プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2014年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近投稿した写真

ホーム > 2014年04月



今日、用事があってクリニックへ行くと、埼玉県の方から、ハガキが届いていました。

私のブログを読んでくださって、スキンケアを実践してくださったそうなんです。

そしたら、お肌が綺麗になって、化粧品の数も少なくて済むようになり、他のことにお金が使えるようになって、うちに受診には来れないけれど、とお礼のハガキでした。

全く面識のない方から、こんなお礼のハガキを頂戴するなんて!

あまりの嬉しさに、涙が出ました。

こちらこそ、ありがとうございます。

私が好き勝手、言いたい放題書いているこのブログも、世の中の誰かのお役に立っているんですね~。

それをわざわざ知らせてくださり、本当にありがとうございます。

お一人でも、雑誌やTVの誇大広告に惑わされることなく、ご自分が良し!と思う、シンプルなスキンケアで、余計なお金を使わずとも、お肌が綺麗になっていただければ、とても嬉しいです。

このハガキを、励みに、さらにいっそう頑張ります!!本当にありがとうございます。

化粧品やエステ、美容医療も含めて、そういう広告って、ワクワクすることもあるし、単純におもしろかったり、笑えるのもあったりして、それはそれで楽しいですよね。

でも、あまりに都合のいいことばっかり言っていたら、それは、「誇大広告」で、そういうことも全部わかった上で、試しに購入したり、やってみたりする、というのは、人生経験としていいと思うんですけど。その方自身が決められたことなので。

でも、宣伝戦略にまんまと乗っちゃって、お肌ボロボロになってもまだ止めない、また次の新しい、ロクデもないモノにひっかかる。。。って、いい加減気づきましょうよ~。

皮膚が可哀そうすぎ。。

うちのクリニックには、ブログを読んでいただいている方が、かなり遠方(海外とか)であっても、来院される方がわりといらっしゃいます。

さすがに遠方から来られる方の場合は、ブログも結構読んでおられることが多いです。

だからこそ、遠方から会いに来て、というか、お肌を診てほしい、何があっているのか教えてほしい、と来られるようです。

ブログを読んだし、実践もしているけど、物足りないというか、もっと次のことをしてみたい、実践しているつもりだけど、マシにはなったけど、まだなんか調子悪いのは、何が原因なんだろう、と受診される方がほとんどです。

美容医療って、楽しいし、ある程度続けていると、確かに若々しく見えます。

(違う場合もありますけど。。。「若々しい」というのも主観の問なので。。)

でもね、お金、かかるんです。もちろん、時間もね。

私は、サプリ好きで、結構飲んでいますし、化粧品もまだ使っている数は少ない方だと思いますが、それでも1か月のサプリ・化粧品代って、わりとかかっていますよ。

(化粧品はそれほどでもないですけど、大半はサプリですね)

仮に、光・レーザー治療をやっていなかったとしても、みなさんも美容のメンテ代って、結構かかりますよね?

まず、化粧品でしょ、美容院代でしょ。人によったら、ネイルや習い事(ジムやヨガとか)、エステ(マッサージ含む)、歯のメンテとかね。あとは、エクステもですか。

洋服代もバッグに靴、アクセサリーなどなど。

それぞれに、どこまでお金をかけるかは、個人の価値観ですけど、それでもなんやかんやとかかりますよね。

お金が有り余っていて、経済成長のために、お金はバンバン使っていこう!という方を除いて、大半の方は、そういうことに少しでも、お金も手間暇もかからないなら、それに越したことはない、と思っていらっしゃいませんか?

たまに、バーン!と、そういうことに使うと、スカッとして楽しいでしょうけど、「お手入れしている素敵な私♡」みたいな自己満足もあるかもしれませんけど、ず=っと続いていて、終わりがなくて、結構なお金が必要となると、ちょっとイヤになってきませんか?

維持するって、大変ですよね~。

そのために、頑張って働こう!という気持ちにはなりますけど。

お金は稼いで使えばいいと思いますが、同じ使うなら少しでも有効に使いたいですよね。

そのための、スキンケアなんですよね~。

スキンケアと言っても、TVや雑誌、ネットで言われているモノじゃないですよ。

ネットの全部が悪いとはいいませんが、まず、「どこの誰が」言っているのか、実名で言っていても、タイアップなどの宣伝ではないのか(最近、宣伝に見えない広告が増えましたね)、同じページに、それを購入するサイトに導くようにできていないのか、などなど、チェックしないと、その情報は偏っている可能性があります。

スキンケアは、ホントはとてもシンプルで、おかしなことはやらない、必要なことだけやる、というこれだけなんですよね。

これができていないと、美容医療にムチャクチャお金をかけても、これがまた笑えるくらい、お肌は綺麗にならないんですね~。

みなさんの周りに、そういう女性、いませんか?

お金はかかってそうだけど、全然なんか綺麗じゃない人。。残念ですね。。

逆に、スキンケアさえできていれば、美容医療をしなくても、結構ホントにいい感じで、年齢を重ねていけると私は思います。

お金をかける必要なんて、ないんです。

やりたい方は、美容医療をやったらいいですが、それはスキンケアの上に成り立っているモノだと思います。

あの、「ためしてガッテン!」の秋田県おおばあちゃん方のお肌を見たら(80~90代の方が、シミもシワも全然なくて、お肌ぴかぴかでした。これは、人生であまり紫外線(近赤外線にも)にあたっていないから、肌の老化が遅いのです)、いかに日焼け止めが大事かおわかりでしょう。

ただし、質のいい日焼け止めを必ず使うということと、環境・TPOに合わせて、塗り直しをする、ということです。

日焼け止めの質のいいものを買う、となったら、今までドラッグストアの安物を使っていらした方からすると、余計にお金はいるでしょう。

でも、他の高い化粧品が全然いりませんから、その分のお金を日焼け止めに回せばいいし、そうしても、むしろ化粧品代は安くなるんじゃないでしょうか。

うちの患者さんは、みなさん、うちでクリニック用の化粧品を買っても、今までよりは全然化粧品にお金がかからなくなった、とおっしゃいます。

うちで、日焼け止めだけ買って、保湿のスキンケア商品は市販のモノを買われている方は、もっとお金がかかっていません。

でも、みなさん、お肌は綺麗です。

素晴らしい~!みなさんの努力の賜物ですね~!

特に一番やったらいけないのが、日焼け止めも塗らずに、市販の美白化粧品を買うことです。

他力本願の気持ちはわからんでもないですが、これ、一番、ムダっ!!

しかも、市販の美白化粧品で、「効く」と言えるレベルのものは、「全くない」とは言いませんが、素人の方が探すのは、結構大変で、探し当てる前に、お肌ボロボロになるか、お金使いすぎるのでは。。。?

もちろん、「効く」レベルと言っても、市販にしては、というレベルで、おそらくみなさんの、「効く」レベルではないと思いますよ。

なんでもやり過ぎの日本人ですが、「やらない」という選択をあえてやる、ということがとても大切です。

宣伝にのせられない!

化粧品・エステ・美容医療(悪徳のね)に、みなさん、期待しすぎです。

高い化粧品やエステで、散々お金を使った方が、「やっぱり効かないんだ。。」と美容医療に方向転換されるのはいいと思いますが(同じと思うほうがおかしいんですが、お手軽に良くなったらな~、と期待しちゃったんでしょうね。。)、これまたケタが違うような、格安クリニックに行って、エライ目にあったり、ある程度高いと安心、だって、クリニックだから、と受診してあまり理解もできていなくても、やっちゃう、とかは、止めましょう。

極端な広告をそのまま信じるのは止めましょう。

そんなうまい話、あるわけないんだから。。。

目を二重にするとか、鼻にシリコンを入れて高くするとか、そういう、いわゆる美容整形って、自分で努力しても変えられません。

そういう場合は、他力本願でおまかせしないと、ちょっとどうしようもないです。

(クリニック・ドクター選びは、とても大事ですけどね)

でも、美肌とか美白とか若返りって、普段の積みかさねで、いきなり100万払うから、なんとかして!というモノではありません。

毎日コツコツと貴女が積んで来られたことに、必ず意味があるし、そのうち表面にその結果が出てきます。

「100万払うから健康にして!」って、無理な話でしょ。

ご本人にはどうしようもない病気は山ほどありますが、例えば、メタボなどであれば、普段の生活習慣の積みかさねです。

お肌も同じです。

このブログを読んでいただいたら、わざわざ遠方からうちに受診しなくても、結構なレベルまでお肌が綺麗になれると私は思っています。

それ以上のことがしたい方や、直接お肌を診てほしい、というのであれば、受診が必要ですが。。

「ブログ通りにやっているけど、全然綺麗にならない」という方がいたら、何か原因があるわけですが。。(何か刺激が続いているんでしょう。大半は。)

こういう方の中に、自己流でアレンジされる方がいて、そのアレンジが、納得できる理由であれば構わないんですが。。。アレンジされる方の9割以上が、「えっ?!なんで。。?!」という、お勧めしていない内容だったりします。。。そりゃ、綺麗にならんわ。。

ドクターが100人いたら、100人とも考え方が違います。

それなりに理屈が通っていたら、何が正解で、何が間違っているのか、そんな白黒はっきりするものではありません。

それぞれの肌の違いというのもあるわけで、私のスキンケアがホントに合わない方・なんかうまくいかない方(アレンジしていないのに)というのも、中にはいらっしゃると思います。

私みたいに、ブログにここまで細かく書いているドクターは少ないので、そのドクターがどういう考え方をしているのか、受診前に確認するというのは、ものすごく難しいと思いますが、その場合は、一人一人、合って、肌を診てもらうしかないかもしれませんね。。

ま、でもとりあえずやってみてください、アレンジせずに。騙されたと思って。

ただし、ちゃんと理解してから、そのままでやってくださいね。

おかげさまで、この5月21日で4周年を迎えることができました。

これも、患者さんをはじめ、皆さんのおかげです。

私と関わってくださった全ての方に感謝を申し上げます。

さて、5月の開院4周年記念キャンペーンです。

まずは、キャンペーンのお菓子は、オーレリーに、特別にお願いしました!

って、いつも特別にお願いしているんですが、今回は、開院記念のキャンペーンなので、いつもよりさらに特別です!

オーレリー自慢のキャラメルで~す!!

なんだ、キャラメルか。。と思われた方。

一度、召し上がってみてください。ただのキャラメルではございません。

3月のマシュマロ(ギモーブ)を召し上がった方も、カルチャーショックだったのではないでしょうか?

これが、本当のマシュマロ(ギモーブ)なんです。ホントは、とってもおいしいものなんですよね~。

IMG_20140428_17444909.jpgラッピングも凝ってくださいました。特別って、感じですね~。

IMG_20140428_174512516.jpgIMG_20140428_174532252.jpg中身のキャラメルです。

もちろん、防腐剤などの添加物はなしですから、お早目に。(濃いので、1か月持ちますが、暑い日が出てきましたから、保管は、冷蔵庫でお願いします。)

さて、キャンペーンの内容ですが、気温が上がってきたので、少しずつですが、皮脂が増えてきましたね。

でも、梅雨が始まるまで、湿度は結構低いので、お肌の乾燥はご注意ください。

皮脂は増える、気温は上がる、となると、湿度は低くても、ちょっと毛穴が開いてきます。

真夏ほどまでにはいきませんけど、脂性の方は、結構気になってきたんじゃないでしょうか。

そこで、かねてから考えていた、毛穴重点キャンペーンです。

特に、ホームケア用のピーリング石けんを、鼻のジェネシスのオプションをされた方に、プレゼントします!

あ、ジェネシスのオプションと言っても、タイタンやライムライトをされる方は、ジェネシスをしなくても追加できます。

ジェネシスの鼻オプションをされる方自体、鼻の毛穴が開いていて、皮脂の多い方なので、ピーリング石けんで毛穴掃除をすると、ちょっと小さくなります。

でも、皮脂はまたずっと出るので、定期的にやることが維持するコツになるんですが、

ここでやりすぎる方というのが非常~に多いんですね~。

また、市販のピーリングの石けんでは、効果が弱いクセに、肌の乾燥はひどくさせてしまうという、デメリットのほうが多くなっちゃうことが多いです。

乾燥の手前で止めれば、被害は出ないんですけど、効果が弱いから、みなさん、やりすぎるんですよね~。お肌、ボロボロです。。。

毛穴は小さくなったかもしれないけど、肌は乾燥して、ひりひりして、赤くなって、皮めくれて。。。よくあるパターンです。

普段、ピーリングをクリニックでされる方、ホームケア商品を買われる方、それぞれの方のお肌に合わせて、どの強さをしたらいいのか、顔のどの部分にするのか(全体なのか、一部なのか)、どれくらいの頻度でやるのか、そういったことをお話ししてから、処置をするなり、買うなりしてもらっています。

それが、守れない方は、ホームケア用は、お売りしていません。

クリニックでやる処置なら、当日中止もできて、止めさせることができますが、おうちですることは、誰も止められませんから、次回1か月後に来たら、肌ボロボロのカサカサ、ということがたまに。。。

どうしても、自分でやり過ぎてしまう、とわかっておられる方は、クリニックでの処置をお勧めしています。

今回のキャンペーンのピーリング石けんも、処置の時にお肌を診ますから、その時に、肌に合わせて処方しますね。使い方の説明も。

なので、絶対誰でも処方するわけではありません。

まあ、ピーリングの種類と頻度とかで調節できればいけるかもしれません。

あまりに毛穴が開いていない方には、ジェネシスの鼻オプションは勧めてはいませんし。。。

元々の状態が良すぎると、レーザーをしたからと言って、毛穴がなくせるわけではないので、処置をしても、効果がよくわからないことがあります。

極端な話、ビフォーがひどいと、アフターはわかりやすいんです。

わかります?

なので、ビフォーのいい方の場合、ちょっとした差に気が付いて、満足されればそれで構いませんが、オプションの鼻は、ジェネシスよりも強い治療なので、場合によったら、腫れたり、赤くなったり、水膨れやかさぶたが絶対できない、という保障はできません。

まれにですが、そういうことも起こりえます。

パワーを下げれば、リスクの確率も下がりますが、効果も下がるので、その辺が難しいところです。

めったに副作用の出ない設定にはしていますが、毛穴の数などにもよりますし(毛穴1発ずつあてていくような感じなので)、熱の入り方は個人差があります。

で、ちょっと痛いです。テープを貼ったりとかはありませんが。

、あまり目立っていない方には、勧めていません。

どうしてもやりたい場合は、副作用などご理解の上であれば、止めませんが、勧めていないのに、やる方はいませんね。。

まあ、断れた方も、もっと暑くなってきたら、やってもいいかも。毛穴も開いてくるし。

鼻オプションまでしなくても、ピーリング石けんは、やってもいいかもしれません。

処置時にご相談ください。

でも、鼻オプションの追加は、当日時間が空いていないとできませんから、ご予約時に、お電話で、できるならやりたい、とおっしゃってくださいね。お時間を取っておきますので。

そして、毛穴の開きと言えば、グリシルグリシンのイオン導入なので、これも無料追加です~。

これを機会に、グリシルグリシンのイオン導入を体験されてみてください。

ドドーン!と、大判振る舞いです~。

そして、ご好評のビタミンCのイオン導入の無料追加です。

無料のグリシルグリシンのイオン導入には、つきませんので、ご了承ください。

トラネキサム酸かプラセンタのイオン導入をされる方が、鼻オプションをされたら、グリシルグリシンも、ビタミンCも、両方無料でついてきますね。

時間が結構長くなるので、当日言われても、その後の予約が空いていないとできませんので、もう予約を取っていて、追加されたい方は、お早目にご連絡くださいませ。

脂症以外の方も、皆さんにお楽しみいただけるよう、全ての化粧品・サプリメントは、処置(料金の発生する)と同日のご購入であれば、10%オフとさせていただきますので、この機会に、試されたい化粧品やサプリメントは、どうぞご購入ください。

ただし、オバジメディカルのモノやプラセンタサプリ(ラエンネックP.O)は、1回につき、各1個までですので、どうぞご了承ください。

別日に来られて、また料金のかかる処置をされて、またご購入というのであれば、アリになりますが。。

数量が限定されているモノですので、多くの方に、お使いいただきたいので、ご了承ください。

そして、紫外線・近赤外線と両方が、ものすごく強い季節となりました。

日焼け止めは、質のいいモノを、ガンガンお使いいただきたいので、大人気のナビジョンのBBプロテクトのミニチューブを、日焼け止めをご購入された方全員におひとつプレゼントいたします。

ただ、ミニチューブは、数に限りがありますので、料金の発生する処置をされた方限定とさせていただきます。

あの、ミニチューブ、ひとつあると、持ち運びに便利ですものね~。

日焼け止めは、ナビジョンのものでなくても、当院取扱いのモノ全てが、キャンペーン対象ですので、どれを買われても大丈夫ですよ。

そして、今回も、大島椿より協賛いただきました。

大島椿の椿油(市販用)をいただきましたので、こちらもプレゼントいたします。

大島椿ブランドの椿油を、この機会にお試しください。

これは数にかなり限りがありますので、欲しい方はどうぞお早目に。

もっとサラサラして、酸化しにくい椿油が欲しい方は、クリニック専売品のアトピコシリーズのほうの、椿油をお買い求めください。

さらに、プレゼント商品は、大人気のドクターエビーゼのオイルとクリームのサンプルセットか、ナビジョンのサンプルセットのどちらかも追加です。

大判振る舞いです!

ただ、どちらも数に限りがありますので、ご了承ください。

エビーゼをご存知ない方が時々いらっしゃって、あまり化粧品にも興味のない方の場合、エビーゼの使い方が私の勧めるようにできないこともあるので、そういう方用に、ナビジョンのサンプルセットをご用意しました。

ナビジョンだと、使い方は、普通の化粧品と同じですから、使いやすいのは使いやすいと思います。

4月のエビーゼのプレゼントの時に、化粧品に全然興味のない方がいらっしゃって、エビーゼのサンプルセットを説明してお渡ししたものの、多分使いこなせないだろうし、エビーゼの価値も理解されていないかな。。と思ったことがあり、それだったら、エビーゼのサンプルは価値がわかる方に使ってほしいなと思いました。

数に限りがありますからね。

で、急きょ、ナビジョンのサンプルセットを作ったんですが患者さんの中には、ナビジョンのほうが好きだからナビジョンが欲しい、という方もいらっしゃって(エビーゼを試されたわけではないんですが)、患者さんが好きなほうを選べるほうがいいかなと思い、今回、両方の掲示をしました。

ナビジョンのサンプルセットのほうが、種類が多いので、エビーゼをご存知ない方にはお得に映るかもしれません。

まあ、化粧品は、好みの問題が大きいですから、お好きなほうで。

数に限りがありますので、ご注意ください。

サンプルセットは、無くなり次第終了です。

5月にお勧めの美容医療は、まあ、どの季節でも、うちの治療はダウンタイムが出るものが少ないので、やりたい時・気になる時・気になり始めた時がやり時だと私は思いますが、光・レーザー・注入系は、いつでもお勧めです。

(詳しくは、「お知らせ」のほうの5月キャンペーンをご覧ください。)

薄着の季節に向けて人気なのは、やはり脱毛や顔以外のことが増えてきます。

腕にしろ脚にしろ、ワキにしろ、ワキボトックス・ふくらはぎボトックスもそうですし、ダイエットは部分痩せも全身痩せも人気です。

むくみを取るのもいいですよね。

脚のシミ(蚊に咬まれた跡や間違った自己処理でできた色素沈着など)もなんとかしたい、という方が増えます。

おしりとかもね。

おしりと言えば、ニキビもニキビ跡も治療をされる方が増えたり、体のニキビと言えば、背中や胸も増えます。

5月は、この春に環境が変わって、少し慣れてきて、身の回りを気にする余裕が出てきて、ストレスで薄毛・抜け毛が増えたことに気づかれる方が増えます。

春に薄毛の相談って、ちょっとありますね。秋ほどではないですが。

この週末は、ワキボトックスをしました。

久しぶり?

そろそろ気になってきたので、もうやっておかないとな~という今日この頃。

気温が上がってきましたね~。

気温が上がってくると同時に、ワキ汗が気になってきました。

もちろん、針は、34Gで!!

(美容医療用の、超極細針です。これ以上細いのを、さらに特注で使っておられるクリニックも探せばあるかもしれませんが、これ以上細いと、針の値段が恐ろしいことに。。。また、そういう針を使っているクリニックというのは、全体的なお値段も、それなりに張るかと。。。)

私は、絶対にイタイのはいやっ!というタイプではないので、34Gの針を患者さん用に導入しても、自分には使っていませんでした。

でも、何事もやってみないと、本当に34Gを使う意味ってあるんですか?と患者さんから聞かれた時に困りますから、34Gで、ワキボトをすると。。。

もう、戻れなくなってしまいました。。。

34Gでも、ものすごい数を刺しますから、イタイのは痛いですが、30Gのことを思えば、全然マシです。

30Gでも我慢できたし、麻酔なしでやったらどうか?!というのも試したことがあるので、34Gを体験しても30Gに戻れると思っていましたが、これはもう戻れませんね~。

顔のボトックスをする時もそうですが、今まで30Gでやっていて、問題なかったのに(痛みなど)、34Gをやってしまうと、恐ろしいことに戻れません。。。人間って、弱いもんですね。。

幸い、34Gでやったワキボトは、内出血も腫れも少なく、この日は、ノースリーブだったんですが、あまり気になりませんでした。

(ストールは念のため持っていたし、患者さんは、やはりノースリーブの日に、ワキボトはしないほうがいいと思います。。全く気にされない方は止めませんが。。)

34Gは、別途料金が必要です。うちでは、1本¥1500+消費税です。

顔のシワは、1本でいけることが多いですが、ワキボトはたくさん刺しますから、1本では済みません。

この日は、合計6本くらい使いました。(状況によります。)

麻酔が効いてしまえば、30G(料金込みなので、別途料金は発生しません)に戻すのも手です。

細い針は、すぐに針先がダメになりますから。そうなると、刺される方も痛いし、刺すほうもやりづらく、時間が余計にかかりますから、余計痛いです。

ワキボトックスですが、まず注射しても、効果が出て、汗が止まるのに、約2~3日かかります。

人によっては、もう少しかかる場合があるようです。

効果の持続期間は、3~4か月と言われていますが、緊張して汗がドッ!と出やすい方など気にされる方は、「効果が早く切れた」と感じることがあるようです。

そういう方の場合、ワキ以外の部分から出ている汗も多いため、どこから出ているのかわかりづらく、受診されて診察すると、処置部分は、まだ効いていることもあったりします。

効果の感じ方は、個人差というか、主観の問題ですから、その方からしたら、「切れた」と感じた瞬間が、「効果がなくなった」となってしまうわけで、効果持続期間に個人差があるのは、そういうのも関係しています。

顔のシワにボトックスを打った場合でもそうですが、眉間のシワの効果が切れたのかどうか、まだわからないという時に、わざと自分で、眉間に「ふんっ!」と力を入れて、確認しようとされる方がいるので、自分で神経の回復を早めるようなことはしなさんな、と申し上げています。

もう切れたのかな、切れたのかな、と気にすればするほど、神経のことを考えてしまいますから、早く回復してしまうような気が私はします。

逆に言えば、リハビリなどで、回復した自分を思い浮かべたりしてリハビリを行うように、イメージトレーニングをやると、そうなっていきやすいように、神経につながれ!と命令を出すようなことは、ボトックスの場合は、逆効果だと私は思いますね~。

効果が切れたかどうか、じゃあどうやって気づくかというと、それこそ、気づいた時が、「効果が切れた」時です。

よくわからない、という場合は、ほっておく、気にしないように忘れておく、というのが、もたすポイントかな、と思います。

あれっ?そういえば。。。となるまで、置いておいてください。

ボトックスが切れるのも、いきなり、100%効いていたのが、0%になるのではなく、2か月くらいで、70%くらいに落ちてきて、ゆっくり下降線になったような。。(すみません、数値に関しては不確かです。)

何が言いたいのかというと、階段状に、ガクンと一気に垂直に効果が下がるのではなく、坂状に落ちていきます。

この落ち方は、個人差がまたありますが、この下がりかけた時に、100%の時のことを覚えている方で、このちょっとした「差」が、「効果が切れた」とおっしゃる方がたまにいます。

ワキ汗に関して、ものすごく気にしている方、敏感な方ですね。

普通だったら、気づかないくらいの差が、気にし過ぎているから、気づいてしまうのかな、と思います。

細かいことをどこまで気にするかですが、美容医療って、なんでもそうですが、気にすればするほど、お金がかかります。

早め早めに治療をすることになったり、他のいろんな治療を足したり、などなど、普通以上の治療を追加することに結果なってしまうので、「ほどほど」で満足する、というのが、一番幸せなんですが。。

例えば、ワキボトックスだと、4月終わり~5月初めくらいにしたとしたら、3~4か月持つとして、8月くらいですかね。うまくいけば、9月くらいまで効いています。

ちょっとだけ涼しくなりますから、市販の制汗剤などを追加して、来年までもうしない、という方も多いです。

うちの患者さんは、大体半年くらいは気にならなかった、という方が多いですが、注射している時期が、ちょうど一番汗の多い時にされている方が多く、切れてきたころが、秋~冬なので、切れたのかどうかわからないけど、気にならなかったから、と言われます。

そしたら、1年に1回でいいわけです。

5月終わり~6月にされた場合は、秋の残暑のように暑い日があっても、心強かったりしますし、いつされるのかは、「気になった時」というのが正解です。

最近は、真冬であっても、着物を着るから、とか、カシミアのセーターやシルクのブラウスを着るから、冬でもノースリーブという方もいらっしゃるので、年に2回される方もいらっしゃるし、間を取って、1年に3回くらい(真冬の時期だけはずして)という方もいらっしゃいます。

皆さん、ライフスタイルに合わせて、という感じです。

すごく気にされている方というのは、服に合わせて、とかではないので、「とにかく気になる!」というので、2月の厳寒の時でも、ノースリーブでワキを出すわけでもないのに、されます。

ワキから汗らしきモノが出るのが許せないようです。

2月にすること自体は悪くないですが、ボトックスの効果が下がってくるのが、春~初夏にかぶりますから、汗が全体に多くなる季節に完全にかぶることもあって、余計に早く切れたように感じるみたいです。

ワキだけでなく、全体に多汗症の方の場合、気になったら、やるのはいいんですが、その部分以外からも汗は出ますし、多少なりとも、多汗症じゃなくても、誰でも汗は出ます。

ワキボトックスのする範囲は、主に、わき毛の生えているところになります。

脱毛して、毛のなくなった場合、立毛筋といって、わき毛を支えていた小さい筋肉があるんですが、脱毛しても立毛筋は残りますから(皮膚がブツブツと盛り上がっているやつです)、その部分に注射します。

男性で毛の範囲が広い方(胸毛につながっていく方とか、ワキの下のほうにまで、わき毛がある方とか)は、普通の人の2~3倍はやらないといけないようで、薄めて注射したらいい、という問題ではないので、ボトックスもその分、2~3倍必要かなと。。。

(そんなに打って、大丈夫なんでしょうかね。。。

私は、今までも、そこまでの広範囲の男性のワキボトックスというのをしたことがないので、毛深い男性にあたったことがないというか。。自分で経過を診たわけではないので、その辺の実際はわかりません。

やったことのあるドクターからは、そう聞いていますが、2倍打ったことは聞いていますが、3倍というのは聞いたことがないです。

ちなみに、うちでは、美容医療は、男性にはしていませんので、お電話をいただいても治療はお断りしておりますので、他院を受診されてください。最近、男性からの問い合わせが多いので、今一度ここにも書いておきます。)

ごくたまに、「倍打ってほしい」という方がいらっしゃいますが、ボトックスの量を増やすこと自体は、私自身はお勧めしていません。

重症の方なら、話は別になりますが。

ワキでもどこでもそうですが、たくさん使ったら、量も心配ですが、顔やそれ以外の場所に、ボトックスしたくなっても、打つ余裕はないでしょう。

「いくらでも打ってもいい」という薬ではないですし、同じ日じゃないならいいでしょ?という薬でもありません。

量も大事ですが、患者さんはご存知ないことが多いですが、「打ち方」というのが、美容医療の場合、重要です。打ちかたが悪いと、大量に打っても、アチャー!な結果になります。

また、打つ量にもよりますが、大量に使ってしまうと、4か月以上、場合によりもっとかも?(そこまで打つことがさすがに、日本ではないでしょうけど)、体のどこであろうと、注射できません。

打ったからと言って、すぐに何かが起こるわけではないかもしれませんが(いい切れるわけではありません。大量に打てば、その分の副作用のリスクも上がるわけです)、確率の問題でしょうけど、すぐさまの副作用がなかったとしても、抗体(耐性ができてしまいます。)ができてしまうリスクも増やすわけで、もし抗体ができたら、一生ボツリヌストキシン製剤は効かないと言われています。

以前勤めてたところに、2か月毎にワキボトックスを予約されている方がいて、(ボトックスビスタがなかった時代で、ボトックスをアメリカから個人輸入している時代です。教科書的には、2か月過ぎたら、やってもダメではない、とこの当時は、記載がありました。それでも、3か月以上と間を空けるにこしたことないと推奨はされていました。)、ものすごくワキ汗を気にされている、ちょっと神経症的な方でしたが、こういう方に、間をもっと空けたほうがいいですよ、と説得したところで、聞く耳もたず、という感じです。

リスクも抗体のことも何も考えていないというか、聞いても、自分には絶対起こらないと思っている患者さんというのは、こういう方の中にはかなりいらっしゃって、確率から言ったら、高いものではないんでしょうけど、もし起こってしまったら、その方からしたら、100%の確率で出てしまったわけで、一般的な確率なんか関係ないわけです。

アラガン社のボトックスの場合、ボツリヌストキシン製剤の作り方が他社の全然違うらしく、不純物は、圧倒的に他社よりも少なく、一番抗体はできにくいと言われています。

アラガン社のもので、抗体ができた?!というくらい、珍しいようです。

また、もしできてしまっても、アラガンのものは、毒素から薬を作る時のたんぱく質の構造が特殊らしく、抗体ができても、また効くようになるらしい、とも言われています。

絶対か?!と言われると、それは私にはわかりませんので、やはり抗体ができにくいように、必要最低限度の量を、ちゃんと間隔を空けて打つ、というのが一番体にとってもいいのかな、と思います。

他社(イギリス製や韓国製など)製品を一度でも打たれていたら、話は全然変わりますから、途中からアラガンだから、と言っても、ダメかもしれません。

また、アラガン社を使っている、と言って、アラガンじゃないこともあるようですので、必ずご確認ください。

あまりにも値段がケタ違いに安いクリニックは、やっぱりおかしいです。原価割れしてるのもありますから。。。

ホントにアラガン。。?と疑いたくもなるというもの。

ちなみに、うちは、顔などに光・レーザー治療をされている方がお気軽に追加できるように、お値段抑えめでさせてもらっています。患者さんサービスの一環です。

もちろん、アラガンのボトックスビスタです。

なので、同じ値段で誰でもできるとすると、レーザーもしないけど、ボトックスだけしたい、という方がたくさん来て、困ったことがあったので(レーザーなどをしてくれるからのサービスですから、ボトックスだけされると、手間暇のわりに利益になりません。また、値段だけで検索して来られても、当院の治療方針等を理解していただいていない方は困るわけです。)、現在は、レーザーをしない方とで、値段を変えさせてもらっています。

ボトックスは、サラサラの汗のほう(エクリン腺から出る汗)にはよく効きますが、独特のニオイを出す、アポクリン腺のほうの汗には効きませんから、ボトックスが効いている期間であっても、アポクリン腺の汗は出ます。アポクリン腺の多い方は、ボトックスがだけで制汗、というのは、ちょっと無理があります。

制汗剤を追加してできるレベルと、無理なレベルがあります。

無理な場合は、他の治療法を考えたほうがいいことも多いので、それは診察時にご相談ください。

今日、婦人公論を見てきました。

。。すみません、婦人公論のアラガン社の広告は、「般若」ではありませんでした。

「般若」を見たい方は、クリニックでご覧くださいませ~。

さて、もうすぐゴールデンウィークですね。

海外に旅行に行かれる方、近場で旅行に行かれる方、おうちでのんびりされる方、うちの患者さんもみなさん様々です。

おうちであろうが、旅行であろうが、部屋の中に籠って、雨戸やシャッターも占めて、映画鑑賞でもしていない限り、紫外線・近赤外線は、ものすごく強くなっています。

もう、夏と同じ、と思って、過ごしてくださいね。

おうちにいるからと言っても、ガーデニングや、ちょっとそこまで散歩でも、結構な紫外線・近赤外線を浴びていますから、環境・TPOに合わせて、塗り重ね・塗り直しを実践されてくださいね。

受診されている方には、どの辺に出かけるのか(アウトドアなのか、インドアなのか)、それぞれお聞きして、こうされたほうがいいですよ、これくらいはしたほうがいいですよ、と塗り直しの回数や時間、日焼け止めの種類などをアドバイスさせていただいています。

何を塗るにしても、どこに行くにしても、朝一番は、特に厚めに塗ってくださいね。

ウォータープルーフで、SPF50+など、市販のモノは、アルコールがたくさん入っているものも多く、状況にもよりますが、あまり患者さんには勧めていません。

頻回に重ねていたら、皮膚が赤くなったり、かさついたりしてくるかもしれません。

詳しくは、受診時にお聞きください。

お日さんに浴びて、ジリジリ熱くなるのは、近赤外線で、紫外線ではありません。

なので、近赤外線対策も実は重要です。

私は、ドクターエビーゼの日焼け止めを最初に厚めにぬって、それから、ナビジョンなどを塗ります。

エビーゼは、日焼け止め下地のような感覚です。

帽子・日傘を被る、日陰に入る、などをしたら、近赤外線はカットできる分もあるので、しないよりはしたほうがいいですし、熱中症対策にもありです。

こまめに水分補給も忘れずに。

紫外線の強いところに遊びに行かれる方に、特におすすめしているのが、飲む日焼け止めと名高い、「ヘリオケア」です。

これを飲んだから、日焼け止めをぬらなくていいというもんではなく、飲むことで、さらなる、高い「紫外線カット」効果が望めるようです。

1瓶もっておくと、こういう旅行の時は、便利ですよね。

で、もし頑張ったけど、日焼けをしてしまったら。。?

必ずご連絡ください。

お肌の状態によって、治療内容が変わったりすることがあります。

まだ赤い、ひりひりする、熱感がある、乾燥がひどくて、などなど、2つ以上あれば、(1つでも場合により)シミ関係の治療はやらないことが多いです。

ビタミンC内服や点滴やイオン導入などによる、沈静を測ります。

場合により、ジェネシスを照射することもあります。

(ライムライト・アキュチップは、普通お休みします。場合により、やることもありますが。。。まあ、変更を勧めますね。)

何かあったら、とりあえず、ご連絡をくださいね。

今日、アラガン社の担当の方から、ジュビダーム(厚労省認可のヤツね)のお値段をお聞きしました。

。。。高いです。。。

まあ、仕方ないです。だって、厚労省認可ですから。個人輸入とは違います。

認可させるというか、してもらうには、多大なるお金(申請費用とか、データーを揃えたり、そりゃ大変だと思います)もかかっているでしょうし、何かあった場合、国が全面保障をしてくれるわけではありませんが、一応、国のお墨付きという製剤になるので、「安心料」というのも入ってきます。

ちなみに、私は、この「安心料」って、結構好きです。

個人輸入のモノが全て怪しいわけではありませんが、それだけ「厚労省認可」って、やっぱり使う側としても、使われる側の患者さんからしても、やっぱりちょっと安心なことないですか?

情報量も違いますしね。なにかあった場合、問い合わせもしやすいし。正規代理店というよりも、まさに、販売している企業自身が日本国内にあるって、やっぱり嬉しいです。

その分、お値段は、どうしても他製剤よりも高くなってしまいます。。

想像通りくらいと言えばそうですし、ちょっと高かったな、と言えば高いし。。

うちは、もともとボトックスにしろ、ヒアルロン酸、レディエッセと、レーザー治療に足しやすいようにと、お値段をそれほど高くは設定していません。

赤字ではないですが、注入剤ですごく儲かるようにはしていません。

患者さんサービスの一環とまでは言いませんが、似たようなものです。

再注入時も、無料です。(エセリスなど、鈍針のカニューレを使う場合や、麻酔テープを貼る場合は、針代・テープ代をいただきますが、良心的かと思います。)

さすがに、目の周りの値段設定をちょっと安くし過ぎて(時間が思った以上にかかったので)、少し値段改定をしましたが。

そうそう、ジュビダームの世界シェアは、世界1位だそうです。

(日本の1は、レスチレンですが。)

シェアも、どの企業がどう調べたかで、僅差だったり、順位の逆転もあるかもしれませんが、ジュビダーム自体がトップブランドであることには変わりありませんので、ご安心を。

国内での発売は、まだですが、多分発注すると思います。

やっぱり、「認可」のヒアルロン酸は、入れないとね!

ただ、お値段は、卸値が高い分、患者さんにお支払いただくお値段も、今までよりも高くせざるを得ません。。。

1本単品の価格設定もしますが、セット割引きというか、顔中できるセットみたいな、いろんな組み合わせおまかせパック、みたいな、そういうのを作って、それをちょっとお得にするくらいしかできないかも。。

アラガンと言えば、ボトックスビスタですが、みなさん、「般若ってる?!」キャンペーン、ご覧いただきましたか?

うちの患者さんには、楽しんでいただたようです。

。。。でも、「怖い~!」とのお声も多いです。。

ホントにね、お面が怖いんですよ!

ポスターを見て、ドキッ!とされた方も多かったです。

阪急電車の車内吊りの広告や新聞広告を見逃した方は、今発売の「婦人公論」だったか、次号の「婦人公論」だったか、「般若」載っているそうですよ。私も、まだ見ていないんですが。

私は、女性の眉間のシワは、ホントになくていいと思っているので、こういうキャンペーンは大歓迎なんですが、ポスター、怖すぎ。。。

インパクトがあって、確かに広告戦略としては、とてもいいと思うんですが、ポスター全体がまず黒いし、ポスターの半分は、怖い般若の顔だし。。。

これを、いつまで貼っておこうか。。。と、今スタッフと協議中です。

お面は、今月いっぱいではずすほうがいいかしらん。。。

どなたか欲しいかな、と思って、患者さんと話していた時に、子供の躾に使ったら、ムッチャ怖いかも、。。。と言っていたんですが、変なトラウマになるくらい、怖いかも。。と却下。。

欲しい方は、おっしゃってください、多数いらっしゃったら、抽選ですかね?いや、それとも、来年のシワの日に、また使うべき?!

眉間をはじめとした、おでこ、目の周りの表情ジワは、あるj程度の年齢になると、シワの溝自体が深くなってしまって、ボトックスだけではダメだし、ヒアルロン酸だけでもダメだし、両方が必要になってきます。

ジュビダームでいける場合もあれば、エセリスのほうがいいこともあります。

法令線からみになると、レディエッセを使うのか、ヒアルでいくのか。。ヒアルだと同じ場所で、いろいろ深さを変えたい時に便利ですね。混ざる心配もいらないし。

でもレディエッセのほうがいい場所もあるので、注射系の複合治療セットを、何パターンか、考えますね。

もうしばらく、お待ちください。

ヒアルロン酸の続きです。

ヒアルロン酸は、私もちょっと顔に入れていますし、レディエッセにしても、ボトックスにしても、顔のアンチエイジング治療には注入剤は必要不可欠だと思います。

どこまで、どう入れるのかは、好みが分かれるところですが、注入剤ならではのメリットがあり、(デメリットもありますが)、それなりにとてもいいものです。

でも、どうせ入れるなら、自然にいい感じで入れたいと思うのは私だけでしょうか。。

誰から見ても、不自然にまるわかり、って、ご本人はホントに幸せなのかな。。?

まあ、ご本人にしかわかりませんが。。。

ホントは、生まれつき美人みたいに、いつまでも若々しい美人みたいに、なりたかったんじゃあないのかな。。。

ちょうど良く、というのが、年を重ねるほどに難しくなるので、ちょっと足りないかな。。?そうでもないかな。。?くらいが、不自然ではなくて、でも完璧ではないけど、いい感じ。。?

ここで欲をかいて、あと、ほんの少しだけすると、もっと良くなるんじゃない?!とやってしまうと、うまくいく場合もあれば、イタイことになったりするという、加減がホントに難しいところなのも事実です。

レディエッセなのかヒアルロン酸なのか(頬の場合は、目のすぐ下まで入っている方も多いので、ヒアルロン酸のことが最近は多いんでしょうか。。)、最近、素人さんでも芸能人でも、ホントに増えましたね~。

特に、TVでは、40代もそうですが、50代以上の、名前も知らないタレントさんが、情報番組のレポーターで、街中散歩みたいなコーナーで、自然光に照らされて(スタジオの照明ではなく)、イタイことになっていることが増えましたね。。

顔、パンッパンッ!!

これを、「ハリ」というのか?!腫れてるんじゃ。。。

目のすぐ下から、フェイスラインまでパンパンに膨れ上がり、ぽっちゃりされている方(柳原加奈子さんみたいに)が顔が丸くて、ほっぺたがぷっくりしている分には、全く不自然ではありませんが、ガリガリの細い体に、アンパンマンみたいなデカい丸い顔って、どう考えてもおかしいと思いませんか?

たま~に、生まれつき、そういう顔の人、います。(学生時代に、顔だけ丸くてデカい子って、いた気がしませんか?なので、いるような気がします。最近は、あまり見ないというか、昔がわからないので、生まれつきなんです、と言われても確認しようがないからかもしれませんが。

でも、芸能人の場合、デビュー当時の映像や写真が残っているし、懐かしの映像、とかで、昔の顔が出てくるから、全然違うやんっ!!とわかってしまいますよね。

まあ、TVに出ている方は、その辺はもう開き直って、されているんでしょうけど。

久しぶりに出てきたタレントさんが、またもやパンパンで出てきて、入れすぎなのか、口元から下にむかってのライン(マリオネットライン)が逆に目立ってしまっていたり。。。

(あそこまでパンパンじゃなければ、マリオネットラインは、そこまでひどいモノでは全然ないのに、パンパンにするから、余計にちょっとしたタルミが逆に目立つ、という皮肉なことに。。)

若い方のフェイスラインって、スーッとアゴ先から耳にかけて、綺麗なラインになってますよね。ガタガタしていないですよね。

ところが、年をとってくると、マリオネットラインができ、フェイスラインが逆三角形の綺麗なハート形が崩れ、四角く台形型に近づきます。

アゴ周りからフェイスラインの段差を修正するために(ガタガタのない、一直線にするために)、その段差に注入剤を入れて、段差をなくしたりします。

そうすると、綺麗な一直線になって、若々しく見えます、というか、見えるはずです。

私にも、その段差があります。

そこに何か入れようかなと思う時もありますが、私は元々顔が丸くて、脂肪はたっぷりついているので、脂肪を取るならまだしも、入れて膨らますのか~、と。。。

だって、顔、大きくなるじゃないですか。

こうやって、どんどん段差を全て無くそうとしていくと、アンパンマンに。。

ちょうどいいくらいで止めればいいんですが、自分で自分の顔に入れるのに、私の言うところの、微調整って、やる自信がありません。

ただでさえ、鏡を見ながら、手の向きが反対で、ボトックスはできても、充填剤(ヒアルロン酸やレディエッセのことです)は難しい。。入れすぎたくないから。

入れる深さもとても大切なので、自分の顔にレディエッセは入れないですし(浅いところに万が一入ったら、エライことですから。できるかもしれませんが、なるべく危険はおかしません。

ドクターによったら、されているでしょうけど、私は、自分の顔に針を刺す、って慣れているとは言っても、患者さんにしている数よりは、圧倒的に経験が少ないわけで、やっぱり、ちょっと気合いも時間もいります。

手の向きが変わるので、やりづらいこと、この上ないです。

メンドクサイんです、自分の顔に入れるのって、私にとっては。なので、しょっちゅうもやらないし、そういう意味では、自己注の経験は言うほど増えませんよね。

芸能人以上に、美容医療をやっていることが丸わかりの女性の集団が、実はあるんです。

それは、美容関係の学会やセミナー会場です。

セミナーの種類によったら、半分くらいは、まだ美容医療をされたことのないドクターで、そうあまり目立ちませんが、本格的にされているドクターが大勢いらっしゃるようなセミナーだと、いわゆる美魔女みたいな、同じようなメイクをして、髪も綺麗にセットされているか、巻いてあるか、とにかく綺麗にされていて、スタイルも年齢を感じさせないくらい抜群で、ブランドの洋服を着て、ブランドのバッグを持って、とても華やかで綺麗です。年齢不詳の方も大勢いらっしゃいます。

まさに、TVや雑誌で出てくる、「女医」そのままです。

男性ドクターで、女性ドクターほど自分の顔に美容医療をしているか、というと、これがそこまでではないようです。

もちろん、みなさん、新しい治療など、ご自分の顔で実験もいろいろされているでしょうし、定期的にされている方も大勢いらっしゃると思うんですが、女性ほどには目立ちません。むしろ、「先生は何もされないんですか?」という見た目のドクターもいらっしゃいます。

(日焼け止めなどのスキンケアは、それなりにされていらっしゃると思いますが)

まあ、自然というか、同じ年齢の男性よりも、少し若く見える、というくらいにはされていらっしゃると思います。

(女性同様、バンバンされている男性ドクターもいらっしゃると思います。)

どうして、それほどの差が出るのかというと、女性の場合、最近やり過ぎでは。。?と思われる方が増えてきました。。

全然シワがない、話していても、どこにもシワが寄らない(ボトックスを顔中にやっていると思われます)、そして、何故か、顔がパンパンなんです。。。

目の下から、異様に膨らんでいて、そのまま頬へと。。。アンパンマンならぬ、パンパンマンです、いや、パンパンウーマンというのか。。

フェイスラインまで丸くされている方は、まだあまり見たことないですが。

(顔の形は、ハート形にする、というのは、美容医療においては、常識なので、みんな、これを目指すわけですから、アゴ~耳へのラインは、みなさんこだわっていらっしゃると思います。)

あの先生、あんな頬っぺた、膨らんでいた。。?!ということもしばしば。。

なんでかな~?と、私なりに考えた結果ですが、

さっきも言った、美しい女医さんたちというのは、体型にもものすごく気を遣っていらっしゃいますから、みなさん、細いです。

私も見習わないといけないのですが。

こういう細い女性というのは、40代、50代となっていくにつれ、もっと脂肪が落ちてきて、顔はヘタすると痩せこけてきます。

脂肪って、若さの象徴なんですね。

50代以上になると、ある程度、小太りのほうが、若々しくは見えるんです。流行りの服は似合わなくても。

モード系ではなく、見た目は婦人画報系というか、コンサバな服しか似合わなくなっても、温泉とかで裸になったら、ガリガリの方と小太りの方では、見た目の印象が違います。こういう細い方というのは、太れる体質ではないんですよね。

(40~50代にかけて、どんどん太ってしまう場合もあります。これは、太りやすい体質の方です。閉経で拍車をかけることが多いです。)

小太りの方は、顔にも脂肪がたくさんついていますから、シワも少ないです。脂肪で伸びてるんですね。ちょとずつ太れば、シワは消えますよね。

でも、どこかで脂肪の重さに耐えられなくなって、下がります、弛みやすいのです。重いですからね。

頬のトップの高さも、下がりやすいのは下がりやすいんですけどね。

なので、フェイスラインは、ボテボテです。

でも、痩せている方は、顔も痩せちゃって、フェイスラインに弛む脂肪もありません。綺麗なラインですが、顔は、皮膚と骨っぽくなっていることがあり、頬がこけたり、頬全体のボリュームが減ったりしてきます。

痩せと小太りも、多少、年をとってくると、目の下の凹み目立ってきます。

目の下が脂肪で膨らんでくることもありますが、この凹みは、年齢に関わらず、疲れて、老けて見えますよね。

痩せている方だと、この凹みから、頬のボリュームのなさが目立つので、例えば、目の下の凹みにだけ、ヒアルロン酸を入れても、頬へのつなぎ目というか、一連の流れがちょっと不自然なこともあり、(そこだけ膨らんでてもね)、どんどんいっちゃうんでしょうか。。止められない、止まらない~♪

私が自分で自分の目の下の凹みにヒアルロン酸入れたのって、去年のいつでしたっけ?9月くらいでしたっけ?

針が細すぎて、ムーっ!!と無理やり入れたので、手の向きもムチャクチャで、入れすぎてしまい、だいぶ落ち着きましたけどね、修正どうすっかな~、ほったらかしにしていました。めんどくさかったから。

どうせ、ヒアルロン酸だから、すぐに吸収するし、まあ、いいや、と気にしていなかったんです。凹んでいるよりは、疲れて見えなくなったので、まあいいや、と思っていたんです。

どころが!

この新しく導入したヒアルロン酸が全然吸収しなくて、いや~、業者さんの言っていることは、ホントでしたね~。(入れすぎたってのも、ありますが)

まだ、残っています。長いな~。

こんなに持つとは思いませんでしたよ。

最近、疲れると、ゴルゴラインが見てることがあり、それが目の下のラインとつながって、あ~、疲れてんな~、と思うことがあるんですが、これにちょっとだけ、ヒアルロン酸入れてあげるといいんだろうな、とふと今日思いました。

多少の入れたところと、頬のゴルゴラインにつながるところに、微妙~な段差があり、こんな微妙な差、自己注でようやらん、と思わず引いてしまいますね。。

ドカーン!と入れるのは、入れた後、形を整えたらいけるかもしれませんが、微量はね、深さも大事だし、そうやって、調整している間に、どんどん膨らます羽目になって、パンパンマン、いや、パンパンウーマンになってしまったら!!と、怖くて、怖くて、やれませんね~。

(怖いと言うより、メンドクサイんですよね、実際やっぱり。自己注でカニューレ(先の丸い針。カニューレを入れる前に、別の針で孔を空けて、下準備などがいるのです。これがまた、自己注するのもメンドクサくて、自分の顔だからと、テキトーに急いでやって、内出血が出て、でも、自己注で両手塞がっているから、あまり出血を止めることもせず。。と、考えるだけでもメンドクサイのに、そこまでしてやって、パンパンマンになったら!悲しすぎる。。)で微調整なんて。。。新しいカニューレを導入する時に試すか、仕方ないから、というくらい、メンドクサくて、やりたくないです。。

そこまで気にしていないし。パンパンマンのほうが、私はイヤだな、でも、ハタから見たら、「先生も入れたらいいのに、」と思われているのかしらん。。

(とりあえず、この連休の間のどっかで、タイタンをやろう~っと。

タイタンは便利です~。内出血も痛くもないし~。)

太っている人って、顔の大きさの自覚があるので、何かを入れて膨らまして、大きくする、っていうのは、積極的ではないような気がします。

でも、深いゴルゴラインは、みんなイヤですよね。

浅いゴルゴラインはね~、入れるのかどうかは、好みですしね。(お金かかりますからね。)

あ、患者さんは、気になったらされたらいいですよ。自己注ではないので、微調整はいつものことです。

疲れた時の顔で入れたら、疲れていない時に、ちょっと膨らみ過ぎ、という危険もあり、むくみやすいんでしょうけどね。

(そういう方は、タイタンでむくみとってください。)

頬がこけている、顔が痩せている方から、私はよく、「先生みたいな頬っぺたになりたい」と言われます。

(自家培養の天然モノですからね。)

痩せとデブの宿命ですね。

おデブんは、顔、こけたり、ボリューム減らしたいんですよね。。

ああ、、早く、トゥルスカの顔バージョンが出ないかしらん。。。

(頬のトップはやりませんけどね。マリオネットラインの外側の脂肪ですね。ブルドッグみたいなところ。これは、痩せている方でもちょっと出ますから、ここの脂肪は、ちょっと減らしたいところです。)

パンパンマンになってしまった女医さんは、それで満足されているんですよね。。?

私の目の下みたいに、入れすぎて、まあ、いいか、っていうレベルなのかしらん。。

初診の患者さんで、「○○クリニックに通っていたけど、先生の顔がおかしいから(パンパンマンだったり、顔面シワなしボトックス星人だったり)、同じ顔にされたらイヤなので、ここに来ました。」「タイタンをやりたかったのに、注入を勧められて、先生の顔が膨らみ過ぎていて、怖くて。。」という方が、時々混ざってきます。

そういう方は、うちに来られたらいいですよ。

人の好みは、それぞれですからね~。

(そのうち、パンパンマンが、スタンダードになったりして。)

でも、パンパンマンやボトックスやりまくり星人がお好きな方は、私はようしませんので、パンパンマン先生のクリニックにどうぞ。

昨日のヒアルロン酸の続きです。

今当院で取り扱っているエセリスは、スイスのANTHEIS社製のもので、FDAの承認は取れていないとはい言え、こちらもトップブランドですので、ご安心ください。

私が開業する前から、もう5年以上は経っているような気がしますが、最初、少数のクリニックで使われていて、あまり情報も出ておらず、(使っているクリニックが、学会で有名なドクターでなければ、学会発表をされるわけでもないですし、企業主催セミナーも、企業側がちゃんとしていないと、なかなかされていないような時代だったのか、(最近はかなり増えましたが)、そういう公けでの公表がないと、本当の情報って、伝わってこなかったりもします。

「これ、いいよ!」とどこかのドクターが言っても、好みが強かったり、企業が一役噛んでいたり、裏でお金が動いていたり、副作用などはあまり言われなかったり、などなど、偏った情報だけではわからないんですよね、ホントのところは。

薬でも化粧品でも医療機器でもそうですが、こういう美容医療関係のモノって、最初、日本に入ってくる時は、どれも前評判がすごくて(すごくなるよう、大きな声で、誰かが言っているのです)、誇大広告並みの勢いですが、いざ、使われ出すと、なんや、これ?ということも、実際しばしば。。。

本当の評価を下すには、できればもう少し広まってから、判断をくだしたほうがいいと言えばいいんですが、出遅れることもあるでしょうし、そのあたりは、いつ導入するかがクリニック側としては難しいところです。

特に、注入剤の場合は、吸収するものにしても、時間がかかるものだと、副作用などが後からわかった場合、えらいことになりますから、副作用も軽微なものであれば、安全性を確認でれきば、選択肢の一つかな、と思います。

(何を持って、安全というのか、これまた難しいところですが。。)

そういう意味では、エセリスも目の周り、目の下では以前から使われていて、特に、先の丸いカニューレ(鈍針)がお手頃になってからというもの、かなり取扱いのクリニックが増えました。うちもそのうちのひとつです。

多くのクリニックが、もう何年も使っていますから、とりあえずの心配はいらないと思いますよ。

困るのは、昔流行った、非吸収性のヒアルもどきです。

もどきと言っても、似て非なるもの。。

10年前くらいでしたっけ?すごく流行ったの。スーパーヒアルロン酸だとか、吸収しないヒアルロン酸だとか、いろんな名前で、ガンガン宣伝されてたはずです。

CE(ヨーロッパの厚労省みたいなもの)の承認は取っているものもあり、私が美容医療を始めた9年くらい前には、下火とは言え、まだされていて、でもアレルギーの問題はもう知られていて、あまり入れないように、という風潮はありました。

以前勤めていたクリニックでも在庫があったので(アクアミドです)、取扱いはされていて、以前に入れた患者さん(トラブルはその時点で起こっていないので)が、減ったからまた入れてほしい、と言って来られて、説得してやめさせるのは結構大変でした。

(ヒアルロン酸はすぐに吸収するから、と散々営業をかけられて、アクアミドをされていらっしゃったようなので、ヒアルロン酸は入れたくない、と希望されるのです。アレルギーの確率は、200分の1です。少ないと思われるかもしれませんが、このアレルギーが出たら、悲惨で、赤くなって、ちょっと腫れるだけ、薬でしばらくしたら治まるけど、また繰り返す、という程度くらいならいいんですが、ホントに、TVでやっていた扇風機オバサンまでいかなくても、赤くなってただれるとか、周りも赤くなって膨れ上がるとか、症状の程度はさまざまで、すぐに出ることもあれば、2~3年してから出ることもあり、それが恐ろしいところです。)

異物同志は混ぜないほうがいいので、他のドクターが入れたものは、どの深さに入っているのかもわかりませんし、アクアミドは、また悪いことに、結構広がりますからタチが悪い。

もうほとんどない、とう方には、ヒアルロン酸を入れてましたが、まだ残っているのが触っただけでわかる方は、お断りしていました。

先日、光・レーザー治療をしたい、とご希望の初診の方が来られたんですが、これまた顔に、まるわかりの注入剤が入っていて、予約時には、ご本人は何もしていないと言われていたのです。

ちゃんとしたものが入っている場合はいいのですが、おかしなものだと今後何が起こるのかわかりませんし、光・レーザーのせいにされてはたまりませんから、もしレーザーをされるなら、そのことも先に説明して承諾を得ないと絶対にしません。

また、わざと隠して黙っておられる方もいれば、ホントに昔過ぎて忘れていました、という方もいらっしゃいます。

隠されるのもタチが悪いですが、忘れてた、というのも(ウソかホントかは別として)、これを忘れるかっと?!と疑いたくなるような見た目だったりすると、そこまで理解の悪い方、あるいは、美的感覚のおかしな方に処置をする、というのも考え物なので、治療をお断りすることがあります。

目指しているところが違ったりしますから。こういう時に、おまかせで、と言われても、「いや、好みが違いすぎるでしょ。」と断らなければいけません。

その方の丸わかりは、鼻で、受付が一目見ただけで絶対何か入っている!!と断言するくらい、変な様相で、(でも、自己申告は問診票でも電話でもなく、受付からも来られてから、再三確認しましたが、全否定されました。)、そこまで断言するって、どれくらいの注入なん?!と半ば興味半分、恐いモノ見たさ半分。。。

で、診察室に入ってこられて、これは、ひどい!(丸わかりという意味でも、美的感覚としても。) 何とかしようと思わないのかな。。。?

レーザーがどうこう説明の前に、「鼻に何を入れているんですか?」という質問からです。

まだ全否定されるので、触診させていただきました。

手触りは、「非吸収性」のモノです。ものすごい量が入っていて、あとから2~3年前と言われていましたが(ウソかもしれませんが)、レディエッセもヒアルロン酸も多くの種類があるというのに、なんで2~3年前に、こんなもの入れられないといけないねん。。。と悲しくなりますね。

(理解していれたのなら、まだ自己責任かもしれませんが、患者さんって、そこまで申告に考えていませんからね。最悪のことが起こった時に、本当に理解しておられるわけではないでしょう。)

私が、「非吸収性」と思っているだけで、ひょっとしたら違うものかもしれませんが、「記憶ない」、と言われる以上、そこにはレーザーはあてません。

元の鼻の形は原型をとどめていないので、忘れるはずはないと思うんですが、2~3年で自分の顔になったしまったら、忘れちゃうんでしょうか。。見慣れたタンスのように。。

鼻に、これだけ大量に「非吸収性」と思われる注入剤が入っているのを、久しぶりに見ましたが、入っているところの境目がはっきりしていて、ものすごく不自然。。。量が多いからとか、そういう問題以前の問題で。。。ヒアルロン酸ではありえない見た目です。

そこのクリニック(ドクター)の手技の問題なのか、注入剤の質の問題なのか、両方なのか、ここまで来るとわかりませんでした。

とにかく、変なことはわかっているんですよね。でも、それだけ。

「非吸収性」のものは、ホントにどうしようもなくて、無傷で取り出すのは絶対に無理だし、どえらいことになっても全部取り出すのも無理と思ったほうがいいです。(ほっぺたなら、片ほほ全部切っても、残るかもしれません。鼻なら鼻全部取れば、なくなるのかもしれません。残るのかもしれません。わかりません。)

入れりゃーいいってもんでもないんですよね。

ヒアルロン酸でも、ちょっと前から、何年ももつ、みたいなヤツが出てきていて、もちろん、FDAの承認はまだ取れていないはずです。

FDAが全てではありませんが、どうしてもそれを入れたいなら、承認が下りてからでいいんじゃないですか?

そこまで急いで、それを入れないといけないんですかね。

FDAの承認が取れても、後から副作用報告がバンバン出て、取り消しされるもの、あるいは、承認内容が変更になるものもあります。

持ったら持ったで、そりゃ嬉しいです。

入れた場所、種類、量など絶妙に絡んで、ものすごくもつ、ということが結果あった、ということはあります。

これは、あくまで、たまたま。

最初から、何年も持つ、って、どうして?って思わなきゃ。

その理由が納得できたものでも、もし入れたら、その間取り出せませんから、何かあったら、3年も4年も、そのままですよ。

顔の好みも変わるし、お肌も変化します。顔の脂肪も減ってくることもあるし、逆に太ることもあります。

シリコンを入れるなら話は別ですが、そんな長期ビジョンをもって、注射しなくてもいいと思うんですけどね~。

(シリコンのいいところは、吸収もされないので経済的ではありますが、イヤになったら、抜くしかないので、また手術です。手術後、すぐになんとかできないことも多く、もちろん一度入れたから一生もつわけではありません。

ネットで、ゲイノウジンの鼻が話題になっていましたね。折れた。。?)

プチ整形らしく、「ちょっとだけ、変えてみる」、というのが、一番のおススメです。

慣れてきたら、上級者を目指すのもありでしょうけど。

ほどほどに。

特殊なものは、副作用も確認を。

ついに、日本初の、厚生労働省承認の注入用のヒアルロン酸製剤が出ました!

「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ」「ジュビダーム®ビスタ ウルトラプラス」です。

この製品は、ボトックスビスタ®で有名な、アラガン社の製品です。

アラガン社は、アメリカの大きな製薬会社で(製薬会社だと思っていましたが、もっと多角的に、薬剤だけでなく、いろいろ展開されているようですね。知りませんでした。)、ボトックスビスタ®が厚労省が承認してから、アラガン・ジャパンが設立されて、ボトッスクの発注がとても楽になりました。

今回は、ヒアルロン酸も承認ですから、国内で、簡単に発注できる、というのも、とても魅力的です。

なんてったって、アラガンですから~。

昨日の日曜日は、このジュビダームのお披露目セミナーが、東京でありました。

厚労省承認ですから、欧米人ではなく、日本人でのデーターが取られているはずだと思います。(きっと)

FDA(アメリカの厚労省みたいなもの)でも、約1年の持続力がある、ということでも、かなり以前に承認を取っている製品です。

この持続力を、ちゃんとデーターを出しているヒアルロン酸製剤って、少ない気がするのは気のせいでしょうか。。

今回のデーター、思っていた以上に良かったです。

いや~、ヒアルロン酸って、知らない間に進化しているんですね~。勉強不足でした。

詳しくお知りになりたい方は、こちらをどうぞ。

http://vst-beauty.jp/juvedermvista/pc/

ヒアルロン製剤って、実は多くの種類があって、ひとつのメーカーであっても、それぞれの粒の大きさというか、用途別に、いろいろ種類があります。

どこに、どう入れたいのか、どうしたいのか、で、選んでいくんです。

その前に、どこのメーカーのものがいいのか、これ、とても重要です。

メーカーというか、ブランドによって、得意分野みたいなものって違いますが、似ているようで全然似ていないのが、実は、ヒアルロン酸製剤なんです。

私は、最初、Q-MED社のレスチレンシリーズを使っていました。

日本でもトップシェアを誇りますし、世界シェアは、確かこれが1位のはずです。

最高峰ブランドと言っても過言ではないかもしれません。

このレスチレンシリーズの中で、部位毎に使い分けをやっていました。

その後、レディエッセ®が出てきて、シワには入れられないし、あくまでも、ボリュームアップの製剤ですが、ヒアルロン酸に比べて、吸収が遅く、綺麗に形を作ることができて、特に、鼻やアゴには、最適です。法令線に入れるにしても、ヒアルほどの量がいらないんですね~。同じ量を入れても、持ち上げる力は、レディエッセは格段に優れているので。

レディエッセ®が出てきて、鼻にシリコンを入れる人は減ったんじゃないでしょうか。ヒアルロン酸の時は、入れすぎたら、ブヨブヨになるし、目頭まで、ヒアルロン酸が流れ込んできて、やりすぎだっつーのっ!!という、変な人タチを、雑誌の読モや、下手なゲーノージンで、見たことないですか?

アバター鼻とか、コアラ鼻とかでも呼ばれてました。

ヒアルロン酸でも、ちょっと入れる分には、鼻もいけるのにね。まあ、鼻は、レディエッセ®のほうがやっぱりいいとは思いますが。

ちなみに、レディエッセ®の欠点は、吸収がホントに遅いので、もし入れすぎてしまった時に、あるいは、減らしたい・なくしたいとなった時に、吸収を待つしかない、ということです。

マッサージをしたからといって、ヒアルみたいに、早く無くなるわけではありません。

それに引き替え、ヒアルは、吸収も早いし、遅い場合ももちろんあるんですが(部位や量によります)、最悪というか幸いというか、ヒアルロニダーゼという分解する酵素で、溶かすことができます。

(ヒアルロニダーゼは、これはこれで、問題があり、よほどのことがない限り、バンバン使うものではないと思います。反応が行きすぎると、自分自身の皮膚内のヒアルロン酸も溶かされてしまって、シワシワに。。。

入れすぎた分だけ、うまく溶けてくれればいいですが、行き過ぎてシワシワになった分は、これは、そうそう簡単には戻せないのでは。。?

(また、入れればいいのか?)

他院でやられて、あるいは気軽に「なかったことに」みたいに考えてやっちゃって、エライことになっている患者さんを、結構見てきました。

そういうのは、もううちでは触りません、というか、触れないかな。

もうそこまで行っちゃったら、何もせずに、そーっとしておくほうが一番かも。。

なんとかしようとあがいて、いろいろやった患者さんも知っていますが、東京まで治療に行ったり、費用もエライことに。。それだけやっても、ちょっとはマシになったけど、元を考えれば全然ダメダメやん、、、ということも。。

こういう酵素は大切ですが、使う場合は、患者さん側は、ホントに気軽には考えないほうがいいですよ。絶対、なんてないから。

どうしても、溶かしたい時は、少な目にしておいて、もうちょっと、という場合は、もう止めておいたほうが、私はいいと思います。欲を出して、おかしくなった患者さんも、これまた見たことがあり、結構悲惨でした。。。

ちゃんとしたところでされたので、勧められなかったり、それを押し切ってされたんですが、もちろん、やり過ぎた場合の副作用というか、見た目はひどくなる話などもされたと思いますが、(あくまで想像ですが)、こういう時の患者さんって、「良くなった自分」しか考えていないので、聞く耳もたないんでしょうね。。

話を戻しますね。

レディエッセ®が出てきてから、深いところに入れる注入剤は、ほとんどヒアルロン酸を使うことはなくなりました。

最初は、深いところ用のヒアルロン酸も用意していましたが、説明すると、患者さんみなさんレディエッセ®を選ばれたので、在庫が無くなったと同時に、ヒアルロン酸は、シワ用専用にしました。(粒の大きさとかね)

モノによったら、シワ用と言っても、余ったら、法令線・鼻・アゴにも入れるのは可能なものもありましたが、レディエッセ®と混ぜたらいけないので、そういう場所は、レディエッセを別に購入される方もいて、人それぞれでした。

レスチレンに飽きたわけではなかったんですが、他のヒアルロン酸製剤もやっぱり気になり、それぞれの商品特徴を活かして、使ってみたくなるものです。

細か~いシワや浅目のところに欲張って入れちゃうと、どのヒアルロン酸も、なかなかゼリーぽくなるというか、ある程度は仕方ないんですが、う~ん。。欲張っちゃ、イカンよ、となることも。。

(エセリスで、かなりこの問題は解決しましたが。)

ジュビダームは、確か、世界シェア2位だったと思うんですが、違いましたっけ?

それくらいメジャーな、一流ブランドのモノです。

ジュビダームは、私が、最初ヒアルロン酸を使い始めた時は、柔らかい、柔らかすぎる、という意見があり、(今回のとは、またちょっと違う話です。昔の話だし、鼻やアゴに入れることが前提の話でしたから。)、実は、使ったことはないんです。

そのほかのメーカーもちょっと使いましたが、トップランドと言われているものであっても(レスチレンではなくて)、製品によって、「粒子にムラがあるんじゃない。。?」と不安になることもあったり、なんかこの間と感じが違うな。。。なんか使いづらいな、と思うこともあったり、メーカーに聞いても、要領を得ることができなかったり、「長く持ちます」と言っていても、自称だったり。。悪いわけではないけど、他に何かないのかな。。?などなど。。

モノによったら、衛生面(安全面)は大丈夫?と疑いたくなるものも。。。怖すぎて、仕入れられません!

(安すぎるものは、ホントに怖いですよ。。うちでは、絶対に取り扱うことはありませんが。まあ、ドクターの好みですが。)

トップブランドから選ばないと、注入剤だけは、私はダメだと思うし、今まで全ての注入剤が、厚労省未認可ですから、全て個人輸入なんですね。

ちょっと手間暇もかかるし、個人輸入を仲介していただく業者さんも、おかしなところ経由では絶対ダメで、偽物が混ざっていることもあるそうです。

こういうモノを仕入れるのに、絶対にケチってはいけないんですね~。

(素人(医師以外という意味です)が個人輸入で、こういうものを買うのは絶対に止めておきましょう。知らないだけで、偽物だらけですよ。そんな値段で、買えるわけないですから。

自己責任とはいえ、アホちゃうか、と思います。中途半端なお金で偽物買って、エライことになったら、そんなハシタ金で、治せませんよ。大金積んでも治せないことも多いんですよ。初めから、ちゃんとしたお金を出して、ちゃんとしたクリニックに行きましょう。そんなお金がないなら、注入は止めておきましょう。)

ボトックスを個人輸入していた時は、4℃以下でちゃんと保持されてこないと、ボトックスは失活してしまっている可能性があるので、代理店によったら、いつ届くのかも連絡がないので、(連絡があっても、絶対ではないので)いつもひやひやしてました。もし、休診日に届いたらどうしよう!と気になって仕方なかったです。

あきらかに、中身のアイスノンとかが解けていたら、代理店に言えば、またちゃんとしたものを届けてはくれますが、時間のロスですよね。

なので、アラガンジャパンが出来た時は、アラガン様様でした~。もう悩まなくて済みましたもの。FAX1本で、翌日クロネコヤマトが届けてくれます。絶対、安心!

そこに来て、今回のヒアルロン酸承認です。

さすが、アラガンですね~。

承認を取る、というのは、よく知りませんが、どえらい苦労と時間とお金がかかるのかなと。。小さいメーカーでは、大変だと思います。

これをきっかけに、もっとどんどん国内承認の美容医療が増えて行けば、情報公開も増えますから、その結果、患者さんにもいい医療が提供できることになるわけで、韓国なみに、とまでは言いませんが、もっと美容医療がオープンになればいいですね。

未承認だと、ホントは、注入セミナーも、あからさまにどこまでやっていいのか、グレーゾーンだったりするようで。。難しいところのようです。個人セミナーみたいなものはいいはずですが。。

そういうセミナーがないと、広く技術も知られないわけで、一番困るのは患者さんなんですが、「未承認」となると、承認のものほどスムーズにいかないこともあるようです。

今回のセミナーは古山 登隆先生という一流の先生のライブがあり、Dr.Braz(ブラジルの有名なドクターだそうです)の記念講演があり、ものすご~く勉強になりました。

他にも、一流の先生方のディスカッションもあり、行って良かったです。

最初は、ヒアルロン酸のセミナーか~、とあまり期待はしていなかったんですね、実は。

レディエッセもあるし、目の周りは、結局エセリスになるし、(今回のジュビダームは、承認されている2種類とも、目の周りはダメです。目の周りでも、大きなシワならいいのかもしれませんが。。。でも、使わないかな。)う~ん。。と思ってましたが、この2種類で、結構いい感じになるな~、と思いました。

というのも、そりゃ、一流の先生が、2種の製剤を好きなだけ使って、顔中に入れていますから、そりゃ、良くなりますわね。

これを同じことを、患者さんがされたら、いくらかかるのかしらん。。。

お値段は張りますが、多種の注入剤セットで、顔中おまかせ、というセットはいいですね。

法令線にだけこだわっている方も多いですが、そこよりも、先にこっちをしたほうが。。ここを足したほうがもっと綺麗に見えるのに、ということもあり、ご提案はしますが、1本買い取りでは、足りないこともあったりすると、全部法令線に!と言われる方もいらっしゃいます。

まあ、2本目を買えばそれはそれでいいんですが、私も、2本目は様子を見てからでいいんじゃないですか?と、一度に大量、というか多めに入れることはあまり勧めていないので、よけいかもしれませんね。

2本くらい(3本でも)入れても大丈夫な場合(年齢・皮膚・骨格の状態などによります)も、あるんですが、うちに来られる方は、「いきなり極端には変わりたくない」「あくまで自然に」という方がとても多いので、(私の好みもそうです)、結果、ちょっとずつ足す、様子を見ながら足す、ということが大半です。

ある程度のシワが出てくる年齢になると、どこか1か所だけ良くなると、次に違うところが気になってくるもの。

そういう方のために、セット(いろんな注入セット)は、いいですね。まとめる分、患者さんにとっても、お得になるし。

ヒアルロン酸のいいところは、モノにもよりますが、入れる深さに関して、レディエッセほど気を遣わないというか、いや、まあ遣うんですが、万が一、入れすぎたら、レディエッセは大変なので、入れる量も部位によったら、ヒアルロン酸以上に気を遣う気がします。

エセリスはエセリスで、目の周りはデリケートですから、これまた気を遣いますし、他の場所でも、それはそれで気を遣うんですが、やっぱりヒアルロン酸は、皮膚になじむので、水も吸いますし、(そのおかげでボリュームアップがさらに増すこともあります。それがいい時もあれあ、悪い時もあります)、専用マッサージ(なんでもやればいいというものではありません。)で、かなり早くなじんだりしますので(この場合は、私も、患者さんにお願いすることもあります。指導されていない場合以外は、やらないでください。マッサージする時に塗っていただく薬をお渡しして、やっていただくので、やり方にも方法があります)、入れた直後よりも、より自然にいい感じになるのが、ヒアルロン酸のいいところですね。

(レディエッセもなじみますが、もともと、皮膚の浅いところに入れるものではないので、なじみ方や自然な感じ、というのは、ヒアルロン酸と比べるものではありません。

やっていることが全然別のことなので。)

どこをどうしたいのか、で、選ぶ注入剤って、ホントいろいろで、ボトックスも足したほうがいいし、単独で改善というのは、アンチエイジング目的ではちょっと難しいことも多いです。

いろいろ足しやすいように、うちでは、光・レーザー治療をされている方は、割と負担にならない価格設定にはしているんですけどね。

目の周り以外のヒアルロン酸を、次にどうしようかな、とちょうど考えていたところなので、ちょうど良かったです。

多分、ジュビダームは、取扱いを開始すると思います。(きっと。多分。おそらく。。)

開始する時に、セットも考えますね。

エセリスも必要ですし、エセリスにもいろいろ種類があるので、揃えてはいますが、エセリスをはじめ、実は、FDA承認が取れていないヒアルロン酸製剤って、多いんです。

(多いわけではないのかもしれませんが、有名で当たり前のように使われているものが、FDA承認がなかったり。

FDAが全てではありませんが、CE(ヨーロッパ)のみだと、問題になっているものも混ざってくる場合があるので、注意が必要ですし、FDA承認じゃないと、アメリカであまり使われていないので、症例数が全然違ったり、と情報がもっとほしい時に困ることもあります。)

注入剤に一番求めるものは、私は、「安全性」なので、今回の厚労省承認は、とても嬉しく思います。

皆さんも、ちょっと安心なこと、ないですか?

取扱いまで、もうしばらくお待ちください。

セット価格、というか、トータル注入モノセットというか、いくつかパターンを出してみますが、価格セットは、ホントに未定です。

ウワサのリッツカールトン京都のイタリアンレストラン、「ラ・ロカンダ」に行って来ました。

私の周りでは、評判の悪かった、リッツカールトン京都。。。

イタリアンに行ってきた患者さんの評判はとても悪くて、行っちゃあ、いけませんよ、とおっしゃるくらいでした。

どう悪いのか、というと、

量がむちゃくちゃ少ない!というのを力説されてました。

(この方は、わりとガッツリ派?かもしれません。)

その方の周りでも、量が少ないと、評判が悪かったそうで、みんなランチだから少ないんじゃない?とディナーに行かれ、結構な金額のコースを頼まれたそうですが、量が少なかったそうです。。

日本人の、若い人ではなく、年齢層が高めに設定されていて、量が少ないのでは?という話をしていると、あれは、欧米人は(少なすぎて)暴れて怒り出す量だ!くらいのことをおっしゃってました。

あと、スタッフの教育がまだまだ。。。

見た目がホテルっぽくない、京都によくある、高級マンションっぽい。。などなど。。

(積水だから?)

そう言われても気になる、リッツカールトン京都。

今日は、打ち合わせが短くて済むことが前もってわかっていたので、これはいける!と予約をして、ランチに行って来ました。

タクシー乗り場というか、降り場というか、そこにいらっしゃるのは、欧米人のベルマン(というのかしらん。。)。。日本語どこまでいけるの。。?

(帰りは、とっさに、「タクシー、プリーズ」と言ってしまいました。。情けない英語だ。。)

ホテルの敷地内に入って感じるのは、スタッフがいるようでいない。

タクシー乗り場に突然数人現れることもあるし(どこかで見ているのでしょうか)、一人だけのこともあり、誰かの対応をしていたら、待つしかありません。

P1200740.JPGそこから進んでいくと、人工の「川」というんでしょうか。夏は涼しげでしょうね。あやめだかカキツバタだか、どっちかわかりませんが、水辺に咲いていました。

出口のところに、レンタル用の、オサレな自転車が置いてあり、ミネラルウォーターとタオルがセットされていました。

P1200743.JPGそのまま進んで、建物に入るドアの前からの眺めです。

地下も見れるし、外に、ピンク色の八重桜がちょうど満開で、綺麗でした。

ドアのところに、ドアマンがいるわけではなく、(もちろん自動ドアですが)、一瞬、ここからでいいんやんな~?と焦ります。

中に入ると、レセプションというか、ホントにカウンター(置き家具の小さなものです)があり、ソファーセットが2組ほど。

狭いです。

ここじゃなかった。。?と思って、引き返しましたが、他に入口がなく、構造からいっても、この壁(みたいに見えている)がドアやんな。。?と近づくと、開きましたね~。

なるほど、冷やかしだと、ちょっと入りづらいかも。。

入ってすぐに、ロビーラウンジと

P1200746.JPG

左側に、ピエールエルメのショップがあります。

その奥が、チェックインカウンターとラ・ロカンダです。

地下に、和食の水輝だったか。

P1200745.JPG

それぞれは、ゆったりと作られてはいますが、一つの場所としては、狭い。

やはり小さ目のホテルなんですね。隠れ家っぽい、というか。

チェックインカウンター横のソファも、2セットしかありません。

全然関係ない人が座っていたら、すごく目立ちますね、これは。

チェックインカウンターのところには、着物を着たスタッフが何人かいらっしゃいました。

宿泊客は、欧米人がほとんどでした、この日は。(いつも?)

ラ・ロカンダのドアは閉っていて、開いていませんが、中からお客さんらしき方が、大勢出て来られます。

でも、開いていないんだよね。。?

仕方ないから、11時半の予約まで、チェックインカウンターのソファーに座って待ってました。(予約の10分か5分前でした。)

11時半を過ぎたので、行ってみると、やっぱりドアは閉まっているので、これは、閉めておくものなのか。。?と、開けて入ると、カウンターのスタッフは電話中。他にスタッフは誰もいません。

電話のあと、案内されたのは、バーのほうのソファー席。

まだ準備ができていないので、こちらでお待ちください、とのこと。

(いや、予約時間過ぎてますけど。。。?)

店内を見ると、テーブルセッティング中のところもあり、支配人かレストランマネージャーかわかりませんが、4~5人のスタッフとミーティング中。。。

。。。。う~ん、ランチの営業時間、始まってますけど。。

ミーティングとセッティングが済んで、やっとご案内していただきました。

スタッフが、ホントに少ないです。

ここで気づきましたが、朝食がさっきまでされていたんですね~。

それで、後片付けが間に合わず、ランチの準備が遅れていたんでしょうね。私の推測ですが。

ランチメニューですが、「少ない、少ない」と聞いていましたから、パスタランチは止めておこうと思ってました。

(パン食べ放題と聞いてましたが、パスタもデザートも食べるのに、炭水化物ばっかり食べ過ぎですものね。)

真ん中のコースが、パンと野菜たっぷりサラダとパスタと、魚か肉と、デザート(あとで知りましたが、ピエールエルメのアイスクリームでした)

肉は子羊で、魚は鰆でした。

私は良かったんですが、一緒にいった方がどちらも好みじゃなく、もひとつ上の、肉と魚両方のコースにしました。

普通だったら、量が多くて、ランチで両方って、あんまりしないんですが、少ない、少ないと言われているから、大丈夫かな、と一番上のコースに。

P1200748.JPGパン少し食べちゃいました。。グリッシーニも入ってました。

P1200749.JPGホタテのグリル?名前忘れました。

下のソースがおいしい!

上ののっているのは、ビーツで、下にもビーツがあります。

P1200750.JPGこのコースのパスタは、ニョッキです。中にパルメザンチーズが入っています。海老も一緒に入っていて、とてもおいしいですが、イタリアンで、これほどパスタの分量が少ないのは、確かに初めてみました。

P1200751.JPG鱈をパンで巻いてソテーされたものだったか。

P1200752.JPG国産牛のサーロインのローストだったか。

P1200753.JPGピエールエルメのチョコレートケーキ?ではないです。

なんかチョコのムースというか、柔らかいチョコの塊です。

周りのソースは後からかけてくださいましたが、私にかけずぎて、連れの方には、ほんのちょびっとに。。ご愛嬌ですね。

アーモンドケーキがついてきて、一緒にどうぞ、と。

P1200754.JPG紅茶と一緒に出てきた焼き菓子。

味は、どれもホントにおいしいです。

パンも珍しく、全部いただいたので(お代わりはしていません)、結構お腹はいっぱいに。

さすがに、足りないとは思いませんが、魚・肉両方食べて、量がちょうどいい、というのは、やっぱり珍しいかも。。。

全体の量からしたら、炭水化物が多いのは仕方ありませんが(外食はどうしてもそうなりますよね)、野菜が少なすぎ。。。

次回は、真ん中のコースにします。

アラカルトにするか、もありですかね。

アラカルトだと、一皿の量も、もうちょっと多いのでは?

ただ、グラスワインもそうですが、値段設定は、かなりお高め。。

(グラスワインは、多分良いモノっぽい気がしました。なので、多少高いのは仕方ないのかもしれません。ボトルのほうがお得かな。。?いや、ボトルはボトルで高いのか。)

お客さんもマダムの女子会風が多かったですが、家族連れ(大人のね)や欧米人夫婦と友人、など、ちょっと他とは違う客層ですね。

お金持ちそうな方がとても多かったです。

予約した順に、いい席が決まっているようで、日曜日に電話して予約が取れたので(残りわずかとおっしゃってました)、壁側のお席でした。庭は全く見えません。

広めの席ですし、ソファーは気持ちいいから落ち着きますけど、昼間は、お庭に面したほうがいいな~、私は。明るいのが好きです。(日光にあたっても。)

P1200747.JPGウワサの個室です。どっかの別荘の一室を移築したんでしたっけ?

最初に、よろしければ、見学もできますので、とおっしゃってましたが、食事の後、ホントにスタッフの手が足りなく、「見学したいんですけど~。」なんて、よう言わん。。。

サービスしてくださった方は、頑張っておられるのがとてもよくわかりました。

その辺は、リッツらしいですね。笑顔がいい!

(電話予約も感じは良かったですが、なんか心配になることがあって、ネットでも予約が取れていなかった、と書いておられる方がいたので、心配になって、前日に予約が入っているのか、確認電話をしました。)

圧倒的に、スタッフの人数が足りないのでは。。?

レストラン予約の電話も、いつ電話しても、「回線が込み合っております」と言われましたが、対応できるスタッフとかかってくる電話の数とが、合っていないんでしょうね。。大変そうです。ご苦労様です。

開業されて、2か月でしたっけ?

引き続き、スタッフを増やして、頑張ってください!

そうそう、ビックリしたのが、1階のトイレ。基本、誰でも入れるトイレ。

手洗い場に、ちゃんとしたハンドタオルが置いてありました。

その昔、大阪のリッツカールトンでは、開業の時に、1階の誰でも入れるトイレに、同じように、ハンドタオルを置いたら、あっという間になくなって、(みんな勝手に持って帰るから。これを、「泥棒」といいます。)、あっという間に、ペーパータオルに変わったというお話。。。なんと治安の悪いことか。。

(レストラン内のトイレは、ちゃんとしたハンドタオルですよ。)

京都は、大丈夫なんだ、とちょっと嬉しくなりました。

開業当初(ものすごい混雑と聞きました)はどうされていたのかわかりませんが、大阪は今でも1階は、ペーパータオルですから。。。京都の場合、2か月でハンドタオルに変えた、とは考えにくいかな。ずっとハンドタオルなんでしょうね。

(大阪みたいに、持って帰らないでくださいね。)

ピエールエルメだけ買いに来ることはできますが、わかっていないと、ちょっと入りづらいかも。。人が全体に少ないのでは、結構目立ちます。

(土日は知りませんが。)

景観のために、低層に、ととてもありがたいお話し。京都のホテルで、地上3階なんて!

京都ホテルも見習え!という話ですかね。

部屋の窓がとても大きく、贅沢な作りになっているのは、外から見てもよくわかりました。

一見地味な感じで、ホテルっぽくないというか、周りになじむように、という配慮でしょうか。シンプル和モダン、といいますか、これはこれでアリでしょう。

大阪や東京のリッツと同じと思っていると、全然違うので。

中は窓のあるところ以外、間接照明で、結構暗いです。特に、トイレはとても暗いので、化粧直しは、ちょっとやりづらいかも。。もうちょっと明るくてもいいんじゃないかな。。

頑張れ!リッツカールトン京都!

落ち着いたら、スパに行きたいです。

早く人数を増やして、HPも、完成させてください。

あれが完成なら、ちょっと情報少なすぎ。。。

昨日のブログの写真をアップしましたので、よろしければ、どうぞご覧ください。

平安神宮の写真だけで、一杯にしてしまったので、あぎやおさんのお料理の写真は、こちらにアップします。

まずは、先日お伺いした時の、バルのお料理です。

患者さんが、先に、バルに行かれて、すごくおいしかった!とおっしゃっていたので、期待満満です!

007.JPGカルパッチョの盛り合わせです。お魚は、二階と同じです。

カルパッチョをどの魚にしようか迷っていたら、お店の方が盛り合わせもできますよ、とおっしゃったので、盛り合わせでお願いしました。

刺身醤油で食べるか、オリーブオイルと塩コショウ・ハーブで食べるか、これはもう好みと気分の問題ですが、こういうカルパッチョは、他では食べられないと思います。新鮮さが違うっ!めちゃ、うまっ!です。

008.JPGタパスの盛り合わせです。真ん中は、オリーブです。

オリーブ大好き♡ 右端の黒いのが、イカスミの塩辛みたいな味なんですが、これがムッチャおいしい~!

あぎやお名物のポテトサラダもはずせません。

タパスって、便利だし、すぐに出てくるし、とりあえず、にはとても大切。

009.JPG岩かきを生か迷った末、フリットでいただきました。こちらは、取り分けたところ。

010.JPGぷりぷりアサリの、名前忘れました。。でも、ムチャ美味い~。(写真、ボケてます。。すみません。。)

他に、キンキのアクアパッツアと他にも何か頼んだような。。。

最後にデザートをいただいて、おしまいです。

食べ過ぎで、パエリアに到達しませんでした。。うう。。

さて、2階のお料理。

100.JPG付だしです。名物水菜の燻製オイル和えというんでしたっけ?かかっている塩がまたおいしいのです。

これ、大好きです。

すみません。。刺身盛り合わせの写真を撮るのを忘れました。。。

101.JPG刺身盛り合わせは、いろんなお魚がのっているので、1種類のワインだけでは難しい、ということで、最初のシャルドネ+3種類(リースリングとソービニヨンブランとなんだっけ?忘れました。。)用意していただきました。

(先に、1階で、スパークリングを飲んできてすぐ後でした。)

102.JPGウワサの、のどぐろです。絶品です。(他のお料理なんでもそうですが。)

103.JPGすみません。。気づいたら、また食べちゃってました。。ホタルイカと九条ネギのバター炒め(だったか。。)

あとは、天ぷら盛り合わせをいただきました。

アナゴのアブラメの新子と菜の花だったかな。(写真忘れました。。)

他にもなんか食べたような。。気のせい?食べ過ぎ?

104.JPG〆のごはんです。

アナゴ(鯛だったっけ?)の骨で出汁を取って土鍋で炊いたご飯に、青のりを混ぜてのごはんか、

アサリと一緒に炊いた土鍋ごはんに、最後にバターを落としていただくか。。。う~ん、決められない。。

アサリにしました。

最後におこげもいただきました。

ごちそう様でした。

1 / 212