プロフィール

  • 院長
    柴 亜伊子
  • 京都四条 あいこ皮フ科クリニック

カレンダー

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近投稿した写真

ホーム > 2015年05月



学会やらなんやかやで、6月のキャンペーンのことをすっかり忘れておりました。。。申し訳ありません。。

やっぱり、博多は遠いですね。新幹線で行ったからでしょうか。飛行機でも結局同じくらいかかりますよね。空港まで移動するのに。

2時間半以上、ずっと乗りっぱなしですものね。東京よりも遠いわ~。

お土産に買って帰った明太子が、辛くて~!

前の私だったら、「博多とおりもん」と「ひよこ」は絶対にはずさなかっと思いますが、

今回はナシです。私も頑張ってるね~。

おいしいのはわかっていますし、知っていますが、買いませんものね~。

いつもだったら、明太子でもリサーチをするんですが、忙しくて忘れてました。。

できれば、添加物の少ないモノがいいな~。

ごはんではなくて、お豆腐などにのっけて、食べます。

この2日間、ホテルの朝ごはんも明太子は、お豆腐につけていただきました。

あ~、もっとちゃんと調べておくんでした。次回、博多に来た時は、それを買います!絶対に!!

さて、6月のキャンペーンです。

さっき、思いついて書いたので、追加が途中から出るかもしれません。

思いついたら、すぐに足しますね。

6月と言えば、ジューンブライドと思いきや、最近は梅雨になるから、5月や7月のほうが多いらしいですね。

ジューンブライドは、日本の気候のことは考えていませんものね。

ま、でも毎年恒例の、ジューンブライドフェア(?)で、ウェディングプランをされた患者さんに、スキンケアセットをお渡しします。日焼け止めも!

新婚旅行などの時にあったら便利、とよく言っていただくので、付けてみます。

そして、暑くなってくる季節、やはり毛穴と毛穴のつまり・汚れが気になる季節本番到来ですね。

毛穴強化キャンペーンです。

それと、ボディですね~。脱毛ももちろんですが、あ、ワキボトックスもね、クリニックでのケアも大事ですが、ホームケアも大事です。

かかとのピーリングとか背中や胸のニキビ(ニキビじゃないこともしばしば)、脚や腕のシミ、手や腕のシワ、肘や膝の黒ずみなどなど、体の露出度が上がる季節ですね。

体のシミやシワに、レーザーなどはもちろんあてればいいんですが、かなり贅沢な話ですし、お金もかかります。。。

なので、ホームケアですね。

よほどのコンプレックスか、急いでなんとかしたい、という方以外は、ホームケアでのんびり、というのも一つの方法です。

そして、ダイエットが気になる季節ですね。

全体痩せか部分痩せか。。

どちらの方でも、栄養解析はおススメです。

効率よく、科学的に、痩せましょう!

若い方は、代謝がまだいいから(栄養不足でも)、頑張れば、すぐに効きますよ~。

トゥルースカルプもいいですが、AC BODYで汗をかくのもいいと思います。

なにせ、ご本人は寝ているだけなので、そういう意味では楽ちんです♪

筋肉がついてこないと、体も動かせられませんしね。

まだ、やったことのない方は、ぜひどうぞ。

抗加齢医学会総会、2日目。

いや~、やっぱり今日来て良かったです~。たくさんの新しいことを知ることができました。良かった、良かった♪

朝早かったのと、お昼に出たお弁当のおにぎりを食べてしまったので、ちょっとだけ、ホントにちょっとだけね、途中で寝てしまった。。。うう。。。ああああ===-=午後からのは、ひとつの演題をまるまる寝てしまったのは、痛かった。。恐るべし、糖質!眠気に抗えませんでした。

今日の商業展示で、付き合いのある業者さんを回っていたら、私のブログを見た、一般の方やドクターからの問い合わせやご購入があったそうで、良かったです~。

(私に、何かマージンが入るとか、そんなことは何もありません。)

声をかけてくださったドクターもいらっしゃって、とても嬉しかったです! 私も励みになります!

私のブログが、みなさんのなにかしらお役に立てたのであれば、幸いです。

いわゆる、たくさんの敏感肌用、とうたっているような化粧品等があります。サプリもしかり。

でも、その中で、本当に良心的な企業や中身も良心的なものとなると、ホントにちょっとです。

また、個人個人によって、合う合わないもありますし、もちろん好き嫌いの好みも、値段もいろいろなわけですから、選択肢は多いほうがいいと思います。

選択肢も、10個も20個もあったら迷いますが、2~3個とか、せめて5種類くらいの中からだったら、選びやすいでしょうし、それくらいの種類があったら、大体の方をカバーできるのでは?と思います。

シンプルに、保湿オンリー、です。美白もアンチエジングもニキビとかのおまけはなしです。

化粧品ですが、例えば、レチノール商品のオバジやナビジョンのシリーズやアンチエジングのエビーゼなどは、お肌の状況によったら、今はまだ止めておきましょうと、私は言う時もありますし、使ってもいいですけど、合うかどうかは使ってみないとわかりませんよ、という時もあるし、良かったら一度使ってみては?はと積極的におススメする場合など、それは人それぞれです。

何かしら、「効果」を求めるモノは、、リスクというか、敏感肌用ではないため、やはり基本は健康な肌(そこまでいかなくても、大きなトラブルのない方)用です。今、炎症がある方には、薬ではないので、勧めないことが多いです。

(ごく一部に例外あり。それは、商品や状況によります。)

いわゆる、低刺激用、敏感肌用となると、別に敏感肌じゃなくても、誰でも使っていただけるので(合う合わないは、別の話です)、あとは好みの問題ですから、もうちょっと種類は欲しいところです。

先日、資生堂の方(開発のほうです)とお話しした時に、こんな化粧品が欲しい~っ!と私の要望も好き勝手にお伝えしました。

ま、一消費者の一意見です。

できたらいいな~。

ついでに、忘れていた商品が話題に上がり、おお!そうだったっ!と、再認識!

(また、ご紹介します。)

化粧品の開発って、真剣にやればやるほど、お金がかかります。規模もある程度要ります。

だって、いろいろと実験しないといけませんからね。

規模(実験施設とか)のないところであれば、どこかの別の機関に、それをお願いしないといけません。大変です。

できと~に、混ぜたらOK!というものではありません。もちろん、法律の問題もあります。

てきと~で、刺激なく、というなら、ワセリン塗るか、精製水にてきと~にグリセリンでもちょっと混ぜておけば、すっごく安くで自分で作れるわけです。

でも、そんなの、みなさん、イヤですよね。使い心地とか、保湿力とか。。いくら、刺激が少ないと言っても、ね~。

やはり、餅や餅屋、です。プロが作ったものに勝てるわけがありません。

企業が作る以上、どこでもそうですが、コストを考えないと、企業は潰れますから、原価率や販売戦略も大事ですが、やっぱり、本当にいい商品やいい企業が生き残ってほしいな~。あやしい企業が、すごく儲かって、消費者をだましまくって、使っている人は肌(体)ボロボロ。。ムダ使いでした。。では、行けないと思います!

本物のドクターズコスメって、開発に携わるドクターの知識などって、ハンパないと思います。(本物ね。ほ・ん・も・の!)

メーカーに、「こんな感じで~。お願いしま~す。」って言って丸投げで、クリニックのシールを作ってもらって貼って、オリジナル化粧品、としているのとは、わけが違います。

ドクターズコスメに関わらず、手間暇かけた本当にいい商品と、てきと~な商品と、どの世界でもありますよね。

全部がてきと~になってしまったら、日本は滅びてしまいますよ~。消費者が踊らされることなく、良いモノを選んでほしいです。

そりゃ、添加物ゼロのモノなんて存在はしないんですが、イメージで買うのは止めましょうよ。そして、根拠も何もない、お金でどうにでもなるような宣伝(テレビ・雑誌・ネットなど)を真に受けて買うようなことをしている限り、そういう悪徳企業は、いくらでも出てきます。

ホントにいい企業って、そんな、消費者が飛びつくような、都合だけがいいような、イメージだけの商品って、あんまり作りません。

品質が落ちますからね。それなりの、ブランドによっても違うでしょうけど。

なので、いい企業は、そういう世間の変な嵐に巻き込まれないようにしてほしいな~。でないと、自分が買いたい時に、まともなところがないっ!ってなっちゃいますもの。困るのは、自分になるんです。

なので、皆さんも、化粧品でも、サプリでも、買う時は、ちゃんと選んでください。

ドラっグストアで、店頭山盛りになっていたから、と、名前すらも憶えていないような商品を使うのは止めましょう。

安いなら、安くても、ちゃんとこだわって買う! 名前くらい、わかって買いましょう。

てきと=に買って、てきと~に使っていたら、肌も体も、てきと~になっちゃいますよ。

(ホントにいいものが、そんな安い値段で買えるわけはないんですが。。冷静に考えましょう。ただ、純石けんのように例外はあります。)

お肌が健康になれば、そこまで行かなくても、ある程度元気になれば、いろんな次のステップがあります。好きな時に好きなことができます。

そこが大事です。

ベースがないのに、いきなり応用したって、無理なだけです。

特に、肌のアンチエイジング関係をしたい方は、まず先に、お肌の健康を!!

今日から福岡で開催されている抗加齢医学会総会に参加するために、今日、診療が終わってから、のぞみで博多へ移動。

なんとか、患者さんとスタッフのおかげで、無事10時くらいには博多駅に着くことができました。よかったです~。ありがとうございます。

実は、福岡は初めてです。

博多ももちろんのこと、全く土地感のないところに、夜10時前後にウロウロするのって、ちょっと心配。。。私は、すごい方向音痴なので。。

博多駅のホームに着いたら、向かい側のホームの九州新幹線「つばめ」が止まっていました。

キレイですね~♡

いいな~、九州新幹線乗りたいな~。鹿児島に行って、白熊食べたい。。

(おおっと、糖質制限だった!もうちょっと痩せたらね、たまにね、って、今もたまに食べますが。。。でも、食べる際は、最大限の工夫をして、血糖値が急上昇しないように細心の注意をしています。もちろん、たんぱく質と良質の油もしっかり!

なので、最近は低血糖に悩むことはないような気がします。

ここまで来るのに、かなり長かったですが。。。

糖質を食べ過ぎていた期間が長ければ長いほど、完全に呪いが解けるのは、時間がかかるかも。。勢いで、短期ならいけたんですけどね、油断した隙に、また呪いにかかる、という繰り返しで。。

かなり大変でした。やっとここまで。ふう~っ。

なので、人一倍、糖質制限をしていくコツはつかんでおります。糖質制限をする気のある方で、なかなかできないと悩んでいらっしゃる方は、どうぞ処置中にご相談ください。

きっとできるから!!

一番のコツは、あきらめないことと、やる気です。やる気がないのを、どうすることもできませんので。

やる気さえあれば、何でもできますっ!!大丈夫ですっ!!

さて、博多駅。

デカいですね~。

なんか、すっごい都会。。。京都は、ちっちぇ~いので、いつも、東京・大阪・名古屋に行くと、京都は、地方都市だな、と思います。

観光都市ではありますが、人口も少ないし、街全体がとても小さい。コンパクトではありますが。。

あまりの小ささに、京都の人は、どこで買い物しているんだろう、と思うことがあります。

やはり、お店の数は、東京・名古屋・大阪とはくらべものになりません。(少ないのです)

お店だって、すごい人が入っているわけでもないし。。。

みなさん、お取り寄せでしょうか。

京都駅は、かなり前に建て替えられて、大きくはなりましたが、それでも他の大都市に比べると、やはり小さ目かな。だって、高さも規制あるし。。。

その分、空は広いかも?

あ、学会に話を戻します。

実は、今日からの開催は、抗加齢医学会だけではなく、日本皮膚科学会も総会を、なんと!横浜でやっているんです~。

なんで、ぶつけるかな~。

と、そこで、抗加齢医学会のエライ先生方と、皮膚科学会のエライ先生方が、あまり被っていない、ということですね。。。被っていればぶつけませんもんね。

普通の皮膚科医なら、皮膚科学会に行くでしょう。

私は、変わっているので、抗加齢医学会のほうに。。。

皮膚科学会は、美容皮膚科学会を作ったので、美容関係はそっちでやりなさいとばかりに、皮膚科学会のほうでは、演題などに美容のことが取り上げられることがありません。(そりゃ、そうだ。)

レーザーのセクションがあっても、アザとか保険診療のことだったり、美容ではない。

ランチョンセミナーとか企業主催のセミナーは、美容関係・自費関連はありでしょうが、メインにはないんです。

でも、商業展示は、皮膚関係は、最大規模となるので、いつも皮膚科学会の総会に行って、講演は聴かなくとも、商業展示だけは必ず行く!としていたんです。。

あ~、残念っ!

なにか新しい、良いモノがないか、ちょっと確認したかったのに。

と言っても、怪しい、知らない企業の商品を、確認もせずにいきなり仕入れたりするわけではないので、知っている企業であれば、遅かれ早かれ情報は入ってくるので、いいと言えばいいんですが。。。

でも、でもっ!気になっていた企業が出展していたり、あ~、確認したかったな~。

エクイタンスとの出会いも、全く付き合いのない企業で(サンスターです)、最初は、半信半疑で、ふ~む?と思っていたら、たまたまテスターをちょっと多めにくださったので、肝斑の患者さんに使ってみてもらったら、ものすごい評判が良くて(私には、肝斑がなかったので、試しても効果がわかりませんでした)

総会になると、知っている企業でも、いろんな資料を揃えて来られていたりして、あ、これ知らなかった!ってこともあるので、いつも絶対に出ていたんですが。。。

(皮膚科学会の場合は、金・土・日なので、休診にせず、日曜だけ企業展示を観に行く、という感じです)

あ=、残念。。さすがに、福岡・横浜間は、ちょっと無理。。

さて、今回の、抗加齢医学会、主催が初の形成外科ということもあり、美容医療関連が充実しています。

そして、ホントは、いつも、皮膚のアンチエイジングだけではなく、耳や目や鼻、性ホルモン、運動機能、口腔や歯のこと、栄養や食事・サプリメントと、聴いてみたいことが山ほどあるんですが、それぞれが被っちゃいますから、いつもどれかしか(やっぱり皮膚関係)聴けません。

去年もあったと思うんですが、今年も溝口先生のセミナーがあるので(しかも無料!)、それだけでも行く価値はあるかなと。抗加齢にしちゃいました。

抗加齢のほうは、もりだくさんなので、朝も早いし、もう寝ます。。

お休みなさいzzzz。

 

化粧品関係の企業セミナーも多いと思うので、そういうのは行きたいんですよね~。

酵素のサプリや酵素たっぷりの食事って、流行ってますか。誰が流行らせてるでしょうね、一体。

患者さんでも、時々酵素を飲んでいらっしゃる方がいて、患者さんに目的を聞いても、はっきりと答えられる方は、誰ひとり、いません。

その販売しているサイトもいくつか見ましたが、イメージだけで、一体何にいいんだか、どういいんだかは、書いていません。。。。

そりゃ、そうだ。データーがないから、書けるわけ、ないですよね。

イメージとして、いつまでも元気、みたいな感じで売られていることが多いですかね。

商品によったら、黒くてドロドロしていて、決しておいしいとは言えないような代物で、よく口に入れるな~、と感心してしまいますが、みなさんは平気ですか?

体にいいと思ったら、口に入れれますか。。ああ、そうですか。

私は、ヤダナ~、わけわからんものを口に入れるのは。

サプリで摂ることの意味がよくわからない。。

一体、何がいいんですか?いや、マジで!

私は、野菜で摂ってる、ローフード(なんでも生で食べる)で摂っている、という方も時々いらっしゃいます。

確かに、野菜でも肉でも卵でも魚でも、生で食べる時と、火を通した時とで、栄養素は摂れる栄養量は変わりますが、何でも生ばっかりで食べるわけにいきませんし、生で食べるには限界があります。火を通したほうが食べやすくなったり、その分、量がたくさん食べられたりと、ひとつの食材も、いろんな調理法で食べるということが大切です。

全部の酵素ってわけではないんでしょうけど、酵素は熱に弱いので、火を通すことで、酵素が失活したりするので、食材から酵素を摂りたければ、生で、となるのかもしれません。

ローフード推奨派の人の意見は、そういうことで合ってますか?

さて、その酵素ですが、サプリで摂ろうが、食材で摂ろうが、全然関係ありません。

酵素を摂っても、酵素にはなりません。

牛食べても牛にならないのと同じです。

消化吸収されるのに、バラバラにして吸収しますから、酵素の形では吸収されません。

ただ、消化酵素は別です。

特に、たんぱく質をたくさん食べた時や、なかなか消化酵素が出ていなくて(足りなくて)、消化吸収がうまくいかない方が、うまくいかせるために、消化酵素剤を摂るのは、私もやりますが、これは全然話が違います。

消化吸収を助けてくれるものなので、これは、サプリでもなんでもなく、体からしたら、胃薬ですね~。

酢豚にパイナップルが入っているのと同じで、パイナップルの酵素が豚肉を柔らかくしてくれます。果物は(種類にもよりますが)酵素が多いですね。

そういう意味では、消化酵素の働きをする果物を食べれば、消化を助けてくれる働きはあると思いますが、果物は種類にもよりますが、血糖値を上げて、皮下脂肪もつきやすくなりますから、消化のためにたくさん食べるんだったら、胃薬飲めば?と思います。

果物として食べるなら、それはその方の自由ですが、それなりの欠点が、何にでも、あります。

さて、いろいろ話題になっている酵素ですが、酵素の種類はたくさんあって、食べ物やサプリで摂っても、私は意味がないと思います。

だって、酵素って、自分で作り出すものだから。

自家製じゃないと! 自給自足でないと!

外から摂ってもね。。

キムチや納豆、チーズなどの発酵食品は、また意味が別ですよ。酵素とは、ちょっと違う。発酵食品は、適宜適量摂られたらいいと思いますが、これらは、消化酵素でもありません。

野菜を発酵させたものとか、なんでも「発酵」とか「酵素」と言えばいいと思って、という商品が巷に溢れています。

一体、何がいいんでしょう。。

(あやしい人が、「とてもいいんです~」とかいう、いわゆる「個人の感想」というのは載っていますが、医学的にどうか、という話は、一切ない。。。

そんなにいいなら、何か証拠を見せてほしいものですね。)

さて、その酵素を自分でちゃんと作る方法ですが、酵素の材料は蛋白質なので、たんぱく質を食べていない人は、酵素が全然作れません。作っていても、全然足りていません。

野菜をいくら食べても、たんぱく質はほとんど入っていないので、酵素は作っていません。

一番いいのは、お肉ですね!蛋白質として食べるなら、お肉はとても優秀です。

栄養価がとても高い。しかも吸収率も。

焼肉でも鉄板焼きでも野菜炒めでも、とりあえずなんでもメニューはかまいませんもちろん、肉ばっかり食べているわけにいかないので、魚介類も豆類も卵もいろんなモノをバランスよく食べないといけませんが。

また詳しく書きますが、なんちゃってベジタリアンの人、ちょっと増えてきましたかね。。

野菜は、かなり食べておられます。

なんちゃってベジタリアンでなくても、大体の女性の方が、新興宗教「野菜の友」(今、勝手に私が命名しました)の信者か?!というくらい、野菜は食べている方が多いです。

でも、いくら野菜を食べても、全然栄養がありません。

栄養価ゼロとは言いませんが、さっさと牛肉ステーキ1枚食べたほうが、よほど栄養価は高い。。

バランスのよい食事、というのが、とても大事です。

今、酵素を飲んでいる方は、何がどういいのか、どこかに書いてあるか調べてください。

どこ探しても、そんなことが書いていないのであれば、(書いていないと思いますが)、それ、飲まなくてもいいんじゃないでしょうか。

ムダなお金を使うより、そのお金で牛肉を買ってり、お惣菜を1品でもたくさん、のお金に使ってください。

診察・カウンセリングを受けられる際の注意事項なんですが、初診の方で、た~くさん聞かれたいことがあるのは、よくわかりますが、お取りしている枠に限りがありますから、そんなたくさんのことを全部聞く、というのは無理です。

例えば、シミも、うちの取り扱っている化粧品の説明も、今使っている化粧品を見てほしい、髪の毛も、サプリメントや栄養療法のこと、ついでにトゥルースカルプやダイエットのことも、などなど、ここまで盛りだくさんでは、これ、最低でも5時間以上はかかります。

シミがらみで、うちの化粧品についてとか、今使っておられる化粧品のことに触れることもありますが、基本は、スキンケアの話とからめて、シミの治療とシミに対しての自宅でのホームケアの話になりますから、これだけでも1時間でも足りません。

なので、その方がどうしたいのか(予約時点での)で、話を進めていきます。

特に、その日にできれば処置ご希望となると、もちろんその後の時間は空いていないとダメですが、治療の話もしっかりしておかないと、お金を払うわけですので、いい加減ではいけません。

また、病気をお持ちの方・検診で引っかかった・薬を飲んでいるなどとあると、その説明もしないといけないことがあり(治療に絡んでくることがあるので)、その経過を聴いて確認するだけでも時間がかかります。

頭の中でまとめて来られている方や、普段からブログを結構読んでおられる方の場合は、スムーズにいくので、説明が早く進めば、他のことの話までいきますが、まあ、なかなか全員の方がそうはいきません。

たくさんの情報を与えたほうがいいのかなと、私はほとんどしゃべっりぱなしですが、途中で、話を飛ばす方がいらっしゃって、飛ばしたければ飛ばしていいんですが、そこで話は全然別の方向に行きますから、さっきの話、まだ途中ですけど、話を変えますか?と聞くと、時々、変えます、という方がいらっしゃいます。

もちろん、さっきの話はまだ終わっていないので、その処置をやりたいと、カウンセ後に言われても、説明が済んでいないので、できません、というか、やりません。

そういう方は、あちこち飛ばすだけ飛ばして、まさに抜粋したように思っていらっしゃるかもしれませんが、全てが中途半端で、前後の話も聞かずに、そこだけ聞いても、何も身につきません。ベースがあれば、「抜粋」でもいいんですけど。

カウンセ内容がかなり濃いし、ブログを読んでいない方からすれば、寝耳に水というか、初めて聞く話ばかりで、ちょっとカルチャーショックというか、パニックというか、今までいいと思ってされたきたことを、下手すると180度全否定になりますから(ここまで否定される方も珍しいですが。。)、なかなか受け入れられるのに時間がかかるようで、そこでちょっとフリーズされるのか、1個1個、話が止まっていきます。

これでは、時間がいくらあっても足りませんわな。。。

なので、あらかじめ、ブログ内の関係していそうなところはさかのぼって読んでおかれると、とてもいいんですが、予約時に言っても、読まない方も、稀にいます。

カルチャーショックを受けても、スっと入る方は、パッと切り替えられるのでいいんですが、そりゃまあ無理な方もいて、頭が飽和状態というか、もう情報漏れているし。。。処理能力を超えたようです。。

そういう方が、スキンケアは聞くは、ヘアケアは聞くわ、サプリや健康相談などなど、分野が違うことをたくさん聞かれても、ますます飽和がひどいことに。。

診察・カウンセが終わって、時間もあって、処置をするこになれば、処置は全部私がするので、処置中にも、さっき足りなかったところを説明はできますが、どんな処置をされるかで、時間が全然変わって来ますかから、短い処置だと、説明する時間も短くなります。全部は無理です。。

長い時間のかかる処置であれば、その間もたくさん聞けるので、そういう意味では、ラッキーですね。

例えば、タイタン・ジェネシスとか、肝斑セットとか。。

初めての場合、聞かれたいことをまとめておく、というのは、とていいことですよ。頭の中が整理できますし。。

再診の方であれば、今までの話もいろいろ聞いて来られたわけですから、何回かした話であれば、短い処置中に十分話は終わるでしょうけど、カウンセ自体が長そうな内容であれば、時間が足りません。

その場合、もっと説明が聞きたいとなると、カウンセ時間を別にとって(カウンセ代がかかります)、となります。

また、再診の方で、予約時の電話では何も言っていなかったのに、肌なり体に変化があって、その説明をしておかないといけないとなると、必然的に、お金を払っていらっしゃる処置に対して、説明をしないといけません。でなにとお金を払った意味がないですから。

その中で、他に聞きたいことが山ほどある(これも電話でおっしゃっていない)と、そりゃ、これも無理でしょう~、となります。

初診・再診に関わらず、時間が限られていますので、お一人に、診察・カウンセリングに3時間も4時間も取っていませんから、できるだけブログ内を検察して、先じ読んでおかれたほうがいいですし、お電話時など、あらかじめてお教えください。

昨日の夜から東京に移動して、今日も朝からみっちり栄養療法オーソモレキュラーのセミナーに行って来ました。

今日の内容は、これまた濃い内容でした。

すご~く濃かった。。

医師であれば、誰でもみんな学生時代や国試の時、その他もろもろ習ってきたこと・勉強してきたことではありますが、それが人間の体に全然結びついていなかったというか、まさに机上の空論のような。。

いえ、内科のドクターで専門の方であれば、ご存知の内容も今日はあったと思いますが、そこは分子整合栄養医学からの切り口で、はは~っ!とちょっした感動と衝撃~。

そうなっていたのか!

いや、ホントに、学生時代、何を勉強したんだか。。

いえ、医師になってからも、一体何を勉強してきたのか、という感じです。

ひとつ言えるのは、体調で気になることがあれば、何であったとしても、基本は糖質制限ですね。

これ、全ての基本です。

これにつきます。

蛋白質をいくら食べようが、良質の油を摂ろうが、高級なサプリをたくさん摂ろうが、糖質制限で血糖値のコントロールがついていなかったら、症状にもよりますが、なかなか大変です。。

症状によったら、根本的な原因が、まさに糖質にあったりするので、糖質制限をしない限り、ホントに難しいことがあります。

どこまでの糖質制限をするのか、というのは、まさに症状と個人の体の状態によって全然違いますから、それは、やはり診察と栄養解析が必要です。

でも、食事内容を見直すくらいなら、溝口先生の本を買って読んで、ご自分である程度のところまではやれますよね。

(持病や検診で異常を指摘されたなど、なにかある方は、勝手に判断せず、主治医に相談してからにしてください。病気によっては、自己判断をしてはいけない場合があります。

また、自己流にアレンジしすぎて、本に書いてあることとは似ても似つかないことをされている方がいて、その自己流が持病に影響する場合もあり、そこまでは誰も責任はもてません。

ご心配な方は、専門のクリニックに受診してくださいね。)

うちで栄養解析をされた方に、解析結果の説明をする場合、大体の方がレーザーなどの処置中に聞かれるわけですが(解析結果だけで時間枠を押さえるなら、別途診察・カウンセ委料金がかかるので)、レーザーの処置内によったら、説明時間は足りません。

解析のためだけに来られている方も、1時間枠をお取りしても、全然時間が足りていません。

解析する前から、食事の改善は言っているわけですが、ほとんどの方が自分には関係ない(自分はできていると思っているので)と、あまり本気にされていなかったり、聞き流していたり、関係もないし、やりたくないから、自己流にアレンジして全然違うことをされていたり、と、その再確認から始まりますから、時間が足りるわけはないんです。

最初の現状把握がなかなかできない方が半分くらいでしょうか。いらっしゃいます。

「結構食べているのに~」とおっしゃるので、全員の方に、例えば普段の食事、ここ数日の食事内容を聞いていますが、「そうですね、食べてるのにね」と答えたことは一度もありません。

よくあるのが、何度も書いていますが、たんぱく質がほとんど何も入っていない食事が何度もある、普通の食事内容(いわゆる定食屋さんみたいな感じ)からごはんを抜いただけ、とか。

ご飯を抜いでいるんだから、いいんじゃないの?とお思いでしょうが、糖質を減らす分、エネルギーの確保も必要ですし、たんぱく質・良質の油、もちろんビタミン・ミネラルと必要なわけです。

ただでさえ、今までの食事で栄養失調だったのに、そこからさらにごはん類を一切抜くわけですから(おかずが増えることなく)、カロリー不足の栄養不足となります。

余分な脂肪がついていた方は、これはカロリーも減りますから、まあ痩せますが、カロリーは足らんわ、栄養は足らんわ、となると、脳から猛烈に、「もっと食え~!」という命令がおります。

このままだと、危機的な栄養失調になると脳は思っているので。

そこでリバウンドですね。

こんなのを繰り返していると、ホントに体を壊すかもしれませんよ。

もちろん、今の糖質三昧・肉なし生活の食生活も、体を壊しますが。。。

1時間時間を取ったところで、まず認めることをされないので、ますます話が進まないことがありますが、他にも説明しないといけないこともたくさんあって(改善が急務なのは、糖質の問題だけではありませんから。。。基本、みなさん栄養失調なので、大事な栄養素が欠落しているわけです。。。)、話は終わるわけがありません。まして、お一人に、2時間も3時間もカウンセだけではお取りできません。

(日にちを変えて、来られるか、ですが。。)

話しを聞いて、ちょっとご自分でも思い当たるところが出てくるはずです。

まあ出てこないと困るんですが。。(十分、ひどい食事内容ですから。。)

それをちょっと認めた頃には、私がした他の話はかなり忘れておられるようです。

食事内容を見直す、思い出す、というのも、ご本人にはストレスなんでしょうね。

そこで、ちょっと落ち着いたところで、お渡しした資料を読まれると、わかりやすいと思います。

読まない、というのは、もうその方の勝手ですが。。栄養療法オーソモレキュラーの主役は、サプリではなく、ご本人の食事の内容と摂り方ですから、お金を少しでもかけずに、早く良くなるコツは、どれだけ食事内容を変更できるかにかかっていると言っても過言ではありません。

まあ、この落ち着いたところで、一番いいのは、溝口先生の本を、とりあえず1冊買って、読んでください。

どうして糖質制限しないといけないのか、他はどうなのか、などなど、いろんなことが具体例と合わせて、書いてあります。

本のいいところは、何度でも読み返せるし、前後の流れや必要性がとてもわかりやすく書いてあるので、とても便利です。

(このブログでもだいぶ書いてきましたが、形としてまとまっていないので、読み返す時がメンドクサイでしょう。)

ネットではダメですよ。無料の情報なんて、有益性は限られていますから。

ちゃんとお金を出して、本を買ってください。

それも、お金をかえずに、栄養療法オーソモレキュラーをする方法です。

(もちろん、実践しないと効果が出ませんよ。)

昨日の続きのようなものです。

今、日焼け止めスプレー、流行っていますか、流行ってますね。

何年か前、いえ、もっと前でしょうか。

外国製の日焼け止めスプレーが、テレビショッピングや化粧品専用ショップみたいなところで売り出され、発売当初は、汗をかいたら流れるのに、真夏でも、汗をかいていようが塗っている方も多く、また質も悪く、私の診ている患者さんには一切勧めていませんでした。

しばらくして、化粧品大手メーカーからも発売され、テレビCMで大ヒットしたのがきっかけでしょうか。。

ひとつあたると、いろんなメーカーや同じメーカーでもブランドやシリーズを変えて、出してきます。

この大手メーカーは、発売当初、パッケージには、「髪の毛には使えません」と表示しているくせに、CMでは、女優さんが髪の毛にもかけていて、「髪の毛にも?!」と言葉で流して、髪の毛にもかける人多数。そりゃ、そうですよね、そんなCM流すんだから。

髪の毛にかけていいのか?とドラっグストアに見に行くと、「使えない」と書いてあり、そのことは、当時のブログでも書きました。

メーカーの詐欺のような消費者を騙すような行為は、そこら中に転がっています。

必ず、自分で、パッケージの表示内容を確認して、「書いていないことは、効かない」ということがわかって買わないと、効いているつもりが、全く効いていないどころか、質の悪い添加物で肌がやられただけ、という最悪の事態も待っています。

今でも時々、スプレータイプを使っている患者さんもいらっしゃって、一切勧めていません。

クリニック用の日焼け止めを、うちのパウダールームで使ってみた方、あるいは市販の日焼け止めでも、比較的肌に優しいのかな、という日焼け止めを使われた方は、あまりサラサラしておらず、クリームタイプか、せいぜい乳液タイプか、べったりと使いづらいものも時にはあったり(特に市販のもの)、とスプレータイプのモノと、触感が全然違うことがわかりますよね。

ある程度の肌への安全性と日焼け止めとしての効果等を考えると、スプレータイプではノズルがすぐに詰まっちゃって、商品として売れません。

無理なんです。

スプレータイプに使えるようにしようと思ったら、なんやかやといらない成分を使わずにはいられません。

そして、どんどん添加物が増えていくのです。

かぶれる人もいるし、かぶれない人もいますが、すぐにかぶれなくても、毎日使っていたら、ちょっとずつ肌の調子が悪くなってくることが多く、気付いた人はすぐに止めてくれるのでいいんですが、気付かない人は、大変なことになってから、受診されるので、あちゃ~!という感じで、そうなると、全ての化粧品一切がっさいを止めないといけなくなります。

もう何が悪いんだか、時間が経ちすぎて、わからなくなっているんですよね。全部止めるしかありません。

(ここまで来ると、当分、化粧品は禁止する羽目になることも。。)

スプレータイプの最大の欠点は、全く量が足りていないこと!

クリームタイプなど指で塗るのと同じ量を、スプレータイプで塗ろうと思ったら、一体、何分・何秒同じ場所にスプレーしないといけないのか。

しかも、スプレータイプは、噴霧したところの温度が下がりますから、1か所に、何秒もスプレーしてはいけません。しかも至近距離で。

(ワキ汗ニオイのスプレーも、30センチ以上離して、と書いてあります。みなさん、表示を見ないので、しもやけになって、知らない間に、黒ずんで色素沈着されている方が結構います。表示を見ないで使うと、こういうことになります。)

1か所に、何秒もスプレーしたらいけないんだったら、一体何往復しないといけないのか?!

わかりません。時間があったら、お客様相談室に電話して聞きたいんですが、時間がないので、聞けていません。知りたい方は、各メーカーのお客様相談室(パッケージに電話番号が書いてあります)に聞いてください。

一体、どれだけスプレーすれば、SPF50だの50+だのの表示通りになるのか。

(絶対、ビックリしますよ。あまりの大量さに。)

さて、今ジェルタイプが人気ですね。

ほとんどのジェルタイプ日焼け止めには大量のアルコールが入っています。でないと、あの触感はなかなか作れないでしょう。

アルコールが入っていないのがもしあれば、そしてそれの質がホントに良ければ、すっごい高いと思います。やっすい金額でなんか、買えるわけがない。

日焼け止めに関しては、5千円も以上もする市販のモノはいらないと思いますが、安いモノは、質が圧倒的に悪いことが多く、ある程度値段と質は比例していると思います。(例外があったら、教えてください。まあ、ないでしょう。)

安い、という感覚が人によって違うでしょうけど。

特に、SPF値なども高いのに、ウォータープルーフや汗・皮脂に強いとなると、しかもサラサラして塗り心地がいい、なんて、一体いくら出せば買えると思います?質が悪いから、そこそこの値段で買えるわけです。

アルコールが入っていても、まだそういう商品にしてはマシなものもあるでしょうけど、そこまでして、(アルコールだけでなくね)いらん添加物の入った日焼け止めを、塗り心地がいいから、というだけの理由で買うのはどうかと思います。

今まで、患者さんにスプレータイプを勧めない際に、「ちゃんとしたメーカーは出していませんよ。だって、作れないもの、そんな都合のいいもの。質が下がってしまうから。資生堂は出していませんよ。」と言っていたのに、とうとう今年、資生堂から、アネッサのスプレータイプが出ちゃいましたね。。。

世間でスプレータイプが流行ると、そういう質の悪いのばっかり売れてしまったりするわけで、資生堂も、売らざるを得ないってか。。

市場原理ですが、消費者が、化粧品の安全性よりも、塗り心地や便利さばかり求めていると、どんどん質の悪い化粧品が横行していきます。

便利で塗り心地もいい、しかもある程度質がいい、となると、値段は跳ね上がりますから、市場の価格競争に負けます。売れないんですね。消費者が買わないから。

ドラッグストアでも、安売り専門店とかだと、資生堂(ドラッグストアで売っている他よりもちょっと高いかな)とか高めのモノは売っていなかったりします。

売れ筋しかおかない。

(あ~あ~、と思いますね。)

資生堂の中でも、アネッサは売っている店はまだ多くても、他のシリーズで、あまり目立たないけど、アネッサよりは刺激がないモノとかになると、ホントに置いている店を探すのが大変だったりします。

(あ~あ~、と思いますね。)

さっき、コーセーと資生堂の、スプレータイプの日焼け止めのページを確認しました。

意外なことに、両方とも、「顔に直接かけないでください」と表示があります。

 

なんじゃそりゃ?!

顔にも使えるとは書いていますが、直接はかけずに、手に取ってから塗るように、と書いています。

みなさん、知っていましたか?

特に、もう買っちゃった方。そうやって塗っていました?塗っていませんよね。

資生堂のほうは、患者さんがよく使うので(腕とかにね)、私も腕や手には、市販のものを使います。

一度ナビジョンとか腕に塗ったら、一度に無くなって、さすがに困るな~と市販のものをいろいろ買って、この時ぞとばかりに、市販モノを調べるんですが。

顔用と書いてあっても、顔には塗りません。

首・デコルテも、顔と同じものを使います。

まあ、塗るとしたら、南の島に行って、海やプールに完全に浸かる時くらいでしょうか。。

スプレータイプの日焼け止めは、目に入ったらどうするんだろう、と常々不思議でした。

顔にかける時に、目をつぶるのを忘れてしまった方とか絶対に出てきます。人数としては多くはないでしょうけど、ついやっちゃった、という人は、使っている人数が多ければ多いほど、チラホラ出てきます。

そりゃ、誰でも買えるものですから、顔にかけたら、アカンやろ。危ないでしょう。

絶対に、説明を受けないと買えない、という商品にはされていませんので。

まだ、大手メーカーは、そういう表示が有るだけマシです。

目も心配ですが、顔に直接かけて、鼻や口で吸っていいの?と思います。

アレルギー体質というか、粘膜の弱い人は、ダメなことないのかな、と思います。

ワキスプレーでも、結構吸いませんか?

私は、そういうのを使う時は、息をなるべく止めて、かけたら、すぐにその部屋を出て、息をします。その部屋は喚起します。

髪の毛とかのシリコンスプレーなんかは使いませんが、絶対にアレは吸いたくないですね。美容院に行っても、断ります。

(シリコン入りクリームを塗るのと、吸うのとでは、人体への害は全く違います。)

どっかのメーカーはテレビCMで、思い切り顔にかけていませんでしたっけ?

最近じゃなかったかもしれませんが。

まだそんなCM流しているとしたら、これはもう詐欺でしょう。消費者の安全をどう考えているのか、とも思います。

CMや企業が与える一方的なイメージって、怖いと思いませんか?

パッケージの表示は誰でも見て買えるようになっているし(これは企業の義務です。なので、ネットで売っているクセに、全成分表示をしていない化粧品メーカーなんて、信用できるわけがありません)、メーカーのHPも誰でも見れるわけです。

パッケージに、詳細全部が書けるわけでもないでしょうし。

見るのも見ないのも、買う側の自由ですが、便利だから、安いから、店員が言ったから、テレビでやっていたから、雑誌の載っていたから、と安易に乗っかっちゃうと、企業のいいようにされてしまいますよ。

そのたびに困るのは、貴女であって、企業は喜ぶだけです。

先日、とあるデパートに、靴を買いにいったんですが、美人の患者さんが、いつもキレイな靴を履いていらっしゃって、いいな~、どこのかな~?と思っていたら、セルジオ・ロッシで、やっぱりキレイなんだな~と思って、いろいろ見に行きました。

いろいろ履いてみましたが、ウワサ通り、とても履きやすく、私の足にもぴったりと痛くなく、買っちゃいました!

(私の足は、下駄のように、幅広で、足の指も短く、足は親指が一番長くて、小指にいくにしたがって短くなっていく足なので、海外モノはほとんど合いません。

もう、履いた瞬間に、木型が全くあっていないことがわかります。

ちょっときついかな?ゆるいかな?というのを、自分で調整して、履きなれるのにも時間をかけて、と大変なんですが、これはなんかいけそう。楽しみです。

さて、そのついでに、そう言えば、患者さんがデパートの売り場で日焼け止めを買ったけど、使ってもいいですか?と聞かれたいたものがあったのを思い出し、

(患者さんが名前がわからない、と言われていて、ネットで検索できませんでした)

新しく出たらしく(だいぶ前の話ですが)、しかもウォータープルーフで、SPF50ある、とか言われて、それ、おかしな成分入っていませんか?と言ったところでした。

市販で、ウォータープルーフで、SPF50など強い場合、大体いらん成分が入っていることが大半で、1回2回塗ったくらいでは、そう害はないかもしれませんが、毎日使うとか、顔にも使うとか、1日何回も塗るとかしていると、2・3日もしたら、赤くなったり、乾燥したり、とイヤなことになってきます。

気付いた方は、止めてくれるのでいいんですが、気付かない方は、どんどんひどくなって、気付いたら、あちゃちゃ~!という状態に。

で、そこの店舗にいって、多分、これだろう、という商品を見つけました。

2種類あって、SPF30、PA+++との、SPF50+、PA++++ とかなり強い。

どっちかな?とまずSPF30のを眺めていると、本体にはなにも情報が書いていなくて、それを見ていたスタッフの人が、新しく出たんですよ、とかなんとか話しかけてきました。

SPF30のを持ったまま、「これ、ウォータープルーフですか?」と聞くと、それには答えず、SPF50+のほうを持ってきて、「こちらウォータープルーフです」と言います。

私の質問に答えないので、(多分違うんでしょうけど)、もう一度、「これは、ウォータープルーフですか?」と聞くと、「赤ちゃんでも使えるんですよ、スゴイんですよ」とまた答えないので、もう一度聞いたら、やっと「それは違います。こちらはウォータープルーフです」とさっきのSPF50+のを持って言いました。

こういう、客が商品について質問しているのに、肝心なことは決して言わず、ごまして、別のことに話を持って行こうとする店員って、大嫌いで、こういう人からは買いたくないんです。

以前にも、服屋さんでしたが、私はデパートで、Lサイズの服も見るんですが、お店によったら、トールサイズであって、ちょっと大き目に作ってあるけど、Lサイズではないところって、あるんです。

で、そこは、トールサイズだったか、トール&Lサイズだったか忘れましたが、試着したら、袖の長さは丈がやっぱり合っておらず(私は身長159㎝と高くはありません)、普通サイズの服と比べるためと、今後の参考にと思い(そこの服自体はわりと好きだったので)、「これ、元々は身長何センチに合わせて作ってあるんですか?」と聞いたんです。

そしたら、それには全く答えず、袖を直せばいいとか、似合っているとか(全くに合っていませんでした)、身長が低い方でも着れるように作ってあるとか(んなわけ、ねーだろっ!って!)、質問に答えずに誤魔化すわけです。

「いや、だから何センチ用なんですか?」と聞いても、今度はダンマリ作戦です。

もちろん、買っていませんし、こちらのお店には二度と行っていません。(他店で行っています)

接客マニュアルかなにかで、店側に都合の悪い情報は、客に教えずに、他の情報で誤魔化して、違う商品に誘導して買わせましょう、みたいなマニュアルでもあるんでしょうか。

だれか、そんな、質の悪い、店側のエゴ丸出しの接客を教えているヤツがいるんですかね。

店側にとって、都合が悪くても、客のためであれば、それは教えた上で、違う情報やプランを提供する、というのが、私は誠実だと思うし、そういう人から買い物をしたいです。

さて、日焼け止めに話を戻します。

今回の目的は、例え、あまりよくない成分が入っていようが、とりあえず使ってみる(顔じゃないですよ、腕とか手とか体です。首にも塗りません。)、それでどうなるか診るのが目的です。

なので、違う店員に変える時間も惜しいわけです、どうせ買うわけですから。

(時間のある時で、高い買い物の時は、変えることがあります。おかしな人からは、有益な情報は得られませんからね。たかが市販の化粧品と言えども、なにかしらいい店員さんからは、有益な情報が得られるものです。)

で、手の甲に試してみたら、サラサラと塗りやすい。薄いピンク色が付いていました。

「成分表を見せてください」とお願いすると、パッケージ(箱)を持ってきてくれました。

。。。一番にジメチコン 二番に水、三番にエタノール。。。

そりゃ、そうだ。

で、もちろん、耐水テスト○○分、なんて表示はどこにもありません。

(アネッサやアリーの海用にはパッケージにちゃんと書いてあります。これらの海用を使っても、水に浸かった場合、80分しか持たない、それ以上は保障しない、ということです。)

「これは、ウォータープルーフじゃなくて、その上を行く、ウォーターフェース(だったか?)なんですよ!!」と単語の連呼だけします。

「。。どう違うんですか?」

「ウォータープルーフよりもスゴイんです。その上を行くんです。」

「アネッサのウォータープルーフとは違うんですか?」

「アネッサよりスゴイんですっ!水に浸かっても、何時間でも持つんです!!」

。。。。んなわけ、ねーだろっ!!


そんな化粧品、あるわけないし!あったら、何入っとんねーんっ!!怖くて、使えねーわっ!!


(あら、やだ、お下品だわ。。怒りのあまり、お下品になってしまいました。)

もちろん、箱には、そんなことは書いていません。

もうとっくに、この店員にはカチンときていて、化粧品を買う時は、こういうダメな人って、結構いるものなので、いつもはスル~するんですが(自分の時間がもったいないから)、こういう店員の詐欺行為が、消費者をダメにするわけです。

これ、言ったことがホントだったらいいですよ。そのまま信じたらいいわけで。

水に浸かっても何時間でも持つ、アネッサ(海用の)よりもスゴイ!と言われたら、みなさん、買うんじゃないですか?信じちゃうんですよね?!

騙されるほうが悪いのか、騙すほうが悪いのか。。

当たり前ですが、一番悪いのは、こんな店員です。

そこまで言いうなら、証拠を見せろっ!見せてみろっ!!

「アネッサでも、耐水テスト80分なのに、アネッサよりも持つんですか?」と非難めいた口調で言ったら、

「。。。すみません、SPFの表示内でです。。」と言い直しやがりました。

「だって、あなた今、何時間でも持つ、って言ったじゃないですか。」

「。。。すみません。。」

こういうのは、社内だけの極秘マニュアルで、コイツだけじゃなくて、「こういう風に客に言って、売りましょう」というのがあったります。口で言った分は、証拠が残りませんからね。

外部に出てこないだけ、というか、一般の方はご存知ないのかもしれませんが。

この店舗やこのメーカーでどこまであるのかは知りません。

ただ、外部に漏れた時には、「この店員が勝手にやりました。そういう指導は一切行っておりません」とトカゲのしっぽ切りみたいに切られるわけです。

商品の箱の中に、いわゆる説明書が入っていて、それを読んでも、一体何がどうスゴイのかは、結局わかりませんでした。肝心なことは書いていない。

独自のテクノロジーで、スゴイらしい。。。もうちょっと説明書に書いてもいいんじゃないですかね。書ききれないとか?じゃあ、自発的にHPで、そのテクノロジーを確認するしかないですね。

そして、その説明書にも、もちろん、「何時間でも持つ」とは書いていないし、耐水テストの話もありません。

紫外線防御効果を維持するために、特に泳いだりタオルで拭いた後などは、頻繁に重ね付けしてください。」と書いてありました。

(まあ、これは、そのメーカーの日焼け止め全商品に書いてあるのかもしれませんが(そういう意味では、以前よりは良心的になったんでしょうけど。)

水に強い話は、どこに行ったんですかね。そこまで強いなら、この商品に限って、「泳いだ後に重ね付け」は、いらないんじゃないですか。

その店員は詐欺でしょう。店舗ぐるみ?その子だけ?

最初から、誤魔化すような接客をするような子だから、詐欺行為するわけ?

(他の店員さんは知りません。)

自分の売り上げが欲しいから、消費者が泳いだ後、付け直しをしなくて、日焼けしようが、シミになろうが、赤くなろうが、知ったこっちゃない、信じるほうが悪いって言い分ですか?

「何時間でも」って言われなかったら、ちゃんと塗り直す方だって、大勢います。

その方々の、機会を奪うわけです。

で、ホントにテクノロジーで、持つんです、と言うなら、規定量をちゃんと教えろ!

「これだけ(ちゃんと見せて)、塗ったら、何時間でも持ちますよ」と。

そこまで言うなら、わかります。

実際、何時間も持たないので、「朝塗ったら、日が暮れるまで」とか、「翌朝には効いていません」とか「お風呂に入ったら、効果はなくなります」とか。

こういう悪質は、ここだけじゃないです。

もうめったに、こういう化粧品売り場って来ませんが、いろんなメーカーで、詐欺まがいな行為は受けています。

日焼け止めが12時間持つ、と言い張る外資系メーカー。

(そんなことは、どこにも表記はありません。)

24時間(だったか)持つという、リップグロス(リキッドルージュだったか)

(これは、その後の食事で、すぐに取れました。)

こんなのは氷山の一角で、まだ私が自腹で買って、自分に使おうとするだけ、マシなほうです。

ひどいものは、まず買わないし、話題の上げないし、もらっても捨てます。自分には絶対に塗りません。

話題に上がるだけ、マシなメーカーと思いますが。。。

だからって、何をしてもいいわけじゃない。

せいがらい、ですね。。。。

こういう悪質な場合は、今度から消費者庁なりに通報することにします。

店側の、売る側の言い分を鵜呑みにしていると、損をしたり、困ったりするのは自分です。

お金と時間、皮膚などを良くしたいのであれば、ちゃんと疑問にもつクセをつけましょう。

できない、という方は、栄養が足りていない可能性があるので、栄養解析をお受けください。

 

 

 

今日、ココナッツオイルが入荷してきました。

もちろん、白澤先生の顔写真入りの、本家本元です。

スーパーなどで、なんちゃってココナッツオイル、みたいな商品を見かけますが、品質が良くなさそう。。。

ここには書きませんが、いろいろと必要な条件下で採取されたわけではなさそう。。

同じお金を出すなら、ちゃんとした良いモノを買わないと、偽物というか、質の悪いモノだったら、摂らないほうがマシでは?というモノもしばしば。。

違う種類を買われる場合は、ちゃんと確認しましょうね。

今日は眠いので、この辺で。。。お休みなさい。。

以前にもブログに書きましたが、通院中の患者さんから、ご家族の方のいろんなことをご相談いただくことが多々あります。

皮膚と全く関係ないことであれば(内科とか外科とか整形とか泌尿器科など)、それ病院行ったほうがいいですよ、とか、こういう病院を探してみては?などで相談は終わるのですが、皮膚のことや美容のこと(手術以外)、今だと栄養療法のことなど、患者さんも私も、どうしましょうか、どこに受診しましょうか、と悩むことしばしば。。

(うちでは、男性の方の自費治療は行っておりませんので。自費治療は女性のみです。

理由は、待合室がひとつしかないので。

そこまで広くもない空間で、美容医療をする予定の方で、男性と女性が同じ空間で待つ・いる、というのは、お互い気まずいと思いますし、実際、イヤだと思っていらっしゃる方も多いです。

何をご相談されるかにもよりますが、とてもデリケートな内容のこともあり、同じ舞相室にいる異性に内容を聞かれたら、イヤだろうなと思うし、実際、イヤでしょう。

大体のクリニックが、そんなことを言っていたら、患者さんの予約が取れないので、男女ごちゃ混ぜに予約をしていますし、ひどい場合は、自費治療でも予約制ではないとか、スッピンや麻酔クリームを塗った状態で、待合室に出されるなどなど。

保険診療は仕方ないと思いますけどね。だって、病気なんだから、そんなことまで言っている場合じゃない、というか、保険診療で、婦人科泌尿器科でもないのに、男女の待合室を別にしてくれている病院なんて、まあ、探してもないでしょう。

(あったら、どなたか教えてください)

でも、自費治療で、待合室を分けてあげないのは、クリニック側の都合(場所が必要とかコストがかかるからなど)ですよね。

昔勤めていたところは、男性も予約を受け付けているところで、日に寄ったら、男女がまざります。オーナーの知り合いだか仕事関係だかなんだか忘れましたが、待合室が、オッサン(失礼)のニンニク注射だらけ(しかも、なんか格闘関係とかで体のごつい男性ばかり)で、来られた女性患者さんは、ギョッ!とビックリされてました。

こういうことをやっていると、女性患者さんは、行くのがイヤになってきます。

男性側も、頭の薄毛相談やED(うちでは取り扱いはないです)相談など、女性の患者さんが同じ待合室にいて、相談内容を聞かれたら、イヤでしょう。

私は、自費治療の場合、男女の待合室は分けるべきだと思いますし、できれば、フロアが違うなどできれば一番理想ですね。

そうできないのであれば、待合室を、ブースタイプとか独立対応にするか(それでも、廊下や洗面所やトイレ・パウダールームなどの問題が残ります)、時間帯を完全に分けるか、だと思っています。

実際問題として、そんな莫大なフロアは用意できませんし、用意できたら、どんだけ大きい病院やねん、って話で、医者が一人しかいない、うちみたいな一開業医では、まあ、無理でしょう。

基本、同性同士のほうが、体調などもわかりやすいし、共感もしやすかったり、状況もわかりやすかったりするので、同性同士のほうが、特に肌のことやスキンケアは相談しやすいかなと、私が女性なので、うちは女性専用です。

医学的なことは判断できても、男性の気持ちや状況が、やっぱり異性なので、女性ほどに共感できるかと言われれば、多分私にはわからないでしょう。

共感できないからこそ、違う目線での意見や、異性だから逆に相談しやすい・話しやすい、という方もいらっしゃいますし、そのあたりは、好みと言いますか、個人差が大きいですよね。

こちらが話しかけても、一言も話さない患者さんもたまにいらっしゃいます。

そういう場合、何も話されないので、話も続きませんし、一方的に私が話して終わりです。

それだったら、うちにわざわざうちに来る意味ってないんじゃない?どこでもいいんじゃない?と思います。

どうしたいのか、どこまでしたいのか、どこまでの副作用が困るのか、などなどお聞きして、治療内容を提案するわけですから、話されない以上、一般的な話で終わりです。何にも話されないから、処置はやらないんだなと思っていると、レーザーをすると突然言われることもしばしば。

何も希望も伝えてもいないのに、ホントにそれでいいの?満足なの?と思います。カウンセの内容をホントに理解されている場合はいいんですが、中にはわかっていないこともあり、でも聞いて来られないし、話しかけても黙っているので、同じ話ばかり、何度もしません。

私の思っている治療と、その方の思っている治療が、同じなのか違うのか、その辺のすり合わせがとても大事だと思うんです。

で、こういう黙ったままの方、女性でもたまにいらっしゃいますが、やっぱり男性のほうが多かったんです(今までの経験上)。

そんなに、女医と話すのが苦手だったら、男性ドクターのほうがいいんじゃないの?特に男性は男性同士のほうが話しやすくはないですか?と思います。コミュニケーションも取れないで治療しても、そこまで成功するとは思えないんですけど。。。

今とは違うんでしょうけど、男性でスキンケアをちゃんとされる方は昔はとても少なくて、日焼け止めを塗るつもりすらないのに、シミを取れ、しかも1回で取れ、と無理なことを言うのも男性が多かったです。

エステとかもあまりやったことがないので、「通う」という感覚がわからないようで、スキンケアも必要性も、何度説明しても、はなから聞いてもいない、という感じ。やったこともないから、メンドクサイ、とやらない方もしばしば。。

それでどうやって、(レーザーなど)効かせろっちゅーっねんっ!って。

そういう方は、女性でもそうですが、あまりうちには向いていません。

という経験もあり、いろいろ合わさって、うちは、自費治療は女性専用なわけです。

話を戻しますね。

で、うちの患者さんのご家族の受診ですが、結局、うちでは診れないので、どこか通いやすい他院へ行かれることになります。

その後の経過なども教えてくださるんですが、あ~、そう来ましたか、とか、そこはボッタくりだから、とりあえず相談だけで帰ってきては?何軒か回ってみて比べるほうがいいですよ、とか。

栄養療法等もそうですが、各ドクターによって考え方が違うので、「栄養療法」とHPに書いてあっても、やっていることは全然違ったりします。

患者さんからの一方的な話ですが、なんか、それ、ちょっと、?みたいなことも。。

それで、ご家族が良くなっていたり、経過が順調であれば、それは喜ばしいことなんですが。。

う~ん。。。どうしましょうか。。と患者さんと悩む日々も。。

特に、栄養療法をやるようになってから、多くの患者さんの食生活の内容をお聞きしていると、同じ内容の食事を摂っているご家族の方も、きっと重度の栄養失調。。男性の場合、もっと体が大きいですから、もっと大変かも。きっとご主人、かなりしんどいのでは・・?ということもしばしば。。

とりあえず、食事を(ご病気など何もなければ)、食事を作るのは大体女性のことが多いので、改善して、もっと食べてもらいましょう!となるんですが、食事だけでの解決も難しいことがしばしば。。

やっぱり、栄養解析(血液検査)しないとね~、と患者さんと困るわけですが。。

 

で、今回の試行錯誤の末の決断です。

これで、どこまでいけるのかわかりません。

始めるところなので、始まって、なにか問題があったら、また変わるかもしれません。制約が増えるかもしれないし、減るかもしれないし、そこはわかりません。

でも、とりあえず、始めたいと思います。

 

ただ、必ず、ご紹介いただく、女性患者さんと続けてのご予約です。

*女装の必要はありません(笑)

朝一に男性、続けて、ご家族の女性、その次が他の女性患者さん、というふうに。

逆に、ご家族の女性、最後に男性というふうにすると、他の女性患者さんと院内で鉢合わせとはならないかなと。

まだ他の女性患者さんがいらっしゃったら、院外でお待ちいただくこともあるかもしれないし、朝一だったら、他の女性患者さんが来られるまでに、ご退室いただくことになります。

使っていない処置室でお待ちいただくとしても、トイレや洗面所・パウダールームの問題がありますので、クリニックを貸し切っていただくわけにもいきませんし、料金も同じでいきますので、男性の方の前後をどうするか、になります。

結果、こうするしか、今はないかなと。

最初と最後の時間以外で、ご予約をセットでお取りするとなると、どうしたらいいのか、わかりません。。。

キャンセル待ちでなら、お受けできるかもしれません。ですが、キャンセル待ちなので、ご連絡できても、前日とか当日とか。どんなに早くても前々日。。待っていただいたら、絶対にお取りできるとお約束できるものでもありません。

 

1日に、うちは10人も診ません(診れません)ので、そのあたりはご理解願います。

お一人の時間が長いのです。

なので、お二人セットのキャンセルはご遠慮願います。

お二人でかなりの長時間を押さえますので、キャンセル料も通常よりは厳しめにさせていただきます。

女性だけキャンセル、となったら、男性の前後、どうしようもないので、その場合は、お二人ともキャンセルとさせていただきます。

男性のみのキャンセルは、前々日まではお受けしますが、たびたびとなるとご予約を考えさせていただきますので、ご了承願います。

実際に始まってみたら、いろいろ困ったことが起きて、もっと制約が増えるかもしれないし、逆に減るかもしれないし。それはわかりません。

でも、とりあえず、始めてみたいと思います。

まずは、ご家族である女性の方が、処置中に、どういった内容で困っていらっしゃるのか、ご相談ください。

(私では無理な内容だったら、いけませんので)


 

1 / 3123