プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2013年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

最近投稿した写真

ホーム > 2013年12月



今日は、クリニックに行って、ちょっと雑用をしておりました。

洗濯もですね~。

思った以上に、タオル類が多くて、乾燥に時間がかかってしまい、不幸中の幸いで、その間に、タイタインとライムライト・アキュチップを久しぶりにやりました。

ジェネシスは、また今度!年始の間にできたらいいな~。

(タイタンとライムライトは、ゼリーを塗りますから、その続きでね。アキュチップは、普段なかなかできませんから、結構派手にシミ浮きは目立ちますからね。

患者さんと違って、自分にした場合、冷やしませんから、しばらくヒリヒリして、ちょっとビビったり。。。)

今日は、レジョンに、おせち、というか、お酒のアテみたいな洋風お惣菜を取りに行って来ました。そのついでに、クリニックで雑用です。

朝起きるのが遅くなり、三木鶏卵の出しまき卵はあきらめました。。。。

(大丸で売り切れていても、錦の本店に行くと、午前中ギリギリだと、残っていることがあり、それを狙っていたのですが。。。。)

まあ、いいです。普段食べたらいいから。

 

紅白には間に合いませんでしたが、なんとか7時半には家に帰ることができ、レジョンのお惣菜のチェックをして、まず何から食べるか、ですね。

(写真を簡単に撮りましたが、すみません、PCとつなぐケーブルを持って帰るのを忘れました。。。ケータイで撮れば良かったですね。。)

 

レジョンのおせち、いいわ~♡

絶品です!

自分で温めたりと手間暇は多少かかりますが、レベルがものすごく高いっ!!

これで、¥22.000(税込)は、安いっ!!

いやー、これは、毎年買いたいですよね。

今年は、和風おせちは一切なしです。

お雑煮はします。(私が好きだから)

カズノコも、毎年塩抜きからします。(家族が好きでたくさん食べるから)

あとは、かまぼこくらいか。。。(出し巻き、買ってないから)

紅白やら、井岡選手のボクシングやら(よくわかりませんでしたが、素人目にも、井岡選手がスゴイっ!ということはわかりました。)、ダウンタウンやら観ながら、レジョンをいただきました。まだ、少し残ってますが。かなりいただいいちゃいました。。95%以上は、食べちゃいましたが。。。

 

女性の方で、家庭があったり、仕事されていると、年末は仕事も忙しい上に家のこともしなくてはいけなくて、激務以上の、もう何から手をつけていいかわからない状態かと思うのですが。。。

(家庭が犠牲になるかな、と思うのですが、優先順位から言って。。。)

私はというと、だらだらTVを見ながら、家事をちょこっとこなし。。。

(ちょこっとだけね。。)

ほんの少しでも、進展があっただけ、良かったと思います。

おかげさまで、のんびりさせていただきました。いや~。TV,見放題ですね。私はTVが大好きで、普段も、たくさんの番組を観たいとは思っているんですが、なかなか時間的に、難しいことも多く、楽しかったですね~。

やっぱり、TV、最高=!!

家事もしないといけませんが、のんびりできるとしたら、この年末年始くらい。

女性の方も、暇があれば、のんびりしましょうね~。

どうせ、またすぐ仕事始まりますから、できる範囲で、体を休めつつ、家事をこなしましょうね~、ゆるゆると~。できる範囲で~。

 

今は、2人で、ワインを2本空けて、いい感じです~。

食べ過ぎです~。

今日は、ほとんど何も食べていなから、夜は、レジョンで炭水化物抜きと思っていたのに!!吉田さんのパンが、バゲットは2本もついていて!!

思わず、食べちゃったじゃないですかっ!!

お惣菜のソースというか、思わず、パンが欲しいメニューで。

しかも、帰りに大丸で、チーズを買ったんですが、なんと!トリュフ入り、という、カマンベール?フロマージュ?なんていうのかわかりませんが、これが絶品で!!

バゲットとムチャクチャ合う~♡

だって、吉田さんのパンだもんっ!

(「吉田さんのパン」というものが、どういうものかよくわからないんですが、店舗が全くなく、しかも、京都のおいしいお店は、吉田さんのパンを使っているお店も多く、またこれが、おいしいんですっ!!

そりゃ、食うでしょ==!!)

 

まだカズノコに味をつけてませんが(というか、出汁も取ってない。。。)、まだ聖子も福山も出てませんが。。。

郷ひろみは見逃した==”!!!観たかったのに~!!

紅白も、いよいよ終盤戦ですね。

私は、「あまちゃん」を全く見てないので、「あまちゃん」ネタになると、全くわかりません。。

普通の時間に仕事をしていると、みなさん、どうやって、「あまちゃん」を観てたんですか?

録画してたの?

私は、杏さんが出ていた、「ごちそうさん」をたまたま観て、「あまちゃんには、杏さんが出ているのか。ふ~ん。。」と思っていたくらい。。終わったのも知りませんでした。

だから、ネタが全然わかりません。。

まあ、いいや。

 

それでは、AKBが終わりました!

大島優子さんが引退ですって!!

それでは、みなさん、良いお年を!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日が今年最後の診療日となりました。

おかげさまで忙しくも充実した1日を送ることができました。最後の〆の日に、充実させていただくことができて、感謝いたします。

(スタッフの手が足らず、お電話に出ることができず、お電話をいただいた方には、ご迷惑をおかけしたかもしれません。申し訳ありません。)

電話は、1月4日土曜日にならないと通じませんが、この休みの間に、何かご心配なことなどございましたら、どうぞご遠慮なく、(メールアドレスをお渡ししている方は)メールでお問い合わせください。

24時間体制ではありませんが、お返事いたします。(すぐに、というのは無理ですよ。)

最近来られた方は大丈夫だと思いますが、全然来られていない方は、肌のことを聞かれても、診ていないので、わかりませんよ。一般的な話しかできませんので、その編はご了承ください。

最近来られた方も、フルネームと、いつ、何をしたのか、というのは、書いてくださいね。

メールを見た時に、必ずしもカルテがあるわけではないので、覚えていなかったり、あやふやだと、一般的な話になっちゃうかもしれません。

 

今年1年、多くの患者さんに、遠方からも来ていただき、当院の治療方針をご理解いただき、治療を受けていただいて、本当にありがとうございました。

感謝いたします。

私のしている治療や指導は、そんな特別なことではないので、綺麗になったり、いろいろ改善された方は、患者さんご自身がスキンケア・ヘアケアなど頑張られた結果です。

私は、それのちょっとだけ手助けしただけですから。

患者さんが良くなっていただいて、本当に心から嬉しいです。

改善していく経過を診ていくのが大好きなんですよね~。

(レーザーで、毛穴が小さくなっているとか、シミが薄くなっているとか、全患者さんの経過を(全部一人で施術しますから)診てますので、変化の違いを堪能させていただきました。

いつも一人、心の中で、「おおっ?!」と声を上げております。)

結果を独り占めです~♡

 

また、業者の方々にも大変お世話になり、いろいろ勉強させていただきました。

今年は、業者さんを通じても、多くの方とお話しさせていただく機会を与えていただき、本当に視野が広がった一年でした。

ありがとうございます。

私を陰でささえてくれたスタッフ・家族にもこの場を借り増して、ありがとう!

おかげさまで、一年、無事に外来を終えることができました。

また、治療をされていらっしゃらない方も、普段のスキンケアに、少しでも何かお役にたてたのであれば、幸いです。

不必要な、おかしな化粧品やスキンケア、はたまたおかしなエステなどのわかわからん施術の誘惑に打ち勝って、本当に必要なことだけを、その方自身で、ある程度選択できるようになっていただければ、理想です。

あくまでも、その方自身が主導であって、広告や宣伝にのせられるのではなく、ご自身で、「こっちが利用してやる!」くらいの勢いで、化粧品の購入や施術ができればいいと思うんですが。。。

世の中には、まだまだいいものがたくさんあり、マイナーなために、あまり知られていないものが、私がまだ知らないものを含めて、たくさんあると思います。

良いモノ・良いことって、なかなか広がらないんですよね。。

良いモノばかりに出会えたらいいんですが、なかなか、宣伝のほうが勝ちますからね、そういうわけにもいきません。

消費者がどんどん賢くなって、おかしな広告は、どんどん跳ね返してくださいね!

市販の化粧品で、そうそう高いモノはいりませんよ、ホントに!

そんなものより、スキンケア、頑張ってくださいね!一生モノですから!

 

良いモノと言えば、大島椿の方から連絡があり、私が先日紹介した「アトピコ スキンヘルスケア」、医療機関、および、調剤薬局限定で、現在流通しているそうです。

(なので、どこのドラッグストアでも、売っているわけではないんですね。)

大変、失礼しました。

椿オイル自体は、どのラインも、椿オイル100%なので、どのラインでも、あまり変わらないのかな、と思っています。

精製度が違うので、商品によって、サラサラ度は微妙に違うかもしれません。

でも、どのラインにも、無色透明の椿オイルがありますから、無色透明シリーズでは、あまり差はないのかも、と勝手に思っています。

また、大島椿の方に聞いておきますね。

(洗浄以外の、保湿のシリーズが充実しているのは(油以外で)、このアトピコ スキンヘルスケアシリーズだけだと思います。詳しくは、処置中などにお聞きください。)

 

大島椿の方から、「うちの患者さんのキャンペーンによろしければどうぞ」と、椿油をいただきました。

ありがとうございます。

1月のキャンペーンにぜひ使わせていただきます。

無料でくださったので、もちろん、患者さんにも無料でプレゼントです!

ただ、数に限りがありますので、キャンペーン内容はまた考えておきます。

(それでも、早い者勝ちかな、と。。。すみません。)

すみません、1月のキャンペーン、まだ考えていません。。。

今年も、大勢の方から、たくさんの食べ物をいただきました!(食べ物以外も)

この場をお借りして、お礼を申し上げます。

スタッフ共々、診療の合間にいただき、ひと時の癒しとなり(またまた私の脂肪となり)、大変助かりました。

あるいは、診療が終わってから、楽しみに皆でいただきました。

ありがとございます。

(今年に限らず、来年もですが、ホントに、お気持ちだけで十分ですよ~!そう思っていただく気持ちがありがたいので。)

 

今年一番の目玉は、やはりトゥルースカルプでしょうか。

何故か日本で一番最初に購入してしまい、一番最初ということは、学会発表もしなきゃね。。と、学会発表も、もんのすごく久しぶりにやり、そのおかげで、多くの著名な先生方とお話しする機会ができ、とても有意義な一年でした。

16㎠の小さいサイズのハンドピースも、購入したことですし、来年も学会発表決定ですね。

私の場合、皮膚を切り取った検査や血液検査をしているわけではないので、学術的なことは全然発表できないんですが、いわゆる臨床経過のご報告ですね。

私なりの見解なので、それをきっかけにして、大学病院や大きな病院で、学術的なことを発表していただけるととてもありがたいのですが。。。

(大学病院は、厚労省が認可していない医療機器を簡単に入れて患者さんに治療していく、というのがなかなかできません。

その辺が、一番開業医と違うところです。自由が利かないというか。

なので、最新の、特に美容に関する医療機器は、開業医が一番に買って、いろいろ試して、業界に広まっていく、というのが一般的でしょうか。。)

キュテラの、XEO(タイタン・ジェネシス・ライムライト・アキュチップなどがのっている総合治療機です)が欲しくて開業した、と言っても過言ではありませんが

(いや、ちょっと過言ですが。。)

トゥルースカルプは、それと同等の、いや、それ以上に、私にとって大事な機械になりました。

 

先日、キュテラの担当の方と話をしていた時に、トゥルースカルプを愛用しているドクターから、一言ずつコメントをもらっているので、私も一言、と言われ、

「トゥルスカがあって、よかった。。」

「トゥルスカなしでは、生きていけません。」

「ダイエットのやる気をなくさせる悪魔の機械。」と3つ言ったら、

最後の、「悪魔の機械」を、「いい機械」に変えましょうか?と言われたので、「いえ、悪魔の機械で!」と言ったら、「どうやって、訳そうかな。。。アメリカ本社で却下されるかも。。。」と言われしまいました。。。

まさに、悪魔の機械~。フハハハ==!!

(先日、家族から、トゥルスカをやっているのに、お菓子を食べてばかりいたので、「そんなことばかりしていたら、病気になる!」と怒られてしまいました。。。ハハハ。。。。

患者さんと比べて、私や、トゥルスカをやっているのに太る方というのは、やはり効果が出ても、効果は悪いです。食べすぎてたら、食べ過ぎた分だけ、もったいないことに。。。

ちょっと反省。。。また、最近、糖質制限を、ちょこっと本格的に(?)始めました。。。できる範囲で。。。)

 

次のヒットは、やはり、クリニカタナカの田中先生の開発された、「ドクターエビーゼ」の化粧品ですね!

オイルと日焼け止め、最高です~♡

まだ、自分の顔に、レーザー治療jをする時間がないんですが、ついつい先延ばしにしちゃうくらい、この化粧品に助けてもらっているのかも。。

いいわ~♡

(エビーゼのオイルが、来年1月11日(から発送分)から変わります。

アスコルビン酸やATPなど大事な成分の濃度などは従来と同じだそうなので、安心されてください。

もう少し、保湿効果を持たすために、基剤のオイルの配合がちょっと変わるようです。

なので、新しいのが来るまでは、(うちの場合)前の在庫が無くなったら、下手すると、オイルが切れる可能性ありです。

(日焼け止めは、変更なしです。)

患者さんの買うための在庫が無くなったらいけないと思って、昨日私の手持ちのオイルが切れましたが、自分の分を買うのを我慢しています。。。ううう。。。欲しい。。。

次のヒットは、目の下のヒアルロン酸ですね。

鈍針(丸い針)を使ったら、思った以上に、内出血がなく、思った以上に、なじみやすく、結構いいかも~♡

(あくまでも、私が、以前より思った以上に、ということですよ。魔法みたいに、20歳みたいになれるわけではないですよ。)

食わず嫌いならぬ、やらず嫌いだったのかしらん。。

(と言っても、最近になって、やっと、いろんな種類の鈍針が出てきて、わりとポピュラーになってきました。それまで高かったり、手技のセミナーも少なかったりと、はじめにくい環境でしたかね、と言いつつ、きっかけは、自分の目の下の凹みが気になりだしたことでした。

自分にまず試せることがじゃないと、患者さんにいきなりできませんからね。)

 

この3つが、ダントツに、今年の私のお気に入り、というか、トピックでした。

来年も、新しいことで、いいかな、と思うことがあれば仕入れてきます。

なるべくダウンタイムのない、痛くない治療がいいな。

不自然ではなく、自然に近いことで。

来年も学会発表頑張ります!

少しでも学術的なことが発表できるように。

従来までの治療にしても、もっとなにか新しい使い方ができないか、今までのやり方でももっと技を磨いていけないか、力を入れていきますね!

新しい化粧品も、探しています!(これは、毎日いつもです。)

いろんなコンセプトの化粧品があったほうが、いろんな方の肌や悩みに答えることができると思うんですが、できればこれも、ダウンタイムのない化粧品がいいな。シンプルなモノか、とてもよく効くもの。

比較的、どなたでも、安心して使えるようなモノが理想です。

今のシリーズのモノでも、新商品情報はあるので、春が楽しみです~♡

 

より一層切磋琢磨していきます!体重ばかり成長するのではなく、人間として成長していくように頑張ります!

「世の中にいいことは広めたい委員会」「おかしなことはやらない委員会(違ったっけ?)」の活動も引き続き、委員長として、地味~にやっていくつもりです。

少しでも多くの方が、おかしなことにひっかからなくて済むように、応援お願いいたします!

(顔筋体操・フェイシャルヨガの話がまだ途中でしたね。この休みの間に、なんとか書きますね。)

いいことは広めてくださいね!

来年は、みなさんにとっても私のとっても、とてもいい年です!ホントです!

来年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

年末年始は、やはり注射系が多いですね。

うちは、手術をやらないので、そうそうダウンタイムのある治療って、ありません。

テープを貼る炭酸ガスレーザーか、注射系くらいでしょうか。

注射と言っても、ボトックスやヒアルロン酸やレディエッセですから、そんなムチャクチャ血が出るわけではありませんが、内出血のリスクはゼロではないので、大事な用事の直前にする、というのは、私個人的にはおススメしていません。

患者さんがそれでもいいなら(コンシーラーも用意したとか、慣れていらっしゃる方とか。内出血に慣れているのではなく、なにかあっても、まあこういうこともあるか、と美容医療に対して理解しておられて、前向きな方のことです)、もちろんやりますが。

それほど気にされない方は、普段でも普通にされます。

でも、かなり気になる、もし内出血や腫れが思ったよりひどかったら、どうしよう~!と、気が気でない方は、やはり長期の休み前にされるのが、安心かな、と。

年末年始、イベントも増えますから、そういう意味でも、早めにやって、落ち着かせておく、という方も多いです。

イベントに合わせて、2週間以上前には終わらせて、最高の状態にもっていく、というのは理想でしょうか。

2週間あれば、腫れ・内出血があっても、まあ、たいがい引きますものね。よほどのことがない限り。普通は、そこまでかかりませんが、慎重に慎重を重ねて、ホントに大事な用事の時は、これくらいのほうがおススメです。

なじむのにも、1~2週間あったほうが、より自然です。

 

モニターの方の写真を、私がまだ整理できていないので、お見せできないのですが、

(ホント、すみません。。。)

目の下の凹み、もちのいいほうのヒアルロン酸、以前にブログでも、なじむのに時間がかかります、とお伝えしていた分です。

結構、大目にいれると、ホント、減りません。

私が9月の始めに、自分で入れ過ぎた分、まだ減りませんからね。

だいぶ、なじみはしましたが。。。私としては、もうちょっと減ってほしい。。。

(もうちょっと減ると思ってました。。。うう。。。)

 

モニターの患者さんやモニター以外の方でも、結構、いい感じです。

やっぱり、鏡を見て自分で手を反対向きにしてやるのとは、大違いですね。

やっぱ、やりやすいわ~。(って、当たり前ですが。。)

エセリスソフトに比べて、なじむのに時間かかりますよ、とかなり脅して(?)処置させていただきましたが、あら、自然じゃない?

(モニターの方からは、エセリスソフトの時よりもいい、と言っていただきました。

エセリスソフトをされていて、やっぱり吸収が早いので、もちのいいほうにされました。)

今のところ、思った以上に、とてもいいです。吸収も遅いし。

 

エセリスソフトも、多めにいれると、吸収遅いんですけどね。(場所にもよりますが)

 

今は、ソフトのほうももちのいいほうも、カニューラという鈍針(先の尖っていない針)を使ってやっていますが(目の下とかの凹みの場合。シワではなく。)、カニューラを入れる穴は、一回り大きな針で、孔をあけないと刺さらないのですが、この穴をなるべく小さくしようとすると、カニューラがうまく入っていきません。

何度かやり直しをして、入りやすいところを探すわけですが、いくら1穴と言っても、何度も同じところをいじられるのって、皮膚のダメージも気になるし、触っているうちに、内出血や腫れも助長するかもしれないし、患者さんも気持ち悪いと思います。

なので、今は、小さい穴の時も、全例、局所麻酔をしてから、穴をあけています。

(前までは、一番小さい穴の時は、麻酔はしていませんでした。)

そのほうが、患者さんも楽だし、私もやりやすいから、結果、皮膚のダメージはマシかな、と。

(この局所麻酔は、料金は込みです。別途必要ありません。)

先日、目の下の凹みで注入希望された患者さんが、とても喜んでいらっしゃいましたが、凹みで悩んでいたから、多少、膨らんでも、気にしません、とおっしゃってました。

うーん、なるほど。。

でも、やっぱり、膨らんだら膨らんだで、結構気になりますよ~。

今の私の状態って、もう気にしていませんが、最初、入れすぎてなじむまで、自分でも、アチャチャ!と思ってましたし、業者さんとか美容医療をよく知っていらっしゃる方も、アチャー!と思ってらしたでしょうし。。仲のいい担当の方は、「疲れていらっしゃるんですが?」と

遠慮がちに声をかけてくださったので、「いえ、ヒアルロン酸を入れすぎました。。。」と答えてました。ハハハ。。

その後、針も変えたから、やりやすくなりました。

(針を変えてからは、自分にはまだやっていません。だって、減らないから!)

凹みにしろ、膨らみにしろ、どれくらいで気になるのかは、その方それぞれです。

芸能人で、顔パンパンにされている女性(最近は男性も)の場合、次にいつ入れられるかわからないから、わざと入れすぎて、アチャー!と思っているのか、これくらいがちょうどいい~♪とご機嫌なのか、わかりませんね。

 

ヒアルロン酸は、入れた後、水を吸って膨らみますから(程度には結構差がありますが)、最初から入れすぎるのは、入れすぎOK!大歓迎!という方はいいんですが、不自然なのや、膨らむのは絶対イヤ!という方は、ちょうどいいか、少な目がいいです。

まあ、これも好みですが。

 

今、平らなところに入れたら、ちょっとしか入れていなくても、絶対に膨らみます。

どこまで膨らむのかは、わかりませんが。

「谷」を「平ら」にする、というのが、本来の目の下の凹み治療の目的かな、と。

なので、「平ら」なところに入れると、「山」になるわけで。

それで本当にいいんですか?ということです。

目の下の凹みの場合、膨らむのがOKでないなら、ちょっと減った?と、ホントに減ってから入れたほうがいいです。

でないと、膨らみ過ぎは、目の下は、やっぱり変かな。。

涙袋とかホホのトップを高くとか、ゴルゴラインとかなら、少々、オーバー目もありかな、と思いますが。。

(いや、涙袋のオーバーは、やっぱりおかしいでしょ!)

 

トゥルスカも同じです。

トゥルースカルプは、「山」を「平ら」にするというか、まさにヒアルの反対で、ボリュームダウンです。

太い部分にするのはいいんですが、「平ら」なまっすぐなところにやったら、必ず凹みます。

凹んでいいなら、やりますが。

全体のボリュームダウンをしたいなら、それは、部分痩身ではないですね。

(例えば、太もも全体1周とか。。。)

全体広い範囲にあてていくかですが(お金いくらかかるでしょう。。)、それでも、「平ら」なところは、凹みでるでしょう。

その部分にだけ、脂肪がついていないとね。

 

ちなみに凹みは戻せません。と思います。

今のところ診ていると、トゥルスカで減ったところは、戻んないですね。

5キロ太ったら、わかりません。

(というか、5キロだと、新たな脂肪も付いてくるので、全体もかなり太るし。

それでも、やったところは、多少マシでしょうけど。)

3キロ程度なら、十分、ごまかせますね。

 

何事もほどほどに。。

デメリットをちゃんと理解して、されるなら、それは全然OK!です。

でも、メリットだけで、なんとかして!というのは、不可能ですから、リスクはご自分でお背負っていただく形になりから、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

今年のクリスマスケーキは、モンブランにしました~!!

IMG_20131224_185038817.jpg

ムチャ可愛いです~♡

普段のモンブランは、とてもシンプルで、余計な飾りとはなく、まさに、モンブラン!なのですが、クリスマスケーキでいただいたことはなく、楽しみにしてました。

 

オーレリーのケーキは、ホールでもとても小ぶりで、お菓子好きが2人もいたら、2日あれば、ペロリんちょ!です。

(だから、私は太るのか。。。)

3~4人もいたら、十分1日で平らげちゃいますよ。

 

普段のモンブランは、栗のクリームの中身は、メレンゲで、とてもシンプルです。

和栗(?)なのか、なんか栗なんですけど、いかにも栗!みたいな、人工的な栗っぽいのではなく、じわーと栗、ホントの栗、みたいな主張があるクリームなんです。

それがクリスマスケーキとなると、クリームの部分は同じでも、中身は?メレンゲ?巨大なメレンゲ?とずっとこの3年間謎でした。。。

今晩、やっと謎が解けました。

(正解は、スポンジ生地みたいな感じです。タルトとも違う。。。)

スタッフと分けて、私の分は、今晩は食べずに、明日の朝いただきます。

(今晩は、ご飯の食べ過ぎです。。。

もう、おなかが、ホントのはちきれて、病院に行かないといけないかな、とちょっと焦りました。。。

消化剤と胃腸の運動を活発にする薬を飲んで、やっと落ち付きました。。。

やれやれ。。ダイエットをする気があるのか? いや、ないっ! 

そうそう、私は、毎月できる限り、タイタン・ジェネシス・ライムライトとやれる時はやるようにしていますが、忙しいと、1か月が、1か月半くらい空くこともしばしば。。。

自分で自分にやるのは、大層メンドクサイのです。。

今月は、なんか忙しくて、11月ちょい前からやってません。。AC BODYも~!!

なので、もう2か月くらい?やってないかも。。

いつもなら、2か月も空くと、自分で鏡を見て、ヤバい!ヤバい!とかなり焦って、やるんですが、今回、あまり焦って来ないんですよね。

ライムライトも2か月空くと、なんか顔がくすんだような、こんなに顔黒かったっけ?と思うのが常ですが、今回は、あまり気にならない。。?目が悪くなったのか・・・?

そしたら、先日、いつも来られている患者さんから、「痩せた?」と聞かれたので、「(体重はホントに変わってないので)トゥルスカのおかげですよ。」と言ったら、「ううん、顔。」とおっしゃったので、「あれ、タイタンしたっけっ?!」と思っちゃいました。

(いつも私は、タイタンをして、1週間くらいすると、「痩せた??」と聞かれます。全く痩せてはいないので、トゥルスカ同様、タイタンがないと、私は生きてはいけません。)

タイタンしてないし、なんでかな~?と思ったら、

「アゴ下のトゥルスカですわ~!!」

確かに、アゴ下のトゥルスカをあててから、チラホラ、そういうことをおっしゃる患者さんが出てきて、私も、ちょっとフェイスライン、変わったかも。。と実は密かに、ほくそ笑んでいました。ニヤリ。

でも、やったのはアゴ下ですから、法令線とか関係ないのにな~、と思ってましたが、確かに、タイタンをやっていないのに、全然マシです。

おお=!!

トゥルスカをアゴ下にやって、むくみが取れ、血行が良くなったのか?!

でも、ライムライトやジェネシスでの効果の分が、トゥルスカで補えるわけもなく、なんであまり気にならないのかな~?と思ったら、思い当たるのは、田中先生の、ドクターエビーゼしかありません。

だって、今、化粧品は、ほぼ、エビーゼだけです。

ちょっと足す日もありますが、エビーゼメインだし、エビーゼ一色の日も増えました。

これに変えてから、いつも来られてる患者さんから、肌を褒められる機会がものすごく増えました。

前からも、たまに言われることはありましたが、言われる頻度が、全然違うっ!!

エビーゼ様様です。(いや、田中先生様様です)

アゴ下のトゥルスカとエビーゼだけで、どこまで持つのか、診てみたい気もしますが、もうそろそろいい加減、やっておかないとね。

なんとか、時間を作って、やりますっ!

 

さて、モンブランですが、切り分ける時に、包丁についたクリームをなめましたが、いつも通り、絶品でしたっ!!

モンブランは、普段からの定番メニューなので、クリスマスが終わったら、頼まれてみてはいかがですか?

(発送は無理ですが)

甘さ控え目なので、いくらでも食べられそうなところが恐ろしい。。。

 

 

タイのバンコクと京都を行ったり来ている患者さんから、今バンコクで流行っているという石けんをいただきました。

私も患者さんも、純石けんを使っていますが、話のネタにどうぞ、といただきました。

(顔・体用の石けんですが、患者さんも私も、顔に使うつもりはありません。)

 

患者さんからも、患者さん以外の方からも、お菓子をはじめ、いろいろいただきますが、それら全部をブログに載せることは、申し訳ありませんができません。

いろいろなレストランに食べに行ったのを、患者さんから、ブログにアップして!と言われながらも、なかなか載せてません。

モニターの方の写真も、撮らせていただいて、全然写真整理ができていないので、なかなかブログにも載せることができない状態です。

すみません。。。

その時、たまたま写真を取り込みした時の中に入っていた分や、ケータイでパッと適当に撮ったので載せられたとか、あるいは、お菓子や食べ物の時は、興奮して先に食べちゃって(写真を撮る前に)、気が付いたら、アチャ~、と食べた跡の残骸のような、ブログの載せられるような状態で、そうなると、写真は載せられません。すみません。。。

写真を撮る習慣が元々ないもので。。

レストランに行っても、カメラを持ち歩いていないので、わざわざ持っていくのを忘れてsまうと、ケータイで撮るしかなく、いくらお店の方に許可をいただいても、音を鳴らせてまで撮るのははばかられる時は、撮りません。

(食べることに夢中で、忘れている時もありますが。。。

基本、お皿が来たら、写真なんか撮っていずに、さっさと食べたい派なんです。)

 

患者さんは、本当にお気遣いなく!

そう思ってくださるお気持ちだけで、十分ですので。

お心遣いはありがたいですが、患者さんの肌や頭髪などが、スキンケアやヘアケアを頑張られて、どんどん良くなっていくのが、私は何より嬉しいので。

本当にお気持ちだけで十分ですから。

 

この石けんをくださった患者さんは、バンコクに1か月の半分とは言いませんが、結構頻繁にバンコクに行かれ、一度行くと、2週間近くあちらに滞在されます。

(バンコクで、大きなデモなどがあると、心配です。)

紫外線(近赤外線も)の強いバンコクで、日焼け止めや保湿などのスキンケアをとても頑張ってしていらっしゃいます。

 

さて、そのバンコクでは、皮膚科のドクターが作ったという、この石けんが今バカ売れだそうで。。

IMG_20131223_214925688.jpgIMG_20131223_21515394.jpg中身はういろうみたいで、おいしそうです。

マンゴスチンの皮が入っているですって。

美白になる、というウワサです。

バンコクでは、マネをして、似たような商品が山ほど売られているそうです。

これは、日本人用のお店で、売っている商品だそうです。

 

一緒に、もひとつ、別の種類もいただきました。

IMG_20131223_214932717.jpgIMG_20131223_215048885.jpg白カオグルアという植物の入った石けんですって。

右の写真の白いのは、果皮や果肉ではないと思うんですが。。。こういうデザインの石けんなのかな、と。

 

マンゴスチンのほうは、要は、ピーリング剤が入っています。

 

アジアの方は、ピーリング剤がホントに好きですね~。

一番人気の理由は、「美白」なんですね~。

(光・レーザー治療よりも(大体)安い、というのも、ポイントかも。)

ピーリングをすることで、溜まっている角質を剥がして、その角質の中にあったシミのカスも一緒に剥がれていきますから、ピーリングをしたら、その後、溜まっていた分、白くなります。

(溜まっているモノがあればね。)

表面の角質が剥がされて薄くなりますから、角質を作ろうとしますから、皮膚の代謝が活発になって、皮膚の生まれかわりが早くなります。

溜まっていたシミは、代謝が早くなることで、一緒に外に追い出される仕組み、というわけです。

 

こういう話を聞くと、ピーリングやりたくなるでしょ?

(ケミカルピーリングの効果は、それ以外にもいろいろあるんですが、それは、今ちょっと置いておきます。)

光・レーザー機器を置いていないクリニックは、ケミカルピーリングのこのいい面だけを言って、患者さんに勧めるわけです。

あるいは、レーザーを置いているクリニックでも、ドクター自らピーリングを患者さんにする、というクリニックは、まあ、あまりありませんから(うちは私がやりますが)、ナースに適当にさせたらいいや、と思っているクリニックも、患者さんがやりたいって言ったら、止めることもなく、そのままやったりしていることもしばしば。。。

(で、こういうクリニックは、2回目以降のケミカルピーリングの処置の時も、ドクターの診察はありません。。。

エステレベルのケミカルピーリングであれば、ドクターの診察は要らないと思いますが、クリニックレベルのものであれば、ナースだけで、どこまでちゃんとやっているのかは、疑問が残ります。

ナース教育がちゃんとやっているクリニックもあり、患者さんの肌の状態によったら、ちゃんと止めてくれることもあるでしょうが、その日のお金は欲しいから、止めたほうがいいな、と思っていても、その日ととりあえずやっちゃって、次回は止めたほうがいいですよ、と言ったりします。

結果的に、やらないほうが良かった、というのと、やる前から、やらないほうがいいのに、やってしまうのとでは、全然意味が違いますが、これは、患者さんには、わかりませんよね。

何かあったら、ちゃんとドクターを呼んでくれるようなクリニックだったら、(その日の肌の状態で、違う処置を勧めたりするようなクリニックだったら)、ナース任せでもある程度いいと思うんですが。。。)

 

どんな処置にも、いい面と悪い面があって、ケミカルピーリングで、皮膚の代謝が良くなったり、毛穴掃除をしたり、ニキビの治療に役立ったり、と、それは決して嘘ではないし、それは、ピーリングのとてもいい面なんですが、角質を剥がすことで、バリア機能が一時的に弱くなります。

肌のバリア機能である角質が薄くなることで、いろいろな刺激やダメージ(擦ること・紫外線や近赤外線・化粧品の添加物・クレンジングなどの洗剤などなど)が直撃するので、角質が元の、あるいはある程度の厚さになるまで、普段よりも敏感になっていることを心がけないといけません。

普段以上に、刺激のない生活、普段以上にスキンケアに気を配ってあげるということが必要だと私は思います。

 

特に、乾燥肌の方は、実は目では見えない小さな傷みたいなものが皮膚の表面にはあって、ピーリング剤は、たいてい酸性ですから、とても沁みたり、痛かったりします。

もうそれだけで、不快感マックスですから、精神衛生上も良くないでしょう。

ただでさえ、普段のスキンケアすらうまく行っていないのに、ピーリングをして、普段以上に気を遣ってくださいね、と言われたところで、どうしたらいいんですか?とキレたくなります。

 

ケミカルピーリングの種類や強さにもよりますが、その人がどうしたいのか、どこまで目指すのか、副作用はどこまでOKなのか、普段のスキンケアはできているのか、肌の調子はどうか、季節は?普段どんな環境にいることが多いのか、などなど、いつでも誰でもケミカルピーリングをしていいとは、私は思いません。

 

うちでは、ケミカルピーリングをやりたい、と希望して受診されても、実際、私が勧めず、他の処置をすることが多いです。

あるいは、ケミカルピーリングをするにしても、ホームケア用のもので、回数で調整してもらったり、など。

(ホームケアもいろいろですが)

 

私自身は、ケミカルピーリングは大好きで、自分にも時々やります。

最近は、あんまりしてませんけどね。それほどケミカルピーリングの必要を感じないから。

皮脂も毛穴に溜まっていないし。これだけ、寒いと、皮脂もそんなに出ないでしょ。

 

今の時期、乾燥して、肌がミイラのように固まっちゃって、代謝も落ちている方も多いので(そのせいで、ぶつぶつが出たり。それをニキビだと思って、ピーリングをして、ますますひどくなるという。。。)、まずは、保湿!です。

 

それでも、角質をちょっと剥離して代謝を良くしたいなら、レーザーで十分ですよ。

ピーリングほどめくらなくても。

例えば、ライムライトやジェネシスとか。

光が角質をちょっと飛ばしてくれます。

それで、十分です。

 

タイタンは、角質剥離作用は一切ありませんが、血行が良くなるので、それで肌の調子がいい、とおっしゃる方もいらっしゃいます。剥離したくない方にはいいのでは?

 

かかとみたいに、角質が溜まりまくっていて、ホントに鏡餅みたいに、ごわごわと硬くなっているなら、ピーリングもいいんですが、日本女性総敏感肌!と思うくらい、クレンジングや間違ったスキンケアや高機能化粧品のせいで、お肌がエライことになっている方がとても多いのに、そこでピーリングなんて、一体、なにをめくろうと言うのでしょう。。。

角質ゼロってことはないから、何かはめくれるかもしれませんが、キメはないわ、肌は余計ボロボロだわ、何をしたいんだか。。。

 

ピーリングにはまる方は、手触りが忘れられないことがあるみたいです。

たかが手触りのために、肌のバリア機能、壊し過ぎて、どうしたいの?と思います。

 

日本で、TVや雑誌の通りのスキンケアをしている方で、ピーリングをしたほうがいいくらい、角質が溜まっている方って、そうそういないですよ。

まあ、ニキビのボコボコにひどい方は、また話が変わるので、その辺は、主治医のドクターとよく相談してください。

メリット・デメリットのどっちが勝つのか?

ニキビの場合は、毛穴の詰まりを掃除してくれたり、詰まりにくい肌をもう一度再生しなおしたり(やりたくなる言い方になってますが)、殺菌効果も期待できたり、と、レーザーなどではできないメリットもあるのは事実です。

でも、美白目的の方であれば、ライムライトをはじめとした、フォト系の光治療のほうがそりゃ、有効です。

だって、直接、メラニンの茶色に働きかけるわけですから。

ピーリングみたいに、新陳代謝をどうこう、とまどろこしい話ではないのです。

(実際、いろいろ他にも効果はあるんですけどね。メラニンに直接働いて、分解するとか破壊するとか、そんなことはしてくれないわけです。)

光・レーザーだったら、そこまでバリア機能を破壊もしませんし、ジェネシスだったら、アトピーの方にもうちではやりますから(肌の調子が良くなるので)、新陳代謝を早めるだけでいいなら、十分です。

(ジェネシスでは、くすみは取れても、シミには直接働きません。フォト系とは違います。)

 

患者さんが何をどうしたいのか。

それで、おススメの処置の説明(メリット・デメリット含めて)があると思うので、その中から(複数ある場合は)ご自分に撮って一番都合のいい処置を選んだらいいと思います。

複数ない場合は、メリット・デメリットで、それで自分がいいのかどうかで、決めたらいいと思います。

「○○をしたい」と処置の名指しでは、ないわけです。

希望通りの処置が合えばいいですけどね。

とりあえず、どんな感じか(自分に合っているかどうかは、そっちのけで)やってみたい、というのも、患者さんんがいいならいいのかもしれませんが。。。

処置にったら、とりあえずやっていいものと、勧めないものもあります。

やっても、それほど害はないけど、肌がボロボロで、やっても、他の人みたいな効果はまだ出ませんよ、ということもあります。

そういう方の場合、お金を有効に使いたいなら、まずは、スキンケアを先にして、お肌の調子をもうちょっと整えてからやったほうが、有効でしょう。

そういうのも含めて、思い違いや思い込んでおられる方も、結構いますから、一旦、そういった思い込みを置いておいて、診察・カウンセを受ける、というのが一番いいと思います。

迷ったら、必ずその日にやるのではなく、納得いくまでゆっくり考える、というのが正しい選択ですよ。例え、デメリットが少なくてもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

当院でも取り扱っている大島椿の「アトピコ」シリーズですが、これは、クリニック用化粧品ではなく、一般のドラッグストアで売っているし、大島椿のHPからも、どなたでも購入できます。

でも、なかなか売っているドラッグストアがないんですよね~。

患者さんから、売っているところがない、とよく言われたのも、取扱いを始めたきっかけでもあります。

 

先日、たまたま行ったドラッグストアで、アトピコシリーズを見たので、おおっ!と思ったんですが、あれ、デザインが違う。。。

デザイン変更の話は聞いていないし、なんで。。。?

 

と思って、大島椿のHPで確認しましたhttp://www.oshimatsubaki.co.jp/

違うんですね~。

うちで取り扱っているのは、

「アトピコスキンヘルスケア」http://www.atopico.co.jp/index.html です。

IMG_20131221_114102447.jpgIMG_20131221_114117916.jpgその中で、取り扱っている商品です。

これ以外の商品が欲しい方は、取り寄せ(他のとまとめて発注しますから時間がかかることがあります)か、ご自分でドラッグストアか大島椿から買っていただくか、です。

 

クリニック用の発注書に載っているのが、このシリーズだったので、てっきり、「アトピコ」=「アトピコスキンヘルスケア」だと思ってました。

うちで、診察・カウンセを受けられた方には、カタログやサンプル(ある時は)などお渡ししているので、おそらく間違えて買っておられる方はいらっしゃらないと思いますが、ブログを読んでご自分で実践しておられる方の中に、全然違う商品を、そのつもりで買って使って、「?」みたいになっている方がいらっしゃるようで。。。。

(初診で来られた時に、そういうことが発覚しているので、ブログを読んで診察に来られる方というのは、ごく一部ですから、もっと勘違いも多いのでは?と思っています。

例えば、純石けん(石けん素地100%)を勧めているのに、で、たまたまうちでは、牛乳石鹸の無添加シリーズの「無添加石けん」を置いているわけですが、何故か牛乳石鹸の赤箱・青箱のを買ったりとか、ネットで、「無添加石けん」と検索して、わけわからんおかしな石けんを買っていたりとか、固形石鹸ならなんでもいいと思って、たちの悪い固形石鹸を使っていたりとか。。

あるいは、クレンジングに純石けんを足すとか。。(バシバシになりますよ。。。洗いすぎを通り越します。。。)

ブログを読んで、ちゃんと実践で来ておられる方が、うちの初診の方の大半ですが、たまに、アレンジされて、その方向が違うほうに行っておられる方が。。。

どうしてなのか、私にはよくわかりませんが、カウンセに来られた時点で、それは訂正しますから、それから直していただいたらいいわけですが。。。)

私から、市販の化粧品(基礎化粧品について)を勧めることって、ほとんどありません。

だって、クリニック用のほうが、ちょっとでも添加物の刺激がマシだったりしますし、機能も優れていたりしているのに、なんでわざわざ勧めるかって、おかしな話でしょ。

(患者さんが市販の中から、選んで使っておられる化粧品で、今の肌の調子も悪くなく、シンプルなもので、質が悪くなければ、私から止めることはありません。

でも、いくら高額であろうと、ブランドであろうと、市販の高機能化粧品は一切勧めていません。

一部の高機能化粧品でおかしなものが入っていないモノも、もちろんありますから、確認ができた後は、もったいないから(捨てるのも)無くなるまで使ったら?でも次はいりませんよ(どうせ効かないから。コストパフォーマンスが悪すぎ)、と言っています。

いつも読んでいただいている方には、毎度おなじみの話の下りですが、今までのを読んでいいない方で、そこだけ切り取って、違う方向に行く方がいるようなので、また書きました。

すみません、お付き合いください。)

さて、話を戻します。

基本、私は、石けん・シャンプーなど洗うもので一番勧めているのは、石けん素地100%のモノです。

でも、アトピー・乾燥肌・敏感肌の一部の方に、夜だけ使う、たまに使う、と回数の制限をしても、化粧も落とすくらいですから、脱脂力・洗浄力が強い(そういう方からしたらね。市販のクレンジングや合成洗剤のことを思えば、可愛いものです。)ので、乾燥がきつくなったり、ピリピリしたり、と、石けんでいい、とは済まされません。

(ブログで言っているのは、あくまで一般的なスキンケアの話で、肌によって違うわけです、だから、うちでは、全ての取扱い化粧品・サプリは、診察を受けないと一切の購入はできません。

勝手に使っても、綺麗にはならないと、私は思っているので。勝手に使いたい方は、市販のものを買えばいいと思います。クリニック用の化粧品というのは、診察が必要だと私は思います。実際、メーカーのほうも、そう指導していますけどね。)

 

話を戻します。

純石けんが使えない場合、あるいは、使いにくくて、また市販の要らんものを買っちゃった!ということになってしまう場合、他の方法を考えないといけません。

他の方法で行く場合もあるし、方法がなくて(というか、勧めなくて)慣れましょう、と頑張ってもらうこともあるし。

 

シャンプーの場合、石けんシャンプーは、慣れるまでギシギシすることが多いので(専用リンスをちゃんと使えば、かなりマシなんですが、それでも今までの市販のシャンプーを使っていた方からすれば)、やっぱり、市販のに戻しちゃいました、と、悪循環に戻ることがあります。

市販のでも、悪循環にはまっていないなら、止めることはありませんが、頭皮や生え際あたりのトラブルのある方には、市販の合成シャンプーは勧めていません。

で、そういう時に、石けんシャンプーの変わりに、このアトピコのシャンプー(リンスも要りません)を勧めています。

私も使っています。それで、椿油ですね。

それでも物足りない時は、牛乳石鹸の「無添加」シリーズのヘアトリートメントです。今はあまりトリートメントも使っていませんが。

(昔は、石けんシャンプーを使ってました。)

ヘアトリートメントは、ホントに、添加物を極力減らして、というのはかなり難しいようで、石けんシャンプーを出しているメーカーは、「トリートメント剤」をほとんど作っていないんですね。

あっても、あまり、これ、ホントにトリートメント剤?とやる意味あまりないかも、というものや、使い心地が悪かったり、と使う気がなくなるものだったり。

オーガニック化粧品や低刺激用化粧品(ホントのちゃんとしたメーカーね)で、ヘアトリートメント剤を作っているところもありますが、お値段も結構良かったりします。

ヘアケア剤・基礎化粧品って、ある程度、自分にとって負担にならない値段でないと、毎日使っていけないかな、と私はおもっているので、ヘアトリートメントやシャンプーに、1本4000円もかけて、というのは、いや~、ちょっと使いづらいでしょ。。。と思います。

(負担にならない方は、使ったらいいですよ。)

その点、牛乳石鹸のこのシリーズのトリートメントは、安いので、その割に、市販トリートメントに比べたら、まだ刺激がマシかな、と、取り扱っているわけです。

(どちらにしろ、地肌にはあまりつけないようにね。毛先とか、髪の毛用ですから。)

 

このアトピコのシャンプーもそうです。

敏感肌用・低刺激用(オーガニック化粧品も含めて)にしたら、価格がお手頃なんです。

 

そして、このシリーズの最大の特徴は、医学論文で、安全性・有用性が証明されているところです。

いろんな大学病院の皮膚科で、アトピー・皮脂欠乏症などの患者さんを対象に試験をして、データーを集めて、調べているわけです。

わけわからんメーカーが、自分たちで勝手にデーターを並べ立てて、さも自分のところの化粧品がいいように見せているデーターをたまに見かけますが、よくよく見ると、データー表記がおかしかったり、よく見えるように作為的に仕組まれていたり、と、おかしなことだらけ。

医学論文になって、医学雑誌に載る、という段階で、普通に見えてもこのデーター、おかしいでしょ、というようなものは、論外というか、圏外です。

 

このシリーズは、実は、いくつも医学論文で安全性・有用性が出ているんですね。

同じ使うなら、そういうほうが、安心ではあります。

データーがなくてもいいもの、というのは、もちろんありますが、とりあえず何かを使わなくていけなくて、大勢の方がとりあえず刺激がない、と証明されている商品、というのは、取扱いもしやすいし、勧めやすいわけです。

いくつかの種類を勧めた中で、個別にどうか、というのは、次の段階の話ですから。

保湿で困っていらっしゃるなら、一般の化粧品みたいな使いやすさ・塗りこ心地はないかもしれませんが、ネットでおかしな化粧品を買って使うくらいなら、一度試してみては?

お値段もそんなに高くないし。

(うちでは、クリームやオイルローションなどの保湿は置いていませんが)

 

何を使っていいのかわからなくて。。。

という方は、非常に多いです。

たいていの方は、それでも何か使わないといけないので、手に入りやすい、デパートやドラッグストアで売っている、どこにでもよくある、メジャーなヤツを使っておられます。

たまに、それはどこで売っているんですか?と、全然知らない(たいていおかしかったりします)モノを使っていて、どうやって、そんなの探してくるのかな、と、そちらのほうがよほどの私には不思議。。。

メジャーがいい、マイナーが悪い、というわけではありませんが、

(それでいけば、アトピコもマイナーです)

マイナーでも、どうしてそんなのにひっかかるかな、と詐欺まがいのおかしなモノだったりして。。

(そこのサイトが怪しさ満点で。。。)

どうしてそこにひっかっかったのか、お聞きしますが、その経過が、それは仕方ないか、ということもありますが、ず~っと、「????」の連続もあり、「?」の方は、またそういうのにひっかかるので、私では止めようがありません。

で、こういう方には、うちでは美容医療はしません。スキンケア相談や指導ですね。

(高いお金を出しても、効かないので。お金が無駄になるから。)

とりあえず、何か買うなら、出所のわかっている、ある程度メジャーなメーカーの出している、なにかあったら、そのメーカーが電話対応などしてきちんと対応してくれそうなところのモノを買いませんか?

化粧品トラブルって、大したことなくても(命に関わらない、という意味でね)、顔ですから、結構なブルーになるでしょ。

化粧品自体に、そんな高いお金はいりません。

高いのが欲しいなら、ホントの高機能が欲しいなら、それは、クリニックでご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は書く時間が無くなったので、クルスカの続きです。

 

クルスカがおもしろい機械だということと、私の考える欠点を書きました。

では、私の考える長所は?

(何の施術でも、メリットデメリットがありますから。)

 

クルスカは、やったことはありませんが、数か月かかるようですが、効くのは効く、という話は昨日しましたね。

 

では、それ以外の特徴は?

 

自分で使っていないので、具体的なことはわかりませんが、部分痩せの機械で、冷やすのは、これだけなんですね。多分、今のところ。

(エステのヤツのは、論外ですよ。)

 

「冷やす」と聞いて、思い出したのが、映画の「南極料理人」です。

堺雅人さんが好きで、堺さんの出た映画は結構観たんですが、「南極料理人」面白かったです。

その時の番宣だかなにかで、実際の料理人のモデルになった方が出て来られて、おっしゃっていたのが、「南極は、普通の6倍のカロリーを摂取しないと死んでしまう」ということ。

なので、南極では、1日6回だったか、たくさん食事を摂らないといけないそうです。

私も、南極に行って、ご飯食べなかったら、痩せられるのかしらん、と思ったのを覚えています。

 

数年前だったか、いつか忘れましたが、日本肥満学会で確か発表があったんですが、体を冷やしたら体重減少を認めた(脂肪だけが減ったのかどうかまで忘れましたが)、とにかくちょっと痩せた、というような発表がありました。

飲み物で冷やしたのか、何か飲食物だったと思いますが、体温を何度か下げて、冷やしますから、体温を上げようとして、脂肪が燃焼されるわけですね。

(どれくらい冷やしたら、どれくらい脂肪が減るのか、など詳細は忘れました。スミマセン。。。

「冷やす」ことが嫌だったので、あまり調べませんでした。

でも、ものすごく脂肪が減ったわけではなかったような気がします。食いつかなかったので。違っていたら、スミマセン。。)

 

「南極料理人」の話と合わせて、体を冷やすことは、脂肪燃焼には役立つはずです。

(程度がわかりませんが。。)

 

それからすると、クルスカ後に、氷の塊みたいなものが体に張り付いているわけですから(というか、自分の体の一部が凍っているわけで)、しばらく(数時間、とやった患者さんはおっしゃってました)の間、体は冷えますよね。

逃れられない「冷え」ですよね。

その間、脂肪はどこまで燃焼するのか?

とても面白い機械です。

ま、氷のまま何日も続くわけではありませんから、そんな対して燃焼はしないかとは思いますが。。

 

私は、真冬になると、腰にカイロを貼って、寒いのが嫌いなので、真冬は、なりふり構わず、温かく!というのが普段のテーマなんですが、おととしの冬の時に、痩せていらっしゃる患者さんが、みなさん薄着(それ、寒くないんですか?!というレベルの薄着です。車の方も多かったのかもしれませんが。)で、薄着にしたら、美人でスタイルも良くなるのでは?!と、患者さん方を見習って、その冬は、カイロを使いませんでした。

。。。ものすごく寒くて、(筋肉があまりないから熱を出さないんですよね。)、痩せるかな、痩せるかな、と一冬越しましたが、結局痩せず、腰も痛いし、とにかく寒いのがツライし、で、次の年から、またカイロの生活を始めました。

(スタイルのいい患者さん方が、薄着で痩せたわけではなく、食生活や普段の運動など、とても気を付けていらっしゃるから、細くていらっしゃるわけですが。。)

 

次の年、カイロをやっぱりしようと思ったきっかけは、腰痛で、家の廊下で、ただ歩いていただけなのに、いきなり、腰がギクッとして、幸い、ちゃんと動けましたが、これ以上なら絶対ヤバいっ!と焦るような前兆で、これは温めなければ!!と思ったのがきっかけです。

(整形外科医ではないので、腰痛に関しては無知なんですが、ギックリ腰がどうしてなるのかは、まだ解明されていないそうです。

自分なりに考えるに、まず、筋肉が全然足りないので(特に、腸腰筋のインナーマッスルと腹筋やワキ腹(腹横筋など)の筋肉など。ま、全てなんですけどね、私の場合。。)、腰痛が起こりやすいのと、補強してくれる筋肉がない中でも、一応筋肉が体を支え動くわけですから、結構な負荷(力)がいろんなところにかかっているのでは?と思います。

へなちょこ筋肉なので、余計に負けやすいでしょうね~、と思ってます。

 

プロのアスリートの方が、いきなりダーッと動くんじゃなくて、先に、ちょっと体を動かして、温めてから、本格的に動かれますよね。

体を温めていないと、筋膜や腱が硬いので、弾力性がなく、切れやすいようなイメージです。

牛スジも冷たいと硬いけど、ゆっくり温めてあげると、トロットロッ!に溶けておいしくなりますよね。

話がまた食べ物に行きましたが、イメージわかりますか?

全然運動もしていないし、筋肉もないので、せめて筋膜が動きやすいように、温めておいて、動きやすくしておこうと思ったのが、カイロ再開のきっかけです。

 

なので、今年は、寒くなったけど、カイロまだ早いかな~?と思いましたが、早速始めて、今は毎日幸せです。

カイロを発明した方に感謝です。

カイロを腰に貼っていると、ジワーッと腰から体全体が温まって、ムチャクチャ気持ちいい~♡

楽だわ~♡

(おなかに貼っている患者さんもいらっしゃいます。おなか・腰とダブルの方も。)

毎日カイロです。家にいる時も。

寒いほうが脂肪は理論上燃焼しますが、私は絶対冷やすのはイヤですね~。

だって、体調悪くなるんですもの。

疲れ取れないし、免疫も下がるでしょうし、胃腸の働きは悪くなるし、何よりじっとして動きたくなくなるから。。。などなど。

(ホントは、寒さを吹っ飛ばすくらい、そこで動いて体温を上げることで、脂肪が燃焼されるわけですが。。。そういうこと、したくない。。。)

 

東洋医学の先生の中には(東洋医学でなくても)、「体を温めるだけで病気は必ず治る!」

まで言い切る先生もいらっしゃいます。

 

実際は、なんでも治るわけではないですが、そう言うくらい、体は冷やすな!温めろ!というのが、大事なわけです。

中医学が本場の中国は、生野菜ばかりの料理って、あまりないでしょ。

ほとんどが火を通した料理ですよね。

口から入るものと健康が密接に関わっていますもの。

汗かくくらい暑いのもイヤなんですが、私は温める派です。

だから、私は、クルスカは最初から除外していたわけです。

(私のおなかなら、クルスカ挟めると思います。。でも、トゥルスカでkなり減ったから、しゃがんでお肉集めないと、難しいかな。。ちょっとは挟めるかな。)

 

冷やすのが好きな方、あるいは平気な方で、挟める方は、ひとつの選択肢です。

冷やすことで、人一倍効く方もいらっしゃると思いますよ。

 

でも、冷え症の方は、かなりツライでしょうから、止めておいては?

(冷え症には、トゥルスカがおススメ! むくみもセルライトも取れるし!

って、結局、トゥルスカの宣伝になってしまいました。。)

 

どちらにしろ、クルスカは、挟めないとね。。。

ちゃんとしたクリニックは、そういうこと(副作用とかダウンタイムとか挟めなかったからどうなるのか、など)の説明もあるかと思います。

何をするにしても、ちゃんと話を聞きましょね。

(鵜呑みにするのもダメですが。。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顔筋体操のことを書こう書こうと思っているのに、なかなか進みませんね。すみません。

今日、「美ST」の2月号(最新号で、今日発売です。年間定期購読を申し込んでいるので、自動的に届きます)が届いたので、触れておきます。

 

雑誌の書いてあることを、そのまま鵜呑みにする人って、一体どれくらいいらっしゃるんでしょうね。

でも、雑誌が売れている限り、かなりの人数が、鵜呑みまではいかなくても、信じてしまうことも多いでしょうね。

特に、大手の出版社の雑誌となると、やはり信じてしまいますか。

このブログを読まれている方は、世の中のからくりというか、それが広告戦略というもので、理解していただいた方も増えたでしょうか。

そういう広告は、今に始まったことではなく、昔から、やらせ、というか、サクラというか、ヨイショ記事もあるでしょうし、それは、どの雑誌でもTVでも、やっていることで、だから世の中うまく経済が回っているわけで、違法行為でない限り、悪いことをしているわけではないのでしょう。

ただ、不景気になって、雑誌やTVには、広告に見せかけていないけど実は広告、みたいな記事も増えて、かなり巧妙になって、昔だったら、広告・宣伝って、わかりやすかったから、ひっかかる方もまだ少なかったんでしょうが、最近のは、一見わかりづらいというか。。

わかる方はわかっていらっしゃるんですけどね。

そのまま信じたほうが悪いのか、いえ、一番悪いのは騙したほうなんでしょうけど。

記事に関しては、ライターの考えです、と言ってしまえば、出版社はそれでいいんでしょうかね。

極端な意見で、一方的に、メリットだけ書いて、デメリットは記事にしないというのも、読者をその施術に誘導していて、それはいいんでしょうか。

メーカーは、自分のところの商品ですから、そりゃ、いいこと言いますし、誘導もするでしょう。でも、それは当たり前です。

購入するドクターは、そんなことはわかっていないと、お金がいくらあっても足りません。

記事は、ライターの方の好みや出版社の思惑もあるでしょうから、それは自由なんでしょうけど、言い切るなら、何がどういいのか、他の施術と比べてどうなのか、値段やデメリットなども、ちゃんと書けば?と思います。反対意見も含めて。

施術の名前だけ、連呼する記事を、信じるほうが悪いんですかね。

 

今回、トルコで開催された、欧州皮膚科学会を取材に行かれたことが記事になっていました。

それは大きな学会でしょう。

藤本先生お気に入りの機械が中心に載っていました。

藤本先生とご一緒に行かれたので、藤本先生の好みに機械のメリットを聞く機会も多いでしょうし、美STナンバー1の藤本先生ですから、藤本先生の好きな機械(あるいは、押したい?)が取り上げられるのは仕方ないと思います。

それぞれでのドクターで考え方も違いますし、美容医療で使う機械の好みも100人100通りですから。

特に、ダウンタイムが出る施術かどうか、という点は、ドクターでも大きくわかれます。

(もちろん、患者さん側も。)

何をどこまでどうしたのかで、ここまでのダウンタイムなら許せる、とか、それはケースバイケースですが。

 

ま、それはいいとして、今月号でもまたしても、キュテラの悪口が載っていて、ここまできたら、キュテラ社は、抗議してもいいんじゃないでしょうか。

 

キュテラ社のブースが写されていましたが、暗い明かりでスタッフすら写っていない写真で、「ちょっぴり寂しい佇まい。・・・・メーカーに勢いがあるかないかは一目瞭然。・・・・(一部抜粋)」と書かれてました。

ていうか、この写真、一体いつ撮ったの?という写真です。

オープン前か、クローズの後なのか。

他のブースの写真と、照明の明るさが全然違うじゃないですか。

そりゃ、私は現地を見に行っていったわけでもないですけど、他のブースの明かりは、白いのに(こういう商業展示の場合、普通に白い明かりでしょ、全部の会場自体が。大きなホールみたいなところで、細かく仕切られるので、照明はほぼ同じはずです。)、なんでね、キュテラのとこだけ、間接照明みたいな明かりやねん。

 

これ、ホントに、オープン前かクローズ後の、全体照明が消されている時では?

 

商業展示中に、ブースにスタッフが誰一人いないなんて、こんな大きな学会であり得ないですよ。

スタッフすら写っていない時って、展示時間外の写真じゃないんですかね。

それを、「寂しい佇まい」と言っているんだとしたら、おかしくないですか?

こういうの、「やらせ」とか「いやがらせ」って、言わないのかしらん。

両隣のブースの明かりとかもどうなっているのか、見せてほしいですよね。なんか暗そうですけどね。。

(全体が写っている写真だと、クローズ後なのか、展示中なのか、一目瞭然ですよね。)

今度、キュテラの方に会ったら、聞いておきますけど。

 

私は、キュテラユーザーと言っても、キュテラ社の社員でも、お金をもらっているわけでもなんでもないですけど、明らかに、写真、おかしいと思います。

キュテラの機械を使っているクリニックにも、そちらの機械はダメな会社の機械ですよ、と言っているようなもので、失礼ですし、なにより、その治療を受けて満足されている患者さんに、一番失礼ですけどね。

(そのくせ、他のページでは、ジェネシスが載っていたり、レディエッセやオバジの新シリーズ(「ZO」のほう)が載っていたり、と、これはどちらも、キュテラが日本の正規代理店です。よくわかりませんね。。。機械だけ、けなしたいわけですか?)

 

このライターさんは、キュテラの機械で、なんかあったんですかね。

なんか、恨みでもあるんですかね。。

でも、それなら、キュテラの機械が悪いんじゃなくて、その受けたクリニックのやり方、というか、当て方ですけどね。

ちゃんとしたクリニックで受けてから、機械自体の評価はしてほしいものです。

恨んでいないなら、キュテラのライバル会社から頼まれているのか?と勘ぐりたくなりますけどね、ここまでくると。

 

美STは、いつも機械や施術の連呼をしている記事が多いですが、マドンナリフトさえすればいい、とか、レブライトならいい、とか言うものではないですよ。

藤本先生があてたら、確かにマドンナリフトもレブライトもいいでしょう。

それは、機械以上に藤本先生がいいからです。

(もちろん、他にもいいドクターはいらっしゃいますよ。)

でも、患者さんにとって、マドンナリフトがいいのか、レブライトでないとダメなのか、他の機械ではダメなのか、その場合のメリット・デメリットは? それはまた全然違う話です。

 

美STが施術だけ書いて、デメリットをあまり書かないので、美STが勧めている機械の、私が考えるデメリットを書いておきます。

何の機械でも施術でもメリット・デメリットがあって、金額もそうですし、ダウンタイムはあるのか、きつい治療なのか(その分の副作用のリスクも上がります)、マイルドな治療なのか(その分回数がかかったり、効果が出るにも時間がかかります。でも、人にはバレない。)、などなどいろいろです。

患者さんの希望も好みも状況もいろいろなので、だからこそ、治療に選択肢があるわけで、一つのクリニックに、そりゃ全部あればいいですが、そんなクリニックはなかなかなくて、その場合は、いろんなクリニックに、診察・カウンセに行って、相談するしかありません。

よっぽど変な施術でない限り(学会は認めていないとか)、ちゃんとドクターから、メリット・デメリットの説明があり、患者さんが効果・副作用・ダウンタイム・金額と全て納得されたのであれば、やってみるしかありません。

思った通り・以上のこともあるでしょうし、期待外れのこともあるでしょうし、やらないとわからないこともあります。

効果を誇張されて説明を受けることもあれば、副作用を過少に言われることもあるでしょう。

だから、ある程度は、自分でも調べていったほうがいいのはいいんですけどね。そのほうが、いろいろ聞けますしね。
(コストパフォーマンスは、患者さん側からしたら、かなり重要ですよね。

ちなみに、東京の美容医療は、関西、というか、東京以外と比べると、非常に高いことが多いです。全部とはいいませんが。。。

ちゃんとされているのに、良心的な価格にされている数少ないクリニックもちゃんとありますが、関西と比べても、やはり圧倒的に高いです。

土地代は人件費などの問題もあるんでしょうけど。

東京以外で治療を受けた場合とで、コストパフォーマンスは変わるでしょうね。。というよりも、都道府県に関わらず、やったクリニックによって、かなり違うでしょうね。)

 

話を戻します。

記載の、一押しマシンの、私の考えるデメリットですね。

 

まず、マドンナリフトですが、私も将来、自分にもやってみたいと思う施術ですが、この欠点は、ダウンタイムです。

学会のセミナーも何度か受けましたが、週末やって、週明けから仕事、とか、休みの日に、とか、気軽にできる日本人が一体どれだけいるのか。。

そりゃ、日本全体で探せば大勢いらっしゃるでしょう。

マドンナリフトを本格的にやっているクリニックって、本当に少ないですから、日本中の患者さんがそれぞれのクリニックに予約を取れば、少々予約は待つでしょうけど、こなせますかね、どうでしょう。

(お盆休みや年末年始に予約は集中するんじゃないですかね。)

東京は人口も多いし、日本中から患者さんも集まってくるし、クリニックも多いですから、東京はいいですが、例えば、関西で、九州で、四国で、患者さんの近所のクリニックで、となると、そうそう導入するクリニックは、多くないと思いますよ。

基本的に、日本人はダウンタイムのある治療を嫌う傾向にあり、私もそうですが、自分もしたくないし、患者さんにもしたくないです。

こういう機械は、決して安いものではなく、患者さんが大勢集まって集客できないと、機械代もペイできません。

また、こういうダウンタイムの出る治療は、ドクターなら誰でもできるわけでもなく(なんでもいいなら、レーザーは当てられるでしょうけど。。。恐ろしい。。。)、強い治療になればなるほど、それこそ、ちゃんとしたドクターにしてもらわないと私はダメだと思いますよ。

学会で有名でないドクターでも、ちゃんとトレーニングして、ちゃんと施術をしてくれるドクターはいらっしゃるわけで、ひょっとしたら、貴女の近所で、機械を導入してくれるかもしれませんが、それだけダウンタイムがあるものを、できますか?

手術よりは、ダウンタイムは軽いと思いますが、結構、勇気と根性がいるのでは。。。?

まだまだ導入しているクリニックが少ないので、もうちょっと増えてくるとは思いますが、どこのクリニックでもバンバン気軽にできる、というものではないと思います。

やる方もやられる方も、かなり覚悟がいると思います。

強い治療というのは、ホントに診察・カウンセに時間をかけないと、トラブルの元ですからね。結果、不幸になるのは、患者さんです。

 

モナリザタッチのアタッチメントが載っていましたが。。。

(モナリザタッチ。

ご存知でしょうか。すっごい簡単に書いておきますが、膣のアンチエジングに使います。)

ヨーロッパでは、ものすごく需要があるそうで。さすが、ヨーロッパですね。

日本でも需要はあると思いますが、国民性というか、なかなかオープンにはなりにくいかな、と。。

やるクリニックも、婦人科はいいでしょうけど、皮膚科・形成外科でやるのか、となると、クリニック側も患者さんも、結構抵抗があるのでは。。。?と思うのは私だけ・・?

患者さんからしたら、やってくれる科は、関係ないかもしれませんけど。

こういうのも、東京は人口が多い分、需要もあって、密かに広まっていくのかもしれませんが、地方はどうでしょう。

こういう特殊な機械は、1地方にひとつ、あるいは、1県に1台くらい?で、その地域の患者さんは、そこに行く、みたいな感じですかね。

どこのクリニックでもできるわけでもないでしょうし。。

あと、顔や体の皮膚と違って、外から見えませんから、患者さんの主観のみでしか、評価が難しいと思います。

そりゃ、患者さんの主観は一番大事ですが、医療ですから、客観的評価も欲しいところですね。

どうやって評価しているのかな。。どなたか教えてください。

日本ではなかなか表に出てこない話ですから、取り上げてくれて、多くの方に知ってもらうというのは、とてもいいことだと思いますが、「トレンド」というのとは、ちょっと違うのでは。。

最新医療ではありますが。。

 

マドンナリフトもモナリザタッチもそうですが、こういう特殊なものは、早く導入したクリニック勝ちなところがあります。

需要と供給の関係ですね。

ホントに大勢の患者さんが、ある程度気軽にできる、というのが、美容医療の主流にはなりやすいような気はしますが。。。

ちなみに、マドンナリフト・モナリザタッチのDEKA社は、イタリアの会社ですから、欧州皮膚科学会は地元であり、力の入れようもあるでしょう。

まして、欧州ではモナリザタッチが注目もされていますし。他社も開発に乗り出しているようです。

展示ブースの大きさや場所は、企業がお金を出して買うので、学会側がタダで、場所を提供してくれるわけではありません。

(ある程度の地元企業ごひいきくらいはあるかもしれませんが)

それを言うなら、逆に、DEKA社の日本の学会では、美容皮膚科学会でも美容形成外科学会でも展示ブースはとても小さかったですよ。

(だからって、DEKA社が勢いがないとは、私は思いませんけどね。)

 

国民性・文化が変われば、注目される施術・人気の施術も違うので、ヨーロッパでは人気、アメリカでも人気、というのは、ひとつの参考にしか過ぎません。

 

さて、部分痩せの「クルスカ」(ゼルティック社の「クールスカルプ」のことです。皮下脂肪を挟み込んで、その部分を4℃に凍らせません。2~3か月ほどかけて、脂肪がゆっくり減っていきます。(らしいです。学会などの講演を何度も聞きましたので、その講演によると)

うちのトゥルスカの、冷たいバージョンみたいなものでしょうか。)についてです。

 

クルスカは、私自身試したことはありませんが、この機械の原理も理解できますし、実際、効くと思います。(時間はかかりますが)

でも、これ、アメリカ人並みの肥満の人、というか、ホントに脂肪が挟める方ですね、そういう方には、アリでしょうけど、日本人の女性の部分痩せって、うちの患者さんもそうですが、いわゆる「肥満」ではないけど部分痩せをしたい、という方には、なかなかの不向きです。

脂肪が挟めないんですよね。

がっつり挟めようが、ちょびっとしか挟めなかろうが、おそらく、料金は同じかな、と。。

挟める方は、ひとつの選択肢だと思いますよ。

それと、時間がかかりすぎます。

下腹1回挟むだけ、ならいいんですが、例えばワキ腹とか、両腰とか、太ももとか、左右あるものは、挟むヤツが、1台に1個しかついていないので、左右あるものは、2回(1回=約1時間)かかります。2時間ですね!

ベッドに座って、本でも読みながら2時間過ごせたらまだ患者さんは楽ですが(それでも2時間は結構大変では?)、太ももの後ろとか腰側とかだと、変な体位で1~2時間我慢するのか、って、ホントに大変。。。

ちゃんとしたクリニックは、その間、ちょっとでも患者さんが過ごしやすいように工夫してくれていると思いますが、挟む場所によったら、工夫にも限界があるかな、と。。

クリニック側も、2か所するとなると、2時間ちょいベッドが塞がるわけで、回転をよくしたいクリニックでは嫌がられる施術です。

(2時間以上ベッドを塞いでおいて、患者さんから、いくらいただける?と経営の話にもなってきます。時間がかかる分、この値段設定は、難しいでしょうね。そうそう値下げはされないのでは。。?)

ナースからしたら、1~2時間挟んだら、放置しておいたらいいから楽かもしれませんが、患者さんからしたら、放置プレイで、(他院で、これをされた方が、放置プレイに嫌気がさして、あと、冷たいのもつらかったそうです、うちに来られて、トゥルスカをされました。)、結構不安(というか不満)が出ることも。。

また、4℃で凍った脂肪が、一体何時間で元に戻るのか。

これは、季節や体温などの個人差もかなり出ると思います。

冬にやるのはつらくないんでしょうか。。

私は、女性の体は(男性もね)冷やすのは絶対に良くないと思っているので、部分痩せの機械を選ぶ時に、クルスカは最初から除外でした。デモもやろうとは思いませんでした。

これは、個人の考え方なので、冷たいのが好きな方もいらっしゃるでしょうし、男性にはウケるのかも?  おもしろいのは面白いですよね。 ホントに凍るようですし。

トゥルスカを始めたとした、熱を加える・温める治療は、皮膚のタイトニングの可能性がありますが(トゥルスカをやると、脂肪が減っていても、皮膚は余りません。皮膚も引き締まっているんです。コラーゲンも増えているのか、妊娠線も良くなっているし。でも、皮膚生検で確認したわけではないので、これは、見た目からの推測です。)、

クルスカは冷やして、脂肪を減らすわけですから、皮膚は引き締まりません(と思います。)

脂肪が減るのはいいですが、皮膚はどうなっているのかな。。?

よく効いたら、皮膚は絶対余ってくるので、余ったままなのか、あるいは、そこまで効かないのか。。それとも、引き締まるのか。。?

皮膚がどうなるのかは、あまり学会やセミナーでも聞いた記憶がないような。。。あまり触れられていないですね。

ビフォーアフターの写真でも、よくわからなかったから(皮膚の余剰は)、引き締まるんでしょうか? 勘違いでしょうか。

脂肪吸引後みたいに、ガードル履いたほうがいいんですかね。

される方は、クリニックにその辺のところも確認されたほうがいいですよ。

治療自体は、とてもおもしろい新しい考え方の機械ですし、ダイエット専門のクリニックだったら、たくさんある機械のうちの1台、みたいにあったらいいでしょうけど。

インパクトは、ムチャクチャありますよね~。

(夏は冷房代、節約できて、涼しくていいのかしらん。)

 

欧米人でOK!、でも、日本人でいけるかどうか、適しているかどうか、なんて、全然違うんですよ。

体型も文化も違いますから。

クルスカの場合、熱は加えませんから、温める系の機械で生じる可能性のある火傷のリスクはゼロでしょうけど、凍傷というか凍らせることでの副作用もあります。

デメリットのない機械なんて、ありません。

 

美STによると、2014年のトレンド(?)の機械だそうなので、ご興味のある方は、一度されてみてはいかがでしょう。

 

最先端の美容医療は、確かに、欧州やアメリカの皮膚科学会などに参加しないと知ることはできません。(日本の企業というのは、ほぼ皆無に近いので)

でも、その最先端が、どこまで実際の貴女の治療に直結するのか、となると、直結することもあるでしょうし、それはあまり関係ないかも、ということもあるでしょう。

最先端の治療であっても、日本人に適したやり方が確立するのに、時間もかかります。

最先端の場合、うちのトゥルスカもそうですが、やはり患者さん相手に、試させていただく形になるので、リスクも、何年も経った機械よりはあります。

その分、モニター料金であれば、かなりお安くできることもあります。

(モノによっては、出始めはかなり高額な治療もありますよ。)

患者さんが、自分はどうしたいのか、どこまで目指すのか、それでまず、自分なりに機械を選択されるのもありでしょう。

でも、診察で向いていない、と言われることもあるでしょうし、適応がある・ないも、クリニックによって全然違います。

機械の種類も大事ですが、一番大事なので、親身になって相談にのってくれるドクターだと思います。

副作用ゼロの医療は存在しないので、治療前の説明と、何か起こった後の対処の仕方も含めて、信頼できるクリニックで治療を受ける、というのが、トレンドよりも大事だと思います。

美容医療に関しては、流行に乗る必要はないと思いますよ。

ご自分にとって、本当に必要かどうかを、まずゆっくり考えてください。

 

 

 

 

 

 

 

昨日から東京に移動して、今日、東京で開催されたセミナーに行って来ました。

白壁征夫先生のヒアルロン酸注入がセミナー内容にあったので、行ってまいりました。

さすがに、そろそろ、東京に移動するのも疲れてきました。。。

行き帰りは爆睡でした。。。(今回は、セミナー中は、全く寝なかったです!って当たり前ですが。。)

 

なので、今日は、ブログは短く、おいしいモノのお話しを。

 

最近いただいた、とても美味しかったモノです。

 

IMG_20131123_154844466.jpgIMG_20131123_154807148.jpgジャジャーンっ!ピエールマルコリーニ!!

名古屋から来てくださっている患者さんが、ミッドランドスクエアが開くのを待って、わざわざ寄って買ってから、うちに向かってくださいました。ありがとうございます。

これが、二段ですっ!!

う~ん、スゴイっ!!興奮ですね~。

名古屋や東京に住んでいらっしゃる方はご存知ないかもしれませんが、関西には、ピエール・マルコリーニ、ないんです。。。

関西では、バレンタインの時にデパートに出店されるくらいで、お目にかかれません。貴重なんですね~。

IMG_20131209_124748534.jpgIMG_20131209_124847482.jpg鹿児島の「FUKU+RE」の蒸しケーキです!

http://www.fukure.com/

鹿児島のセイコメディカルビューティクリニックの聖子先生が送ってくださいました。

(私が聖子先生にお菓子のおすそ分けをしたのですが、お礼にと送ってくださいました。

わらしべ長者の気分です♪ ありがとうございます。)

この「FUKU+RE」のお菓子は、初めて知ったんですが、添加物なく、安全でおいしいものだけで丁寧に作った蒸しケーキなんです。

美味しいに決まってますっ!

素朴ですが、とても優しくて、まさに手作りの贅沢な味です。

いただいたのは、クリスマスバージョンのデコで、チョコ味なんですが、ラズベリーのソースが中に入っていて、甘酸っぱさと程よく調和して、飽きない味です。

甘さ控え目で、山芋の入っているので、とてのヘルシー♪

お取り寄せもできるようですので、みなさんもぜひ!

鹿児島に行ったら、こちらでイートインしてみたいものです。

IMG_20131212_130610897.jpg京都の福知山市に本店がある、「足立音衛門」の栗のパウンドケーキの、「栗のテリーヌ 天」です。http://www.otoemon.com/

どこを切っても、栗だらけです。

また、これは、小麦、バター、栗、砂糖、塩、卵、全てにこだわったお菓子なのです。

おいしいです~♪

デパートでも取扱いのところが増えましたね。

京都なら、クリニックの真向かいの大丸で売っています。

クリニックに来られた時に、帰りにのぞかれてはどうでしょう。

 

節分の日に、京都の吉田神社にお参りに行くんですが、そこに、お菓子の神さまが祭ってある神社がありまして、私は、必ずそこにもお参りに参ります。

そこに参ると、一生おいしいお菓子に出会える、という。。。(違ったかもしれません。。)

そのご利益なのか、私が食べるのが好きとブログに書くせいなのか、クリニックはいつもお菓子であふれていて、嬉しい悲鳴です~。

どれからいただきましょうか~。

(こんな環境で、痩せられるわけないでしょ。というか、食べる気、満満だし。

痩せるか食べるか、なら、食べるでしょ!)

いつもお菓子をお土産に持ってきてくださるみなさん、本当にありがとうございます。

いただいた一部をご紹介させていただきました。

ぜひ、みなさんもどうぞ。お菓子大好きの私が自信を持っておススメする、お菓子たちでした。

 

 

 

 

 

フェイシャルヨガ・顔筋体操の話の前に、ちょっとスキンケアの話です。

 

今からの季節、いよいよ冬本番です。

実は、お盆あたりから、湿度は、少し下がる時間帯が出て、季節は秋に変わってきていました。

秋からいよいよ冬で、スキンケアも、夏とは全然違います。

毎月、レーザーをあてに来られている方は、私もお肌の確認ができるので、ちょっとおかしい、という時は、スキンケアの確認をしてこうしては、とアドバイスをしてきました。

ですが、夏~10月くらいから全然来られていない方の中に、夏の時のスキンケアをず~っとされている方がチラホラいらっしゃって、お肌が乾燥で赤くなっていたり、乾燥ジワが増えたり、乾燥しているのに、保湿を追加せず、日焼け止めをガンガン塗っていたり、夏用や海用の日焼け止めを今も使っていたり、と、それはダメでしょ、ということをされていらっしゃるようです。

 

シミ治療の方には、日焼け止めを塗ることを申し上げていますし、できるくせにやらない方・やる気のない方は、シミ治療は一切お断りしています。

(合う日焼け止めが本当になかなかないとか(本当にない場合ですよ、確認したら、それはダメでしょ、というのばかり使っていて、合うのがないない、と言う方は、圏外です)、特殊な事情がある方は、条件付きで、治療をお受けしています。

塗っている場合と、効果とリスクが全然違いますからね。その辺を了承して理解いただかないと治療はお受けしません。)

シミ治療で、確かに日焼け止めはものすごく重要だと私は思いますが、その使い方の際に、①環境に合わせたモノ、②TPOに合わせたモノ、③質のいいもの、④自分に合うモノ、この4つを満たさないとダメですよ、どれか一つでも欠けていたら、塗っていても、塗らないほうがマシだったり、意味ないですよ、と申し上げています。

乾燥するものはダメ!と、散々申し上げたことを、忘れる方がチラホラ。

というか、クリニック用の日焼け止めさえ、塗っていたら、それでいい、絶対肌に優しい!と思い込んでいる方がチラホラ。。

誰にでも、いつでも合うものなんて、ありませんよ。

だから、パウダールームに、何種類も日焼け止めのテスターを置いて、実際、自分の肌に塗って、触感や乾燥具合、塗りやすさ、塗り心地などを確認してもらえるようにしているわけです。

ウォータープルーフのものから、汗に強いモノ、汗をかいたら流れるもの、など様々で、またそれぞれが、しっとり具合も全然違っていて、その方の過ごす環境によっても感じ方が違うわけです。

 

今の季節、ウォータープルーフや汗に強いモノを絶対使ってはいけない、というわけではもちろんありませんが、汗をかかなかったり、水に浸からないのであれば、ウォータープルーフまで使う必要はないわけで。。。

そんなに、それが気に入っていて、乾燥もせず、お肌に負担にもなっていないのであれば、私からわざわざ止めることまではしませんが、実際、乾燥しているのに、なぜか闇雲に使い続けるという。。。

思い込み、ってヤツでしょうか。

 

季節によって、パウダールームで、メインでおススメする日焼け止めは、うちでは変えています。

取扱い全種類並べるのは並べますから、患者さんが、自分で考えて、さっきの4つさえ満たすのであれば、何を使っても構わないわけですが、手前にあるのを買うとか、最後(あるいは最初)に説明したのを買う、(しかも他のは全然試さず)みたいな方がたまにいらっしゃるので、(また、そういう方に限って、全然試しもせずに、「おススメを買います」とおっしゃるので)、一応、今の季節は、これを買う方が多いですよ、これ(ら)が使いやすいですよ、と申し上げています。

それでも、カウンターで、まだ、「おススメはどれですか?」と聞かれるので、全部試したのかどうかお聞きして、(試していない、と言われるので)、またふりだしに戻る、みたいな、延々すごろくみたいなことをやっています。

初診の方の場合ですけれど。

 

再診の方の場合、説明は済んでいますから、患者さんから聞かれない限り、説明はしていません。(新しいモノを入れていない限り)

でも、パウダールームに並べるモノの位置は、初診の方同様、季節によって、変えています。

 

なので、ご予約時や会計の時に、この真冬に、ウォータープルーフの日焼け止めが欲しい、と言われたら、受付から、「乾燥はしていませんか?大丈夫ですか?」とお聞きしているのですが、「気に入っているし、乾燥もしていない」とおっしゃって、買われるので、その話を聞いて、「ホンマか~?!」と私は思いますから、処置中に、それをどこで使うのか、1日に何回それを塗っているのか、などなど聞きます。

そしたら、結局、乾燥しているんですよね。

(また、ご本人も乾燥の自覚はあり。)

塗りやすい日焼け止めって、とても貴重ですよね。

お気に入りのものを、なかなか止めて、新しく変える、っていうのも、ちょっと冒険だし、ストレスかもしれません。

朝一に塗る時だと、洗顔後、しっかり保湿もしてあるし、その後に塗るわけですから、それほど、乾燥はまだ感じていないことも多いです。

でも、途中から、湿度が低いので、どんどん乾燥していて、その状態で塗り直しをしても、ますます乾燥させるだけ。

そりゃ、この季節、ウィンタースポーツをするとか、南の島に旅行に行く、というなら、まだわかりますが、暖房の効いたオフィスやおうちで過ごすだけで、ウォータープルーフはいらんでしょ。

どうしても、それがムチャクチャ気に入っていてど~しても塗りたいだったら、せめて、乾燥しているんだから、塗り直しの前に、保湿を足しましょう。

20代後半を過ぎると、乾燥ジワは、そのまま、固定された、消えないシワに変わっちゃいますよ~。

 

あと、気づいていない方がチラホラいらっしゃるので、言っておきますが、ナビジョンのスキンケアプロテクトと、ビューティプロテクト、中身は全然違いますよ。

だって、名前が違うでしょ。

同じシリーズの色つき・色なし、というものであれば、「スキンケアプロテクト(肌色タイプ)」みたいな名前がつくんじゃないでしょうか。色ないほうは、クリアタイプとか。

化粧品では、よくそういうこと、あるでしょ。

全くの別ものです。

スキンケアプロテクトに色が足されただけ、と思っている方がたまにいらっしゃいます。

だって、塗り心地、全然違うでしょ。使ってみたら、すぐにわかると思うんですけどね。

ビューティプロテクトのほうが、ちょっと硬いというか、乾燥している時に塗り直しをすると、結構固まるというか、ごわつくというか、うまく塗り直しができないことも多いのでは?と私は思うのですが。。。

(患者さんの中には、うまくできてて困らない、という方も結構いらっしゃるので、その方の、肌の状態や環境によっても変わります。)

 

質のいい日焼け止めに、「色をつける」「BBクリームみたいにする」というのは、ものすごく大変らしく、この日焼け止め、当初の予定よりも、発売が大幅に遅れましたものね~。

 

ビューティプロテクトは、とても優秀にカバーしてくれますから、お化粧直しにまた使いたい、これで塗り直しをしたい、という方は、せめて、その前に保湿をしましょう。

(これ、時間が経っても、他のファンデほど、色が落ちてないと思うんですけどね。)

うまくいかない方は、処置中にご相談ください。

 

乾燥するから、と、日焼け止めに乳液を混ぜる方いらっしゃいます。

そんなことは、私は一切勧めていません。むしろ、止めてもらってます。

だって、日焼け止め、薄くなるじゃないですか。

ただでさえ、みなさんが塗っている、日焼け止めの量というのは、大体薄付きです。

足らないんです。

そこに、乳液で薄めたら、日焼け止めの意味がないです。

混ぜたいだったら、日焼け止めと混ぜるなら、日焼け止めのままですが。

(例えば、ビューティプロテクトと、スキンケアプロテクトを混ぜる。

これは、されている方、とても多いです。

パウダールームでも、ご案内しています。

カバー力は落ちますが、肌色の調整がしやすくなるし(トーンを明るくしたい場合)、塗りやすさも上がるし、保湿力も上がるので、塗り直しもしやすくなります。

(聞き流している方、いらっしゃいますが、パウダールームでは、このやり方、必ず案内していますよ。

ま、お好みですけどね。)

 

乾燥する、という方が、ファンデーションと乳液を混ぜたいのは、いくらでもされたらいいですが(その分、ファンデのカバー力はもちろん落ちますが)、日焼け止めは、ダメです。

本来の目的を下げてどうします?という話です。

 

確信がないなら、とりあえず、止めましょう。

カウンセ時にも何度も言っていますが、ホントにTVや雑誌で言われてきた美容法は、一切、忘れましょう。

どうしてもやりたかったら、それ、ホントに正しいの?と一旦考えてください。

それをする目的を。あと、メリットとデメリットですね。

どっちが勝ちますか?

メリット・デメリットは、人それぞれで、価値観が変わるでしょう。

自分にとって、メリットが勝つ!と自信を持って言えるなら、やったらいいと思いますよ。

 

考えてもわからない場合、処置されている方は、メールアドレスをお渡ししているでしょ?

そういう時こそ、使わないと。

電話でなかなか聞きにくいこと(電話でスキンケアは教えませんが)が、出てくるだろうから、メールをお渡ししているんですよ。

ただし、全然来ていない方は、お肌の状態もわからないので、一般的な話しかできません。

貴女が何をどうしたらいいのか、は、全くわかりません。

毎月かよっていらっしゃる方も、お肌の状態が変わってしまったら、診てみないとわからないことも多いですが、一般的な話になるかもしれませんが。。。

毎月通っていらっしゃったら、お肌の感じが想像できることもあります。

とりあえず、メールで聞いてみては?

予約を取って、スキンケアの再相談は、料金が発生しますが、メールはタダですから。

(すぐにお返事できるわけではないですし、それが正解かはわかりませんよ。)

お肌は毎日変わります。時間帯によっても変わるかもしれません。

自分の皮膚なんですから、過保護ではなく、愛情を持って、気を使ってあげる!

おかしなこと・いらんことは、止めてあげて、足らないモノは足す、これ、基本です。

やるのは、何度も言っていますが、

①日焼け止め ②保湿 ③いらんこと(一切の摩擦と刺激)をしない 

この3つですよ!赤ちゃんと同じように扱ってあげる!

具体的な内容は、その都度変わるでしょうけど、基本を押さえていれば、そんな難しいことではないと思うんですけどね。

どうですか?

 

 

 

 

 

1 / 212