プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近投稿した写真

ホーム > スキンケア, 化粧品 > オバジのデコルタージュシステム®と日焼け止めのキャンペーンのご案内



オバジのデコルタージュシステム®と日焼け止めのキャンペーンのご案内

 

オバジのデコルタージュシステム®は、今までにも何度か、単品でもキャンペーンにも登場した秘かな人気商品です。

顔にレーザーをしても体にレーザーをするのは、かなりお金もかかる贅沢なことですから、体は、ホームケアを使われる方が多いです。

ナビジョンからも、体用の、ボディトリートメントは出ていますが、化粧品の域を出ないというか、いやまあ、医薬部外品ではあるんですけど、あまり副作用もなく、お手頃な価格で、あれはあれでいい感じです。

でも、もっと効果がほしい方には、ちと物足りない。。。

 

根本的は話になりますが、みなさん、「Obagi®(オバジ)」って、ご存知ですか?

ドラッグストアに行ったら、「Obagi®」のコーナーありますよね。ロート製薬が宣伝しているやつ。

あれは、アメリカのオバジとは、全くの別物です。

名前の版権をロート製薬が入手して、オバジの考え方に沿って、作った、独自ラインとでも思ってください。

本物の「Obagi®」は、「Obagi medical」と言って、クリニック専用の化粧品であり、クリニックでないと販売もできませんし、(卸すこともできません)、必ず医師の診察が必要なホームケア用品です。

化粧品と言えば、化粧品でしょうが、いわゆる「化粧品」という感覚で使っていると、えらいことになることがあるので、あくまでも、「クリニック限定のホームケア用品」と思って使ってください。

(効果がある程度期待できるものは、副作用も起こりえるわけです。誰でもなんでも適当に使えばいい、というわけではありません。

適応がないのに使っていると、副作用だけ出て、お肌を落ち着かせるのに、何倍もの時間とお金もかかるわけです。

ご購入は、ちゃんと肌を診てくれて、説明のあるクリニックで買いましょう。)

 

そのオバジ・メディカルが出している商品が、オバジ・ニューダーム・システムだったり、デコルタージュ・システムだったり、エラスチダームだったりするわけです。

その中の、ニューダーム・システムは、家でするホームケア用のケミカルピーリングとハイドロキノン・アルブチンなどのセットですね。

(そこに、クリニックで、トレチノインを追加処方する、というのが本来のやり方で、やっているところと、やっていないところと、さまざまです。

ちなみに、うちでは、トレチノインは処方もしていないし、取扱い自体もしていません。トレチノインの副作用が、私はあまり好きじゃないからです。)

私の考え方は、家でするのは、なるべく安全なもの(副作用・ダウンタイムの極力ないもの)というのが基本的な考え方ですから、このニューダームシステムは、今のところ、取扱いをしていません。まあ、予定もないんですが、未来永劫というわけでもないし、考え方というのは変わりますし、こういう人にはニューダームがいいだろうな、ということもあります。

モノは、もちろんオバジ・メディカルですから、悪くないんですが、適応のある方の見定めをしていくと、私が勧める方は、かなりの少人数になってしまうので、うちでは違うものを勧めることも多いため、取扱いをしていません。

この辺は、各ドクターによっても考え方も違いますし、もちろん患者さんのしたいこと・目指すことによっても違ってきますから、何が正しいとか間違っているという話ではありません。

 

それに引き替え、デコルタージュシステムは、大した副作用もなく(絶対誰にでも合うわけではありません。また、そんなものは、この世に存在しません)、「デコルテ用」として、ネーミングはなっていますが、首・デコルテ以外に、顔以外であれば、どこにでもOKです。(粘膜はダメですよ。当たり前ですが。)

たとえば、セットの美白のほうだと、肘や膝の黒すみとか、ワキとかね。背中のニキビ跡のシミや、体の日焼けの跡とか。。結構、体って、シミや黒ずみがあります。

もちろん、全身の美白クリームとして、シミがなくても、お手入れとして使うのもOKです。

ライムライトをあてたら、大変なお金ですものね。。

首やデコルテには、とてもいいでしょう。

おしりの座った時にこすれてできる黒ずみにも、とてもおススメです。

 

もう1本のほうは、エラスチンというコラーゲンとは別の皮膚の線維を増やしますから、胸や全身のチリメンジワにアンチエイジングとして、ホームケアには十分です。

 

どちらも、たっぷり入っているので、面積の大きい体に塗るのはもってこいです。

キュテラ(オバジの正規代理店)から、いろいろな症例写真も参考にといただいたので、ご興味のある方は、どうぞお申し付けください。

 

さて、今回、ウェディングの話になって、やっぱり、花嫁さんも、参列者の方も、結構、肌の露出が増える季節ですね。

顔には気を使っても、体までお金かけていられなかったり、また早く効果が欲しいから、ホームケアも充実させたり、となると、デコルタージュシステムはおススメです。

(いきなり効くわけではないので、どうぞおは早めに。)

ちょうど日焼け止めとのセットのご案内を紹介していただいたので、6月のキャンペーンに急遽、加えました。

 

これが、ウワサの日焼け止めです。

 P1080820.JPGニューダーム・システムの日焼け止めです。

なんと!89ml!!

大きさが、そんな数字だけ聞いてもわかりませんよね。

比べてみましょう。

 P1080821.JPG

ナビジョンの、人気の日焼け止めが、1本25gです。

オバジが、89mlで、重さと体積なので、正確に比べるのは、単位が違うので真の比較はできませんが、かなり大きいのはわかっていただけると思います。

正規料金、1本、なんと!¥8.400!!

値段を聞くと、ビックリしますが、(最初、私もビックリしました。オバジは高いのです。いいものは、高い。。。)

まあ、とてつもなく大きいので、たっぷり使えることを考えると、実は、1ml当たりは、それほど高くないのです。

たっぷり使いたい方には、とてもいいんですが、ひとつ欠点が。。。。

ウォータープルーフではありませんので、汗をかいたら、とれちゃいます。

汗をかかない環境ならいいです。

どういいかと、言うと、これ、ジェルローションみたいな感じで、とてもさらっとしていて塗りやすいんです。

そのくせ、あまり乾燥もせず、クリームや乳液状の日焼け止めのべたつきが嫌いで、あまり塗りたくない、と思っていた方には、朗報ですよ~。

体にもたっぷり塗れます。

市販のものでダメな方には、いいかもしれません。

(何度も言いますが、汗かく時は、ダメですよ。TPOは選んでくださいね。

アメリカは、日本ほど湿度がないから、汗かかないんでしょうね~。日本仕様のも、作ってほしいな~。)

 

こちらの日焼け止めと、セットで買われる場合は、デコルタージュシステムと合わせて10%オフです。

もちろん、デコルタージュシステムだけでもOKです。

 

こちらの、日焼け止め、高いですからね、最初に払うお金が。

衛生用品の返品はお断りしていますので、必ず、テスターで使い心地が試されてから、ご購入ください。

ホントに合っているかどうかは、1週間2週間と様子を見ないと、ホントのところわかりませんが、2週間使って、となると、サンプルでは普通無理でしょう。それだけの期間試すなら、やっぱる買わないと。

空調の効いているところなら、ウォータープルーフでないものでいいんですけどね。

 

カテゴリ:

スキンケア, 化粧品