボトックスの料金に入っています。

33Gを使う場合は、1本¥1.050です。)

 

とうとう、紅白もいきものがかりまで来てしまいました。

福山雅治さんは、あいかわらず、キレイですね~。

こんな43歳(でしたっけ?)のオッサン(失礼)、いませんよね~。

一体どこのクリニックに通っていらっしゃるんでしょう。(勝手に通っている、と思い込んでいますが。)

ご本人もかなりお肌のお手入れは、気を付けていらっしゃるようですが。

SK-ⅡのCMに、福山とは、マックスファクターも目のつけどころがスゴイですよね。

あんな歌を歌われたら、女性としては、「美しくなろう!」と思っちゃいますね。

TVで、歌詞を見ていて、この人は、天才だな、と思ってしまいました。カッコよすぎる~♡

さて、SMAPを観ますので、この辺で。

 

それでは、みなさん、良いお年を!

 

 

 昨日クリニックに行けなかったので、今日行ってきました。

クリニックで、雑務がたっくさん、残っているんですが、今日のメインイベントは、「しめ縄飾り」と「根引き松」を買うことです。

先日、お花屋さんに行った時には、まだ根引き松(京都では門松と言えば、この根引き松になるそうで)が売ってなくて、その後は買いにいけなくて、今日、絶対買って準備しないとダメだったんです。

 

門松って、大みそかの31日に飾っちゃダメだそうで、29日もダメだから、ホントは、28日までに飾るのが正しいんですが、時間がなくて。。。 

錦市場の、いつも花屋さんに行っても、売り切れている可能性もあります。

でも、とりあえず、行かねば。。 

ついでに、三木鶏卵で、だし巻き卵を買うつもりです。

まずは、大丸へ。

まだ11時過ぎと言うのに、三木鶏卵のだし巻きは、今日の分は売り切れです。。。

予想通りです。

やっぱり、錦の本店に行かねば!

(別に、三木鶏卵のだし巻きでなくて、どこのを買っても、そこそこおいしいし、あんまり味って、そこそこのお店なら、変わりませんが、なんかお正月には、食べたくなるんですよね~。

伊達巻は、たま~に買いますが、やっぱり甘い卵焼きって、京都ではなじみがありません。

伊達巻買っても、残っちゃうんですよね。

やっぱり、だし巻きでしょう~。

 

そこで、錦市場へ。

う~ん、、想像していたよりも、ダダ混み。。。ああ。。こんな日に錦に来るなんて。。。バカかもしれない。。しかも、錦通りから攻めるなんて、全然動けません。。。

結構、家族連れって、多いんですね。しかも、小さな子、混じってます。危ないと思うんですけど。。。いいのかな。。?

 

お花屋さんに行く前に、堺町だったか、柳馬場だったか、毎年しめ縄飾りを売っているお店が出ています。

ぼ~っとしていて、しめ縄買うの、忘れてました。お花屋さんとだし巻きのことで頭がいっぱい。。

案の定、お花屋さんいは、もう根引き松は売り切れ。。。ああ。。大丸まで戻らねば。。って、最初から大丸で買っとけよ!ってことなんですが、三木鶏卵を目指しているので、ついでに、と、どっちがついでか、もうわかりません。

お花屋さんは、柳馬場をちょっと越えたところです。

まだまだ人でいっぱいで、三木鶏卵に行っても、売り切れや大行列の可能性もあります。

こんな人ごみの中で、私何しているんだか。。。まだ仕事残っているのに。。うう。。。

四条通りから行ったら、よかったんですが、三木鶏卵が、どこの通りか忘れてしまって、錦通りを歩いていくしかありません。。うう。。

もうそこまで行って、なかったら、大丸に戻ろうとしたその時、三木鶏卵の看板が見えました!

しかも!全然並んでません!ラッキ~♪

迷っているお客さんを尻目に、「だし巻き、大1個ください!」

さっ!と出してくださり、買えました~。早っ!

もう、小は売り切れたそうです。

大をたっくさん、焼いておられました。まだまだ売れるんでしょうね。

 

さあ、これで、錦を抜けて、四条通りへ。

って、しめ縄買ってないやん!

でも、もう錦に戻るのは嫌だ~。

仕方ないです。。四条通りから、また入ります。。遠回りだけど。。うう。。

 

いつものお店に行くと、なんと根引き松が売っているではありませんか!

ラッキ~♪

根引き松には、お飾りがついていなかったので、オジサンに聞くと、雨の中、つけてくださいました。

ありがとうございました。

しめ縄飾りと、根引き松も、両方買えて、ホントについてました。

最初からここに来れば良かったです。

でも、だし巻きも買えたし、全部買えたし、とってもついてました♪

クリニックに戻って、飾り付けをして、さあ、棚卸です。

全部、医薬品とか注射器とか針とか在庫を数えないといけません。

化粧品とかは、スタッフが数えてくれたんですが、注射器とかは私が数えないと。

(うちにはナースがいないので、医療の部分は、後片付けも含めて、全部私の仕事です。)

いや~、開業って、こんなに雑務が多いとは思いませんでした。

なんでもやってみないとわかりませんね。

日々の業務に追われ、雑務が全くと言っていいほど、なんにも終わっていません。。

年内には、最低限度の仕事は終わらせなければ。。。うう。。。

棚卸をやりながら、ついでに洗濯もしておきました。

最後の日に、結構な洗いものが多くなって、やっぱり、洗いあげて、年を越したいですよね。

女に生まれて良かった、と思うのは、こういう瞬間ですね。

男性ドクターだったら、30日に仕事しに来て、洗濯はしないんじゃないでしょうか。

スッキリさっぱりで、良かったです~。

棚卸を終えて、まだ雑務は残っているんですが、とりあえず、ACボディをやります。

ずっとやってないから、そろそろやらないと、ヤバいです。

ACボディをすると、むくみが取れるので、脂肪がいきなり減るわけではありませんが、やり終わった後と、翌日とか、ちょっとスッキリするんですよね。

ベルトの穴がひとつ小さくなった、という患者さんもいらっしゃるくらい。

私は、これすると、翌日、1キロほど軽くなるんですよね~。(ただのむくみ取っただけでうよ。)

マメにしないと!(インナーマッスル鍛えるのにね。)

 、

ACボディが終わったら、ちょうど乾燥機も終わっていて、たたんだところで、今日の仕事は終了です~。(って、まだまだ終わってないけど。。)

果たして、明日までに、仕事は終わるのか?

う~ん、どうでしょう。。

昨日で、今年の診察は終了でした。

この1年、なんかあっという間に終わっちゃいましたね。

年をとると、どんどん1年過ぎるのが早くなりますね。

おかげさまで、なんか忙しく、休みの日にも、クリニックに行かないと仕事が終わらなく、何をしていたのか、あまり覚えていないんですが、仕事三昧だったような気がします。

 

今年、1年間、たくさんの患者さんにご来院いただき、私の治療をご指示いただき、関西以外からも、かなり遠方の方々、海外からまで受診していただいて、本当にありがとうございました。

遠方から1~2か月に定期的に通っていいただいている方、こちらに来られる時だけ、寄ってくださる方、

たったの1回で、次回いつ来られるのかわからない方、みなさん、いろいろでしたが、わざわざ遠方から私の診察と話を聞きたい、とご来院いただき、本当にビックリしましたが、近くに開業できなかったことが残念でなりません。

また京都に観光がてら、お寄りください。

たまの処置でも何もしないよりは、全然いいですし、エステ感覚で来られてる方もいらっしゃいますから、お肌のチェックがてら、どうぞまたお越しくださいね。

 

うちに来ていただいて、お肌がキレイになられたのは、みなさんが、本当にスキンケアを頑張られたからです。

みなさん、ホントによく頑張られましたよね。

全くと言っていいほど、日焼け止めを塗ることすらされていなかった方が、次に来られるときには、私以上に日焼け止めを塗っておられたり、とてもとても優しくお肌を触っておられたり、保湿の回数を増やされたり、とても頑張っておられたことは、お肌を診ればすぐにわかります。

人間ですから、たまに忘れることがあっても、普段から優しく丁寧にお肌を扱っていれば、お肌もご機嫌のまま、一緒に頑張ってくれますよね。

ちゃんとお手入れできなった日の次の日や、次の次の日でも、またちゃんとしてあげれば、大丈夫だったでしょう?

普段、ちゃんとされている方には、ちゃんと美肌の神様が守ってくれてますからね。

お肌は、ちゃんと大事に扱ってあげれば、いくらでも答えてくれますから、来年も、過保護にすることなく、でも愛護的に、優しく扱ってあげてくださいね。

保湿と日焼け止めの環境とTPOにあった塗り直しと、そして、一切の摩擦と刺激を止めてあげること、要らんことをなさらないこと、です。

TVや雑誌の情報は、あくまでも参考であって、ただの一つの情報ですから、乗せられないように、みなさんが、マスコミを利用することはあっても、利用されることはありませんように、心よりお祈りいたします。

 

この1年、多くの患者さんから、たくさんのことを学ばせていただき、いろいろな情報もいただき、本当にありがとうございました。

また、助けていただきました関係者の方々にも、お礼を申し上げます。

来年も、どんどん新しい情報を仕入れて、また今までの情報もさらに浄化して一段といい医療をみなさんに提供できますように、一層精進いたします。

再診の方には、一時期、ご予約がホントにお取りするのが難しく、ご迷惑をおかけいたしました。

今は、かなり改善していると思いますが、スタッフ共々、一層頑張ります。

(初診の方は、日によったら、取りにくい日もございます。ご予約内容にもよりますので、一度お電話にてご確認ください。

キャンセルなどで、当日いけることも、もちろんありますので、どうぞお電話ください。)

私を支えてくれたスタッフにも、感謝してもし足りないくらいです。

忙しい日にも、私ができると思っている以上の仕事がきちんとすべてなされており、ビックリした日は、1日2日ではありませんでした。

スタッフのおかげで、私は、診療に専念することができ、本当にありがとうございました。

 なにより、一番迷惑をかけたのが、家族で、私が休みの日にゆっくり家にいることが少なく、また久しぶりに家にいてても、寝てばっかり(か、食べてばっかりか。。)で、家事もちゃんとできず、(今日もしていませんが。。)ホントに、汚いゴミとホコリだらけの家で、我慢をさせてしまい、申し訳なかったです。

家族の支えあって、この1年、やってこれました。

ホントに感謝しております。

アウトソーシングしようにも、もうちょっと家を片付けてからでないと、ちょっと無理ですけどね。。。要らないものも多すぎるので、まず捨てないとね。収納も片付けも、そんなレベルではありません。。なんとか、この休みを利用して、片付けてしまいたいです。。

今日も、ホントは、クリニックに行って、仕事をする予定でしたが、昼まで寝てたので、行けませんでした。

その代り、ブックオフに、読まない本とCDを持って行けたので、ちょっと片付きました。

(捨てる、っていうのが、抵抗あるので、なかなか片付かないんですよね。)

今は、「人志松本のすべらない話」を見ながら、ブログ書いています。

このあと、年賀状を作らないといけません。(去年、住所録が消えてしまったので、それからです。)。。。

休みでも、なんか家事も含めて、やらないといけないことがいっぱいあって、ちょっと現実逃避したい気分ですね。。

あっ、カズノコ、水変えなきゃね。。塩抜きね。

(今年のおせちは、注文しました。簡単に作る年と頼む年と、その年の気分でいろいろなんですけど、今年は、注文です。

でも、家族がカズノコは好きで、またたくさん食べるので、カズノコは毎年、自分で塩抜きして、作ります。

それでは、水を変えてきますので、今日はここまで。

良いお年を!

(って、一応、まだ年内、ブログを書くつもりはしていますので、どうぞお楽しみに!)

 

 

先日、アトピコのシャンプーを買いたい、というお電話をいただいたそうで。

 

でも、当院では、化粧品の販売も、診察・カウンセリングを受けていただいて、ドクターが適応がある、と判断した場合しか、お売りしていません。

勝手に、それだけ、どこの誰でも買える、という形は取っていません。

申し訳ありません。

 

医薬品が、診察・カウンセリングが必要なのは当たり前ですが、クリニック用の化粧品(サプリも同様です)と言えども、患者さんのほうで、全く違う思い込みをされていることも多く、またどんな化粧品でも、間違った使い方や、根本的なスキンケアが間違っていたら、全く効かないどころか、かえって悪化することもありますので、必ず、診察をさせていただいております。

ホントに、その化粧品を使っても、お肌の状態が大丈夫かどうか、も一緒に診させていただいています。

ひどいクリニックなんか、アトピーに、オバジのピーリング剤を買わせていたり、患者さんが、何でも欲しいと言えば、なんでも売る、という、金さえ払えばいいのか、ということがまかり通っていますが、うちでは基本させません。

ただ、私が勧めていないのに、(はっきりと患者さんに、勧めません、使わないほうがいい、使わないでください、とまで言います)受付で、私が次の処置中で確認できないのをいいことに、「先生から許可が出てる」とか「話を聞いている」とウソをついて購入される方が、ごくまれにいらっしゃいます。

そういうことまでされると、勝手に使っておかしくなる、ということも防ぐことができません。

受付がしっかりしているので、私が普段患者さんにしてるような説明とほぼ同じことを患者さんにも説明してくれるし、注意事項も、化粧品の場合でも伝えないといけないときには、ちゃんと伝えてくれますから、医薬品を勝手に買うことは絶対できませんが、化粧品くらいなら、ものにもよりますが、買えることもあります。

 

ただ、必ず、うちで診察が済んでいる患者さんであることが絶対条件ですし、光・レーザー治療をされている方には、スキンケアの話が済んでいますから、そうそう勝手に使って困るような、そこまでリスクを伴う化粧品は置いていません。

(医薬品じゃないですからね。)

そんなリスクはあまりでなくても、「キレイなお肌」というのは、ちょっと違いますよ、ということが、私にとっては、重要です。

先日も、ナビジョンのレチノールを、その方には、勧めない(ピーリングとかやりすぎて、キメも荒れていて、顔も結構赤くて、やっと少しお肌が落ち着いてきたのかな、というところでした)し、止めてください、と言ったにも関わらず、受付で、(私は処置中)、レチノールを買う!絶対欲しい!とかなり言われたそうで、受付からも、赤くなることもあるし、今後は取扱いもしなくなるかもしれないし、やっていい時とダメなときがありますから、とかなり言ったそうですが、無理やり買って帰られたそうです。

まあ、無理やりと言っても、奪って行かれたわけではないので、私が処置中であっても、受付が絶対ダメ!と突っぱねれば、止めようと思えば止められたわけですが、クリニック用とはいえ、化粧品ですから、そこまで言っても、聞き入れない患者さんに、ドクターでもない受付が絶対ダメ!とはなかなか言えないでしょう。

(受付は、もちろん、私が、この患者さんに、止めてください、と言ったことは知りませんし、患者さんも、私から止められたことは言いもしませんでした。)

 

レチノールって、使ったら確かにいい時もあるんですよ。

市販のレチノールは、もうほんとに商品によって、かなりムラというか、良し悪しがあります。

まあ、考え方の違いですけど。

ナビジョンのは、医薬部外品ですから、そういう意味では、医薬部外品ではないレチノール商品に比べると、安全面とかいろいろテストされているので、まだ使いやすいかな、とは思っています。

たまに、レチノールがほしい、と言う方がいらっしゃって、確かにありかな、ということもあるので、少し置いているんですが、私からあんまり勧めることって、特殊な場合を除いてないですね。

光・レーザー治療ができないとか、使えない場所とか、の場合ですかね。

ナビジョンのRTマスクくらいなら、たまにしか使いませんから、イベント前とかには、ありだと思いますけど。

(1回使ったからって、速攻性は、もちろんないですよ。)

レチノール商品をずっと使っていると、どっかで赤くなってくるんですよね。。他にあまり副作用がなかったとしても。

あの赤くなるのが、私は、う~ん、と思っていて、期間を決めて使うか、お肌の状態を確認しながら使うか、と思っていて、毎月、レーザー治療をされている方は、必ずお肌を診ますから、大丈夫なんですけどね。

向いていない方もいらっしゃるし、今はダメ!ということも、もちろんあります。

テスターで使ってみたら、なんか刺激があるとか赤みが出た、とか、そういう方もまれにいらっしゃいます。

レチノールは、テスターがある場合は、必ず試してもらってから、買ってもらっているんです。

(ちょっと高いですからね。もし合わなかったら、もったいないですよね。)

で、その方は、テスターも使わずに、買いたい!買いたい!」と何か思いこんでおられたようで。。

 

で、結局、レチノールは取扱いをもう止めました。

もともと、うちでは、トレチノインも扱っていませんからね。

(トレチノインの必要性を感じないからです。今のところ。

副作用・効果の限界、両方とも、私は、敢えて使わなくても、というスタンスです。)

レチノールがなければ、もう買うことはできませんからね。

止めました。

RTマスクくらいなら、置いておいてもいいんですが、レチノールは止めているのにRTマスクだけ置いていたら、矛盾しているので、取扱いを止めました。

また、考え方が変わったり、違う使い方が出てきたら、仕入れるかもしれませんが。

まあ、ナビジョンはもともとクリニック用の化粧品ですからね、そういうこともちゃんとわかっいないのに、あやしいネットで買ったり、患者さんに売ったりしたらダメなわけです。

これだけ、ドクターと受付から、止めているわけですから、さすがに何かあったら、自分が悪い、と思っていただけると思いますけれど。

(結局、この方、買ったのはいいけど、使わなかったそうです。。。一番もったいないですね。。)

さて、そういうクリニック用の化粧品もあれば、無添加石けんや牛乳石鹸の無添加シリーズのヘアトリートメント、アトピコシリーズ(大島椿の)のシャンプー、椿オイルなどは、ドラッグストアでも売っていますし(どこでも、というわけではないと思います)、ネットでも買えるでしょう。

市販で売っているものを、わざわざうちで売らなくてもいいんですが、患者さんに紹介したら、どこで買えばいいのかわからない、こちらで取り扱っていないんですか?と結構言われたので、取り扱うことにしました。

(テスターはありません)

だから、診察もカウンセもいらないなら、化粧品のみ、買いたいなら、そういうところで普通に誰でも買うことができます。

うちのカウンセでは、そういう化粧品と一般の化粧品との違いを説明したりしています。

これが絶対お勧め!というのではなく、市販のものの中では、まだまし、とか、全然まし、とか、ものによって、いろいろです。

ひとつの商品の1例でしかすぎませんので、とりあえず、こういうのがありますよ、という見本ですね。

 

アトピコがほしい、と言われた患者さんは、阪大病院からうちを紹介されたそうで、ここで買えるよ、と教えてもらったそうです。

どうして阪大病院?大阪の人?

大阪の方なら、なおさら、アトピコ買うためだけに、わざわざうちまで来なくても。。。

診察やカウンセを受けたい、といおっしゃるなら、構わないんですけどね。

阪大のドクターが私のブログを見てくださっていて、アトピコの取扱いをご存知で、紹介していただいんたんでしょうかね。

とてもありがたいことですね。ありがとうございます。

でも、・・・惜しいっ!

すみません、うち、化粧品だけ買えないんです。。

せっかくご紹介いただいたのに、すみません。。

ネットで買えない方は、何件かドラッグストアをあたってみてください。

小さいとこと、大きいところ。。。市販の大島椿とは、ちょっと違います。

アトピコのほうが、よりお肌にやさしく作られているんです。

ご興味のある方が、うちに来られた時についでに買われてもいいですが、市販でも、買えますから、一度お試しください。

でも、市販の合成洗剤入りのものに慣れてると、なかなか受け入れにくい、と思います。

だから、説明しているんですよね。安心して使っていただけるように。)

 

 

 

今年もクリスマスケーキは、オーレリーのです。

NEC_0141.JPGNEC_0142.JPGちょっと写真が青っぽいですね。すみません。。ケータイで撮りました。

毎年、どれにしようか、とても迷うんですが、今年は、このフレジェにしました。

簡単に言うと、イチゴのショートケーキです。

ただのショートケーキと思うなかれ。

本当においしいショートケーキって、食べたことありますか?

 

よくケーキがおいしい、というお店でも、イチゴのショートケーキというのは、あまり置いていません。

シンプルなものになればなるほど、素材の良さと、どれだけ丁寧に作っているのか、などなど、本当のパティスリーとしての気質が出てくると私は思います。

凝っているものって、ごまかしがききますからね~。

 

こちらの、フレジェ、生クリームが絶品なんです。

牛乳からちゃんと作った生クリームを使っておられるので、いくら食べても、胸焼けしません。

いくらでも入ります。

小ぶりのケーキですから、一人で、一度に1/4カットは、平気でぺろっといっちゃいます~♪

ちゃんとした生クリームを、たっぷり使っているケーキ屋さんって、ほとんどないんですよね。

デパートでどこでも普通に売っている生クリームのケーキ、ちょっと食べる分にはわからないかもしれませんが、たくさん食べていくと、ちょっと気持ち悪くなってきますよ。

だって、世の中で売っている生クリームの大半が、油から作った生クリームです。

ようは、サラダ油を舐めているようなものです。

ネコマタじゃないんだから~。おいしいわけないですよ~。

 

もう最近では、めったにデパートのケーキ屋さんで、お使いものの焼き菓子とかは買うこともありますが、生ケーキは、ホントに食べなくなりました。

さすがの私も、食べたいとは思わないですよね。

どこのを食べても、特徴がないというか。。。

普通にはおいしいけど、別に食べなくてもいいかな、という感じです。

せっかく、カロリーも糖質も摂るんだから「おいしい~♪」と目がお花になるくらいのものでないと、私もダイエッターですので、のべつまくなし、食べるわけではありません。

お昼の玄米ご飯を食べない代わりに、オーレリーのケーキを食べる、という代償を払っているわけです。

 

なるべく、お菓子は、スナック菓子を止めて、生菓子にしようと心に決めているんですが、お酒を飲んでいるときの、ポテチとか、どうしてあんなにおいしんでしょうね。。。

 

先日、休日出勤で、お昼を食べた後、口直しに、なんか甘いもの、食べたかったんですよね。。おいしいお茶(紅茶ね)を飲むだけでもいいや~、とデパ地下の紅茶で有名なお店のイートインへ。

紅茶を飲むときに、ちょこっとなんか甘いものを少しつまみたいな。。。

こちらは、アフタヌーンティーセットをされているのを知っていたので、それを食べるわけではないですが、入ってしまいました。。

こちらは、スコーンがとてもおいしくて、ショップでも売っているので、スコーンセットにすれば、最高の組み合わせだったと思うんですが、プチケーキ2個付きのセット、というよくないものを見つけてしまい、お値段も手ごろで、それを頼んじゃったんです。。。

見本をトレイに載せて、見せてくださって、見た目で選んじゃいました。

モンブランと栗のムースのタルトだったか、なんか忘れました。

紅茶は、いつもなら、ダージリンとかウヴァとかスタンダードなものにすることろを、紅茶専門で結構やっておられるので、変わったものを見つけてしまい、「ラプスーチン」という、紅茶に。なんかスモーキーらしいです。

 

さて、ケーキが来ました。2個並べると、結構大きいし、量は多すぎです。。

味は、。。。まずい。。。

オーレリーに慣れてしまうと、なかなか他のケーキが食べれなくなる、というのも困りますが、ほんっとに、まずかったです。

まず生クリームが、油100%のものであり、スポンジにいたっては、パサパサで、まずいケーキの典型でした。。よせばいいのに、また、私は、文句を心の中で唱えながらも全部食べてしまうという大罪を犯しました。。。

ううう。。。悲しい。。。

まずいものを食べた時ほど、私は人生で、悲しくなることはありません。。

私の人生の1食分を返せ、と思いますね。

あ~、スコーンにしたら、こんなことはなかったのに。。

反省です。

これが、ホントに最近久しぶりに食べたデパートのケーキの記憶で、まあ、こちらのお店は、ケーキを売っているわけではないので、(店頭て売っているスコーンとパンは、ホントにおいしいです。)ケーキは、どっかから仕入れていらっしゃるのでしょう。

パンやスコーンと、レベルが違いすぎますから。

イメージは、スーパーで売っている、中途半端な生ケーキ、って感じです。

(コンビニとかのシュークリームやロールケーキのほうが、手軽さと値段の割に、かえっておいしかったりしますものね。)

まあ、いいや、ここのスコーンはおいしいし、近いし、接客の感じは丁寧で良かったし、空いていて静かだから、また来ようっと。

 

ちなみに、ラプスーチンの紅茶は、確かにスモーキーで、変わった紅茶でした。

燻したような。。。

ケーキがまずい上に、楽しみにしていた紅茶が、スモーキーで(って、最初から書いてあったんですが。。)、気分じゃないというか、またまた悲しくなりました。。

(値段は、デパートのイートインにしたら、全然高くなかったんですけどね。)

 

食べなれていないものを食べる、というのは、リスクが伴いますね。。。

 

ちなみに、オーレリーのご主人がおっしゃるには、ホントの生クリームというのは、扱いがとても手間がかかり、大量生産というのはきかないそうです。

なので、オーレリーは、お店を構えていらっしゃったときも店頭にはなく、予約注文制にされていました。

クリスマスの時期だけ、希望が多いので、特別にされるフレジェなんです。

また、ホントの生クリームは、匂いもすごく移るそうで、店頭のショーケースに並んでいるやつを買ったらダメですよ、と言われてました。

あの冷蔵庫中の匂いを吸っているそうです。表面が。

(オーレリーでは、クリスマスの時とか、たくさん作られた場合、箱に入れてしまって、冷蔵庫に保管されます。普段の予約注文の時なら、作ってすぐに可能ならお届けしたいでそうです。)

 

プロのこだわりによって作られたケーキは、大変おいしかったです。

そういうホントの手間暇ひとつで、味の仕上がりに変わってくるんですね。

どんな仕事も一緒ですね。

手を抜かず、ひとつひとつ、丁寧に、相手の喜ぶ顔を思って作る。

いいお仕事されている方からは、たくさん勉強させていただけて、大変ありがたいです。

今回も、ごちそう様でした。

 

 

 

今月号の美STに、美容医療特集がかなりのページを割かれて載っていますね。

どんな雑誌でもそうですが、一度にいろんなクリニックといろんな治療が載っているので、全くの素人の方からしたら、「こんなことも美容医療でできるのか、こんな治療があるんだ」と、そういう意味では分かりやすいと思います。

以前のアンアンの美容皮膚科特集(何回かされているので、どの号の分か忘れましたが)、かなりマニアックな美容医療も載っていて、「いきなり、全く知らない人が見たら、ちょっと引くんじゃない。。。」というのもあったので、そういう意味では、今回の美STは、新しいものからスタンダードなものまで、初心者から上級者までと、いろいろあって、わかりやすいと思います。

 

Dr.ウサコの認定ドクターのクリニックから、美STファミリーいきつけのクリニックまで、多数紹介されていて、編集部のほうから載せるのをお願いされたクリニックもあれば、(学会でも超有名どころのドクター方がいらっしゃるので、そんなところは、取材される側であって、お金は払われないでしょう。)、載せてもらうのに、どこまでお金がからんでいるのかなと思ってしまうようなクリニックもあり、それは編集部にしかわかりません。

それだけ、美STに載る、というのは、美容クリニックからしたら、ものすごい反響があると思いますから、そういうのに興味のあるドクターは、お金を払ってでも乗っちゃうでしょう。

クリニックといえども、経営はやっていかないといけないわけだし、もちろん、素晴らしいクリニックもあって、美STに載ることで、世間に知られて、そのドクターのいい治療が認知されていくのは、とてもいいと思います。

 

ただ、読者の方は、なんでも鵜呑みにされませんように。

 

雑誌に載せる治療内容は、全体のバランスを見て編集部で、ここのクリニックは、これでお願いします、というのがありますから、たとえば、連れてこられたモデル役の方に、向いていない治療も、中にはあるわけです。

モデル役の方も、その場でいきなりカウンセで、どんな副作用があるのか合併症は?初めて聞かされるわけで、ビックリされることもあるかと思います。

これは、まあ、よくある話です。

でも、もう段取りが済んでいるので、いまさら治療内容を変えるわけにも、モデルを変えるわけにもいかないんです。

予定通り、やらないと。

(明日、生放送のあるタレントさんに、私は、注射はしませんね。。ご本人が、ホントに気にしない、というなら話は別ですが。。内出血は、プロのメイクさんなら、ある程度隠してくれますが、腫れはどうもできません。

明日、大丈夫ですか?と聞かれても、「わかりません」としか、私は答えようがないですね。。心配な方は、日にちを変えるように言っていますから。

絶対、なんて、ありませんよ。だって、注射ですから。

今なんて、TV、すっごいキレイに映るでしょ?女優さんやモデルさんは大変だな、と思って、TVを観ています。)

 

いろんなことが、美容医療で、実はできるんだ!というのを、紹介されるのは、美容医療業界からしたら、とてもありがたいことです。

美容医療を、ここまで市民権を得られるようにしたのは、美STのおかげと言っても、過言はないと思います。

私たち、美容医療にたずさわる者として、美STに感謝しないといけないでしょうね。

おかしなエステにいって、効きもしない施術に大金取られて、火傷させられて、傷跡残って、と被害者が後を絶たない中で、美容医療がもっと知られていれば、そういう被害者は、減るわけです。

(また違う意味の(美容医療の)被害者は出てきますが、まだ医療なので、エステの被害よりは、私はマシと思っています。シミやシワ・たるみを治すためにエステに行く!、というのは、入口からして間違っているわけですから。

あとは、多くのクリニックの中から患者さんがどう選ぶのか、です。)

 

ただね、いつも美STはやりすぎなんですよね。。。

あおりすぎというか。。。

もうちょっと、副作用や合併症も、同じくらに大々的にページを割かないと。

基本、いいことばっかり書いていますよね。

隅のほうに、ちょこっと合併症のことが、軽~く書いてあることもありますが、全部の施術の副作用が、同じページにちゃんと載っていませんよね。

あおるだけじゃね、ダメなんですよ。

そのまま信じた読者は、雑誌通りになると思って、美容クリニックに行って、ホントに揉めますよ。

一つのクリニックのページが少ないので、いちいち全部書いてはいられないでしょうし、実際、患者さんが受診されるなら、受診する前に、ちゃんと自分で調べろよ、との言い分もわかりますが、そのまま鵜呑みにする読者が多いことくらい、わかっているでしょうに。

だからこそ、この雑誌は、反響も大きく、売れているわけでしょう?

編集部の方はみなさんわかっているくせに、と思いますね。

ちゃんと副作用やリスクのことを載せれば、これだけの読者がついている雑誌なんだから、いい方向に行くと思うんですけど、スポンサーの問題とかありますから、ホントのいいことばかり載せてられないのも事実でしょう。

ホントのことを書くと、エステと化粧品会社のスポンサーは大幅に減るでしょうし、美容クリニックにしろ、ホントに自信を持って読者に紹介できる良心的なクリニックというのも限られていますから、そういうところばかりがスポンサーになってくれるわけではありません。

また、そういう良心的なところは、こんな大手の雑誌の広告料なんて、ハンパなく高いですからね、そんなお金を払ってまで、広告をしようとは思われないでしょう。

だって、今だって、患者さんが大勢来られているわけですから、必要ないんですよね、そういうところは。

スポンサーがいないと、すべてのマスコミは成り立ちません。

雑誌もTVも。

だから、難しいんですよ。ホントのことを紹介するのなんて。

そんなことができるのは、NHKだけです。

「ためしてガッテン!」は大変ためになりますし、そういうものを真っ向から否定してくれるTV番組です。

でも、認知度が低いので、美STほど、大勢の方(特に、美容に興味のある女性たち)が番組を見ているわけではありません。

インパクトが弱いんでしょうね。評判にまで、一般の方の美容業界ではならないんですよね。

NHKの他の番組も、なんとか視聴率を上げようと、一部、民放のような構成にしている番組もありますが、民放みたいに、医学的におかしなことを言いきったりはしないので、やはりインパクトにかけてしまいます。

TVも雑誌も「娯楽」ですからね、みんな楽しくおもしろおかしく観たいわけですよね。

だから、美容医療特集といえども、「娯楽」として見てくださいね。

学会でも有名なドクターも私が尊敬するドクターも、今回の美STにも登場されていますが、紙面は、そのドクター方が編集構成されたわけでも、医療監修が入っているわけでもありません。

ただ、取材された内容を、編集部のほうで、編集されているんです。

編集権は、出版社側にありますから、取材されたほうはどうもできません。

そういうこと、わかって、ちゃんと見てくださいね。

 

今回、「アフターのその後」というのが載っていましたね。

東京のクロスクリニックの石川先生のブログに書いてありましたが(詳しくは、石川先生のブログで)、この企画、石川先生がずっと編集部におっしゃっていて、今回やっと企画が紙面い登場したそうです。

「その後をちゃんと載せないとダメだ」とおっしゃって。

石川先生は、面識もありませんが、学会でもマスコミ活動でも有名なドクターで、美容医療の普及にも多大なる貢献をされているドクターです。

マスコミの必要性もすべてわかっていらっしゃるドクターだと思います。

(石川先生の学会発表は、とてもお茶目で(失礼)、大変勉強になるので、いつも楽しみにしています。)

ああ、また、石川先生、太っちゃったんですね。。。(私も人のことは言えませんが。。)

石川先生の今後のマスコミでのご活躍に期待しております。

マスコミが暴走しすぎないように、また一般の方が美容医療を誤解しないように、美容医療とマスコミと患者さんの橋渡しをうまくしていってくださる要になる方だと思っていますので、お体気を付けて、頑張っていただきたいものです。

 

さて、話を戻します。

今回、いろいろな美容医療が載っていましたが、ドクターズコスメとはちょっと違うんですが、クリニックから処方される医薬品で、シミ・しわ・たるみを何とかして欲しい的なページがありましたが、あまり信じ込まれませんように。

紙面でも、ちっちゃい字で、効果のほどは、特効薬ではない、ようなことが書いていますが、もっと大きな字で、「これだっ!」みたいに載っていますよね。

シワに効く薬をほしい、と言って、洗顔フォームや化粧水・乳液を買わされたら、貴女、怒りませんか?

いくらクリニック処方(開発)の化粧品や医薬品と言っても、ホームケアはホームケアなんです。

ちゃんと、光・レーザー・RF治療やボトックス・ヒアルロン酸との違いを説明されたうえで、患者さんがわかって、化粧品を購入されるならいいですけど、ホームケアにあまり期待させたら、ダメだと私は思います。

そんなもので解決すらなら、レーザーも注射もいらんでしょ。

基礎化粧品やホームケアって、あくまで、スキンケアの基本です。

どこまでの医薬品を使うのか、何のために使うのか、それで内容は変わりますけどね。

うちに来られて、基本であるホームケアに、多大な期待を持っている方は、がっかりさせるだけなので、購入をお断りしています。

だって、その1万や2万でホントに効くならいいですよ。

でも、そこまで効かないでしょ。

あるいは、そのお金が別に構わない、と思うなら、買ったらいいですよ。

でも、ホントに効くものがほしいなら、そのお金、レーザーや注射をする足しにして、貯金すべきですよ。

基礎化粧品なんて、最低限のものだけ揃えればいいわけですから。

(化粧品の質は大事ですけどね。)

 

ページの下に、ダメなクリニックとして、シワの相談に行ったら、速攻ボトックスを勧められ、「ホームケアで。」と言ったら、女医の眉間にシワが!みたいに載っていました。

¥15.000の美容液を紹介されて、「これで少しは改善しますか?」と聞いたら、「しません」と5分で終わった、と記載がありました。

 

これ、みなさん、どう思います?

一見、このクリニック、全然説明もせず、ホームケアに興味なく、ボトックスばっかり勧める金儲け主義みたいに、思いますか?

真偽のほどはわかりませんが、患者さんが相談されるシワって、いろいろな種類があるんです。

シワの治療=これっ!って、決まっているわけではありません。

症状によって、違うんです。

一体、どのシワを相談されたのか知りませんが、もし眉間の縦ジワなら、アラフォーの方なら、まずボトックスです。

ボトックスありき、です。

どうしてもボトックスがイヤ!というなら、次の選択肢は、ヒアルロン酸がたいてい勧められると思いますが、ボトックスせずに、ヒアルだけしても、効果は、むちゃくちゃ悪いです。それくらい、ボトックスありきなんです。

眉間の縦ジワに、「ホームケアで。」で、言われたら、ふざけてんのか~!とちゃぶ台ひっくり返されてもおかしくないくらい、効きません。

もちろん、素人の方には、そんなことはわかるわけないと思いますが、こういう、クリニック用の化粧品や処方薬のホームケアはすごい!という特集が組まれているためか、ホームケアの意味をはき違えて、過大な期待を持って受診される方も、うちにもたまに来られます。

もうそれで、治る、みたいに、どんどん、妄想が進んでいるというか、期待が膨らみすぎて、もうわけわかんなくなっているんですよね。

ここまで膨らんだ人に、何を言っても無駄なことが多く、何度説明しても、雑誌に効くと書いてあった、ネット(うちのではなく)に書いてあった、と聞く耳を持ちません。

そんな方は、大体すぐにわかりけどね、話がホントに通じないから。

そんな人が来たら、ちゃぶ台はひっくり返しませんが、あ~あ~、と思って、私も眉間にシワは寄せるでしょう。。。

(私は、眉間にボトックスしてますから、実際寄りませんが。。。)

それで、仕方なく、何か化粧品紹介して、というなら、しますが、「効きますか?」と聞かれたら、「効きません」と言うでしょう。

患者さんに余計な期待を抱かせて、買わすほうが、よっぽど悪質だと私は思います。

まあ、うちで化粧品を買う場合、説明はしますけど、過大な期待をしている方には、ホントに揉めるだけなので、売りません。

まあ、副作用がほとんどないもので、それでもほしい、と言い張るなら、「効かないですけど、いいんですね?」と確認までしてから売ります。

でないと、あとから、効かない、と文句言うんですよ。「効かない」って、言ったでしょって。。だから、売りたくないんです。

ホームケアで、光・レーザー・RF・注射に勝るものなんて、ほとんどありませんし、もともと役割が違うんですから、同じ土俵に持ってきて、比べるのは止めてほしいです。

ホームケアは、まず基本で、そこに、クリニックでないとできない医療を足していく、というのが、理想です。

美容クリニックで、たくさん化粧品や処方薬を買わされたことないですか?

効きましたか?

値段の割にどうですか?

最初のカウンセで受けたのと同じだけの効果を、そのホームケアは約束してくれましたか?

してないでしょ?

そのまま、記事を真に受けちゃダメですよ。

特に、大きな字しか読まずに、(まだ今回は小さく書いてあっただけましです。)真に受けると、お金も時間も足りませんよ。

とりあえず、診察・カウンセに行って、話を聞く、というのはいいと思いますが、納得するまで、お金払ったら、ダメですよ。

雑誌やHPに書いてある、いいことばっかりの内容と、そこのドクターの印象が違ったら、貴女には合っていないんです、そこは。

とりあえず、話だけ聞いて、帰ってきましょう。ゆっくり考えればいいんですから。

 

ちなみに、ホントにいいクリニックは、患者さんが、処置名を名指しで希望されても、どうしてそれがしたいのか、何を改善したくてしたいのか、ちゃんと具体的に聞いてくれます。

患者さんの思い違いって、ものすごく多いので。

何も聞かずに、はいはい、と簡単に説明して、お金だけ取ってる、というクリニックは、ダメですよ。

ホントにいいものを勧められてたり(営業のこともありますが)、断られたり、全く違うものを勧められたり、といろいろです。

希望を伝えるのは、大事ですが、それが全てではないので、思い込みは捨てましょうね。

雑誌をそのまま、信じると裏切られるだけです。

あくまでも参考にするだけにしてください。

 

 

 

 

 

 

 

最近、よく患者さんから、「何度くらいで、洗顔したらいいですか?」と聞かれることがあります。

また、雑誌とかで、「何度で洗顔するのか?!」みたいなことがテーマにでもなったのかのと思い、

(以前、「夜の洗顔はいつしたらいいですか?」という質問が続き、最初、聞いておられる意味が、何を言っているのか、全然わかりませんでした。

そんなのいつでもいいやん、と思っているので、わざわざ、それをドクターに聞くことが信じられませんでした。

どうして、そんなことを聞かれたのか、というと、またまた美容雑誌かなんかで、「洗顔はいつするのがいいのか?!」というテーマで、討論会が載っていたそうです。

。。。ほんとにどうでもいいことなんですが。。。

その雑誌によると、化粧(ファンデーション)は、肌に悪いから、帰宅したら、さっさと落とすほうがいい、という主張によるものから、そういう討論会になったようです。

患者さんが言うには、帰宅後、すぐに洗顔して、そしたら、化粧水や乳液を塗りますよね。

ごはんを食べた後、お風呂に入りますが、またそこでも顔を洗うそうで、顔は乾燥して、保湿がおいついていなくて、大変なことになってました。

乾燥で悩んでいらっしゃったから、洗顔は、夜1回の、1日朝と夜の2回だけにしてください、と言いました。

帰宅後、すぐに洗顔したいなら、したらいいですが、それなら、もうその日は洗わない、どうしても入浴の時に、気持ち悪いというのなら、ぬるま湯ですすぐだけにしてください、と言いました。

それでも、ぬるま湯だけで洗うのが気持ち悪い、と言われるので(石けんを使わないのが)、じゃあ、帰宅後すぐの洗顔を止めてください、と言うと、雑誌に、ファンデや化粧品は肌に悪いから、すぐに落とさないといけない、と書いてるから、とききません。

もう、好きにしたらいいやん、となりますけどね。

患者さんに、そこまで思わせる、その雑誌は、ホントにロクでもないです。

じゃあ、聞きますけど、帰宅後すぐに洗わないといけないような、肌に悪いものを、一日中、肌につけてるのは、どうなんですか?

 そのことは、問題だ、と思わないんですかね?

帰宅後か、数時間後の入浴か、なんて、たったの数時間で何が変わると言うんでしょう。。。どうせ、帰宅後は、しょっちゅうメイク直しをしていない限り、化粧なんて、ほとんど取れているでしょ?

一体、何が問題なんでしょうね。。。夜、いつ洗顔しようが、ど~でもいいことなんです。(前にも、ブログに書いたんですけどね。)

そういうことも、雑誌の言うがままに、信じてしまうと、ホントに、お肌に悪いことばっかりしてしまいますよ。

ちゃんと自分の頭で、考えるようにしないとね。

で、今回は、氷水洗顔ですか。。。

ぬるま湯で洗えばいいんですよ。ぬるま湯で。

熱めのお湯はダメですよ。皮脂とか取りすぎて、バシバシなっちゃうから。よほどの脂性なら別ですが、自称脂性という方の大半は、大人の女性の場合、混合肌の方がほとんどなので、自称脂性は、脂性ではない、と思っておかれるほうがいいです。

まあ、乾燥ジワの気になる大人は、熱めで洗うのは止めてください。

 

「ぬるま湯」というのが、これまた、その方の常識というか、結構、考え方に個人差が恐ろしくありまして。。。

先日は、30度くらい、とか35度くらいですか?と何人かに聞かれました。

最近の湯沸かし器は、温度表示ができるので、具体的な温度を聞いてこられるんでしょうけど、どこに行っても、毎回、温度表示ができるところだけで、洗顔できるわけではありませんから、温度表示は、あまりアテにしないほうが。。

だって、その時の環境によって、(季節とかにもよりますからね。)、同じ温度でも、全然皮膚の感じ方って、違うでしょ?

夏の35度って、結構熱めに感じるかもしれませんが、今の時期、35度だと、ぬるすぎ、というか、日によったら、冷たく感じることもあるんじゃないですか?

「ぬるま湯」というのは、もともと、「ここちよい温度のお湯」という意味で使われていることが一般的に多いと思いますが、「ぬるめのお湯」と思っておられる方で、この「ぬるめ」の幅がありすぎるようです。。

気持ち良い温度なら、何度でもいいと思うんですけどね。

どうでもいい、とまでは言いませんが。。

 

氷水で洗うのを、美魔女か誰かがしてるそうで、30分とかですか?

その人はね、きっと雪女の生まれ変わりなんですよ。

雪女じゃなかったら、北極グマかも。

(この話を聞いたときに、夏の動物園で、氷の塊をもらって喜んでいる白熊のシーンが頭をよぎりました。)

今の季節、真夏でもないのにで、(真夏でもですが)、氷水で洗顔して気持ちいいですか?真夏でも冷たすぎるでしょう。

熱中症の治療じゃないんだから。

貴女が、雪女や白熊の生まれかわりだというなら、されたらいいです。きっと気持ちいいでしょうね。

でも、普通の人間なら、冷たいので洗ったら、気持ちよくない場合、ちゃんとすすげないでしょ?

早く終わろうと思うのが、当たり前です。

しかも、体温よりも、急激に冷やすと、毛穴がキュッと閉じてしまいますよ。せっかくの洗顔で、汚れを落とそうと思っているんじゃないですか?

一時的に、キュッと毛穴を温度で縮めたところで、どうせ、すぐに体温で開いてきますから、冷水洗顔が終わってから、毛穴は開きます。

肝心の洗顔で開く邪魔を、貴女がしてどうします?

真夏に洗顔後、気持ちいいから、と最後に冷水ですすぐとか、化粧水を冷やしておくのと、わけが違うでしょう。

洗顔なんて、気持ちいい温度のぬるま湯なら、何度でも結構です、ちゃんとすすいでさえくれていれば。

特に、純石けんではなくて、合成洗剤のクレンジングを使っている方なんて、ホントにえげつないくらい、すすがないと、お肌に、洗剤成分は残りまくりです。(肉眼では見えません。)

 

そういう雑誌やTVでしている、読者モデルや女優さん・モデルさんの、ホームケアって、全部、ホントじゃないですよ。

紹介したからって、それを毎日、その人がホントにやっている、なんて、証拠、ありませんからね。

若くて、お肌がきれい、というのは、芸能人とかなら、ある程度当たり前でしょうが、(キレイな子ばっかり、もともと集まっている世界ですからね。)大人の女性で、アラフォー過ぎて、キレイな人って、もともと美人か、肌がキレイというのは、やっぱり美容クリニックにお世話になっていることが大半です。

全員とは言いませんが、ある程度、そういうケアをしているのは、常識だと思います。

だって、一般人のみなさんだって、やっているんだから、「見た目」で仕事されている人がしてないわけ、ないでしょ。

どの程度までされているのか、どれくらいの頻度でされているのか、光やレーザー治療までなのか、プチ整形と言われる、注射レベルくらいなら、時々、あるいは、頻繁にしているのか、はたまた整形と言われる手術までしているのか、それは人それぞれですけれど。

雑誌やTVの取材で、「キレイのこつは??」と聞かれて、「美容クリニックで、いろいろやってます!」と堂々と言うわけ、ないでしょ。

また、言ったとしたら、取材として、成り立たないわけです。

じゃあ、キレイなの(若く見えるの)、当たり前やん、となるからです。

雑誌やTVがほしいのは、一般の人が、おうちで、気軽にやることができて、私も頑張れば、ああなれるんだ!と信じ込ませてほしいわけです。

で、しかも、そのホームケアは、気軽にはできるけど、あまり誰もやってなくて、え?そんなことするの?みたいな、インパクトがほしいんです。

だから、もちろん、全然ご本人はやっていなくても、やらせで、「今回は、これで。」みたいに、決まっていることもあるわけです。

 

マスコミを攻めたらいけませんよ。

だって、そんなこと、昔からやっているし、あるんだから。雑誌やTVって、真面目な医療番組じゃないんだから、ホントのちゃんとした医療監修が入っているわけでなし、「バラエティ」なんですから、あくまで。

(ただ、最近は、美STとか、どんどんエスカレートして、えげつなくなってきてますね。ビフォーアフターの写真もそうですし、私から見たら、やらせだらけのスポンサーとのタイアップ記事だらけ、という感じですが、ただの情報誌として見てる読者なら、そういうのにも敏感に気づかれると思います。

でもね、そのまま、ホントにそのまま、信じてしまっている方が多いので、そういう方がうちに来られると、全く話が噛み合わないので、とても困ります。

信じるほうが悪いのか、信じさせるほうが悪いのか。。。

不況が続いているのと、雑誌は今(TVもですが)、売れない時代なので、厚生労働省や国民生活センターとかから、勧告でも入らない限り、ますます、エスカレートしていくと私は見ています。

一度、刺激的な内容にすると、読者は、もっと刺激を求めますからね。でないと雑誌は売れなくなるので、極端な、インパクトのある記事のオンパレードになっていって、やらせ問題とか発覚していくんですよね。。。

TVの番組とかもそうですが、自爆していくんですよね。。。

えげつないことをする、ということは、自分たちで、時限爆弾のスイッチを押してしまったようなもの。。。編集部もわかっていると思いますけどね。もう止められないのを。

 

決して、情報に惑わされず、ちゃんと自分の頭で考えましょう。

考えてもわからないなら、今の時代、ネットで検索かけましょう。

その時、必ず、反対意見を探してくださいね。

肯定意見だけを聞くのではなく、反対意見を聞いて、(誰が言っているのか、というのが一番大切ですけどね。誰が言っているのか、わからない意見は、参考にするのは構いませんが、そのまま絶対信じないように。)、ご自身で判断されてください。

ご自身で判断されたのなら、それは仕方ないです。それが正しいのか、自分で実験して、確かめるしか、正しいかどうかはわかりませんが、自分で決めたのなら、納得がいくでしょ?

 

ちなみに、その氷水洗顔が肌にいい、と美魔女の人が思ったきっかけは、「寒い地方の人は、肌がキレイだから、冷やしたらいいんだ、と思いました」みたいなことをおっしゃってたようで。。。

 

どこから突っ込んだらいいのか。。。

寒い地方の方が肌がキレイと言われるのは、(秋田美人とか)、緯度が北に行きますからね、紫外線が弱いだけです。

一生で、紫外線を浴びている量自体が全然違うわけです。

紫外線による、光老化が少なくてすむからで、「冷たい=肌キレイ」とは関係ありません。

こんな寒い時に、皮膚冷やしたら、血行が悪くなって、毛細血管増えてしまいますよ。(赤ら顔になります)

どうしても、自律神経を、冷やして刺激したい、というなら、そんな長い時間は、いりません。短時間で十分でしょ。

長い時間、毎日やっていたら、しもやけになりますよ。

誰か、ちゃんと教えてあげたらいいのに。

(ホントにやっているなら、私の患者さんなら、止めさせます。私の考えるキレイ、と違うので。

やっていないなら、そんなことを、雑誌やTVで言うのを止めさせますけどね。

いや、「私、雪女の生まれかわりなので、氷、好きなんです。そしたら、キレイになったんです。」と言わせるほうが、インパクトがあって、TV的にはOKじゃないですか?)

 

私は、基本、特殊な場合を除いて、女性の体は冷やすものではないと思っていますし、体が不快に感じることは、体が止めて、と言っている信号だと思っています。

医療とか特殊なものは、副作用も含めて、いろんな不快感を我慢しないといけないこともありますが、(だって、医療だから。効く以上、ある程度の我慢は仕方ないことがあります。)ホームケアで、自分で、自分の体にできることなんて、大したことはできないのに、不快感与えて、いじめてどうする?!と思います。

過保護にする必要はありませんが、愛護的に、愛情を持って、お肌を優しく扱ってあげてください。

 

 

 

 

昨日の土曜日発売のSAVY「関西の雑貨店」に、広告を載せました。

PC230125.JPG

今まで、広告って、開業の時に、京都新聞に、「開業します」と「開業しました」の2回載せたくらいで、他一切、うちは広告をしていません。

ネットもです。

いわゆるSEO対策ってやつも一切やっていないんですよね。

私自身、広告って、あんまり必要ないかな、と思って、ほとんどやっていませんでした。

あるのは、クリニックの入っているビルの、1階と地下の看板くらいです。

あとは、HPだけなんです。

HPを見て、ここで治療を受けてみたい、と思った方だけ来てくださったらいいや、と思ってました。

ただ、開業してまだ3年経っていないんですが、初診の患者さんからよく言われるのが、「先生があまり広告してくれないから、ここに来るまでに、いらんところに行っちゃったじゃないですか!」とお叱りを受けます。

「もっと宣伝してください!」というご意見です。

すみません。。。

 

ブログをマメに書いているせいで、おかげさまで、ほっておいても、ネットの検索でかなり上位にヒットするようになりましたが、それでも、特定の単語で検索しないと、まだまだ難しいかもしれませんね。

漠然と、大勢の方に、クリニックの存在そのものを知ってもらう努力というのは、あまりしていません。

 

広告ね~。

広告って、難しいんですよね。

特に、美容クリニックって、雑誌とかに載っているの、なんかあやしく見えませんか?

いいことばっかり書いてあって。

どこのクリニックも、似たようなことばっかり書いてありますよね。

なんかピンとくるものがなかったんです。

 

でも、今回、トゥルースカルプをクリニックに入れたことだし、日本で1台目ですから、認知度低いの当たり前なんですね。

私のかわいい、トゥルスカちゃんのためにも、やっぱり宣伝しないといけないかな、と思い、今回、SAVYさんにお願いして、広告を載せました。

 

患者さんの多くは、全く効かない(効くわけがない)エステで、インパクトのある広告に騙されて、お金と時間を無駄にする、という話をされて、「もっと早く来ればよかった~!」ということを、おっしゃいます。

まあ、そういう社会勉強があって、うちとのご縁ができて、受診していただけたわけですが。。

悪徳エステというのがとても多いですから、社会勉強としても、かなり腹立たしい社会勉強ですよね。

また、お金と時間だけで済んだらいいですが、火傷させられたり、キズアトが残ったりと、取り返しのつかないことも。。。

これは、エステだけでなく、美容クリニックもそうですけどね。

 

患者さんが、どんなところに行かれて施術されてもいいんですが、その内容にちゃんと納得されて、また向こうも、できることとできないこと、副作用などちゃんと説明された上で、患者さんが選択されたのなら、その人の人生ですからね、お好きにされたらいいんですけどね。

でも、ちゃんとした説明もなしに、いいことだけ言って、お金を巻き上げるところがとても多くて、(有名なクリニックですら、説明もなにもされていない、ということがとても多くて、ビックリすることもしばしば。。)、確認せずに、やっちゃった患者さんが悪いのか、騙されるほうが悪いのか。。。しょ

確かに、確認もしないほうにも多少責任はあると思いますが、その責任は、お金と時間と自分の顔や体で責任を背負い込むわけですから、十分でしょう。

やっぱり、騙すほうがもちろん一番悪いわけで。。

クリニックは、まだ医療として、医薬品や医療機器を使いますから、効果が全くない、ということはないと思います。

(ふつうのところだったらね。ただ、カウンセで、効果や回数を誇張して言い過ぎ、というのはありますよ。)

むしと、効果があるものですから、副作用などが心配です。

 

反対に、エステは、効くわけないものを、あたかも、医療のように効くように説明して、高額な料金を取る、という詐欺商法と医師法違反・薬事法違反のオンパレードのところがあって、確かに、そんなところにかかわって、社会勉強しなくてもいいと私は思います。

そういう犠牲者が絶滅してくれることを、願わずにいれません。

 

エステでも、ちゃんといいところ(おかしなことをしていない、という意味です)もあります。

アロママッサージなど、ハンドで勝負されているような、リラクゼーション専門のところです。無理な営業もなく、良心的なところもあります。

ただ、少ないんですよね。。。かなり。。。

しかも、そういうお店は、目立つ広告などされていませんから、なかなか人目にはつかないですよね。ほんとに口コミや検索で、出会える、という感じでしょうか。。

 

せっかくのトゥルースカルプ、同じお金を使うなら、エステで被害に遭われる前に、うちのHPを見ていただいたら、と思います。

医療の中で、部分痩せの機械やクリニックを、いろいろ選択されたり、診察・カウンセに行ってみてください。

 

患者さんから、宣伝して!というお言葉と合わせて、今回広告を出しました。

さて、その広告ですが、よくある美容クリニックの、治療内容のメニューが山ほど値段と一緒に載っていたり、ビフォー・アフターの怪しい写真が載っていたりしますよね。

各雑誌社で、社内規定があるので、雑誌のカラーで、下品な広告もOK、のところもあれば、上品な、雰囲気重視の、あまり怪しくなく、という雑誌まで様々です。

なにがいいとか悪いとか、読者の層によって違うわけですから、決められるものではありません。

雑誌社の姿勢にもよりますしね。

 

実は、ああいうよくある美容クリニックの広告の大半が、厚生労働省からしたら、違反なんです。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/index.html

 雑誌の社内規定が、これに沿っていなくても、広告ページに関しては、出したほうのクリニック側に全部責任がありますから、雑誌社には責任はありません。

雑誌だけでなく、駅とかの看板も基本同じです。

HPは、かなり自由が訊きます。それは、わざわざ、そこのクリニックがどんなところだろうと知りたいから、そのHPにやってきたわけですから、いいそうです。

駅や雑誌というのは、不特定多数の人(クリニックのことも知らないし、知りたいと思っていない人にまで)の目にさらされてしまうわけなので、ダメ、ということだそうです。

 

さて、今回、どんな広告にするかな~、と思ったところ、思いついたのが全然時間がなく、この広告規制もあるし、トゥルスカのことを広告に書くことも、これまた本当はできません。

どこもやっているやん!という言い訳は、一切通りませんし、自分がそういうことをするのもイヤなんですよね~。

それに、短い言葉で、クリニックの特徴を、と思っても、いいキャッチコピーが思いつきません。

もう美容医療にどっぷりつかって、8年ちょいでしょうか。

いろんなところの広告も見てきましたし、広告を出す側として、考えたこともありますが、「うちのクリニックは、騙したりもしないし、良心的ですよ~」と書けば書くほど、怪しいクリニックに見えませんか?

たくさんの美容クリニックが、個人のところも大手もそうですが、大金を払って、いろんなキャッチコピーを出しておられますが、私には、どこも同じように見えてしまいます。

ものすごい大金を広告に使っているクリニックですら、私が、「ここは怪しそうに見えないな。。」と思える宣伝を見たことがないです。

まあ、もう言葉が出尽くされた、と言いましょうか。。

また、ものすごく怪しいクリニックも、同じような言葉を使いますから、患者さんからしたら、そうそう見分けなんて、つかないと思います。

 

うちに来られる患者さんの大半がおっしゃるのが、「HPの内容とかブログを見たら、他のところと全然違ったから。」「いいことだけ書いてあるんじゃなかったから。」というものです。

HPまで来ていただければ、うちが他と違うことがわかっていただけると自信を持っています。

(ついでに、できれば、ブログも読んでおいてほしいです。たまに、他力本願の方が来て、説明しても、理解できるレベルではなく、お互い、はあ~?ということになりますからね。。選ぶクリニックを間違えているよ。。。ということがありますから。うち以外に行けば、喜んで、どこもやってくれるのに、(そのことがいいか悪いかは別です)どうして、うちに来たの?ということがあるので。。)

 

だから、今回の広告も、施術内容は書けませんから、なにかメッセージを書くか、ですが、思いつきませんでした。

それで、思いついたのが、看板と同じでいいや!というものです。

ただ、看板と同じにすると、電話番号だけみて、HPを見ずに、予約を取られたら困りますから、なんとかして、HPまで行ってもらわないと!

それで、今回のように、クリニック名とうちのロゴマークとHPアドレスだけにしました。

これなら、HP見ないと、電話番号すらわかりませんからね!

我ながら、グッジョブ!です。

いかにも的な広告にすると、どこにでもある美容クリニックですから、これだけシンプルにしたら、なんか違うのかな、と知っていただけたら、それで十分です。

まだまだ、うちの認知度が低いですからね。

ただ、今回、隣のページはエステで、ぱっと見、うちがそこのエステと関係しているように、見えてしまいますかね。。。?全然っ、関係ないんですけど。

(よく見れば、わかりますけどね。エステのお店にも、いい迷惑かしら。。)

 

どんな広告にしたかは、よければ、SAVY、買ってから、見てくださいね!

雑貨特集で、結構、こんなところに!というお店も載っているので、見ていて楽しかったですよ。完全保存版だそうです。

雑貨特集の号は、よく売れるそうです。

以前出た、大阪の雑貨特集のは、完売とおっしゃってました。

待合室にも置いてますので、それでも確認できますよ~。

 

再診の患者さんからは、あんまり有名になると、予約が取れなくなるから困る、という声もいただきますが、10月後半くらいからでしたっけ?

初診料の値上げしたし、初診の方は、診察・カウンセのみ、にしましたし、1日で予約を取る枠も減らしましたし、かなり初診の方は、予約制限をしています。

再診の方は、予約を取りやすくなるように変えてますから、どうぞご安心ください。

10月とか全然予約の取れない再診の方が大勢いらっしゃって、ご迷惑をおかけいたしました。申し訳ありません。

(日によってとか、治療内容とか(時間のかかるやつ)、ほんとに混んでる日の直前のお電話とか、そういうのは、難しいですよ。

どの日が混んでる、と法則があるわけでもないので、これがまた難しいところ。。直前で、変更・キャンセルが出ることもありますから、キャンセル待ちでよろしければ、前日でも当日でもご連絡いたしますので、どうぞご遠慮なく。)

 

トゥルースカルプを一度やって、2か月たった方が出てきたので、その経過写真をお見せします。

まだ1度やっただけで、2回目をその日に同時にされている方もいらっしゃれば、今度は違う場所にする、という方、人それぞれです。

さて、おなかの下腹部のみ(おへそから下)された方です。

P1010179.JPG2か月目.JPG左が施術前で、右が2か月目です。

見た目も減っている印象があるんですが、正面の写真はもひとつわかりづらく(変化として見ると)、ちなみに、体重はこの2か月で、2キロ減だそうです。

ただ、おへそ周りのサイズは、ほとんど変わっておられないのに対して、その下から5センチ、10センチのところでは、1~2センチ近く減っています。

まあ、サイズは私の測り方でいくらでも変化するでしょうし、患者さんのその日の体調(むくみ具合や食べてから何時間かなどなど)によっても変わるでしょうが、おへそ周りが変動ないのに、トゥルスカをやったところだけ、減っている、というのが、まあ効果が出ているとみなしていいのではないでしょうか。

 

この方は、下腹に12スタンプ使われました。

残り、4スタンプを、二の腕に左右2個ずつ使われました。

片腕2個というのは、ちょっと少ないんですが、写真を見てください。

 施術前二の腕右.JPG施術前二の腕左.JPG施術前です。

2か月目右.JPG2か月目左.JPG2か月目です。

2か月目のほうが、バックが黒なので、どうしても引き締まって見えてしまいますよね。

(バックが黒のほうが見やすいとご指摘をいただき、途中から変えました。だから、このときのモニターの方は、あまりちゃんと写真が撮れていません。。すみません。。)

見た目は、それでも減っていると思うんですが(実際見ても)、おなかもですが、この当の患者さんご自身は、あまり実感はなく、言われてみればおなかの下が見やすくなったとか、ガードルが履きやすくなったと言われますが、患者さんの思っていた効果には、mだ足りないそうです。

基本2回ですよ、足りないなら2回目したほうがいいですよ、と申し上げているんですが、わかっていらっしゃるのかいないのか、、ちょっとあやしい。。

まあ、もしされたら、もっと誰でもわかりやすい効果が出た写真がお見せできると思います。

 

まだ、2回目をやっての経過がまだです。

写真で効果を見せる、というのは実は大変なんですが、(手術じゃないですからね)、そんなに痛くないし、熱さのおかげで、むくみが取れて、代謝がよくなりますから、私は、とてもいいと思います。

今募集しているモニターは、必ず2回していただきますから、1回で様子を見たい、という方は、モニターではなく、ふつうでどうぞ。

細めの方の、ほんとのいわゆる部分痩せは、1回でいいんじゃないかな。。好みですけれども。

ある程度脂肪がついている方は、やはり2回、必要です。

先日は、忘年会で、「KEZAKO(ケザコ)」さんに行ってきました。

やっと念願のケザコさんです。

かなり以前に、いつも拝読しております、関谷江里さんのサイトで、初めて知りました。

とりあえず、おいしいものを発信しておられるサイトを見つけてしまうと、ずっと見てしまう私です。

京都ネーゼさんも、こちらのサイトで知って、ご紹介されている中で、私にピピッとくるお店に、行ってみたいな~、と思って毎回観ております。

(もちろん、面識はありません。)

 

さて、こちらのケザコさん、シェフのステファンさんは、フランス人だそうで、しかも京都弁をお話しになると。

運よく、カウンターでいただくことができました。

お店に入ると、ここは絶対においしい!と私の体が全身全霊で訴えています!

あたりだ!

そう思えるお店に来れた幸せを感じますね。

 

さて、写真を撮る許可もいただき、(と言っても、ケータイのなんちゃって、ですが。)、本来、私は、写真撮ってる暇があれば、早く食わせろ~!と思うタイプなんですが、こんなキレイなお料理が出たら、やっぱりみなさんに見ていただかないと!と頑張って撮ってきました。

NEC_0131.JPGNEC_0132.JPGNEC_0133.JPGNEC_0134.JPGNEC_0135.JPGNEC_0136.JPGNEC_0137.JPGNEC_0138.JPGNEC_0139.JPG

最初、料理に一言ずつ説明を書こうとして、書けるほど、素材とか調理法とか全然覚えていなくて、止めておきます。。

2番目のお皿が、こちらの名物、フォアグラの自家製奈良漬巻きです。

大根の自家製奈良漬を、薄~くして、フォアグラの周りに巻いてあります。

添えてあるのは、南国フルーツソースです。

マンゴーの香りがメインでする中、それ以外の南国フルーツも入っている味と香り。

これまた、フォアグラ+奈良漬ともった引き合わせてくれて、素晴らし~♪

こちらは、水曜日が定休日で、お伺いしたのが火曜日で、私らが、最後の客だったんですが、ちょうど前で、お弟子さんが、たくさんの奈良漬で巻かれたフォアグラを、ゴボウの八幡巻きのごとく、60センチほどのフォアグラ棒を何本も保存されていて、ちょっとそれ1本くれ、と心の中で思ってました。

シャンパンをグラスで飲んだ後、赤ワインをボトルでお願いしたんですが、ソムリエの方が、予算よりも安く、しかもとってもおいしいのを選んでくださいました。ありがとうございます!

正統派というのかよくわかりませんが、重たいフレンチではなく、軽いというか、とても優しい味、滋味深いというか、がしました。

そういう意味で、京都らしい、というのでしょうか。

これは、飽きない味ですね。

毎日の晩御飯のように、またすぐに食べたくなります。

でも、ワインに合う、濃い、というかしっかりした味。。どう表現していいのかわかりませんので、どうぞ食べに行ってください。

 

どれも、お皿もとてもキレイで、もちろん、盛り付けも。すべてがスマートで、いいお店です。

私の隣は、フランス人の方で、シェフとフランス語で話しておられました。

あと、福岡から2度目、というご夫婦がいらっしゃいました。

みなさん、遠くから来られてますね。

確か、こちらのお店、ミシュランを取ったはず。。(すみません、覚えてません。)

うちの待合室にもミシュラン本、置いていますが、忘れてしまいました。。

まあ、あんまり京都って、ミシュラン関係ないと思います。

誰々がおいしいって言っていたから、という口コミのほうが強いような。。

 

そうそう、久しぶりに、コースの最後に、チーズが出る、というのを味わいました。

やっぱり、フレンチのフランス人シェフが選ぶチーズは違う~。むっちゃおいしい~♪

一皿が、すっごいボリュームがあるわけではないので、これだけ食べても、全部おいしくいただきました。

あまり多すぎると、最後まで行くのが大変、ということがありますものね。

(でも、全部食べちゃいますけど。。)

 

比較的、平日は予約が取りやすいのかしら。。と言っても、直前に予約したわけではないですが。

最終入店は、7時半ですので、お気を付けください。7時半過ぎたら、キャンセル扱いだそうです。

お料理がとても手が込んでいますから、ちゃんとしたフレンチをいただくのは、やはり2時間以上はかかりますよね。

早めに入店で!

 

ちなみに、NHKの「ためしてガッテン!」の魔法の調味料(山椒でした)の回で、出てこられたのが、こちらのステファンさんで、私はその回は見られなかったんですが、HPの前回のところを見て、知りました。

デザートに山椒を使われるそうです。

(今回のは、山椒はなかったと思います。残念!また来よ~っと。)

 

1 / 3123