プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2013年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

最近投稿した写真

ホーム > その他 > 遠方から来られる方のご予約



遠方から来られる方のご予約

先日の話の一部続きですが、遠方からトゥルースカルプの処置代金全額を前払いするから処置枠を押さえてほしい、と言われた方、どうなったと思います?

 

結局、時間が合わなかったので、診察・カウンセのみになったので、振り込みはされていないんですけど、当日、来られて、問診票を書く時になって初めて、2日前に、エステで、なんかアイスなんとかという、挟んで凍らせる施術を受けてきた、と言いだされました。。。。

(おそらく、中国で作られているとかいうウワサの、ゼルティックのなんちゃってバッタもんのことだと思うんですが。。)

 

ご予約を取る際に、処置枠を押さえなくてカウンセのみのご予約でも、他院やエステで行った施術は全て確認させていただいております。

(当院での施術に影響したら困るので確認してます。)

場合によったら、すぐに処置を勧めないことがあり、やる気満々で来られる方がたまにいらっしゃるので、(もちろん、適応があって、時間があったらできるわけですが。)、それなら今回来なかったのに、ということにならないように、確認させていただいているわけです。

他院やエステでいろいろされていた方の場合は、影響がないかどうか、かなり確認させていただきますし、現在進行形の方は、他院・エステの施術と、当院での処置の同時進行というか、同じ時期に並行して処置をされることは一切お断りしております。

他院やエステでの施術を、どうしても続ける、という方は、当院での施術をお断りするので、診察予約も、お取りしていません。

ただ、スキンケア相談にのみ来たい、というなら、ダメではないでしょうが、他院・エステと考え方が全く違うことがありますから(特に、エステ)、患者さんの頭がパニックになるだけなので、全部終わってから予約を取るように、お勧めしています。

 

この遠方の方は、まして、最初、トゥルースカルプを、大きい方16スタンプと小さいほう16スタンプの、2回分をまとめて1日で枠を押さえようとされていたそうです(全額23万円以上)。

なので、うちの受付も、かなり細かく確認して、注意事項もかなり(併用不可のことも)言ったようです。

(まあ、結果、処置枠は取っていないんですが)

で、その2日前に、確認のお電話までしているわけで。。。

それでも、エステで、そんなバッタもんのわけわからんことをやろうとしていることなど、一言もなしです。

普通だったら、早くやりたいなら(時間がないから早く処置をしたい、と電話でおっしゃっていたそうで)、要らんことは控えるでしょうし、不安になって、やっても大丈夫かどうか、聞いてこられますけどね。そんな23万以上、払うつもりしていて。。。

 

もう、そんなエステのわけわからん施術、もともと、なんちゃってのバッタもんですから、今から、どんな影響が全身に出るのかわかりません。挟んだところだけで済まない可能性もあるでしょう。

だって、なんちゃって、なんだから。まあ、無茶苦茶ですわ~。

(ところで、こんな機械を入れるエステって、これ、わかってこんなおかしなもの買っているんですかね。これ、お客さんの体になんかあったら、即逮捕ですけどね。そのうち、犠牲者が出なくても、警察が動くかもしれませんけどね。前例があるので。)

 

結局、そういういらんことを直前にされているので、処置はお断りしました。

当分はしません。

 

こういう人がいるからね~、怖くて、前金もらって、枠を押さえるなんて、やっぱり無理なんですよね~。

本人は、軽く考えていて、なんで?へ~、そうなの?って感じのようですし。。。

 

今までに何度も書いていますが、美容医療を甘く考えている方は、うちには向いていませんよ。

全部、そういう方は、処置をお断りしています。

考え方が変われば、処置をお受けてしていますが、基本、そういう方だと、ホームケアのみですね。

軽く考えていて、絶対やりたい!みたいな人は、他の美容クリニック行ったら、お金さえ払えばいくらでもなんでもやってくれますよ。そういうところに、行かなきゃ。

(どうなっても、当院では責任持ちませんので。そこのクリニックでご相談くださいね。)

やっぱり、初診の方のご予約は、診察・カウンセのみ、ですね。

処置されたい方は、当日、適応があって、時間が空いていれば、ですね。

 

さて、当院は遠方から来られる方も多いんですが、どこまで「遠方」と呼ぶのかは、患者さんの価値基準によるでしょうけど、日帰りで来られる方で、岐阜・愛知県・富山県・石川県って感じでしょうか。

(近畿2府4県は、遠方には入れていません。)

これ以上遠い方は、やはり、泊まって、ついでに京都で遊んで、あるいは仕事して、という方々です。

例えば、7月の連休は、衹園祭りの宵々々山とかになってきます。(山鉾巡行は、17日の水曜日です。)

8月のお盆休みは、16日が五山の送り火(よくTVで、「大文字焼き」と呼ばれている、風物詩ですね。)ですから、この時ばかり、ものすごい人が観光に来られます。

ここ数年で、かなり京都は、ホテルが増えましたが、それでも、シーズン中は、まだまだ全然足りないのでは。。?

早めに予約して取れたらいいんですが、もし無理だったら、大阪の梅田近辺や、滋賀県の大津近辺、あるいは、奈良市などに泊まると、ホテルは取りやすいかな、と思います。

それでも、お早目に。

 

カテゴリ:

その他