プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2014年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > 2014年08月27日



朝晩、めっきり秋を感じる今日この頃。

今年の夏は短かったですね。

昼間は、カーッと照ったりしていますが、ジメジメはしていますが、季節はすっかり秋の気配です。

最近はお天気の悪い日も多く、曇っている日は油断しておられる方も多いと思いますが、紫外線は、まだまだ真夏と一緒と思ってください。

特に、肌全体を黒くするUVAは、年中それほど変わらず、降り注いでいます。

9月の紫外線対策は、真夏と同じと思って、塗る量・回数など同じままでやっといてください。そのほうが安心です。

ただ、湿度が下がる日が出てくるので、乾燥には注意がそろそろ必要です。

同じのを使っているのに、夏の間は、乾燥が気にならなかったけど、最近日焼け止めを塗ると、塗り直しをすると乾燥する、という方は、処置中にどうしたらいいか、お聞きください。

さて、先日の休みの日に、お墓参りに行って来ました。

多分しばらく行っていないので、草むしりも多少しないといけないだろうなとは思っていて、家族と揃っての外出だったので、なんか夏休みみたいな気持ちで、普段はめったに着ない背中側が結構空いている、アメリカンスリーブみたいなブラウス(白)を着て、出かけました。(なるべく明るい色の服を着るようにしています。)

顔と腕には、いつも通り、ばっちり日焼け止めを塗って、熱射病対策に白い帽子も被って、車で出かけました。車内では、肩から腕にかけて、1枚羽織っていました。

(車のおでかけは、全面スモークでない限り、日焼けしますよ。

メーカーが、紫外線カットガラスと言って売っていても、実際、窓側の腕、焼けているでしょう?

何を持って、紫外線カットとうたっているのかよくわかりませんが、窓がある限り、信用してはいけません。程度の差はいろいろですが、実際に日焼けします。

日焼けがイヤだから、手袋される方が多いわけですよね。

日焼けがイヤなら、窓ガラスに頼るのではなく、ちゃんと日焼け止めを塗るか、服で隠しましょう。)

私は、普段ほとんど日に当たりません。

診察室は、窓がないし、処置室は、窓は全部ブラインドを一番光が入らないようにして、遮光カーテンを全部の処置室に入れました。

さすがに、処置中は患者さんも私もイヤかなと思って、そうしました。

でも、待合室や院長室、パウダールームは、なるべく明るくしています。

太陽は、決して敵ではありませんから、うまく付き合っていかないといけません。必要以上に仲良くなる必要はありませんが、つかず離れず、必要な分は利用させていただく、日には当たるけど、老化がイヤなところは、ちゃんとその部分を紫外線カットする、というのがおススメです。

なので、あの新興宗教のような、全身真っ黒に、サングラス+マスク+つばのひろい帽子+日傘、手袋、長ズボン、みたいな恰好は、私は、病気じゃないんだから、止めておけば?と思っています。

他人から見られて、見苦しくなく、暑苦しくない程度に、自分も暑苦しくない程度に、紫外線カットするのがいいと思っています。

ただ、脱毛や背中の処置で、体に光・レーザー治療をされている方は、その処置部分は、ちゃんと服なり日焼け止めで、紫外線カットを徹底していただいています。

だって、処置のお金がもったいないですからね。

処置をされていない方は、通勤や買い物くらいであれば、体は服で隠れていれば、それでいいんじゃないですか?と言っています。

たとえ、白い服だったとしても、裸よりはマシです。

でも、日に当たって、すぐに黒くなる方の場合は、どこまで晒すのか、難しいところですが。

患者さんの中には、通勤の時しか、太陽に当たらないという方が時々いらっしゃって、職場も地下室や地下街・デパートなどの奥のほうなど、ホントに太陽を見ない方、休みの日は、夕方まで寝ているから、ホントに外に出ません、という方がいらっしゃいます。

ここまでくると、たまの当たる日、顔は焼け止めを塗るとしても、体は、そんなに塗らなくていいんじゃない?と申し上げています。

多少の紫外線は、いろいろなメリットもありますから、どこで妥協するのか難しいかもしれませんが、まあ、ほどほどに。。

だからと言って、急激に焼く(強い日差しお直射日光しをいきなり極端に浴びる)のは、ダメですけどね。

さて、お墓参りに行く前に、背中は、手の届くところにしか塗りませんでした。

肩甲骨のあたり、塗れるところだけ。

背中を焼くことって、南の島に行っても、めったにしませんから、背中があまりちゃんと塗れていなくても、まあ、いいかなと、油断していました。

夏が終わると、なんかうっすら半そでの方がいっています。ひと夏の日焼けの量といいますか、体は正直ですね。

その微妙な差をなくすために、腕の上半分は薄塗りというか、半そでより下にたっぷり塗るとか対処しています。

お墓にいたのは、片付け等も含めて、約1時間くらい。

そのあと、クリニックのほうへ移動して、四条界隈、ちょっとぶらぶらしていました。

その頃より、なんか背中が痒くて、蚊に咬まれたのかな?と思って、ちょっとだけ手で掻いていました。

でも全然痒みが治まらず、なんかおかしいな、と思って、家族に診てもらったら、赤くなっている、というので、鏡を見るまで自体を把握していませんでした。

汗と日焼け止め、そこに日光などいくつも重なると、思いがけず、飛んでもないことになることも多いので、なにかと反応したのかな、と呑気に考えて、家に帰ってビックリ!

肩甲骨のところ、日焼け止めが届いたところと、白い服で隠れていたところは、きっちり白いままで、塗り忘れたところと服の間が真っ赤になっています。

「SUNTUN」日焼けですね。

一体、どこの南の島に行って来たの?というくらい、真っ赤になっていて、市内やんか!と油断大敵を身を持って知りました。。。

顔と腕はきっちり塗ったので大丈夫でした。

(赤くなっていないからと言って、シミの予備軍を貯めていないわけではありません。それとはまた別です。)

お墓参りということで、ヘリオケアも飲んでいないし、日焼け止めを塗っていないところを、紫外線にさらすなんて!!

一生の不覚っ!!

私は、18~19歳くらいから、ずっと日焼け止めを塗っています。

若いころは塗り直しまで徹底はしていませんが。

日に当たると、赤くなるタチだったので、それがイヤで塗っていただけなんです。

大人になってからは、(美容医療をするまで)、わりと塗り直しは勝手にしていました。

あんまりきつく焼けた時(セブ島や東南アジア、など)には、かなりの水着の型がいっていて、今でも一部残っています。

それが今だったら、どれくらい火傷するのか興味深々でした。

。。。まだ少し赤い(炎症が起こっているから)もありますが、薄いベージュ色~茶色にかけての色になってきました。

。。。もう、赤くなって、消えて、終わり!という肌質は、この20年以上の間に、消えてなくなってしまいました。。。

面白かったのが、腕~肩にかけては、資生堂の日焼け止めを塗っていたんですが、見事なまでに、赤くなっていませんでした。

さすが、資生堂ですね。→続く 

すみません、HPに載せるを忘れておりましたが、9月4日休診とさせていただきます。

日本美容外科学会(形成外科主催のほうです)に行って来ます。

私は、美容外科医ではないので、直接は関係ないんですが、美容医療をされているドクターで、学会やセミナーで講師を務められるような偉い先生方は、皮膚科医よりも形成外科医のドクターのほうがなぜか圧倒的に多いのです。

たまたま?かどうかはわかりませんが、中心となってされていらっしゃるのも形成外科のドクターが多いので、この美容外科学会(形成外科のほうの)でかなり学術的な講演が行われることが多いです。

企業主催のセミナーも大変ためになりますが、学会の場合、自分の好みはもちろんありますが、あまりにも企業よりの内容にはなっていないのがいいですね。

企業セミナーの場合、そこの機械等が大好きなドクターばかりが講演されているので、情報に偏りがあるのも事実です。

でも、その機械について聴きたい時は、たんまりと聴けるので、手っ取り早くありがたいところです。

その辺の取捨選択は自分でしないといけません。

どちらにしろ、秋の正式な学会というのは少ないので(ほとんどが春)、この間に出てきた新しい情報を聴きに行ってまいります。

すみません、この日は、クリニック自体も休診なので、診察だけでなく、お電話も通じませんのでご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日、やっと自分の顔に、タイタン・ジェネシス・ライムライトをすることができました。

AC BODYはできませんでした。時間がなくて。。。うう。。インナーマッスルと太もも、鍛えたいのに。。

自分の顔にレーザー等をあてるのは、2か月ぶりくらいです。やっとです。良かった~。

久しぶりにすると、やっぱり面倒ですが、嬉しいですね。

今年の夏の変な天気と冷房・紫外線で弱っている肌の代謝を上げることで、お肌も元気に。

今の時期は、フォト系をする場合は、肌にもよりますが、強くするのではなく、シミの予備軍を減らすために、代謝を上げるために、秋~冬に、ガンガン強くしていけるためにやっとく、ようなイメージで、いつもしています。

(この時期でも、強くすることはあります。こればっかりは、シミの状態と肌によるんですよね~。)

毎月レーザーをあてていると、なんかやってもやらなくても同じだな、ホントに効いているのかな、と思う時ってあると思いますが、そういう時は、一旦止めて見るんです。

2か月くらいすると、あれ、私の肌って、顔って、こんなんだった?と、アレレ?と焦ってきますから、あ~、効いていたんだ、ということが実感できます。

(計画的に治療している最中は、担当のドクターとご相談くださいね。)

ず~っとレーザーをしている方、ず~っとと言っても、どれくらい、というのはピンキリでしょうが、何の目的でしているかにもよりますが、たまにはお休みしたらいいと思いますよ。特に、アンチエジング系は。キリがないので。

いつ休むのか、どれくらい休むのかは、治療内容・目的によっても違うので、そこはやっぱり主治医の先生と相談です。

強い治療を休んで、その間に軽いことをするとか、他のことをするとか、何をするかは、患者さんのご希望によっても違いますが。

軽いモノでも、代謝が良くなって、血行が良くなって、(レーザー等の治療の種類によって違います)

くすみやすい方は、ジェネシスやライムライトをすると、直後にくすみが取れて、パッと明るくなるし、(直後にシミがなくなるわけではありません)、化粧のりは良くなるし、大きな期待を持ちすぎなければ、それなりの即効性はあって、日常生活を気にすることなく、ちょっとお肌のランクをあげることができて、おススメです。

肝斑がなければ、気になった時だけ、ライムライトをされている方もいて、目立ったシミがなくても、そろそろシミの予備軍が溜まってきたかな、と思われた頃に来られるようです。

レーザー等をあてて、何日目が一番キレイですか?とよく聞かれますが、これは何のためにしているのか、設定にもよりますし、肌の状態にもよりますし、ケースバイケースなので、何回かされている方は、ご自分のペースをわかっていらっしゃるので、イベントの前にやりたいと考えておられる方は、イベント前に、やった後の感じと経過を先にみておくほうが万全の態勢で臨めると思います。

うちにはありませんが、ダウンタイムの出る治療の場合は、直前にはやらないほうがいいでしょうから、そこ辺は、よくドクターと相談して(信頼できるドクターとね。あと信頼していても、自分と感覚の似ている人とね。でないと、副作用ほとんどないですよ、と言われても、ウソじゃなくて、そのドクターは本気で言っていることもあるんですが、そのドクターからしたら、大したことなくても、貴女が大したことと取るのかどうか、というのは、全く別の話なので、経験していない限り、なんでも鵜呑みにはしないほうが無難です。自己防衛はちゃんとしてくださいね。)、日程を決めるべきでしょう。

これから夏休みを取られる方も結構いらっしゃると思います。

9月は連休もあるし、秋到来!ということで、イベントがいろいろ出てくる季節ですね。

秋の服や小物も欲しくなるし、何故か秋になると、色白のほうがいいイメージがなんかありますか。

慌てて、美白治療をするのもダメではないですが、今までさぼっていた方は、かなりの根気は覚悟してくださいね。

まあ、どこまでのレベルを目指すのかですが。

でも、あきらめなければ、いつから始めても、いくつから始めても、必ず良くなりますから(完全に消すとかは無理ですよ)、できることから始めましょう。

美容医療初心者の方は、なるべく簡単なモノ、ダウンタイムが出ないモノからされたほうがいいと思います。慣れてから、いろいろ興味のあることから追加するのが安心です。

夏休みがこれから、という方で、ダウンタイムの治療をやる予定の方も、施術前の診察・カウンセは、抜かりなく、お早目に。

スキンケアは、何をやるやらないに限らず、年中頑張ってください。その時の状況で、スキンケアは変わりますから、いつも同じスキンケアでいいわけではないので、詳細は、カウンセ、もしくは処置中にご相談ください。

ヘアケアも同じですよ。そろそろ薄毛の季節、本格到来ですよ~。

体、冷やしちゃダメですよ~。

1 / 11